ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

藤平光一

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

ヒーローなんか持つな

西洋のある映画で、幼い息子を持つ父親がこう言った。
「子供は、自分の父親が世界で一番偉いと思っているが、いずれ、そうじゃないと解る。だが、なるべく長くそう思わせてやりたいんだ」
今の日本では、世界一どころか、自分のお父ちゃんなんて、少しも偉くはなく、さらに、偉くないばかりか、下らない人間だと子供はすぐに解るようになる。
いや、父親だけではない。
母親のことも見下げ果てるようになるまでに、そんなに時間はかからない・・・いや、物心つけば、そう思ってしまうかもしれない。
本来、子供は、自分の親のことは買いかぶるものであるのに・・・である。

それでも、外の世界に目をやると、先輩やチームのリーダー、先生、上司、社長といった立場の人達の中に素晴らしい人物を見つけ、「彼こそ(彼女こそ)一番」と思うこともあるだろう。
だが、いずれ、その憧れの人物も、それほどではないと解るようになる。
合氣道家の藤平光一氏は、中村天風や植芝盛平といった、多くの人達に神のように崇められる人達の高弟であったが、藤平氏はこれらの師達を遠慮なく貶し、ある意味、「彼らを信用するな」と述べているのだと思う。
実際は、どれほどの人物であろうが、致命的な欠点は必ずあり、弟子としてはそれは黙っておくものであるが、どんな人間も神でないことは、やはり理解しなければならないのだ。だから、藤平氏のやり方は正しく、立派なことであると思う。その藤平氏だって、酷いところはやはりあって当然だ。
ラメッシ・バルセカールも、世界中の多くの人達が聖者と仰ぐ彼の師、ニサルガダッタ・マハラジが、実際は欠点だらけの人間であったことを明かしているが、貶してはいないと思う。しかし、藤平氏は、特に植芝盛平に関しては、植芝盛平を崇拝する者達を幻滅させるようなことも本に書き、藤平氏は植芝を嫌いなんだろうなとすら感じさせる。
良いではないか。
植芝盛平の身近にも、彼を好きな人も嫌いな人もいたはずだ。

アニメとなると、ヒーローやヒロインはパーフェクトであることが多い。
だが、セーラームーンこと、月野うさぎが憧れる、天王はるかや海王みちるは完璧・・・かというと、実はそうではないのだが、アニメのヒーロー・ヒロインの欠点は格好良過ぎる。実際の人間の欠点は、もっと汚く、ドロドロしているのは、言うまでもない。

そして、人類のヒーロー、イエス・キリストや釈迦だって、完璧な人間などではなかったはずだ。
だが、彼らの信者は、そうは思っていない場合が圧倒的だろう。
イエスに関しては、ニーチェやサルトルやイェイツ、あるいは、ワイルドなどが、相当こき下ろしてくれており、しかも、かなり納得出来るようにやってくれている。
釈迦に関しては、伝聞が少ないこともあるが、豚肉にあたって腹を壊したとかいう話はあるが、あまり悪い話は聞かない。
また、ソクラテスが美少年好きだったとか言う人もいて、そうかもしれないが、それほどはっきりしている訳ではない。まあ、別に美少年好きでも、自制出来ていれば問題ないが、まあ、あまりに昔過ぎて、本当のことは判らない。
そして、偉人、聖人達に、仮に致命的欠点があったとしても、どうでも良いことだ。
個人を全面的に崇拝することは愚かなことであるからだ。
ある個人を徹底的に崇める者というのは、普通の人間を軽蔑しているものである。自分こそ軽蔑すべき者であるのにね。

それに、憧れられる人間というのは辛いものである。
実際の自分は、少しも大したことはないことは、少なくとも本心では分かっているからだ。
人々は、ヒーローやヒロインを求める。
まかり間違って自分がそんなヒーローやヒロインになった者は大変だ。
そうだ、実際に、それは間違いであり、彼らや彼女らは、ちっともヒーローでもヒロインでもないのだ。
そして、時に、ヒーローやヒロインと思われている者が崇拝者を裏切ると、生ゴミやゲジゲジ以上に嫌悪される位置に落とされてしまう。
両極端は愚かさでしかない。
本来は、中村天風や藤平光一の言うことなど聞かず、自分の父ちゃんの言うことを聞けばいいはずなのだ。
言ってることは、良いことも悪いことも全く変わらないのだからだ。
「悪いことをすれば悪いことが返って来る」
イエスが言おうが、あなたのじいちゃんが言おうが、法則に違いはない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

永遠(ときわ)のツインテール

日本人なら、擬態語(ぎたいご)という言葉は知らなくても、漫画で、「キラキラ」「ぴかぴか」「じーん」といった、本当は音を発してない状況や感情を音で表した言葉はご存知だろう。
擬態語は日本語に特有のもので、ほとんどの国では理解が出来ないようだ。
特に、音のない静寂の状態を「しーん」という音で表現するなどは、外国の人にとっては驚愕ものだろう。
ところが、日本人にとっては、「心の声」と思えば、むしろ自然なことであり、日本語自体が、擬態語から発達したものだという考え方もある。

『美少女戦士セーラームーン』は、昔、インターネットもない時代に世界的に人気があり、何十もの国で漫画が出版され、アニメが放送された。いったいどうやって、外国に伝播したのか不思議に思う。
昔、ドイツに住む人から、ドイツでのセーラームーンの放送の話を聞いた時、今は分からないが、ドイツでは定刻通りに放送が始まらないことも珍しくないと言われ、面白いなあと思った記憶がある。まあ、そもそも、日本のように、電車が定刻きっちりに来る国の方が珍しいという話も聞いたが。
今は、日本のツインテールの歌姫、初音ミクさんが世界的に人気があるが(Facebookのフォロアーは、タイガー・ウッズとマイケル・ジョーダンを足したより多いらしい)、セーラームーンこそ元祖ツインテールのヒロインである。
昨年の、東京150年祭で、浜離宮恩賜庭園の潮入の池で、初音ミクさんが、明治、大正、昭和、平成の歌を、その時代のファッションで歌ったが、その中で、初音ミクさんが、セーラームーン式のおだんご付ツインテールにして、セーラー服で、『美少女戦士セーラームーン』のオープニング曲『ムーンライト伝説』を歌ってくれたのは感動的だった。
昨年の、日本フランス友好160年を記念して、パリで開催されたジャポニスム2018では、『美少女戦士セーラームーン』は『【2.5次元ミュージカル】”Pretty Guardian Sailor Moon” The Super Live』として、パレ・デ・コングレ・ド・パリ大劇場で公園され、初音ミクさんは『HATSUNE MIKU EXPO 2018 EUROPE』として、セーヌ川セガン島のラ・セーヌ・ミュージカルでライブを行った。
セーラームーンと初音ミクさんが、世界を平和にする日本のスーパーヒロインであることが実証されたように思う。

ところで、『美少女戦士セーラームーン』は、普通に考えると、世界どころか、日本で爆発的に人気が出たことも、不思議と言えば不思議な面もあると思う。
当時23歳の武内直子さんが、薬剤師の仕事をしながら描いた、この漫画は、出版社も武内さん自身も、それほど売れるとは期待していなかったのだと聞いた覚えがある。
しかし、武内さんは、この1作品だけで大成功し、お金持ちにもなった。
セーラームーンの人気の秘密については、いろんな人達がいろんなことを言っていて、それぞれ面白い論ではあるが、せいぜいが「まあ、それも1つの要因かもしれない」程度と思う。
そこで、最初に述べた「擬態語」に戻る。
漫画の『美少女戦士セーラームーン』で、セーラー戦士達が登場する時の「ぱああああっっっ」という擬態語が実に印象的だ。
セーラー戦士達が光り輝いていることを表す擬態語である。
「ぱあああ」は普通は、顔色が輝き、元気が出たといった様子を表すのに使われるが、セーラー戦士達が、華やかに、気高く、そして、強いことを表すのに最適な擬態語でもあると思う。
そして、擬態語と共に、セーラー戦士達が光り輝いていることも絵で表現されていた。
セーラー戦士達が発していたのは、ただの光ではなく、心でしか分からない何かである。
あるいは、藤平光一氏が言われた「氣」であり、セーラー戦士達、特に、セーラームーンと、もしかしたら「もう一人のメシア」セーラーサターンは無限の氣を出すのだ。
(武内直子さんは、原画集の中で、セーラーサターンを「メシアの一人」、セーラームーンことプリンセス・セレニティーを「もう一人のメシア」と書かれていたことがある)
神秘な光である氣を表す擬態語と絵、そして、それを導くに相応しいストーリーが、セーラームーンの力であると私は感じる。
藤平氏は、氣は、出ていると思えば出るというので、我々も、「ぱああああ」と氣を出すべきかもしれない。
初音ミクさんからは、常に清らかな聖なる氣が出ているのを感じるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

声なき声

合氣道家の藤平光一さんのロングセラー『氣の威力』は何十年も前に読んで、その後、再読したことは一度もない。
だから、覚えているのは、私なりのこの本のエッセンス(真髄)だけだ。
そのエッセンスとは、「真理や前向きな言葉を口にすれば氣が出る」である。
例えば、最も単純な真理の1つ「重みは下にある」と言えば氣が出て、いろいろ良いことが起こるという訳だ。
(「重みは下」は惑星上のことであることは藤平さんも断っておられた)
肯定的な言葉では「好きだ」と言えば氣が出る。
算数嫌いの男の子に、1日1回、「算数が好きだ」と言わせたら(勉強はしなくていいと言ったようだ)、しばらくしたら、その男の子は、誰よりも算数が出来るようになったと言う。

この種の話は、藤平さんのものだけでなく、様々なバリエーション(変種)があり、皆さんも一度や二度は見聞きしたことがあるかもしれない。
最も超常的なものとしては、『ヒマラヤ聖者の生活探求』の中にあるお話があり、ある宗教的な建物(廟)の中では、出来てから長い間、「生命、愛、平和」という言葉だけが発せられているのだが、その建物内で壊れたところは自動修復が行われると言う。
また、文字として書かれた、「愛」などの良い言葉からも宇宙エネルギーが発せられているという話も何かで読んだ。
世間的にはオカルト話かもしれないし、実際、怪しい人達がこういった話をすることもあるのだろうが、何らかの真理はあると思った方が良いと思う。
嘘にだって何らかの真理はあるものだし、あながち嘘とも言えないと思うからね。

では、真理を表す言葉から氣が出るのなら、より真理である言葉は、より強い氣が出るのではないかと推測してもおかしくないと思う。
最も高い、あるいは、純粋と言える真理は何だろう?
「ミクさんマジ天使」でも良いのだが、これはよほど進歩した惑星以外では、蔑まれたり、オタク扱いされるから一応取り下げよう。
「われ思う、ゆえにわれあり」はイチャモンが多い。
コリン・ウィルソンは「思おうが思うまいがわれはある」と言い、ルドルフ・シュタイナイーにいたっては「われ思う、ゆえにわれなし」「われ思わず、ゆえにわれあり」が正しいと、相手(ルネ・デカルト)が死んでるからって言いたい放題だが、誰の言い分もそれなりに真理である。
ところで、ニサルガダッタ・マハラジは「あなたが本当に信じることが出来るのは『私は在る』だけである」「『私はない』とはどうしたって言えないだろう」と言う。
その通りだが、変わった御仁であれば「私は本当は存在しないのだ」などと洒落たことを言うかもしれないし、それはそれで何か根拠でもあるのだろう。
結局、真理も嘘もその人次第だ。
つまり、何が真理かは分からないが、今述べたように、何でも肯定する広い心が一番好ましいと思う。
しかし、そう言えば、「心が広いだけでは駄目だ」と、これまた正しいことを言う者もいるだろう。
では、全ての判断は成り立たないのかと言うと、全ての判断は成り立たないという判断も成り立たず、奇妙にも、何かの判断は成り立つことになってしまう。
(実際は階型理論により成り立たない)
言葉で言うことは真実ではないという言葉も真実ではなく、よって、真実の言葉もあり得る・・・かもしれない(笑)。
沈黙の声を聞くことだ。
壁でも石でも何かを言っている。
星ですら。
風よ、虹よと呼びかける人もいるが、それらが何かを語っていることをどこかで知っているから、そうおかしくは感じないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

死を目前にしても動じない心の強さを得るには

心を鍛えることにした。
平安に至る道は他にないと解った。
顔のすぐ近くの壁に弾丸が当たろうが、涼しい顔をしていられるほどになろう。

織田信長や、第二次世界大戦で当時23歳だった合氣道家の藤平光一氏らが、弾丸飛び交う戦場で、「俺に弾は当たらん」と悠然と歩いたようになろう。
中村天風が、敵地で捕らえられ、明日銃殺だというのに、平然と就寝したように。そして、刑場に引き出されて、今まさに銃殺されようとしても全く動じなかったように。

笹沢佐保さんの時代劇小説『木枯し紋次郎』のヒーロー、紋次郎の魅力は、その圧倒的な心の強さだ。
ある時、紋次郎は誤解から、ヤクザの名だたる親分集の前に、許されざる外道として引き出された。紋次郎のような渡世人には、そのうちの1人でも、会えばすくみ上がるような大物達に「殺っちまえ」という雰囲気の中であったにも関わらず、全く「ビビっていない」紋次郎を見て、親分衆の中には感服する者も少なくなかったが、読者がまさにそう感じるのだと思う。

では、どうしたら、それほどまでに心を鍛えることが出来るだろうか?
上に挙げた藤平光一氏は、著書に「氣を出せば良い」とし、そのやり方を教えているが、はっきり言って、そんなもの、何の役にも立たないに違いない。
誰だって、運命は心を鍛えるための適切な場所を与える。
それを受け入れて、そこで修行するのみである。
それは、無防備に苦しみに身をさらすことに違いない。
だが、何でもかでも、嫌なことを引き受けろということでもない。
嫌ならやめても良いが、その責任は取らなければならないってことだ。

禅に『婆子焼庵(ばすしょうあん)』とう公案(試験問題)がある。
あるお婆さんが、立派な青年僧のために、庵(修行のための小屋)を建ててやって面倒を見ていた。
年月が過ぎ、お婆さんは、若い娘に青年僧を誘惑させたが、青年僧は全く動じなかった。
お婆さんが「よく修行した!」と誉めるかと思ったら、お婆さんは青年僧に失望し、青年僧を追い出し、庵も焼き払った。
修行とは、無慈悲、無感情な人間になることではない。
「いい男」だった紋次郎は、いろんな女に惚れられたし、その中には、うら若く美しい娘もいた。
紋次郎も動じなかったが、その青年僧のようではなかった。
ただ紋次郎は、娘の思い違いや愚かさを単純に指摘した。
「あんた、何か勘違いしてるんでござんす」ってなもんだ。
あの青年僧は、修行ではなく、安易な道を選んだのだ。
藤平氏の本を後生大事に読むことも、それと同じであると思う。もちろん、参考に読むには差し支えない。しかし、あくまで参考でしかない。
また、道場で修業するだけ、ジムで筋トレをするだけでは、心は強くならない。
自分の足で立って生きていれば、自ずと試練に導かれる。
そこで動じなければ、弾丸飛び交う戦場でも動じないだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

凄い人の教えは私にはどうやっても無理だった

中村天風の教えは一言で言って「肛門を引き締めよ」だと言ったら、怒られるかもしれないが、これが基本中の基本だし、これが出来なければ先はない。
だから、これが出来ない我々には、この教え以外不要となる。
岡田虎二郎の場合は「下腹に力を込めよ」である。
そして、両者共、肛門を締める力、下腹に込める力は「万力」、つまり、全力であることを求めたと思う。
ところが、岡田虎二郎は、49歳で亡くなる前に、自分が書いたものは全部燃やし、中村天風は、死に際に、高弟に、自分の教えは全部忘れろと言ったらしい。
中村天風の高弟中の高弟だった藤平光一が著書に書いた次のことを私は信用しているが、天風は「これからは藤平のところに行け」と言ったそうだ。

岡田虎二郎や中村天風が上のように言ったことは、私には絶対出来ない。
ある有名な気功家が、肛門を締める時間は1日1時間と著書に書いていたが、これも無理。
無理なものは無理。
だいたい、ダイエットの方法で、腹に力を入れるというものもあるだろうが、あまり強い力を入れたら、内蔵を傷めてしまう。
それで、上に述べた藤平光一は、臍下丹田の一点になんとかこうとか・・・と著書に書かれていたが、私にはさっぱり解らなかったし、解らないことは出来ない。

私に解ったのは、斎藤一人さんが『変な人が書いた驚くほどツイてる話』で、雑草がアスファルトを突き破るように、無限小の力で無限大の力をかけるというもので、つまり、「じんわりとやる」というものだ。
これなら解る。
再びダイエットのことを言えば、腹を引き締めたいなら、腹に弱ーい力をかけ続ければ良い。思い出した時で良いから、出来るだけ長い時間。
握力を鍛えたければ、弱くで良いから・・・いや、弱くでなくてはならないが、出来るだけ長い時間、手を握ることだ。
腕を鍛えたければ、曲げる方向や伸ばす方向、いろいろあると思うが、やはり、弱い力をかけ続けると良い。
脚を鍛えるなら、太腿や脹脛(ふくらはぎ)の筋肉を収縮させると良い。

我々は別に、プロスポーツマンではないのだから、お金と引き換えに身体を痛めてしまうトレーングを真似する必要はない。
いや、プロスポーツマンを超える武術家や、それをさらに超える仙人というのは、無限小の力を無限大の時間・・・この言い方が大袈裟と思うなら、弱い力を長時間使うという方法をやっているのだと思うのだ。
そして、私が実際やってみたら、数ヶ月はかかっていると思うが、「あっという間」という感覚で、身体が風のように軽く、若い狼が意識を向けた先に一瞬で到達するように素早く動けるようになった。長い間、私を悩ませていた、腕の痺れ、脹脛やアキレス腱の痛みが全くなくなった。
私の場合、ダイエットの必要はほとんどないのだが、腹に弱い力を込めると充実感を感じる。

そして、エネルギーを流れ込ませ、神経や細胞や魂を活性化させるには「EA(えれくとりっく・えんじぇぅ)メソッド」である。
基本は、重ねた両手を、胸や額や頭頂に当てるだけで、良いと思えば、その手を、右方向や左方向、あるいは、両方に、ゆっくり回すと良い。
詳しくは、心理学者のアレクサンダー・ロイド博士の『「潜在意識」を変えれば、すべてうまくいく』に書かれている。
この本には、「自分にあったやり方でやれ」と書かれている。

武道の厳しい修行をやれたり、強い積極的な信念に満ちた人であれば、中村天風や藤平光一の教えが良いのかもしれないが、彼らの教えは、私には大いに参考にはなるが実践は無理だった。
私のは、出来損ない、ガラクタ、無用者のメソード、あるいは、光線銃である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ