日本航空の社長や日本銀行(にっぽんぎんこう)の副総裁を務めた柳田誠二郎氏(1893-1993)は、学生の時に、「岡田式静坐法」で知られた岡田虎二郎(1873-1920)の弟子になり、生涯、岡田式静坐法を続け、また、岡田虎二郎に関する書籍を何冊か書いている。
そのどれかの本だったが、岡田虎二郎にある男性が、自分は金に困っていると言ったところ、岡田は確か、「金?腹に力がつけば、金はいくらでも出来ますよ」と応えたようである。
「腹に力がつく」とは、何とも分かり難いのであるが、岡田式静坐法では、腹に力を込めて静坐するのであるが、岡田は、静坐とは、実際に座っている間だけでなく、1日中やるものであり、常に腹に力を入れていなければならないと教えたらしい。
これは、なかなか難しい。
中村天風は、1日中、肛門を引き締めよと教えたことが、中村天風の講演録にも書かれているが、これと似たものと思う。
しかし、こう断言して良いだろう。
そんなの、両方、不可能だ。
ある有名な気功家は、1日トータルで1時間、肛門を引き締めよと本に書いているが、これすら非常に難しい。
私もやってみたが、1日10分でも続かないと思う。
だが、中村天風は、それをやらないといけないと譲らない。

中村天風の高弟の1人で、神道の神官でもあった佐々木の将人(まさんど)氏は、そこまで無茶は言わなかったようだ。
彼は、武道において、人差し指が「師匠預けの指」として、使ってはならないこと、即ち、人差し指を開き、小指に力を入れることを教えたが、そうすると、肛門は自然に引き締まる。
だが、それとて、木刀を持っているような間のことで、普通の人は木刀を持つ機会はないし、カラオケでマイクを握る時は、小指を立てることすらあるくらいである。
一方、中村天風の別の高弟であった、藤平光一氏は、中村天風の教えを否定し(中村天風自身が、自分の教えは忘れろ、これからは藤平に聞けと言ったと、藤平氏の著書に書かれている)、藤平氏は、『氣の威力』などで、腹に力を入れてはいけないとも書いている。
もう、こうなると、我々は弄ばれているようで、何が何やら分からない(笑)。
私も、散々、困惑させられたが、ニサルガダッタ・マハラジによれば、そういった、困惑させる人は必要だし、困惑させられることも必要なのらしい。

だが私は、腹に力を入れるとか、肛門を引き締めるということの真意を理解するに至った。
無論、私なりの解釈であるが、それは、「気分を良くする」である。
気分が良い時、霊的な腹に力があり、肛門に位置する霊的機関のエネルギーは高まる。
そこで、最初の、岡田虎二党の教えを正しく言い直すと、こうなる。
「金?気分が良ければ、金はいくらでも出来ますよ」
偶然というよりは必然であろうが、ロンダ・バーンの『ザ・シークレット』の神髄が、まさにこれである。
気分が良いとは、愉悦にあること、喜びに満ちていることである。
しかし、勘違いされることが多いが、それは、ハイであるといった、騒がしい状態ではない。
どちらかというと、非常に静かな状態、あるいは、徹底的に静かな状態なのだと思う。

「嘘も千回言えば真実になる」と言ったらしい人の言うことだから、どこまで信用して良いか分からないが、世界的な空手家であった、大山倍達氏の話が参考になる。
実際、以下は多分、作り話だとは思うが、似た体験はあったと思われるリアルさは感じるのだ。
大山氏が、真剣を持った剣の達人と素手で決闘した時のことだ。
大山氏は、死を完全に覚悟し、手足の1本でも残っていれば、相打ちに持ち込もうとだけ思い、突進していった後の記憶がないと言うが、気がついたら、剣の達人は伸びていて、自分は無傷だったという。
似たこんな話がある。
ボクシング世界タイトルの防衛回数で日本記録を持つ具志堅用高氏は、グスマンという世界チャンピオンを倒して世界チャンピオンになったのだが、グスマンのスパーリングを初めて見た時、そのあまりの強さに恐ろしくなり、緊張のあまり、試合の時、ゴングが鳴った後のことは覚えていないが、気がついたらグスマンは伸びていたという。まあ、これも、当時のマスコミが作っただけの話かもしれないが。
恐怖を持ったまま、心が揺れているままでは負けるが、それを飛び越えて無になった時に、無限の力を発揮するということと思う。

そして、気分が良いというのも、心がとても静かな状態なのだ。
だが、それを、今まで言われていたような、難行苦行の末に得るものと思ってはならない。
普通に気分が良ければ、心は静かになるのだ。
好きな音楽を聴いたり、美味しいものを食べた時に、ごく自然に得られる状態なのである。
ただ、音楽を聴いて馬鹿騒ぎをしたり、刺激的な食物を「がっつく」ような状態とは程遠い。
とはいえ、実に簡単なことである。
>