ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

観音経

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

観音経のご利益について

『法華経』の25章(法華経では「25品」という言い方をする)は人気のある『観音経』だ。
観音様こと、観世音菩薩の力が凄いことが滔々(とうとう)と語られる。
どんな災害に遭おうが、どんな怪物が襲ってこようが、処刑されかけようが、我々を救うことなど観音様にとってはいとも容易い。
また、いかなる幸運も与えてくれる。
そのために我々がすべきことは、ただ、観音様の名を呼ぶだけである(日本語の観音経では、「南無観世音菩薩」を唱えよと書かれている)。
あるいは、供養すれば良いと書かれていて、具体的にどう供養せよとは書かれていないが、例えば、観音像を拝んだり、それにお供えをするようなことと思うが、他にも、いろいろなやり方があると思う。
観音様を供養する功徳がいかに大きなものであるかも書かれている。

そういった観世音菩薩が与えてくれるとされるご利益について、それを「念彼観音力(ねんぴかんのんりき)」と称して、そのままの意味で受け取る者もいる。
一方、高名な漫画家で宗教家である桑田次郎氏(桑田二郎と改名したようだが、ほとんどの作品は桑田次郎のペンネームが表記されている)が、『マンガで解きあかす観音経』で、「いくらなんでも、それでは荒唐無稽」と言い、これは霊的なお話であるとして詳しく解説され、やや理屈っぽくて、読んでいて疲れるが、一応、納得出来る内容だったと思う。

念仏として代表的な「南無阿弥陀仏」は、死んでから極楽浄土に行くためのものであるが、親鸞は『現世利益和讃』(親鸞の和讃の中の一部)で、「南無阿弥陀仏」には現世利益の力も抜群であることを説く。しかし、これに関しても、宗教家には「即物的に考えてはならない。深い意味があるのじゃ」と言ったり、本に書く者もいるだろう。
法然の『選択本願念仏集』によれば、阿弥陀如来は、念仏を唱える者を手厚く保護するとあるので、結果、『現世利益和讃』の通りになるということと思う。

さて、では本当のところ、どうなのかというと、常識的には、文面通りに受け取る訳にはいかないだろう。
確かに、「やったー!南無漢音菩薩と唱えさえすれば何でも思い通りなんだ!万歳!!」というボケた馬鹿共が本当にうまくいくことは、まあないだろう。
一方、「宗教って馬鹿だな。そんなんでうまくいく訳ないじゃないですか」と言う者もまた、暗く沈んだ人生を送り勝ちだ。

敢えて断言すれば、真実は『観音経』に書かれている通りなのである。
確かに、「南無観世音菩薩!一千万円」と言って、一千万円がぱっと出てくる訳ではないだろうが、そうなる人もいる。
観音経に書かれているように、わざわざ高い山から落ちたり、海に飛び込む必要はないが、危機一髪の中、奇跡的に助かる人もいる。
どんな人かというと、『矢追純一は宇宙人だった!?』で描かれた、矢追純一さんがまさに、そのような人だ。まあ、矢追さんは「南無観世音菩薩」と唱えたりはしないだろうが、全く同じことなのだ。
簡単に言えば、大雑把に目標を定めたら、後は、宇宙というか、大きな力にまかせ切ってしまうのだ。
そうすれば、高校生が妹2人を養いながら深夜まで酒を飲んで遊んでいられるし、そんな感じで高校には全く通っていなくても、特に当時は難関だった、名門中央大学法学部に現役合格出来る。大きな力にまかせ切っているので、キャッシュフローなど一切気にせずに、本当に必要なら土地でも美術品でも買ってしまうが、それで困ったことは一度もないと言う。
コツは、矢追さんの本で確認していただければと思う。
ところで、Amazonの電子書籍へリンクするURLが得られない(Amazonサイトのスクリプトの異変)ので、紙の書籍へのリンクを貼っておくが、Kindke本もある。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

意思を使えば状況はたちまち変わる

なかなか願いが叶わず、明るい兆しも見えずに、あせりや苛立ちが募ることもある。
努力しているのに報われず、がんばっているのに成果が出ず、不遇な状況や不本意な立場に甘んじている人も多いだろう。
だが、生きている限り、失敗はしていない。
諦めない限りは。
20代も前半で大成功する人もあれば、そんな人を羨みながら、ひょっとしたら、かなりの年齢まで・・・それこそ、50歳とか60歳まで、あるいは、それ以上辛い人生が続くかもしれないが、そこから逆転することだってあるし、その方が人生の満足度は高くなる。
希望を捨てず、自分を信じることだ。
そして、自分とは信じるに値するものだ。
観世音菩薩として象徴される清らかな精神は、間違いなくあなたを信じている。
これは、人間の知性で捉えることが出来ないので、こんなふうに宗教的に言うしかなくなるが、そのような高貴な精神が自分の中にあることが分かれば、即座に状況は変わる。
だが、神や仏にすがるだけでは駄目である。
人間は、自分の意志を使うことで、人生を支配するように出来ているのだと思う。
今の辛い状況、惨めな環境は、ごく若い間なら宿命なのかもしれないが、ある程度の年齢になれば、全て自分の責任だ。
自分の意志を使わなかった責任である。
自分の意志を使えば、ビル・ゲイツにはなかかなれなくても、まず人に負けることはない。
見も知らぬ人や、自分より弱い人に親切にするって良いことでね。
なぜなら、それは自分の意志を使わないと出来ないことだからだ。
つまり、下心なく親切にするってうのは、自分の意志を使うってことで、それが自然に、成功のための訓練にもなる。
嫌な相手に頭を下げ、自分が優れていてもあえて謙虚になり、放埓(勝手気まま)に振舞いたい気持ちを抑え、あえて自分に制約をかけるのは、意思の力だ。
自分の意志を自由自在に使えるようになれば、もはや何でも出来る。
『法華経』の第25章の『観音経』は、おそらく、そんなことを比喩的に描いているのだが、真意が分かれば、もう書いてあるそのままなのである。
流されるままなのが、自分の意志を使わない普通の人だ。
だが、あえて、少し斜めに泳いだり、時には、流れに逆らって泳ぐのは、自分の意志があってこそである。
毎日、スクワットを100回すると決めたら、少々疲れていても、気分が落ち込んでいてもやるのが自分の意志で、それが続かないのは、自分の意志がないからだ。
「断固やる」というのが自分の意志である。
そして、面白いことに、「断固やる」と思うのも自分の意志である。意思を使えない者は、そんなこと思わないものだからね。
「断固やる」を覚えていれば、状況はたちまち変わるはずである。
さて、私は「断固やる」と決めた。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ほとんどの人は、頭の中の無意識のつぶやきに潰されている

人生で沢山の罪を犯したどころか、まともな思考力と記憶力のある人なら、この1年、この1月の中でさえ、自分が明白な罪を数多く犯していることが分かるはずだ。
あらゆることが因縁になるのなら、なるほど、今悪いことがいっぱいあるのも当然な訳だ。
え?俺は罪なんか犯してないって?
イエスは、女性を邪まな目で見ても罪だと言ったのだが、「え!?いい女って、邪まな目で見るのが基本じゃないっスか?」と思っている者は多いと思う(私のことは置いておく)。
人間は、1分間に頭の中で、300から1000回もつぶやくらしいが、それの大半は罪あるつぶやきかもしれない。
もしそうなら、悪因縁も、毎分毎秒で作っているのに違いない。

しかし、何かに強く集中している時には、頭の中で何もつぶやかず、よって、悪い因縁を作らない。
実際、集中力を強く、長く発揮した後で、いきなり不運に襲われることはなく、逆に、良いことが起こるものだ。
強く集中している時というのは、何か感心なことをしているのだから、むしろ、良い因縁を作っているのかもしれない。
クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長は、若い時、デジタル音楽の機材を長期ローンで買って、四畳半の部屋に詰め込み、その機材の上でご飯を食べていたというが、それなら、音楽活動の方は、さぞ集中していたことだろう。
だから、悪因縁を作らず、良い因縁を作って、後に初音ミクさんを生み出したのだろう。
なるほどだ。

江戸末期の神道家、黒住宗忠が、現代医学ですら不治と言われる病にかかった武士に、「ありがたい」という言葉を1日1万回言わせたら、一週間で完治したというが、宗忠は、「心を込めて」唱えることを指示した。
それなら、集中して、悪因縁を作らず、「ありがたい」という言葉で良い因縁が出来るのだから、そりゃ、どんな病気も治る。

人間は、放っておいても、頭の中で毎分300から1000回つぶやくということを覚えておくと良い。
それならば、自分の考えや心のつぶやきに気をつけるようになる。
そして、意識的に良い言葉を想うようになるし、なりたい。
「やるぞ」で十分である。
「大丈夫」は、超人的粘りを見せる人の心のつぶやきの代表的なものだ。
阿弥陀如来や観音菩薩に尊敬の念があるなら、「南無阿弥陀仏」「南無観世音菩薩」は非常に良い。
尊敬の念を持ちたいなら、『観無量寿経』や『法華経』の25章(品)『観音経』を読むと良い。
私は最近『観音経』を何度も読んでいる。『法華経』全体は長いが、『観音経』は短い。

何より、人間、ぼーっとしていると、ロクなことを考えない。
だから、忙しく仕事をしたり、夢中で勉強したり、修行に打ち込むのは良いことだ。
それでも暇なら、心を込めて、頭の中で良い言葉をつぶやくことだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人生は幻想ではなく、挑み戦うべき現実

全ては幻想であるという「唯幻論」を唱えた岸田秀さんが昔、大学に勤務していた時、岸田さんの本を読んだ男が大学にやって来て、
「全てが幻想なら、これも痛くないだろ?」
と言って、岸田さんを殴り、岸田さんは鼻血が止まらなかったという。
さて、岸田さんと、岸田さんを殴った男のどっちが愚かなのかというと、私は、昔は、殴った男の方が愚かだと思っていた。
しかし、今は、両方愚かだと分かる。

この世は、我々にとっては完全な現実だ。
「人生は1つの夢のようなものと見なされるべきである」と言ったニサルガダッタ・マハラジや、「夢は短く、目覚めは長い。それ以外に両者に違いはない」と言ったラマナ・マハルシのような名高い聖者達も、もし、本当にそう言っていたとしたら、大間違いを犯していた。彼らは少しも賢くはない。
「人生は、挑み、戦うべき現実であり、しっかり目を覚まし、現実を見なければならない」というのが、本当に賢い人の見解だ。

「婆子焼庵(ばすしょうあん)」という、有名な禅の公案(練習問題)がある。
あるおばあさんが、1人の僧のために、庵を建てて面倒を見ていた。
そしてある時、おばあさんは、若い娘に、その僧を誘惑させたら、僧は、
「私は悟っているから、こんな幻には惑わされぬ」
と言ったので、お婆さんは、
「じゃあ、現実を知れ」
と言って、庵を焼いて僧を追い出した。
その僧は、お腹が空いて、寝るところもなく、しっかり現実を思い知ったであろう。
岸田さんも、殴られて現実を思い知ったと思うのだが、その後も唯幻論を説き続けたのは、いかにも現実的な事情に違いない。

親から見れば、幼い子供のお父さんごっこやお母さんごっこは幻想のようなものである。
しかし、子供にとっては、それは現実である。
同じく、我々人類を、幼い子供と見ることが出来る高い存在からすれば、我々の人生は幻想かもしれない。
だがやはり、我々にとっては、我々の人生は現実なのである。
ならば、高い存在になるか、高い存在の援助を受ければ良い。
今朝も書いたが、『法華経』の第25章の『観音経』は、そんな方法を書いているのである。
『バガヴァッド・ギーター』もそうであるし、『観無量寿経』(浄土三部経の1つ)もそうである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

一番醜い人とは

『法華経の新しい解釈』という本には、法華経の第25章(法華経では25品と言うが)の『観音経』について、こんなことが書かれている。
「この品ほど誤って受け取られているものはない」
「観世音菩薩の名を唱えれば、たちどころに現実の難儀から救われるのだというふうに、非常に浅く解釈され、安易な拝み信仰の対象にされてしまっている」
そして、観音経の本当は意味はこうだと、解説しているのだが、それは立派な解説であると思うと同時に、とにかく抽象的で難しい。

それで言えば、斎藤一人さんの「ツイてる」と言えばツキが来るから、「ツイてる、ツイてる」と言えというのも、安易な拝み信仰である。
しかし、安易な拝み信仰で良いと思う。
ただ、『法華経の新しい解釈』の言うことも分かる。
著者の庭野日敬氏も、「のほほんとした安易な拝み信仰者」に愛想をつかしたのだろうと思う。

「念仏、毎日唱えてまーす!」
「腕振り運動、千回しましたー!」
で、後は何にもせず、する気もなく、のほほんとしたがる者は確かにいるだろう。
そんな人が言うのだ。
「念仏さえすればいいんですね?」
いいけど、のほほんとしてはならない。

ゲーテの『ファウスト』で、神様も言ったではないか?
人間はすぐに怠けたがる。
そんな人間には、悪魔を遣わして刺激を与えると。
そんな刺激、いらないよね?
どんな刺激かというと、仮想通貨で大金をスるとか、難病になるとか・・・そんな感じと思う。

『バガヴァッド・ギーター』では、「戦争いやだ。戦いたくない」というアルジュナを、神クリシュナが「義務を果たせ」とたしなめる。
斎藤一人さんだって、「学生は一生懸命勉強し、戦争になったら一生懸命戦うのが良い」と書かれていたくらいだ。
あるいは、学校の勉強に背を向け、もっと偉大な努力をしたり、単に「戦争反対」なんて言うだけの楽な反戦運動をするのではなく、戦争を止めたいなら止めたいで、自分に出来る最善を尽くすことだ。
それによって、自分がいかに卑小な存在であるかも自覚出来る。

「南無観世音菩薩」と唱え、想えば、全てうまくいく。
だからといって、のほほんとしてはならない。
観世音菩薩に助けてもらったら、観世音菩薩の心に応える生き方をすることだ。
自分の本心が観世音菩薩なのであるからね。
ところで、私は、のほほんとした人間ほど醜いものはないと、子供の時から思っている。
醜くはなりたくないものだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ