ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

詩篇91

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

ゆるまない心の力は理論を超える

ジョセフ・マーフィーの『人生は思うように変えられる』の中に、第二次世界大戦で、イギリスのウィットルゼイ大佐の連隊は5年間戦って1人の死者も出さなかったという話が紹介されている。
ウィットルゼイ大佐は、全員に、聖書の詩篇91編を暗記させ、定期的に暗唱させたのだという。
この話の真偽は分からないが、本当だとしたら、その要因は、隊の全員が「ゆるまなかった」からだと思う。
あの荘厳な詩編91を唱えれば、決して心がゆるむことはないはずだからである。。
1日の中で精神がゆるむ前に唱えれば、心は常に引き締まった状態にあり、それを毎日繰り返すうちに、彼らは霊的な状態になったのだろう。
そんな人間を殺すことは、相当に難しい。

名前は忘れたが、ある優れた陸上の短距離ランナーは、普段、歩く時も、膝を高く上げて歩き、走力を高めるように努めていたらしい。
このトレーニングに効果があるかどうかよりも、このような意識を持ち続けることで、心が締まり、ゆるまないので強くなるのだと思う。
実際、科学的とか理論的には正しくないトレーニングをしながら、成果を挙げた者は多く、精神がゆるまないことの威力は、理論に優るのであると思う。

ジャイアント馬場さんより10歳近く年長の、アメリカのプロレスの大スター選手で、フリッツ・フォン・エリックという人がいた。
大きな手で、相手の顔や胃袋を掴み、強力な握力で締め上げるという、極めて単純な「クロー攻撃」で知られていたが、それ以外は、やたらパンチとキックが迫力があっただけで、レスリングはあまり出来なかったかもしれない。
何かで見たが、彼は元々、大した選手ではなかったが、握力が人並より強いことに気付き、常に野球ボールを持ち歩き、それを握って握力を鍛えたらしい。
日本でも、記者がインタビューしている時も、野球ボールは持っていなかったかもしれないが、エリックは手を握って力を入れていたという話もあった。
これらの話は、いわゆるギミック(意図のある嘘。作り話)である可能性もあるが、ある程度は本当かもしれないと思う。
これも、日常、常に、自分の宝物である握力を鍛える意識を持つことで、精神がゆるまずにいたから、握力以外の、ことによったら、霊的な力まで得たのかもしれない。
実際、ロクにレスリングが出来ない、特に優れたところがあるとも思えないエリックが超一流として50歳過ぎまで現役を続け、さらに、プロモーターとしても大成功したのは、ゆるまなかったからであると思う。
一方、どんなに才能のある優秀なスポーツ選手でも、ゆるんでしまって、そのせっかくの才能を駄目にしてしまった例は多い。

私も、心を締める鍵である掟を持ち、それを常に守ることで、至高者に向かって進もうと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

神と一体化する体験を導く言葉

法然や親鸞の念仏の教えは素晴らしいものだ。
だが、宮沢賢治は、法華経の教えには震えるほどに感動したのだが、親鸞らの教えは受け付けなかった。
だが、彼の父は偉い人だったと思う。
賢治が、父に、家の宗教である浄土真宗から、法華経の教えである日蓮宗に改宗することを迫った時、父は、「どれも根本では同じなのだ」と言ったのだ。
その通りである。
これは何も、仏教の宗派だけのことではない。
確かに、敬虔なキリスト教徒に、「キリスト教も仏教もヒンズー教も全て同じなのだ」と言ったら、納得してもらえないかもしれない。
しかし、やはり同じなのだ。
私は、聖書の詩篇91を読んだ時や、ヒンズー教の聖典『バガヴァッド・ギーター』を読んだ時、浄土門仏教の聖典である『無量寿経』、『観無量寿経』、『阿弥陀経』のエッセンスであると思われる、法然の『選択本願念仏集』や、親鸞の教えを弟子の唯円が綴った『歎異抄』などと全く同じ世界観が流れ込んでくるのを感じたのだ。
そして、賢治の愛した『法華経』も全く変わらないのである。
また、ギリシャ神話の神々への信仰だって同じことだ。
それぞれに欠けたところがある訳ではないが、やはり、全て統一して受け入れることが好ましいと思う。

聖書の詩篇91に、「彼はわが名を知るゆえに、私は彼を守る」と神が言う。
また、詩篇23には、「(神は)み名のためにわたしを正しい道に導かれる」と言う。
しかし、神の名は明かされない。
だが、神はモーセにその名を明かしている。
それは、「私は『私はある』というものだ」である。
ギリシャ語の「エゴー・エイミー」、ラテン語の「エゴ・スム」、サンスクリット語の「アハン」に近いと思う。
英語では「I AM」、日本語では、「私は在る」だ。
我々だって、ただ、「私は在る」という感覚だけを持っている時、神であるかもしれないのである。
ニサルガダッタ・マハラジは、常に、「私は在る」という感覚にしがみ付いていなさいと教えた。
尚、「私は在る」という感覚とは、朝、目が覚めて、思考がやって来るまでの感覚である。
ずっとそれを忘れなければ、神と一体化する。
それを少しやってみただけでも、身体が軽くなるのを感じると思う。
エマーソンはこれを、「神の魂が私の魂の中に流れ込んでくる体験」と言い、それは決して忘れることのできないものだと言った。
「私は在る」だけが真実である。
それを体験によって了解したなら、神の他に何もないことが分かると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

世の中はうまくいって当たり前

人間は誰でも自分で働いて生活できるのに、働くことができないニートがいる。
また、若いのに、彼女や彼氏がいないだの、できないだのは異常なことなのだ。
誰だって、自分のまさに好みのタイプの異性と付き合えるはずなのに、自分には無理だと思っている人が多くいる。
おそらく、親とか学校の教師に、とんでもなく馬鹿げた観念を押し付けられたのだろう。
あるニートの男性の父親は、彼(ニートの男)が子供の頃、面と向かってではないが、度々母親に、「あの子は一人前になれるのだろうか・・・俺は心配だ」とよく言い、そのことを母親が、「お父さんが、お前が一人前になれないのではないかと心配しているよ」などと彼に伝えていた。
なんと馬鹿な父親と母親であることか!
その父親は、自分が一人前なんだから、そんなことは誰にでも、もちろん息子にもできるに決まっているとなぜ思えないのだろう?
自分にできることが、なぜ、できない者がいるという発想になるのだろう?
おそらく、その父親にとって、まだ子供で弱い息子が、自分の自尊心や優越感を満たしてくれる唯一の存在だったのだろう。そして、さらに息子を低めることで、相対的に自分を立派に感じて満足していたかったのだろう。
父親のそんな情けない心根のせいで、息子が駄目になったのである。
とはいえ、いまさら親やかつての教師を責めても仕方がない。
誰でも、自分の力で、思い通り、堂々とやっていけるのである。
金持ちになれるかどうかは星の巡りあわせの問題だが、余裕のある生活など、誰にでもいとも容易いのだ。
学校の成績が最下位だったとか、誰よりもスポーツが苦手だったとかいうのは、何の関係もない。
誰でも、自分の満足できる仕事に就き、十分に多いと感じる収入が得られるのは当り前のことだ。
そのためには、エネルギーが必要だ。理屈で何をするとかは二の次だ。
エネルギーがあれば、お金は入ってくるし、彼女や彼氏はできるし、行きたいところに行け、やりたいことができる。
では、どうすれば必要なエネルギーを得られるのかというと、無駄なエネルギーを使わないことだ。
元々、エネルギーは豊富にあるのだから、浪費さえしなければ、必要なだけは十分にある。
エネルギーを最も無駄に失くしてしまうのは、心が荒れている時だ。
怒ったり、憎んだり、妬んだり、羨んだりすると、たちまちエネルギーを失い、くたくたになってしまう。
だから、いつも心を静かに保たねばならない。
しかし、それは難しいだろう。
だが、例えば、いつも念仏を称えたり、キリスト教が好きなら、詩篇の23編か91篇を暗記して常に心で称えれば、やがて心は静かになるだろう。
すると、心は必要なエネルギーを得て、望まずとも、全ては良くなるだろう。
それが自然なことなのである。
それで私は、一番簡単な念仏を選択したのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

愛するとはどういうことか?

聖書の詩篇91で、神は、「彼は私を愛して離れないので、私は彼を護る」と言う。
誰かがイエスに、「一番大事な律法は何ですか?」と尋ねると、イエスは、「神を愛すること」と言う。
旧約聖書のヨブ記には、「神と親しみ(和らぎ)、平和でいれば幸福になれる」と書かれている。
では、どうすれば、神を愛することになるのだろう?
それは、ヨブ記にあるように、神と親しむことであるが、どうすれば、神と親しむことができるのだろう?
それは、神の近くにいることである。では、どうすれば、神の近くにいられるだろう?

それは、名を呼ぶことではないだろうか?
人間同士だって、愛するなら名を呼ぶのだ。
憎んでいたって名を呼ぶ。まして、愛していれば名を呼ぶ。憎しみと愛は近いものだ。
ラマナ・マハルシは、「教え」を意味する言葉「ウパデーシャ」の、ウパは「近くに」、デーシャは「場所」または「席」という意味であると言った。
「ウパデーシャ」とは、「場所あるいは席の近くにある」という意味だ。
遠くにいると思っていた神は、実は近くにあり、しかも、自分自身である。

常に神の近くにいることだ。それが愛するということだ。
そして、神の近くにいるには、その名を呼ぶことだ。
法然は、このことについて、実に端的に述べている。
阿弥陀如来の名を呼べば、阿弥陀如来はそれを聞く。
阿弥陀如来を拝礼すれば、阿弥陀如来はそれを見る。
阿弥陀如来を心に思えば、阿弥陀如来も思ってくれる。
これらによって、阿弥陀如来と近しい間柄になる。
これを、神仏を愛すると言うのである。
この中で、最も重要なことが、仏や神の名を呼ぶことである。
阿弥陀如来に対しては、「南無阿弥陀仏」の念仏を唱えることである。
そうすれば、聖書も浄土三部経も、神や仏が、その者を護ることを保証している。

仮に名前が分からなくても、愛する人を「愛する人」と呼ぶ。それが名前である。
幼い子供は、夜空の星を親しみを込めて、「お星様」と呼ぶ。それが名前である。
ペットに名前をつけていなくても、「猫ちゃん」とか、「可愛い子」とか、幼い子供なら「にゃんにゃん」とか「わんわん」とか言う。それが名前である。
普通、親を名では呼ばないが、「お父様」、「母さん」とか言う。それが名前であり、愛していれば、多くその名を呼ぶが、愛していなければ名を呼ばない。
人は、星にも名をつける。
「ケンタウルスよ、露を降らせ」と言うと、ケンタウルスとの距離が近くなり、恵みを降らせてくれる。
神であれば、「わが主」、「父なる神」、「全能なる神」と言えば、それが神の名になる。
まして、「南無阿弥陀仏」を唱えれば、限りない恵みが与えられる。なぜなら、阿弥陀如来が、名を呼びやすいようにと、自らをそう名乗ったのだからだ。
今とは違い、元々、阿弥陀くじというのは、真ん中から放射線状に線が引かれていた。その形は、光を発する存在である。阿弥陀如来とは、別名を無量光仏、あるいは、無量寿仏と言い、意味は、無限の光を持つ仏、無限の命を持つ仏である。
庶民のための絵に描かれたようなものではないかもしれないが、阿弥陀如来は実在する。その名を呼べばかならず護られるのであるが、その護り方は、人間の想像もつかない壮大さ、豪華さ、贅沢さで、この上もない絢爛さである。過保護にも程があると言うしかないが、仏とは人の親であり、限りない慈悲心を持つ親であるのだからである。
その途方もなく豊かで強力な親の近くにいようとしない愚かさは、イエスが放蕩息子の話で、法華経では、貧乏暮らしで心根まで貧しくなった息子の話で喩えられている。
神や仏の名を呼べば、神や仏の近くにいて、完璧な守護と無限の富と共にある。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

聖書の詩篇23篇、91篇は念仏と同じことを表している

聖書の詩篇23篇と91篇は共に、防御の詩篇、恵みの詩篇と言って良いと思うが、実際的で強力な力を秘めている。
ジョセフ・マーフィーの『人生は思うように変えられる』(原題:The Amazing Laws of Cosmic Mind Power)の中に、イギリスの有名な技術者・科学者であるF.L.ローソンの『人生をいかに考えるか』に書かれている、こんな話が紹介されている。

第二次世界大戦で、ウイットルゼイ大佐率いるイギリスの一連隊は、5年間戦って1人の死者も出さなかった。
再び破ることのできないこの記録は、その連隊の将校、兵隊の全員が詩篇91篇の言葉を暗記し、規則的に繰り返されることで達成された。

ところが、ベアード.T.スポールディングの『ヒマラヤ聖者の生活探求』第5巻にも、この、F.L.ローソン(この書ではロースンと記述)が取り上げられ、ローソンは第一次世界大戦で自ら数百名の部下を率い、1人の負傷者も出さずに全員復員させたと書かれている。それどころか、スポールディングは自らローソンをロンドンに訪ね、目の前でローソンの「魔法」を目撃しているのである。

詩篇91を深く読むと、その位のことは疑うこともない現実であることが分かると思う。
また、もっと短い詩篇23もまた、詩篇91と同じく、神の力の偉大さと神の心の無限の慈愛を感じるのである。
ところで、詩篇23と詩篇91には、少し戸惑う部分があるかもしれない。
それは、詩篇23の「み名のためにわたしを正しい道に導かれる」と、詩篇91篇の神の言葉である「彼はわが名を知るゆえに、わたしは彼を守る。彼がわたしを呼ぶとき、わたしは彼に答える」である。
この「み名」、「わが名」が何か分からないのである。
一説では、エホバ、ヤハウェ、あるいは、テトラグラマトンであるとも言われるが、はっきりしないし、どれも我々にはピンとこない。

ところが、詩篇23篇と91篇を読むと驚くのは、これらが、仏教の、『無量寿経』、『観無量寿経』、『阿弥陀経』と全く合致し、詩篇23篇と91篇に書かれた神が、阿弥陀如来と全く一致するように感じることである。
詩篇23篇と91篇を読むと、これらが、全く、阿弥陀如来について書かれているようにしか思えないのである。
そして、事実、その通りであると言って良いと思う。
聖書の中に仏教世界があることは、今日でも世界中にあるシュタイナー学校に名を残す偉大な教育者であり、ゲーテ研究の権威であり、芸術家(絵画、彫刻等)で、さらに、農業、医学、建築でも大きな業績を残した、霊覚者にして精神科学者であるルドルフ・シュタイナーも指摘していたことである。

「南無阿弥陀仏」の念仏の中に、詩篇23篇と91篇が含まれていると言って良いと思う。
それは、経験によって確証されるが、法然や親鸞が残した文章の数々を見て考えても明らかと思う。
私は、親鸞聖人の『現世利益和讃』を、詩篇23篇や91篇と同等か、それに優るものと考えて、全て大切にしている。

「南無阿弥陀仏」の念仏を忘れなければ、あなたも、常に無量の数の仏、菩薩に護られ、その効果は、詩篇23篇や91篇と同様であるが、それは、親鸞の『現世利益和讃』にもある通りである。
親鸞聖人や、ダビデ王(詩篇の作者)が偽りを言うはずがあろうか?

私は、『現世利益和讃』、『詩篇23と91』を、AmazonのKindle書籍と全く同じに扱える、「Kindleパーソナル・ドキュメントサービス」を利用し、スマートフォンでいつでも読めるようにしている。無論、タブレットPCや、Kindle端末でも読め、使える端末数の制限はない。Amazonアカウントを持っているなら、誰でも、無料で、このサービスを利用できる。
「Kindleパーソナル・ドキュメントサービス」の利用方法

自分で文章を作成し、作成したファイルを、Kindleサービス用に割り当てられている自分専用のメールアドレス(xxxxxxxxxx@kindle.com)に送信するだけで、自分が購入したKindle本と全く同じように扱える。驚くべきサービスであると思う。
尚、書名は、ファイル名の通りになる(拡張子は除かれる)。
また、送信するメールアドレスは、Amazonに登録されたものでなければならないが、My Kindleの中で、いくつでも自由に登録できる。
文書はマイクロソフトWord形式で作成するのが便利と思うが、持っていなければ、Windowsパソコンなら、標準で付いているワードパッド(.RTFファイル)で作成することをお奨めする。テキストファイル(.TXTファイル)では、改行位置が勝手に変えられてしまったり、改行した場所で改行されないといったトラブルが起こる。
また、テキストファイルでは、フォントや改行幅の指定ができない。
縦書きにしたいなら、少々複雑な方法が必要であるが、横書きなら、ワードパッドで十分で、私も、これで簡単に作っている。
尚、ワードパッドでは、なぜか、長い文章が2行以上になった場合の行間の大きさと、Enterキーを押して改行した行間の幅が異なり、出来上がった文章の見栄えが悪い。何か訳があってこんな仕様にしているのだろうが、これでは困る。
だが、文章全体を選択し、「段落」タブの「段落」で、「段落の設定」を開き、「段落後に10ポイントのスペースを追加する」のチェックボックスを外せば、この機能をキャンセルできる。以上は、Windows7のワードパッド(バージョン6.1)でのことで、他のバージョンでは異なる部分があるかもしれないことをお断りしておく。
私が作った、「詩篇23&91」のRTFファイルを公開するので、参考にして欲しい。(ウイルス検査済みである)
このまま使用しても良いのである(著作権は切れている)。
詩編23&91のRTFファイル(ワードパッド用)

尚、『現世利益和讃』は、まさか親鸞の著作権は無いのだが、現代の文字に書き直した人の著作権があるかもしれないので、公開を控える。
わずか15首の短い歌であるので、書籍を見て自分で作成しても良いし、個人利用であれば、ネット上にしっかりしたものもあるので、それを利用しても良いと思う。
ただし、そんなlことをせずとも、ただ、「南無阿弥陀仏」を唱えれば良いことである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ