ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

親鸞

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

人間は放っておくと楽な方に流される

人間は、放っておくと堕落する。
私は初めて社会人になった時、職場の先輩達は皆、尊敬すべき立派な人達だと感じていた。
しかし、半年も経った頃、それは、彼らが上辺の体裁を整えていただけで、本当は呆れるほど腐っていることを発見し、愕然とした。
そんな中、誰かが言った言葉が胸に刺さった。
「人間は放っておいたら楽な方に流される」
全くその通りなのだろう。
そして、それはきっと、子供でも同じなのだ。
ただ、子供の場合、理由はいろいろだが、自分を律する気持ちを持っている場合が多く、理性的に考え、振舞う子が多いのではないかと思う。
だが、そうでない子も多く、そんな子は、楽な方に流されるままになっていて、やはり腐ってしまっている。
楽な方とは、快楽をひたすら求めることで、親がそれを止めてやらなかった子供、むしろ、親がそう、そそのかしてきたような子供は最悪だ。
それは、親自体が快楽主義者だからだろう。
中学とか高校で、性的にすっかり乱れてしまっているような者も沢山いるが、それも、楽な方に流されたなれの果てである。

結局のところ、人間の運命は、自分で自分を律することが出来るかどうかで決まる。
ただ、自分を律している場合でも、2つのケースには気をつけないといけない。
1つは、親に理想主義を押し付けられた子供で、高い理想は持っているが柔軟性がなく、結果、他人には物凄く厳しいが自分には甘く、身の程知らずに他人を見下す。
実は私がそうなのだ・・・と、自覚出来たのは最近だ。
もう1つは、得なことだけ自分を律する者で、それも親のしつけでそうなったのだと思うが、そんな教えには、子供も同調し易い。例えば、試験で良い点を取ることは頑張るが、得にならないことはどうでも良いと思っていて、冷淡だったり、無慈悲だったりする。それも、得と思えること以外は楽な方に流されていることであり、いずれ、最も得な部分以外では乱れていき、早い場合は、小学生の時は優等生で秀才だが、中学ではさっぱりになったり、早くから性的に奔放になったり、肥満したりで、結局は堕落した醜い人間になる。

イエスが人々に、モーセの律法(十戒のこと)を守るよう厳しく言ったのは、何か自分を律する掟を持たないと、人間は楽な方に流されて堕落してしまうことをよく知っていたからだろう。そのために、人々に馴染みがあり、多少でも尊重する気持ちがあるモーセの律法を持ち出したのである。
いかに他力(神仏の力に頼ること)を説いた者でも、何か戒めを人々に与えているものである。
例えば、全て神(天照大神)にまかせよと教えた黒住宗忠も「稼業に励め」など、いくつかの訓戒を教えているし、念仏さえ唱えれば良いと教えた法然も、念仏だけは規則正しく忍耐強く唱えることを厳しく教えている。
親鸞は法然に比べて随分ゆるいが、それは、親鸞が、自分が堅苦しい理想論者であったことを自覚し、それを脱却したかったことから来ているように思えるのだ。
だから、親鸞の教えには一貫性がなく、解り難いところは確かにあるのではないかと思う。
しかし、心の中に、凝り固まった理想主義を持っていて、それに苦しんでいるような人には、親鸞は救いのように感じるのだ。

あまりにありきたりに感じるかもしれないが、やはり人間は、最低限の理想を自分に課し、それだけは死んでも守らないといけない。
ジェームズ・アレンのように、徹底的に高貴な人であれという教えは、多くの場合有害ではないかと私は思う。
私は、「満腹するまで食べて自分を甘やかさない」という、エマニュエル・スウェーデンボルグの教えが良いと思う。
あるいは、昔の話だが、世良公則さんが、未成年女子には手を出さないと言ってたのも、非常に良い掟だと思うのだ。
ロリコンなら特に、少女には決して手を出さないことを誓うと、幸運に恵まれると思うが、それが出来ないと堕落の勢いは凄いことになるのは、まあ、間違いない。

何をやっても駄目で、皆に蔑まれる惨めな、まるで駄目男を知っているが、彼は、結局のところ、自分を律することが全くなく、ひたすら楽な方に流された哀れな男であるというだけのことだ。
彼とは逆に、あまりに厳しい掟を自分に課し、それを守らないと自分には何の価値もないと恐れるあまり、いびつな人間になっている者も、いくらかはいる。
そんな者が楽に生きられるようになるのは、かなり難しい。
彼も、人間はバランスが大切だと、頭では解っている場合があるが、どうして良いか分からないのだ。
彼には『歎異抄』がお薦め出来るかもしれない。
とはいえ、自分に甘い普通の人は、自分を律してExcel VBAを習得し、給料を上げて余裕を持って善い人間になろうと思えば良いと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

観音経のご利益について

『法華経』の25章(法華経では「25品」という言い方をする)は人気のある『観音経』だ。
観音様こと、観世音菩薩の力が凄いことが滔々(とうとう)と語られる。
どんな災害に遭おうが、どんな怪物が襲ってこようが、処刑されかけようが、我々を救うことなど観音様にとってはいとも容易い。
また、いかなる幸運も与えてくれる。
そのために我々がすべきことは、ただ、観音様の名を呼ぶだけである(日本語の観音経では、「南無観世音菩薩」を唱えよと書かれている)。
あるいは、供養すれば良いと書かれていて、具体的にどう供養せよとは書かれていないが、例えば、観音像を拝んだり、それにお供えをするようなことと思うが、他にも、いろいろなやり方があると思う。
観音様を供養する功徳がいかに大きなものであるかも書かれている。

そういった観世音菩薩が与えてくれるとされるご利益について、それを「念彼観音力(ねんぴかんのんりき)」と称して、そのままの意味で受け取る者もいる。
一方、高名な漫画家で宗教家である桑田次郎氏(桑田二郎と改名したようだが、ほとんどの作品は桑田次郎のペンネームが表記されている)が、『マンガで解きあかす観音経』で、「いくらなんでも、それでは荒唐無稽」と言い、これは霊的なお話であるとして詳しく解説され、やや理屈っぽくて、読んでいて疲れるが、一応、納得出来る内容だったと思う。

念仏として代表的な「南無阿弥陀仏」は、死んでから極楽浄土に行くためのものであるが、親鸞は『現世利益和讃』(親鸞の和讃の中の一部)で、「南無阿弥陀仏」には現世利益の力も抜群であることを説く。しかし、これに関しても、宗教家には「即物的に考えてはならない。深い意味があるのじゃ」と言ったり、本に書く者もいるだろう。
法然の『選択本願念仏集』によれば、阿弥陀如来は、念仏を唱える者を手厚く保護するとあるので、結果、『現世利益和讃』の通りになるということと思う。

さて、では本当のところ、どうなのかというと、常識的には、文面通りに受け取る訳にはいかないだろう。
確かに、「やったー!南無漢音菩薩と唱えさえすれば何でも思い通りなんだ!万歳!!」というボケた馬鹿共が本当にうまくいくことは、まあないだろう。
一方、「宗教って馬鹿だな。そんなんでうまくいく訳ないじゃないですか」と言う者もまた、暗く沈んだ人生を送り勝ちだ。

敢えて断言すれば、真実は『観音経』に書かれている通りなのである。
確かに、「南無観世音菩薩!一千万円」と言って、一千万円がぱっと出てくる訳ではないだろうが、そうなる人もいる。
観音経に書かれているように、わざわざ高い山から落ちたり、海に飛び込む必要はないが、危機一髪の中、奇跡的に助かる人もいる。
どんな人かというと、『矢追純一は宇宙人だった!?』で描かれた、矢追純一さんがまさに、そのような人だ。まあ、矢追さんは「南無観世音菩薩」と唱えたりはしないだろうが、全く同じことなのだ。
簡単に言えば、大雑把に目標を定めたら、後は、宇宙というか、大きな力にまかせ切ってしまうのだ。
そうすれば、高校生が妹2人を養いながら深夜まで酒を飲んで遊んでいられるし、そんな感じで高校には全く通っていなくても、特に当時は難関だった、名門中央大学法学部に現役合格出来る。大きな力にまかせ切っているので、キャッシュフローなど一切気にせずに、本当に必要なら土地でも美術品でも買ってしまうが、それで困ったことは一度もないと言う。
コツは、矢追さんの本で確認していただければと思う。
ところで、Amazonの電子書籍へリンクするURLが得られない(Amazonサイトのスクリプトの異変)ので、紙の書籍へのリンクを貼っておくが、Kindke本もある。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

バレてんだってそんなの

医者とか科学者とかいった立派な人達が、「現代医学、科学は間違いです」と言い、利他的に生きればDNAのスイッチが入りますとか、他者のために祈れば世界も自分も良くなるとか、この世は魂を磨く場であるとか、果ては、我々のテーマは愛を出すことですとか・・・
「言ってるあなた方、本当に出来てるの?」
と言いたくなる。
いや、出来てるのかもしれないので、失礼かもしれないが、私に出来るとは想像も出来ないのでね。
それに、法然、親鸞は、「私にはさっぱり」と言ったのである。
一休も、老人になっても、酒、女、肉食、止めなかった(止められなかった)。まあ、弟子には禁止したが、若いモンには修行が必要だ(笑)。

戦争中、日本のスローガンは「欲しがりません、勝つまでは」だったと思う。
しかし、終戦73年、鏡音リン・レン10周年記念ソング『劣等上等』で、「欲しがります死ぬまでは」と歌い上げた。
「バレてんだってそんなのって」と言ってね。

『ルーツ』という映画で、アフリカに奴隷用の黒人を捕らえに来た白人は、自分達は単にビジネスをしているのであり、悪いことをしているのではないから、船にはちゃんと神父も乗せていた。善良なるキリスト教徒は日曜ごとにミサに出る必要があるからね。
捕らえた黒人の若い娘は、早速その場で手を出した。
そして、神父のところにも娘を連れていき、「神父様も、枕代わりにどうぞ」と言う。
神父は「おお神よ、なんと罪深い」と口では言うが、誘惑に負けて娘を受け取る。
「バレてんだってそんなのって」である。

自由奔放にしていい訳でもない。
この世には、上には上がいる。
大統領になったところで、対抗してくる敵はいる。
そして、最強の敵である運命には勝てない(まあ、本当は敵ではないが)。
偉大なる存在「サムシング・グレート」に祈れなんて「ご立派な」ことを言う者がいる。
いや、単に運命には逆らえないってことだけなのにね。
そんな偉そうなことを言う者ほど、利己的で我のかたまりである。経験者は語るだ(笑)。
ギリシャのアポロン神殿に書かれているように「身の程を知れ」ば良いだけである。
しかし、おそらく、神は慈悲深い。
我々に必要なことは、
「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
だけである。
お釈迦様も、「女好きで良いが、奥さんや娘さんを拉致してはならん」と言ったのであるし、それを守れば、仏様もアンタを守ってくれると教えたのだと思う。
涅槃経で説かれていることは、そういうことだ。
そうじゃないと言われても、それ以上は私には無理である。
まさか、法然、親鸞、一休に優るはずがないからね。

土曜まで仕事なので、「マジカルミライ2018」のブルーレイは日曜到着で注文した。
WOWOWで雪ミクさんも観たし、フランスでの「HATSUNE MIKU EXPO2018 EUROPE」も観れたし、良い年だった・・・リッピング複製なんてしてないよ、本当だよ(笑)。
レコーダーの録画をブルーレイにコピーしたら、レコーダーのHDDから消えちゃう、つまり、コピーでなく移動だからって、違法なことなんてしたくないから、せめて10回コピー出来るようにしてくれたらねえ・・・
結局、デジタルはコピーされる。それは止められないのだよ。早く諦めなさいって・・・時代遅れで滅ぶ前に。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

鷹揚なことと、のほほんとすることとは全く違う

昨日、「成功するために一番大切なことは、こだわりがなく、ゆったりとしていること」と書き、それは間違いのないことだと思うが、そう言うと、「のほほんとする」馬鹿が必ずいるのである。
「人混みの中でも、こだわらずにマイペースでスマホをいじって、全く気にせず、ゆったりしている」
「ニートだが、親が食べさせてくれるので、あせらずのんびり毎日ゲーム三昧」
「何のスキルもないが、とりあえず勤め先があるので、毎日、ゆったりデスクを温めて過ごしている」
といった連中は、いくらでもいそうだ。
しかし、こういった類の人間が成功するはずがない。

こだわらず鷹揚であるのと、のほほんとして怠惰なことは全く違う。
そのことを、どう言えば良いのだろう。
ゲーテの『ファウスト』で神様が言ったように、人間とは怠けたがるものなのであるから、そこらははっきりさせねばならない。
それなら、やはり、私がよく取り上げるスーフィー(イスラム教神秘主義)の格言らしいが、
「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
ということになるのだと思う。
神様を信用し、普段はなりゆきにまかせて大きく構えていれば良いが、ラクダをつなぐ程度のことまで神様にやらせようとしてはならない。
ただ毎日、会社に来て、なんとかその日をやり過ごしていれば給料が出るのだから、あせらずのんびりしていたら、あっという間に歳を取って、何も出来ないおじさん、おばさんになってしまう。
へとへとになってしまうほどのことではないが、決して怠ってはならないことがあるはずなのである。

親鸞は、「薬があるからといって毒を好むな」と言った。
念仏は、悪人を救うためのものであるというから、わざと悪い事をして極楽往生しようと思う馬鹿が本当にいると聴いて親鸞が言ったのがこれである。
確かに、親鸞は、どんな悪も、「念仏を唱える者を救う」という阿弥陀如来の誓願を妨げることはないし、善いことをしようなどと思う必要はない・・・なぜなら、念仏以上の善はないのだからと言ったが、だからといって、わざわざ悪いことをすることを「薬があるから毒を飲んでも構わない」というようなものだと言ったのである。

好きな人がいるなら、神様にまかせておけば、相手が本当に素晴らしい人なら、ちゃんと結び付けてくれる。
しかし、ある程度の身だしなみを整え、礼儀正しくする程度のことはした方が良いのである。
神様がとりなしてくれるから、あるいは、カップルになれる薬があるからといって、だらしない格好をしたり、自分を磨くことを全く怠っては、それ自体が駄目というのではないかもしれないが、それでは、神を敬う心がなく、世界や人生を軽んじることになるのだから、自分も敬われたり、丁重に扱われるすることはない。
つまり、怠惰な者は、自分で自分を軽んじ、粗雑に扱っているのである。
本質では、自分が神であることを忘れず、多少は煩悩にまみれてしまうとしても、一線は守らねばならないのである。
「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
「薬があるからといって毒を好むな」
真の大物は、それを忘れないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

運命を受け入れるとうまくいく理由

「一切をなりゆきにまかせ、作為を捨てれば、充実した一生を送ることが出来る」と言った荘子だが、では、荘子の著作『荘子』に登場する、一切をなりゆきにまかせて作為をしなかった人達は、どうなっただろうか?
そのうちの1人は、身体がひんまがるような重病になり、苦しみ抜いて死んだ。
だが、彼は、安らかに大往生したとある。
1人は、貧乏のどん底で食べるものもなく飢える。それでも、納得はしていたが・・・
駄目じゃん(笑)。
ただし、荘子が生きた、今から2400年程前の中国は、庶民は権力者に蹂躙され、何の希望もない時代だったことを忘れてはならない。
法然や親鸞の時代も似たようなもので、彼らは、庶民の最後の希望である、「念仏を唱えれば、死んだら極楽浄土に行ける」ことだけを説いたのと同じだ。
しかし、親鸞は、念仏を唱えれば、現世でも幸福になれることを説くようになった(現世利益和讃)。
親鸞は、念仏を唱える以外に、良いことをしようと思ってはならず、また、悪いことをしてしまっても後悔する必要はないと教えた。
まさに、なりゆきにまかせるということだが、そこには、阿弥陀如来への絶対的信頼がある。

実は、イエスも、荘子や親鸞と同じことを説いている。
「神の許しがなければ、どんなことも起こらない。そして、神はあなたを愛しているのだし、あなたが欲しいものなんか、言われなくてもちゃんと解っている。安心しなさい」

言い切ってしまうと、この世は、超高度なコンピューターが作り、動かす仮想世界、シミュレーテッド・リアリティーだ。
だから、基本的運命は完全に決まってる。
しかし、私のようなプログラマーの考えでは、これほど高度なプログラムを作るなら、精妙な柔軟性を持たせないはずがない。
原始的な今日のプログラムさえ、起こる事象が影響を与え合い複雑微妙に連鎖する世界を構築出来るようになってきてるのだから。
世界に身をまかせ、逆らわなければ、適切に対応出来るよう、我々は作られている。
そして、世界に直接働きかけるのではなく、自分自身に作用を与えることによって、世界は動くように出来ている。
毎日、腕振り運動を千回やれば、それに応じて世界の方から動くようにね。
ここらへんも、プログラミングから推測出来るのである。

だが、ある人が、ラマナ・マハルシに「私は世界に身をまかせているが、良いことがない」と言うと、マハルシは、「あなたにはまだ作為がある。本当に身をまかせていない」と答えた。
なりゆきにまかせるとは、決して、怠惰になることでも、厭世(えんせい)的になることでもない。
思いっきり音楽活動をするのが運命ならそれをするし、『バガヴァッド・ギーター』のアルジュナのように、戦争をする運命なら、勇敢に戦う。
あるいは、反戦運動をするのが運命なら、やはりそうするしかないのだ。
ジョージ・ワシントンは、運命に身をゆだねるまでは散々な人生だったが、運命を受け入れ、逆らうことを止めた時に、偉大な人生への道を歩み始めた。
『バガヴァッド・ギーター』は、このシミュレーテッド・リアリティである世界を生きるためのマニュアルなのである。
『荘子』や『歎異抄』は良い参考書のようなものである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ