ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

般若心経

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

直観力を得る

DS(闇の支配者)は、学校とテレビを活用して、庶民が能力を持たないようにしている。
つまり、DSにとって、庶民が能力を持つことは都合が悪いのだ。
DSは、庶民に、学校の成績が良い者を優秀と思わせているが、成績の良い者の9割までは能力薄弱者だ。つまり、塾やAI教材とやらで、試験の成績の良い子を作ろうとするのは、全くDSの思うツボなのである。
反対に、庶民が高い能力を持つことが、DSへの最高の嫌がらせだし、能力が高い庶民の数が増えれば、DSにも脅威だ。
そして、何より、高い能力こそが自分を守るのである。
では、高い能力とは何だろう?
人間が本来、持っていて当たり前の、天から授かった素晴らしい能力。
それは、直観力だ。
直観力とは、考えずに、瞬間で正解を得る能力だ。
こんな能力を持つ者は、DSにとっても強敵なのだ。

では、どうすれば直観力を得られるのだろう。
それに関して、発明家で、能力開発の世界的スペシャリスト、中山正和さんが沢山の本に、分かり易く書いている。
一言で言えば、観自在菩薩になることだ(え?w)。
いや、別に難しい話ではない。
中山さんは、観世音菩薩より、観自在菩薩という、般若心経で使われている名前を好んだ。
観自在菩薩とは、「自在に観ることが出来る菩薩」という意味なのである。
観自在・・・つまり、自在に観ることが出来れば、直観が冴えるのだ。
自在に観るとは、脳のイメージ配列が整っているということだ。
簡単に言えば、頭の中がゴチャゴチャしておらず、整然としていることだ。
面白いことに、カルト宗教と言われることも多いサイエントロジーの根本教義である「ダイアネティックス」が、まさに、観自在を得る方法だったが、現在のサイエントロジーがそれを継承出来ているかどうかは私は知らない。いずれにしても、「ダイアネティックス」は複雑過ぎる。だが、『ダイアネティックス』の書籍自体は参考になると思った。まあ、難しいので、別に読まなくて良いが(笑)。

中山さんは、禅の公案も、脳のイメージ配列を整え、直観力を高めると言われていたが、禅の公案の解説書は、あまり読まない方が良いと思う。かえって、脳のイメージ配列を乱すような歪んだ解説が多いから(笑)。
中山さん自身が『瞑想と潜在能力』という本で、いくつかの禅の公案の解説をしていて、良い解説が多いが、「?」と思えるものも少しはある。悪くはないのだが、無理矢理、科学に当てはめようとするあまり、ちょっと不自然な解説になったように思う。まあ、納得出来なければ、そこは読み流すと良い。

だが、最も直観力を高める方法は、中山さんも勧めていたが、真言である。
特に、中山さんは、般若心経の呪文、
「ギャテイ、ギャテイ、ハラギャテイ、ハラソウギャテイ、ボウジ、ソワカ」
を勧めておられた。
これは、中国語に音写されたもので、元のサンスクリット語では、
「ガテー、ガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディ、スヴァーハー」
である。
仏・菩薩の真言や、「南無阿弥陀仏」の念仏、「南無妙法蓮華経」の題目も当然良い。
心の中で、丁寧に、数多く唱えると効果がある。

ところで、中山さんは、自分が中学生の時、中学校の1人の先生に教わったある方法が、非常に役に立ったと著書に書かれていた。
それは、道元の『正法眼蔵』の『現成公案』だけを、ひたすら読むことである。これで中山さんは天才になったのだと思う。
中山さんは、良い先生に出会い、大ラッキーだった。
こんな先生が今も、日本に1人でもいることを願う。
尚、ナーマスマラナ(神仏の名を心で唱えること)については、ずっと書いているので、今回はお休みするが、ナーマスマラナは万能であり、当然、直観力を高める。これ一本と決めている方は、迷わずやれば良い。












アセンションは来年2月頃か

気分を明るく保ち、世界に対しては希望を持たなければならない・・・のだが、世界の状況はあまりに悪い。
人間は、多かれ少なかれ、自分と自分の家族の幸福を一番に考える傾向があり、それは、徳の高い人間も例外ではない。
悟りを開いた人間なら、親も子も、さらには、自分すら他人のように感じるというが、そこまでいけば大聖者で、滅多にいる存在ではない。
よって、普通の人間には、大なり小なり欠点はあるが、とはいえ、人間がここまで強欲になれるものだろうかと疑問を感じるような極悪な者達が、世界を支配している。
ひょっとしたら、連中は人間ではなく、陰謀論で言うところのレプティリアン(レプティリアン・ヒューマノイド。ヒト型爬虫類)だと考えれば、まだ納得出来るように思う。

『美少女戦士セーラームーン』というのは、実は、原作は相当シリアスなお話だ。
太古の昔、修復が不可能なほど世界が悪に染まった時、沈黙の戦士セーラーサターンが召喚され、セーラーサターンがサイレンス・グレイブ(沈黙の鎌)を振り下ろした時、世界は終わった。
世界は最初からやり直されたが、やはり人間は弱く、また、その心に異次元の悪を巣食わせてしまった。
そして、20世紀末、蘇ったセーラーサターンは再び世界を終わらせようとしたが、セーラームーンがそれを阻止し、セーラーサターンは1人で、破滅的な悪の根源を道連れに滅ぶ。
著者の天才、武内直子氏の壮大なビジョンであったと思うが、さすがに難し過ぎて、アニメではかなり話を変えたようだ。
だが、2021年、世界はすっかり穢れてしまった。
予定では、2022年2月22日までに、一部の人類はアセンション(次元上昇)し、この世界は滅ぶ。
出来るだけ多くの人類をアセンションさせようと努力している者達がいるが、思ったような計画の進捗ではない。特に、意外にも日本では。
このままでは、天皇陛下が、この世界に残らざるを得なくなるとも聞いている。

仏教の念仏は、本来、アセンションの真言であったが、表向きには、死後に極楽浄土に生まれるためのものとされた。
そうしないと昔の人間には理解出来なかったからだ。
だが、法然や親鸞より後、一休が、その秘密を明かしている。
「西方極楽浄土は、西にあるのではなく、南にある。南とは皆身ということで、全ての人の内側にあるということだ。念仏が極楽浄土を今ここに現出させる」
「アミタ」という名に、その仕組みが組み込まれているが、「アミダ」でも問題なく機能する。
もちろん「南無阿弥陀仏」で機能が万全に発揮されるが、「阿弥陀」「阿弥陀仏」だけでも良い。
実を言うと、「アーメン(amen)」や「アマテラス(Amaterasu)」、あるいは、「(God) am I(Godは略す。意味は、I am Godと同じ)」のように、AMの音に、この機能がプログラムされているのである。
ただ、この言葉は機械的に使ってはならず、機能を発揮するためには、本来の宗教的雰囲気が必要なために、神仏の名になったのである。
こう説明すると、全ての謎は解けるのである。

ところが、アセンションまで、少し間があり、そこで苦しんでいてはならない。
我々が、出来るだけ楽しくいることが、高次の存在の望みである。
そこで、アセンション前の闇の世界で保護されるためには、『観音経』(『法華経』25章)にあるように、
「南無観世音菩薩」「観世音菩薩」「観音様」
などと唱えれば良い。
本来、観世音菩薩の名は、アヴァローキテーシュヴァラなのであるが、この名が「観世音菩薩」という意味になるので、上のように唱えて良いだろう。
また、般若心経の呪文、
「ガテー、ガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディ、スヴァーハー」(サンスクリット語)
あるいは、
「ギャテイ、ギャテイ、ハラギャテイ、ハラソウギャテイ、ボウジ、ソワカ」(中国語)
を唱えると、神通力(超能力)を得られ、悪に打ち勝てるので、たゆまず唱えると良いだろう。

アセンションに気付き難いかもしれないが、おそらく、来年2022年2月22日あたりに、世界は変わっているだろう。
その時、まだ、あの認知症の老人が大国の大統領だったり、新型コロナが蔓延していたら、古い世界に留まっていることになるが、徐々に変化するかもしれないので(2022年12月22日までゆっくり変化するかもしれない)、あまり心配しないことだ。
十分に真言を唱えている限り、救われないことはない。








つまらないことを気にしない人になるには

同じような人が多いと思うが、私も、子供の時や、ごく若い時(18歳くらいまでだろうか)は、多少、身体の調子が悪かったり、身体のどこかに痛みがあっても、あまり気にせず放っておいた。
それで、気がつかないうちに治ってしまった。
しかし、世の中の人やマスコミは、「身体の異変に気をつけよう。それは大病の予兆かもしれない」などと、不安を感じさせることをよく言うので、私も、知らず知らず、身体の異変に敏感になってしまっていた。
また、大きな病気でも経験していると、身体に違和感を感じたりしたら、「ひょっとしたら、また深刻な病気ではないだろうか?」と不安になり易いものだろう。
そして、心配・不安が大きいほど、身体の不調は長引き、実際は大したことはなかったのに、本当に病気になってしまうこともあるかもしれない。

病気ばかりではない。
人に嫌なことを言われたり、されたり、あるいは、ちょっと嫌な出来事があって、それが気になってしまって、どんどん気分が悪くなり、イライラしたり、元気がなくなってしまうこともあるだろう。
そうなると、さらに気分を悪くさせる嫌な出来事が起こるように感じ、実際に、そうなりかねないのである。

過ぎたことを気に病まず、悪いことが起こるのではないかと不安にならないことが、運に恵まれ、楽しく生きるコツであることは、昔から大勢の賢者達が指摘していると思う。
イエスは、「明日を思い煩うな」「明日の心配をするな」と言い、有名な神道家で屈指の形成外科医であった葉室頼昭氏は、「取り越し苦労(将来への不安)、持ち越し苦労(過去を悔いること)は、神への侮辱」と言った。
天才発明家で、能力開発のスペシャリストであった中山正和氏は、「クヨクヨしなければ、頭も運も良くなる」と言った。

だが・・・
どうすれば、アニメの一休さんの歌のように(古くて恐縮だが)、「気にしない、気にしない、気にしない」ようになれるのか、具体的なことを示してくれる人が少なく、実際にどうすれば良いかが分からないのだ。
賢い聖者や賢者は、こんなことを、細かく教えてくれない。
教えてくれたとしても、それは、深遠で難しく、手のつけようがないことが多いから困るのである。
黒住宗忠は、「神に全てまかせれば、いつも安らかである」と言い、つまるところ、神様を信用して全てまかせればいいってことなのだし、イエスも、結局はそう教えているのだろうが、現実的に、神様を信じることがなかなか出来ない人も少なくないと思う。

しかし、上で取り上げた中山正和氏は、具体的な方法として、般若心経の呪文を唱えることを、少し、著書で提案されていた。
だが、もっと全面的に勧めて欲しかった。
中山氏は、頭や運を良くする、科学的・論理的な手法を沢山編み出したので、それをメインに教え、般若心経の呪文は、ついでとしたのだろうが、私のような根気のない凡人は、中山氏の「NM法」などが素晴らしいことは感じつつ、もっともっともっと簡単な方法でないと駄目で、つまり、般若心経の呪文の方が良く、実際、それで効果を上げたのだった。

そんなわけで、イエスの言う「明日を思い煩うな」や、ラマナ・マハルシや荘子が言う「賢者は子供のように、過ぎてしまえば忘れる」を実践し、結果、元気になり、運を良くするには、真言を唱えるのが一番であるし、現実的には、それしかないかもしれない。

般若心経の呪文(真言と言って良い)は、私は、昔から、サンスクリット語で唱えていた。
リズム感があって覚えやすいと思う。それは、
「ガテー、ガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディ、スヴァーハー」
である。もちろん、普通に唱えられている、中国語版の、
「ギャテイ、ギャテイ、ハラギャテイ、ハラソウギャテイ、ボウジ、ソワカ」
でも効果は変わらない。
いずれにしても、この呪文(真言)の効果は驚くべきもので、多く唱えれば唱えるほど良いのである。

「南無阿弥陀仏」「南無観世音菩薩」「南無妙法蓮華経」「南無弥勒菩薩」なども良い。
ところで、私は、昔から愛用していた、阿弥陀如来真言を、中国語版から、サンスクリット語版に変えた。
単に、響きが良いと思ったからで、効果そのものに違いはない。
私は、他の真言も、サンスクリット語で唱えることにした。
阿弥陀如来真言であれば、
中国語「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」
サンスクリット語「オーン、アムリタ、テージェ―、ハラ、フーン」
である。
観世音菩薩真言は、
中国語「オン、アロリキャ、ソワカ」
サンスクリット語「オーン、アーロリク、スヴァーハー」
で、ある。
弥勒菩薩真言は、
中国語「オン、マイタレイヤ、ソワカ」
サンスクリット語「オーン、マイトレーヤ、スヴァーハー」
である。
効果自体は、どちらでも同じである。
昨日も書いたが、サムハラ大神の真言「サムハラ」や、「甘露」や「不死不滅」を意味するサンスクリット語「アムリタ」も強力な真言である。

真言を唱えていれば、自然に、取り越し苦労、持ち越し苦労がなくなり、現実の苦労もなくなり、心が安らかになり、健康で運も良くなるのである。
我々は、真言という具体的な武器を持たねばならない。
真言を武器と言うのはどうかと言う人もいるかもしれないが、この悪霊がひしめく世界で、真言は、これを撃つ光線銃と言って良いと思う。
光線銃を撃ちまくるように、真言を唱えるという考え方も良いのではと思う。








地上のことは放っておいて高く飛ぶ

この世界が悪に支配された場所だと感じている人は多いだろう。
そして、そんな人達は、そのこと(この世は悪の世界であること)を昔から感じていたかもしれないが、特に強く感じるようになったのは、割と最近(10年以内)なのではないかと思う。
昔だって、ここは何か間違った世界であり、苦しめられることもあったが、それでも、何とか折り合いを付けていたし、折り合いを付けることが出来たのではないかと思う。
だが、2013年頃から、だんだん耐えるのが難しくなり、昨年あたりに、世界は狂っていると、ようやく目覚めた・・・という感じではないかと思う。

これはどういうことかというと、2012年の末に、世の中の一部で言われていたように、地球はアセンション(次元上昇)を果たし、善い人達は高い世界に行ってしまったが、我々は悪い世界に取り残されてしまったのだ。
落第したから落とされたのかどうかは分からないが、まあ、ほとんどの人がそうなのではないかと思う。
しかし、取り残された我々も、善い人達が消えて、より波動が重くなった世界で、遂に耐え難いものを感じているわけである。
・・・などというと、スピリチュアル(精神世界)系の与太話だと言われるかもしれないが、こんな話を馬鹿にする人達だって、「そうかもしれないなあ」程度には分かるものである。
残された人々が目覚めたきっかけは、繰り返される天災と共に、表に現れた人為的な出来事・・・2020年アメリカ大統領選挙と、それによってあぶり出されたマスコミ等の闇、そして、新型コロナウイルスと、それによってあぶりだされた政府と医療の闇であった。

1994年に、タツノコプロによって、『ガッチャマン'94』という全3話のアニメ作品が作られたが、そのテーマ曲を、アース・ウィンド・アンド・ファイアーのモーリス・ホワイトとビル・メイヤーズが作った。詩はブロック・ウォルシュが書いた。
その中で、

LET'S FLY HIGH LEAVE THE PAIN YOU KNEW SPINNING BELOW
地上の喧噪は放っておいて高く飛ぼう

と繰り返し歌っている。
まさに、アセンションしようと言っているのだ。

取り残された我々も、最後のチャンスとなる。
どうやって次元上昇するかというと、真言を唱えることによって。
例えば、般若心経には、「呪文を唱えることによって高いところに行ける」と言って、呪文を教えている。
ヨーガの大家の中にも指摘する人がいるが、般若心経全体をあーだこーだと解説するのは愚の骨頂である。
まあ、そんなことを本に書くセンセーが多いのであるが・・・
重要な内容ではあるが、さらりと意訳した以上の表現は不可能だ。
大切なのは、最後の呪文だと、般若心経の中で何度も繰り返し述べている。
般若心経の目的自体が、呪文の勧めと呪文の提供なのである。
それを取り違えて、語句の解説をするのは的外れである。
だから、呪文を繰り返し唱えれば良いのである。
それは、一般に知られる中国語版では、
「ギャテイ、ギャテイ、ハラギャテイ、ハラソウギャテイ、ボウジ、ソワカ」
で、サンスクリット語版では、
「ガテー、ガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディ、スヴァーハー」
である。
どちらでも効果は変わらない。

他の真言を使っても構わないし、同じことだ。
念仏を唱えれば、極楽浄土に往生出来ると昔から教えられているが、一休さんも指摘した通り、極楽浄土は遠い先にあるのではなく、今ここに作ることが出来る・・・というか、行くことが出来る。
地上のゴタゴタは放っておいて、高い次元に行こう。
残された人々だって、真言を唱えれば、行くことが出来る。
真言以外の方法もあるのかもしれないが、私はよく知らない。
どれか、お気に入りの真言を1つ唱えるか、2つか3つ、あるいは、沢山唱えても構わないが、とにかく、いつも唱えることだ。
何が起こるかは、自分に起きるまでは分からない。








般若心経の呪文でプログラミングをマスターする

プログラミングをプロレベルでマスターしたいという人も多いと思う。
資格なんか持ってるより就職し易いし、今の日本のIT業界はまだ職場環境が良いとは言えないが、社内SEになれば、いい想いが出来るし、営業しなくていいし(笑)。
私は、プログラミングをマスターしてから、いい想いばかりしている。
では、どうやってプログラミングをマスターしたのかというと、そりゃ、一所懸命に勉強したのだが(笑)、考えれば、楽しいことだった。
だが、不遇な状況にいる人に、プログラミングの習得を勧めたことはあるが、ほとんどの人が、渋々勉強した挙句、挫折したように思う。
では、私と彼らとの違いは何かというと、私の頭が良い・・・わけではない(笑)。その明確な証拠がある。
私より明らかに頭が良いのにプログラミングが出来るようにならなかった人がいた半面、言っては悪いが、私より頭が悪いのにプログラミングは上手い人もいるからだ。
そりゃ、高度な分野のプログラミングであれば、絶対的な頭の良さが要求されることもあるが、社内SEレベル、あるいは、小規模な業務システムレベルであれば、小学生に算数が教えられる程度の頭があれば良いと思う。
では、なぜ、私が何の苦労もなくプログラミングをマスター出来たかというと、もちろん、真言を唱えていたからだ。
唱えていた真言は何かというと、はっきり言える。
般若心経の呪文(真言と言って良いと思う)である。
中国語版、
「ギャテイ、ギャテイ、ハラギャテイ、ハラソウギャテイ、ボウジ、ソワカ」
と、サンスクリット語版、
「ガテー、ガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディ、スヴァーハー」
を両方唱えたが、サンスクリット語版の方が気に入ったので、そちらを主に唱えた。だが、別にどちらでも同じである。

経緯はこうである。
私は、初めてまともなサラリーマンになった時の仕事は事務員だった(総務とか言っていたが)。
だが、オフィスでの近くの席だった技術課長が、私にプログラミングの勉強を勧めてくれた。
今では、その技術課長に大変に感謝している(ただ、この技術課長は非常に頭が良いのにプログラミングをマスター出来なかった)。
ところが、その時は、無視するわけではないが、聞き流した。
その頃、仏教学者の紀野一義氏の『「般若心経」を読む』を読み、般若心経の呪文には力があると感じた。
そして、決定的だったのが、天才発明家で能力開発のスペシャリストとして知られていた中山正和氏が、著書の中で、般若心経は能力開発の秘法であり、特に、その呪文が良いと書いていたことだった。
中山氏は、この呪文を唱えれば、運が良くなるだけでなく、頭も良くなると、科学的に説明してくれている。
そこで、私は、少なくとも、通勤中は、心の中で「ガテー、ガテー、・・・」となるべくずっと唱えていた。
夜、ベッドに入ってからも唱えていた。
すると、知らないうちに、プログラミングのテキストを次々購入し、自然に、ページを開くようになった。
テキストを読んで、何となく分かるような気がしたら、後は、自宅のパソコンで、テキストの通りにプログラムを打ち込んで動作を試すことを繰り返したが、これをIT業界では「写経」と言い、知っている人は、これこそが最短の学習法と分かっている。

以上、参考になればと思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード