ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

親鸞

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

現代の念仏

法然や親鸞は、凡人に出来る修行は念仏だけであると認識した。
そして、この世に凡人でない人間など、1人もいない。
親鸞は「優れた御方は、どうぞ難しい方法で」と言いはしたが、その真意は「自分は優れていると自惚れている人間は救えない」である。
法然は、元々、いかなる優れた人間も、そして、神童と言われ、勢至菩薩の生まれ変わりと言われる名声ある自分も含め、念仏以外は出来ないと言い、自ら、もっぱら念仏に励んだ。
一休も良寛も、それに同意し、宗派が違うにも関わらず、最後は念仏を選んだ。

日蓮は、念仏を馬鹿にし、法然を非難したが、結局は自分も、「南無妙法蓮華経」という、念仏となんら変わらない唱え言葉を作った。
彼も、人間に出来る、そして、必要なものは、唱え続ける簡単な言葉であると理解したのだろうと私は思う。

そして、これは今も同じである。
もし、「南無阿弥陀仏」や「南無妙法蓮華経」という言葉に本当に愛着が持てるなら、これらを・・・ただし、いずれかを選んで、常に唱えれば良い。
どちらが優れているということはない。
全く同じである。
そして、今の時代の人間は、これらの念仏に抵抗を感じる場合が多いはずである。
今の時代の念仏は、
「全てうまくいく」
「絶対大丈夫」
である。
この2つにも、違いはない。
好みでいずれか、あるいは別の自分の好きな言葉を選んでも良い。
とにかく1つの肯定的な言葉を、常に唱えるのである。

ところで、法然は、念仏を声に出して唱えよと言った。
一方、『ヒマラヤ聖者の生活探求』を書いたベアード.T.スポールディングは、「神」という言葉を最上としたが、有声、無声で効果に違いはないと言った。
インドの聖者ラマナ・マハルシは、一応は呪文にしてはならないと言ったようだが、最強の言葉「私は誰か?」は心で唱えるよう教えている。
どちらが良いかというと、基本的には「好きなように」だが、心で唱えるのが良い。でないと続かない。

「全てうまくいく」「絶対大丈夫」のいずれかを念仏として、常に唱えることで、幸福は約束される。
他に適当な方法はない。
そして、これらも、「南無阿弥陀仏」や「南無妙法蓮華経」と同じなのであるから、念仏の入門書である、法然の『選択本願念仏集』や唯円が親鸞の教えを短くまとめた『歎異抄』が参考になる。
もちろん、現代は、法然がいた時のように、労働以外何もやることがなかった時代とは違うのだから、法然が言うように「まずは1日1万回」など現実的でないが、とにかく、思い出した時はいつでも唱えることだ。
特に、不安に陥った時や、心に嫌な思いが湧きあがってきたような時には、忘れずに唱えなければならない。
法然は、念仏の優れた効果の根拠については、仏典(浄土三部経)を拠り所としているが、正直、仏典は難しい解釈を必要とするし、しかも、百人が解説すれば、百通りの解説になる。早い話が、「これが正しい解釈」というものはなく、各自で好きなように読めば良い。
対して、「全てうまくいく」「絶対大丈夫」を唱えることの効果は、おそらくだが、脳科学や心理学、精神分析学、神経科学から説明出来ると思う。
今のこれらの科学で説明出来るし、未来の科学では、もっと説明出来るだろう。

『ヨハネ福音書』の初めに、「言葉は神である」と書かれている。
もちろん、これがどんな意味かは「誰にも分からない」。
神も仏も同じである。
だから、クリシュナとかアミターバ(阿弥陀仏)という神仏の名を唱えるのは良いことであるが、言葉が神なのであり、「全てうまくいく」「絶対大丈夫」という言葉も神である。これらの言葉を唱えれば、必ずや神の恵みがあり、現代人には抵抗がない。
そして、教わるまでもなく、うまくいく人間は、頭の中で「大丈夫」「オールライト」と常につぶやく習慣を持っているのである。
「7つの習慣」や「13の習慣」として知られているものは、誰にも満足に出来ない。
しかし、言葉を使うことは誰でも絶対に出来るのである。
独断であるが、7つとか13とか、あるいは、30の習慣を薦めている成功者も、本当は、常に1つの言葉を頭の中でつぶやいているだけなのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

念仏の15の効能

法然、親鸞は、「こんなことをしてはならない」「こんなことをせよ」などとは一切言わず、ただ、念仏を唱えさえすれば良いと説いた。
それで万事OKであると。
親鸞は、念仏の効果を、具体的に、こう説いた。
01.健康と長生き
02.災難の消滅
03.過去世や今生で犯した罪が許される
04.悪因縁は消えて良いことしか起こらない
05.最高神が守ってくれる
06.仏教の守護神が守ってくれる
07.天の神、地の神が守ってくれる
08.力ある精霊(龍等)が守ってくれる
09.閻魔大王の命令で、その配下の存在が守ってくれる
10.大魔王が守ってくれる
11.善い神が守ってくれる
12.悪い神(鬼神)は恐れて近寄らない
13.観世音菩薩、勢至菩薩が夜も昼も常に守ってくれる
14.阿弥陀仏の無数の分身が守ってくれる
15.無数の仏が百重千重に囲んで喜んで守ってくれる

偉い宗教家は、「言葉通りに受け取ってはならんぞよ」などと言うが、親鸞は言葉にひねりを持たせるような「ひねた」人ではなかった。
だから、言葉通りに取れば良いのである。

だが、これは仕方がないことかもしれないが、今の時代では、念仏を素直に受け取れない人も多いだろうし、素直に受け取れないことが悪いことではない。
しかし、言葉というものは、どんな言葉であろうが、力があるのである。
それを「言霊」と呼ぶかどうかは自由である。
良い言葉は良い影響を、悪い言葉は悪い影響を及ぼす。ただ、それだけのことだ。
ただ1つの、好きな言葉を選び、それを念仏同様、常に想ったり唱えたりすれば、それに応じた成果が得られる。
それがなぜ大事かと言うと、人間には、世界も心も支配することは出来ないからだ。
そうだ、自分の心すら全然自由にならない。
心を自由に支配出来るなら、イエスが言うように、山を動かすことも出来る。
だが、心はあなたに従ってくれないことは、よくご存知と思う。
けれども、言葉は支配出来る。それさえやれば全てを得られるのに、ほとんど誰もやらない。
世界を支配した者は、単に言葉を支配したのである。
そして、法然や親鸞は、その一番簡単なやり方を教えたが、彼ら自身も、その一番簡単なやり方しか出来ないと言ったのである。

だが、我々は科学を学び、理屈で考えることに慣れてしまった。
だから、特定の神や仏に力があると考えることに抵抗がある。
しかし、宇宙の隅々に、あるいは、心の奥に、不思議な強大な力があることは直観で分かるはずである。
それを発動させる言葉をたった1つ選べば良い。
ただ、そう言うと、言葉を選ぶことを難しいと思ってしまう。
学校で「正解は1つ」と教えられたからだ。先生が決めた答以外は不正解と教えられてきた。
だが、実際は、先生の答が間違いである場合が何と多いことか。
特別な言葉は、とりあえずで決めれば良く、どれにも、さほどの差はない。
やがて、もっと気に入る言葉が見つかれば、それに変えて良いのである。
「神の他に何もない」
「神にできないことは何1つない」
「私を強くして下さる方によって、私はどんなことでも出来る」
「私は山に向かって目を上げる。私の助けはどこから来るであろう」
「予想しないことが起こり、道は開ける」
「神は道なきところに道を作る」
「奇跡は起こる」
「私と神は1つである」
「神が私のパートナーである」
「世界はただ私のためにある」
「命、愛、調和」
「成功、富、歓喜」
「私は健康だ。私は幸せだ。私は素晴らしい」
いずれも選りすぐりの光線銃だが、御代はいらない。
ただ、2つ選ぶと、大抵は続かない。
光線銃という鉄の斧1つを使えば、金の斧、銀の斧などなくても全てを得られるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

皆がサイコパスの世の中で

一種のサイコパス(脳機能の欠陥により良心を持たない人間)テストである。自分がサイコパスか試せる。
相手が、友達でも、兄弟姉妹でも、親でも、あるいは、娘・息子でも良いが、辛辣で明らかに深く傷付ける言葉を言ってしまい、その相手が自殺するかもしれないと思って、ひどく悔やんだとする。
ところが、普通の人とサイコパスでは、悔やむ理由が全く違う。
普通の人なら、罪の意識に苦しんで悔やむ。
しかし、サイコパスは、相手が自殺したり、それが元で死んだり、病気になったら、葬式に行ったり、面倒に巻き込まれるのが面倒だから、あるいは、後で仕返しされるのが恐いから悔やむ。

新約聖書の福音書で、イエスは、「『私は戒律を守っている。収入の1割を献金している』と言う者ではなく、『主よ、罪人である私を憐れんで下さい』と祈る者が救われる」と言った。
普通の人はそれを聴くと、自分の罪深さを自覚し、イエスに教わった通りに祈る。
しかし、サイコパスは、「そう祈れば苦しい目に遭わないなら自分もそう祈る」とか、「そう祈りさえすれば、戒律を破ったり、献金をしなくて良い」と思う。

ジャーナリストのジョン・ロンスンは、TED講演「サイコパステストへの奇妙なこたえ」の最後に、「みんなどこかサイコパスなんだ」と言ったと思うが、本当にその通りかもしれない。
サイコパスは、脳の共感能力が欠損しているか、弱い。
その欠損具合、あるいは、弱さが、サイコパス度を決めるとしたら、今は、サイコパス度の高い人間が増えている。
つまり、悪いことをしているのに、本人には悪意がないのである。
こういう輩は、本当に始末に追えない。

『みなしごハッチ』という、『みつばちマーヤ』を元にしたようなアニメで、ハッチは、蜘蛛の母親とその息子を命懸けで救う。
蜘蛛の息子の少年とも仲良くなったように思えた。
ところが最後、蜘蛛の息子が、「母さん、こいつ食べようよ」と言ってハッチに襲い掛かろうとしてハッチを驚かせる。
ハッチが「どうしてそんなことをするんだ?」と尋ねると、蜘蛛の息子は「お腹が空いたからだ」と当たり前のように言う。
蜘蛛の母親は、「これが私達の浅ましい本性なんです」とハッチに済まなそうに言う。
この蜘蛛の息子は、「主よ、浅ましい私を憐れんで下さ」とは祈らないだろう。
いや、「主よ、浅ましい私を哀れみ、(ハッチのような)美味しい獲物をいつも下さい」となら祈るかもしれない。

普通の男が痴漢をしないのは、主には道徳心のためだが、サイコパスの場合は、「捕まったら大変だから」である。
つまり、頭が悪くて、捕まらないと思い込んでいるから本当に痴漢をする。
いくら好みの女性がいても、まともな思考力を持った人間なら、たとえサイコパスでも痴漢はしない。
痴漢をするのは、頭の悪いサイコパスである。
女生徒に手を出す教師というのも、サイコパスで、オツムの方はあまり良くない。
いくら計画的にやったからといって、どこかで拙いことになる可能性があるくらいのことは、ちょっと思考力があれば分かるはずだが、受験勉強だけやった者は思考力がほとんどない。
しかし、いずれにしても、そいつはサイコパスだ。

親鸞の教えによれば、どんな人も念仏を唱えれば救われる。
なぜなら、念仏の力を妨げるほどの悪は無いからだ。
しかし、さすがの親鸞も、ここまで人間のサイコパス度が上がるとは予想していなかったのだろう。
ところが、サイコパスが念仏を唱えたという話はある。
殺し、盗み、姦淫など、やりたい放題で、罪の意識はゼロであった。
だが、何日も念仏を唱えまくって絶命する。
それが本当なら、サイコパスにだって、心の奥に、何か良いものがあるのかもしれない。
現代人はみんな、どこかサイコパスである。
しかし、きっと、心のどこかに、神や仏はいるのだろう。
では、どうすれば良いかというと、「言葉」しかないのである。
人間には、心も運命もコントロール出来ない。
しかし、言葉だけはコントロール出来る。
ならば、内なる神と通じる言葉を、嘘でもいいから唱えることだ。
たった1つの言葉を、死ぬまで何度でも。
何もなければ「神」とだけ言っても良いし、「神は偉大なり」といったような「神」が付く肯定的な言葉を言えば良い。
それで、自分と世界は救われるだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ライブ前はおにぎりよりケーキ

人間として理想的なことは「謙虚であって卑屈でない」ことだと思う。
もちろん、最も愚かな人間は「傲慢で卑屈」なのだが、これを抜け出すのが難しい。

進歩の段階としては、
「傲慢で卑屈」→「傲慢で卑屈でない」→「謙虚で卑屈でない」
であると思う。

イエスがこんなことを言ったらしい。
「私は戒律を守り、収入の1割を献金し、週2度断食している」と言って胸を張る者は天国に相応しくない。
しかし、「主よ、罪人である私を憐れんで下さい」と言う者は天国に相応しい。
これは、親鸞の「善人でさえ極楽浄土に行けるのだから、悪人が行けないはずがない」と言うのと同じだと思う。
親鸞は、「自分は修行などロクに出来ない駄目駄目なやつ」と言っているのだが、これを普通の人が真似ると、卑屈に陥ってしまい、怠惰になってしまう。
ここらは本当に難しい。

「傲慢で卑屈」から「傲慢で卑屈でない」に進むには、何らかの実力が必要で、そのためには、修行し、実戦で磨かないといけない。
『バガヴァッド・ギーター』のアルジュナが歴戦の勇者であるようにだ。
サッカーの本田圭佑さんなんて、少々傲慢に見えるが、卑屈ではない。若い間の1つの理想的な姿に見えるのは、やはり実力があるからだろう。

「私は駄目なんです」と、一見謙虚そうにしている者が醜悪に見えることがよくある。そんな者は、弱い立場の者に対して物凄く傲慢である。
そんな者は、実力がなく、人に優るものが何も無いので自信がないのだ。
つまり、謙虚ぶったって、実力がないと駄目なのだ。
だが、ほんの少し力がついたところで傲慢になるのだから人間はややこしいが、それは実力というほどのものではない。
なぜなら、本当の実力らしきものがついてくると、自分の力量の小ささがやっと分かり、少し謙虚になって向上心を持つからだ。

で、どうすればいいかというと、これはもう分からんのだ(笑)。
お手上げである。
しかし、3つの方法が浮かぶ。
(1)ひたすら念仏を唱える。これは、『バガヴァッド・ギーター』を読む、『聖書』を読む、肛門を締めるでも何でも良い。なにか1つ行をやりなさいって意味だ。ただ、『歎異抄』を読んでの念仏の威力は大きい。
(2)Excel VBAを磨きに磨く。別に、PHPでもPythonでもCでもAccess VBAでも、早い話が何でも良いが、Excel VBAは取り組み易く即座に役に立つ。プログラミングでなくても良い。まあ、若い人はJavaScriptかPythonをやれば良いと思う。
(3)沈黙する。まあ、必要なことだけは喋れば良いが。

ところで、私はなぜか、「マジカルミライ2018」グッズの事前通販を逃してしまった。
例年より時期が早かったので、なぜか、次の通販があると思い込み、分かっていながらスルーしてしまった。
アホである。嘆いている(笑)。
もう6月も終わりだということが実感出来ていないのかもしれない。暑くないせいだと思う。
既に在庫切れのペンライトは、昨年のと全く同じだと思うので、フィルムだけ買ったので、フィルムを入れ替えて昨年ので使えると思う。
同じく在庫切れのマフラータオルだが、実は私は、あれはコンサートに向かないと思うのだ。首にかけていると、時々落ちてしまう。
「マジカルミライ2016」と「マジカルミライ2017」のマフラータオルがそれぞれ1つ、未開封で残っているので、一応、汗拭きのために持っていくか。
でも、私は、マジカルミライで、動きは激しい方だと思うが、あまり汗をかいた覚えがない。水もほとんど飲まない。
私はコンサートの前は食事はせず、ケーキなど、甘いものを食べてく。すると、それが良いエネルギーになる。
オペラ歌手の秋川雅史さんは、コンサート前にシュークリームを1つ食べるという話を以前されていたが、うなずけるのだ。浅田真央さんは試合前、おにぎりを2つ食べていたらしいが、これは胃にもたれるように思うので、秋川さんのように、シュークリームの方が良いと思う。
まあ、炭水化物である点は同じだが、より高カロリーで甘いケーキ類の方が、お腹の調子が悪くならずに良いと思う。
初代タイガーマスクさんは、甘いものが大好きで、「試合のエネルギーに炭水化物が必要」と言いつつ、ちょっと食べ過ぎていたようだ(笑)。まあ、強いから良いのだが。
私は、昨年のマジカルミライでは、1回のコンサートごとに生クリームケーキを2つ食べていった。
今年も、シュークリームかチョコパイかは分からないが、そんな感じでいこうと思う。
ところで、マジカルミライのハッピだが、私は興味がなかったのだが、前の席の人が着ていたハッピのミクさんの絵があまりに可愛くて見とれてしまっていた。
私は177cmだが、シャツはMサイズを着るので、フリーサイズのハッピでも着られるとは思う。後ろの席の人を喜ばせようかな・・・








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

エビデンス(証拠)に基く念仏

アメリカやイギリスでは、医療、教育、政治は、エビデンス(証拠)に基いて行わないといけないようになっているらしい。
どういうことかというと、

◆医療
医者が、経験や勘を頼りに勝手な治療をしてはならない。つまり、医者の独断は許されず、他の医者から見て正しくない治療をすれば罰せられる。
◆教育
日本では、どんな馬鹿な授業をする教師がいても、それに意見を言ったり、そのやり方を止めさせることは難しい。学校や教師の裁量が認められているからである。
しかし、アメリカでは、学校や教師が勝手なやり方で勉強を教えることは、子供の権利の侵害であり、許されない。
アメリカには落ちこぼれを出してはならないという法律もあり、子供が落ちこぼれると罪に問われる。
一方、極端に言えばだが、日本の学校は成果が求められないので、学校や教師の勝手が出来る部分が大きく、子供達に権利はない。
◆政治
税金を投入する政策を行うには、費用対効果を納税者にきちんと説明出来なくてはならない。
このあたり、国民は政治家がなぜそんな政策を行うのかは分からないのが当たり前みたいな日本とは全然違う。

といったものである。
どう言っても、医療、教育、政治は、アメリカやイギリスは日本の大先輩であり、進んでるが、日本は、昔の欧米の弊害を全部残しているのだろう。
ひょっとしたら、欧米では、日本の医療、教育、政治を反面教師にしたのではないかと思えるほどだ。

ただ、そんなアメリカでも、さずがに、「エビデンスに基いた宗教」はないだろう。
イエス・キリストが起こした奇跡には、いかなる証拠も必要としない。

そこで、私は、念仏について考えた。
法然や親鸞が言う念仏の効果は、簡単に言えば次の3つと言えると思う。
(1)死んだら極楽浄土に行ける。
(2)仏、菩薩、その他の高次の存在に守られる。
(3)罪が許される。よって、罪の報い、即ち、罰もなくなる。

では、これらにエビデンス(証拠)はあるのかというと、ある。法然、親鸞らは、決して「ただ信じろ」とは言わなかった。
ただ、彼らが言うエビデンスとは、仏典(その中の浄土三部経)であり、さらに、高僧による仏典の解釈である。
つまり、仏典に書いてあることは絶対に正しく、それを正しく解釈したはずの過去の高僧達の言うことは確実である・・・ということである。
これだけ言われたら、現代人には納得が出来ないだろう。
ただし、仏典は比喩で書かれた部分が多いのだが、あらゆる仏典に精通し、その解釈も深く研究した法然には解っていたことがあり、法然に学んだ親鸞は、学問では法然ほどでないにしても、彼の優れた感覚で掴み得たことがあることは、彼らの著作などから、その一端を垣間見ることも出来るだろう。
現代的な意味でのエビデンス(証拠)はないが、彼らの生き方や存在、そして、影響自体がエビデンスである。
そして、一休が、「仏は我々の内にあり、極楽浄土は今ここにある」と言うことで、エビデンスに近付いたと言えるのだと思う。

かつて、愛や友情や心といったものに科学的エビデンスはないと言われたが、現代科学は、それらに完全にエビデンスを与え、それは決して、悪いものでも、虚しいものでもない。
むしろ、昔の自分勝手な解釈の愛や友情より、ずっと良いところも多い。
とはいえ、まだまだ、科学で解き明かせないものも沢山あるはずである。
高次の感覚である直観は科学を超えるが、そのためには無我でなくてはならない。
無我の直感的な知恵が科学を超えることも科学は解明しつつあるのだと思う。

私は、念仏を疑って信じなくなったことで、念仏の効果を得られるようになった。
ここらは宗教では説かなかったことであるが、研究すればエビデンスを得られるかもしれない。
「念仏なんか全然信じていないよ」と言いつつ念仏を称える。
ここに念仏の秘密の鍵があるのだと思う。
かつて、ある妙好人(学問によらない念仏の行者)が、「念仏はお金と同じで、信じてなくてもちゃんと効果がある」と言ったが、その通りであると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ