ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

般若心経

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

本当の念仏とは何か?

「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」の念仏は、およそ日本人なら、誰でも知っていると思う。
ただし、今日では、葬式専用だと思っている人も多いだろう。
しかし、本来は、いろいろな意味で重要なものである。
その詳細は省くが、あの大数学者の岡潔が、毎朝、欠かさず唱えていたという話がある。
良寛も一休も、宗派は違うのに、最後は念仏を唱えていたという話もある。

ところで、長年、少しずつ調べているのだが、念仏というのは、中国で行われるようになり、それが日本に伝わったのだと思う。
つまり、インドには、中国や日本で言うところの念仏はないと思う。
中国、日本での、念仏の重要性の根拠は、『無量寿経(大無量寿経)』にある、弥陀の誓願と呼ばれる、阿弥陀如来が人間であった時に立てた48の願いの中の、最も有名な18番目の誓願が、「誰でも念仏すれば、(死後)極楽浄土に生まれることが出来る」とあることだろう。
しかし、ここでの「念仏」が、「南無阿弥陀仏」と唱えることだというのは、中国の僧の解釈に過ぎない。
念仏とは、文字通り、仏を念じるという意味であり、経典のどこにも、南無阿弥陀仏と唱えることが念仏であるとは書かれていないのである。
そう書かれている日本語の経典もあるが、それは、翻訳者による意訳だと思う。
確かに、『観無量寿経』の中に、「無量寿仏(阿弥陀如来の別名)の名を心に留めよ」という記述はあるようだが(これも意訳かもしれない)、これを念仏の根拠とするのは、あまりにこじつけであると思う。

よって、本当は、経典には「南無阿弥陀仏と唱えよ」とは書かれていない。
こんなこと、私のような素人だから良いが、宗教関係者が言ったら問題かもしれない(笑)。

ただし、『法華経』の第25品『観音経』には、観世音菩薩の名を唱えることには、大きな力があるとは、繰り返し書かれている。
これも、日本語の訳では、「南無観世音菩薩と唱えよ」とか書かれていることが多いが、本当は単に、「観世音菩薩の名を唱えよ」と書かれているだけである。
また、観世音菩薩というのも、中国の僧が付けた名で、それが日本でも、そのまま使われているだけである。
本来の観世音菩薩の名は、アヴァローキテーシュヴァラ(サンスクリット語)という。
これを、玄奘という有名な僧が、その意味を「観察された自在者」であると解釈し、「観自在菩薩」と名付けたのだそうだ(Wikipediaによる)。
この解釈が正しいかどうかは分からない。
『法華経』の原文では、観世音菩薩のサンスクリット語の名は、アヴァローキタスヴァラであるが、これは、Wikipediaによれば「観察された音」という意味で、そこから、別の僧が、「観世音菩薩」と訳した。
そこで、『サンスクリット版縮訳 法華経 現代語訳』((角川ソフィア文庫)では、観自在菩薩のことを、「“自在に観るもの”(観世音)」と訳されているが、これが最も賢明な訳し方と思う。
とはいえ、この訳も、絶対に正しいかどうかは分からない。
そこで思うのだが、言葉の神秘の効果を期待するなら、観世音菩薩のサンスクリット語の「アヴァローキテーシュヴァラー」と唱えれば良いと思うのだ。
あるいは、こちらが良いと思えば、「アヴァローキタスヴァラ」でも良い。
実は私は、初めて「アヴァローキテーシュヴァラー」の名を知った時、これを非常に気に入ったのだ。
少なくとも、この名を唱えれば、何も考えられず、余計な思考を消すのに丁度良い。
あるいは、「般若心経」で、観世音菩薩が行って悟りを得た「般若波羅蜜多」という修行は、この経の最後の呪文を唱えることであるという解釈もあり、伝説によれば、玄奘三蔵もこれを唱えていたと言われる。
これもまた、サンスクリット原文で唱えると良いかもしれない。
それは、
「ガテーガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディ、スヴァーハー」
である。
これだと、さらに思考が消える。
叡智(神仏そのものとも言える)と通じる方法は、思考を消し、無になることと思う。
そのために、観世音菩薩の名を唱えたり、般若心経の呪文を唱えることは有効かもしれない。













当ブログオーナー、KayのAI書。
普通の人にとって、機械学習・ディープラーニング型AIの本が面白くない理由は、次の2つと思います。

(1)そもそも難しい。数学やAIの専門用語が、解る以前に抵抗がある。Pythonプログラムが出来ない。
(2)扱う問題がとんでもなくつまらない。あるいは、特定の業務に特化し過ぎてピンとこない。

そこで、私の本では、次のことを目指しました。

(1)数学、プログラミング、AI理論不要で、ちゃんとAIを作れる。
(2)他書にない面白い問題を、学術的な難解で回りくどい言い方を避け、普通の言葉で扱った。

ほぼ全ての実習のためのデータを作れるシミュレーションプラム(Excel VBAで記述)を無料でダウンロード出来ます。シミュレーションプログラムの理解は不要ですが、興味のある方のため、なるべく簡単に書きました。

マントラは歌

孫悟空のお話で知られる『西遊記』に登場する三蔵法師は、実在の人物である、玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)をモデルにしているのだと思う。
玄奘三蔵は、629年に、仏教の経典を求めて中国からインドに向かったが、その陸路の旅は雪山高山を越えていく過酷な旅で、山賊も野獣も出る。日本の遣唐使や遣隋使も危険だったが、それ以上で、当時、そのルートでインドに到着出来たのは、ほとんど奇跡だったという話もある。
このあたりは、マード・マクドナルド・ベインの『解脱の真理』の中で、ベインが、そのあたりの地域の旅をした話があり、非常にスリリングであった。
玄奘三蔵には、こんな伝説がある。
玄奘三蔵が、インドに向かっての旅を始めようとしたら、インドから来た僧が、病気で苦しんでいた。
玄奘三蔵は、それを放っておくことが出来ず、僧を手厚く看護した。
それで回復した僧は玄奘三蔵に、呪文を教え、これを唱えていれば旅は安全だと言う。
その呪文は、般若心経の最後の部分である、
「ガテー、ガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディ、スヴァーハー」
だった。
この呪文の効果で、無事、玄奘三蔵がインドに着くと、そこに、あの玄奘三蔵が看護した僧がいて、驚く玄奘三蔵に、「私は観自在菩薩である」と言って消えたという。

呪文、念仏、祝詞、ナーマスマラナ(神の名を唱えること)を常に行えば、高次の力の支援を得るというのは、宗教的であるが、科学的でもあると思う。今は、なかなかそうは認められないが、結果は割と確実なのではないかと思う。
そして、これらのマントラ(真言)的なものは、棒読みするような言葉より、歌にした方が唱えやすいし、実際、ほとんどは歌として唱えられているのではないかと思う。
念仏だって、お坊さんは歌っているのだと言って良いだろう。
そして、別に、お坊さんが唱える真似をしなくても良い。
私は、ある日、夕陽を見ている時、不意に念仏のメロディーが浮かんだが、それは、伸びやかな音で、若い女性の声がよく似合っていた。
そして、マントラのメロディーは作りやすく、即興でも、誰でも、感じの良いメロディーが作りやすいと思う。そもそも、音楽を含む芸術は、宗教から誕生したという考え方もある。
きっと、玄奘三蔵も、般若心経の呪文を歌うように唱えていたのだと思う。

『クリムゾン・コレクション』という、シク教のマントラをケルト・ハープの伴奏で唱えた音楽があるが、非常に美しく、心が癒される。
あらゆるマントラを、あのような美しい音楽にすれば、それを、頭の中でずっと鳴らしておける人が増えるだろう。
頭の中でマントラが鳴ってる状態も、唱えていることと同じで、高次の力の加護が得られるのだと思う。
そして、それは、宗教的なマントラに限らず、敬虔であるもの、霊的であるもの、あるいは、自分が神聖な気持ちになれるものであれば、何でも良いのだと思う。













当ブログオーナーKayのAI書。
Amazon Kindle版は発売中。紙の書籍は5月30日発売。
Excelが入ったWindowsパソコンで実際に動かしながら読むと理解し易いと思います。
最初の、足し算をAIに教える実習だけでも、NNCでAIを作る感覚がなんとなく解ると思います。
本書の中でも触れましたが、複雑になってしまうやり方(沢山のファイルを作る必要があるもの等)は避け、基本的な考え方がしっかり身に付くことを意図しました。
その点、厳密でない部分もあるかもしれませんが、難しい表現で厳密に書くことも避けました。
本書で、AI人口の裾野が広がることを期待しています。

親が悪いとどこまでも駄目。その宿命を切るには。

ケント・ギルバート氏が昔、何かのテレビ番組で、こんなことを言っていたのを印象深く覚えている。
「日本では、子供は天使だと思われていて、子供は正しいと言って、あまり躾けない。だけど、西洋の多くの国では、子供は悪魔だと考えられていて、放っておいたら悪魔のままなので、徹底的に躾けられる」
海外のことは知らないが、日本はまさにその通りだし、西洋人は、日本人に比べれば、よく躾けられていると思うことも、よくあった。
もっとも、今は、「日本人並に」マナーを知らない西洋人も多いように思う。

では、子供は天使か悪魔かと言うと、どちらでもない。
単に、子供は、主に親を、そして、周囲に大人の真似をするだけだ。
そして、大人でも子供でも、人間は楽をしたがるものであり、子供も親の悪い部分を真似るのが楽なので、そのようにするものだ。
オウムなど、喋る鳥は、人間の汚い言葉ほどすぐ覚えるのは、汚い言葉ほど言い易いからで、それは子供の場合も当然同じである。
つまり、品格、マナーにおいて、子供が親以上になることは、まずない。それが悲しい現実だ。
そして、子供は、自分の品格にあったグループに入るのであり、性格の悪さは、ますます磨かれていく。
親が、子供を、優れた人格の持ち主に育てようとしても、概ね無駄だ。
子供は、あくまで、親の振る舞いを真似るのだ。
そして、親の振る舞いと、親が自分に行う躾の内容に、あまりに差があれば、子供は反発し、不良化するなど、余計に悪い状況になる。
親は、自分が駄目人間だと理解したら、子供を自分から引き離すのは、賢いと言うか、唯一の正解なのだ。

ロクな性質を身につけなかった子供が、自分に合った悪いグループがなく、自分より優れた人達の間にいることになった場合、友達が出来ず、孤立する。
学校時代は、その程度で済むが、社会に出て、まともな世界で働くようになったら、性格の悪い者は、行く先々で頭を叩かれる。
それで、見かけだけでも、いくらかまともな人間として振舞うようになる。
その方がコスパが高いからだ。
だが、頭の悪い者は、社会でうまくやっていくマナーを身に付けることも出来ず、つまはじきに遭う。
それでも、ある程度歳を取り、社会的な力がないのに、元気や体力が失くなってくると、自分の人格の欠点を痛感することが多くなる。
そこで初めて、自分の人格を呪い、なんとかしたいと思うが、もう遅い。

だが、品格の悪さは、自我の性質なのであり、自我を消せば、悪い人間性も消え、自然の大らかな優れた性質が現れてくる。
つまり、不要な自我を消せば、優れた人間になるのであり、しかも、知的にも向上するのである。
本来、自我を弱める方法は、社会の中で、徹底的に頭を叩かれ、それに耐え抜くことであるが、それが出来るのは、元々、自我の弱い、かなり立派な人間である。
品格の悪い、自我の強い人間は、叩いてくるものに反発したり、そこから逃げ出すだけだからだ。
どうしようもない人間の最終手段は、1日中、呪文や念仏を唱えることだ。
問答無用で1日中である。
10回や100回や、1時間や5時間ではない。
「1日中」である。
般若心経の呪文など良い。
「ガテー、ガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディ、スヴァーハー」である。
意味などない。ないから良い。
だが、「南無阿弥陀仏」でも、「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」でも、何でも良い。
般若心経全体でも、大祓詞でも良い。
何でも良い。混ぜても良い。
とにかく1日中やれば、自我は消えていく。
ただ、残るべき部分は残るので(聖者すら、自我の全てが消える訳ではない)、自分でなくなることはない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

般若心経の呪文

こんな話をちょっと思い出した。
玄奘三蔵という中国の有名な僧が若い時、いよいよインドに行こうとしていた。
当時、中国からインドへの旅は極めて困難で、生きて帰れる可能性はほとんどなかったらしいが、三蔵は仏教の経典を求めて危険を冒す覚悟だった。
ところがそんな時、インドから来た僧が重病に陥っているのを見つけ、三蔵はそれを見過ごさずに熱心に介護した。
やがて回復したインドの僧は、三蔵に、般若心経の呪文を教え、これを常に唱えれば、事故にも遭わず、病気にもならず、無事にインドに着けると言った。
三蔵は、言われた通り、その呪文「ガテーガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディスヴァーハー」を唱えながら旅をしたが、あらゆる危機を乗り越え見事、インドに到着する。
するとそこで待っていたのは、あのインドの僧だった。
インドの僧は、「私は観自在菩薩である」と言って姿を消した。

この話を見た時、私は、
「呪文を唱えれば病気にならないとか言って、インドの僧自体が病気で苦しんでるじゃないか?」
と思ったものだ。
それでも信じた三蔵はアホではないかと思ってしまったのだ。
しかし、今ならこう思う。
今が盛りの大金持ちの成功者が、「こうすれば成功するぞ」と言うものの方がずっと怪しい。
なぜなら、成功するためには、それに見合った代償と責任が求められる。
その代償と責任を負う覚悟のない者に、本当に成功する方法を教えられるはずがない。

三蔵は、インドへ行くという危険を進んで冒す覚悟があったし、すぐに出発するつもりだった。
つまり、代償を払うことに関しては合格である。
だが、仏教の僧である限り、インドから来た僧の苦難に手を貸す責任がある。
その責任を放棄しなかったことで、三蔵は成功の条件を満たしたのだ。

アラジンの魔法のランプは、誰でも得られる。
しかし、ランプの魔神は、願いに対し、代償を払い責任を負う覚悟を求める。
覚悟が出来た・・・つまり、代償を払い責任を負う決心をした時、魔神は現実を改変してでも、あなたの願いを叶える。
現実ハッキングの代償と責任は重い。
そして、魔神はあなたの潜在意識なのであり、魔神はあなた(顕在意識)と共同で事を行うのである。
般若心経の呪文は、代償と責任を負うことの宣言であり、それを担保に、雑多な負債は肩代わりしてもらえる・・・つまり、いかなる困難も突破出来る。
うかつに唱えて良い呪文ではないかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人生最後の望み

般若心経を10万回称えたって人がいたが、その人の力は大したもので、イエス・キリスト並に、かなり大物の悪霊も祓うことが出来た。
人間の不幸の深い原因は悪霊であり、その彼に会うと、危機的状況を逃れるなど、少なくとも、一時的には運命を好転させることが出来た。
ところが、世の中には、「般若心経を3千回称えました」とか、「般若心経の呪文を1万回称えました」とかいう人は割といるが、そんな人は危ない。

般若心経に限らず、祝詞や念仏や真言を称えると、自我より高い存在に意識を向けることになり、称える回数が多くなれば、少しずつだが自我は退き、その高い存在に似てくるというか、同化していく。
ところが、般若心経3千回程度なら、自我は「俺は般若心経を3千回称えた立派な人間だ」と誇り、かえって自我が強くなる。
それでも、そこから更に称え続けるなら良いが、3千回でやめてしまうと、驕った自我を悪霊に利用されて手玉に取られるかもしれない。
中途半端に信仰を持った人間なんて、ぞっとしないというのは分かると思う。

私が、まるで駄目男君(私の職場にいる30歳もとおに過ぎた人生の落伍者)に、念仏や真言を勧めたくない理由もそんなところにある。
まるで駄目男君は、おだてれば、2週間程度は熱心に念仏を称えたりするかもしれないが、すぐに、「昨日は忙しくて出来ませんでした」とか言い出して、やめてしまうに決まっている。
結果、自尊心だけは高まり、もっと駄目になるのである。

私も一頃、休日には1日7時間、神道の大祓詞を称えていたことがある。平日も2~3時間、称えていたと思う。
合計で5千回になったが、それでやめてしまい・・・まあ、ロクなことはなかった。
土台、1日7時間も称えるというのは、欲深であるというだけのことだ。
エドガー・ケイシーって人は、毎朝必ず聖書を読むことを一生続けたので、偉大な霊能者になったのであると思う。

とはいえ、般若心経10万回とか、大祓詞5万回なら、さぞ強力な力がついていることだろう。
人生に何の望みもなく、暇で退屈で、死ぬ時のことをよく考えてしまうようであれば、最後の望みを賭け、そういったことをやってみるのも良いと思う。
まあ、ある程度やっているうちに、自我が退き、つまらないことを望まなくなる。力が出てくるのは、そうなった後である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード