ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

藤平光一

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

超能力者になる言葉

当たり前の言葉を言えば、超能力者になる。
その言葉が当たり前であればあるほど、超能力は強くなる。
この「超能力者」は分かり易く言っただけで、「引き寄せマスター」程度のつもりで使った。
もっと、癖のある言い方をする者もいる。
例えば、合氣道家の藤平光一さんは、「当たり前のことを言えば氣が出る」と言った。
「氣が出る」とは、潜在能力が発揮されるという意味で、まあ、超能力者になることと言って良い。
ちなみに、藤平さんが勧める当たり前の言葉は「重みは下にある」だったと思う。

当たり前ということは、自然という意味で、真理であるということだ。
デカルトは、言葉というのではないが、最高の真理を探究し、そして、彼が辿り着いた答が、
「われ思う、ゆえにわれあり」
だった。
彼は、「宇宙は広い」とか「火は熱い」というのは疑ったが、「われ思う、ゆえにわれあり」は信じたのだ。
だが、私は、ルドルフ・シュタイナーが言った、
「われ思う、ゆえにわれなし。われ思わず、ゆえにわれあり」
の方が好きだ。
ただ、デカルトとシュタイナーは反対のことを言っているようで、それは単に「われ」の定義の問題であり、実際は、そんなに違わないと思う。

別に、どの言葉が良く、どの言葉が悪いということはない。
大切なことは、自分が納得する言葉ではなく、魂が納得する言葉を使うことだ。

ニサルガダッタ・マハラジが至高の真理と言った言葉は、
「私は在る(私は存在する)」
だ。
これで良いと思えば使うと良い。
私も、この言葉には散々、お世話になり、良い想いをした。

『福音書』にはイエスの、『法句経(ダンマパダ)』や『感興のことば(ウダーナヴァルガ)』には釈迦の、『老子』には老子の、『荘子』には荘子の、『論語』には孔子の言葉が沢山書かれているので、それらを読み、その中から選んでも良い。
あまり迷わず、とりあえず何か使うと良い。
真理度が多少低かろうが、言わないよりは、はるかにマシだからだ。
藤平氏の「重みは下にある」も、マハラジの「私は在る」も十分と思う。

「私は生きている」も、「私はいつか死ぬ」も、なかなか確からしい。
「ありがたい」こそ真理と思えるなら幸いだ・・・いや、確かに、魂はそれを納得するだろう。
「俺に不可能はない」は、魂的には正しいが、心の葛藤を生む可能性があるので、お勧めしない。
同じく、「私は神である」もだ。
だが、使いたければ使うと良い。












危機を免れる秘訣

戦争になったら、どうすれば良いだろう?
戦争中、あるいは、戦闘とも言える中、最も危険だった場所ですら安全に過ごした人達の話があり、私が覚えているものをいくつか挙げれば、以下の通りだ。
織田信長は、砲弾飛び交う戦場で、「俺に弾は当たらん」と言って、悠然と歩いたという。
信長のこの話は伝承であり、真偽のほどは分からないが、合氣道家の藤平光一氏は、23歳で隊長として参加した第二次世界大戦で、自ら同じことをやったという。年上の部下達を少しでも安心させるためだった。
サルトルは、第二次世界大戦中、ひどく治安の悪い町をうろついたそうだが、それは、精神が高揚する体験であったようだ。
ジョセフ・マーフィーの本で、戦争ではないが、ある刑事が、何度も至近距離で狙撃されながら無傷で生き延びた話がある。
また、やはり、ジョセフ・マーフィーの本で、F.L.ローソンの著作の引用として、第二次世界大戦中、ウィットルゼイ大佐の部隊が5年間戦って1人の死者も出さなかったという話がある。
このF.L.ローソンに関しては、『ヒマラヤ聖者の生活探求』の中で、著者ベアード.T.スポールディングが自らイギリスに面会に行き、ローソンの神秘力を見せられると共に、ローソン自身、第一次世界大戦に参加し、率いた部下百名を全員復員させたと述べている。
また、これは変わった話だが、「心身医学の父」として名高いドイツ人医師ゲオルグ・グロデックの論文であるが、戦争中、ある兵士が、自分の膝を指さし「ここに弾が当たったら故郷に帰れる」と言った直後、流れ弾がまさにそこに当たり、彼は望み通り故郷に帰還した。彼は、これで命拾いしたと言えるが、それなら、信長や藤平光一氏のように、弾が当たらないように出来たかもしれない。
日本では、サムハラ神社の御札を持って出兵した兵隊が、無事に帰還したという有名な話があり、それでサムハラ神社が知られるようになったようだ。私はサムハラカードは、マキノ出版の雑誌『大成功を呼ぶ「最強の開運神社」』で付録についていたものを持っている。

上の者達が、どうやって危機を免れたのかというと、祈った場合が多い。
ウィットルゼイ大佐の場合は、部下全員に、聖書の詩篇91を暗記させ、定期的に唱えさせたそうだ。
F.L.ローソンの場合は、彼の信念を現す言葉が「神の他に何もない(There is nothing,but God)」で、スポールディングの前で奇跡を起こした時も、この言葉を唱えた。
まあ、私に言わせれば、いつも言う通り、泣き言を言わず、引き締まった顔でシャンとすれば良いのだと思う。
この世界は漫画であり、ヒーロー、ヒロインに相応しい態度の者なら滅びはしない。そして、ヒーロー、ヒロインは、泣き言を言わず、欲張らず、いいわけをせず、いつもシャンとして清々しいものである。








力を抜くことと永遠の生命

14日連続で、腕振り運動1万回を継続中だが、昨日から、腕の付け根あたりが痛い。
腕を振るのに、力が入り過ぎていたようだ。
腕振り運動の理想は、完全に力を抜き、自然に腕を振ることだから、それは良くない。
まあ、昨日は、かなり寒いところで腕振り運動を行ったので、ついつい、温まろうという意識が働き、力が入ってしまったのだろう。

武道でも、ダンスでも、あるいは、スポーツでも、極意は力を抜くことだ。
まして、腕振り運動は、余計な力が入らないよう、よくよく気をつけないといけない。
力を抜くことに関し、政木和三さんのゴルフを思い出す。
政木さんは、50歳を過ぎてゴルフを始めたが、関西シニア選手権ではプロに混じって優勝し、また、エージシュート(年齢以下のスコアで回る)を達成しギネス認定もされた。
私は、ゴルフはほとんど知らないが、政木さんは370ヤードという、プロでも滅多に出せない飛距離を出したらしい。しかし、370ヤードでは誰も信じないので、1割ほど減らして340ヤードとして、新聞に掲載されたと本人から聞いたが、嘘ではないと思う。
政木さんは、力を入れてクラブを振るのではなく、振り上げたクラブを自然落下させてボールに当てるのだと言われていた。私は読んでいないが、彼が書いたゴルフの本にも、そう書いていると思う。

これは、本で読んだだけだが、合氣道家の藤平光一さんは、小指1本でアメリカ人の大男数人と押し合いをし、全く負けなかったが、これもやはり、藤平さんの力が抜けているから出来ることのようだ。

腕振り運動は、最も正統的なやり方では、腕を後ろに振る時に、やや力を入れ、前に振る時には力を抜いて惰性で振る。
だが、後ろに振る時も余計な力が入ってはいけない。
私は、今日、丁度、腕も痛かったので、痛くないよう、なるべく力を入れないように振ると、腰の微妙な動きで腕が振れることが分かった。
それだと、腕は全く痛くない・・・つまり、ほとんど力が抜けている。
すぐに同じようには出来ないかもしれないが、とにかく、余計な力を入れず、なるべく力を抜き、それでいて、滑らかに振れるよう工夫すれば、理想的な振り方になると思う。
理想的な振り方になれば、関英男博士の言うGTP(グラビトン粒子)、即ち、気功の気や、ヨガのプラーナと同じものが豊富に出て、生命力を増大させると推測する。

余談だが、生命力の極致とでもいうものを描いた、タツノコプロダクションのSFアニメ『キャシャーンSins』という作品がある。
永遠の生命力を持つ美しい存在であるキャシャーンやルナの他にも、ロボット犬フレンダ―や、ロボットの青年ジンという、強い生命力を持つ者が僅かに存在する。
彼らは、朽ちて滅ぶ者達と、明らかに違うものがあるが、腕振り運動は、その秘密を解明し、それを得る鍵でもあるのだと思う。








やらないよりマシの美学

算数が全然駄目な子が、算数が出来るようになるには、毎日1時間、算数の勉強をしなければならないかもしれない。
しかし、その子を見て、1時間も勉強が出来るかどうかなど分かりそうなもので、出来るはずのない子に「1時間勉強しろ」と言う教師には退職をお勧めする。無能も度が過ぎているからだ。
それで、「1時間は無理でも、10分なら出来る」と推測すれば、「10分やってよ」と頼んでみる。
10分では全然足りないが、やるとやらないでは、とんでもない違いである。
それなら、せめて10分やってもらうべきである。
これについて、面白い話がある。
実話かどうか多少疑っているが、合気道家の藤平光一氏の『氣の威力』という本の中のものだ。
算数が全然駄目な男の子がいたが、その子は遊ぶのが大好きで、すぐに遊びに行きたり、少しも勉強しそうにない。
そこで、藤平氏は、その男の子に、
「勉強しなくていいから、1日1っぺん、必ず算数の教科書を開いて、『算数が好きだ』と言ってくれ」
と言った。
その子にとっては、「勉強しなくていい」というお墨付きがもらえるわけだから、喜んで従った。
そうしたら、やがて、その子は、算数が凄く出来る子になったらしい。
1時間が無理なら10分、10分が無理なら1分、それも無理なら、せめて教科書を開き、「算数が好きだ」と言うだけにする。
それで本当に成果が出るかどうかはともかく、それでクタクタに疲れたり、ストレスがたまるわけではない。むしろ、「勉強しなくていい」のであるから、爽やかであるはずだ。
そして、教科書を開き「算数が好きだ」と言うことにデメリットは全くなく、わずかかもしれないがメリットはあると思う。それなら、やった方が良いのではないだろうか。
小さな可能性が大きく育つことはあるが、可能性ゼロのまま放置すれば、いつまでもゼロである。

腕立て伏せについて、YouTubeでムキムキの身体をした人が、
「腕立て伏せは限界までやって、さらに、そこでもう1回やって下さい」
と言うが、それは、筋トレ好きの趣味である。
そんなことを普通の人に言えば、言われた人は、全くやらなくなる可能性が高い。
そんな個人的な趣味は言わず、精一杯やって10回の人なら、3~5回なら楽なはずだから、それを毎日続ければ、全くしないのと比べ、物凄く大きな差になることは間違いない。
いや、1回でも、やるとやらないでは全然違うと思う。
それに、1回と言っても、やがて、楽々と3回、5回、10回とやれるようになるが、それは、最初にスタート出来てこそである。
けれども、10回なら楽に出来るようになったのに、調子に乗って、無理に15回やり、それが苦しいと、腕立て伏せが嫌いになり、いつのまにかやらなくなる。
また、本当はシンドくて嫌なのに、根性でやると、ストレスがたまり、不健康になり、下手すると病気になる。
だから、楽に楽しくやれるだけやれば良いのである。

これも、本当かどうかは知らないが、物理学者で合気道家の保江邦夫氏が著書に書いていた、こんな話も参考になる。
保江氏がスイスの大学に講師に行った時、現地の人達と一緒に武道のトレーニングをやったのだが、スイスには巨体の人が多く、いくら保江氏が合気道の有段者でも、力が強い大男には全く歯が立たない。
そんな時、合気道の先輩である数学者の木村達夫氏が、四股を毎日千回踏めと言う。木村氏は、自分はやっていると言う。
しかし、保江氏は、千回は無理と、300回だけやったらしい。
すると、しばらくしたら、以前は全く敵わなかったスイスの大男に楽勝出来、自分で驚いた。
もし、保江氏が真面目な人で、先輩の言いつけ通り千回やろうとしたら、おそらく、続かなくて、全然やらなくなっただろうが、それなら、いつまで経っても大男には勝てなかったはずである。
「やらないよりはマシ」をすっと選択出来る保江氏の賢さと言うか、根性がないことが良かったのである。

そんなわけで、腕振り運動も、毎日千回以上が好ましいが、せめて50回でもやると良いと思う。
ただし、毎日やるというところは曲げてはならない。でないと、すぐに、全然やらなくなるからだ。そもそも、「毎日せめてこのくらいは」というところから、50回とか100回とか決めるのであるが、それすら出来ないようでは、さすがにヤバい(笑)。

私は、現在、アレクサンダー・ロイド博士が開発した「ヒーリングコード」に取り組んでいるが、ロイド博士の著書では、「1回最低6分、1日最低3回」を、かなり絶対的な条件としている。
しかし、1日3回はともかく、1回6分が私には厳しい。
また、ロイド博士が勧めるように、「ヒーリングコード」をしながら、お祈りをするというのは、私にはおそらく無理だ。
そこで、1回1分もしないかもしれないが、とにかく、1日3回以上は必ずやるようにしようと思う。
私がこれを始めた目的の1つが、10月以降、苦しめられているアレルギーによる肌の異常である。
そして、「ヒーリングコード」2日目で、それまで、夜中に何度も起き、眠れなかったのが、昨夜は、一度も起きずに寝られた。
この調子で行こうと思う。
だが、あまりに自分を甘やかすというのも戒めねばならない。

尚、上の保江邦夫氏のエピソードが保江氏のどの本に書かれていたか分からない。
個人的には好きな人ではなく、むしろ、嫌いな人で(笑)、無駄に沢山出している著書も、現在は全く関心がない。








強い神の力を得る公然たる方法

神の叡智や力に関することで、特定の教団に入らないと知ることが出来ないとか、手数料以上の費用を必要とするような秘法など存在しない。
「この教団だけの秘密」だの、高額なお布施を必要とするような方法は、私の考えでは、全て偽物だ。
これは、スピリチュアルなことに限らず、この世のほとんどのことがそうであり、そして、ますますそうなるだろう。

そこで、現実支配の力に関する、秘法でも何でもなく、よく考えれば当たり前である手法について簡単に語る。
当たり前であるから、すぐに実践出来、しかも、納得し易い。
では、早速、伝授に入る。
国や地域を問わず、究極の真理は、「私は神である」であり、その地域の言語で真言となっていることも多い。
けれども、「私は神」という道理は理性がなかなか納得しない。
もしかしたら、百万回、千万回と唱えれば、いつかは理性が屈服して受け入れられるのかもしれないが、そこまでやれる者は滅多にいないだろう。
しかし、もし、「私は神である」という真の理解に達すれば、神のごときもの・・・イエスのようになれる。

だが、これは、こうやれば楽だ。
まずは、心の中で「私は在る」と、丁寧に繰り返し唱える行を行う。
これは、いわば当たり前の言葉である。
インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジは、「あなたが本当に納得出来ることは『私は在る』だけだ」と言った通り、他の何を疑えても、自分が存在することだけは疑えない真実だ。
また、合気道家の藤平光一氏が、「重みは下にある」という当たり前の言葉を言えば氣が出ると言い、氣が出れば、潜在能力が発揮されたり、幸運になることを著書で証言している。彼自身、氣を出すことで、銃弾飛び交う戦場を悠々と歩いたり、小指1本で、アメリカの大男数人と押し合いをして楽勝している。
そして、「重みは下にある」より、はるかに当たり前のことが「私は在る」なので、この言葉だけでも、優れた効果を期待出来るだろう。

そして、『ヒマラヤ聖者の生活探求』(第5巻)と、ジョセフ・マーフィーの『人生は思うように変えられる』の両方で、偉大な人物と紹介された、イギリスの科学者、技術者、神秘家であったF.L.ローソンの最高の言葉「神の他に何もない、ただ神だけがある」を唱えるのだ。
これも、心の中で丁寧に唱えるべきである。
この言葉は、「当たり前」と言うようなものではないが、否定材料もないため、「私は神である」というような反発は起こらない。
こちらも、この言葉だけで、驚くべき効果を発揮するはずである。

さて、最上の言葉(真言やアファーメーションと言っても構わない)を2つ上げた。
「私は在る」
「神の他に何もない、ただ神だけがある」
これらの1つでも唱えると、素晴らしい効果がある。
では、この2つを唱えるとどうなるか、お気付きだろうか?
「神の他に何もなく、神だけが存在する」のに、「私は在る」のである。
つまり、神的レベル、あるいは、高次のレベルで、「私は神である」が成立してしまうのである。
もし、「神の他に何もない、ただ神だけがある」という言葉に多少の違和感を覚えても、「私は在る」と唱えていれば、魂の作用により、それは消える。
だが、初めから、さほどの違和感は感じないと思うので、少々、不思議な感じはしても、「神の他に何もない、ただ神だけがある」と唱えると良いだろう。
人間というのは、本来、神秘が好きなもので、「神の他に何もない、ただ神だけがある」という言葉には高揚感を感じることも多い。
だが、そうでなくても、全く心配はいらない。
まずは、「私は在る」と唱えて、魂を磨き、力を高めれば良いのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード