ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

超越瞑想

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

ちょっとだけ我慢することの魔力

この世界のカラクリは、沢山の賢い人達が見抜き、説いてくれている。
釈迦やキリストは、それらの人達の中でも最高位なのだし、その釈迦やキリストの教えを基に、その時代にあった解説をしてくれる人達も少なくはないと思う。
ところが、なぜかいまだ、
「そうか、じゃあ、こうすれば、お金がザックザクと入って来て、女(男)も選り取り見取り」
というふうにはいかない。

一応、この世のカラクリを簡単におさらいすれば、こうである。
・世界は、心が作り出した幻であり、実体がある訳ではない。
・心の操作法が分かれば、世界は自由自在に支配出来る。
・この世界を作る目的は、楽しみながら進化するためである。
だいたい、これで合っているだろう。

しかし、ではなぜ、世界が思い通りになるように思えないのかというと、それでは面白くないからだし、進歩も出来ないからだろう。
ただし、進歩と言っても、
「鉄のバットも振ります!重いゴロゴロしたのも引っ張ります」(優子)
「修行のイメージ、古くない?」(桃)
~『まちカドまぞく』より~
といったギャグを本当にやっている者も多いのだろう。

また、「すべては幻じゃ」と聖人ヅラしてたら、面白くない状況になる一方だ(笑)。
世界は楽しむためにあるのだから、ちゃんと楽しまないといけない。
怠惰は良くない。
あるいは、「わしは酒を飲むのが何より楽しい」と、ずっと酒を飲んでいたら、やっぱりヤバいことになる(笑)。
アイドルの追っかけばかりやっていたらキモくなり(笑)、どんどん世界は楽しくなくなる。

「かと言って、働きたくないし、ボランティアも嫌だし・・・」
何もやりたくない、何をすればいいのか分からない・・・
それは、ハングリーでないのが原因で、行動に対する食事の量が多過ぎることから起こる。
それがあまり続くと、病気になったり、お金がなくなって、強制的に食べられなくなる。
だから、すらりとした身体になる程度に食事の量を減らすと、何かしたくなる。
と言って、あまりに小食なのも良くない。

つまるところ、この世界は、何事も「ほどほどにやる」と楽しいように出来ている。
そう言うと、「いや、徹底的にやることが喜びだ」と言う者がいるだろうが、それは決して長くは続かない。

ところで、良い方法を1つ教えよう。
「おあずけ」を躾ける犬は賢くなる。
人間も同じだ(笑)。
だから、食事の時、食べるのを20分待つのだ。
それで、空腹に耐える訓練が出来、それが力を与えてくれる。
TM(超越瞑想)という有名な瞑想法があり、クリント・イーストウッド、ポール・マッカートニー、キャメロン・ディアス、マーティン・スコセッシ、その他、沢山の著名人達が熱心に行っているという。
TMを導入した学校は大変に素晴らしい成績を収める。
そして、TMというのは、空腹な時に20分行うのが決まりで、普通は食事前になる。
つまり、なんと、これらは、20分の「おあずけ」の効果なのだ。
かなり良い状態で食事を我慢する方法がTMだ。

キリスト教では、本来、食事の前に長いお祈りをして、空腹に耐えたが、その習慣がなくなったのは悪いことだった。
日本ではお祈り自体は「いただきます」と、短いが、お父さんが帰ってくるまで食事を待つことが素晴らしい修行だったのに、これもなくなった。
「おいしいものを少し我慢する」
これこそが、世界を動かす力を得る秘儀だったのである。
これを、意識的にやれば、世界は自由自在だ。
食事に限らず、その他の楽しみも同じである。
ただし、やり過ぎもいけない。
ほどほどに。













当ブログ著者、KayのAI書。
街中ではリムジンやスーパーカーではなく、小型でキビキビ走る車が必要なように、また、危険があるかもしれない未知の世界ではバズーガやミサイルではなく小型の光線銃が役に立つように、AIも、リムジンやミサイルのようなAIではなく、小型車や光線銃のような手軽ですぐに役に立つAIが必要です。
つまり、数学やプログラミングや難しい理論がないと作れないAIではなく、Excelでデータを整え、軽快で高性能なツール(本書ではソニーの無料AIアプリNNC)で作るAIが我々には必要です。
本書では、手軽だが実用的なAIを、日常の言葉と馴染みのあるテーマを使って作れるよう工夫し、面白い問題で応用力を高めていきます。
ほぼ全ての実習が出来るデータを作れるExcelマクロ(VBAプログラム)を無料でダウンロード出来ます。

瞑想は必要かもしれない

瞑想をしない成功者はいないなんて言葉を、いろんなところで見たような気がする。
ただ、ほとんどの場合、それが、どんな調査により分かったことなのかの説明がなかったので、疑いを感じることが多かった。まして、そう言ったのが、瞑想の指導でお金を取る団体の関係者だったら笑い話である。しかし、覚えている限りそうでもなかった。
ただ、少し前から、マインドフルネスというものがよく知られるようになり、Googleあたりでも、広く取り入れられているという信憑性ある書籍を見て、瞑想のような精神ケアも必要なのではないかと思うようになった。

実のところ、私も昔は、瞑想というものに、相当取り組んでいた。
いろいろな瞑想に関する本を読んで試してみたり、世界中の著名人が行っているというTM(超越瞑想)を習いにいって、1年以上、真面目にやっていたが、これ(TM)は、ある理由があって止めた。
政木和三さんが発明した、パラメモリは、ヘミシンク効果を利用して脳波を、アルファー波やシータ波に導く装置で、自然に瞑想が出来るので、これは盛んに使っていた。
パラメモリは、アルファシータやバイオソニックという新しい製品になったが、中身はだいたい同じなのだと思う。
しかし、これらの装置は、販売が終わってから相当時間が経ち、現在では入手は難しいだろう。
しかし、J-DATAという会社が、パラメモリと同じ効果を出せるスマートフォンアプリ「GeniLax」を開発して無償公開してくれている。
詳細は、次のリンクを見ていただきたい。信頼出来るアプリだと思う。
◆GeniLax ~ 音で気分をリフレッシュ

私も、パラメモリの効果は理解しているつもりだったが、十年ほど使っていないような気がする。
そして、瞑想もしなくなった。
このブログでよくご紹介している、呪文や念仏はよく唱えているが、それは、何か別のことをしながらのことが多く、瞑想といったものではない。
それで、どうも最近、心の安定性を欠いてきたように思えるので、やはり、瞑想は必要かもしれないと思うようになった。
今日から、毎日、10分でもGeniLaxを使おうと思っている。













当ブログ著者、KayのAI書。
これまで、データから有益な推測をするためには、高度な統計手法を使う必要がありました。
まして、ビッグデータとなると、大量のデータが必要な上、その分析となるとデータサイエンティストでなければ不可能でした。
しかし、機械学習・ディープラーニング型AIであれば、AIが分析してくれますので、人間がやることは、データを機械学習向きに整えることです。
だから、AIはExcelが使える程度のスキルがあれば、やり方さえ分かれば、自分で作ることが出来、AIによる有益な推測結果を得ることが出来ます。
この本では、足し算や掛け算といった、誰でも馴染みのあるものをAIに教えることで、誰でもAIの作り方を理解出来ます。
そして、応用編では、「モンティ・ホール問題」などの面白いテーマを使い、問題をAIに解かせる方法を理解します。
ほぼ全ての実習をするためのデータが作れるExcelマクロ(VBAプログラム)を出版社サイトから無料ダウンロード出来ます。

自信は美徳

出来た!
・自信は美徳
・自信があれば実力は後からついてくる
・自信は幻想で良い

何でも良いから、自信があれば勝ちである。
引きこもりは、なぜ引きこもるのかというと自信がないからだ。ただ、それだけである。
自信は、何か1つで良い。

確かに、東大を出た(入ったで十分だが)というのは自信になる。
だが、東大出身者は、偏差値の割には成功しない。
なぜかというと、自信はツールであって商品でも売り物でもないからだ。
東大卒を自信にするのは良いことだが、それを売り物にし、それだけが売り物になり、それにすがると、必ず、売り物というのはこき下ろされるのだから、東大卒の自信がなくなるだけでなく、それがアイデンティティーになってしまっている自分に自信を失くし・・・ジ・エンドだ。哀れとしか言いようがない。

昔の『空手バカ一代』という、実在した空手家の大山倍達を主人公にした伝記漫画(ただし、創作が多くて自伝とは言い難い)に、こんな場面がある。
大山が、庭で鍛錬をしていたが、その中で、左右の親指だけを地面につけた逆立ちをする。
そして、妻に言う。
「親指だけの逆立ちが出来る間は、どんな敵が来ようが、まあ、恐れることはない」
私は、なんと美しい言葉かと思った。
しかし、「親指だけの逆立ちが出来る=無敵」の根拠などない。
それは、大山さんの自信であり、根拠のない幻想・・・言ってしまえば妄想である。
しかし、その自信が、大山さんを強く支えていたのだ。
また、別の本で(書いたのはゴーストライターだろうが)、「親指だけの腕立て伏せ百回出来れば無敵」のようなことも書かれていた。
大山さんが、指と実力との関係に確信を持ち、その指が徹底して強い自分に自信を持っていたのは本当ではないかと思う。
大山さんが、喧嘩ファイトで相当な実力があったのは確かで、その力の源は、やはり自信なのだ。

私も、こんな思い出がある。
信号無視で警察に捕まったが、当時、毎日欠かさずTM(超越瞑想)をしていた私は、「TMをやっている俺に逆らえるはずがないじゃないか」という、妙としか言えないが、そんな自信が湧き上がってきた。
もちろん、無罪放免であった。
TM自体の効用については何も言わない(私は今はやっていない)。
しかし、自信があれば、超能力で警官も支配出来ることが分かった。
その自信をつけてくれたTMを作ったマハリシ・マヘーシュ・ヨーギは大物である(実際にTMを作ったのは、彼の師であるらしいが)。

引きこもりは、何とか、1つのプログラミング言語をがっしり習得し、「プログラミングが出来る俺はイケてる」という自信を持てば、どこでも生きていける。
実は私がそうだった。
昔の話であるが、私は、BASICをマスターしただけでは自信が出来なかったので、苦労してC言語をマスターした。すると、「C言語が出来る俺って格好良い」と思うことが出来て自信がつき、後は何でもうまくいった。他愛ないものよのう(笑)。
今なら、Excelマクロ(VBAプログラミング)を十分にマスターすれば良いと思う。
いや、実際は、PHPでもJavaでも、最近流行のPythonやJavaScriptでも良い。
しかし、Excelマクロはすぐに実用になり、便利である。
今後、AIを作るのにも役に立つ。だがまあ、何でも良い。
筋トレでも良いのである。








根拠のない自信の惚れ惚れする威力

「根拠のない自信」の話を続ける。
これを得れば、どうしようもない人間がドラマティックな人生を楽しみ、超能力も発揮するのだから。

「根拠のない自信」と言っても、もちろん、妄想とは区別しなければならない。
「俺の運転はプロレーサーレベルだぜ」と言う公道レーサーは、ほぼ間違いなく妄想馬鹿であるように。
ただ、池沢さとしさんの1970年代の漫画『サーキットの狼』の主人公、「ロータスの狼」こと風吹裕矢(ふぶき ゆうや)のように、本当にプロ級の公道レーサーというのもいるだろう。
その差は、注ぎ込んだ時間の多さだ。
時間を注げば注ぐほど、人間は自信を持ち、実力は自信についてくるのである。

不世出の空手家、大山倍達の有名な伝記漫画『空手バカ一代』は、大半がフィクションらしいが、見るべき点も多い。
その中で、ニート状態の大山が庭でトレーニングに励みながら、両手の親指だけで逆立ちし、「これが出来る間は、どんな強敵が現れても、恐れることはない」と言う。
確かに、それは凄い芸当であるが、だから無敵というのは、「根拠のない自信」である。
だが、本当に自信があるなら、実際、その通りになる。
また、大山の著書(まあ、ほぼ全てゴーストライターが書いたらしいが)で、大山がアメリカで初めて巨漢のプロレスラーと戦った時の話が印象的だった。
大山が、実際に、アメリカでプロレスラーとシュートマッチ(真剣勝負)に近い試合をしたのは、おそらく事実らしい。
著書に書かれていた、試合前、大山が緊張で震えていたというのも本当かもしれない。
そこで、大山は、自分は牛を殺したから、いかに巨漢とはいえ、牛の体重の五分の一のもないプロレスラーに負けるはずがないと思うと落ち着いたという。
大山が実際に牛を殺したかどうかは分からないらしいが、大勢で押さえつけた牛の角を手刀(いわゆる空手チョップ)で折ったというのは本当かもしれないらしい。
「700kg前後の牛を殺したから100kg超程度のプロレスラーなど敵ではない」と思ったとしたら、これも単に「根拠のない自信」であるが、やっぱり、本当にそう思い込めたら勝つのである。

では、私自身の体験を述べる。
私はある時、信号無視で警官に捕まった。
あからさまな信号無視であるから、許されるはずがないし、当時、若かった私は、警官の権威的な態度に大いにムカついた。
しかし、ある「根拠のない自信」で私は落ち着き、反則切符も切られずに悠々と引き上げた。
さあ、どうしてそうなったか?
当時、私は、TM(超越瞑想)という瞑想をやっており、ルール通り、毎日、1日2回、真面目にやっていたのだ。
それで、「TMをやっている私は大丈夫だ」という「根拠のない自信」を持て、実際にそうなったのである。
私は、今は、TM自体は良いものだとは思っていない。
しかし、長く真面目にやっていれば、どんなことでも、こんな効果があるのである。
TMの効果を説いたり、自分の体験として語る人も多いと思うが、それは、TMの力ではなく、「根拠のない自信」の効果だと私は思う。
それが得られるならTMも良いのではと思う。
まあ、今のTMは、習うのに金がかかり過ぎるので、「アジマリカン」を唱えたり、般若心経の呪文を唱えたり、念仏をすれば同じことである。
私がお奨めするのは、呼吸をゆっくりにし、「1分5回以下の呼吸になれば仙人である」と思うことである。
呼吸コントロールで心も支配出来るので、そんな自信も得易いし、実際に、大変な力が得られるのである。
だが、やはり自信を得るには、何であれ、長い期間続ける必要がある。

私が大嫌いなのは「1日わずか5分で」とか「1週間で即効」などという大嘘である。
我々の貴き味方「根拠のない自信」は時間をかけなければ得られない。
しかし、時間さえかければ、別に苦しいことでなくても、それが得られるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

甘やかされて育った人はどうすれば良いか

TM(超越瞑想)を普及させたインドのマハリシ・マヘーシュ・ヨーギは著書で、「積極思考に価値はない。せいぜい、消極よりましな程度」といったことを書いていて、私は長くこれを信じていた。
つまり、洗脳だ。
マヘーシュ・ヨーギは、富裕層を消極にすることで思想支配し、莫大な収益を上げたのではないかというのが、私の考え方だ。
自ら大富豪で、超贅沢な暮らしをし、大学や様々な施設を作り、権威を高めた。
このあたりは、同じインドの宗教家サイババと共通していると思う。
TMに関しては、私は自分で習いに行った時、あくまで私の感覚であるが、いかにも「嘘くさい」雰囲気を感じていたし、人間の価値は必ずしも表に現れないにしろ、TM教師達が優れた人間であるようには見えず、押し付けがましく、論理的でもなかった。
そもそも、TMの理論についてTM教師に尋ねると、「深いものなので、理解したければTM教師のコースを取るしかない」と言われたものだ。
その他の説明は、支離滅裂と感じた。
その後、TMの嘘はばれているような気がする。
詳細は述べないが、私が今すぐでもTM教師をやれるだろう(やらないが)。

人間は、積極的でなければならない。
もちろん、闇雲に前に突き進めば良いというものではない。
それでも、積極的で情熱的でなければならない。
妄想的なプラス思考をしろと言うのではない。
内なる声に従い、挑戦し、不屈の闘志を発揮して粘り、失敗の中にも成功をすることで(1勝14敗かもしれないが)、少しずつでも力をつけ、それに伴って自信を獲得するしかない。

そして、そのためには、「自分の力によらずに満たされてはならない」ことが大原則である。
子供には厳しくし過ぎてもいけないかもしれないが、あまり甘やかさない方が、その子のためだ。
過度に甘やかしたら、その子は終わりである。
優れた気質を持った、根性のある子なら、少々、厳し過ぎても良いかもしれないが、やはり、負担が重くなり過ぎないように注意しなければならない。
私は、甘やかされて育って、すっかり駄目になっていたが、フルコミッション(完全歩合制)セールスという違法な厳しい労働(最低賃金も支払われなかった)に2年従事したことで、少しはマシになった。
長嶋一茂さんがテレビで、自分が甘やかされて育ったことの弊害を述べていたような覚えがあるが、彼はプロ野球という厳しい世界で、大きな成功はしないながら磨かれて、欠点は残っているだろうが、美点も育てることが出来たのだと思う。
普通、あれほどの育ち方をすれば、全く駄目になっていただろうから、凄いことであると思う。

子供は甘やかさないこと。
自分は王子様やお姫様だと思わせないこと。
親が子供に媚びないこと。
そんなことが最低限必要だ。
不幸にも、自分が王子様やお姫様だと思ったまま大人になってしまったら、厳しい環境に身を置き、現実を思い知ることから始めなければならない。
それは辛いことであるが、「親が悪い」と言っている暇はない。
そして、苦しさを、特技を身に付けるエネルギーに変えなければならない。
苦しさ、辛さから逃れるには、人に出来ないことが出来るようになるしかない。
それしかないと痛感出来るなら、案外エゴママに育てられるのも悪くはないかもしれない。

積極的思考の世界的ベストセラーは、サミュエル・スマイルズの『自助論』と、ノーマン・ヴィンセント・ピールの『積極的考え方の力』であると思う。
ただ、後者はキリスト教が根本になっている。まあ、そのことが、それほど差し障りになるとは思えないが。
個人的には、ウィリアム・ウォーカー・アトキンソンが良いと思う。
しかし、本を読むだけでは、どうにもならない。
憧れと情熱を行動に移さなければならない。
だが、それは、人生で最も楽しいことである。
いや、それが出来ない人生は地獄であろう。
スタート時点では、自分の価値はゼロである。
価値は誰も与えてくれないが、自分の手でいくらでも得られる。
そして、人間の価値は、ある程度の範囲までは、収入とほぼ正確に一致する。
ある程度の収入がないなら、それが得られるよう、まずは全力を注ぐ必要がある。
そのために最も良い方法は、人に出来ないことが出来るようになることだ。
それは他者の役に立つことである必要がある。役に立てる人が多いほど高収入なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード