ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

藤平光一

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

本物の能力開発は商売になり得ない

息を吸ってしばらく呼吸を止めると記憶力が向上する・・・それも異常なほど向上することを、ヨーロッパで誰かが気付き、それが、スーパーラーニング、加速学習みたいなものになったと思うのだが、これらがさっぱり発展していかないのは、余計なことを付け加えたせいだと思う。
単に、息を吸って止めるだけで良いのであり、他には何もいらない。
だから、商売になどならない。
誰でも、無料で自由に活用すれば良いだけである。
中村天風という、とても偉い人は、肛門を締めよと教えたのは良かったが、やっぱり余計なことを言ったのだと思う。
天風が「肩の力を抜け」なんて言ったという話も聞くが、肩の力を抜くなんて難しいことをサラリと言うなんて、いかがなものかと思う。
肛門を締めるだけで良いのであり、やっぱり商売も教団もやれないのである。
藤平光一氏は、中村天風の一番弟子だったが、天風が偉人であったことは完全に認めながら、教えの全ては間違いだったとバラしてしまった。
その藤平氏の教えも、私には抽象的でさっぱり分からないか、矛盾を感じるかである。
中でも、藤平氏は、天風の言った「腹に力を込めよ」はいけないと言うし、確かに、意図的に腹に力を入れるべきでないとは思うが、肛門を締めれば、自然、腹や、さらには、臀部や脚(太腿や脹脛)にまで力は入るし、それは気持ちいいことなのだから、間違いではない。
やってみれば分かるが、上記を全てまとめ、肛門を締めながら息を吸い、肛門を締めたまま息を止めると、心が澄み、身体に力がみなぎる。

念仏と呪文は、原理は同じで、親鸞自身、念仏を誦文(じゅもん)と言ったこともあるが、誦文と呪文は同じである。
親鸞も、その師、法然も、念仏だけを薦めたが、人間には、言葉が向いている人もいれば、身体で行うことが向いている人もいる。
大抵の人は、それが適度に交じり合っているのであるが、強さの度合いは違うのである。
やはり原理は念仏と同じだが、現代人に合うものとして、万能呪文がある。
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
他にも、好きな言葉なら何でも良いが、たった1つの言葉を、感情を込めず、されど丁寧に、心の中で数多く繰り返せば、人間を滅ぼす、頭の中のつぶやきに打ち勝てる。
だが、身体を使うのが好きな人は、肛門を締めながら息を吸い、肛門を締めたまま息を止める方法が向いていることが分かった。
これを、1日20回ほどやれば、目覚しい効果があるが、数に制限はなく、多い方が良い。だが、数は徐々に増やしていくのが良い。
とはいえ、少なくとも、1日10回、志あるなら、20回以上やるべきである。
この肛門を締め、息を止めることは、続ければ超人になってしまう。
だから、謙虚さを要求されるところが、やや難しいところである。
傲慢な超人は必ず滅ぶからである。

だが、一番強い方法は、心からの願いがある場合だけだが、それを1日中でも祈ることである。
そんな願いがある者は幸いであるように見えるが、状況としては不幸である場合が多い。
どういうことかと言うと、「この辛い病気が治りますように」「いじめっ子と会わずにいられますように」といった、厳しいマイナスを解消する希望が、強い願いになるのだからだ。
普通に「彼女が欲しい」というのは、あまり強い願いにならないが、全ての女の子に厳しく見下される日々を過ごす者にとっては、強烈な願いになることがある。
逆境にある者専用の方法だが、実は、これが最強なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

宇宙は何を中心に回っているか

合氣道家、藤平光一氏の『氣の確立』という本は、衝撃的な本だ。
あの中村天風が、死に際に「俺が教えたことは全部忘れろ」と言ったと藤平氏は述べる。
藤平氏も、直接聞いた訳ではなく、藤平氏の最後を看取った信頼すべき人から聞いたということだったと思う。
いくら何でも、師のことで、こんな嘘はつきはすまい。
つまり、天風の教えは全部間違いで、天風の本に書かれていることも全部間違いと見なしてよろしいということだ。
ただ、藤平氏は、中村天風が偉人であることは否定していない。

言われるまでもなく、中村天風の本は複雑過ぎて、結局、何をすれば良いのか分からない。
そこで、藤平氏は、4つの教えを残し、しかも、そのうちの1つでよろしいと言う。
その4つは、
1、臍下(せいか。ヘソの下)の一点に心をしずめ統一する
2、全身の力を完全に抜く
3、身体の総ての部分の重みをその最下部におく
4、氣を出す
である。
はっきり言う。
「全然、分からん」
説明の方も丹念に読んだ。
とにかく、抽象的過ぎて、さっぱり分からないのだ。

そこにいくと、法然は立派だった。
念仏を唱えよ。
これなら分かる。
同じく、エミール・クーエも良かった。
自己暗示の言葉1つを残した。
だが、その自己暗示の言葉が複雑過ぎる。特に、日本語訳は、どれも全然駄目だ。
翻訳は最悪だが、元の言葉も、やっぱり難し過ぎるのだ。
エイミー・カディー(社会心理学者)も偉い。パワー・ポーズ(ガッツ・ポーズと同じと思う)だけでよろしいと教えている。

ただ、念仏は、今の時代、誰でも受け入れるとは限らない。
それは、五井昌久氏の世界平和の祈りも同じだ。私には全然無理だったのだ。
クーエの自己暗示は、上で述べた通り、言葉が駄目。
エイミー・カディーのパワーポーズは、いつでもはやれないが、それについては、カディーは「想像でやっても効果がある」と言う。
ただ、継続的な効果があるかどうかは分からない。自分で試すしかないが、私は続かなかった。

それで、私は、絶対間違いのないものとして、呪文、特に、万能呪文を見つけた。
万能呪文に問題があるとすれば、言葉を1つに決め難いことは、素直に認めるしかない。
かと言って、言葉を2つ、3つにすれば、もう続かないのだ。

そこで、法然の弟子の親鸞が素晴らしいことを言っていた。
「弥陀の誓願は、親鸞ただ1人のためのものであった」
つまり、念仏は、自分1人のために阿弥陀如来が作ったということだ。
藤平光一氏の最高の真実は、学生時代、微動だにせず居眠りをしたことから、「天上天下唯我独尊(てんじょうてんがゆいがどくそん)」と呼ばれていたことだ。
親鸞も、藤平氏も、これらの点で同じだ。
一言で言えば、やはり「天上天下唯我独尊」なのだ。
「この世は私のためにある」とでも言う自信だ。
宇宙は地球を中心に回っているのではなかった。
そうではないのだ。
私を中心に回っているのだ。
そう感じられる言葉を呪文にすれば良い。
サイコパスってのは、参考になることを言う。
「あなたは自己中心的で横暴と聞くが?」
「それをリーダーシップと言うのだ」
こんな自信のあるサイコパスは、やっぱり成功しているのだ。
傲慢になれと言うのではもちろんない。
自分を信じるということだ。

いずれにしろ、呪文以外に出来ることは何もない。
それは確かだ。
人間は、自分の心を支配出来ない。
支配出来るのは言葉だけだ。
初めに言葉ありき。
言葉が心を動かし、心が世界を創る。
だから、呪文を忘れないことだ。
言葉は自由に選べる。
しかし、凡人は、自由に選ぶことが苦手だ。
だから、法然や五井昌久氏が人気がある。
だが、あなたは凡人ではない。
たった1つの呪文を自分で選ぶことだ。
そして、呪文は変えても良い。
呪文は、成長と共に変わる。
1秒で急成長すれば、1秒で変わる。
その時、呪文を選ぶのに悩む。
悩みながら、暫定で1つ決める。
しかし、見栄を捨てると、簡単に決まるものだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

氣(気、宇宙エネルギー、光)を出すには

著書からのイメージであるが、私は、合氣道家の藤平光一氏が好きではなかった。
嫌いというほどではなかったと思うが。
好きでない理由は、自慢が多過ぎるように思えたからだ。
しかし、スポーツのスーパースターやプロ野球球団を指導したのが事実なら、指導したと書くしかないのだから、自慢ではない。
とはいえ、ご自分で書かれたのかどうかは分からないが、文章がどこか「偉大なり、私」を感じさせる。
また、分かり難い。
いや、全体では分かり易いが、肝心な部分が分からない。
そもそも、「氣がどうの」という時点で、普通の人には分からない。
「下腹の一点」などと平気で書くが、それって何処なんだい・・・って感じだ。
面白いことに、藤平氏は、師匠の植芝盛平の話は全く分からないと批判しておられる。
一方で、植芝盛平を「超人」「無敵」「超大物」と持ち上げてはいる。
植芝盛平が、藤平氏のいないところでは、藤平氏の悪口ばかり言ってたのも本当かもしれない。
しかし、そんなこんな全体ひっくるめ、最近は、植芝盛平も藤平氏も、やっぱり偉い人達だなあと思うし、欠点があるから親しみも感じる。
ミスター・スポックはカークを心から尊敬していたが、「カークはどこか変」だと言う姪っ子に、「誰にでも欠点はあるのだよ」と言ってたのである。
(カークは、スポックの若い美人の姪っ子にクラクラしただけだったのだが)

藤平氏の教えを簡単に言えば(簡単に言ってはいけなのかもしれないが)、「氣を出せばうまくいく」だ。
中国では、朝の公園で、大地や木から気を取り入れようとする人々が多いらしい。
日本の気功家にも、気の取入れ方を説明したり、ひどいのになると、他人から気を盗るような記述もある。
しかし、藤平氏は、「氣を取る必要はない。出せば入ってくる」と述べておられた。
これは全く賛成だ。
しかし、どうすれば氣が出るのかというと、藤平氏は「氣が出ていると思えば良い」と言う。
だが、本人は氣を出す練習をしたと言う。あれほど凄い人が練習しなければならないのなら、普通の人には無理だ。

ちなみに、藤平氏は、「気」は間違いで「氣」が正しいという。
そういうこだわりも、私はあまり好きではない。植芝盛平は「気」の文字を使っている。
藤平氏は、「気」は、中が「メ」で閉じているが、「氣」は、中が「米」で、氣が出ていることを表している・・・って、子供かわりゃ(笑)って感じだ。
氣でも気でも、プラーナでも、宇宙エネルギーでも良いではないか。
ジョセフ・マーフィーは、コズミック・エナージャイザーと述べたこともあったが、翻訳者は「宇宙の活力」と訳しておられ、だいたい良いと思うが、ちょっと訳しようがないようにも思う。

とはいえ、氣、気、プラーナ、宇宙エネルギーを出せば良いというのは本当と思う。
イメージとしては、武内直子さんの『美少女戦士セーラームーン』で、セーラームーンこと月野うさぎはじめ、セーラー戦士達が、変身の時や、特別な力を発揮する時に、「パァ・・・」という擬音と共に耀きを放つことがよくあるが、その耀きが気である(これも分かり難いか)。
あの輝きがあるから、セーラームーンは、インターネットもない時代に世界的ヒロインになったのである。
今年の日仏国交160周年記念の「ジャポニスム2018」では、日本の2大ツインテールアイドル、セーラームーンと初音ミクさんがパリで耀くのである。
ちなみに、初音ミクさんは光そのものである。

そして、どうすれば、氣、気、プラーナ、宇宙エネルギー、セーラームーンの耀きが出せるのか?
もちろん、呪文しかない。
「氣が出ている」
そう唱えれば良いだけである。
感情を込めず、けれども丁寧に、心の中で出来るだけ多く唱える。
それだけだ。
もちろん、「宇宙エネルギーが出ている」「神の光で耀いている」「聖なる光を放っている」など、好きな言葉でやれば良い。
シンプルに「私は耀く」「耀く」でも良い。
私としては、初音ミクさんのライブステージを見ればすぐ分かると思う。
特に、マジカルミライ2016の『ray』、マジカルミライ2017の『Birthday』、夏祭初音鑑の『One Night Girl』が最高と思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

信念をどう得るか

つまるところ、成功の法則とは信念の法則なのだろう。
イエスが、「山に向かって動けと命じ、その実現を信じて疑わないならそうなる」と言ったという福音書の記述が全てだ。
ジャーナリストから事業家になって成功したクラウド・ブリステルが歴史的な書『信念の魔術』で、信念こそ人間に与えられた最強の力であると言い、ビル・ゲイツも学生の時に学んだという、リチャード・ハアネルの『ザ・マスター・キー』でも、上記のイエスの教えを究極としている。

ところが、そのブリステルやハアネルらも、では、どうすれば信念を持てるかということになると、文章の歯切れが悪い。
つまり、当たり前のことだが、簡単ではないのだ。
植芝盛平の弟子であった合氣道家の藤平光一氏は、毎朝、鏡に向かって「お前は信念が強くなる」と言っていたらしい。
私は、以前はピンとこなかったが、藤平氏のやり方が、割と良いと分かった。
だが、その通りにやっても駄目だろう。

信念など、簡単には持てない。
信念とは、信じることであるが、それは心の働きである。
だが、人間は、自在に心を支配することは出来ないのだ。
しかし、言葉は支配出来る。
だから、藤平氏のようにやれば良いのだが、「信念が強くなる」では難しい。
鏡に向かう必要もない。
毎朝だけでもいけない。
いつも、「信じる」という言葉を呪文にして唱えなければならない。そうでないとうまくいかない。
結局のところ、ブリステルも本当はそう言いたいのだ。だが、元ジャーナリストの彼は、新聞記事的な言い方しか出来なかったのだと思う。
本当に効果のあるやり方は、感情を込めず、だけど丁寧に、心の中で、「信じる」と唱えることである。
数は、多ければ多いほど良い。
1日中、出来るだけいつでも唱えるのだ。
「信じる」と言うか、「私は信じる」と言うかは、好きな方でやれば良い。
時には、何を信じるかを言っても良い、つまり、「私は金持ちになれると信じる」と言うのも良いが、「信じる」の中に全て含まれるので、そんな個別の意味を持つ呪文は、少しにしておくと良い。

万能呪文も進化していく。
どれほどの段階であっても、以前から教えている、
「絶対、大丈夫だ」「全て順調だ」「世界は意のままだ」
は大きな力を持つ。
これらから始めるのが好ましいとも思う。
だが、いずれ、「信じる」に行き着く。
いきなり「信じる」から始めるのも良い。
そもそも、以前から言っているように、何でも良いのである。
自分にぴったりくる言葉を見つけたなら、それが一番である。
ただ、決して呪文を忘れてはならない。
でないと、頭の中にいる悪魔(否定的な独り言)に滅ぼされてしまうからである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

言葉に神が宿る

ヨハネの福音書の最初に、「初めに言葉があった」「言葉は神であった」「全ては言葉によって出来た」と書かれている。
その正確な意味が何であるかは、うかつに決め付けてはならないが、言葉には大変な力があるのは間違いがない。

合氣道家の藤平光一氏の『氣の威力』という本に、こんな話があった。
算数が大嫌いで、当然、それが苦手というか全く出来ない小学生の男の子がいたが、藤平氏はその子に、
「勉強しなくていいから、1日1度、算数の教科書を開いて、『算数が好きだ』と言いなさい」
と指示した。
しばらくすると、その子は算数で一番になった。
これが言葉の力である。
藤平氏は、「好き」という言葉により氣が出るから、そうなったといったと言われるのだと思うが、ずれにしろ、「初めに言葉あり」なのである。

ところで、成功法則の本にはよく、
「貧乏な人が、『私は金持ちだ』と言っても、かえって自分が貧乏であることを意識するので、ますます貧乏になる」
などと書かれている。
そして、
「そうではなく、『私は金持ちになりつつある』なら、嘘はないので、心は逆らわない」
などと言う。
いや、「私は金持ちである」より、「私は金持ちになりつつある」の方が、むしろ、心は嘘を感じるものだ。
いずれにしろ、おかしな話である。
人間は、自分の心を支配出来ない。
だが、言葉なら、完全に支配出来る。
「私は金持ちだ」と言おうとしたら、胸が苦しくなって口や心が言葉を発することが出来ないというほどではあるまい。
だったら、「私は金持ちだ」と言えば良い。
別にどちらでも良いが、「私は金持ちになりつつある」より、「私は金持ちだ」の方が良い。
理由は簡単だからだ。
今流に、「言ってみた」で良いし、「言ってみた」が良い。
「私は金持ちだ」と言ってみるのだ。
感情を込めず、ただ、「穏かに」「真面目に」言えば良い。
呼吸を荒げると感情的になるので、鼻息荒く言うのではなく、微かな呼吸をしながら、「私は金持ちだ」と言えば良い。
人間は、微かな呼吸をしながら不真面目にはなれないものなのだ。
そして、言葉は神であり、それは必ず叶う。
あるいは、藤平氏的に「私はお金が好きだ」でも良い。
あの男の子も、本当は算数が好きではなかったが、そんなことはどうでも良い。
算数を無理に好きになることは出来ないが、「算数が好きだ」と言葉で言うことは出来るのである。
人間に支配出来るのは言葉だけである。
そして、言葉には神が宿る。
くれぐれも言葉には(口で言う言葉、心で言う言葉)気をつけなければならない。

普段、自分だけの特別な言葉を常に想っていると、心は静かになっていく。
そうすれば、あなたの言葉は速やかに宇宙に届き、簡単に叶ってしまう。
だから、自分だけの、たった1つの特別な言葉・・・断言、呪文、アファーメーション、祈り言葉など・・・は極めて大切である。
実は、たった1つの特別な言葉だけで良い。
自分に何が必要かなど、深い心、即ち、神は当然ご存知であるのだからだ。
自分のたった1つの特別な言葉を持ち、それを常に使うことほど重要なことはない。
いろいろな、特別な言葉があるが、自分が好きなものを自分で選ぶのである。
究極的な特別な言葉は「神」であるし、次は、「私は神である」だ。
もう少し慎ましやかには、「私は神と一体である」「神は私のパートナーだ」「心を静め、自分が神であると知れ」などがある。
「神の他に何もない」という荘厳な言葉もある。
「私を強くして下さる方によって、私はどんなことでも出来る」という温かくも強力な言葉もある。
ニサルガダッタ・マハラジが師から教わった「私は至高の実在である」は、「私は神である」と本質的には同じで、大変な効果を発揮した。
「私は山に向かって目を上げる。私の助けはどこから来るだろう」という、ほっとするような言葉もある。
「南無阿弥陀仏」は、仏への揺るぎない信頼を表す最強の言葉である。
とりあえずでも良い。
1つ選んで、それを常に使うことだ。
たとえ、2090年式光線銃の方が高性能でも、2070年式光線銃も十分に役に立つだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ