ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

荘子

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

一番賢い人

不思議なこと、神秘的なことが好きな人のことを、否定的な意味で「夢想家」「神秘家」「オカルティスト」「現実逃避」等と言って蔑む人が多い。
だが、ある程度は、不思議なことが好きでないといけない。
なぜなら、宇宙は、不思議なことに満ちているからだ。

度の過ぎた不思議好き、神秘好きで、現実を見ないという人がいるという話がある。
だが、「現実を見ない」というのは、実は、不思議好き、神秘好きとはあまり関係がない。
不思議なことを話す者を馬鹿にしている学生には、毎日の食事が魔法のような力で出てくる・・・つまり、親が苦労してお金を稼いでいたり、食べ物の材料を誰かが収穫、生産し、そして、誰かが運んでいる・・・等ということを全く考えたことがないという者も多い。
上皇陛下、上皇后陛下が、子供の時の天皇陛下きょうだいを育てられる時、「毎日の食事が魔法で出てくるのだと思わせないよう配慮した」という話を聞いたことがあるが、普通の家庭の方が、よほど、そんなことを考えていないのだと思う。

この世が神秘に満ちていると言ったら、
「それは科学が未熟なためで、いずれは、全てを合理的に説明出来るようになる」
と言う者もいるが、それは傲慢というものかもしれない。
『ミクロの決死圏』というSF映画で、モノをミクロサイズに縮小する技術で小さくなって、人間の身体の中に入り込んだ科学者達がミクロレベルでの生体活動を見て、ある科学者は「神の存在証明だ」と言うが、別の科学者は「偶然の進化」と言う。
どっちの考えを支持するとしても、浅はかであってはならない。

2400年前の荘子が、人間の知性などたかが知れていると言ったが、賢くなればなるほど、そう思うものではないだろうか?
学校の試験の成績が良いことで自分が賢いと思うことは、実は馬鹿なことだと教えてもらえない世の中であることが、無駄な不幸や問題を起こしているのではないだろうか?
最も賢い者は、ソクラテスのように、「私は、自分が何も知らないということだけを知っている」と考えているかもしれない。

人間の中には万能の力があり、信じたことは実現する。
人間の知性の範囲で考えれば、これは愚かな考えである。
だが、自分を超えた存在があると思うことが出来るなら、希望を見出し、人生は生きるに値するものになるかもしれない。
もし、知性にとって神秘に感じるものがないとしたら、ある芸術家が言ったように、人生など下男にやらせておけば良いのであるが、その下男も真理を知れば、そして必要があれば、下男をやめることが出来る。

だが、それでも、人間の知性で全てを説明出来る、あるいは、説明出来るようになると信じる者がいるなら、それはそれで尊重する。
知性で一応の説明が出来ることも多い。
だが、当たり前の現象の背後にも、やはり、人間の理解を超えたものが存在する。
そして、なまじ感性が鋭く、知性があるために、解るはずがないことを解ろうとして悩む者もいる。
解らないことを、うまく留保することも知恵である。
解らないからといって否定すれば、解らなくても使えるはずの神秘の力を拒否することになる。
実際のところ、我々は、自分の手をどうやって動かしているかについても、ほんの少しのことしか知らない。
まして、奇跡のような大きな力のことは、ほとんど理解出来ない。
宇宙がどのように出来たか、少しは解っているかもしれないが、全体としては、全く解っていないに等しい。
だが、宇宙を創造した力が手を貸してくれるという好意を断わる必要もあるまい。








大きなものを観る

悩みがある時は、自然の絶景を見に行けば良いという話がある。
例えば、ナイアガラの滝とかマッターホルンとか。
まあ、なかなか、そんなところには行けないだろうが、日本にだって、富士山だけでなく、壮大で素晴らしい風景の場所はいくらでもある。
ただ、やはり、海外には、日本のものとはスケールの違いを見せつけたり、オーロラのように神秘性を感じさせるものもあって良いらしいが。

ポイントは、壮大さと美しさだが、壮大なものは、まず間違いなく美しいので、やはり、「想像を超えた大きなもの」が良いのである。
そして、我々現代人の弱点は、小さなものしか見なくなったことだ。
だから、富士山程度(と言ったら怒る人もいるかもしれないが)でも、たまに見に行くと良い。

目で見る感覚的な大きさだけでなく、「確率的」な壮大さも面白いものだ。
例えば、チンパンジーがデタラメに紙にインクをぶちまけたら大名作文学になるという偶然も、いかに確率が低いとはいえ、なくはない。
他にも、こんな話を聞いたことがある。プールの中に(大きなプールが良い)、バラバラにした時計の部品を投げ込み、水流だけで偶然に元の時計に組み上がる偶然だ。
ただし、こちらは、水圧の力不足で、物理学的に「確率ゼロ」が宣言されると思うが。

ところで私は、子供の時から、風邪をひいたりして高熱がある時、そういった「あまりに低い確率」が精神の中に押し寄せて来ることがあった。
今もあるかもしれないが、もう長い間、高熱に縁がない。
なぜ、そんなことが起こるのかというと、1人の人間自体が、あらゆる意味で、あまりに低い確率・・・チンパンジーの名作文学並の存在だからだと思うのだ。
これに関しては、1つには、こんな話がある。
あなたの両親や、その両親、さらに、その両親と、ずっと歴史を遡り、類人猿やチンパンジーや、もっと下等な動物、魚類、さらには、アメーバだった頃まで行っても、一度も(あなたの先祖を作るまでは)殺されなかったことは、奇跡なんて言葉では間に合わないほどの低い確率であったということだ。
まあ、魂の問題を考えると(たまたま生き残った生命に魂が宿った)、かなり有難味が薄れるが、物質的にはそんな論も成り立つかもしれない。
ということは、今、生きている人は皆、「超おめでとう」な存在だ。
私が、高熱にうなされている時感じる超奇跡は、もっと説明し難いものであるが、いずれにしろ、壮大の極致をさらに超えたものだ。

そして、少し前のことだが、どういう訳か、夢の中で、宇宙の広さというものを解ってしまった。
もちろん、そんなことを理性では理解出来ないし、あまり理性で捉えようとしたら気が触れてしまいかねないので、ささやかな直観で感じたのだと思うが、とにかく、解ってしまった。
なぜそんなことが起こるのかというと、ホログラムのようなものである人間の脳には、宇宙全体の情報が含まれているからだという説もあったような気がするが、実感として、そんな感じである。
まあ、あまりいつも大きなものを見ていたら、古代ギリシャの哲学者・数学者のターレスのように、星を見ていて地面の穴に落ちることになるかもしれないが、今の我々は、あまりに小さなものばかり見過ぎだ。

大きなものに馴染むことが、自分の能力や想像力にかけられた制限を外す鍵である。
『荘子』の第1章『逍遥遊(しょうようゆう)』で指摘されているのも、そんなことである。
一度、宇宙人さんに宇宙船に乗せてもらって、少しでも広い宇宙を見せてもらえば、悩みなど吹き飛ぶと共に、IQは打ち上げ花火のごとく上がると思う。
昔から、天文学者には引き寄せが上手い者が多かったのも、大きなものに意識を向ける機会が多いからかもしれない。
いずれにしろ、たまには、大きなものに思いを馳せることである。
1つには、冨田勲さんの最後のスペースサウンド『ドーン・コーラス』を聴くと良いと思う。








神人への道

普通は、正義、良心、信念がなければ、成功することは出来ない。
だが、いつか、正義が公式化したり、ファッション化したり、商業化したり、そして、プロパガンダ(特定の主義。特に政治的な主義)化する。
そうなると、もう、腐っていく一方だ。

正義や信念を磨くと、気持ちが良いし、世の中でも成功するし、幸運になる。
それで、「こりゃいいや!」とか「これで人々に幸せを与えられる」と思い、善意で正義や信念を大いに宣伝し、広めていくのだが、やがて、御利益や、称賛にばかり心を惹かれ、おかしくなっていく。
そして、「かつては、この団体は、理想を持っていたが、今の幹部達は堕落した」などという、よくあるパターンに陥る訳だ。
悪の団体なんてものは、元々は、正義の団体から始まったものが多いのである。

そこで、老子は、正義と信念で力をつけた者達に正しい道を教える『道徳経』(通常は『老子』という書籍)を説いた。
だから、『老子』は君主のための教えだと言われる。
だが、荘子は、老子の教えの根本的な正しさは認めつつも、立場や正邪に囚われない、さらに大きな道を説いた。
そのため、「老子は嘘つきで、荘子は大嘘つきだ」と言われる。
老子は、嘘つきというよりは、方便を言ったのだが、荘子は、普通の社会規範から言えば、滅茶苦茶に思えることを言っている。
だから、荘子は、一見、正義、信念、良心をあざ笑うようなことも言う。
「正義は正義と言った時点で正義ではなくなる」
といった感じだ。

荘子は、一番純粋で正しく、読むと憧れるが、力のない者が荘子の真似をしても、宗教かぶれした変な人でしかない。
かといって老子の真似をしても、誇大妄想狂だ。

『荘子』の最初の部分である『逍遥游』編の3話に、こんな話がある。
「ある山に神人がいる。雪のような肌をし、身体つきは乙女のようにすらりとして美しい。ものを食べず、清らやかな露を飲む。神人は何をするでもなく、ただ、雲に乗り、竜にまたがって、気ままに遊んでいるが、それでいて、存在するだけで人々に幸福をもたらす。いかなるものも(人も自然も)神人に敵対出来ない」
私は最近気づいたのだが、『荘子』は、そんな神人になるための方法が書かれている。
もちろん、神人になろうという欲望を持ってなれる訳ではないが、神人を敬う気持ちを持てば、超能力くらいは目覚める。
そして、この神人を心に置けば、正義や信念や良心につまづいてしまうことがない。
だから、本来、『荘子』の世界とまるで違う、ビジネスや政治など、闘争の世界にいる者にだって、『荘子』の愛読者が多いばかりか、中国の古典の中で『荘子』が一番だと言う大物も少なくないのである。
『荘子』の中で、孔子は散々こき下ろされているが、孔子は、老子すら、自分とは桁外れと言っているのだから、老子から制限を外した荘子であれば、正義と信念と良心の道を究めた孔子すら小馬鹿にするようにからかうが、さりとて、普通の人が孔子に及ばぬことも認めている。

今や、中国も、その他の国の指導者達も、孔子にも遠く及ばないばかりか正反対の場合が多い。
(トランプ大統領で老子レベル。小国には孔子レベルも多い。日本は非常に残念な状況)
それで、世の中はかなり危うくなっている。
だが、いかなるものも、荘子の神人にはまるで歯が立たない。
『荘子』を読んで、神人の道をぼんやりとでも掴んでおけば、まあ、心配はいらないだろう。
ところで、『荘子』の書籍には、著者が個人的見解を並べ立てたものが多く、私はそういったものは好きではないので、訳者が出しゃばっていないものを下に紹介する。








老けない人達

「時間の矢」という言葉は、ごく一般的な言葉のようだが、実はこれは、1927年にイギリスの天文学者アーサー・エディントンが提唱した重要な概念で、物理学の未解決問題でもある。
つまり、なぜ、時間は過去から未来にしか進まないのかは謎なのだ。
なぜ、赤ん坊は老人に進むことしか出来ず、老人が赤ん坊に戻ることが出来ないのか?
20世紀最大の詩人と呼ばれた、アイルランドのW.B.イェイツは、何かの詩で、
「老人の望みは、もう一度若くなって、あの娘を抱くことなのだ」
と、ごく正直なこと(笑)を書いていたが、なぜ、それを実現出来ないのだろう?

手塚治虫さんの有名な漫画『火の鳥』のどれかに、ある年齢に達したら、老化していくのではなく、若返って、赤ん坊から卵子に戻って消えてしまうという男性の話があった。
確か、火の鳥の血を舐めると、永遠の命が得られ、ほんの少し舐めただけでも、老化が遅くなるということだったと思う。
その、若返っていく男性は、火の鳥の血の作用が強く出たのだろうか?

合氣道家の藤平光一さんは、ある時から、誕生日が来る度に、年齢を1つずつ減らしていったらしい。
それで、ある程度は若さを保ったかもしれず、91歳まで生きたのだから立派ではあるが、それほど特別な長寿という訳ではない。

老化を早めるのは心労であるから、楽天的でいれば、若さを保てる。
トラインの『In Tune with the Infinite』(翻訳は『人生の扉をひらく「万能の鍵」』等)という本には、80歳を過ぎても25歳以下にしか見えない、楽天的な女性の話があったと思う。
また、老化というのは、簡単に言えば、酸化であるらしい。
だから、ビタミンCやポリフェノール(赤ワインやチョコレートに含まれる)といった、抗酸化作用(酸化を防ぐ)を持つ栄養を持つものを摂取すれば、やはり老化は遅くなる。

だが、最も重要なことは、老化、そして、時間が進んでいくことは、「冷える」ことである。
熱いコーヒーが冷めていくように、宇宙は、温度低下に向かっている。
遠い先ではあるが、いつかは宇宙には熱はなくなる。
若いということを、心が熱いことだと言うことも出来そうである。
言うなれば、心が熱い限りは青春だ。
だが、やはり、心は冷めるように出来ている。
若い時は、野球やサッカー等のスポーツに「熱く」燃えていても、身体が衰えれば、心も冷えていく。
確かに、歳を取っても、観戦専門の場合が多いが、スポーツに夢中な者は若々しい場合が多いが、どこかバランスが悪い。
若い女の子が好きだと、心が熱いこともあり、ロリコンの男が若く見えることもあるが、これもやはりバランスが悪く、若いよりも気色悪さが目立つ。
もっとも、ロリコンであったのは間違いないが、ルイス・キャロルは、60歳を過ぎても若々しく、顔にしわ1つなかったというが、立派な風貌をしていたようだ。

木の葉は枯れるが、木の枝からは、新しい葉が生まれる。
つまり、木自体には生命力があるのだ。
そして、数百年、あるいは、千年を超え、どこまで寿命があるのか分からない木もある。
『荘子』には、そんな木は、「無用(役に立たない)」からこそ長寿であるのだと書かれている。
『荘子』の中には、数千年の時を生きながら、少女のように美しい仙人が登場する。
そして、仙人の生き様も描かれている。
人間と仙人の違いは、精神の使い方である。
その思考は、「是非好悪の判断をせず、いっさいをなりゆきにまかせる」である。
つらつら考えていて、やはり、ここにたどり着いた。
本当にそれが出来れば、永遠であり、安全であり、幸運であり、無敵である。








現実は夢と同じ

この世は夢・・・というのは、いかにもロマンチックな空想のようだ。
『閑吟集』(小歌の歌謡集。1518)の有名な歌、

何せうぞくすんで一期は夢よただ狂へ
(悟りすました顔をして何をしようというのだ。どうせ人生は夢だ、ただ狂え。)

は、「人生は夢に過ぎないから無責任になれ」といった雰囲気も感じる。
だが、夢こそ真面目にやらないといけない。

そして、本当に、この世界は夢である。
『荘子』の中で、賢者が言う。
「お前も私も、間違いなく夢を見ているのだ。だが、それに気付くことはない」
真の洞察を得た者で、この世界が夢ではないと言う者はいない。
夢とは、偶然に出来た自然発生的なものではなく、心が作り出したもののことを言う。

目が覚めている状態(以降「現実」)と、眠って夢を見ている状態(以降「夢」)には、何の違いもない。
あえて違いがあるとすれば、ラマナ・マハルシが言ったように、「現実は長く、夢は短い」ことだけである。
そして、夢の方が、よほど真実である。
ところで、夢と現実の、重要な違いにお気付きだろうか?
それは、夢の中の方が、現実より、予測出来ないことが起こるということだ。
普通に考えられているように、夢は自分の脳で作っているものだとしたら、そこで起こることは、自分の思考パターンに合っているはずだ。
しかし、実際には、夢では、全く意表を突く出来事が起こっているのである。
例えば、自分がよく知っている人が、夢の中では、現実ではおよそ言うはずがないことを言い、やりそうにないことをする。
「そりゃ、夢の中では理性があまり働かないから、奇想天外なことも起こるさ」
と言う者もいるだろうが、明晰夢(自分で夢を見ていると気付いている夢。理性が働いている)では、理性があるのに、意表を突いた出来事が起こって、結構驚かされるのである。
(ちなみに、私は明晰夢が多い)

ところが、現実でも、理性を消せば、予想外のことが起こる。
それは、覚醒剤を使えば、限定的にだが顕著に見られることだ。
だが、覚醒剤は、心の支配権を失うので、好ましくない。
つまり、理性を消しつつ、心を支配しなければならない。
分かり易い言い方をするなら、「理性を消す」と言うよりは、「理性を穏やかにする」「穏やかな理性を持つ」ということだ。

最初に、「夢の中でこそ、責任を持たなければならない」と言った理由はそこにある。
何でも起こり得る世界、起こし得る世界でこそ、責任を持たねばならないのだ。
この「責任」とは、普段、我々が使う「責任」とはスケールが異なり、喩えて言えば、「王の責任」である。
なぜなら、夢の中で、何が起ころうと、何を起こそうと、それは、夢の国の王たる自分の責任である。
そして、それは、現実も同じだ。
理性を消せば(理性を微かなものにすれば)、現実では何でも起こせるが、その責任は世界の王である自分にある。
だから、秘教の教えでは、理性を超えた理性である愛を持てと言うのである。
愛を難しく言う者が多いが、一応は、見返りなしでも好きなことと言って良い。
それを持てば、まるで自由に好きな夢を見るように、現実も自在に作り変えることが出来る。
同時に、見返りがなくても好きなものを持ち、それを徹底的に好きになれば(愛すれば)、世界は自由自在である。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード