ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

言霊

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

誰にでも有効な暗闇脱出法

終わらないように思える暗闇にも、必ず脱出する方法がある。
その方法はいろいろで、自分に合ったものを選べば良い。
だが、本物の方法は、実にシンプルだ。
明快で、曖昧さがなく、間違えようがない。
そして、そんな優れた方法は、いくつかあったとしても、どれも、そうそう合わない人はいないと推測出来る。
人間である限り、それほどの違いはなく、真に優れた方法であれば、汎用的で、ほとんど誰にでも有効だ。
誰からも尊敬される高徳な人間でも、精神異常としか思えない残虐な人間でもだ。
なぜなら、原子的な構成に関して、両者に差はないからである。
本当に優れた方法は、原子レベルのものだ(あるいは量子レベルと言った方が良いのかもしれないが、どっちでも良い)。

その方法が、「神」という言葉を使う方法である。
ほとんどの人間にとっては、特定の神の名でも有効で、実際は、その方が楽な場合が多い(それが「ナーマスマラナ」と呼ばれる行だ)。
しかし、「神(英語ならGod、フランス語ならDieu)」という言葉であれば、無神論者であろうが、悪魔教徒であろうが、問題ない。
この方法は本物なのだから、上で述べた通り、極めて汎用的で、誰でも有効性は高い。
だが、それでも、「本当に俺でも大丈夫か?」と思ってしまうこともあるかもしれない。
大丈夫である。
人間は大なり小なり、狂っているものらしいが、我々の逸脱振りは、大したことはないと見て良い。
信頼出来る情報によれば、人間の生き血を飲みたいと思っていても、あるいは、自分は生き血を飲んでいると思っていても、本当に飲んでいるのでない限り、問題はないようである。
ましてや、少々、変態と言われる程度の人間では、生き血を飲みたいとすら思わないであろう。
つまり、世間で言う「ひどく変わっている」なんて、実際は、それほどではないのである。
何より、このブログを読んでいる時点で、合格である。

では、「神」という言葉を使った、誰でも適用出来る、暗闇脱出法に移る。
クリシュナとか、イエスとか、観世音菩薩といった特定の神仏の名であれば、その名を単に、心の中で、丁寧に唱えながら、繰り返せば良い。
それを、根気よく行えば、それだけで良いのである。
だが、今の時代、特定の神仏の名を唱えようとしたら、コロコロその名が変わるという人が多いことに気付いた。
そんな人は、ただ「神」という言葉を使えば良いが、この言葉を呪文のように「神、神、・・・」と唱えるのは、まあ、別にそれでも良いのだが、効果が出るのに時間がかかるかもしれず、それ以前に、飽き易く、続かない危険がある。
そこで、ほんの少し、良い唱え方を教える。
とはいえ、別に大したことではない。
大したことであれば、難しくて、良い方法ではない。
で、その方法とは、「出来るだけゆっくり呼吸しながら、心で神と唱える」である。
吸う時か、吐く時か、あるいは、吸気(吸う)と呼気(吐く)が切り替わる、事実上、息が止まっている時か?
それは、どれでも良い。
だが、その中で、特に、やり易いと感じる時があれば、その時にやれば良い。
ゆっくり長く吐く時がやり易いと言う者が多いし、吸い終わって呼吸が止まっている時が良いと言う人もいるが、そんなことは気にせず、好きなようにやれば良い。
それで、あなたは、暗闇を脱出し、世界を手にするのである。
ちゃんとやれば・・・
そして、必ずしも必要ではないが、『ヒマラヤ聖者の生活探求 第3巻 因果の超克』の第15章「神の波動と蘇りの原理」をよく読むと、納得して行えるのではないかと思う。
まあ、読まなくても、本当にやれば良いだけである。








一語の神

今は、「引き寄せ」という言い方をすることが多いが、本来の概念では「魔法」と言うべきものが、「引き寄せ」とか「潜在意識の法則」とか「超能力」とか「霊能力」として、その使い方が本に書かれている。中には、人気があって、かなり売れているものもある。
ただ、残念なことに、使い方の説明に1分以上かかるものは(つまり、一冊の本になった時点で)使えないのだ。
なぜなら、魔法は考えたら使えないからだ。
使うのに説明を必要とするということは、頭を使うということであるが、思考を通して行うことは魔法ではない。
魔法は、ただ一言で教えられる。
それは、「神の名を唱えよ」だ。

ところが、私は、神(あるいは仏)の名を1つも知らなかった。
二十歳過ぎた頃にも、「天照大神(あまてらすおほみかみ)」を読めなかったし、何となく、阿弥陀とか観音という言葉は知っていても、それらの仏の名前を正しくは知らなかった。
本来は、子供の時から知っている神仏の名を唱えるのが一番であるが、私には、そのようなものがなかったのである。
とはいえ、日本語というのは、一語一語が神なのであり、おそらく、太古の昔、日本人の祖先は、単純な言葉の1つ、あるいは、いくつかを組み合わせて(おそらくは心で)唱えるだけで、岩を浮かせるようなことを軽々と行ったのだと思う。
だから、子供でも、「えい」とか「やー」とか「たー」といった、お決まりの愛用の掛け声を使う子は、その言葉の神が手助けしてくれ、驚くようなことをしているのかもしれない。
実際、私も、ここでも何度も書いたが、子供の時から、およそあり得ない奇跡を何度も起こしてきたのは、いつも(掛け声などで)使う特定の言葉に宿った神の力によるのだと思う。
一語であっても、神であるからには、強い力を持ち、昨日も書いたが、「ア(アー)」だけでも、唱えれば、悩みが消えてしまう。
もちろん、それぞれの言葉の神には個性もあるだろうが、やり方が違うだけで、普通のことであれば、何でも出来るのだと思う。

その中で、調べていたら、「トホカミヱヒタメ」という、8つの言葉が表す8柱の神を唱えるのは良いことであると思った。
よく「トホカミエミタメ」と言われているが、正しくは、「トホカミヱヒタメ」である。
私のように、子供の時に馴染みの神の名を持たなかった者で、どうも親しみの湧く神や仏の名前がない場合、たった一語の神の名を、心で丁寧に唱えれば良いと思う。それだけで、必ず恵があるだろう。
あるいは、「トホカミヱヒタメ」の8柱の神の名を唱えると良いだろう。








不思議な力の言葉

合気道家で、神道の神官でもあった佐々木の将人(ささきのまさんど)氏の著書『数霊のメッセージ』には、「ア」が秘めたる力を持つ言霊であると書かれている。
「アー」と言うと、頭頂部の骨が開き、神が下りて来る。
だから、「アー」と言えば、悩みは解決するのである。
これだけでも憶えておくと良いだろう。

「アー」がなぜ、これほど強力な言霊なのかは分からないが、もしかしたら、これ一語で、真言であったり、神の名であったりするのかもしれない。
ところで、日本人はよく「どっこい」という言葉を使うが、「どっこい」の語源については諸説ある。その中で、これも神の名であるというものもある。
それで、「どっこい」と言うと、気力や筋力が上がるので、無意識にそう言うのかもしれない。

武道や修験道でよく使われる、品格や格式さえ感じさせる掛け声に「ヤー」がある。
「ヤー」と聞くと、我々は、荘厳さすら感じる。
実際、不思議なことに、「ヤー」という掛け声は、正義の味方しか使わず、あまり、悪人が「ヤー」と言うとは思えない。
実は、「ヤー」は、もったいなくも、ユダヤ教やキリスト教の絶対神ヤハウェのことでもある。
キリスト教やユダヤ教と関りのない人でも知らない者はいない「ハレルヤ」という言葉は、「ヤーを褒めよ」という意味で、この「ヤー」が「ヤハウェ」なのである。
そりゃ、立派に使わないといけないのは当然だ。
日本人の起源はユダヤ人だという説がある。それなりに調べたら分かるが、何らかの意味で、そうなのではないかと思う。
それで、日本人は「ヤー」という神聖なる掛け声を使うのであると思う。
さらに、日本とユダヤの関係を暗示することとして、日本語では「ヤ」は「8」であり、日本では、なぜか、神聖な言葉には「八」が付く。
「八咫(やた)の鏡」「八咫烏(やたがらす。神聖な鳥である)」「八幡(はちまん)」「八坂(やさか)」「八雲(やくも)」、その他にもあると思うし、日本の古来からの儀式でも「八」の字を使うものがある。
ところが、イエス・キリストの象徴数も「8」であるらしい。そもそも、キリストは「ヤーの名によって来られた方」と聖書に書かれている。
(ただ、聖書の日本語訳では、なぜか、ヤハウェ、ヤーは「神」「主」と記している場合が圧倒的と思う)
その「ヤー」すなわち「八」が、日本においても神聖な数なのであるから、これからも、日本とユダヤには深い関係があると感じられる。
ここらは、久保有政氏の『神道のルーツとユダヤ』に、様々なエビデンス(根拠)と共に詳しく述べられていて興味深い。

神仏の名を心で唱えるナーマスマラナ、あるいは、それに準じる真言だけが、現在の我々が高次の力の援助を受けることが出来る唯一の方法と言われることがある。
念仏もこれに含まれる。
そして「ヤー」は、最高の神の名であると共に、日本人にも馴染み深い言葉であることが分かる。
もし、ピンと来る神や仏の名がない場合、「ヤー」あるいは「アー」を唱えると良いと思う。
また、別の神の名を唱えている場合も、唱えて良いだろう。
そして、イエスは「私の名で願うことは全て叶う」と言ったが、イエスは日本にも関りが深い存在であるかもしれず、そうであれば(そうでなくてもだが)、その名を唱えることは良いことであると思う。








悪霊がやたら多い世界になっている

どうも、そこらに悪霊がぷかぷか居る世の中になってしまった。
確かに、あまり強い悪霊(例えばエクソシスト級)は見ないが、とにかく数が多く、かなり多くの人が憑りつかれ、おかしくなっている。
悪霊に憑りつかれない基本は、本来的には集中力だ。
つまり、仕事や勉強やトレーニングに集中している時は、エネルギーが強く、気分も良くて、そうであれば精神の波動も高いので、悪霊を寄せ付けない。
しかし、怠惰になったり、不満や不安を抱えて精神が淀んでいると、容易く悪霊に憑りつかれてしまい、そうなると、なかなか悪霊は離れない。
悪霊に憑りつかれると、奇怪な物音や声まで聴こえることがあるし、視界におかしなものが映ることもある。
もちろん、脳の疾患により、幻が見えたり、異音が聴こえるという場合もあり、「幽霊が見える」という人がいたら、医者は脳の健康を疑う。
だが、逆に、悪霊の影響により、脳を含む病気になる場合も少なくないのである。
「病気が先か悪霊が先か」といった感じであるが、現代は「悪霊が先」の場合が多いと思えるのである。

以前から時々、ご紹介しているが、合気道の達人で、高位の神道家(神官)であった佐々木の将人(まさんど)氏は、悪霊を祓うのは簡単であると言う。
「アー」と言うだけで良いのだ。
口で唱えても、心で唱えても良いが、心でしか唱えられない場合もあるだろう。たとえば、金縛りに遭った場合である。
よほど声が良いのでなければ、心で、「アー」という音が、広く響き渡るよう想像すると良い。
さらに強力なのは、「アーオーウーエーイー」と唱えることで、この言霊で、四方の悪霊を祓える。
そして、極めつけの切り札が「アジマリカン」である。

だから、最近、どうも体調が悪いとか、精神的におかしいと感じたら・・・あるいは、別に何ともなくても、「アーオーウーエーイー」や「アジマリカン」を唱えると良いだろう。
これらは、別に、いつでも、どこでも、何度でも使って良い。

もちろん、真言を唱えていれば、潜在意識のさらに奥の、純粋意識、あるいは、超意識などと呼ばれるところにあるエネルギーと同調し、悪霊だって祓える。
だが、そもそも、十分に真言を唱えていなければ、悪霊の数や力によっては、うまく祓えない場合もある。
そこで、特に悪霊祓いの光線銃として使えば非常に強力な言霊、あるいは、音霊である、「アーオーウーエーイー」や「アジマリカン」を唱えれば良いのである。

今や、テレビを見ていたら、人気司会者や売れっ子コメンテーターみたいな人は悪霊をいっぱい付けているので、彼らの言うことに同調したら、ぱっと憑りつかれる。霊の世界に時間や空間はないので、テレビの向こうの悪霊もすぐに憑りつく(逆に良い霊が近付いてくる場合もあるが)。
また、テレビCMや、ネットCMからも悪霊の波動が放射されていることが多く、うっかりそれらに心を引きつけられると、周囲にいる、似た波動の悪霊が寄って来て憑りつく。
このように、どうも、世界は、おかしな状況だ。
だから、今は、多くの人が奇怪な病気を抱えているし、精神的におかしく、低級な悪霊のような性質になってしまっている者が多い。
例えば、信じられないほどの自己中心主義が横行し、しかも、そんな者達は、どれほど利己的なことをしても、良心に何の呵責も感じない。
そして、悪霊に憑りつかれたら、あなたもすぐにそうなる可能性がある。

普段から常に真言を唱えるよう心がけることだ。
しかし、真言を唱える数が少ないなどもあって、どうもヤバいと思ったら、念のため、悪霊祓いの言霊(「アーオーウーエーイー」や「アジマリカン」)を使うと良いと思う。
特に、人の多い場所(病院や込んでいるスーパーや、いろいろなイベント会場)に行った後は、静かな時間を持って、心で静かに真言を唱えると良いと思う。特に、帰ってきたら、どうも身体がだるいとか、やたら肉を食べたいとか、エッチな気分が強い場合は、悪霊が付いてきているかもしれないので、念のため、しっかり祓っておくと良い。
しかし、普段、常に真言を数多く唱えるよう心がけるのが一番である。








強力過ぎる和の真言

これまで、主に仏教系の真言を取り上げ、それらを唱えることを強くお勧めしてきたが、日本には真言はないのかというと、本来は最上のものがある。
しかし、強力過ぎるためなのか、あるいは、その他の理由なのかは知らないが、その秘密主義には辟易する(閉口する)し、分かっているものでも、どこまで純粋に信頼出来るか分からない。
立派な人が、日本の真言について語っている書籍などもあるが、いかに優れた、あるいは、偉大な人物でも、やはり人間であり、自我がある限りは間違うものであり、特に、日本の真言には微妙な問題があるので、その人だけの解釈を信じるわけにはいかない。
そもそも、専門家同士でも見解が一致しないものの方が多い。
また、専門家を気取った人物が、いかにも根拠がありそうな風で雑論を並べ立てて、「アジマリカン」が最上と言い、別の者は、「トホカミエミタメ」に並ぶものはないと言う。
いずれも、それら自体は素晴らしい真言であるが、そのような者達に穢された感もあり、私は、どうも唱えるのが嫌になった。
それに、この2つは、大祓祝詞もそうだと思うが、本来は天皇が唱えるものであり、我々が唱えて悪いわけではないとは思うが、どこまで我々一般人に相応しいかもまた、分からないのである。
植芝盛平が『古事記』を基に、素晴らしい言霊を説いてくれてはいるが、彼が解説したものを口述した『武産合気』は、かなりの感覚がなければ難しいと思う。

日本に古来から伝わる「アワの歌(アワ歌)」というものは本当に凄いもので、これの劣化版とも言われる空海作の「いろは歌」ですら、唱えると奇跡を起こす。
しかし、それらもまた、いろんな人が、利己的に利用し、イメージを悪くしている。
そのようなことをした者の行く末が心配なほどだ。
ただ、「いろは歌」を子供にきちんと教えていた頃の日本人の精神はしっかりしていたのであると思う。
.
やはり、安心して唱えられ、しかも、確実に大いなる恵のある仏教系真言を唱えると良いと思う。
だが、日本の真言の中で、間違いがないものと言うなら、「アオウエイ」がある。
実際は、「アーオーウーエーイー」と伸ばしながら唱える。
これも、恐ろしく強力な真言(言霊、音霊と言うべきかもしれないが)で、これだけで悪霊が祓われ、悩みが消え、全てうまくいくという(佐々木の将人『数霊のメッセージ』より)が、私もそう思う。
「アー」だけでも良いそうであるが。
「アジマリカン」については、もちろん、愛用の真言として、常に唱えても良いが、私のように、悪霊撃退専用の光線銃にするという手もあると思う。

真言は、主となるものを1つ決めておけば、様々なものを唱えると、それに応じた利益がある。
無理して多く覚えるのは止めた方が良いが、私のように、自然に多く覚えたなら、いずれを唱えても必ず効験がある。
とはいえ、根本的には、1つを熱心に唱えれば良いのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード