ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

至高体験

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

至高体験を起こす

至高体験という、最高の幸福感に満たされる心理現象がある。
それは、麻薬で感じる快楽とは異なり、肉体ではなく、心で感じるものだ。
世界的心理学者のアブラハム・マズローは、「偉大な人間と平凡な人間の違いは、至高体験の有無だけ」と言った。
だが、英国の作家コリン・ウィルソンは、「至高体験は誰にでもある、ありふれたもの」と言い、やがて、マズローもそれを認めた。
ただ、やはり、平凡な人間は、至高体験を覚えていないのだ。
そしてさらに言えば、偉大な人間は、至高体験を、割と容易に「起こすことが出来る」。
至高体験は、宗教で言う法悦と同じで、神がかった状態であり、人間を万能にする。
よって、我々は、至高体験を起こせるようになった方が良い。

そもそも、至高体験の正体とは何だろう?
これも、コリン・ウィルソンが、あっさりと明かしている。
それは単に、「自分を幸運だと思うこと」だ。
これが分かれば、至高体験を起こせるようになったも同然だ。
つまり、自分の幸運に、喜んだり、感謝すれば良い。
たとえば、住む家があることに「ありがたいなあ」とか「ツイてるなあ」とか「嬉しいなあ」と思えば良い。
あるいは、着る服があること、見る目があること、食べる物があること、試験の成績が良かったこと・・・何でもいい。
これらは皆、幸運だから得られたのだということを認識しなければならない。
そんな幸運なことを見つけたら、口や心の中で、さっきの「ありがたいなあ」とか「ツイてるなあ」といった言葉を言えば良いだろう。
どんな言葉を言うかは、自分にピッタリくるものであれば、別に決まりはなく、何でも良い。
そんなことをやっていたら、至高体験を起こすことが出来るようになる。
そうなれば、自由自在にならないわけがない。








現実を創造する人間の精神性を得る方法

人間の想念が現実を創ることを描いたフィクションに心惹かれるなら、あなたにも、その能力がある。
楳図かずおさんの漫画作品『洗礼』、谷川流さんの小説・アニメ『涼宮ハルヒ』シリーズ、城平京さんの小説・アニメ『虚構推理』などが、そのようなお話だが、他にも沢山あるはずだ。
『涼宮ハルヒ』シリーズでは、涼宮ハルヒという特別な力を持った少女が、無自覚に世界を大きく動かす。
だが、『洗礼』では、少々変わった家庭で育った、そして、大変な美少女ではあっても、別に特別な少女ではないさくらが、不思議で恐ろしい現実を作り出す。
そして、『虚構推理』では、特別な能力を持った人間は、可能な範囲でそれを行うが、平凡な人間であっても、SNSを媒介にして、共同で想念を作れば、あり得ないような現実を作り出すことが描かれている。
これらは、普通、あくまでフィクションとされるが、ここまでドラマチックではなくても、そんなことを何度もやった私からすれば、やはり、こんなことは起こり得るし、起こっているし、本来は誰でも起こせるのである。

引き寄せのマスタークラスの人がよく、「お金をうまく得られない人は、心がお金の受け取りを拒否している」と書いてあるのをよく見るが、それは本当に正しい。
ただし、私など、その仕組みが分かっていながら拒否することがあり、心の性質というものは、なかなか厄介である。
心の性質を変えるため、肯定的な言葉を唱えたり、催眠療法を施すこともあると思うが、大抵はうまくいかない。
凡人の心は、それほど強固に、駄目な方向に固定されているのである。
普通の生活を普通に送っている限り、精神の傾向は変わったりしない。
よほど驚くか、よほど感動するか、あるいは、よほど絶望するか・・・などといったことでもない限り、心のベクトルは変わらないのだ。
いわゆる、人生観を変える出来事が必要だ。
誰だったか、ある偉人は、目の前で、犬が雷に打たれて死ぬのを見て人生観を変えたらしいが、多くの偉大な人物には、そんな経験があり、そんな経験がないから平凡な人間であるのかもしれない。

人生観を変える体験は、ゾーンとかフローと呼ばれる体験の一種であり、昔、世界的心理学者のアブラハム・マズローは、そんな体験を至高体験と呼んだ。
そして、マズローは、「偉大な人間とそうでない人間との唯一の違いは、至高体験があるかないかだ」と言ったが、英国の作家コリン・ウィルソンは、「至高体験はありふれたもので、誰でも体験している」と言い、後にマズローもそれに同意した。
大切なことは、至高体験の頻度というよりは、それを覚えているかどうかだ。
そして、それは思い出せる。
どうやって思い出すのかというと、最も簡単なのは、他の人の至高体験を聞くことだ。
マズローも大学で、その実験をやった。教室で学生達に、自分の至高体験を語ってもらうと、それを聞いていた学生達が次々に至高体験に入っていった。
私も、主に小規模な企業の経営者を集めたセミナーでやってみたことがあり、やはり、そんなふうになった。
そんな会に参加する機会がなければ、至高体験が提示されている本を読むのも手である。
コリン・ウィルソンの『右脳の冒険』には、そんなことが書かれているだけでなく、疑似至高体験を起こす簡単な方法が紹介されている。
それは、「ペン・トリック」と呼ばれ、59ページあたりに書かれている。
やり方を簡単に言えば、模様のない背景の中にかざしたペンや鉛筆の先に意識を集中させては緩めるということを繰り返すだけである。
興味があれば、本を参照していただきたい。

また、度々言うが、腕振り運動や四股を、淡々と丁寧に長時間行っていれば、至高体験、ゾーン、フロー、あるいは、それらに近い意識状態になる。
だから、これらを熱心にやっている者は引き寄せがうまい場合が多い。








本当に幸運な人

男子プロテニスで、ツアー109勝、シングルス1243勝の世界歴代1位の記録を持つアメリカのジミー・コナーズは、
「テニスプレーヤーには2種類しかいない。ウインブルドン(全英オープン)のタイトルを持っている者と持っていない者だ」
と言ったことがある。
それで言えば、4大大会(全米、全英、全仏、全豪)でコナーズと同じ8勝で、通算世界ランキング1位では、歴代4位(268週)のコナーズを超える270週(歴代3位)のイワン・レンドルは、ウインブルドンのタイトルだけは取れず、このコナーズの論では「2種類目」の選手になるが、確かに、レンドル自身も、ウインブルドンのタイトルは一番欲しかったようである。

アメリカの心理学者アブラハム・マズローは、
「偉大な人間と平凡な人間の違いは1つだけだ。それは至高体験があるかないかだ」
と言った。
だが、彼と交流のあったイギリスの作家コリン・ウィルソンは、
「至高体験は誰にでもある、ありふれたもの」
と述べ、後にマズローもそれを認めた。
要は、至高体験に気付いているかどうかだろう。
至高体験とは、およそ文豪の作品で現れないものはない精神状態で、世界と自分が一体になった忘我・没我・無我の状態だ。
マズローは、大学で、学生達に「自分が幸運だと思った体験」を語らせていったら、学生達が至高体験に達することを発見したという。

コナーズの方のは、そもそもがプロテニスプレーヤーに限定され、しかも、その中でも、ごくわずかな、実力と運に恵まれたプレーヤーを指すのであるが、確かに、彼が言った「分類」に意味があるほど。ウインブルドンのタイトルには権威があるのだろう。
一方、マズローの至高体験は誰でもあるので、それを自覚すると良いのであるが、ほとんどの人はそれをしない。

ところで、別の、そして、もっと重大な人間の分類法がある。
それは、ジャパ(真言や神の名を唱えること)を毎日行っているか、そうでないかだ。
それを行っている者は魔法使いであり、全てを、特に、永遠を手に入れる。
だが、人類を覆う運命が、ほとんどの人間には、それが出来ないように働きかけている。
ジャパは、口に出して唱えても良いが、心で唱える方が良い。なぜなら、継続し易く、長時間行えるからだ。
だが、多くの(ほとんどと思われる)場合、声に出して唱えるよう指示されることで、大半の者がやらないことになる。
声に出して唱えるのは僧侶だけで良いのであるし、また、必ずしも、僧侶が、毎日ジャパを行う運命にはない。
真言(あるいは神の名)は、良いもの(自分が良いと思うもの)であれば、およそ何でも良い。
「アウム」でも「南無阿弥陀仏」でも「オン、アビラウンケン」でも「トホカミエミタメ」でも、自分が良いと思えるものなら良いのである。
唱える回数が多ければ多いほど、本質的な能力が高くなり、この幻影の世界を自在に操れる。
その明確な根拠の1つは、脳は放置すると、無駄な活動で多大なエネルギーを消費してしまうということが分かっていることだ。
また、マントラは脳全体を統合的に共鳴させ、あるイメージ領域の配列を整え重要な機能を顕現させることが、ある程度分かっている。
しかし、マントラの重要な秘密の大半はまだベールに覆われている。
だが、実践すれば、その効果は誰でも分かることであり、至高体験も頻繁に起こると思われる。
とはいえ、今のところ、多くの者は、それをする運命にないようである。








超越意識に達するには

野球のバッターや剣道の剣士を羨ましく思うことがある。
なぜなら、暇があれば、バットや竹刀や木刀を振れば楽しいのだからだ。
いつでも手軽に楽しみが得られるのである。なんと素晴らしいことだろう。
バットや竹刀を振るのが楽しくないなら、バッターや剣士を止めた方が良い。
そして、好きでバットや竹刀を振っていれば、フローとかゾーンと呼ばれる意識状態に入れる。
フローやゾーンは、法悦、サマーディー、大洋感情、至高体験、ピークエクスペリエンス、中今・・・などと言われ、その時、人間が至高の存在(神と言える)になっている。

しかし、ずっとやってると言っても、スマートフォンをずっといじっているとか、テレビをずっと見ている・・・なんてのは、アル中や麻薬中毒と同じであり、落ちぶれる一方である。

別に野球選手や剣士でなくても、好きでバットや竹刀を振るなら同じだと思うが、なかなかうまくいかないだろうし、やはり、自分に向いたことをやるべきである。
バッターや剣士は、それで、バッティングや剣道が上達するという現実的メリットもあるので、その点も、特に最初のうちはモチベーションになるが、普通の人はそうではない。
浄土宗や浄土真宗のお坊様や、熱心な信者であれば、法然のように1日中、念仏を唱えていれば良いはずである。法然は、念仏が好きであったことも確かと思う。
しかし、念仏が好きでないとう浄土系仏教のお坊様は気の毒である。
ピカソやモディリアーニやゴッホは多作の画家だが、彼らは本当に1日中描いていたらしい。
売れなくても、1日中好きで絵が描けるなら幸せだし、本当は、好きで1日中描いていれば、おかしな要因がない限り、売れるはずだと思う。

ちょっと面白いのが、物理学者で武術家の保江邦夫さんが、病気だと思うが、左耳が聴こえなくなり、しかも、耳鳴りが酷かったらしい。
ところが、保江さんは、その耳鳴りをずっと意識的に聴いていたら、超越意識に達してしまい、凄い人になってしまったのである。
きっと、耳鳴りを聴くのは楽しいことなのだろう・・・いや、楽しい。
と言うのは、私も、耳鳴りは多い方で、幼児の時、親に「ぴーってのが聴こえる」と言ったことをはっきり覚えているが、それは耳鳴りであった。
だが、私は耳鳴りを楽しまなかったので、これまで超人になり損ねていた。
ずっと前には、メニエール病になり、ますます耳鳴りが大きくなったのに、残念というか、馬鹿なやつだった。
メニエール病は自然に治ったが、耳鳴りは今でもあるので、これを大事にしようか。

四股も良いのではと思う。
四股と言っても、テレビで見る大相撲の四股ではなく、大東流合気術の修行と言われるコンパクトな四股である。
具体的には、『大東流合気武術 佐川幸義 神業の合気 力を超える奇跡の技法“合気"への道標』を見ていただくのが良いと思う。
私は、今年の6月23日から四股を始め、しばらくは1日300回だったが、今は500回以上。休日は1000回以上踏むようになった。
効果を感じ始めたのは、先月末くらいからで、どんどん力が集まってくる。身体の軽さ、力強さは半端ない。やってみれば解ると思う。
その影響もあると思うが、最近は、短い木刀(約55cm)、短刀型木刀(約30cm)、そして、手刀を振るのが楽しい。
そして、これらを、ゆっくり丁寧にやっていると、フローに入ることがある。
フロー(至高体験、中今も同じ)に自在に入れるようになれば、神と同じと言っても良いと思う。
あなたも必ずや、好きで1日中やれる何かを持つべきである。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ゾーンに入り世界を動かそう

では、超越状態に入り、世界を動かしたり、現象を創造したり、超能力を発揮しよう。
集中が大切だが、自分が集中に入り易い感覚を使えば難しくない。
人によっては、集中し易い感覚が違うが、視覚か触覚で大抵うまくいく。

コリン・ウィルソンがセミナーで教えていた方法は、視覚を使うものだった。
ペン先などに全力で集中し、不意に集中を解くということを何度も繰り返すだけだ。
それだけで、浅いかもしれないが、至高体験、あるいは、ゾーンと呼ばれるものに入れる。

触覚を使う簡単なやり方は、親指と薬指を微かに触れ合わせ、その感触に集中するものだ。
薬指は敏感なので、微かな感覚を感じ易い。
出来るだけ微かに触れ合わせ、限りなく微かな感覚に集中する。
京都の広隆寺にある、第1号の国宝である、弥勒菩薩半跏思惟像(みろくぼさつはんかしいぞう)の弥勒菩薩の姿のようにやれば良い。
弥勒菩薩半跏思惟像「宝冠弥勒」(広隆寺霊宝殿)
これも、適度なところで集中を解き、少し間を置きながら繰り返す。

他に簡単なやり方としては、細く長く吐く息に集中するというものがあり、私が気に入っているやり方だ。
短めに鼻から息を吸い、鼻から出来るだけゆっくり吐く。
息を吐き終わったところで目を見開くなどで意図的に集中を解き、少し間を置いて何度か繰り返す。

集中が長いと、より深い超越に入れるが、無理はしないように。
コリン・ウィルソンの『右脳の冒険』に書かれていたと思うが、こんなものがあった。
ある男性の妻が、ある出来事のため、心神喪失となり、ベッドで寝ていた。
その男性は、ずっと妻の様子を注意深く見守っていた。
長い間、そんなことをしていて、妻の心が戻った時、男性の長い集中が解け、男性は別の人間に・・・神的な人間に生まれ変わった。
坐禅修行も、本来はそんなものを目指しているのかもしれないが、修行のつもり、悟りを求めるつもりでやっても、ほとんどうまくいかない。
一方、この男性のような状況では自然に出来てしまう。

高度な超越状態に入れるようになると、周囲からは超然とした人間に見えるようになる。
人格者であるとは限らないが、鷹揚である・・・つまり、ものごとにこだわらず、なりゆきにまかせ、一喜一憂しない。
普通の人には解らないが、彼は世界を動かし、世界を作っている。
彼にとっては、世界は自分のものであり、願わずとも思い通りになるので、ただ要求するだけである。王の命令が絶対であるのと同様、彼の要求は適切な時期に叶うが、それに対して、彼は満足はしても、そんなに喜ばない。当たり前だからだろう。王が、自分の命令が為された時の様子と同じである。

身体を動かすのも良い方法である。
腕振り運動や四股を、1回1回丁寧にやると、しばらくしたらゾーンに入っている。
その感覚に慣れれば、深い水の中で自在に活動するようなものなので、この世である浅い水の世界は簡単過ぎて、何をしても勝手に成就・・・つまり、叶ってしまうのである。
数学者の岸根卓郎さんは著書でステレオグラム(立体画)を利用することを薦めておられたが、脳に直接作用するので、面白いかもしれない。
とはいえ、最も良いのは、好きなことに没頭することであることは言うまでもないと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード