ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

超能力

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

常識を消せば超能力は発現する

神仏に、願いが叶うことをお祈りをした時、どんな人の願いが叶うのだろうか?
それは、祈る人が、祈りを捧げる神仏について、
「どれだけ大きな力を持っているか?」
「どれだけ自分を愛してくれているか?」
と考えているかで決まる。
「愛してくれているか」について言えば、こんな問題がある。
特に、イスラム教徒がそうで、キリスト教徒やユダヤ教徒もだが、彼らは、神様に対して「天上にいる気難しくて怖い老人」というイメージを持っている。
彼ら(イスラム教徒など)にとって神様は、自分が悪いことをしたり、神が決めた掟を守らなかったり、神への供え物を怠ったら罰を与える恐ろしい存在だ。
しかし、どうしたって、人間は悪いことをするのだし、なかなか掟を守れないし、供え物をするのも面倒臭い。
それで、人間は、罪の意識を持ったり、自分は神に愛される資格がないなどと思ってしまうのである。
そういったところを権力者が利用して人民を支配することについてはよく分かっているが、そのことは今回は触れない。
本題はあくまで、どうすれば願いが叶うかだ。
上に述べたような気難しい神を信仰している者の願いは、あまり叶わない。
どうしても、そんな恐い神様が自分の願いを叶えてくれるとは思えないからだ。

ところが、仏教の仏は、本来、決して人間を罰しない。
特に、阿弥陀如来はそうで、どんな悪人でも慈悲をかけ、全面的な愛を注ぐのである。
だが、やはり多くの人々は、仏だって、悪い人は罰すると思い込んでびくびくしているのである。これは、親が子を、権力者が人民を支配するために、そう思い込ませたからだ。
だが親鸞は、「阿弥陀仏は、掟を守れず、善いことが出来ず、悪いことをしてしまう我々凡人を哀れんで救ってくれるのだから、我々駄目人間でも全然OKなんだ」と言ったのである。
それは非常に正しい。
なぜなら、理解は難しいのだが、実のところ、自分の心が仏で、それゆえ心は無限の力を持っているのだからだ。
自分の心が仏であるということが分かり難ければ、心の中の深いところに仏がいると思えば良い。
そして、阿弥陀仏に関して言えば、「南無阿弥陀仏」とか「阿弥陀仏」と唱えれば、即ち、念仏を唱えれば、心の中の阿弥陀仏が表に出てくるのである。
つまり、表面の心が悪くても、内なる仏は全く関係なく、無限の愛と力に満ちている。
これは、宗教というよりは、心の科学で、未来の科学であり、宇宙科学である。
現在は、精神科学や量子物理学が、ようやくその入り口に達した程度だが、いずれ明晰に分かるようになるだろう。

そして、どれだけ簡単に速く願いが叶うかは、祈る神仏が、どれほど大きな力を持っていると考えているかで決まる。
多くの人は、案外に神仏の力を見くびっているものだ。
イエスは「神に出来ないことはない」と何度も言い、『観無量寿経』では、阿弥陀仏や観世音菩薩が、想像を絶するという言葉では全然足りないほど凄い存在であることを壮大に語っている。
また、『観音経』(『法華経』25章)では、観世音菩薩の偉大さ、観世音菩薩が持つ力の大きさ凄さを、釈迦が大いに語ってくれている。
仏教の経典は、宇宙人が書いたと思われるほど(もちろん、人間のために、比喩的・象徴的に書かれているが)、思考の限界を叩き壊し、イメージが無限に広がるよう工夫されている。
それは、数ある経典の中でも、特に『法華経』や『浄土三部経』について言えるが、超能力というのは、世間的常識を壊せば(あるいは消せば)出てくるのだから、これらの経典を熱心に読めば超能力だって得られる。
中国の『荘子』は、『法華経』や『浄土三部経』ほどの破壊力(常識の破壊力)はないが、その分、分かり易い。とはいえ、『荘子』でも、なかなかついていける人は少ないのだが。

確かに、こういう俗っぽい言い方はどうかとも思うが、超能力を得たければ『法華経』(『観音経』だけでも良い)や『浄土三部経』(『観無量寿経』だけでも良い)を読むと良い根拠はこうである。
そして、超能力(極めて広い意味で願望達成能力も含む)を発するコマンドが真言である。
『観無量寿経』や『観音経』で言えば、「南無阿弥陀仏」や「南無観世音菩薩」がそうである(「阿弥陀仏」「観世音菩薩」でも良い)。
もちろん、経典を読まなくても、集合無意識の中にパワーが充満しているので、真言を唱えるだけで十分である。
ただ、若干、力の出方が弱いだけである。
そして、昔と違い、経典が簡単に手に入る時代なのだし、我々は支配者に思想統制や情報統制を強力にされているので(早い話が重い洗脳を受けているので)、万全を尽くした方が良いかもしれない。








超能力獲得法

例えば、コンピューターのプログラマーになりたければ、暇さえあればプログラムに接することだ。
プログラムに接するとは、良いプログラムをタイプしたり、プログラミングの本を見たり、自分でプログラムを作ったりで、何でもいいから、暇さえあれば、そんなことをやることだ。
そして、暇でないといけないが、暇とは自分で作るものだ。
成功者は皆、言うのだ。「暇だったから出来た」と。
「子供が6人いたから暇でした」とか「3つの仕事をしていたから暇でした」とね。
一方、「ゲームするのが忙しくて暇がありませんでした」と言うようなやつは、何も出来ないのだ。
サッカー選手になりたければ、暇さえあればサッカーボールに触り、野球のバッターになりたいなら、暇さえあればバットを振り、剣の達人になりたいなら、暇さえあれば剣を振ることだ。
あるアメリカの人気作家は、出版社で使い走りの仕事をしていた時、暇さえあれば、ヘミングウェイやスタインベックの本を、そのままタイプしていたそうだ。

暇さえあればやるとは、どういうことかというと、片時も忘れないということだ。
古いスピリチュアルな本に、「リンゴが欲しければリンゴと合体しろ」なんて難しいことが書かれていたが、その意味は、リンゴのことを片時も忘れないということだ。
愛しい人や子供に「お前のことは片時も忘れたことはなかった」という、あれだ。

『観無量寿経』(『浄土三部経』の1つ)に、釈迦が「阿弥陀仏の名を保持せよ。そうすれば極楽浄土に行ける」と言ったのは、「阿弥陀仏の名を片時も忘れるな。そうすれば、すぐに極楽浄土が現れる(世界はお前の楽園になる)」という意味だ。
そして、阿弥陀仏の名を片時も忘れないためには、阿弥陀仏の名を常に心で唱えれば良い。
「南無阿弥陀仏」とか「阿弥陀仏」とか「阿弥陀」と、心で丁寧に唱えれば良いのである。それを「念仏」と呼んでいるのだ。
で、なぜ阿弥陀仏かと言うと、『観無量寿経』のそこまでで、釈迦は散々、「阿弥陀仏は凄いんだぞ」「阿弥陀仏は超大物だぞ」と散々褒めちぎったからで(褒め方も壮大で素晴らしかった)、阿弥陀仏の強大さがよく分ったはずだからだ。
しかし、実際のところは、どの神仏でも構わない。そんなふうに偉大さが分かってさえいれば。
『観音経』(『法華経』25章)を読めば、観世音菩薩が超凄いことが分かるので、それを読んだ上で、「南無観世音菩薩」「観世音菩薩」などと唱えると良いのである。

それで、最後に、超能力を獲得する方法を述べるが、同じなのである。
上で述べたこと・・・「暇さえあれば」「片時も忘れず」を徹底すれば良い。
超能力者になるなら、超能力そのものにならないうといけないし、魔法使いになるなら、魔法にならないといけない。
つまり、超能力と共にあるということで、魔法と共にあるということだ。
そして、それを具体的に言うなら、やはり、片時も忘れない・・・意識の片隅に、いつでも超能力や魔法があるということだ。
実例を述べる。
ある有名な仙道家の本に、指1本で、堅い木に五寸釘をすーっと刺してしまう怪僧の話があったが、これは、指の丈夫さや筋力でやっているのではなく、一種の超能力でやっているのだ。
その力を得る方法はこうだ。
その怪僧は、伝統的な修行はほとんどしなかったが、瞑想中に、自分が寺の裏にある巨岩を持ち上げる場面を想像し、ある日、それが出来そうな気がしてやってみたら、本当に出来た(ボディービルで鍛えたわけではない)。
次は、大きな木を引き抜くことを想像したが、これも、やがて出来た。
そして、今は、山を持ち上げる想像をしているらしい。
そしてだが、この怪僧は暇なので、常に瞑想しているのだ。
つまり、あくせく修行する者は、超能力者や魔法使いになれず、究極の暇人がそういったものになれるのである。

個々のことをしなくても、念仏のように、常に真言を唱えていれば、世界をまるごと得るのだから、全てを得ることになる。
以上が、数万年前から伝わる至高の秘法を分かり易く現代的に書いたものだ。
『観無量寿経』も『聖書』も『法華経』も、この秘法を分かり易くするために脚色したものだと思う。
そして、『バガヴァッド・ギーター』が、その本格的な解説書だろう。
それで、「本を読め」と言わないラマナ・マハルシに、「時々、バガヴァッド・ギーターを読むべきか」と尋ねたら、意外にも、マハルシは「いつもが良い」と答えたのである。








誰だってどんなことでも名人になれる

最近は、70代以上の人が「普通」にスマートフォンを使っている。
通話はもちろんだが、カメラ機能やLINEも、当たり前のように使っている。
それは10年近く前なら想像し難いことだったが、今のスマートフォンの使い方が、昔と比べてそれほど簡単になった訳ではない。
それに、老人達は、かなり高度に使いこなし、やっていることは、若者と全く変わらない。
なぜ、そうなったかというと、「使うことを決意」し、「時間をかけた」だけである。

一方で、老人は、今もパソコンを使える人は、あまりいない。
その理由も同じで、パソコンを使うことを決意しなかったし、時間もかけていないからだ。
つまり、もし、老人が、パソコンを使うことを決意し、時間をかければ、やはり楽々使えるのである。

実は、今は、若者がパソコンを使えなくなっている。
企業では、新入社員にパソコンの使い方の研修をするのが、当たり前になっている。
高校生や大学生が、パソコンを使わなくてもスマートフォンで事足りるので、パソコンを使う動機がなく(だから使う決意をしない)、よってパソコンに時間をかけないのだから、使えなくて当たり前だ。

ピアノもヴァイオリンも数学もスケートボードも、その他のいかなることも、やろうと決意し、時間をかければ誰でも出来る。
ところが、学校とかピアノ教室などでは、決意もしていない生徒にそれらをやらせようとしたり、短時間で詰め込もうとするから出来ない生徒がいるだけである。
「ピアノを厳しく指導する」というのも、単に、「短時間で教えようとしている」だけなのである。
指導者が、短時間で出来るようになることが美徳であるように思っていたり、特にそうではなくても、親が子供に沢山のことをやらせようとしたら、1つのことに時間をかけられないのでうまくいかないだけである。
アインシュタインだって、子供の時、ヴァイオリンを習ったが弾けるようにならず、勉強も全然出来なかったが、1人で時間をかけてヴァイオリンをやれば、かなりうまく弾けるようになったし、科学が得意になったのは良い教師に巡り合ったからだと言われているが、単に、高校を出て暇になったので(予備校に行っていた)、時間をかけて科学の勉強をしたに過ぎない。実際、アインシュタインが「予備校であの先生に出会えて科学が分かるようになった」と言った教師に後で聞いたら、その教師はアインシュタインのことを覚えていなかった。これは、その教師が、短時間で詰め込もうとしなかったので(単に、やる気のない教師だったからかもしれない)、アインシュタインが時間をかけてゆっくり勉強出来ただけのことであると思う。

私は昔、事務員と言うよりは雑用係みたいなことをしながらコンピュータープログラミングをマスターし、プログラマー、システムエンジニアになったが、なぜ、そんなことが出来たかというと、単に、雑用係をやっていた頃、暇だったからだ。友達も彼女もいなかったこと、趣味もほとんどなかったことが大きい。それらは時間をとられるので、もし、そんなものに時間をかける「リア充」であったなら、おそらく、プログラミングが出来るようにはなっていなかったと思う。

だから、プログラミングをマスターしたければ、まず「プログラミングを出来るようになる」と決意し(軽く決意すれば良い)、とにかく、時間をかけることだ。
書籍の売り文句のように「3日でマスター」なんて馬鹿なことを考えない方が良い。
プログラミングにしろ、料理にしろ、世の中で価値あることで、3日で出来るようになることなどない。
のんびり、ゆるくやれば良いのである。
そうすれば、時間なんて勝手に流れる。やってさえいれば、時間が味方し、気がついたら出来るようになっているのだ。
私は、決して、短時間でプログラミングをマスターしてなどいない。
少しも厳しくはなかったが、時間だけはとんでもなくかけていたのである。
チームラボの猪子寿之社長が、現在ドワンゴ社長である夏野剛氏と対談した『大企業の時代は終わったか』で、イチローが成功したのは、単に、誰よりも野球に時間をかけたからで、別に才能の問題じゃないと説得力を持って言われていた。他にも沢山の示唆を得られるので、100円の電子書籍だから読むと良い。

引き寄せとか魔法や超能力も同じで、人間には、元々、そんな能力があるのであり、それを出来るようになるには、才能やら秘法的訓練が必要なのではなく、時間をかければ誰でも、いくらでも高度に出来るようになる。
私も、幼い頃、魔法にひたすら時間をかけ、おかげで、他の子が出来ることは何も出来ず、怒られてばかりで辛かったことを覚えている(笑)。
しかし、不思議なことは当たり前に出来るようになったのである。
定評ある本を時間をかけて読み、実践すれば良いだけである。そして、それらはやることは楽なので、本当に楽々出来るようになるはずなのだ。








生きる希望を持つ

イタリアの著名な社会学者、フランチェスコ・アルべローニの著作に、『生きるとは、希望をもちこと』という本がある。
私は、この本のタイトルだけで満足してしまい、かなり前に買ったのに、まだ読んでいない(笑)。
「生きるとは、希望をもつこと」
まさに、その通りだし、言い換えれば、人間は、希望がなければ生きていくことが出来ない。

ところが、おかしなことに、作家の小川洋子さんと心理学者の河合隼雄さんの共著に、『生きるとは、自分の物語をつくること』という本がある。
こちらは読んでみたが、やはり、本のタイトルが素晴らしい。
この本のタイトルも真理なのである。
つまり、こういうことになる。
「生きるとは、希望に満ちた自分の物語を持たないといけない」

易しい例を上げる。
上記の本の著者の1人である河合隼雄さんというのは、ユング派の凄い心理学者で、誰でも名前くらいは知っていると思うが、京都大学を定年退官される時の講義が『こころの最終講義』という本になっていて、これが分かり易いながら実に味わい深い素晴らしい内容である。
その中に、こんな話がある。
河合さんは、小学2年生の女の子の「神様への手紙」に大変に感激したらしい。
この女の子は、自分のおばあさんに、人間は死んだら月に行って神様になると教えられたらしい。
おばあさんは、まだ生きているが、おばあさんが死んだら、頑固な神様になるだろうと書いている。
そして、「自分もいずれ死んだら」月に行って、偉い神様になりたいと言う。
その時は、また、月で神様どうし、おばあさんとテレビのチャンネル争いの喧嘩をすると言う。
彼女は、おばあさんが大好きなのである。

いったい、何が河合さんを感激させたのかというと、この小さい女の子は「死んだら、月で神様になり、おばあちゃんと一緒だ」というファンタジーを持っていて、そのファンタジーが彼女を支えていることだ。
そのファンタジーが、彼女のアイデンティティになっていて、「死んでも大丈夫」な訳である。
もちろん、彼女のこのファンタジーは、いつか(そう遠くなく)なくなる。つまり、死んだら月に行くとか、そこで神様になるなんて話を信じるのは、後わずかだ。
しかし、その時は、別のファンタジーを持てば良い。
だが、大人になると、なかなかファンタジーを持てなくなる。
そこで、数百年に1人という大天才が作った宗教が、共通のファンタジーになる場合が多い。
だから、宗教を信じている人は、ファンタジーを持っているゆえに強いのである。
ところが・・・
現代の科学的価値観に生きている我々は、イエスが天国があると言い、仏教で「死んだら極楽浄土に行く」と言っても、そのファンタジーを自分のものに出来ない。早い話が信じられない。
よって、自分のファンタジーを持てず、生きる力が湧いてこない。

生きるとは、希望を持つこと。
希望を持つとは、自分の物語を持つことで、その物語とはファンタジー・・・つまり、おとぎ話である。
「いや、おとぎ話でなく、現実の物語を」と言いたい人もいるだろうが、そんな希望のある現実の物語こそ、なかなかない。
では、どうすれば・・・

ところが、そこから、河合先生は、長くて難しい話をしてしまう。
つまり、河合さんにも分からないのだ。
イエスの時代なら、イエスが言う通り、「幼子(おさなご)のようにならないと天国に入れない」と言っても良いのかもしれないが、我々は幼子になれないし、だから、天国を本当には信じていない。

だが、我々がファンタジー(おとぎばなし)と思っていることでも、本当であることは「実は沢山ある」のである。
ところが、闇の権力者達が、我々一般国民に、「そんなものは絶対ない」と洗脳してしまった。
だから、大多数の人は、生き甲斐がなく、生きる意欲が乏しく、生命エネルギーが弱い。それはつまり。希望がないからである。
では、「ない」と信じ込まされたファンタジーが「ある」と分かれば良いのである。
それは、闇の権力者達にとって、凄く嫌なことなのだ。
その一番簡単なやり方が、「神様の奇跡が起こる」とずっと唱えたら奇跡が本当に起こることだ。
そりゃ、これは、闇の権力者達の洗脳と対立するのだから、最初は抵抗があったり、そう簡単にはうまくいかない。
「アホらしい」とも思う。
しかし、愚直に続けたあのホームレスは、これで1憶円を2回当てたのである。
そして、そのホームレスは、自分には奇跡の力があるのだから、希望があり、生きていけるのである。まあ、2億あれば一生、生きていけるが(笑)。
別の言い方をすれば、自分には、世界を自在に創造する力があること、言い換えれば、超能力があると分かれば良いのである。
最近、ここでよく取り上げている橋本健博士も、人間に大変な超能力があることを、実際に超能力を使えるようにすることで教えようとしていたのだ。
つまり、希望とは、創世(世界を自由に作ること)の力とか、超能力といったものを自分が持っていることを知ることである。








高貴な人物の魂の注入を受けパワーアップする

最近、著名な発明家の橋本健氏(理学博士)が、哲学者でヨガ指導者の本山博氏(文学博士)と共著で書いた『超能力入門』(1983)を読み、久々に感動した。
橋本博士は、超能力に関し、現代科学で解らない部分は解らないとしながらも、なるべく道理に適った仮説を立て、解り易く説明されている。
ただし、この本は、決して、超能力の理論的解明を目指したのではなく、あくまで、応用・・・超能力を人生の幸福や人類の進歩に役立てることを目指しており、その目的な十分に果たしたと思う。
私には、そう考える理由がある。
それは、こんなことだ。
これまで、引き寄せの法則や、潜在意識による成功法則について、このブログで書いたり、1対1、あるいは、セミナーで教えたこともあるが、どれほど簡単で誰でも出来る、そして、確実な方法を教えても、どうしても駄目な者が現実的にいる。
なぜ、この者達が駄目なのかは、なんとなくは分かるのだが、はっきりしないところもある。
そんな者を見る度に、不思議な感じがする。
「なぜ、この人は、そんな考え方をするのだろう」
「なぜ、この人は、こんな楽なことが出来ないのだろう」
「なぜ、この人は、こんなに心が歪んでいるのだろう」
ちょっと貶してしまったが、そんな人の中には、頭も良く、人間性も素晴らしい信頼出来る人だっていたのだが、なぜか、ツイてなく、良い思いが出来ず、苦労をしょい込み・・・早い話が損ばかりしている。
まあ、もちろん、それは、根本的には、学校やマスコミの洗脳のためである。
ほとんどの人が、ちゃんと学校を出ており、それなりにテレビを見ているので、その影響で、日本人のほぼ全てが、精神がすっかり駄目になっているのである。
それは分かっているのだが、特に、頭や身体が立派で、人間性も悪くない人が、そんなに駄目な様子を見ると、本当にがっかりするのである。

ところで、さきほど述べた『超能力入門』は、最後にこう書いてある。
「この本を読んだあなたは、既に超能力者だ」
その通りであるし、それくらい自信がなければ、こんな本を書くべきでない。
そして、実際、自信に満ち溢れた本である。
昨今の、「結果がどうなるかはあなた次第です」的な、逃げを打った安っぽい引き寄せ本とは格が違う。
そして、『超能力入門』自体が、超一流の引き寄せの本である。
とはいえ、私も、書いてあること全部に納得した訳ではないが、そんなことはどうでも良かった。
著者の魂が読者の中に入り込み、強い肯定的な作用を与えるのである。
そして、この本の2人の著者が崇高な魂の持ち主であることは間違いないと感じたので、きっと素晴らしい影響が得られるだろう。
確かに、橋本博士は、ある宗教のおかげで若い時に命拾いした経験から、その宗教のことや、その宗教の教祖が書いた書籍を取り上げているが、決して、入信を薦めている訳ではない。

私が見た、残念な人達も、魂の注入により変わるだろうかと思う。
まあ、セミナーなどで見られる「カリスマ支配」という、偉大な人物に接したら、数日ほど、熱狂して自分が偉くなったように感じる妄想現象があるが、私もそんな状態なのかもしれないので(笑)、もう数日、様子を見ようと思う。
ただ、橋本博士は、驚くほど謙虚な人で、私は、付き合いはメールのやり取りだけだったが、それでも十分にお人柄が伝わって来た。
今は知らない人が多いだろうが、少し前に、テレビや書籍等で、超能力などの超常現象を徹底否定していた、大槻義彦氏(理学博士。84歳)という、素晴らしい実績のある立派な物理学者がいて、私も結構ファンだった(笑)。
橋本博士は、当時、早稲田大学の教授だった大槻博士と一緒にテレビ出演もされたそうだが、橋本博士は、「僕は議論は苦手で、大槻先生にはずっと批判されっぱなしでした」と言っておられた。
大槻教授の超能力批判は、教育的信念に基づいたものであり、非常に称賛すべきものである。
しかし、まだ未知の部分に、強引な論理を持ち込もうとすると、いろいろ無理も出る。
だから、稲森和夫氏のように、あるいは、『ラーマーヤナ』のラーヴァナの教えのように、「私心なきか」を問い、もし、そうであれば、自分の直観に従うことも必要である。
私心なき直観こそが、真の意味で人類を進歩させてきたのである。

尚、橋本博士の本は沢山あるが、超能力などへのアプローチの方法を変えてあるだけで、中身としては、どれもほとんど同じなのではないかと思う。
少なくとも、本当に重要なことは、どの本にも漏れなく書いておられ、とりあえず、どれか1冊読むことは良いことと思う。
古書によっては高価であるが、橋本博士の本はベストセラーが多く、比較的安価な古書も少なくない。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード