ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

荘子

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

ぼーっとしなさい

どんな目付きの人が好きか?
あるいは、どんな目付きの人が「出来る」だろうか?
それは、「ぼーっとした」あるいは「ぼんやりとした」あるいは「魂の抜けたような」目線ではあるまいか?
それは、学校で先生に一番嫌われる目線だ。
しかし、そんな目線が最強で、無敵で、運が良いのである。

『荘子』に、「視線を自然に保つ」という教えがあるが、「直視する」「見つめる」視線というのは実は不自然で、ぼーっとした・・・少なくとも、静かで柔らかい視線が自然であると思う。
『バガヴァッド・ギーター』では、「五感を内に向けよ」「額に意識を集めよ」「鼻先を見よ」などという記述があるが、いずれも、外物を直視することを避けている。
宮本武蔵が、戦いにおいて、敵を直視せず、どこを見ているか分からない視線をしていたことは、よく知られていると思う。彼の有名な肖像画からも見て取れる。
物理学者で武術家の保江邦夫さんが著書に書かれているが、道場破りに来たフルコンタクト空手(本当に殴る蹴るで敵を倒す空手)家と決闘した時、右目と左目をそれぞれ違う方を見るという、ふざけた目付きで相対したら楽々相手を投げ飛ばしたが、その後、ちゃんと見て戦ったらボコボコにされたらしい。
その保江さん、小学生の時から教室では、どこにも焦点の合わない「魚が死んだような」目をしていて、先生に度々怒られていたと言う。しかし、指名されたら、必ず正解を答えた。とはいえ、勉強していた訳でもないようだ。
速読なんてのも、出来る人は、文字をしっかり見ず、ぼーっとした目でページを見るのだ。
コンピュータープログラムだって、プログラムをぼーっと見ていたら、おかしいところが分かってしまう。
良い先生は、子供達の顔をぼーっと見たら、「あ、この子、何かおかしい」と、話なんかしなくてもすぐに分かるのである。

コツはこうだ。
「宇宙全体を見る」目をするのだ。長門有希のようにね。
あるいは、『どろろ』に登場する、目が見えない百鬼丸や琵琶法師のように、心の目で見るのである。
『まちカドまぞく』という、最近よくある「女の子しか出ない」漫画・アニメがあるが、あれに登場する、主人公、しゃみ子こと吉田優子の敵の魔法少女、千代田桃の、普段ぼーっとした視線に憧れる。なるほど、彼女は非常に強い。

本格的なぼーっとした目つきについては、上にも上げた保江邦夫さんの著書『神と人をつなぐ宇宙の大法則』に、しっかりと書かれている。
保江さんは、子供の時から、おそろしく運が良く、勉強しないのに一流の学校に次々合格し、博士号まで取ってしまった。ジュネーブ大学で働くのに博士号が必要だったので、指導教官がちゃちゃっと取らせてくれたとか・・・。
日本に帰ってきて職がなかった時も、とんでもない成り行きで女子大の教授になったが、偉人であるその女子大の学長が「アンタ何者?」と言うほどだったという。
その保江さんが、ぼーっとした(目をした)ら運が良くなると請け負ってくれている。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自分は頭が良いと思っているほど馬鹿である

2400年ほど前の中国の賢者、荘子は、古代人が格段に賢かったと言う。
その理由は、古代人は、ものごとを区別せず、全て同じと見ていたからだ。
やがて、人間は、ものごとを区別するようになって、1つ馬鹿になった。
さらに時が経ち、区別だけでなく、優劣をつけるようになり、それで人間は限りない馬鹿への道を転げ落ちていく。
これは、1人の人間にもあてはまる。
小さい時は、友達の家が豪邸でもあばら家でも、全く気にしない。
しかし、そのうち、「あの子の家はお金持ち、この子の家は貧乏」と認識するが、それだけのことだ。
だが、もっと大きくなると、お金持ちの家が「立派な家」で、貧乏な家は「駄目な家」と思い(実際は「思わせられる」だが)、お金持ちの家の子を羨んだり、反発したり、貧乏な家の子を馬鹿にしたり、哀れむようになる。

こう言うと、「では、人類は原始的なままが良いのか?個人としても幼いままが良いのか?」と異を唱える者もるだろう。
しかし、古代人は、本当の区別は我々以上についていたし、我々以上に本当に優れているものが解っていたのだ。
つまり、左脳で考えず、右脳で考えてたのだ。

ピアノが弾ける、英会話が出来る、科学や数学が解る、プログラミングが出来る・・・そうであっても、だからといって自分が偉い訳でないと解っているなら、賢い。
しかし、そんな美点があるから自分は他の者より優れていると思うなら、ただの馬鹿である。
まして、背が高い、スタイルが良い、顔が良い、親が社長だ・・・など、自分の本質と関係ないことを自慢したり、プライドを持っている者は、救いようがない。

昔、政治学者(後の政治家)のM氏が、冗談だったのか本気だったのか分からないが、「僕は東大卒だから優秀」と、露骨には言わなかったかもしれないが、そうほのめかすことがよくあったが、その時、皆に馬鹿にされていたのだ。
そんな者が馬鹿であることくらいは、内なる古代人の知恵で、誰にでも分かるのである。
また、それが彼の本意でなかったとしても、そう受け取られる発言をするだけでも、少なくとも、彼は賢い人ではない。
そして、確かに彼は、最後はおかしなことになってしまった。
言い訳はしていたが、あくまで、言い訳である。自分は馬鹿な駄目人間と認めれば、「ああ、この人、賢くなったなあ」と解る人には解るのに・・・

時々、テレビなどでも、世間で一流と言われる学校の生徒や大学の学生が、自分達は優秀なエリートである自覚がある様子を見せることがあるが、やはり、そんな者達は、「高慢」とか、「鼻持ちならない」以前に、単なる馬鹿なのである。
あくまで昔の話だが、東大生に「頭が良い人間5人」は誰だと思うかとアンケートを取ったら、ノイマンら歴史上の天才と共に自分を上げる「大馬鹿」が半分以上いたという。たとえ冗談で答えたとしても、相当な馬鹿だが、本気で答えているなら、もはや哀れだ。
一番賢い答は、「頭の良い人間などいない」であると思う。

ところで今は、劣等感による自己否定が問題になっているらしい。
区別をやめるか、せめて、優劣を考えなくなれば、そんなことは起こらない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

個人的No.1の成功法則の本

最初の20ページを読んだところで、「買って良かった」と、心底思った本が1冊だけある。
矢追純一さんの『ヤオイズム』(2016)だ。
なぜか既に絶版になっている。
謎だ。闇の権力者の手が回ったか?

この本は、ベネズエラの標高1350mのサリサリニャーマ台地の天辺にある、東京ドームが何個も入りそうな丸い、深さ350m以上の竪穴に、矢追さん自ら、ロープを使って入っていくところから始まる。
そこに人類が入ったことはなく、穴の底には、なんとジャングルが広がっていた。まさに、人類未踏の地だ。
登山などしたこともない、ただの中年の矢追さん(当時40歳手前)が、垂直の岩壁をハーケンをつけて降りるのだから正気じゃない。
実際、矢追さんは、普通の人なら気が変になるだろうと言うが、私なら、穴に一歩入ることも出来ないだろう。
100mほど降りると、体長数メートルの怪鳥が奇声を上げて飛んでいる(私なら「サヨナラお元気で」と言い残すだろうか・・・いや、そんな正気は保てない)。
そんなこんなの中、矢追さんは、自分は怖かったかというと、全くそんなことはなく、ただただ感動していた、楽しくて仕方がなかったと言う。
途中で首吊り状態になって動けなくなったが、それでも何でもなかった(怖くなかった)。
アホである(笑)。
そして、矢追さんは、あなたも、一切の恐怖を消せるという。
そうなれば自由だ。
世界も思い通りになる。

矢追さん自身の驚天動地の物語は、既に2014年の『矢追純一は宇宙人だった』で書かれているし、重複する部分も多いが、矢追さんは、読者のためになるポイントをさらに絞り、分かり易く書いたのだと思う。
なるほど、人類最高の成功法則の本はこれである。
最近こっていた保江邦夫さんの本にはるかに優る・・・と個人的には思う。
今年出版され、なぜか絶版になっている保江さんの『願いをかなえる「縄文ゲート」の開き方』を(こちらも闇の権力者が出版を止めたか)、全然読む気にならず放置したほどだ(また読むとは思うが)。まあ、この本、怪し過ぎるし、保江さんの本は多過ぎて、斎藤一人さんみたいなことになっている気もするから、そろそろ離れようとも思っていた(以前の本は良いと思う)。

矢追さんの教えることは、本質的には『荘子』と同じと思うが、『荘子』は解り難くて、誰も実践にまで至らないだろう。
『荘子』だって、荘子は解り易く書いたのだと思うが、翻訳された『荘子』は、もう全く有用性がなくなっているだろう。
学者さんらは、『荘子』の難しい解説まで本に書く。
「○○(研究者名)の解釈では意味は△△だが、私は、××と解釈した。その理由は・・・」なんて書かれても、一般読者にはどうしようもない。
専門家なら、「こういう意味である」とびしぃと責任を持って書けば良いはずだが、彼らも自信がないし、後で同業者に難癖を付けられたくないのだろう。
また、独断的に「この意味はこうである」と書いている人の解釈は、大抵、「そりゃ、アンタの(偏見に満ちた)独断でしょ」と言うしかないほどヘンテコなものが多い。
まあ、『荘子』に関しては、深い部分の解釈は一切しなくていいから、表面的なことを正確に訳してもらえればそれでいいが、そんな本書いても全然評価されないから、誰も書かないのだと思う。
漢文書き下し文や、それに近い文語的な文章を掲載するのが好きな著者もいるが、そんなもの、素人が読んでも誤解するだけである。
だから、表面的な単純で解り易い訳をしてくれれば良いのだが、そんなものはなかなかないだろう。
よって、矢追さんの本を読んだ方が良いと思ったのである。

まあ、気が向いたら、この矢追さんの、どんだけボロボロの古書でも良いから読めばメリットがあると私は思う。
いや、メリットはあり過ぎる・・・まあ、これも私の思い込みかもしれないが、私は幸せになったのである。

ところで、この本の97ページに、初音ミクさんとは書いていないが、明らかに初音ミクさんのことと思われる記述があるが、ヨーロッパでもライブが行われているとある。
ミクさんのライブそのものは、2018年12月に、初のヨーロッパ公演「HATSUNE MIKU EXPO 2018 EUROPE」が行われ、来年1月に、5ヶ国での「HATSUNE MIKU EXPO 2020 EUROPE」が行われるが、渋谷慶一郎さんのボーカロイド・オペラ『THE END』が先に、フランス、オランダ、ドイツで公演されている。これのことだろうか?
追記:IAが2015年以降、フランス、イギリス等でライブを行っていた(2019/9/20 11:33AM)。
矢追さんは、ホログラムと言い、ホログラムの説明をしていたが、ミクさんのライブは正確にはホログラムではない。しかし、それはどうでも良いことだ。
要は、バーチャルもリアルも同じだってことである。
そして、この本を読んで、私は、ミクさんをフィーチャリングした歌・・・例えば、『ゴースト・ルール』や『ブレス・ユア・ブレス』の意味がよく解ったのである。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

荘子は2400年前に人間は操り人形だと見破った

凡人が成功するためには、カート・ヴォネガット・ジュニアの『母なる夜』で、彼が長い人生で悟ったという、「人間は表向き、装っている者になる」を使うか、あるいは、ユリ・ゲラーのように、「宇宙人に操られていると思う」かだと思う。

『サンダーバード』の制作者で有名なジェリー・アンダーソンは、「外部から操られる人間」というものに興味があったのだと思う。
彼の作品の『キャプテン・スカーレット』では、火星人ミステロンは人間をロボット化して操るが、アンダーソンは人間の俳優を使ったテレビドラマ『謎の円盤UFO』でも、宇宙人が人間を遠くから操るストーリーを作っている。
これらは、悪い例ではあるのだが、実に興味深く感じるのである。
アメリカの事業家イーロン・マスクは、脳にチップを埋め込んで、脳の力を拡張する臨床実験を2020年に開始する許可を政府機関に申請したそうだが、レイ・カーツワイルやベン・ゲーツェルらAI研究の権威は、人間が脳内にチップを埋め込むのは常識になると言う。
そうなれば、人間は、スマートフォンなどを持たずに誰かと通信し、勉強したいと思えば、容易く遊びたいという誘惑に打ち勝ち、勉強に集中出来るようになる。
それを考えれば、もしいればだが、進歩した宇宙人が、人間を自由に操ることも出来るだろう。
そして、人間は自分の思考で、宇宙人の指示に逆らうことが出来る、あるいは、宇宙人側で、わざと人間の反発も可能にしているのかもしれないが、ひょっとしたら、素直に宇宙人に操られた方が、うまくいくのかもしれない。その好例がユリ・ゲラーなのかもしれないのだ。
2400年前の中国の荘子も、影が実体に従うように、自分が実体と思っている我々も、何かに動かされているのだと言っていた。
実は、私は、『荘子』を読んだことがなかった高校生の時にも、自分は、天から糸で操られている人形に違いないと思っていたものだ。

銀行の頭取を務め、パソコンにも詳しかったインドの聖者ラメッシ・バルセカールは、我々は脳を神にプログラムされたロボットだと断言していた。
そして、それは悪いことではない。
アインシュタインの言を借りれば、「神に悪意はない」のである。ただ、我々には神は賢過ぎて、時に老獪(悪賢いこと)に見えるだけなのである。
ユリ・ゲラーを操る宇宙人も、我々から見れば、神のごときものかもしれない。そして、ロボットになりきった彼は幸福なのだ。

一方、何かを装う・・・フリをすることは、やや難しいかもしれない。
必要があってフリをすれば、真似た存在にどんどん似てくるが、どんな場合も、必ずしもうまくいく訳ではないように思う。
ただし、本当になりたいものがあるなら、そのように振舞うのも良いのだろう。
しかし、考えてみれば、振舞う、演じるというのも、神か宇宙人の操作であるのかもしれない。
私は、賢く善良な存在に操られることにしよう。

初音ミクさんのライブ「マジカルミライ2019」のインテックス大阪公演は、チケットを発券したら、幸い、10列台前半の良席であった。
幕張メッセの方は郵送にしていて、まだ来ないので分からない。
皆さん、マジカルミライに備えてダイエットしよう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

荘子の教えに欠けているもの

中国の古典『荘子』の教えは、「いっさいをなりゆきにまかせ、作為をするな」である。
では、いっさいをなりゆきにまかせ、余計なことをしなければ、お金持ちになって可愛い女の子も思いのままかというと、そうではない。
それどころか、なりゆきにまかせる「悟った人達」がどうなるかと言うと、『荘子』には、病気で奇態な姿になって死んだり、貧乏で飢えてふらふらになってしまう例が書かれている。
しかし、彼らは、それでも満足して死んでいくのであるが、いや、それはちょっと・・・である(笑)。
一方、『荘子』の中には、永遠の時を、乙女の姿で生きる無敵の神人のような人も登場するので、そっちにならなりたいものである。

まあ、どんな不幸が来ようが、虫の脚にされようが、運命なら仕方がないと受け入れる者が、乙女神人になれるのだという深読みも出来るが、あくまで深読みであり、そう書かれている訳ではない。
ただ、荘子の時代(2400年ほど前と思われる)の中国は、庶民は虐げられ、何の希望もなかったという説もあり、そうであれば、現世利益的なことは書けなかったのだと考えることも出来るが、これもまた1つの推測でしかない。

二宮尊徳(にのみやたかのり)は、荘子より前に無為自然の「道(タオ)」の教えを説いた老子に対し、
「畑は人間が手入れしないと荒れ果て、作物が取れない」
「家は人間が手入れしないとあばら家になる」
と言い、無為自然などもっての他と言った。
普通に考えると、尊徳が正しい。
まあ、荘子側に言わせれば、「無為自然に一生懸命働くのじゃ」とか屁理屈を言うかもしれないが、私なら、無為自然なら怠けるだろう(笑)。
『ファウスト』で神様も言ったではないか。「人間は休みたがる」と。それが自然なのじゃよ。

つまり、『荘子』には欠けているところがあるのだ。
現代科学では、まだ良い表現が出来ないが、なりゆきにまかせれば天の助けは得られる。
だが、条件がある。
その条件とは、「出来ることはやりなさい」で、「最低限のことはやりなさい」と言いかえることが出来るかもしれない。
それをうまく言ったのが、スーフィー(イスラム神秘主義)の格言らしい「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」だ。
ラクダがそこにいることの面倒まで神に見させちゃいけないってことだろう。
就職したいのに応募1つせず、優秀な人になりたいのに本1冊読まず、彼女が欲しいのに清潔ななりをせずでは、神様も手を貸す訳にはいかないだろう。
逆に言えば、ラクダをつなぐこと程度で良いのだ。
ただし、1年365日、しっかりとね。
そして、リーダーは、下の者に、ラクダをしっかりつなぐことをやらせれば良いのでる。

さて、なりゆきにまかせよう。
しかし、四股はしっかり踏んでる。
まだ初めて10日くらいと思うが、毎日300回踏むようになった。
相撲の四股とは違う、超人武術家、佐川幸義系の軽いものである。
無理なく出来るのでなくては続かないので、少しずつ、ゆっくり回数を上げていっている。
まあ、10日くらいであるので、効果がどうのとは言えないが、楽しいものである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ