ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

運命

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

運命に乗って悠々と生きる ※今回の情報は特に純度が高く上質

この世界が、映画『マトリクス』や、小説・アニメ『ソードアート・オンライン』のような、作り物の幻のような世界であることは間違いない。
科学的には、こんな世界をシミュレーテッド・リアリティと言い、おそらく、超高度なコンピューターが作り出している見かけ上の世界である。
なぜ、この世界がシミュレーテッド・リアリティであるかというと、私の場合、あり得ない奇跡的な偶然が、あまりに頻繁に起こっているのを見続けて、いくら何でも気付かざるを得なかった。
書籍『マスターの教え』で、「本当は誰でも、そんなこと(奇跡的な偶然など)が度々起こっているはず」とあった通り、私以外の誰でも、同じようなものを見たり、体験しているのだと思う。だが、この本でマスターが言う通り、それを忘れてしまう人が多いのだ。

そして、人生とか運命の大枠は、初めから決められていると思って間違いない。
当たる占いはやはり当たるし、占うまでもなく、具体的にというのではないが、あらゆる人間の運命の雰囲気は、だいたい感じるのである。簡単に言えば、特別な運命か、平凡な運命かというものである。
名前や、あるいは、生年月日が同じでも、全く同じ運命になるわけではないが、そんな人間同士は、性質的にはどこか似ていたり、運命の傾向も似ていると思える。
そして、より良い人生・・・苦痛が少なく、楽しい人生にするには、あらかじめ用意された運命に逆らわず、運命の波に乗ることが一番だろう。
とりあえずはサラリーマンになる運命にあれば、スポーツ選手や歌手になろうとせず、サラリーマンになるのが良いのである。
逆に、サラリーマンになることを、どうしても心が納得せず、ミュージシャンになるのが自然に思えるなら、ミュージシャンを目指すべきだろう。
ただし、本当にそれを自然に感じる場合だけで、そうであるなら、困難なはずのミュージシャンへの道にも、不思議な自信があって、それほど不安は感じないと思う。
私が、成功した社長達に、「独立の際、不安がなかったか?」と聞いた時も、全員が「ノー」と答えたのであるが、それと同じだ。
ミュージシャンになる運命であるなら、どれほど長時間、演奏をしても歌っても疲れないし、自分の演奏や歌が受けても受けなくても、平気でいられると思う。
何より、演奏したり歌ったりが楽しくて仕方がないはずだ。
ある世界的ミュージシャンがこう言っていた。
「街角でハーモニカを吹いてさえいれば満足出来る人間じゃなきゃ、ミュージシャンになんかなれないのさ」

では、どうすればうまく運命の波に乗れるかというと、「発想即行動」で、あまり頭であれこれ考えないことだ。
もっとも、「酒が飲みたいと思うから、即、飲む」とか「こいつが気に入らないから、即、殴る」というのは、自己コントロールを失ってしまっているだけで、もうかなりヤバいのである(笑)。
だから、気の毒なのは、自己コントロール(自己制約)が出来ない親に育てられた子供だ。
まあ、そんな親に育てられるのも、あらかじめ決められた運命なのであり、そんな子供が、自分を厳しく律することを覚えれば、偉大な人間になる可能性が高い。
しかし、そうでなければ(その子供が自分を律しないままでいれば)、ロクでもない親に育てられたらロクでもない人間になるというだけのことである。まあ、そんな子供でも、それなりの人間に出会い、自分を考え直す機会は必ず与えられるので、そのチャンスを生かすことが出来るかどうかで運命は決まる。

宗教とか芸術は、自分の運命を感じる感性を磨くために生まれた。
もっと詳しく言えば、まず、宗教が出来たが、宗教は、形骸化・権威化し易く、そんな宗教では、人間の深い感性を高めることは出来ない。そこで、宗教から芸術が生まれ、今度は、芸術が人間の感性を高める役割を果たしている。
まあ、その芸術も、かなり、形骸化・権威化しているので、気を付けるべきであるが・・・
そこで、形骸化・権威化していない宗教を信仰するか、優れた芸術に親しむことは大切・・・というか、ぶっちゃけ「お得」なのである(笑)。
それで、自分の運命を見極め、それに逆らわずに生きることが出来、結果、楽しい人生を送れるのだからだ。
また、真摯にやるなら、占いも良いと思う。
私の場合、阿弥陀真言を唱えている時期の運が非常に良いのも頷けるので、今後は、熱心に唱えようと思う。
興味があれば、皆さんも、自分の干支の十三仏の真言を唱えると良い。「十三仏」で検索して、自分の守本尊を知り、さらにその仏・菩薩名で検索して、その真言を知ると良い。








運命に逆らわない

年配の人は別かもしれないが、我々は子供の時から、「叶わない夢はない」「なりたいものになれる」などと言われてきたと思う。
しかし、世界的なスポーツ選手や音楽家になるには、努力以前に才能が必要という考え方も、かなり定着してきた。
一方で、「人間に差はない。かけた時間で決まる」という「一万時間の法則」のようなものも信奉者がいる。
村上龍氏と坂本龍一氏の対談書で、村上氏が、こんな話をしていたのを憶えている。
「今の坂本があるのは(彼らは呼び捨て出来る間柄)、才能ということもあるが、3歳の時から十年、みっちりピアノを弾いたからだ」
しかし、「才能がなければ、十年ピアノを弾いても駄目」とは言っていない。
だから、
「大工になるなら、中学生の時から十年、みっちり大工の修行をした方が良い」
という結論となるわけである。
まあ、一般人の場合はしょぼいのは仕方がないが、重要なことを言っているのである。
チームラボの猪子寿之社長と、現在はドワンゴの社長をしている夏野剛氏の対談でも、猪子氏は、
「人間の能力に差はない。イチローは元々大したことない選手だったが、誰よりも野球に時間をかけたから成功した」
というが、イチロー並に時間をかけて日本の一軍選手にすらなれない選手もいるかもしれない(多分いる)。
しかし、自分に見合ったことで時間をかけることには意味があるだろう。

イチローや坂本龍一どころか、ちょっとした人気歌手や、そこそこの規模の会社の経営者にだって、なれない人はなれないのである。
それは、努力の問題ではなく、さして努力しなくても、そんなものになれる人もいれば、いくら努力してもさっぱりな人もいる。
「天は人の上に人を作らず」と言った人がいるが、それは疑わしい。
才能と言えば才能なのだろうが、才能が必要ないようなことでも、うまくいかない人はうまくいかないように思うのである。
まるで駄目男は、どこまで行ってもまるで駄目男である。

つまり、運命は決まっているということだ。
大物になる運命にない人は、どうあがこうが、大望を持とうが、トンビが鷹になれないようなものである。
どんなに頑張っても、猫は虎に勝てない。
ラマナ・マハルシは、
「働く運命にあれば仕事は避けられない。しかし、働く運命になければ、いくら探しても仕事は見つからない」
と言った。
ニートも運命かもしれない。
ハンス・クリスチャン・アンデルセンは、元々、故郷のオーデンセで職人として生涯を送る運命だったが、運命に逆らって、14歳で1人でデンマークに出て作家になったと思っている人が多い。
しかし、作家になることがアンデルセンの運命で、彼だって、歌手や俳優を目指していた頃はさっぱりだったのだ。

だが、自分の運命を見極め、運命に従うことに決めれば、良い人生になる。
例えば、ジョージ・ワシントンやアブラハム・リンカーンだって、運命に従わなかった40歳くらいまでは、かなりの駄目男だったのである。
ワシントンは見栄っ張りで、金持ちの名士になるのが目標で、金持ちの未亡人と結婚したり、危ない事業をやったりしたが、それは運命に合わないことだったので、いつも大失敗して散々な目に遭ってきた。
彼は、軍人のような、苦しい上に、出世して儲かるかどうか分からないことなど、元々、やる気はなかった。
しかし、そのような運命にあることを悟り、運命に従うことを決意し、まず、軍人になって、ついに、アメリカを独立させた英雄になった。
まあ、やはり、我々のほとんどは、英雄どころか、トップにもなれないのだと思う。
だが、運命に従えば、英雄にだって味わえない甘露を得られるかもしれない。

「人間は無になれば不可能はない」という。
しかし、正しくは、「人間は無になれば運命を悟る」のではないかと思う。
無になるにはどうすれば良いかというと、それはいろいろあるだろうが、ある意味、考えることをやめることが必要だ。
そのためには、例えば、お経を上げたり、祝詞を唱えたり、真言を唱えたりするのが効果的な方法であることを示してくれる人が多くなってきたと思う。








偉大になるには

運命を切り開いていくには、修行が有効だ。
修行とは、1年365日、1日も欠かさずやるものである。
そう言うと、「私はこれをやります」「こんなことをやっています」と言う人がいるが、その内容が、あまりに軽いことに呆れることがある。
なにごとも、払った分しか得られない。
あまりに厳しい修行では、普通の人は続かないが、それは、普通の人は凄い業績を上げないことを示しているに過ぎない。
大きなことをやろうと思うなら、修行も厳しくて当たり前である。
小さな成果で満足するなら、修行もそこそこで良いが、その場合は、得られたものに対し、少な過ぎると不満を持ってはならない。対価通りに与えられただけであるのだから。

修行は、厳し過ぎてもいけないが、ぎりぎりでも、自分には出来そうにないと思う程度のものが良い。
自分に出来そうもない修業を続けることが出来れば、自分には得られそうにないものが得られるのだからだ。
日々の糧を得るだけで良いなら、モーセの十戒くらいのことを守れば良いが、人に抜きん出るためには、他人には出来ない修行をしなければならない。

ところで、修行とは、誰に言われなくても、自主的にやる、善いこと、高貴なこと、鍛錬である。
(修行を他人に決めてもらいたがる者がオウムに入る)
そういったことをやるためには、意思の力が必要になる。
そして、運命を動かすのは、人間の意志なのである。
毎日、力仕事をすれば力が強くなるし、毎日、計算をすれな計算力が強くなる。
それと同じように、毎日、意志の力を使って修行すれば、意思の力が強くなる。
それであれば、大きな意思の力を必要とする修行であるほど、運命を大きく動かせるのは、当たり前なのである。

私が朝晩やっている身体トレーニングは、普通の人ではなかなか出来ないものだが、さりとて、偉大というほどでもない。
だから、私は、並の人間を超えてはいるが、偉大ではない。
だが、これからは偉大になろうと思う。
そんな仲間がいればと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

運命を変えるには

子供でも大人でも、人生に本当に絶望する時がある。
そんな時は、単に自分の現在の境遇に対する不満を感じているのではなく、「私の人生はいったん何だったのだろう?」と過去形で運命的に考えている。

イギリスの作家コリン・ウィルソンがそうなったのは19歳の時だった。
彼は、アインシュタインのようになりたかったのだが、労働者階級の家庭の子である彼は高校に進学出来ず、工場労働者になるしかなかった。
それは彼には耐え難いことだったが、なんとか高校の科学の授業だけは受けられることになった。
ところが、その科学の教師が物凄く嫌なやつだったので、それ(授業を受けること)を続けることが出来なくなった。
絶望したコリン・ウィルソンは、自殺を決意し、いまや青酸カリを口に入れようとした途端、「超意識」に達する。
彼が崇拝するSF作家H.G.ウェルズの『ポーリー氏の物語』(日本語未訳と思う)でポーリー氏が言った通り、「人生が気に入らなければ、変えてしまえば良い」と思い、この言葉が彼の人生のポリシーになる。

ところで、人間の運命は決まっているのだろうか?
インドの聖者ラメッシ・バルセカールによれば、それは、「何を思うか」を含め、全て完全に決まっている。
分かり易く言えば、「何年何月何日の何時何分何秒に何が起こり、何を考え、何をするか」が、人生が始まる前に全て完全に確定している。
ここまででなくても、やはり、人生のストーリーは最初から決まっていて変えられないと言う人は、優れた人間に多い。
船井幸雄氏は、本山博氏にそう言われ、「それは面白くないと思った」と著書に書かれていたが、そりゃ、誰でも面白くない。
では、本当はどうなのか?
答は、「人間である限りはその通り」である。
だが、人間を超えれば、自分の運命なんてものを超えてあらゆるものの創造者になる。
人間を超えるとは、簡単に言えば、自分の本体である神になる・・・あるいは、近付くということだ。
コリン・ウィルソンは、青酸カリを飲む刹那、それが分かって、ちょっぴり運命を変えたのだろう。

では、どうすれば神になれるかというと、宗教や哲学や神秘学では、恐ろしく難しいことを言うのだが、神と人間の唯一の違いは、息をしているかしていないかだ。
一切は神なのだが、息をしている人間だけが神ではない。
神と仏が同じだと言ったら、宗教の指導者や信者に怒られるが、一応そう(神も仏も同じ)だとすれば、「仏」の左の「イ」は人間で、右の「ム」はあらずで、仏とは人間にあらずという意味で、人間以外は全て仏なのである。
息をやめてしまって、自我が神を年長のパートナーと認めて頭を垂れれば、運命は自由に変えられる。
生きている限り、息を完全にやめるのは無理なので、呼吸をなるべく微かにすれば、それに応じて運命は変えられる。
コリン・ウィルソンも、超意識に達した時、呼吸は消えていたはずだ。
だが、彼はその後、俗人に戻ったので、運命は変わったが、苦労も多かった。
我々は、そうはならないでおこう。
呼吸の荒い人間は、運命にがっちり捉えられている。
しかし、天使のように微かな呼吸をする者は、重力の鎖を解き放ち、軽やかに空を飛ぶ。

いつか重力のクサリを
断ち切り君を連れてサテライト
~『1/6』(作詞・作曲・編曲:ぼーかりおどP、歌唱:初音ミク)より~









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

運命が動く時

世の中は、合理化、効率化を追求するようになってきているのかもしれない。
しかし、それが本当にプラスの結果になるかは分からない。
それで、小さなことでは利益があるように見えるかもしれないが、大きな報酬を逃し、さらに、大きな災いをもたらすかもしれないのである。
合理化のためには計画が必要だが、計画があまりに厳格で細かいと、問題が起こった時に対応出来ない。
いや、それよりも、幸運が起こった時にも、それを受け入れることが出来ない。
「この幸運は計画にない」ってね(笑)。

もちろん、無計画や怠慢はもっと良くない。
しかし、どこか余裕が必要なのである。

会う約束の時間を決めたら、それに決して遅れまいと、1時間以上前に到着して待っているという人がいる。
なるほど、その人は、余程のことがない限り、約束を違えない。
しかし、人間、一時が万事であり、全てにおいて、そんな厳格・・・というか窮屈な人には誰もついていけず、信用はされても好意は持たれない。
約束を守るつもりが、不意の出来事で約束を破ってしまった時に、大きな幸運につながる重要なことが起こるのである。
ただし、条件がある。
1つは、約束を守るつもりが十分にあり、そのための努力をしたこと。
1つは、約束を破ったことを気に病んでいること。
1つは、約束を破って気に病んではいても、言い訳をしないこと。
この3つの条件が必要だ。

イスラム教では、約束をする時、「神の思し召しなら、それを果たしましょう」と、お互いに誓うといった話がある。
しかし、それを、自分が約束を違えてしまった時の「神の思し召しではなかったのです」という言い訳に利用する者がいるらしい。
約束を守れなかったのが、不可抗力なのか、自分の責任なのかは、ほとんどの場合、明らかだ。
そして、どう考えても不可抗力だった時、それは、神の思し召しかもしれない。
その結果が、自分だけの被害の場合は、「これは避けられなかったことだった」と思い、誰かに迷惑をかけた場合には、自分に責任がないと思えても、言い訳をせず、倫理や道徳、あるいは、信仰に反しない範囲でなら自分が責任を負う。
そんな時に、何かが起こるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード