ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

超能力

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

超能力者になる言葉

当たり前の言葉を言えば、超能力者になる。
その言葉が当たり前であればあるほど、超能力は強くなる。
この「超能力者」は分かり易く言っただけで、「引き寄せマスター」程度のつもりで使った。
もっと、癖のある言い方をする者もいる。
例えば、合氣道家の藤平光一さんは、「当たり前のことを言えば氣が出る」と言った。
「氣が出る」とは、潜在能力が発揮されるという意味で、まあ、超能力者になることと言って良い。
ちなみに、藤平さんが勧める当たり前の言葉は「重みは下にある」だったと思う。

当たり前ということは、自然という意味で、真理であるということだ。
デカルトは、言葉というのではないが、最高の真理を探究し、そして、彼が辿り着いた答が、
「われ思う、ゆえにわれあり」
だった。
彼は、「宇宙は広い」とか「火は熱い」というのは疑ったが、「われ思う、ゆえにわれあり」は信じたのだ。
だが、私は、ルドルフ・シュタイナーが言った、
「われ思う、ゆえにわれなし。われ思わず、ゆえにわれあり」
の方が好きだ。
ただ、デカルトとシュタイナーは反対のことを言っているようで、それは単に「われ」の定義の問題であり、実際は、そんなに違わないと思う。

別に、どの言葉が良く、どの言葉が悪いということはない。
大切なことは、自分が納得する言葉ではなく、魂が納得する言葉を使うことだ。

ニサルガダッタ・マハラジが至高の真理と言った言葉は、
「私は在る(私は存在する)」
だ。
これで良いと思えば使うと良い。
私も、この言葉には散々、お世話になり、良い想いをした。

『福音書』にはイエスの、『法句経(ダンマパダ)』や『感興のことば(ウダーナヴァルガ)』には釈迦の、『老子』には老子の、『荘子』には荘子の、『論語』には孔子の言葉が沢山書かれているので、それらを読み、その中から選んでも良い。
あまり迷わず、とりあえず何か使うと良い。
真理度が多少低かろうが、言わないよりは、はるかにマシだからだ。
藤平氏の「重みは下にある」も、マハラジの「私は在る」も十分と思う。

「私は生きている」も、「私はいつか死ぬ」も、なかなか確からしい。
「ありがたい」こそ真理と思えるなら幸いだ・・・いや、確かに、魂はそれを納得するだろう。
「俺に不可能はない」は、魂的には正しいが、心の葛藤を生む可能性があるので、お勧めしない。
同じく、「私は神である」もだ。
だが、使いたければ使うと良い。












超能力の鍵

催眠状態になれば(つまり、無意識が心身を支配すれば)、限りなく高い能力を発揮出来ることを私が理解したのは、中学1年生の時だった。
たとえば、ある大空手家の有名なパフォーマンスに、十円硬貨などのコインを指で折り曲げるというものがあり、これは、科学的には、人間に可能と不可能のギリギリの境界にあることらしい。
つまり、その大空手家は、もしかしたら、人類を超える能力を持っていたのかもしれないわけだ。
しかし、催眠状態では、誰でもこれが出来てしまうらしい。
ある、お金さえ出せば誰でも受講出来るセミナーで、受講者全員に、素手で自然石を叩き割るとか、電話帳(いまどき、あまり見ないが)を素手で引き裂くといった、超人的な人間にしか出来ないパフォーマンスをやらせていた。これも、自己催眠状態に入る、あるいは、無意識を表出させるテクニックを活用しているのだろう。
海外で有名なものでは、アンソニー・ロビンズが昔やっていた、セミナー受講者に火渡り(燃えている炭の上を素足で歩く)をさせるものがある。
何度も書いたが、私の場合、こういったこととは違うが、人間に不可能なパフォーマンスを小学生の時から散々やっていた。私は、自己催眠のテクニックを、誰にも教えられずに使えたのだろう。

精神科医で、自分や他人を催眠状態に導く能力が異常に高かったのがミルトン・エリクソンで、彼の治療実績も抜群だった。
エリクソンの催眠技術を研究し、活用したのが、リチャード・バンドラーが開発したNLP(神経言語プログラミング)だった(今のNLPはどうか知らないが)。
そして、エリクソンといい、バンドラーといい、重要なことは、一瞬で催眠状態にすることで、大半の催眠術の使い手のように、時間をかけることをしない。
子供の時から催眠技術を使っていた私には分かるが、催眠は、一瞬でやってこそうまくいくし、実用的なのだ。

無意識に入る鍵は呼吸だ。
呼吸は、心臓や胃等の働きと同じく、自動で行われるが、呼吸だけは意識で制御出来る。つまり無意識に意識が介入出来る。
だが、意識が呼吸を無理に支配しても、あまり良い結果にはならない。
禅では、そんなことが分かっていたので、呼吸を数えることにしたし、仙道では、呼吸を観察することにした。
ちょっと難しいことを言えば、超能力を発揮するには、呼吸が自然に止まるようにやることが必要だ。
感動した時や、驚いた時には、自然に呼吸が止まるが、そんな状態を、意図的に起こすのである。
それが出来る能力があるかないかが、超能力者と凡人の違いなのである。
やり方は分かるが、無闇に教えて良いものか、疑問にも思う。
ただ、ごく当たり前の方法としては、好きなことに没頭することだ。ただし、本当に没頭出来るほど好きでないといけない。

無意識に入る訓練としては、やはり腕振り運動が良く、達磨も、超能力まで考えたかどうかは知らないが、健康法と言うよりは、能力開発法として考案したのではと思う。
つまり、意識せずに腕が振れるようになれば、もう、無意識に入っているのである。
それを習得するには、そこそこ時間がかかると思う。
毎日、励まれんことを。








腕振り運動で超能力少年の感覚を取り戻す

チャクラ覚醒法としての腕振り運動は、危険かどうかは分からないが、世界を書き換える可能性があると思える理由がある。
それは、もう何度も書いたが、少なくとも私は、子供の時はマジな超能力者だったことと関係する。
私は、7歳くらいの時、交通量の多い車道に目をつぶって何度も飛び込み(家族の証言もある)、9歳の時は、一切の天文の知識なしに、空の星の中から土星を(後に木星も)特定し、テレビ放送の録画が出来るようになったら、以前見た放送の録画したいもの(例えば、時代劇の特定の回)を、私が録画するために放送させることが出来た。
他にも沢山ある。もうデタラメな力だ(笑)。
その能力は、覚えている範囲では、二十歳頃までは自在に使えた。
そして、腕振り運動を毎日1万回もやっていると(現在、12日連続1万回。24日間の平均が8146回)、あの頃の感覚を思い出す感じがするし、2日前から、チャクラ覚醒を意識し出すと、さらにそうだ。

自分が子供の時、超能力を使ったと公言したのは、『ザ・シークレット』の本やDVDに登場して有名になった量子物理学者の変なおじさん、フレッド・アラン・ウルフだ。
彼は、7つくらいの時だったと思うが、2階から1階に、階段を使うことなく移動したことを記憶していると言う。
地味な能力だ(笑)。
私も、自分では覚えていないが、家族の証言によれば、4歳の時、2階の窓から地表に移動したが、家族は、私が2階の窓から落ちたと記憶しているらしい。
しかし、4つの幼子が乗り越えられる危険な窓なんて、普通、あり得ないし、私はかすり傷1つ負っておらず、泣きもしていなかったという。
これは、ウルフ博士同様のテレポーテーションだったと思う。
子供の時の超常体験を本に書いている人には、やはり量子物理学者の保江邦夫氏がいるが、私は、あの人のことは、別に疑ってもいないが、全く信じていないのでパスする(笑)。
私は、どうも生まれつきの頭の出来が、彼らのように優秀でなかったためか物理学者にはならなかったが、超常現象の回数や内容は、彼らの比ではない。
そんな私が、毎日1万回の腕振り運動を、進んで熱心にやっており、また、誰にも同じ効果があると感じている。
腕振り運動の、健康や病気治癒、あるいは、若返りの効果に関しては、電波工学の世界的権威であった関英男博士がエビデンスをまとめているし、これに関しては、私も信用している。十分あり得ると思うからだ。

腕振り運動のやり方は、
【外部リンク】万病を治す腕振り運動 ※名古屋身体均整院様サイト内
を参照いただきたい。
腕振り運動の、チャクラ覚醒への応用は、当ブログ内記事、
【当ブログないリンク】腕振り運動で、望む力を得る(2022/2/16)
をご覧いただきたい。








腕振り運動で、望む力を得る

1万回の腕振り運動を10日続け、「勝ったな」という感覚が得られた。
この成果は、誰もが、すぐに享受出来るだろう。
得たいものを得る簡単な方法が分かったと思える。
それは、腕振り運動が、やはり、ヨガで言うチャクラ(霊的な中枢)を活性化させるということだ。
活性化させたいチャクラを選べば、欲しいものを得る能力を持てる。

チャクラは、主要なものが人体に7つある。
下から述べる。
英語名で記述。括弧()内にサンスクリット語を記述。
◆ルート・チャクラ(ムラダーナ・チャクラ)
場所:尾てい骨のあたり。
力:生命力。性的魅力。
◆スプリーン・チャクラ(スバディシュタナ・チャクラ)
場所:下腹部(丹田と呼ばれる場所)。
力:気力。不屈。積極性。
◆ネェベル・チャクラ(マニピュラ・チャクラ)
場所:胃の後ろ。みぞおち。
力:情熱。カリスマ性。
◆ハート・チャクラ(アナハタ・チャクラ)
場所:胸
力:魂の声。宇宙の声。直観。
◆スロウト・チャクラ(ビスダ・チャクラ)
場所:喉。
力:若さ。美しさ。
◆ブラウ・チャクラ(アジナ・チャクラ)
場所:眉間(第三の目)。
力:未来予知。透視。
◆クラウン・チャクラ(サハスララ・チャクラ)
場所:頭頂。
力:万能。

自分が欲しい力を持つチャクラに意識を向け、腕振り運動を行うだけで良い。
チャクラの場所は、大体で良い。
腕振り運動の数を数え易くするため、次のようにやることをお勧めする。
「生命力・性的魅力」「若さ・美しさ」「万能力」を得たい時は、
(1)ルート・チャクラに意識を向け、腕振り100回
(2)スロウト・チャクラに意識を向け、腕振り100回
(3)クラウン・チャクラに意識を向け、腕振り100回
上記が終了したら、300回終了を記録するため、計数機のボタンを3回押したり、積み重ねたコインの3枚を隣に移動させるなどをする。
その後、再度同じパターンでやるか、パターンを変えてやっても良いし、いったん300回で終了する場合もあるだろう。

【注意】
チャクラは下方のものから始め、上方に移る。
例えば、「ルート・チャクラ」「ネェベル・チャクラ」「ブラウ・チャクラ」の順である。
いくつ選んでやっても構わない(最低1つ。最高7つ)。
ただ、ルート・チャクラは、なるべく含めると良い。ルート・チャクラが力の根源だからだ。

私は昔、座ってマントラを唱えるチャクラ開発法をやったが、まるで駄目だった。そもそも、続かなかった。
じっと座ってやるのは苦痛だし、血行が悪くなって健康にも悪い。
「ウーン」なんて感じのマントラを唱えるのも抵抗があった。
しかし、腕振り運動をしながら、チャクラを意識することは、楽に続けられ、狙った能力が得られると思うと、やる気も出る。
こんなに簡単で、健康的で、気持ち良い方法で、気力や若さなど、欲しいものが得られるとしたら、喜んでやりたくなると思う。








常識を消せば超能力は発現する

神仏に、願いが叶うことをお祈りをした時、どんな人の願いが叶うのだろうか?
それは、祈る人が、祈りを捧げる神仏について、
「どれだけ大きな力を持っているか?」
「どれだけ自分を愛してくれているか?」
と考えているかで決まる。
「愛してくれているか」について言えば、こんな問題がある。
特に、イスラム教徒がそうで、キリスト教徒やユダヤ教徒もだが、彼らは、神様に対して「天上にいる気難しくて怖い老人」というイメージを持っている。
彼ら(イスラム教徒など)にとって神様は、自分が悪いことをしたり、神が決めた掟を守らなかったり、神への供え物を怠ったら罰を与える恐ろしい存在だ。
しかし、どうしたって、人間は悪いことをするのだし、なかなか掟を守れないし、供え物をするのも面倒臭い。
それで、人間は、罪の意識を持ったり、自分は神に愛される資格がないなどと思ってしまうのである。
そういったところを権力者が利用して人民を支配することについてはよく分かっているが、そのことは今回は触れない。
本題はあくまで、どうすれば願いが叶うかだ。
上に述べたような気難しい神を信仰している者の願いは、あまり叶わない。
どうしても、そんな恐い神様が自分の願いを叶えてくれるとは思えないからだ。

ところが、仏教の仏は、本来、決して人間を罰しない。
特に、阿弥陀如来はそうで、どんな悪人でも慈悲をかけ、全面的な愛を注ぐのである。
だが、やはり多くの人々は、仏だって、悪い人は罰すると思い込んでびくびくしているのである。これは、親が子を、権力者が人民を支配するために、そう思い込ませたからだ。
だが親鸞は、「阿弥陀仏は、掟を守れず、善いことが出来ず、悪いことをしてしまう我々凡人を哀れんで救ってくれるのだから、我々駄目人間でも全然OKなんだ」と言ったのである。
それは非常に正しい。
なぜなら、理解は難しいのだが、実のところ、自分の心が仏で、それゆえ心は無限の力を持っているのだからだ。
自分の心が仏であるということが分かり難ければ、心の中の深いところに仏がいると思えば良い。
そして、阿弥陀仏に関して言えば、「南無阿弥陀仏」とか「阿弥陀仏」と唱えれば、即ち、念仏を唱えれば、心の中の阿弥陀仏が表に出てくるのである。
つまり、表面の心が悪くても、内なる仏は全く関係なく、無限の愛と力に満ちている。
これは、宗教というよりは、心の科学で、未来の科学であり、宇宙科学である。
現在は、精神科学や量子物理学が、ようやくその入り口に達した程度だが、いずれ明晰に分かるようになるだろう。

そして、どれだけ簡単に速く願いが叶うかは、祈る神仏が、どれほど大きな力を持っていると考えているかで決まる。
多くの人は、案外に神仏の力を見くびっているものだ。
イエスは「神に出来ないことはない」と何度も言い、『観無量寿経』では、阿弥陀仏や観世音菩薩が、想像を絶するという言葉では全然足りないほど凄い存在であることを壮大に語っている。
また、『観音経』(『法華経』25章)では、観世音菩薩の偉大さ、観世音菩薩が持つ力の大きさ凄さを、釈迦が大いに語ってくれている。
仏教の経典は、宇宙人が書いたと思われるほど(もちろん、人間のために、比喩的・象徴的に書かれているが)、思考の限界を叩き壊し、イメージが無限に広がるよう工夫されている。
それは、数ある経典の中でも、特に『法華経』や『浄土三部経』について言えるが、超能力というのは、世間的常識を壊せば(あるいは消せば)出てくるのだから、これらの経典を熱心に読めば超能力だって得られる。
中国の『荘子』は、『法華経』や『浄土三部経』ほどの破壊力(常識の破壊力)はないが、その分、分かり易い。とはいえ、『荘子』でも、なかなかついていける人は少ないのだが。

確かに、こういう俗っぽい言い方はどうかとも思うが、超能力を得たければ『法華経』(『観音経』だけでも良い)や『浄土三部経』(『観無量寿経』だけでも良い)を読むと良い根拠はこうである。
そして、超能力(極めて広い意味で願望達成能力も含む)を発するコマンドが真言である。
『観無量寿経』や『観音経』で言えば、「南無阿弥陀仏」や「南無観世音菩薩」がそうである(「阿弥陀仏」「観世音菩薩」でも良い)。
もちろん、経典を読まなくても、集合無意識の中にパワーが充満しているので、真言を唱えるだけで十分である。
ただ、若干、力の出方が弱いだけである。
そして、昔と違い、経典が簡単に手に入る時代なのだし、我々は支配者に思想統制や情報統制を強力にされているので(早い話が重い洗脳を受けているので)、万全を尽くした方が良いかもしれない。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード