ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

荘子

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

無になれば不可能はない

奇跡が起こる時や、自在に引き寄せを行い願いが叶う状態というのは一言で言い表すことが出来、それは、自我が消えている時だ。
自我とは、思考する心のことで、根本的な働きは「比較し、優劣の判断を行うこと」である。
「比較し、判断を行うこと」で、是非(良いか悪いか)とか、好悪(好きか嫌いか)という判断が生まれる。
つまり、是非とか好悪の判断をしている時というのは、自我があり、奇跡は起こらず、引き寄せは出来ず、願いは叶わない。

荘子は、「是非好悪の判断を捨て、一切をなりゆきにまかせよ」と言うが、そうであれば、自由自在だということだ。
誰かが、「悟り」とは「差取り」だとうまいことを言ったが、実際、「差」ということを考えない状態が「悟り」なのである。

こういったことを、さらに一言でまとめると、
『「無」になれば不可能はない」』
である。
だが、「無」になることは難しいとされている。
宗教などでは、難行苦行の末に「無」になるという観念が強くあり、そんなことが出来るのは偉大な苦行者だけであり、我々凡人には縁がない。
だが、そうではないことも知られてきた。

小さなことでも、長い努力の末に清らかな目的を達成した時、我々は心からの満足感を得るが、そんな時は「無」になっている。
あるいは、何かでずっと悩んでいたが、その悩みが消えた時にも、しばしば誰でも「無」になる。
また、自然の荘厳な風景を見た時や、それほど特別なものではなくても、美しい夕陽を改めて感じた時、懐かしい景色に接した時にも、分別する心が麻痺し「無」になる。

アニメ『カードキャプターさくら』のオープニング曲の1つだった『扉をあけて』に素晴らしい表現があった。

なんでもない 小石でさえ 不思議だよね 宝石に変わる
一緒にね 見てるだけで… みんな光る
~『扉をあけて』(作詞:きくこ、作曲:広瀬香美、歌:ANZA)より~

この「宝石に変わる」時が、「無」になった時、すなわち、自我が消えた時だ。
こんな時は、奇跡が起こり、魔法が当たり前になる。

『まほろまてぃっく』というアニメで、アンドロイド(美少女型の戦闘用アンドロイド)である「まほろ」が、初めて見る夕陽の美しさに感激して喜んでいると、美里司令官がまほろに、「この世にはもっと美しいものがあるぞ」と言う。
それ以降、まほろは、美しいものを見る度に、「これがそうだろうか?」と思うが、納得は出来ない。
そして、最後に、「好きな人と見る夕陽」がそうだと分ったが、つまるところ、見るものは何でも良いのである。上の『扉をあけて』では小石だったように。
その「好きな人」も、単なる好きではなく、本当に好きということだ。
本当に好きとは、好きなもののために一切を捨てられることである。
少し立派な表現をするなら、「無限の代償は有限全て」なのである。
FIELD OF VIEWの『DAN DAN 心魅かれてく』にあったように、「人はだれも永遠を手に入れたい」のである。
そして、永遠とは「無」である。

どんな方法にせよ、自我を屈服させれば、「無」になる。
例えば、念仏、マントラ(真言)、神の名を、延々と繰り返し唱えることによって。
自我は刺激とか新鮮さを好むので、単調であること、根気を嫌うのだ。
だから、単調なメロディーの繰り返しであるバロック音楽を愛好している人は、よく「無」を体験している。
「神様の奇跡が起こる」という言葉を延々と繰り返したホームレスが奇跡を起こした(宝くじで1憶円を2回当てた)のも、集中が起こり易い言葉の助けを得ながら、その言葉を根気良く繰り返し唱えたことで「無」になった時に奇跡が起こったのである。
奇跡を簡単に起こせる人は、仕事などの修練で根気を磨いてるのだと思う。
毎日、何千回もバットを振るバッターが、まさかの場面で、緊張感が「無」に変わることでホームランを打つのである。

つまり、最も簡単なこととしては、普段、何かで単調なことを延々繰り返す修行めいたことをすれば良い。
しかし、自分は修行をしていると思っているうちはうまくいかず、それを超えて心が消え「無」になる感覚を身につけた時、「奇跡の人」になる。
念仏や呪文を唱えていても、「良くならない。辛い。もっと念仏を唱えないと」と思っているうちは、まだ自我が強いのである。
「神様の奇跡が起こる」「南無阿弥陀仏」「オン・アロリキャ・ソワカ(観音真言)」何でも良いから、無になるまで繰り返すことが、誰でも出来る簡単な方法で、少々根気が必要なだけだ。








耐え難きを耐える

子供の時、映画などでたまたま聴いたセリフをいつまでも憶えていることがないだろうか?
例えば、私には、こんなものがある。
「攻撃こそ最大の防御なり。最大の攻撃とは無抵抗なり。つまり、何もしない者が一番強いんだ」
イギリス貴族の男が祖父から聞いた話という設定だったが、どれくらい真面目に言ったのかは不明だ。
まるで、禅の公案だが、これが禅の公案であれば、答を出さないといけない。
なぜ、無抵抗が一番強いのか?

このことで私は、昭和天皇の玉音放送の有名な言葉を思い出す。
「堪え難きを耐え、忍び難きを忍び」
これはつまり、「これから無抵抗な日々を送る」ということだ。
そして、日本人の大半が天皇の言葉に従い、抵抗しなかった。
天皇も、マッカーサーに抵抗しなかった。
そうしたら、その後は勝ち続けた。
日本も、ドイツや朝鮮のように分割されて当然のところが、なぜかアメリカ一国の支配となり、そのアメリカの手厚い保護を受けて発展の一途を辿った。
これは無抵抗の勝利である。

マハトマ・ガンジーのポリシーを「無抵抗主義」と言うのは誤りで「非暴力主義」だと言う人もいるが、まあ、無抵抗主義と言っても、そう間違いではないと思う。
とにかく、それで様々な意味で勝利を収めたのだ。
ガンジーが『バガヴァッド・ギーター』を愛読していたことはよく知られているが、『バガヴァッド・ギーター』では、クリシュナ神はアルジュナ王子に戦うことを要請している。
ただし、それは、アルジュナが戦う運命にあったからだ。
一方、ガンジーは戦う運命になかった。
ガンジーが抵抗しなかったのは、何よりも運命に対してである。

そして、何もしないことの強さを最も肯定するのが、老子、荘子の「無為自然」だ。
これも、つまりは、運命に対して逆らわないことだ。
だから、荘子は「思慮分別、是非好悪を捨て、なりゆきにまかせよ」と言うのだ。
かといって、老子も荘子も、怠惰になることを奨めている訳ではない。
そもそも、老子は君主の道を説いているのであり、その中には、当然、戦争も含まれている。
つまり、クリシュナ同様、戦うのが運命であれば戦うべきなのである。
巡音ルカさんの人気曲『Just Be Friends』(作詞作曲編曲はDixie Flatlineさん)にある歌詞、
「分かってたよ 心の奥底では 最も辛い 選択がベスト」
のようであることに、幸運が潜んでいる。
耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぶことがベスト、あるいは、唯一の道かもしれない。
そして、それは案外に気分が悪いことではないのだ。
つまり、感情よりも奥深い感覚に従うということだが、それは、意外にも安らぎを感じさせる。
泣き叫ぶ心を無視し、内なる予感に従えば、予想外の奇跡も起こる。
つまり、「神様の奇跡が起こる」って唱えればいいってことだし、やはり、この言葉の力が分かるのである。








全ての聖者賢者の教えは同じ

古代から現在に到るまで、全ての聖者、賢者が説く、幸福になる方法は同じである、つまり、1つしかないことに気付いてしまった。
これは、人生のあらゆる面を含み、細かく言えば、引き寄せの方法も入っている。
その方法は、「神にまかせる」である。
この「まかせる」は「頼る」という意味でもある。
ところが、「神」について、ややこしく考える人は厄介なのである。
私もそうだが、よく、「神という言い方に抵抗があれば・・・」とか、「神を現代的に言えば・・・」などと言うが、普通の家庭の素直な子供が考える神が解れば良いと思う。
「普通の家庭」とは何か、「素直な子供」とは何かと言い出す人は、他を当たっていただけると良い。

幸福になるには「神にまかせよ」以外のことを言う聖者、賢者は1人もいない。
逆に言えば、これ以外のことを言うなら、それは聖者でも賢者でもない愚か者である。
では、どう考えても、努力の大切さを説いたとしか思えないサミュエル・スマイルズの『自助論』はどうだろう?
全く同じである。
あれは、神にまかせる心構えを作るためのもので、若者向けである。
勝手きままで、怠惰な人間ほど、神に頼ることが出来ないのである。
例えば、飲んだくれのロクデナシに、「君は神を信頼して全てまかせる気があるか?」と尋ねたら、
「てやんでえ、神が金くれるってのかい?」
「もちろんでさあ。神様、働かなくても酒を飲むお金ちょーだい」
などと言うだろう。
いずれも、神にまかせる気など全くないことが分かる。
では、狂信的な信仰者に同じこと(神を信頼してまかせるか)を尋ねればどうだろう?
「はい、そのためには戒律を守らねばなりません。我々の戒律の通りの生き方をしない者を神は助けてくれません」
「いえ、私は身を捨てて信仰しております。神を頼ったりはいたしません」
などと言うだろう。
これらも神を信じていないのである。
神を頼るのに戒律は全く関係ない。
では、神を頼れば、悪いことをしても良いのかというと、神を頼れるのに、悪いことをする必要など全くない。
「いや、場所によっては、泥棒、強奪をしなければ生きていけない」
と言うなら、全くその通りで、誤解を恐れないまま言えば、神を頼りながら泥棒をすれば良いのである。
そうすれば、逮捕されたり、報復されたりして、酷い目に遭うかもしれないが、神がうまく取り計らってくれるのである。

とにかく、幸福になるためには、神にまかせれば良いという考えに例外を見つけることは全く出来ない。
このことには、私もかなり驚いた。
アメリカ合衆国の公式標語は、「In God We Trust(我々は神を信頼する)」だが、現代の多くのアメリカ人はそれを忘れてしまっているように思える。
2400年前の中国の賢者、荘子は「是非好悪の判断を捨て、一切をなりゆきにまかせろ」と言ったが、これこそが正しい神にまかせる方法である。

「南無阿弥陀仏」の念仏はまさに、阿弥陀如来という仏ではあるが、絶対神と同じ概念の無限の存在に全てまかせるという意味である。
これと同様、我々は、神に一切をまかせることを心に覚え込ませるような、アファーメーションや自己暗示を行えば間違いない。
現代インドでは、ナーマスマラナという、神の名を唱えることが唯一の救いの道と説く教えがあるが、これも、神を頼る心構えを作る良い方法である。
「自分を信じる」という言葉があるが、これは、欲望まみれの自我である自分を信じるのではなく、無我、忘我、没我になった自分、即ち、神を信じるということだ。
いかなる賢者の教えも理屈で説明出来るが、理屈の説明には誤解や齟齬がつきものだ。
それよりも、神にまかせるアファーメーションをした方が良い。
ただ、若いうちに、上に挙げた『自助論』を読んでおくのは良いことである。
アファーメーションとしては、やはり、「神の奇跡が起こる」をお薦めするが、他にもいろいろあるだろう。
「神は道なきところに道を作る」
とか、聖書にあるように、
「私を強くして下さる方によって、私は何でも出来る」
「神が我々の味方なら、誰が我々に敵対できようか」
と言っても良い。
誌的には、旧約聖書の、
「私は山に向かって目を上げる。わが助けはどこから来るだろう?」
という言葉が好きな人もいる。
他にも、聖書の詩編23と91を読むと良いだろう。
このいずれか、あるいは、両方を毎日読めば不安はなくなるだろう。








一番賢い人

不思議なこと、神秘的なことが好きな人のことを、否定的な意味で「夢想家」「神秘家」「オカルティスト」「現実逃避」等と言って蔑む人が多い。
だが、ある程度は、不思議なことが好きでないといけない。
なぜなら、宇宙は、不思議なことに満ちているからだ。

度の過ぎた不思議好き、神秘好きで、現実を見ないという人がいるという話がある。
だが、「現実を見ない」というのは、実は、不思議好き、神秘好きとはあまり関係がない。
不思議なことを話す者を馬鹿にしている学生には、毎日の食事が魔法のような力で出てくる・・・つまり、親が苦労してお金を稼いでいたり、食べ物の材料を誰かが収穫、生産し、そして、誰かが運んでいる・・・等ということを全く考えたことがないという者も多い。
上皇陛下、上皇后陛下が、子供の時の天皇陛下きょうだいを育てられる時、「毎日の食事が魔法で出てくるのだと思わせないよう配慮した」という話を聞いたことがあるが、普通の家庭の方が、よほど、そんなことを考えていないのだと思う。

この世が神秘に満ちていると言ったら、
「それは科学が未熟なためで、いずれは、全てを合理的に説明出来るようになる」
と言う者もいるが、それは傲慢というものかもしれない。
『ミクロの決死圏』というSF映画で、モノをミクロサイズに縮小する技術で小さくなって、人間の身体の中に入り込んだ科学者達がミクロレベルでの生体活動を見て、ある科学者は「神の存在証明だ」と言うが、別の科学者は「偶然の進化」と言う。
どっちの考えを支持するとしても、浅はかであってはならない。

2400年前の荘子が、人間の知性などたかが知れていると言ったが、賢くなればなるほど、そう思うものではないだろうか?
学校の試験の成績が良いことで自分が賢いと思うことは、実は馬鹿なことだと教えてもらえない世の中であることが、無駄な不幸や問題を起こしているのではないだろうか?
最も賢い者は、ソクラテスのように、「私は、自分が何も知らないということだけを知っている」と考えているかもしれない。

人間の中には万能の力があり、信じたことは実現する。
人間の知性の範囲で考えれば、これは愚かな考えである。
だが、自分を超えた存在があると思うことが出来るなら、希望を見出し、人生は生きるに値するものになるかもしれない。
もし、知性にとって神秘に感じるものがないとしたら、ある芸術家が言ったように、人生など下男にやらせておけば良いのであるが、その下男も真理を知れば、そして必要があれば、下男をやめることが出来る。

だが、それでも、人間の知性で全てを説明出来る、あるいは、説明出来るようになると信じる者がいるなら、それはそれで尊重する。
知性で一応の説明が出来ることも多い。
だが、当たり前の現象の背後にも、やはり、人間の理解を超えたものが存在する。
そして、なまじ感性が鋭く、知性があるために、解るはずがないことを解ろうとして悩む者もいる。
解らないことを、うまく留保することも知恵である。
解らないからといって否定すれば、解らなくても使えるはずの神秘の力を拒否することになる。
実際のところ、我々は、自分の手をどうやって動かしているかについても、ほんの少しのことしか知らない。
まして、奇跡のような大きな力のことは、ほとんど理解出来ない。
宇宙がどのように出来たか、少しは解っているかもしれないが、全体としては、全く解っていないに等しい。
だが、宇宙を創造した力が手を貸してくれるという好意を断わる必要もあるまい。








大きなものを観る

悩みがある時は、自然の絶景を見に行けば良いという話がある。
例えば、ナイアガラの滝とかマッターホルンとか。
まあ、なかなか、そんなところには行けないだろうが、日本にだって、富士山だけでなく、壮大で素晴らしい風景の場所はいくらでもある。
ただ、やはり、海外には、日本のものとはスケールの違いを見せつけたり、オーロラのように神秘性を感じさせるものもあって良いらしいが。

ポイントは、壮大さと美しさだが、壮大なものは、まず間違いなく美しいので、やはり、「想像を超えた大きなもの」が良いのである。
そして、我々現代人の弱点は、小さなものしか見なくなったことだ。
だから、富士山程度(と言ったら怒る人もいるかもしれないが)でも、たまに見に行くと良い。

目で見る感覚的な大きさだけでなく、「確率的」な壮大さも面白いものだ。
例えば、チンパンジーがデタラメに紙にインクをぶちまけたら大名作文学になるという偶然も、いかに確率が低いとはいえ、なくはない。
他にも、こんな話を聞いたことがある。プールの中に(大きなプールが良い)、バラバラにした時計の部品を投げ込み、水流だけで偶然に元の時計に組み上がる偶然だ。
ただし、こちらは、水圧の力不足で、物理学的に「確率ゼロ」が宣言されると思うが。

ところで私は、子供の時から、風邪をひいたりして高熱がある時、そういった「あまりに低い確率」が精神の中に押し寄せて来ることがあった。
今もあるかもしれないが、もう長い間、高熱に縁がない。
なぜ、そんなことが起こるのかというと、1人の人間自体が、あらゆる意味で、あまりに低い確率・・・チンパンジーの名作文学並の存在だからだと思うのだ。
これに関しては、1つには、こんな話がある。
あなたの両親や、その両親、さらに、その両親と、ずっと歴史を遡り、類人猿やチンパンジーや、もっと下等な動物、魚類、さらには、アメーバだった頃まで行っても、一度も(あなたの先祖を作るまでは)殺されなかったことは、奇跡なんて言葉では間に合わないほどの低い確率であったということだ。
まあ、魂の問題を考えると(たまたま生き残った生命に魂が宿った)、かなり有難味が薄れるが、物質的にはそんな論も成り立つかもしれない。
ということは、今、生きている人は皆、「超おめでとう」な存在だ。
私が、高熱にうなされている時感じる超奇跡は、もっと説明し難いものであるが、いずれにしろ、壮大の極致をさらに超えたものだ。

そして、少し前のことだが、どういう訳か、夢の中で、宇宙の広さというものを解ってしまった。
もちろん、そんなことを理性では理解出来ないし、あまり理性で捉えようとしたら気が触れてしまいかねないので、ささやかな直観で感じたのだと思うが、とにかく、解ってしまった。
なぜそんなことが起こるのかというと、ホログラムのようなものである人間の脳には、宇宙全体の情報が含まれているからだという説もあったような気がするが、実感として、そんな感じである。
まあ、あまりいつも大きなものを見ていたら、古代ギリシャの哲学者・数学者のターレスのように、星を見ていて地面の穴に落ちることになるかもしれないが、今の我々は、あまりに小さなものばかり見過ぎだ。

大きなものに馴染むことが、自分の能力や想像力にかけられた制限を外す鍵である。
『荘子』の第1章『逍遥遊(しょうようゆう)』で指摘されているのも、そんなことである。
一度、宇宙人さんに宇宙船に乗せてもらって、少しでも広い宇宙を見せてもらえば、悩みなど吹き飛ぶと共に、IQは打ち上げ花火のごとく上がると思う。
昔から、天文学者には引き寄せが上手い者が多かったのも、大きなものに意識を向ける機会が多いからかもしれない。
いずれにしろ、たまには、大きなものに思いを馳せることである。
1つには、冨田勲さんの最後のスペースサウンド『ドーン・コーラス』を聴くと良いと思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ



タグクラウド
QRコード
QRコード