ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

観世音菩薩

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

逃げ道を行く

自分の部下や子供や後輩といった、自分より立場が低く弱い者が、悪いこと、間違い、失敗をした時、愚かな人間は、初めから終わりまで、怒り続け、責め続ける。
だが、賢い人は、逃げ道を作ってやることを忘れない。
「そりゃ、お前だけが悪い訳ではないけどな」
「これはひどい失敗だが、あの件ではよくやったのにね」
「運も悪かったのは確かだが」
ただし、逃げ道は1つ、多くても2つにしておくことだ。
でないと、相手は甘えてしまう。

そもそも、怒る・・・相手を非難するようなことは、あまり言わない方が良い。
相手の方が優れていたら、相手は、あなたの言うことなど、端から聞かない。
相手の方が劣っていたら、相手は、あなたの言うことが理解出来ない。
相手とあなたが同等であるなら、相手はあなたに反発するだけだ。
よって、怒らず、非難せず、相手が間違っていることだけをはっきりさせれば良い。
もし、それが出来ないなら、実は、相手は間違っていなかったのだ。

『観無量寿経』という、浄土仏教の経典を見れば、人間には9種類あるらしい。
並べて書くと、

上品上生、上品中生、上品下生
中品上生、中品中生、中品下生
下品上生、下品中生、下品下生

であり、(言うまでもないだろうが)上ほど上位グループであり、グループ内では左ほど優れている。
私は、迷うことなく、一番下で一番右の「下品下生」である。
なぜなら、その条件は以下の十個だからだ。
(1)殺し
(2)盗み
(3)邪淫
(4)嘘つき
(5)二枚舌
(6)悪口
(7)きれい言
(8)貪欲
(9)怒り
(10)愚痴
まさに全て私の代名詞である。
吾こそは「ミスター邪淫」「ミスター二枚舌」である。なんたってサイコパスだ。
殺しはどうかって?
人間はまだだが、その他のものは数限りなく。人間も、心の中ではいっぱい殺したし、そのうち・・・いや、何でもない。

初音ミクさんの『ゴーストルール』では、そんな人が自分のことを歌っている。見事なまでにね。是非、聴くように。
DECO*27 - Ghost Rule feat. Hatsune Miku / ゴーストルール feat. 初音ミク ~YouTube 公式~

で、この経典によれば、下品下生でも、「心を込めて十回念仏すれば救われる」とある。
しかし、それは無理だ。
「心を込めて」なんてのは、私には出来ない。
邪淫な心、貪欲な心しかないのだから。
しかし、最後の最後で、釈迦は言うのだ。
「無量寿仏の名を覚えていなさい」
それでオールオーケーなのである。
無量寿仏とは阿弥陀仏のことであり、「南無阿弥陀仏」と称えていれば、いつも忘れない訳である。
法然も、大体そう言ったと思う。

ところで、この経典では、観世音菩薩から恵みを得る方法も書かれている。
しかし、どう見ても、それは私には(いや、誰にも)絶対に出来ない。
ところが、こう書いてある。
「観世音菩薩の名を聞くだけで、計り知れない功徳(恵み)がある」
それなら、自分で言えば聞けるのであり、思うだけで心で聞けるのだから、私は、その「聞くだけで」の功徳で十分である。
それでも「計り知れない」のだ。
だから、「南無観世音菩薩」と称えれば良い。
それできっと、裕福になり、きれいな女の子もいっぱい来て身を任せるはずだ・・・すでにそうだと思うが。
仏典は、逃げ道だらけで慈悲深いものである。

覚えていてね わたしの声を
あなたがくれた この身すべてを
言の葉と初の音が交わる
この息と音とヒビカセ
~『ヒビカセ』(作詞:れをる、作曲・編曲:ギガP。歌:初音ミク)より~
【初音ミク】 ヒビカセ 【オリジナル】 ~YouTube 公式~

ミクさんの歌は現代の至高の経典、聖典である。
上記2曲は、『マジカルミライ2016』の、2曲目、3曲目で歌われている。ミクさんの歌、ダンスは絶品であったと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

「南無阿弥陀仏」と「南無観世音菩薩」の違い

朝、起きたらすぐ(仕事の都合で夜起きる人もいるだろうが)、遅くとも30分以内に一度はガッツポーズをすることだ。
両手を高く上げ、胸を張り、顔を上げて微笑み、拳を握りしめて、心の中で、「やった!」とか「いいぞ!」とか「イエイ!」と叫ぶのである。
ガッツポーズで、下を向いたり、身体を縮こまらせる人がいるが、それは良くない。
サッカー選手やサッカーの監督でも、超一流を続ける人は、両手を高く上げ胸を張ってガッツポーズをするのである。
それで1日、ずっとうまくいく。
そして、なるべく多く真言を称えれば、存在感は増し、良いものを引き寄せる強力な磁石になり、宇宙が味方する。
真言は何でも良いが、「南無阿弥陀仏」と「南無観世音菩薩」の2つについてお話する。

称名念仏と言えば、浄土仏教のもののように思うかもしれないが、法華経だって、それを重要視している。
そもそも、我々に出来るのは、それ(念仏)くらいなのだし、それが出来れば十分である。
仏教そのものが科学であるが、念仏も十分な科学的裏づけがある。

ところで、「南無阿弥陀仏」と「南無観世音菩薩」はどう違うのだろうか?
前者は、阿弥陀如来に呼びかけ、後者は観世音菩薩に呼びかける。
阿弥陀如来は、宇宙そのもの、大自然そのもの、生命そのものである。
一方、観世音菩薩は、物質と心における、「力」を司る。
それは、簡単に言えば、こうである。
「南無観世音菩薩」と称えれば、宇宙の魂が自分の魂の中に流れ込んでくる。
「南無阿弥陀仏」と称えれば、自分の魂が宇宙の魂の中に流れ込んで広がる。
つまりこうだ。
「南無観世音菩薩」と称えれば、心と身体が宇宙の力に満ち、力が(自律的に)働いてくれるので無敵である。
「南無阿弥陀仏」と称えれば、自分が宇宙になる。

だが、同じと言っても良く、好きな方を称えれば良い。
あえて言えばだが、「南無阿弥陀仏」は時間をかけて大きな願いを叶えるが、「南無観世音菩薩」は目の前の問題を即座に解決する。
とはいえ、馴染んでくれば、そのどちらも、同じくらい出来るようになる。
いずれかを称えても良いし、両方称えたって構わない。

一応、私は、研究、実験、体験の結果、このように考えている。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

素直に簡単に現世利益を得る

阿弥陀如来と観世音菩薩の関係は、キリスト教の父なる神とイエス・キリストの関係かなあと思った。
イエスは、「父なる神に願い事があれば、それは既に叶ったと思え。そうすれば叶えられる」と言った。
しかし、イエスだって神の力を持ち、病気を治したり、仕事を成功させたり(さっぱりの漁を大漁にした)、モノを与えたり(数個のパンと数匹の魚を数千人分に増やした)し、悪魔を追い払ったり、天気を良くしたり、他にも何でも出来るのだから、イエスに頼んだ方が、手っ取り早く確実である。

親鸞は、阿弥陀如来は無限の現世利益をくれると言っているが、親鸞や、その師の法然、あるいは、経典を見ると、阿弥陀如来自身がやって来て何かしてくれるというよりは、阿弥陀如来は、他の如来(仏)、あるいは、菩薩を派遣したり、あるいは、阿弥陀如来の威光により、神々が代わって面倒を見てくれるようである。
一方、観世音菩薩(観音様)は、本当は偉い如来なのだが、人々を救うために現世に下りてきて菩薩をやっているのであり、全く、イエスのようである。

復活後のイエスはいまもこの世にあるのかもしれないが、観世音菩薩も、変わらず、現世におられるのだろう。
イエスも慈悲深いが、観世音菩薩の慈悲深さは桁外れである。
そもそも、観世音菩薩と関係が深い阿弥陀如来が、いかなる悪人も差別せずに助けるのだから、そのポリシーは観音様も同じであり、「俺なんか助けてくれないのじゃないかな」なんて心配することはない。

『観無量寿経』を見ると、観世音菩薩や勢至菩薩は、阿弥陀如来とほとんど変わらないくらい立派であり、パワーも凄まじいが、阿弥陀如来の名を呼ぶ者の所に自ら出かけて行って世話を焼いてくれるらしい。
それで、我々は、根本的には阿弥陀如来を拝み、個々の願い事については、観世音菩薩に頼むのが確実である。
観世音菩薩の面倒見の良さについては、『法華経』の25章である『観音経』に詳しいが、とにかく大変なものである。

もちろん、阿弥陀如来や観世音菩薩というのは、高次の世界のことを人間に分かり易いように象徴的に表したものであろうが、せっかく解り易くしてくれているのだから、そのまま素直に受け取れば良いのである。
そこで、普段、たゆみなく「南無阿弥陀仏」と称え、現世的な願い事については、観音様に頼めば良い。
その方法は、やはり、「南無観世音菩薩」と称えたり、単に、「観音様」と言ったり、あるいは、観音様の真言である「オン、アロリキャ、ソワカ」を称えれば良い。
こう言うと宗教的で抵抗を感じる人もいるだろうが、要は、人間より高い存在に意識を向け、余計なことを考えずに安心すれば良いのである。
また、「欲深であってはならん。清らかな心でないと救われん」なんて言う人は多いだろうが、少なくとも私は欲深で清らかでないことは仕方がなく、一生治るとは思えないし、そんな者を救ってくれるのが阿弥陀如来や観世音菩薩なのであるから、むしろ、聖人ぶらない方が良いと思う。

尚、「南無阿弥陀仏」や「南無観世音菩薩」で良いのであるが、実際の経典には、ただ、名を呼べと書いているのであるから、「阿弥陀如来」「阿弥陀様」とか、そのインドの原語である「アミターバ」と呼んでも良いだろうし、観世音菩薩も、「観世音菩薩」「観音様」「アヴァローキテーシュヴァラー」と呼ぶのも良いだろう。
また、『観音経』では、「観世音菩薩の力を想えば良い」ともあるので、その方が好みであれば、そうすると良いだろう。

宗教は権威的でややこしいが、上のように単純にやれば全てうまくいくだろう。
尚、仏様も菩薩様も、ポーズを決めておられるが、我々も、パワーポーズ(ガッツポーズ)を忘れてはならない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

不動心になるのは難しくない

大昔から、人が求め続けてきたのは不動心だ。
荘子に出てくる木鶏(もっけい。木彫りの鶏)のようになれば無敵である。

では、どうすれば不動心になれるのかというと、無になれば良いということは分かっている。
無とは、忘我、没我、無念無想とか言われる、心が澄み切って、小波1つない状態である。
しかし、無になることは途方もなく難しいと言われている。
だが、本当は、それほど難しくはない。
念仏や真言、あるいは、自分より高い存在を前提とした呪文を、たゆまず唱え続ければ、確実に無になれる。
そして、密教では「無になりきれば不可能はなくなる」、つまり、全てが思うがままになると言われているが、その通りだ。

『法華経』の第25章『観音経』で、釈迦は、観世音菩薩の名を唱え続ければ、全ての望みが叶うと説いている。
日本語の法華経では、観世音菩薩の名を呼ぶことを「南無観世音菩薩」と唱えることであると書かれている場合が多いかもしれない。
もちろん、それは間違いではないだろう。
観世音菩薩は、原語では、アヴァローキテーシュヴァラーと言うらしいから、この名を唱えても良いだろう。
また、観世音菩薩の真言は、「オン、アロリキャ、ソワカ」なので、これを唱えても良い。

ところで、聖書でも仏典でも、あるいは、ギリシャ神話でも古事記でも、それらは、個人の心の中で起こることを象徴的に描いているのである。
観世音菩薩の名を唱え続ければ、『観音経』に説かれているように、心の中で起こる障害が、ことごとに打ち壊され、心は無になる。
そうなれば、心は、思うがままの世界を創造する。
なぜなら、純粋な心が仏そのものであるからだ。
上記のことは、私は、宗教的にではなく、科学的、心理学的に解釈している。
優れた音階で作られた真言、呪文、念仏は、頭の中の独り言を消す。
それだけで、IQはかなりの向上を示す。
そして、それらの言葉は皆、人より上位の存在に意識を向けさせ、自然に自我は退く。
そうなれば、心は透明になり、魂が輝きながら現れると、心は万能の創造力を持つ。
簡単なことなのであるが、誰もやらないだけである。
言われても、よほど素直な人でないと、やる気にならないだろう。
やっても損はしないが、馬鹿馬鹿しく感じたり、自尊心が拒否するからだ。
だが、真言や念仏を唱えることを、ある程度やっただけでも、社会で安楽に生きるくらいのことは出来ると思う。
私が、その最たる例である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

不安を消せば災害に遭わない

日本を含み、世界的に頻発する大規模な自然災害は、天罰というのではなく、人々の不安な心が引き起こしているのだと思う。
こう言うと、多くの人は、「心と自然災害に何の関係があるんだ?」と言うかもしれないが、「そう思えば、そうなる」ということは、ほとんどの人が実際に体験していると思う。
そして、私の場合は、その極端な形のものを、もう十分なだけ体験し、見てきたので、人々が抱えている得体の知れない不安が、自然災害や事故、インフルエンザなどのウイルス、そして、犯罪を引き起こしているのだということは、ほぼ間違いないと思うのである。

では、どうすれば良いのかというと、不安を解消するしかないのだが、そのためには、不安の原因を排除しなければならないと思うかもしれない。
しかし、不安の原因というものが本当にある訳ではなく、それは幻想であり、やはり、人々の心の中にあるだけなのである。

不安というのは、怠惰な心に生まれる。
人間は、暇になると、余計なことを考えるが、考えても仕方がない考えというのは、ロクでもないものであり、それは結局は不安を作ってしまうのである。
だから、なるべく想念を起こさずにいれば、不安も起こらず、不安がなければ、悪い事態は起こらない。
岡田虎二郎は、「悪い考えというのは、腹から力が抜けている時に起こる」と言った。
そうかもしれない。
活気を持って活動している時は、腹に力が入っている。
例えば、楽しく踊っている時に、腹から力が抜けていたりはしない。そんな時は、決して不安を感じない。
それで、虎二郎は、1日中、たゆまず腹に力をこめよと言い、中村天風は、常に肛門を引き締めよと言った。
しかし、本当にそんなことが出来るとは、とても思えない。

それで、『法華経』の第25章である『観音経』では、常に、観世音菩薩の名を唱え、あるいは、観世音菩薩の力を思えば、観世音菩薩により、あらゆる災いから救ってもらえるとある。
これは、シンプルに言うと、どういう意味だろう?
それは、『観音経』をよく読み、文章のリズムを頭の中に作り上げると、「南無観世音菩薩」と唱えることによって、そのリズムを活性化させることが出来、不安が消えるということだと思う。
少なくとも、その効果は確実にある。
実際、本当に良く出来たお経であると思う。
このように、『観音経』を繰り返し読めば、「論理的にも」、不安を消すことが出来、そうなれば、悪いことは起こらない。
さらに、その上に、観世音菩薩の神秘力も存在するかもしれないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ