ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

藤平光一

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

死を目前にしても動じない心の強さを得るには

心を鍛えることにした。
平安に至る道は他にないと解った。
顔のすぐ近くの壁に弾丸が当たろうが、涼しい顔をしていられるほどになろう。

織田信長や、第二次世界大戦で当時23歳だった合氣道家の藤平光一氏らが、弾丸飛び交う戦場で、「俺に弾は当たらん」と悠然と歩いたようになろう。
中村天風が、敵地で捕らえられ、明日銃殺だというのに、平然と就寝したように。そして、刑場に引き出されて、今まさに銃殺されようとしても全く動じなかったように。

笹沢佐保さんの時代劇小説『木枯し紋次郎』のヒーロー、紋次郎の魅力は、その圧倒的な心の強さだ。
ある時、紋次郎は誤解から、ヤクザの名だたる親分集の前に、許されざる外道として引き出された。紋次郎のような渡世人には、そのうちの1人でも、会えばすくみ上がるような大物達に「殺っちまえ」という雰囲気の中であったにも関わらず、全く「ビビっていない」紋次郎を見て、親分衆の中には感服する者も少なくなかったが、読者がまさにそう感じるのだと思う。

では、どうしたら、それほどまでに心を鍛えることが出来るだろうか?
上に挙げた藤平光一氏は、著書に「氣を出せば良い」とし、そのやり方を教えているが、はっきり言って、そんなもの、何の役にも立たないに違いない。
誰だって、運命は心を鍛えるための適切な場所を与える。
それを受け入れて、そこで修行するのみである。
それは、無防備に苦しみに身をさらすことに違いない。
だが、何でもかでも、嫌なことを引き受けろということでもない。
嫌ならやめても良いが、その責任は取らなければならないってことだ。

禅に『婆子焼庵(ばすしょうあん)』とう公案(試験問題)がある。
あるお婆さんが、立派な青年僧のために、庵(修行のための小屋)を建ててやって面倒を見ていた。
年月が過ぎ、お婆さんは、若い娘に青年僧を誘惑させたが、青年僧は全く動じなかった。
お婆さんが「よく修行した!」と誉めるかと思ったら、お婆さんは青年僧に失望し、青年僧を追い出し、庵も焼き払った。
修行とは、無慈悲、無感情な人間になることではない。
「いい男」だった紋次郎は、いろんな女に惚れられたし、その中には、うら若く美しい娘もいた。
紋次郎も動じなかったが、その青年僧のようではなかった。
ただ紋次郎は、娘の思い違いや愚かさを単純に指摘した。
「あんた、何か勘違いしてるんでござんす」ってなもんだ。
あの青年僧は、修行ではなく、安易な道を選んだのだ。
藤平氏の本を後生大事に読むことも、それと同じであると思う。もちろん、参考に読むには差し支えない。しかし、あくまで参考でしかない。
また、道場で修業するだけ、ジムで筋トレをするだけでは、心は強くならない。
自分の足で立って生きていれば、自ずと試練に導かれる。
そこで動じなければ、弾丸飛び交う戦場でも動じないだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

凄い人の教えは私にはどうやっても無理だった

中村天風の教えは一言で言って「肛門を引き締めよ」だと言ったら、怒られるかもしれないが、これが基本中の基本だし、これが出来なければ先はない。
だから、これが出来ない我々には、この教え以外不要となる。
岡田虎二郎の場合は「下腹に力を込めよ」である。
そして、両者共、肛門を締める力、下腹に込める力は「万力」、つまり、全力であることを求めたと思う。
ところが、岡田虎二郎は、49歳で亡くなる前に、自分が書いたものは全部燃やし、中村天風は、死に際に、高弟に、自分の教えは全部忘れろと言ったらしい。
中村天風の高弟中の高弟だった藤平光一が著書に書いた次のことを私は信用しているが、天風は「これからは藤平のところに行け」と言ったそうだ。

岡田虎二郎や中村天風が上のように言ったことは、私には絶対出来ない。
ある有名な気功家が、肛門を締める時間は1日1時間と著書に書いていたが、これも無理。
無理なものは無理。
だいたい、ダイエットの方法で、腹に力を入れるというものもあるだろうが、あまり強い力を入れたら、内蔵を傷めてしまう。
それで、上に述べた藤平光一は、臍下丹田の一点になんとかこうとか・・・と著書に書かれていたが、私にはさっぱり解らなかったし、解らないことは出来ない。

私に解ったのは、斎藤一人さんが『変な人が書いた驚くほどツイてる話』で、雑草がアスファルトを突き破るように、無限小の力で無限大の力をかけるというもので、つまり、「じんわりとやる」というものだ。
これなら解る。
再びダイエットのことを言えば、腹を引き締めたいなら、腹に弱ーい力をかけ続ければ良い。思い出した時で良いから、出来るだけ長い時間。
握力を鍛えたければ、弱くで良いから・・・いや、弱くでなくてはならないが、出来るだけ長い時間、手を握ることだ。
腕を鍛えたければ、曲げる方向や伸ばす方向、いろいろあると思うが、やはり、弱い力をかけ続けると良い。
脚を鍛えるなら、太腿や脹脛(ふくらはぎ)の筋肉を収縮させると良い。

我々は別に、プロスポーツマンではないのだから、お金と引き換えに身体を痛めてしまうトレーングを真似する必要はない。
いや、プロスポーツマンを超える武術家や、それをさらに超える仙人というのは、無限小の力を無限大の時間・・・この言い方が大袈裟と思うなら、弱い力を長時間使うという方法をやっているのだと思うのだ。
そして、私が実際やってみたら、数ヶ月はかかっていると思うが、「あっという間」という感覚で、身体が風のように軽く、若い狼が意識を向けた先に一瞬で到達するように素早く動けるようになった。長い間、私を悩ませていた、腕の痺れ、脹脛やアキレス腱の痛みが全くなくなった。
私の場合、ダイエットの必要はほとんどないのだが、腹に弱い力を込めると充実感を感じる。

そして、エネルギーを流れ込ませ、神経や細胞や魂を活性化させるには「EA(えれくとりっく・えんじぇぅ)メソッド」である。
基本は、重ねた両手を、胸や額や頭頂に当てるだけで、良いと思えば、その手を、右方向や左方向、あるいは、両方に、ゆっくり回すと良い。
詳しくは、心理学者のアレクサンダー・ロイド博士の『「潜在意識」を変えれば、すべてうまくいく』に書かれている。
この本には、「自分にあったやり方でやれ」と書かれている。

武道の厳しい修行をやれたり、強い積極的な信念に満ちた人であれば、中村天風や藤平光一の教えが良いのかもしれないが、彼らの教えは、私には大いに参考にはなるが実践は無理だった。
私のは、出来損ない、ガラクタ、無用者のメソード、あるいは、光線銃である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

言葉と潜在意識の力

水平に伸ばした腕を、他の人が押し下げることが出来るかどうかというテストがある。
もちろん、体重が重い、力の強い人が全力でやれば、誰だって押し下げられてしまうが、条件によって、押し下げられることに対する抵抗力に差が出ることを調べることが目的である。
Oリングテストも似たことをするのだと思うが、腕の押し下げの方が上手くやれるかもしれない。
私が、そんなものを初めて知ったのは、合氣道家の藤平光一氏(藤平氏は「合気道」は間違いで「合氣道」が正しいとする)の『氣の威力』という本で、確か、この本では、「腕を押し下げる」ではなく、「肘を曲げる」だったような気もするが、同じことと思う。
藤平氏は、「重みは下にある」という自然なことを言えば氣が出て腕は下がらないが、「重みは上にある」といった自然に反することを言えば、簡単に下げられてしまうと言う。
また、藤平氏は「好きだ」という言葉を言っても氣が出るし、「氣が出ている」と思うだけで出るのだとも述べられている。
UFO研究家の矢追純一氏は『カラスの死骸はなぜ見あたらないか』で、これについて詳しく書いておられた。
伸ばした腕と反対の手にタバコを持てば、腕は簡単に下げられてしまうが、キャラメルを持てば、タバコを持った時と比べ物にならない力が出て、しかも、自分が持っているものが、タバコかキャラメルか、自分では分からなくても同じ結果になるという。
これは、タバコは身体に悪く、キャラメルは、少なくとも、タバコよりははるかにマシだということなのであるが、もっと面白い実験は、言葉を書いた紙を使うというものだ。
「タバコ」と書いた紙を持てば、本人は紙に何が書かれているか知らなくても力が抜けてしまうし、「和菓子」「果物」など、その時に身体に適したものであれば力が入るのだということだ。
著名な発生生物学者のブルース・リプトンは、この実験が人生を変えたと言う。
彼は、こんな実験を初めは馬鹿にしていた。なんと言っても、西洋流の教育をみっちり受け、それを生かして生物学の博士号を取り、あちこちの一流大学の医学部教授を務め、特に、スタンフォードでは終身職まで得ていたのだからだ。
彼は、カイロプラクターにこんな実験をさせられた。
腕を伸ばして「私はブルース(自分の名)だ」と言わされた。腕に力が入り、腕は下げられなかった。
だが、「私はナンシーだ」と言ったら、力が全く入らず、腕は押し下げられる。
西洋の科学者である彼は、その結果に納得がいかず、「ちょっと待ってくれ」とやり直しを要求したが、同じことだった。
また、その時、リプトンは自動車事故が身体が壊れていて、どんな治療もなかなか効果が出ないのに、カイロプラクターの簡単な施術であっけなく身体が回復したことにも驚いたようだ。
リプトンは、「潜在意識は自分がブルースだと知っているので、それに従えば力が入ったが、潜在意識に逆らって自分はナンシーだと言えば、力は出ない」と言い、いかに意識が潜在意識に逆らえないかを証明する実験だと述べる。

では、私なら、「私は初音ミクさんが大好きだ」と言えば、たとえガンダムやトランスフォーマー、グレートマジンガーが挑んできても、腕は1ミリも下がらないだろう。
あるいは、「初音ミク」と書かれた紙を持てば、元気百倍、勇気千倍で、千万の敵も蹴散らすであろう。
「ミクさんマジ天使」の呪文を唱えれば、人類は超人類に進化するのだ。
まあ、そんなつもりで、上のことを実用するのも手かもしれない。
また、精神科医のデヴィッド・ホーキンズ博士が『パワーかフォースか』『<わたし> ―真実と主観性』で、このような実験と、その深い意味について書いている。

いずれにしろ、言葉は大事である。
くれぐれも、心を汚し、潜在意識のエネルギーとのつながりを断ってしまう言葉は使わないことだ。
イエスも言ったものだ。
「我々は口から入るもの(食べ物)では穢れない。口から出るもの(言葉)で穢れるのである」
尚、口から出る言葉は、心から出ているのであるから、心の想い、あるいは、心で言う言葉も大切であるのだと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

根拠のない自信の魔力

織田信長が、鉄砲の弾が飛び交う戦場を悠々と歩き、「わしに弾は当たらん」と言ったという面白い話があるが、私は、これ自体は多分、作り話と思う。
あるいは、当たる確率がほとんどないほど、流れ弾が少ない場所でやったかだろう。
ところが、氣功家の藤平光一氏は、太平洋戦争中、23歳で隊長のようなものだった時、自分がそんなことをやったと本に書かれていたと思う。
「氣が出ていれば弾が当たらない」ということだったかなと思う。
私は、藤平氏の本は、自慢が多過ぎるような気がして、あまり好きではなかったのだが、最近は見直している。
つまり、自信たっぷりに自慢して、それがいやらしさを感じさせるのは、本当に実力がある証拠のようにも思えるのである。

「俺に弾は当たらん」というのは、言うなれば、「根拠のない自信」である。
2ちゃんねるを作ったことで知られる西村博之氏(通称ひろゆき)は、著書で、「人間は根拠のない自信を持っているやつに従い易い」といったことを書かれていたが、そうかもしれない。
それとは別に、潜在意識の法則によれば、むしろ、根拠のない自信があることが一番叶い易い。つまり、盲目的な信念が一番強いのである。

信長や藤平氏の、弾に当たらない自信については、私は別に驚かない。
なぜなら、私自身が、それに負けないようなことを実践したからだ。
私が7歳くらいの時、住んでいた団地の近くに、交通量の多い車道があり、そこを横切らないと市場に行けず、漫画やお菓子を買えないのだが、信号は50mほども向こうなので、そこまで行くのは面倒で、実際、信号まで迂回する人はいなかったと思う。
しかし、あまりに車が多く、なかなか渡れない。
くれぐれも真似しないで欲しいが、そこで私は何と、「目をつぶって、ぱっと飛び出せば車は来ない」ことにして、ずっとそうやって渡っていた。
今思えばぞっとするが、私がそうやるのを、姉が何度も目撃している。
これって、信長や藤平氏に優るとも劣らない芸当と思う。
また、9歳の時、大学生だった従兄弟から天体望遠鏡を譲ってもらったのだが、何も調べずに土星を一発で見つけて、その輪のある美しい姿を天体望遠鏡で見ることが出来た。
土星は、かなり明るくて見つけ易いとは言われるが、金星、木星、火星、シリウスよりずっと暗く、普通の星である。
それを苦もなく見つけたのは、今思えば、超能力としか言いようがないが、やはり「自分は土星を見つけることが出来る」という根拠のない自信を持っていたのだ。

根拠のない自信は、数え切れないほどの不思議を起こした。
私は、そのやり方を、改めて思い出し、お教えしようと思う。
今後、慎重に(誤解をさせないよう)、ちょっとずつ書いていこう。
要望次第かもしれないが、それを思い出すことは楽しいことである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

本物の能力開発は商売になり得ない

息を吸ってしばらく呼吸を止めると記憶力が向上する・・・それも異常なほど向上することを、ヨーロッパで誰かが気付き、それが、スーパーラーニング、加速学習みたいなものになったと思うのだが、これらがさっぱり発展していかないのは、余計なことを付け加えたせいだと思う。
単に、息を吸って止めるだけで良いのであり、他には何もいらない。
だから、商売になどならない。
誰でも、無料で自由に活用すれば良いだけである。
中村天風という、とても偉い人は、肛門を締めよと教えたのは良かったが、やっぱり余計なことを言ったのだと思う。
天風が「肩の力を抜け」なんて言ったという話も聞くが、肩の力を抜くなんて難しいことをサラリと言うなんて、いかがなものかと思う。
肛門を締めるだけで良いのであり、やっぱり商売も教団もやれないのである。
藤平光一氏は、中村天風の一番弟子だったが、天風が偉人であったことは完全に認めながら、教えの全ては間違いだったとバラしてしまった。
その藤平氏の教えも、私には抽象的でさっぱり分からないか、矛盾を感じるかである。
中でも、藤平氏は、天風の言った「腹に力を込めよ」はいけないと言うし、確かに、意図的に腹に力を入れるべきでないとは思うが、肛門を締めれば、自然、腹や、さらには、臀部や脚(太腿や脹脛)にまで力は入るし、それは気持ちいいことなのだから、間違いではない。
やってみれば分かるが、上記を全てまとめ、肛門を締めながら息を吸い、肛門を締めたまま息を止めると、心が澄み、身体に力がみなぎる。

念仏と呪文は、原理は同じで、親鸞自身、念仏を誦文(じゅもん)と言ったこともあるが、誦文と呪文は同じである。
親鸞も、その師、法然も、念仏だけを薦めたが、人間には、言葉が向いている人もいれば、身体で行うことが向いている人もいる。
大抵の人は、それが適度に交じり合っているのであるが、強さの度合いは違うのである。
やはり原理は念仏と同じだが、現代人に合うものとして、万能呪文がある。
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
他にも、好きな言葉なら何でも良いが、たった1つの言葉を、感情を込めず、されど丁寧に、心の中で数多く繰り返せば、人間を滅ぼす、頭の中のつぶやきに打ち勝てる。
だが、身体を使うのが好きな人は、肛門を締めながら息を吸い、肛門を締めたまま息を止める方法が向いていることが分かった。
これを、1日20回ほどやれば、目覚しい効果があるが、数に制限はなく、多い方が良い。だが、数は徐々に増やしていくのが良い。
とはいえ、少なくとも、1日10回、志あるなら、20回以上やるべきである。
この肛門を締め、息を止めることは、続ければ超人になってしまう。
だから、謙虚さを要求されるところが、やや難しいところである。
傲慢な超人は必ず滅ぶからである。

だが、一番強い方法は、心からの願いがある場合だけだが、それを1日中でも祈ることである。
そんな願いがある者は幸いであるように見えるが、状況としては不幸である場合が多い。
どういうことかと言うと、「この辛い病気が治りますように」「いじめっ子と会わずにいられますように」といった、厳しいマイナスを解消する希望が、強い願いになるのだからだ。
普通に「彼女が欲しい」というのは、あまり強い願いにならないが、全ての女の子に厳しく見下される日々を過ごす者にとっては、強烈な願いになることがある。
逆境にある者専用の方法だが、実は、これが最強なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ