ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

船井幸雄

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

コツは1つ

どんなことでも、コツが分かればうまくいく。
コツは教えることも、教わることも出来る。
コツを知っている人にコツを教われば、たちまちうまくいくのである。
コツを言い換える言葉は、極意、急所、つぼ、秘訣、要(かなめ)などである。

ところで、コツは1つである。
2つあるようなら、それはコツではない。
「大事なことは、これとあれと・・・それにこれ。ああ、これも忘れてはならない」
なんていうのは、コツでも何でもなく、聞くと酷い目に遭う。
「コツは?」
と聞かれて、
「これじゃ」
と静かに言って黙る者は本物である。
ただ、コツを知っている者でも、言葉を並べたがる者が多いので困る。
雑多な部分は、各自で違うのだから、放っておけば良いものを・・・である。
尚、コツを聞かれて黙る者も本物である。
コツを教えたくないか、大事なコツを誤解されるのを恐れてかは分からないが。

物凄くモテる男がいて、ついに、その特技を生かしてNo.1ホストになり、お客さんに外車でもマンションでも買ってもらっている。
コツは、「優しいこと」だそうだ。
自ら一流の投資家であるマックス・ギュンターが、最高と思う投資家にコツを聞いたら、「欲張らない」だった。
有名な経営コンサルタントだった船井幸雄さんは沢山の本を書き、沢山のことを教えてるが、彼の本を読んでいたら、悪いが疲れる。
ところが、彼の本の中に、自分の後継者の社長に、経営の・・・と言うより、人生のコツを教えている場面がある。
それは、「心配しないこと」だ。それで全てうまくいく。
言い換えれば、「安心すること」だ。
つまり、否定形は「心配しない」で、肯定形が「安心する」だ。これはどっちでも良い。お好きな方を。

徳川家康の天下取りのコツは、有名なデルフォイの神託と同じで、「身の程を知れ」だった。
家康は「上を見るな」という言い方も出来ると言ったらしいが、「身の程を知れ」で良いだろう。

私が思うプログラミングのコツは、恐縮ながらアインシュタインの物理学と同じだ。
「出来るだけ簡単に。だが度を越すな」
である。

さて、コツは1つであるから、好きなのを選ぼう。
まとめてみる。

●優しい
by No.1ホスト
●欲張らない
by No.1投資家
●心配しない
by 船井幸雄
●身の程を知る
by 徳川家康&デルフォイの神託
●出来るだけ簡単に。だが度を越すな
by アインシュタイン
●神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ
by スーフィーの格言

1つ付け加えた。
お一つ、お持ち帰りになるが良い。
まあ、つまるところ、どれも同じである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

心配を卒業する

昨日、こんな話を書いた。
経営コンサルタントの船井幸雄氏が、創業した船井総研の社長を後継者に譲る際、10ヶ条だったか20ヶ条だったかすっかり忘れたが、「経営のコツ」を書いて渡し、「この通りにやれば大丈夫」と言ったようだ。
しかし、新しい社長は、なかなかうまくいかず、船井氏の自宅のファクシミリには、深夜まで新社長からの質問が送られた(電子メールもなかった時代)。
それで、自分の間違いに気付いた船井氏は、「あれは最上のコツでなかった。こっちが最上」と言って、これも、5つだったか、3つだったか、あるいは、1つだったか忘れたが、その最上の経営のコツを渡し、それで、新社長からのファクシミリは来なくなった(うまく経営出来るようになった)。
では、その最上の経営のコツは何かは、気になるところだ。
それは、経営以外のことにも有効に違いない。
そう思っていたら、私は船井氏の『法則』という本を電子書籍で買ったら、ややシチュエイションは違っていたが、船井氏が新社長に、こんなアドバイスをする話があった。
「いっさい、何も心配しなければいい。それですべてうまくいく。そう思って安心してやってごらん」
おそらく、最上のコツはこれなのだろう。

もちろん、船井氏の後継者の新社長に、能力があり、経験もあるからこそのアドバイスであるが、「心配するな。安心しろ」が究極の極意であることは解る。
「地獄」と形容しても良いであろう、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの入隊試験である過酷な訓練を耐え抜く者達は、頭の中で常に「大丈夫」とつぶやいているという話がある。
日本でも、受験生を一番安心させる言葉は「大丈夫」なのだそうだ。
大丈夫とは、つまり、「心配するな、安心しろ」という意味だ。
江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠の教えの究極は、「全て神にまかせ安心する」なのだと思う。
私はついつい、「そんなことを聞いたら、怠惰になる者が多いのではないか」と思ってしまうし、実際、そうかもしれないが、それで怠惰になってしまうような間抜けは、どの道駄目なのだろう。
有名な妙好人である因幡の源左(いなばのげんざ)は、苦労して担いでいた草を牛に乗せ、楽になった時、父親の遺言であった「これからは親様(阿弥陀如来)を頼め」の意味が解り、念仏を唱えながら良い一生を送ったのだと思う。
インドの聖者ラマナ・マハルシは、21歳の時、彼を信奉する者の質問に筆談で答えたことが(マハルシは沈黙の行の最中だった)小冊子として出版されたものの中で、
「列車に乗ってまで、自分の小さな荷物を頭に乗せている必要はない。荷物を降ろして安心しなさい」
という喩えで、全てのものごとを動かす神にまかせ、心配することをやめるよう教えている。

「大丈夫」という万能呪文や念仏は、心配せず、安心するためのものと言えるだろう。
もちろん、さっきも少し述べたが、それで怠惰になったり、思いやりを持たない者は、どうやっても駄目だが、呪文や念仏を長く続ければ、自然にやる気も理性も出てくるのだと思う。
そして、心配で苦しみ抜く経験をしてこそ、宗忠やマハルシの教えが響くのである。
その意味では、一度は、しっかり心配しろであるが、いつまでも心配せずに、心配を卒業すべきである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

最上のコツ

仕事や芸事などには、コツというものがある。
セールスの仕事、野球のバッティング、戦争、コーヒーの煎れ方・・・上手い下手があるものであれば、全てにコツがある。
そのコツを知れば、名人、達人になれるが、コツを知らずに上級者になることはない。
だが、コツは自分で会得するしかなく、教えることは出来ないと言われることがよくある。
だが本当は、教えるのが下手な名人が多いだけなのだと思う。

あまり好きな人ではないが、船井幸雄氏という、船井総研の創業者である経営コンサルタントがいた。
神とか宇宙人とか超能力といった方面に関してはともかく、極めて優秀な経営者・経営コンサルタントであったことは間違いないだろう。
その船井氏が、船井総研の社長を他の人に譲り、自分は会長になって経営トップから退く時、彼は、新しい社長に、10だったか20だったか忘れたが、経営のコツを書いて渡したようだ。
ところが、当時は電子メールもなかった時代で、新社長は毎日、深夜まで質問のFAX(ファクシミリ)を送ってくるようになった。
それで気がついた船井氏は、新社長に「すまんすまん、前に教えたのは最高のコツじゃなかった」と言って、これも3つだったか5つだったか忘れたが、もっとシンプルなコツを教えたところ、新社長はうまく経営をやれるようになり、FAXを送ってこなくなった。
船井氏でも、コツを教えるのに失敗するのである。
また、船井氏が著書の中で、「人事のコツは、昇格はあっても降格はない(降格してはならない)こと」と書かれていたのを覚えている。

名人や達人であっても、コツを教えたがらない人も少なくないだろう。
達人レスラーだったジョージ・トラゴスは、ルー・テーズにだけはダブルリストロックのコツを教え、テーズは史上最高のプロレスラーになった。
テーズが、トラゴスやレスリングに対する敬意を持っていたから、トラゴスは教えたのだと思われる。
こういうふうに、教わる方にも、教えてもらえるだけのものがなくてはならないのだろう。
そして、やはり、コツは伝授出来るのである。

プログラミングのコツは、プログラミング作法というものを、頭の良い達人プログラマーが書いてくれている。
しかし、本1冊になるということは、最高のコツではないのだろう。
最高のコツというものがあるとすれば、アインシュタインが言ったのだと思うが、「出来るだけシンプルに、だが、度を過ぎないように」で、これは、万事に通用する万能のコツである。
改めて言うと愕然とするほどだが、「出来るだけシンプルに、だが、度を過ぎないように」は、いかなることにおいても、最上最高のコツである。
ただし、人間が理解出来る範囲で言えば・・・であるが、人間が理解出来る範囲においては、これ以上のコツはない。
例えば、ダイエットのコツは「食べ過ぎないこと」と、この上なくシンプルであるが、断食となると、度を過ぎているのである。
念仏がなぜ良いかというと、仏教の最上のコツだからである。
ちなみに、生きることの最上のコツは「心を静かにする」である。
念仏は、心を静かにするための最上のコツである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

これでいい

もう亡くなられた人だが、私は、船井総研創業者の船井幸雄さんという人が嫌いだった・・・というか嫌いだ。
ところが、彼が著書に書かれていた、「現状肯定。過去オール善」という言葉は、はっきり覚えていて、これほど大切な言葉は無いと思うのだ。
また、私は、赤塚不二夫さんという漫画家も、あまり好きではなく、特に、彼の代表作とも言える『天才バカボン』は嫌いなのだが、バカボンのパパの口癖で、赤塚不二夫自身の遺言とも思える象徴的な言葉「これでいいのだ」ほど重要な言葉も無いと思う。
赤塚不二夫さんは、間違いなく天才だったが、彼は、「男」は概ね馬鹿馬鹿しくこき下ろして描き、女の子は『ひみつのアッコちゃん』のアッコのように可愛らしく描いていることが面白い。彼自身、男とはロクなものでないと思っているに違いないが、それも「これでいいのだ」と思っていたのだろう。
船井幸雄さんの「現状肯定。過去オール善」は、まさに、「これでいいのだ」ということである。
過去は変えられないが、現在だって、自分でコントロール出来る部分は、ほとんど、あるいは、全くない。
そして、もしかしたら、過去も現在も、避けることが出来なかった運命だったのかもしれないのだ。

『バガヴァッド・ギーター』での、クリシュナの教えの根本は「義務を果たせ」ということと思うが、いずれにしろ、人間は義務を果たすことになるのである。
だが、アルジュナは、「私は戦わない」と言って、義務を放棄しようとし、クリシュナは、それが誤りであることを、言葉を尽くしてアルジュナに教えた。
そして、アルジュナは戦う運命を避けることなど出来なかったのだ。
それなら、アルジュナは「これでいいのだ」と思って、現状を肯定し、神の道具になり切って戦うべきなのだ。
そして、クリシュナは「義務を果たす者に神は報いる」と教えている。
まさに、「現状肯定。過去オール善」、「これでいいのだ」ということを忘れなければ最強である。

一方で、クリシュナは怠惰を戒めている。
少食過ぎてもいけないが、食べ過ぎてはいけない。
眠りが少な過ぎてはいけないが、惰眠を貪ってはならない。
心を支配せよと教えた。
だが、「これでいいのだ」と唱え、「現状肯定。過去オール善」であることを受け入れると、心の支配は容易い。
心の支配とは何かと言うと、
「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
という、スーフィー(イスラム教神秘主義)の教えらしいものを守ることだ。
神は、ラクダをつなぐこともしない者の人生の責任までは取らない。
社長は、社員や家族の生活の責任は取るものであるが、あまりの不良社員に関してはさにあらずというのと同じである。
だが、「そんな責任を取る気はない」と言う者は社長に相応しくないのである。
そして、神は、ラクダをつなぐ者の人生の責任は取るのだろう。

赤塚不二夫さんは「これでいいのだ」と思っていたかもしれないが、酒を飲み過ぎた。
それは良くないのだ・・・である。
ラクダはつないでおかないと、あれほどの天才でも、結末は悲惨だ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

最高最上のコツ

私は、船井幸雄さんは好きではないのだが、素晴らしく優秀な人ではあったのだろう。
その船井さんの昔の本に書いてあったが、船井さんが船井総研の社長から会長になった時、新しい社長に、経営のコツとして、僅か10か20の言葉を書いて渡し、「この通りにやれば大丈夫だからね」と言ったそうだ。
ところが、その後、新しい社長から、夜中にまで質問のFAX(当時は電子メールがなかったか、あまり普及していなかったのだと思う)が来て、対応するのが大変だった。
それで船井さんは、自分のミスに気付き、新しい社長に、
「ごめんごめん。以前渡したのは最高のコツじゃなかった。最高はこれだよ」といって、以前よりも、はるかに少ない言葉を書いたものを渡したら、新しい社長はうまく経営するようになって、質問もこなくなった。
だいたい、こんな話だった。

誰しも、万能の最高のコツを知りたい。
自己啓発や美容法等の本を止め処なく出すトレーナー、医者、美容家、健康研究家等がいるが、それは、それらの本に書かれているのが最高のコツでない証拠だ。
最高最上のコツを書けば、数ページで済んでしまうはずだからだ。

では、ちょっと、最上のコツを書いてみよう。
健康では、両手を高く上げることだ。
これは、初音ミクさんの『Weekender Girl』にある。
幸運を呼ぶことでは、顔を上げて微笑むことだ。
これは、初音ミクさんの『FREELY TOMORROW』にある。
この2つで、人生、大抵やっていけるだろう。

具体的な願いを叶えるコツもあるが、どうもこれは、どんな言い方をしても誤解されることが多い。
それでも、あえて言えば、「根拠なく思い込む」だ。
今朝も、これに関し、「愚直に」と補足をしたが、ひょっとしたら、それも余計なことかもしれない。
とはいえ、「根拠なく思い込むには」となると、どうしても複雑になってしまうのだ。
それは、言葉で教えるより、身体で教える方が間違いない。
そして、これも、あえて言えば、例えばであるが、「人差し指を立てること」と、「微かな呼吸をしながら祈ること」だ。

そうは言っても、持って生まれた器以上のことは出来ない。
だが、その器は、自分で思っているよりは、かなり大きいのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ