ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

荘子

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

最も励むべきこと

何かに励むと言う時は、良い行いや努力をすることだと思われることが多い。
勉強に励む、筋トレに励む、読書に励む、ボランティアに励む・・・等だろう。
泥棒に励むとか、犯罪に励むというのは、イメージは悪くても、言葉としては成立する。
なぜなら、犯罪にだって、「励む」の必要条件と思われる「意思」と「行動」があるからで、ある意味、「積極性」が見られるからだ。
しかし、飲酒に励むとか、(下らない)遊びに励むとは、普通、言わない。
これらには、行動は見られても、意思や積極性に欠けるからだ。
つまり、励むというのは、意思と積極性が必要なことだ。
まあ、積極的意思とか、単なる意思でも良いのだが、とりあえず、意思と積極性としておこう。
行動に関しては、必要ならついてくるもので、特に強調しなくて良いだろう。

では、人間の、最も良い励みとは何だろう?
それは、「思考停止に励む」ことだ。
だが、言うまでもなく、「思考停止」という言葉のイメージは悪い。
学校や社会では、「自分の頭で考えることが出来る」という人間が立派な人間だと「大誤解」している。
凡人は、「何も考えないやつが自分を駄目にし、周囲に迷惑をかける」と言う。
だが、それなら、どう見ても与太者(要はどうしようもなく駄目なやつ)である者に、「何も考えるな」と言って見ると良い。
すると、そいつが少しはマシなら、「そんなことは不可能だ」と言うだろう。
自分が考えているか、考えていないか分からないほど愚かな与太者の場合、脳波を測定すれば良い。
すると、「考えるな」と言われても、与太者の脳波は、思考状態のベータ派や、さらに思考活発なガンマ波に近いような脳波になっている。
一方、一般には、「物凄く考えている」と思われる、将棋の名人の対局中の脳波は、まさに、思考停止のアルファー波や、睡眠時のシータ波の状態である。

思考停止に近付くほど、良いアイディアが閃き、良いアルゴリズム(問題解決手順)が自動的に浮かんでくる。
そして、目覚めたまま、完全に思考停止したシータ波になれば、不可能はなくなる。
引き寄せが出来るのは、アルファー波からで、シータ波だと奇跡的な引き寄せが起こることもある。
逆に言えば、シータ波でなければ奇跡は起こせず、アルファー波でなければ引き寄せは出来ない。

普通は、なかなか自分の意思で思考停止出来ないので、アファーメーションやマントラを唱えたり、呼吸数を落としたり、何かに集中したりして、思考停止に近付く。
(あるいは、ヘミシンク効果を利用したり、 ソルフェジオ周波数の音楽を聴くという方法もある)
こういった、アファーメーションや呼吸制御等のメソッドは、あくまで、思考停止の手段である。
だから、自分に合ったものであれば、どれを選んでも同じである。
だが、本当は、自分の意思で思考停止出来るのが一番良い。
だから、『荘子』の中で、荘子は、孔子が弟子の顔回に「坐忘が出来るようになった」と言われた時、孔子は顔回を褒め、孔子は自分が顔回を見習うと言わせたのである。
坐忘とは、仏教用語になっていて「雑念を去り、我を忘れる」ことで、忘我とか没我ということだが、元々は、この『荘子』から出ている。
そして、坐忘とは、まさに、思考停止の状態だ。
坐忘の状態になれば、それは神人であり、宇宙と一体であり、神仙であり、万能である。








世界はこうであるという基本

この世界の実体は、だいたい、次の2つのように言えるのではないかと思う。
1つは、無数の世界が同時進行するパラレルワールド(並行世界)であるということ。いかなる世界も存在し、想像すれば、想像した通りの新しい世界も生まれる。
もう1つは、VR(仮想現実)であること。映画の『マトリックス』のような、コンピューターが作った3Dゲームのような世界なのだ。

ところで、昔から、似たような考え方があったと思う。
これも2つ取り上げよう。
1つは、世界は夢であるというものだ。これは、VR(仮想現実)と同じような意味になる。
2400年前の中国の荘子は、「私もお前も、間違いなく夢を見ているのだ」と『荘子』に書いている。
もう1つは、この世界は劇(演劇)で、我々は役者だというものだ。
「20世紀最大の詩人」と言われたアイルランドのノーベル賞作家W.B.イェイツ(1865~1939)は、『ラピス・ラズリ』という詩で、我々はシェイクスピアの劇のようなものを演じているのだと述べている。

で、荘子やイェイツは、この夢とか劇である世界をどう生きれば楽しくなるかについて、荘子は、
「余計なことをしようとせず(作為をせず)、なりゆきにまかせろ」
と言い、イェイツは、つまるところ、
「陽気でいろ」
と言ったのだ。つまり、深刻な顔すんなよということだ。

そこで、贅沢を言えば(笑)、夢や劇、あるいは、VRのシナリオを作っているのが誰で、どうすれば、楽しいシナリオに変えられるかだ。
これはとても簡単だ。シナリオを作っているのは自分と考えて良い。
パラレルワールドには、既にあらゆるシナリオの世界があり、何なら、新しい好みのシナリオの世界を作ることが出来る。新しい世界を作るには、想像すれば良いだけだ。
後は、望みのシナリオの世界に行けば良いだけだが、簡単に、一瞬で行ける。
というか、我々は常に、望みの世界に瞬間で移動しているのだ。
まあ、嫌な世界に行くことを望んでいる場合も多く、それで、「俺は何でこんなに不幸なんだろう」って思ってるわけだ(笑)。

我々は、常にパラレルワールドを移動しているのだから、御大葬な移動法なんてものは本来はないのだが、簡単なことを忘れるのが流行っているらしいので(笑)、分かり易い方法を考えた。
例えば、金持ちになりたかったら、「金持ちになったら、どんな気分だろう」と考え、その気分(良い気分であるべきだ)を味わえば、それで良い。
まあ、金持ちとはいっても、もう少し具体的に「年収3千万円」とか「銀行預金3憶円」とか考えれば良いのかもしれないが、そのあたりは自分で考えるべきだろう。
慣れてきたら、ほとんど何も考えずに、好きな世界に移動出来る。いや、それを、もう現にやっているのだ。ただ、好きな世界に行こうと思っていない、あるいは、行けると思っていないだけでね。

基本を知っておくと、効率良く上達すると思う。








蜘蛛の巣にかかった蝶を助けるか?

思考停止・・・つまり、考えないことが悪いのではなく、悪い考え方をすること、悪いことを考えることが良くないのである。
たとえば、専制国家では、国民にものを考えさせないから悪いのではなく、専制君主が決めた通りの考え方を国民にさせるから悪いのである。
テレビは、国民の思考を停止させているのではなく、国民が愚かな考え方をするようにさせているのである。

上のように言える理由は簡単で、まず、人間の頭は考えることを止めないからだ。
そして、その思考は、自分で作っているのではなく、強制的、自動的に行われるのである。
頭に、「白人は尊い、黒人は卑しい」と最初に刷り込むと、強制的に、白人が尊く、黒人は卑しいという思考が起こるのである。

性善説と性悪説のこんな論争が有名だ。
溺れている子供がいたら、助けようという気持ちが起こるから、人間の本性は善だというのが性善説だ。
しかし、性悪説では、溺れている子供を助けるのは、何らかの思考が働くからだという。たとえば、助けたら、自分の評判が上がるからとか、逆に、助けなければ、自分の評判が下がるから、あるいは、助けた子供の親から礼をもらおうと考えるからとか、何らかの考えがあって助けるのだという。
実際、日本の話ではないが、溺れている子供を前に、子供の親に対し、「助けてやるから、これだけのお金を払え」と交渉していたという話があり、それは、その国では珍しくないことと見なされるらしい。
納得しない人もいるだろうが、考えない時に、人は正しい行動をする。それは、必ずしも、子供を助けるということではないかもしれない。しかし、助けないということでもない。
いつも助けることが正しいというのではないし、正しくないというのではない。
考えなければ、その時々で正しい行動をするのである。

私は、子供の時、ある問題に悩んだことがあった。
蝶が蜘蛛の巣にかかっているのを助けるかどうかである。
これに対し、2人の年長者が異なることを言った。
1人は、「助けたら、蝶も蜘蛛も生きられる。よって、私は助ける」だった。
私は、これを聞いて感動し、同意した。
しかし、もう1人は、「自然のままにまかせるのが良い。よって、私は助けない」だった。
当然、後者が正しい。
そして、後者は思考しておらず、前者は思考したのだ。考えたから間違えた。
私も、子供の時に、すでにおかしな考え方を、親や学校やテレビに叩き込まれていたのである。

『銀河鉄道の夜』に、蠍(さそり)の後悔の話がある。
イタチに追いかけられた蠍は必死に逃げ、結果、両方、穴に落ちて死んでしまう。
蠍は、黙ってイタチに自分の身体を差し出さなかったことを後悔した。
ジョバンニは、蠍の心が美しいと言うが、それはないだろう。
両方死ぬことになったのは、たまたまだ。
どんな結果になろうが、イタチは追いかけるべきで、蠍は逃げるべきである。
そして、その通りにしたのだから良いのである。
余計なことを考えたのはジョバンニである。蠍が本当に後悔したりなどしない。

溺れている子供がいれば、何も考えなければ、自分の能力で助けられると感じれば勝手に助けるし、男に襲われている女性がいる場合も同様である。

今の日本の学校は、教育者が思考停止しているから、教育の仕方が最悪で、無能な大人が作られてるのだという。
そうではない。教育に関わる者達が悪いことを考えた結果、最悪になり、さらに悪くなっているのである。
アメリカの教育が良いかというと、一時はそう見えたこともあったが、全くそんなことはない。考えに考えた結果、教育格差が広がっただけでなく、良い方に入ったはずの子供も馬鹿になる危険が高くなっているのである。そして、日本の教育のやり方も、案外良い部分もあるのである。

個人に関しても、考えなければうまくいく。
よく取り上げるが、UFO研究家の矢追純一氏は「僕は頭が悪いから考えることを放棄した」と言うが、結果、何もかもうまくいったのである。
本当の意味で頭の良い人間なんていない。
矢追氏は、人間の頭はパソコンみたいなもので、それも、大した性能のパソコンではないと言う。だから、人間は何も出来ないのだから、大きな流れに乗ればうまくいくと言う。
別の言い方をすれば、人間は大したことのないパソコンだから、考えることはスーパーコンピューターに任せれば良い。そして、潜在意識がスーパーコンピューターだ。
もちろん、人間の頭がパソコンで、潜在意識がスーパーコンピューターだというのは単なるたとえで、実際の能力差は、それとは比較にならないほど大きいだろう。

人間は、潜在意識に面倒を見てもらえば、何でもうまくいくのである。
これは、キリスト教で言えば、羊である我々は、羊飼いである神に面倒を見てもらえば良いというのと同じだ。
羊は、ただ、神に、しっかり面倒を見てもらえば良いだけである。
中国出身のアメリカの著名な女性作家で実業家であるチン・ニンチュウは、これに気付いた時、涙が止まらなかったという。

では、どうすれば、神、あるいは、潜在意識に面倒を見てもらえるのか?
荘子は、「是非好悪、思慮分別を捨て、なりゆきにまかせろ」と一貫して述べている。
矢追純一氏やチン・ニンチュウも全く同じであるのだと思う。
考えることを止めることだ。
それには、今を生きることである。
目の前のことに全集中し、過去の後悔や未来の不安を消してしまうことだ。
これが分かるかどうかが、人間としての運命の分かれ道である。
最高の呪文は「今、今、今、・・・」かもしれない。








なりゆきにまかせる達人

本人は、引き寄せなんてことを言ったことはないと思うが、私が、一番の引き寄せの名人として参考にしているのは、やはり、UFO研究者の矢追純一さんである。
矢追さんは、自伝的著書が2冊あるのと、Webのインタビュー記事で、考え方についての情報を得易いが、とにかく、単純で簡単である。
まず、「僕は頭が悪いので、考えることを諦めた」と言う。
世の中には、自分は頭が良いと思っている馬鹿が多いが、人間である限り、アインシュタインだろうがホーキングだろうが大したことはない。
また、人間には何の力もない。
だから、矢追さん流には、大きな流れに乗れば良いということになるが、これは、荘子やラマナ・マハルシら聖賢が言ったことと同じだ。
ただ、矢追さんは、目標ははっきりさせるところが、荘子らと異なると言えば異なる。
たとえば、大学受験に関しては、矢追さんは高校時代、妹2人を養うのに忙しく(両親はおらず資産もない)、高校には全く通っておらず、受験勉強もほとんどしなかったらしい。
だが、東大と中央大学法学部(司法試験合格者は東大以上)を受験し、昔のことだから、受験科目の多かった東大はそれほど本気でなかったらしいが、中央大は合格と自分で決めていたので、受験後、受かっているのは当たり前として、結果発表のことは忘れて旅行に行き、帰ってきたら合格通知が来ていたという。
私は、そもそも、中央大法学部合格というのは、矢追さんが考えた目標ではなく、潜在意識が出してきたものだと思う。
こう言うと、「そうじゃない」と思う人もいるだろうが、人間が自分で思考をしているわけではないことは、科学的にも分かっているようである。
まあ、ここらは、どっちでも良く、自分で納得した目標・・・つまり、見栄とか過ぎた欲ではない目標であれば良いのである。
たとえば、高級車が欲しいという場合も、単に、それが楽しいなら良い目標だが、優越感を満たしたくて乗りたいなら、潜在意識の目標ではなくエゴ(自我)の目標なのである。

矢追さんは、10歳くらいの時、戦後で治安が乱れまくり不穏な状態だったことは日本の戦後以上だった満州で、母親に、「自分で稼いで来い。稼がないと家に入れない」と言われたのだが、なんとそれは、4歳の妹も同じだった。
そして、やるしかないと決めたらそれが出来たし、母親は母親で逞しく生きていた。
また、小中学校では、家で勉強することは許されなかったが、成績はオール5が当然と決めつけられ、4でもあったら殴られた。
そして、上で少し書いたが、高校生の時に母親が死ぬと、妹2人を引き取って自分で養った。だが、悲壮感は全くなかったらしく、深夜まで働いた後は、毎日、飲みに行っていたらしい。
これも、やれるかどうかなど全く考えず、出来るのが当たり前と決めつけていたのだろう。
かといって、必死で努力したとかいうのではなく、気楽にやったのだと思う。
このように、矢追さんは、若いうちに、余計なことは考えず(考える余裕がなく)、ただやるしかない訓練をしたので、「考えることを放棄し、大きな流れに乗る」という人生哲学に自然に導かれたのだろう。

目標は、ごちゃごちゃ自分で考えるというのではなく、思い付きや行きあたりばったりで良いのだろう。
矢追さんが、UFO番組やUFO研究で有名になったのも、なりゆきと言えばなりゆきだ。
荘子も、いっさいをなりゆきにまかせろと言ったが、矢追さんの言う、大きな流れに乗るというのがそれなのだろう。
あるいは、潜在意識にまかせるとも言える。
なりゆきにまかせる中で、潜在意識から目標が送られてきたら、それをやれば成功する。言い方を変えれば、目標も潜在意識にまかせるのである。








人間の最大の敵

人間の能力の発揮を妨げるもの・・・言い換えれば、人間の能力を押さえつけるもの、それは、「固定観念」だ。
「固定観念」とは、デジタル大辞泉によれば、
「いつも頭から離れないで、その人の思考を拘束するような考え。固着観念」
で、まあ、「硬直化した思考パターン」といったものだろう。

伝統的な行事や行動も、「美しいもの」であると同時に、固定観念となって、人々の心を縛って、人々を愚かな状態にしている場合も多いのである。

では、人々に最も多く固定観念を叩き込むのは何かというと、間違いなく、学校とテレビだ。
そして、それをさせたいのは国、あるいは、支配者達で、学校やテレビによって一般国民に固定観念を叩き込むことを「洗脳」と言うのである。
テレビなんてものは絶対に見てはならないのだが、もう何十年も、国民はテレビ漬けにされ、深く深く洗脳され、膨大な固定観念を叩き込まれ、無能化されているのである。
学校も、良い面がないとは言えないのが辛いところだが、行ってはならないものだろう。

たとえば、固定観念の1つに「額に汗して一生懸命働かないとお金は稼げない」というものがある。
この固定観念というか、洗脳があるうちは、奴隷のようなものだろう。
だからといって、こんな洗脳があるのに働くのを止めると、それこそ、食べるものも着るものも得られなくなり、住むところもなくなる。
「神様の奇跡が起こる」と唱え続けて1憶円の宝くじを2回当てたホームレスの男は、この言葉を唱えることで、固定観念を壊し、潜在意識の力を解放したのである。

2400年前に荘子が書いた『荘子』には既に、固定観念の害悪について書かれており、この書の目的は人々の固定観念を壊すものであるが、このような書は、奇書のように扱われるのである。

そして、固定観念が強いと、引き寄せは出来ない。
しかし、逆に、固定観念を消していけば、引き寄せがどんどん出来るようになる。

固定観念を消す、最上と言うか、唯一の方法は、想念を消すことだ。
実を言えば、『荘子』も、つまるところ言っていることは、想念を持つなということなのである。

想念を消す方法は、このブログで毎日のように書いているし、今後も書くが、ある程度は自分の意思で無念無想になろうとしないといけないと思う。
「想念を消すボタン」みたいなものは、どこにもないのだから。

あらゆる固定観念により強化される、最も深い固定観念は、自分が個別の小さな存在だと思うことだ。
その固定観念が作っているのがエゴ(自我)である。
たとえて言えば、エゴとは、自分を一滴の水と見なす固定観念である。
たった一滴の水が、頑張って何かしようと思っても何も出来ない。
必要なことは、自分は大海の一部であると知ることだ。
すると、大海の力が自分のものになる。
大海にまかせきってしまえば、その恐ろしいほどの力で何でも出来るのに、固定観念に縛られた愚か者は、一滴の水として頑張るのである。
一滴の水と大海が、エゴと潜在意識の関係だ。
もちろん、これは「たとえ」であり、潜在意識に、水のようなことしか出来ないわけではなく、潜在意識は、どんなことでも出来る。
「神」というのもまた、かなりの固定観念を含んでしまっている場合が多いが、潜在意識は神なのであり万能である。

だが、このような概念を必死で理解しようとするのではなく、とにかく想念を消すことだ。
方法はどれも簡単で、自分に合ったものを選び、粘り強く、ただし、楽しく実践すれば良いのである。

「考えるのは苦手」なフォレスト・ガンプが何をやっても大成功するのは、愉快な現象である。
彼は、頭が悪いから、あまり想念を起こさず、そして、母親の教えのおかげで、変な固定観念を持たなかったのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード