ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

藤平光一

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

神領域のアファーメーション

アファーメーション(肯定的断言)を選ぶための1つのヒントを述べよう。

O(オー)リングテストというものをご存じの人も多いと思う。
例えば、右手の親指と人差し指(中指を使う人もいる)で輪(これがOリングのこと)を作り、左手に身体に良い食品を持つと、誰かが、その指のOリングを外そうとしてもなかなか外れないが、左手に身体に悪い食品を持つと、Oリングが簡単にほどけるというものだ。
いろんなテストのやり方があり、Oリングではなく、片腕を前に伸ばし、その腕を、別の人が押し下げる時の抵抗力でテストを行うというものもある。

Oリングテストでは、被験者(指のOリングを作る人)が、Oリングを作った手とは反対の手に持っている物が何か知らなくても、良いものなら、Oリングは固く閉じて開かず、悪いものであれば、Oリングに力がなく簡単に開くそうだ。
例えば、反対の手に聖書を持った場合と、成人漫画を持った場合、あるいは、聖者の写真と猥褻なヌード写真とかで、Oリングの固さが全く違うようである。
あるいは、こんな使い方もある。
新人アイドルの写真とか名前を書いた紙を左手に持ち、右手でOリングテストをすると、Oリングが開かない場合には、その新人アイドルは売れるが、Oリングが弱い場合には、売れずにすぐ引退するといったものだ。

1人Oリングテストというものもあって、パートナーがいなくても出来るようだ。
ところで、合氣道家の藤平光一氏は、Oリングが固く閉じた状態では、「氣」が出ていると言い、氣が出ていれば、何をやってもうまくいく。
例えば、藤平氏は、戦場で氣を出していたら、銃弾が飛び交う中でも弾は当たらないので、悠然と歩いたそうだ。
あるいは、アメリカでデモンストレーションでやったことらしいが、氣を出していれば、小指1本で、大の男数人と押し合いをしても勝ったと言う。
では、どうやれば氣が出るのだろうか?
それは、上記でもあったように、聖書のような貴い本を持っていたり、聖人の写真を持つことが考えられる。
しかし、良いアファーメーションをすれば、自ずと氣が出て、健康になり、運が良くなり、何事もうまくいく。

ところで、藤平氏は、「真実の言葉を言えば氣が出る」と言い、例えば、「重みは下にある」という、単純な真理でも良いのだそうだ。
では、最大の真理とは何だろう?
インドの聖者、ニサルガダッタ・マハラジが言うには、それは、「私は在る」である。
いかなることでも疑えるが、「私は在る」ことだけは疑うことが出来ない。
逆に言えば、我々が確信出来る唯一のことは「私は在る」だけである。
だから、この言葉が究極の真理なのである。
デカルトは「われ思う、ゆえにわれあり」と言ったが、イギリスの作家コリン・ウィルソンは「思おうが思うまいが私はある」と反駁した。
論旨を考える必要はあるが、ある意味、その通りかもしれない。
私も、「私は在る」と唱えていたら、身体がふわーっと軽く感じたことがある。
きっと、かなり氣が出ていたのだろう。

ならば、自分の好きな単純な真理の言葉をアファーメーションとし、氣を出すという手もありだろう。
「生命は大切だ」とか「地球は回っている」とか「私は何でも出来る」とか「ミクさんは可愛いとか」(笑)。
そして、良いと思うなら、先程の究極の真理「私は在る」を唱えれば、万事うまくいくかもしれない。
もう1つ、究極の真理を挙げよう。
それは、『ヒマラヤ聖者の生活探求』5巻で、イギリスのF.L.ロースンなる人物が使った言葉、
「神の他には何もない、只神あるのみ」
だ。
参考までに述べると、原書では、この言葉は、
「There is nothing but God」
であった。
これから言えば、「神の他に何もない」だけでも良いと思う。
もちろん、いつも述べる、「神様の奇跡が起こる」も、氣が出まくる言葉であるに違いない。

尚、Oリングテストのような生体反応テストの究極的なものについては『パワーかフォースか』(デヴィッド・R・ホーキンズ著。ナチュラルスピリット刊)が面白いと思う。








あらゆる災禍から身を護る言葉

昨夜(2021/02/13)11時過ぎに東北地方で非常に大きな地震があり、宮城県、福島県では、震度6を記録した場所もあった。
自然災害や戦争の中で、我々は無力を思い知る。
しかし、必ずしもそうではないのではないか?

大地震で倒壊した家の隣の家で、食器の皿1枚も落ちなかったという話を聞いたことがある。
都市伝説的なものもあろうが、私の知人の知人の家の話・・・といったものも数件あったと思う。
私が交流があった著名な発明家で理学博士であった橋本健氏が薦めておられた宗教書『生命の実相』には、激しい戦場になった村でも、ガラス1枚割れずに無事であった家や、あるいは、戦闘地域を危なげなく通り抜けた人の話があるが、そんな家には『生命の実相』(あるいはその関係書)があったり、その人は、やはりそのような書を携帯していたという話であったと思う。
私は、神に守られているような人の話をよく読んり聞いたりした。
例えば、あくまで伝説であるが、織田信長は、銃弾が飛び交う戦場を「わしに弾は当たらん」と言って悠然と歩いたという話がある。彼の強運を示す話として創作されたものかもしれない。
ところが、合気道家の藤平光一氏の『氣の威力』では、太平洋戦争の時、23歳で隊長を務めた藤平氏は、部下を安心させるために、自分も同じようなことをやって見せたそうである。
藤平氏の場合は、彼から「氣が出ていた」から、そのようであったのだろう。

ジョセフ・マーフィーの『人生は思うように変えられる』には、第二次世界大戦で5年間戦って1人の戦死者も出さなかった指揮官の話があるが、その指揮官は、部下全員に、聖書の詩編91を暗記させ、度々唱えさせたのである。
それと出所が同じ人物である話が、『ヒマラヤ聖者の生活探求』第5巻にある。
F.L.ロースンなる人物(イギリスの技術者)は、第一次世界大戦で百名を率いて参戦したが、やはり1人の負傷者も出さなかった。
また、ロースンは、『ヒマラヤ聖者の生活探求』の著者であるベアード.T.スポールディングが訪ねて行った際、男が岩で生き埋めになったかに見えた事故を前に、ある言葉を唱えると、その被害にあった男は全くの無傷であった。
その言葉は、
「神の他には何もない、只神あるのみ」
である。
原書では、
「There is nothing but God」
であった。
おそらく、上の「只神あるのみ」は、訳者が、読者が分かり易いように付けたもので、「神の他には何もない」のみでも良いと思う。
戦場でも、この言葉の力が、彼や彼の部下を守ったのだと思う。
さっきのジョセフ・マーフィーの本の話は、ロースンの著作からの引用である。
また、マーフィーは別の本で、ある刑事が、「私は神の鎧に守られている」と常に思うことで、何度も、ある時は至近距離から狙撃されたに関わらず、怪我1つしなかったという話がある。

やはり、アファーメーション(肯定的確言)のような言葉が、自然災害、戦争を含む、あらゆる危害から身を護るのであると思う。
最近、このブログで、ずっと、アファーメーションをお薦めしているが、昨夜の地震により、ますます、そうしたいと思ったのである。
地震などの天災、事故、戦争、あるいは、ウイルスの災禍からも、あなたを護ると思うのだ。
これは、科学でもあると私は思う。
私は、「わたしはXXXXである」というアファーメーションと共に、私が好きな言葉である「神様の奇跡が起こる」も唱えるが、神的な保護を求める言葉を持つのも良いと思う。
あるいは、上の万能の言葉「神の他には何もない」を唱えたり、聖書が好きであれば、詩編91を読んだり、唱えるのも良いと思う。








凄い危機管理

大きなもの、小さなものがあるが、誰でも、時々は何らかの危機に遭うこともあると思う。
危機は、後で考えると楽しい場合もあるが、直面した時に楽しめたら、それは、かなりの大物か馬鹿だろう。
いつも通り駅に行ったら、マシンガンを持ったテロリストがいた・・・なんて、今までの日本では笑い話かもしれないが、ないとは言えないし、海外では、先進国でもそんなことが実際に起こっている。
私など、電車が駅に着く時には、駅を注視して、テロリストがいないか確認しているし、駅のホームに居る時は、テロリストが現れたら、どう逃げようか考えている。

暴力的な危機を避ける一番の方法は、危ない場所に行かない、あるいは、危ない状況に巻き込まれないよう事前に手を打つことだ。
本当に喧嘩に強い奴ってのは、喧嘩になりそうになったら、自分しかいなければ(守る人がいないなら)必ず逃げるそうで、クールな顔で悪漢に立ち向かうのは映画等の中だけのことだ。
どれほどの格闘技の達人であっても、戦って勝てるかなんて絶対に分からない。
そもそも、格闘技なんて実戦で必ずしも役に立たない。
イギリスのSAS(特殊空挺部隊)の教官の本で見たが、その教官の友人がナイトクラブの用心棒なのだそうだが、その用心棒によると、自分は格闘技の経験は全くないが、相手が格闘技をやってる場合は楽勝なのだそうだ。そして、格闘技をやっている者は癖があるからすぐ判ると言う。たとえば、戦う前にぽーんと飛び上がるとか(笑)。

だが、避けられない危機もある。
強硬なクレームのお客さんとか、パワハラ上司とか。
あるいは、仕事の納期が迫ってる時にパソコンが壊れるとか。
彼女にいきなり「今までありがとう」って言われるとか(笑・・・いごとじゃないが)。
私も、大袈裟でなく、命の危機に遭ったことが、何度かあった。
あるいは、仕事で外国に行って、スマホもない時代に、どの電車に乗ればいいのか何の手掛かりもなかった(言葉の問題より、駅員すらいない駅だった)とか(思い出すと楽しいが)。
さあ、どうする?

とにかく、ピンチの時は落ち着くことだ。
こんな時は、合気道家の藤平光一氏が本に書かれていた「氣を出す」という知識が非常に有り難い。
氣を出すには、単に、「氣が出ている」と思えば良いそうだが、本当だ。
あるいは、笑うことだろう。これは、体験的にとても効果がある。
とはいえ、私も「氣が出る」ってどういうことか解っていないのだが、人間は何か、神秘的な宇宙エネルギーでも出すことが出来るのだろう。
解らないながら効果はあったので、普段から、氣を出す練習をしておくと良いかもしれない。
あるいは、斎藤一人さんが本に書かれていたように「私は凄い」と毎日百回言うことだ。それだけ言えば、そう遠くなく、本当に凄くなる。
パワハラ上司にもいじめられない。
なぜなら、パワハラ上司がいじめることが出来るのは、「凄くない人」だけで、逆に、「凄い人」はいじめようがない。
クレームのお客さんだって、相手が凄くないから絡んでくるのであって、凄い人には何も言えない。
彼女に「もっと可愛い子見つけてね」と言われるのも、あなたが凄くないならで、凄い男が振られるはずがない。
まあ、他にも、いろいろやり方はあるが、上に挙げたので、とりあえず十分と思う。

そう言えば、私も今日、ちょっとした危機があった。
割と切羽詰った仕事がいっぱいあるのに、メインのノートPCが不意に不調になった。笑える(笑)。
具体的には、ブルースクリーンの無限繰り返しだ。
ブルースクリーンというのは、Windowsパソコンが稼動中、不意に画面が青くなり、「問題が起こったので再起動します」なんてメッセージが出て、何も出来なくなってしまう現象だ。
そして、再起動しても、数秒後には、またブルースクリーン。
いやあ、泣きそうで本当に楽しい(マゾか・・・)。
まあ、Windows10は、2度正常終了させないと、自動で修復画面になるので(意図的にも出来る)、そこでいろいろ試すが、何か1つやる度に長時間待たされることも多く、解決の糸口が見つからないまま数時間はすぐに経つ。
セーフモード(インターネット接続なし)だと異常がないので、ここで、いらないソフトを消そうと(アンインストールしようと)思ったが、なぜか消せないソフトがある。疑わしいものほどそうだ(笑)。
ソースネクストのOffice互換ソフトなんて、使ってないし、一番に消したいのだが、これも消せない。
また、こんな時は、セキュリティソフトのアンインストールも実行すべき定番だが、私が使っているESETインターネットセキュリティも消せない。
なんで、特別なツール使わないとアンインストール出来ないのかと思うが、とにかく消せない。
そしてまあ、最終的に、このESETが原因だった。
Windows起動時に、ESETが更新を行おうとすると、Windowsシステムに悪影響があって、ブルースクリーンになる。迷惑な話だ。
ライセンスは何年か有効なはずだが、もう使うのはやめようとか考える。
まあ、私も、昨日から「俺は噂に聞こえた凄い奴」「嵐呼ぶよな凄い奴」「雷裂くよな凄い奴」と唱えているから、いざとなったら、納期の方が消えてくれるだろう(笑)。
確定申告?税務署も凄い人には逆らわないものだ(※嘘です)。
少なくとも、凄い人は慌てない。
慌てなければ、なんとかなる。
だから、あなたも、「私は凄い」といった、自己暗示、呪文、アファーメーションを忘れないように。








人間の可能性は想像をはるかに超える

私が、全12話のアニメを軽く10回以上見た(今も見ている)『まちカドまぞく』の中で、優子とミカン(共に高1女子)と、優子のご先祖様のリリスが3人で映画を見ているシーンがある。
映画の中で、ヒーロー達2人は、銃弾が飛び交う中、突っ走る。
それを見て、優子はご先祖様のリリスに尋ねる。
「どうして、あのヒーローは弾が当たらないんですか?ずるい」
すると、リリスが言う。
「あきらめろシャミ子(優子のこと)、世界はそういう風にできているのだ」
(セリフは原作漫画から引用)
作品を読んでいると、著者の伊藤いづも氏はただ者とは思えない。沢山の深い知恵をさりげなくジョークにしてしまっているが、ジョークに出来るということは、かなり身についているのだろう。

テレビ時代劇だったと思うが、織田信長が、やはり銃弾飛び交う戦場を悠然と歩き、「わしには弾は当たらん」と言い放っていた。
信長には、自分は強運の持ち主であるという信念があったことを表現したのだろう。
マックス・ギュンターの『運とつきあう』で強調されているが、正直な成功者は、自分の成功が努力によるものではなく、「たまたま成功した」、つまり、運が良かっただけであることを認めているものだ。
ところで、合気道家の藤平光一氏は、第二次世界大戦で、23歳で隊長として部隊を率いた時、彼も砲弾飛び交う中を悠然と歩き、大物振りを見せて部下達を安心させたというが、氣が出ていれば弾は当たらないという説明ではなかったかと思う。
逆に、ドイツ人医師で「心身医学の父」と言われるゲオルグ・グロデックの論文で、戦争中、1人の兵士が自分の膝を指差し、「ここに弾が当たれば故郷に帰れるのに」と言うと、直後、流れ弾が飛んできて、まさに、その膝に命中した。グロデックは、これが、人間の体内に宿る「エス」の働きであると言う。

アニメ『MADLAX』で、17歳の少女マドラックスは、1人で軍隊の一部隊を2丁の拳銃で滅ぼした後、射撃の名手が何発も放った弾丸を優雅に交わして見せ、真の自分と一致した者には、こんなことは造作もないと言う。
上で述べた藤平光一氏の師で合気道の創始者である植芝盛平は、6人の射撃の名人が至近距離から一斉に放った拳銃の弾を交わし、その全員を投げ飛ばしたという話が伝わっているが、やはり植芝盛平の高名な弟子である塩田剛三氏は、それは事実だと言う(実際に目撃したと言っていたかもしれない)。

最初にリリスが言ったギャグとして捉えるべき言葉「世界はそういう風にできている」は、真面目に、「世界をそういう風にする」ことが出来る。
それには、やはり、ぼーっとすれば良いのである。
つまり、個人的な力というものを放棄して、大きな力に身をゆだねることだ。
(『まちカドまぞく』で)空中に飛び散ったタコさんウインナーの全てに爪楊枝を刺して皿に回収出来る桃(優子の宿敵の魔法少女)なら、銃弾を交わすことなど容易(たやす)いだろう。桃は、身体をエーテル体に置き換えているのが力の秘密と言うが、なに、エーテル体なら人間なら皆持っているので、似たようなことなら出来るだろう。
ともかく、人間が持っている可能性は、一般的な予想などとは、三輪車とロケットほどの差があるほど超えているのである。








感心なことは、こそこそやる

世界を思う通りに構築するには、信じきることが出来れば良いのだし、超能力を発揮するには、固定観念を捨てれば良い。
例えば、合気道家の藤平光一氏が23歳で隊長として参戦した太平洋戦争で、銃弾飛び交う戦場の中を「俺に弾は当たらない」と信じきって歩いたようにである。
真似して欲しくないが、私も、子供の時、交通量の多い車道で、「目をつぶって飛び込めば車は来ない」と思い込んで、実際に、ずっとそうやって、遠くの信号のある横断歩道まで行かずに道路を渡っていたものである。
超能力と言っても、霊的でないものでは、『トーチェ氏の心の法則』に書かれているが、ある場所では、脚が折れた人が元気に走り回っているが、それは彼らが、脚が折れたら走れないことを知らない・・・つまり、脚が折れたら走れないという固定観念を持たないためで、こんな例は無数に上げられる。

自在に強い信念を持てたり、固定観念を捨てることが出来れば、世界は思うがままになる。
例えば、自分は安い給料しかもらえないという信念、あるいは、固定観念を持ち、実際に、安月給でギリギリの生活をしている者が、自分は高給をもらえると信じきれば、やはり、そのようになる。
私はここでわざと、「信じきる」ことと「固定観念を捨てる」ことを統合してみせた。
意思の力で信じきることは難しいし、かえって、逆効果になる場合が多い。
しかし、固定観念を捨てれば、自在に信念を持てる。固定観念を捨てるには、難しく言えば「無になれば」良いが、簡単に言えば、思考を捨てる・・・つまり、考えることをやめれば良い。
思考を捨てるとは、心を澄みきらせることで、心を澄みきらせるとは、自己重要感、つまり、優越感、プライドを消さなければならない。
自分は偉い、頭が良いと冗談にでも言う者は、我の塊であり、見込みはない。そんな者に対しては、非難するつもりはなく、気の毒と思う。

コニカミノルタは、コニカとミノルタという大手光学機器メーカーが統合して出来た企業だが、ミノルタは「実る田」で、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」から来たものらしい。
歳を取れば、自然に我が弱くなるという意味であるが、それが本当なら、誰もが歳を取ると偉大になるはずだが、なかなかそうはいかない。

「自信に満ち溢れてる」者にも2種類あり、1つは単なる自惚れで、そんな者は、本当に強い者の前では卑屈になる。しかし、我を持たないことで森羅万象と通じて自信を持っている者は、いつも静かで偉ぶらず、自分が偉いとか頭が良いなどと、冗談にでも言わないし思わない。そんな者は、どれほど偉大な人物の前でも平静である。

では、どうすれば我を捨てられるかというと、おばあさんが幼い孫に教えられるほど簡単である。
ある人が、「私が死んで閻魔様の前に出たら、私は人生で大したことは何1つ出来なかったが、便所の下駄だけはきちんと揃えたと言いたい」と述べていたが、彼は、社会的にかなり重要なポストにある人だった。
このように、例えば、靴をきちんと揃えるとか、傘をきちんとたたむ、あるいは、毎朝仏壇や神棚に手を合わせるなど、何か1つ、欠かさずやれば良い。
まあ、「私ほど偉い者が、毎朝、社員達と掃除をしている」などと自己満足しているなら駄目であるが。
だから、イエスも言ったように、良いことはこっそりやるものなのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。






最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
【広告】 Udemy
IT学習
タグクラウド
QRコード
QRコード