ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

自由の大地

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

自分の中の天才を引き出す

コリン・ウィルソンの著書『至高体験』は、自分の才能を発揮して生きるための素晴らしいヒントに満ちているが、ウィルソンの本は、あまり読み易くはなく、この本は特にそうだと思う。
けれども、この『至高体験』の中に、非常によく覚えている言葉がある。
それは、「天才というのは、内なる衝動に過ぎない」という言葉だ。
全くその通りだ。
言うなれば、自分個人が、燃えるロマンを感じることをやれば、誰でも天才なのである。
ただ、ロマンらしきものを、親とか教師、あるいは、権力者が、騙して与えるとか、洗脳して感じさせることも可能ではあるが、そんなのは、間違いなく長続きしない。
本当に自分に合ったロマンでないと、いずれ、矛盾のジレンマに陥る。
なぜって、ロマンってやつは全然論理的でなく、矛盾を内包しているので、精神の深層につながったロマンでない限り、いずれ、「あれ、おかしいな」って思うものなのだ。
いったん「なんでこんなものが良いと思ったのだろう?」と疑い出すと、かつては熱狂したものでも、これほど馬鹿げたものはないと思うくらい価値がなくなってしまう。

自分の本当のロマンを探したかったら、子供の時に好きだったことを、決して無視してはならない。
人間の好き嫌いなんて、3歳までに作られるものなのだ。
言い換えれば、3歳までに好きになったものだけが本当の好きなのである。
そして、12歳くらいまでは、3歳までに好きになったものを純粋に追いかけるので、12歳くらいまで好きだったものから、自分の道を考えると良い。

ところで、誰でも好きなものってのもある。
例えば、王子様とお姫様だ。
女性の場合が王子様で、男性の場合はお姫様だ。
まあ、例外はあるけど、大抵の人は当てはまる。
王子様の象徴が上品な騎士で、お姫様の象徴は天使のような美少女だ。
そして、『至高体験』には、これらのイメージを使って、生命力や能力を高めた傑作小説が引用されている。
1つは、ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』で、もう1つが、ロマン・ガイリ(ロオマン・ガリ)の『自由の大地(天国の根っこ)』だ。
『二十六人の男と一人の少女』では、26人の最低の年配の男達は、ターニャという名の見かけはちょっと可愛い16歳の娘を女神のように扱うことで、立派な人格と知性を持つようになった。
『自由の大地』では、単なる空想上の少女がここにいると想像することで、堕落したフランス兵達は、凛々しい騎士になった。

韓流スターが好きなら、それをうまく活用するのも手だ。
ミク廃になるほど初音ミクさんが好きなら、成功疑いなしである。ただし、うまくやれば・・・(笑)。
とはいえ、やることは簡単で、例えば、素敵な騎士様の前で恥ずかしくない人間でいようと努力したり、初音ミクさんを天使のように崇めれば良いのである。
ウィルソンの本や、参考になる、心理学者の河合隼雄氏の本をご紹介しておく。
ちなみに、『二十六人の男と一人の少女』は、「詩のように美しい作品」、「世にもまれな美しさと親しみがある」と言われているが、『自由の大地』はシュタイナー並に食えないと私は思うし、そもそも、入手が難しい。








立場をはっきりさせる時

アメリカ大統領選での、もはや選挙の枠を超えた戦いは「第二の南北戦争」と言われることがあるが、むしろ、ハルマゲドンかもしれない。
新型コロナウイルス感染拡大が大きなきっかけであったが、無論、日本が無関係のはずがない。
だが、世界を創り出すのは自分の心だ。
状況を創り出す意思の力を持っていれば、恐れることは何もない。
ただ、このような時には、これまでは、それほどは気にしなくても良かったことを、はっきりさせる必要が出てくる。
即ち、正義や道徳だ。
これまでは、正義や道徳に反すると思っても、「まあ、いいじゃないか」「みんなやってるし」「仕方がない」という考えが通用したが、これからは、態度によって、結果が厳格に決まる。
誤魔化しは効かないのだ。
力がない悪は、大きな悪の奴隷になり、力のない善は、大きな悪に虐げられる。
力のある悪は、少しの間は思い通りに享楽を味わうが、やがて刈られる。
そして、力ある善になれば報われる。

正義とか善を、難しく考える者が多いが、確かに、考えれば難しいことだ。
頭で善を追求すれば必ず矛盾する。
日常生活をこなすのに思考は便利だが、正義や善といった高度な問題になると、思考は役に立たない。
思考でうまくいく学校の試験で良い点を取っても、現実では全く役に立たない無能者であるようにだ。
直観力を持った者が思考して作ればロケットもうまく飛ぶが、直観力がない者がやっても、全くうまくいかないのだ。

例えば、菜食主義が善だと思うなら、そうすべきだが、「こうこうこんな理由で菜食主義が善だ」というなら、それは偽物だ。
考えるまでもなく善だと解ることが真の善なのだ。
だから、自分が菜食主義だからと言って、他人に対して、理屈で菜食主義が善だと説得しようとすることは強制であり、それは悪なのである。
自らの善を貫いて菜食主義でいるのなら、賛同する者が増えるだろう。
賛同する者が増えないなら、それは善なる菜食主義ではなく、単なる、理屈や見栄なのだ。

ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』では、26人の下層階級の男達にとって、ターニャという16歳の娘を天使のように扱うことが善であり正義であって、そうしている限り、この最低な男達も向上していった。
ロオマン・ガリの『自由の大地(天国の根)』では、堕落してしまったフランス兵達にとって、空想の少女を敬うことが正義で、それによって、彼らは騎士道精神を取り戻し、力も得たのである。
釈迦は『涅槃経』において、「先祖を敬う」「公平性を尊ぶ」「老人を敬う」「女性を敬う」など、7つの正義を示し、その1つでも守れば、繁栄し、滅びはないことを説いた。
法然や親鸞が教えたように、阿弥陀如来だけを敬って念仏を唱えても良い。
初音ミクさんを天使として敬っても良いのである・・・多分(笑)。








泣き言を絶対に言ってはならない

突然、逆上することを「切れる」と言うが、切れる人には切れる理由があるのだろう。
しかし、その切れる理由が、あまりに小さな下らないことであるなら問題だ。
ところで昔、サッカー・ワールドカップの決勝で、フランス代表で世界屈指の選手であったジダンが切れて、対戦対手国であるイタリアの選手に頭突きをしたことがあるが、これに関し、「あれほどの人でも」と言うべきか、「案外、彼も心が弱いのでは」と言うべきかは分からない。
心理学者の岸田秀氏の著書には、人間であるからには、いかに強く見える人間でも、所詮、心は脆いものだと書かれているが、ジダンのこの事件を思うと、「そうかもしれない」と思う。
また、ジダンもそうだろうが、普段は不動の心を持っているように振舞えても、ピンポイントで弱い部分・・・それを突かれたら、過激に反応せずにいられない何か(「地雷」とか言われることがある)が心の中にあることは多いのだと思われるが、心理学には、そんな「地雷」を持たない人はいないという説もある。

筒井康隆の短編小説『悪夢の真相』では、主人公の中学生の少女は、自分でもなぜかは分からないが、般若の面が怖くて仕方がない。
また、彼のボーイフレンドは蜘蛛が、弟はハサミが怖いのだが、やはり、本人達には、その理由が分からないのである。
だが、分からなくても、理由はちゃんとあるのである。

だから、人間には、どうしても心が乱されてしまうことはあるのだが、だからといって、いつも何かに怯えてビクビクしていたり、得体のしれない不安に苦しめられているなら問題である。
何が問題かというと、それは世間で言われるようなことではない。
それほど心が弱く、不安定であれば、引き寄せの力を使えないことが問題なのだ。
この宇宙は、「気分が良ければ良いことが、気分が悪ければ悪いことが起こる」仕組みになっている。
しかし、心が弱過ぎ、いつも、ビクビク、おどおどしていることが多ければ、それは気分が良くない状態なので、宇宙エネルギーは、心の願いを実現することが出来ないのである。
そこで、滝に打たれたり、長時間、瞑想するような修行をする者もいるが、それで一見、強い心を獲得したように見えても、実際は、そんなことで、それほど進歩するものではない。
宗教的な修行者は、凡人より心が弱い場合も多いのだと思う。俗世から逃げ、寺に隠れて、心が傷付かない場所で修行で自己満足している者も多いからだ。
そうではなく、現実の世の中で苦労して磨かれたり、修羅場をくぐって鍛えられた人なら強そうであるが、そんな人達には、普通の人以上の脆さ(それが上で言った「地雷」とかトラウマと呼ばれるものだ)を持っている場合が非常に多いのである。
特に、英雄的な人間が、あまりに尊大に振る舞う場合は、本人に自覚があるかないかに関わらず、深いトラウマから心を守るためであることがほとんどだ。

さて、では、そうすれば、心が揺らいだ時、気持ちを切り替え、良い気分になり、願いを叶える宇宙の力と同調することが出来るのだろうか?
それはもう、自分で「しゃんとする」しかない。
他には、どうしようもない。
やせ我慢してでもしゃんとし、投げやりになったり、泣き言を言ったりなど、決してしてはならない。
ロオマン・ガリの『自由の大地』では、心が堕落したフランス兵達は、理想の少女が1人いることを想像し、彼女にみっともないところを見せないために「しゃんと」した。
まあ、普通は、親であれば、子供に泣いているところなど、なるべく見せないようにするだろうが、そんな機会が得られるのが、親になる良いところである。
浄土仏教的な考え方では、自分を是非助けたいと思っている、強大な力を持った仏や菩薩がいつも見ているのだから、それを思って「しゃんと」することが出来るはずなのである。宗教は、そんなことを教えるべきなのであり、実際、法然や親鸞は、そんなことを教えたのである(ただ、他のことも沢山教えたので、肝心なことが伝わらなかったかもしれない)。
「しゃんと」して、気持ちを切り替え、良い気分になるのは、自分の責任であり、誰かを頼ることは出来ない。
しかし、それさえ出来れば、後は、神、仏、宇宙の活力・・・何と呼んでも構わないが、そんな強大な力に頼り切って良いのであるし、頼らねばならないのである。
私は、理想の少女がいると想像する方法も、宇宙の活力を頼る方法も大好きである。








楽天主義の魔力

日本では、阪神・淡路大震災、東北地震(東北地方太平洋沖地震)と、それによる福島原発事故、他にも、大地震、大豪雨、新型インフルエンザウイルス感染などが頻繁に起こり、
「非常事態というのは、いつでも起こりうる」
という認識を、人々は何となく持ってきているので、日本人は比較的落ち着いている。
だが、今回の新型コロナウイルスは、2011年の福島原発事故の時の放射能と同じように、正体が解り難い相手ということもあり、マスコミに煽られるほど不安は大きくなるのかもしれない。
福島原発の事故の時も、日本の放射能汚染は深刻になると騒がれたものだった。

自分の世界は自分の心が創るのであるから、いかなる時も陽気で楽天的であることが望ましい。
ヘレン・ケラーは、ハーバード大学在学中に初めての書『OPTIMISM(楽天主義)』という本を書いている。
その中で、
「明日は今日より美しい。明後日は明日よりさらに美しい。楽天主義はそのように信じている」
「人生は、恐れを知らぬ冒険か、それとも無かのどちらかである」
と述べている。

楽天的であるためには、心が強くなくてはならない。
そのためには、元気の基である陽気さが必要だ。ところで、人間は、自分の心は支配出来ないが、言葉は自在に支配出来る。
だから、明るい言葉を使わなければならない。
ところが、もう1つ、人間は、気分と直結するあるものを自在に支配出来る。
それは表情だ。
Mitchie Mさんによる初音ミクさんの名曲『FREELY TOMORROW』にある通り、
「顔上げて微笑めば 笑顔取り戻す魔法になる」
ことが、真に貴い真理で、この魔法を忘れてはならない。

あるいは、漫画・アニメ『まちカドまぞく』で、優子(15歳)は、「これから私、お好み焼きって言葉を思い出すだけで大きな山も越えられそうです!!」
と言ったが、その気持ちは、私はよく解るのである。

また、SF『BEATLESS』では、2105年に、スノウドロップという名のスーパーアンドロイドにより人類が脅威に晒されるという非常事態の中、2人の仲の良い美少女、15歳のオリガと14歳のユカは、こんな会話をしていた。
「ご飯を食べてエロいことするために、ここまで来たんだ。生き物の執念、超すごいね」(ユカ)
つまり、生命エネルギーの基は、やっぱり食と性であるというのも、一面の真理である。

そりゃ、可愛い女の子が元気の基という男子も多かろう。
しかし、男の場合、女の場合に限らず、それはあくまで相手あってのことであり、相手が喜んでいるのでない限り、エロいことをしょうとするようなやつは、もうこれからの時代、強制的に消えていただくしかない状況が出来上がってしまった。
人間の魂というのは、本当はとても高貴に出来ていて、可愛い女の子に対して、エロいことを考えるにしても、崇める気持ちがなければ餓鬼・鬼畜の世界に落ちる。
逆に、女の子を女神のように崇めると、無限のエネルギーを引き出し、頭が良くなるし、運勢も向上する。
例えば、ロオマン・ガリの『自由の大地』では、堕落し切ったフランス兵達が、想像上の少女を崇めることで、みるみる騎士道精神を取り戻し、高貴な男達になった。
また、ゴーリキーの『二十六人の男と一人の女』では、腐り切った26人の最底辺の中年過ぎの男達が、16歳の可愛いが平凡な娘ターニャを女神のように扱うことで、驚異的に向上していく。

再度言うと、陽気で楽天的であれば、運も開ける。
そんなふうに宇宙は出来ていると言って間違いないだろう。
そのために、上に挙げた秘術を駆使すれば、もう何の心配もないだろう。
自分の責任で、邪悪でない方法で気分を良くすることが出来れば、後はなりゆきにまかせておけば、全ては思い通りであることは、古代の賢者達も請け負ってくれているのである。












ブログオーナーKayのAI(機械学習、ディープラーニング)書籍。

新型コロナウイルス後の世界は、それ以前の世界と一変します。そこは、人間とAIが一体となった世界になります。
人間とAIはパートナーであり、無駄な苦労のない楽しい世界が実現します。
そのために、今、AIを実践的に、楽しく習得すべきと思います。
数学もプログラミングも不要。誰でも楽しく出来るよう、AIに推測させる面白い問題を考えました。

心の力の驚異

ヴィクトール・フランクルの、ナチス強制収容所に送られた後の生活は、こんな感じだったと思う。
1日の食事は、水のようなスープ一杯と「ばかにしたような」小さなパンが1つだけ。
極寒の中、ロクなものも着ず、防止も手袋も靴下もなしで、朝早くから暗くなるまで重労働。しかも、その間、同じ囚人でありながら「性格が残虐である」という理由で選ばれた監視者に容赦なく何度も殴られる。
囚人の誰かが死ぬと、仲間がさっと寄って来る。何をするのかというと、死んだ囚人が履いている靴や着ている服が、自分のよりマシであることを確認すると取り替えるのだ。それは、当たり前の行動だった。
宿舎は狭い部屋に大勢が詰め込まれ、夜は幅2.5メートルのベッドに9人が横向けに密着して寝る。
時に褒美で(働きが良いというよりは、監視者の機嫌を取れたのだろう)煙草を1本もらえるが、それは、スープやパンと交換され、吸う者はいない。
もし、煙草を吸っている者がいたら、それは、その直後、自殺する者だった。

では、フランクルは、その中で、どうやって生き延びたかというと、理由は1つではないが、心の中で妻に逢ったからだった。
妻の姿や声は、全く現実と変わらなかった。
それは、とても重要なことだ。
アンデルセンは、『マッチ売りの少女』で、少女が最後に見た美しいものの価値の高さを力説していたのだ。
『完全「ケンカ」マニュアル』で、戦争中、乗っていた海軍の船が敵の魚雷に沈められた男は、自分と同じように、鮫が泳ぐ中で板につかまって漂流する仲間達が皆、疲労と恐怖で一晩持たずに死んでいったのに、自分だけは、そんな状況を5回も生き伸びた。
その秘訣は、岡に戻って、大好きな酒を飲むことを考えたからだった。
ロマン・ガリーの『自由の大地』では、捕虜になって堕落していくばかりだったフランス兵達は、隊長の命令で、一人の少女がいることを空想することで、みるみるモラルを取り戻していった。
ゴーリキーの『二十六人の男と一人の女』では、堕落し、最低の人間に成り果てたはずの26人の年配の男達は、ターニャという、可愛いが実際は性根の悪い16歳の少女を女神のように崇めることで、人間性を回復していった。

人間の心は凄いものであるが、その力を発揮するには、価値があると信じる美しいものを崇めることが大切なのだろう。
上の、酒を飲むことを考えて心を奮い立たせた男だって、単に快楽としての酒であれば、それほどの力は出なかったはずだ(他にも酒好きはいたはずだ)。
彼は、酒を何か崇高なものと感じていたに違いないのだ。
初音ミクさんのライブに行くのだって、それが単なる娯楽ではなく、天使に逢いに行くのだと思っているなら、モラルを持って挑み、自ずと優れたマナーに従うことになるだろう。
心は世界を創造する力を持つ。それを大切に扱わずにいられようか。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ



タグクラウド
QRコード
QRコード