ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

超能力

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

老化を止め自然に超能力を得る呼吸法

教科書に載っているような科学的根拠は多分ないが、超能力を獲得する呼吸法を述べる。
ちなみに、私は、教科書に載っているような科学のみが真実だとすれば、(詳細は省くが)何度も死んでるはずで、それ(教科書に載っている科学)はそれで正しい部分もあるが、それよりも、長年に渡って、判断を保留しつつ覚えていた知識に対して静かに深まる信頼(いずれは確信に変わる)は、より確かなことと思う。
喩えて言うなら、真の知識は高い木に成った果物のようなもので、それを得るには、それが落ちてくるのを待つのが良いのである。忍耐強く待つなら、それは丁度良いタイミングで落ちてくる。

自然に超能力を獲得する呼吸法は、インドの聖者ラマナ・マハルシの言葉を長年に渡って収録したものを注意深く英訳した書物である『Talks with Sri Ramana Maharshi』の中にあり、おそらく翻訳書は『ラマナ・マハルシとの対話』(福間巌訳。ナチュラルスピリット)だと思うが、私は、これはあまり見ていない。
私は、『Talks with Sri Ramana Maharshi』の抜粋版と思われる『南インドの瞑想』(おおえまさのり訳。大陸書房)で見た。
多くの呼吸法と異なり、吐息(出息)から始めるところが良い。
言葉を心で唱えながら行うが、その言葉は日本語の方で良いと思う。ただ、インドの言葉にマントラ的な響きを感じる場合には、それを使うと良い。

(1)出息「私はこれではない(ナ・アハン)」
(2)入息「私は誰か?(コーハン)」
(3)呼吸停止「私は彼である(ソーハン)」

(3)が、「止息」ではなく「呼吸停止」になっていることも意味がある。
我々は、水中に潜る等で「息を止める」時、喉の気管を筋肉の力で塞ぐ。
しかし、このやり方は余計な緊張を引き起こすので避けた方が良く、単に呼吸の流れを止めるのである。
それは、そうしようと思えば、意識しなくても、身体は、腹や胸の内部の筋肉を使い、肋骨や横隔膜の動きを止めるなどして、自然に呼吸の流れを止めることが出来るはずである。
出息は、極端でない範囲で、出来るだけ細く、長く行うのが良い。
それにより、体内に取り入れられた気(プラーナ、生命微子などとも言う)を吐き出さずに体内に留めることが出来、結果、生命力を高め、若さをもたらす。
尚、この呼吸法を行う間は、肛門を引き締めると良い。
仙道、仏教、ヒンズー教などには、肛門を引き締める訓練を行う流派が多く、それは、経験上、生命エネルギーが肛門から流出すると感じるらしいが、船が難破した時、これらの僧達は肛門を引き締めることで命を守れたが、一般の乗客は肛門が緩んでしまっていて、早くに命を落としたという話もある。

この呼吸法を空いた時間を見つけ、合計で1日20分程度(慣れればもっと長くても良い)行うことを長く続ければ、自然に、あらゆる超能力を得ると思われる。
また、生命力を活性化させ、健康になり、老化を止め、若返ると思われる。

呼吸中の言葉について、少し補足する。
「私はこれではない」の「これ」とは、大雑把には「身体」と「心」を指す。「私は彼である」の「彼」とは、神のことである。「私は神だ」という言い方を避けるために、このような言い方がよくされる。
尚、「私は彼である」ではなく「私はそれである」という言い方もされる。いずれでも、好きな方でやると良いだろう。











恐るべきパワーの持ち主になる

どんなことでも、10年間、たゆまずやれば、かなりの腕前になる。
ピアノだって、10年、少しずつでも毎日練習すれば、ピアニストとは言わないまでも、かなりの腕前になるはずだ。
今、ピアノを一曲だけ、それなりの腕前で弾けるようになるレッスンが流行っているらしいから、ピアノも、案外簡単かもしれない。

私のように何百年もプログラミングをしていると(♪)、プログラミング言語自体は何でも同じだが、私は、アプリを作ることより、データ操作やデータ処理に関心があるので、VBAと、後、SQL言語が使えれば十分だ。
SQL言語といっても、ぱっと見て分からない複雑なものは書きたくないので、複雑なデータ構造を定義する時は、Accessで言うクエリー、SQL Serverで言うビューを、もっぱら使う。
そうそう。VBAが使えるようになったら、SQL Serverを使えるようになると良い。そうすると、ExcelやAccessを使って、巨大データベースを扱えるようになる。
そのために、少し、SQL言語も使えるようになれば良い。
このように、VBAは、Excel内で使うだけでも十分に強力だが、その先に無限の可能性があるのだ。
ちなみに、SQL Serverは、無償のExpress版でも、企業のそれなりのシステムでも、十分使える。実際、中規模の企業の基幹システムで使われていることも珍しくはない。
ましてや、個人用途や、ちょっとしたデータを使うアプリなら、大抵は余裕綽々だ。

世間的に認知されたものばかりではない。
超能力だって、10年、絶えず訓練すれば、必ず身に付く。
超能力と言っても、テレパシーやサイコキネシス、あるいは、念写といった、あまり実用的でないものより、『エル・カザド』の、私の気に入りのキャラクター、エリスが使う魔法のようなものが良い(いきなりアニメの話で恐縮だ)。
エリスの力は、素粒子(電子等)の動作を支配するというよりは、最新の知見によれば、素粒子と意思の疎通を行って、動いていただくというものだ。
それは、ある程度、量子力学的にも可能性があると思うが、おそらく、実際に可能だ。
だから、希望の状況(ただし、欲張らずに)になるよう、空間に偏在するエネルギーに願ってみると良い。
元々、人間は、そんなことが出来る能力があるので、コツを掴めば、割と出来るようになる。
名人になるには10年かかるが、毎日、楽しみながらも弛まずやれば、案外に早く出来ると思う。








魔法とは思考が消えた時に現れる力

定義をきちんとさせないといけないことで、ふわっとした概念を用いるのは良くない。
一方、定義や公理のような共通の認識でないことを、きちんとさせたがるのは良くない。
しかし、世の中では、この真逆が行われていることが多いのだ。
つまり、曖昧にしちゃいけないことを曖昧にする・・・政治家やITサービスの契約にはこれが多い。
また、きちんとしようのないことをきちんとしろと言う・・・「君は理系か文系か」とか「共産主義者か資本主義者か」とかね。

で、超能力とは何か、魔法とは何かは、定義や公理がある訳ではないので、ぼやっとさせておくが、まあ、「不可思議な力で願いを叶えること」と言えるかもしれない(必ずしもそう思う必要はないが)。
もちろん、超心理学では、ある程度は共通の定義もあるし、ウォルター・アーネスト・バトラーの魔法の定義(自在に精神に変革を起こす)は個人的には気に入っているが、今回は置いておく。
そもそも、超能力や魔法に興味を持つのは、利己的な場合が多いかもしれないが、自身の力を大きく拡大するためだ。

前置きが長くなって申し訳ない。
私の本意としては、あまり楽しくない人生を送っている人に、喜びを掴み取る力を得て欲しいということだ。まあ、そのためには、現実的な努力をせいということになるのかもしれないが、どうも、楽しい人生を送っている人は、嫌な努力をさっぱりしない・・・というか、努力してもどうなるものでもないと諦めた人のように思う。
少年時代から、起きている時間全部でバットを振りたがるほどだったテッド・ウィリアムズ(メジャー最高のバッターの一人)は、好きでやってただけで、むしろ、練習を止められるのが苦痛だった。このウィルアムズの場合も含め、人に喜びを与える唯一の力は実は超能力や魔法であると思えてならない。

究極、あるいは、本質を言えば、超能力を得るには、心を無にすれば良い。この言い方は難しいので、もっと現実的に言えば、優越感を消せば十分だ。
人間の最大の関心事は優越感であり(ディール・カーネギーは「自己重要感」と言ったと翻訳されているが、同じである)、人間の思考の根本にあるのは優越感である。
だから、思考そのものを消してしまえばいい。
矢追純一さんが「僕は頭が悪いから、考えることを諦めた」と言ったらしいが、これが極めて優れた方法と思う。
残念なのは、自分は頭が良いと思っている人だ。断言する。そう言うアンタの頭も絶対に悪い。
人間の思考力なんてのは、小学校低学年の算数をやる程度にチューニングされている。
だから、そのレベルのことはしっかりやらないといけないが、それを超えるほど愚かになるのだ。
また、具体的方法で感心したのは、保江邦夫さんが『神様ののぞき穴』に書かれていた「龍の首」のポーズだ。
猫背になって首を前に倒し、顔だけ上げる・・・前にも書いたが、矢吹丈のノーガードが全くそうだ。このポーズをすると、個人的な想念が消える。
常に龍の首は出来ないかもしれないが(この点、ひきこもりは有利だ)、常に鼻で呼吸するよう気を付けると良い。余計なことを考える時は呼吸過多になって口で呼吸するものだからだ。まあ、鼻息が荒いのもみっともないが、鼻呼吸を意識すると、呼吸も収まり、思考も静まる。呼吸と想念は同じ根っこから出ているのである。







どんなデタラメなやり方でも、うまくいく者はうまくいく

切羽詰った事情がある場合を除き、英語のマスターなんて時間の無駄だからやめた方が良い。
とはいえ、英語を駆使しながら海外を楽しんでいる人がいて、それはとても面白く有意義と思えるが、その人が言うには、英語が出来るようになるためには、TOEICなんかより、英語の映画のセリフを丸々1本覚えた方がずっと良いそうだ。
聞いた途端、「なるほど!」と思ったが、さて、どの映画にしよう?
ブルーレイやDVDで、音声が英語のもので、字幕は英語と日本語に切り替えられるもの・・・そして、何十回見ても面白いものが良いだろう。

ただ、それで誰もが英語をマスター出来る訳でも、やはりない。
さっきの人は、やはり、英語をマスター出来る何かがあったのだ。無論、それは、頭の良さとか要領の良さなどではない。
頭が悪かろうが、要領が悪かろうが、アメリカやイギリスでは皆、楽々英語を覚えるのだからだ。
とはいえ、大人になってから、英語を話さない国で英語をマスターするとなると、少しは何かが必要だ。
それは、プログラミングも同じで、プログラミングをマスターする人は、やはりどこか違う。
プログラミング学校やネット講座なんてものは、何の意味もない。
私が知っているプログラミングが出来る人で、学校やWeb講座で覚えたなんて人は、私の知る範囲では全くいない(少しはいると思うが)。
大学でJava等を学び、単位も取った人は大勢いるが、そんな人でまともにプログラミング出来る人は見たこともない(いることはいるんだろうが、少ないのは間違いない)。
また、清水亮さんという天才プログラマーは、「写経」といって、良いプログラムを書き写す(もちろん、キーボードで)のが良いと言い、私も賛成と言えば賛成だが、やはり、それでプログラミングが出来るようになったという話は聞かない。

保江邦夫さんが有名になって、彼の合気道道場に沢山の入門者が押し寄せたらしいが、入門した人にいかに素晴らしい効果があったように言われても、それは、ごく僅かな入門者に関してのことで、その裏で何倍もの人が何の成果も上げられず、去っていっていると思うのだ。
英語の素晴らしい教材の広告はよく見るが、やはり、それで宣伝通りの目覚しい効果を上げるのは、ごく一部の人達だ。

それで思うだが、やり方はどうでも良く、特に、どんなやり方が良い訳でもない。
著名な脳科学者の茂木健一郎さんが、TOEICをボロカスに貶していたが、それでも、TOEIC高得点者で英語を自在に操れる人も少なくない。
茂木健一郎さんの話を続けて悪いが、彼は、日本の大学入試も大いに否定しているが、東浩紀さんに手厳しく反論されてタジタジとなり、また、自分はアップルファンでアップルのパソコンやスマートフォンを誉めまくり、マクロソフトのは駄目と言ったら、西和彦さんに「アンタがそう思うだけだろ。自分の言っていることに責任取れないだろ」と言われて、完全に怯んでいた。茂木さんの言うことも傾聴には値するが、早い話が、そんなこと、「どうでもいいこと」なのである。
茂木さん式でうまくいく人もいれば、その真逆のやり方でうまくいく人もおり、どちらが良いなんて「全く」言えない。
さらに言えば、どんな馬鹿げたやり方でもうまくいく人はいくのだから、茂木さんら、どんな著名な人の言うことも、参考に聞くに留め、好きなやり方でやれば良い。

で、これも1つの突飛な意見であるが、ものごとをうまくやる力は、超能力的なものなのである。
差し障りのない言い方をすれば、衝動とかエネルギーであるが、超能力は精神が生み出すものであり、やはり、これを持たないとうまくいかない。
私も、超能力でプログラミングをマスターしたが、一時期やってみた英語では、超能力を発揮しなかった。それだけのことだ。
そして、超能力を発揮するには、鼻で呼吸すること。これだけ覚えておくと良い。
静かに呼吸することも大切であるが、鼻で呼吸していれば、自然に静かな呼吸になる。
出来れば、極めて微かに吐く訓練をすると良いが、それよりも、常に鼻呼吸することの方が大事である。







超能力を使うにあたって必須のこと

決して、ややこしいプログラミング問題をやろうというのではない。
それどころか、怪しい超能力問題を実践的にやりたい(笑)。

Lisp(リスプ)というプログラミング言語がある。
1958年に作られた古いプログラミング言語だが、今でも、いつの時代でも一番クールな言語だ。
勉強しても、雇用されたり、「仕事がいっぱいある」には程遠いし、面白いかというと、これを面白いと言う者は、間違いなく変わり者だ。
簡単なプログラムを示す。

(car  '(1 2 3 4 5))

実行すると、出力は、

1

となる。つまり、car(カー)は先頭要素を取り出す。
一方、cdr(クダー)は、先頭要素以外を取り出す。すなわち、

(cdr '(1 2 3 4 5))

を実行すると、

(2 3 4 5)

になる。
では、3つ目の要素を取り出すにはどうすれば言うと、ちょっと考えると、

(car (cdr (cdr '(1 2 3 4 5))))

であると分かるかもしれない。
右側のcdrが(2 3 4)を取り出し、左側のCDRが(3 4)を取り出す。
そして最後に、carが3を取り出すという訳だ。

こんなもん、何の役に立つのかと思うだろう。
Lispは、 List Processor(リスト処理装置)の略で、リスト(表や目録)をカッコ()で囲んで処理する。
それで、やたらカッコが多い。
BASICみたいなプログラミング言語にはリスト処理はないが、Perl(パール)にはあるし、Ruby(ルビィ)やPython(パイソン)では強化され、「プログラミング言語の進化の流れはLisp化への流れになっている」と言う著名なコンピューター科学者もいる。
つまり、リスト処理は、とても有用だということだ。

しかし、やっぱり、リスト処理の何が良いのか分からないだろう。
Lisp言語の本を見ると、下手な教師の見本よろしく、細かいことをアリがパン屑を運ぶがごとく、チマチマ述べていて、「最初から飽きてしまう」。
算数・数学教師がこれをやると、子供達は間違いなく算数嫌い、数学嫌いになるが、大抵の子供は算数嫌いだ(笑)。

Lisp言語を使うには、「目の前の問題をリスト問題に捉え直す能力」が必要だ。
だから何・・・かと言うと、最近、AI(人工知能)の機械学習やディープラーング(ディープラーニングは多層型機械学習)の本が沢山出ている。
それらの本が、まさに、Lispや算数の悪い教え方をやっている。
読む人の99%が、挫折・・・と言うか、飽きてしまう。
まず、AIというものは、「目の前の問題を予測問題に捉え直す能力」がないと使えないことを教えないといけない。
なぜなら、今のAIというのは、「考えるマシン」じゃなく「予測するマシン」なのだ。
だからまあ、今のところ、AIが人間の立場に取って代わることはない。
予測しなくたって、人間やってられるからね。

で、お約束の超能力である。
「超能力とは何か?」
「超能力をどうやって身に付けるか?」
なんて本は結構あるし、最近は、量子力学の発達で、案外に納得しやすいものもある。
でも、これも同じで、
「目の前の問題を超能力問題に捉え直す能力」
がないと、超能力があっても役に立たない。
「水がどこにあるか」
「金がどこにあるか」
「ポチが隠した靴下はどこにあるか」
は、超能力問題に捉え直しやすく、そういったことが出来るダウジング(棒や振り子を使って何かを探すテクニック)が、結構、実用で使われている。
確かに、科学者立会いのダウジングの実験は、多くの場合、失敗する。
ミクロの世界で、観測が事象に影響を及ぼすことは解っているが、マクロの世界だってミクロの世界から出来ているのだから、影響がある。
だから、懐疑的な実験者が見ていると、超能力は発揮され難い。
しかし、ダウジングは、ミクロの世界とマクロの世界を結び付けるテクニックなので、上手く使うと効果的な可能性はあると思う。
引き寄せの法則、潜在意識による成功法則もまた、目の前の問題を引き寄せ問題や潜在意識の問題に捉え直すことでうまくいくのである。
例えば、可愛いあの子と超能力で仲良くなりたいなら、超能力を使う部分と、心身でやる部分を切り分け、自分はお洒落して、いい店探して、マナーを高めるのだが、予期せぬきっかけは超能力にまかせる・・・とかである。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード