ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

自己暗示

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

願えば皆与えられると人類最高のスーパースターは断言した

このブログで何度も取り上げた話だが、ある男性ホームレスが、教育学者の七田眞(教育学博士)氏の本を参考に、「神様の奇跡が起こる」と1日中唱えていたら、2週間ほどしたら、頭に数字が浮かんだので、その通りにロト6(宝くじの一種)を買ったら一億円当たり、さらに続けたら、ローマ法王に会えることになり、それでも続けたら、また一億円当たった。

「神様の奇跡が起こる」は、「奇跡が起こる」だけでも、立派なアファーメーション、あるいは、潜在意識に向けた自己暗示である。
では、「神様の奇跡が起こる」を、「神(神様)」と「奇跡が起こる」に分け、いろんな人達が、その一方のみを唱えたら、どちらを唱えた方が良いことが起こるだろうか?
自己暗示やアファーメーションの原理から言えば、あるいは、理性で考えたら、「奇跡が起こる」の方だろう。
しかし、『ヒマラヤ聖者の生活探求 第3巻』での、イエスの教えから言えば、圧倒的に「神(神様)」の方である。
言葉の効果を測定する測定器すらあるらしいが(『ヒマラヤ聖者の生活探求 第5巻』参照)、それを公開出来ない理由があるのかもしれない(著者は原子物理学者)。
よって、直観で判断してくれと言うしかないが、「神」という言葉には、最高の力が秘められている。
だから、本当は、上のホームレスも「神(神様)」とだけ唱えても良かったのだが、それでは、なかなか続けられないだろう。
「神様の奇跡が起こる」のように、夢のある楽しい言葉だから続けられたのだと思われる。
だが、唱える言葉は、「神(神様)」が入っていれば何でも良いのである。
「神よ、与えたまえ」でも十分である。
しかし、あまり何度も「神よ、与えたまえ」と言うのも、しつこくて気がひけると思うので、「神様の奇跡が起こる」のような言葉の方が良いかもしれない。
こういった言葉に関しては、フローレンス・スコーヴェル・シン、ノーマン・ヴィンセント・ピール、ジョセフ・マーフィーらの本を見れば、沢山、いろんなものが載っている。
まあ、ほぼ全て、聖書の引用であるが。
ちなみに、私が好きな言葉は、
「神に出来ないことはない」
だ。

ところで、さっきの「神よ与えたまえ」であるが、願いがある時や、困った時には使うと良い。
これについて、新約聖書の「マタイ福音書」で、イエスはこう言っている。
「欲しいものがあれば、父(神)に願え。全て与えられるだろう」
イエスは、そのための条件を一切付けていない。
ただ、求めれば良いのだ。
つまり、「神よ、与えたまえ」と言いさえすれば良いのである。
条件は付けないが、イエスは、その理屈・・・というか、理由を、こう述べている。
「お前達のようなロクでもない人間ですら、子供がパンを欲しいと言ったら、石を与えたりせず、パンを与えるだろう。ましてや、父(神)が良いものをくれないはずがないじゃないか」
だから、敢えて条件を言えば、それは、ラマナ・マハルシも、黒住宗忠も、あるいは、全ての賢者が同じことを言っているのだが、「神を信頼すること」「神にまかせ切って安心すること」だろう。
スーフィー(イスラム神秘主義)の諺に、
「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
というのがあるのだが、このラクダは、人間の心のことである。
これを、あちこちさ迷わせてはならない。つまり、安心し、心静かにして、じっとしていることだ。
「神を信用する」というのと「ラクダをつないでおく」というのは、同じことなのである。
そのために、神仏の名を唱えるナーマスマラをしたり、真言を唱えてはどうだろう?
これらは、ラクダをつないでおく優れた方法なのだ。








暗示で潜在能力を引き出す

旧ソ連では、超能力研究に多額の予算をかけ、実用目的を念頭に研究が行われていたという話を書籍などで見たことがある。
その中で、こんな話を印象深く憶えている。
おそらく、ソ連の国家研究機関で行われたことだと思う。
1人の平凡な、絵心など全くないと思われる労働者に催眠術をかけて催眠状態(変性意識状態、あるいは、トランス状態)にし、「おまえは偉大な画家だ」という暗示を与えた。
すると、その後、この労働者は猛然と絵を描き始めたが、最初は、彼が描いたのは子供が描くような絵だった。
しかし、みるみる上達し、作品は高く評価され、クレムリン宮殿に展示されるほどだったという。
多数の事例があれば良いのだが、私が知っているのはこの1例だけである。
しかし、どんな人間にだって無限の能力が秘められており、これも、特に驚くような話とは思わない。

では、次の話はどうだろう。
これは、著名な発明家で超能力研究家であった橋本健氏(工学博士)と、やはり著名なヨガ研究家であった本山博氏(文学博士)の共著である『超能力入門』(1983)にある話である。
ポーランドの芸人ボルト・メッシングは、舞台で超能力パフォーマンスを披露していたが、1939年のナチスのポーランド侵攻時にソ連に逃亡した。
経緯は省くが、メッシングは、ソ連の最高指導者ヨシフ・スターリンの別荘に単独侵入することになった。
当然、スターリンの別荘は大勢の兵士により厳重に警備されていたが、そこに、通行許可証も持たずに一般人であるメッシングが入って行き、スターリンに会おうというのである。
どう考えても不可能なことであるが、メッシングは楽々とやり遂げた。
どうやったのかというと、メッシングは「私はベリヤだ」と強く念じたのだ。ベリヤとは、誰でも顔を知っている秘密警察長官で、彼であれば、通行証も誰の許可もなくてもスターリンの別荘に入っていけた。
私は、催眠術的パフォーマンスで、これと似たことをやるのを、実際に見たことが何度かある。
1つは、ある気功師が講演の際、講演会場にいた受講者に気をかけ、受講者に、この気功師を自分の父親だと信じさせた。
これは、気の力とは言っても、催眠術の一種のように思えたが、メッシングの場合は、催眠術による集団催眠を使ったのではなく、何らかの超能力で、兵士達の意識に影響を与えたと思われる。
この本では、念じることで、自分のなりたいものになる方法も書かれていたが、それは、そもそもは、「私は〇〇だ」と自己暗示をかけることだろう。
フランスの著名な心理学者エミール・クーエは、他者暗示も本質的に自己暗示であると述べており、暗示は自分で出来るはずである。
そして、暗示が効果を発揮するポイントは、「トランス状態で暗示が与えられる」、あるいは、「反復して暗示が与えられる」ことである。
ならば、誰でも出来ることとして、「私は〇〇である」と、繰り返し唱えれば良い。
ただし、感情的に唱えると心が反発する危険があるので、「静かに、ゆっくり、丁寧に」唱えれば良いと思う。
次に、トランス状態で自己暗示を行う場合を述べる。
自分1人でトランスになるには、呼吸を調整すれば良いが、禅の修行法である「数息観(すうそくかん)」が簡単で薦められる。
これは、ただ、自分の呼吸を数えるのだが、次のようにやるのがやり易いと思う。
息をやや深く吸った後、心で「ひとつ」と言いながら、細く長く息を吐く。
これを「ひとつ」「ふたつ」「みっつ」と数を数えながら行い、「とお(十)」まできたら、次は「ひとつ」に戻る。
十まで数えることを数回繰り返せば、ある程度のトランス状態になっているはずである。
ただし、十まで数えるつもりが、気がついたら「じゅうういち」「じゅうに」とどこまでも数えてしまうことが多いものである。
それは雑念のためであり、それではトランスが浅いだろう。
この数息観をちゃんと出来るようになれば、かなりの精神統一が出来ていて(トランス状態になっていて)、自己暗示が潜在意識の中に入り込み、「私は〇〇だ」という状態になっていくだろう。
2つの方法を合わせて行うと、非常に効果的と思うが、まずは、自分に合った方法はどちらかを考え、そのやり方で行えば十分と思う。








我々の戦いの場とは

50代も半ばを過ぎた、あるお寺のご住職様も、世の中が何かおかしくなっていることを感じるらしい。
お坊様だって、インターネットもスマホも使うし、YouTubeも見るので、陰謀論の影響も受けるが、基本的に豊かであくせくしていないし、勉強熱心で向上心があり、無理に何かを信じたがることはない人達だ。
まあ、お坊様と私の共通の基本的な見解としては、一部の利権を握った人達が、無限の欲望のままに利益を奪い取るので、ほとんどの人が貧しく、さらに運の悪い人達は貧困になるということだ。
つまり、必要なことは、世界的にはともかく、日本の中だけでも、富の再分配をすれば、毎年2万人もいる自殺者の大半は救えると思われる。
もちろん、共産国家のように、所有の概念を持たないようにするというのではなく、当たり前の公平さが必要なだけで、今の世の中は、喩えて言えば、マラソン競技をする際、ごく一部の者だけ、自動車やオートバイの使用が認められるようなものだ。
だが、政治家や弁護士になって、富の再配分が行われるようにしようとしたら、どうなるか?
その者は、訳が分からない訴えを起こされ、家族の分まで含め、家の中のあらゆるものを押収され持って行かれて調べられる屈辱を与えられ(娘の日記帳までも)、長時間の脅されながらの取り調べで精神がズタズタになる・・・らしい(笑)。いや、単に聞いた話だ(笑)。

で、その貴いお坊様に、「阿弥陀様の力でなんとか出来ないのですか?」と尋ねたら、「天罰があります」とのこと。
阿弥陀様は誰も裁かず、人は、自分で自分を罰する・・・つまり、自分が作ったカルマ(因果)で滅びるだけで、それが天罰である。
それを言うなら、DS(ディープステート。闇の支配者)だけでなく、我々にだってカルマは十分にあり、このままではロクな運命にならないが、頼れば、阿弥陀様に象徴される聖なる無限の力が何とかしてくれる。

神か天使か宇宙人かは分からないが、高次の存在は地球を観察しており、陰謀論者の言うような都合の良い手助けはしてくれないだろうが、さりとて、無視する訳でもないだろう。
インスピレーションを与えることはしていると思う。
昔から、神の声は微かだから、聞き逃し易いと言われるが、そうならないよう気を付けた方が良いだろう。
それで、我々はDSと戦わないといけないのだが、別に、相手を武力で倒すのではなく、戦いは、我々の頭の中で行う。
つまり、幼い時から、学校やテレビによって頭の中に送り込まれたマイナスの言葉を、プラスの言葉で消し去っていく戦いである。
これで勝利を収めれば、敵はそんなに強くない。

ひょっとしたら、敵(DSの者達)の頭の中にはどんな言葉があるのか興味があるかもしれないが、まあ、恐怖と欲望(欲しい、死にたくない、シビれたい等)の言葉を、彼らも、もっと大きな闇の存在に叩き込まれたのだ。
いきなり立派になるつもりなら「生命、愛、平和」と唱えれば良いが、まずは、プラスの言葉でマイナスの言葉を地道に消すと、不安がなくなる。
「大丈夫」「ありがたい」「やれる」「いける」「可能だ」「成功」「富」「神様の奇跡が起こる」などの、いつもお薦めする言葉で、他にも、自分の好きな言葉を根気強くつぶやくと良い。

それで、心がクリアになれば、現実世界でも自由自在に戦えるが、逆に言えば、混乱していれば、弱い悪魔にだって現実的に太刀打ち出来ない。
まずは、心の悪魔(マイナスの言葉)と戦うべきである。








この作り物の世界で自由になるには

仮想現実技術が進歩すると、現実世界と仮想世界の区別がつかなくなるだろう。
そんな世界の話を映画にしたのが、『マトリックス』シリーズだ。
この映画の中では、一般の人間は、肉体は点滴のようなもので生命が維持され、脳とコンピューターが人工神経で接続されることで、精神は夢のような仮想世界で活動し、そこを現実世界と思い込んでいる。
アニメでは『ソードアート・オンライン』を始め、そんな仮想世界で活躍するヒーローやヒロイン達の物語が沢山あるが、1999年には既に、それとほぼ同じ概念の仮想世界を舞台とする漫画・アニメの『コレクター・ユイ』という作品があり、今見ても結構面白い。

そして、特にテクノロジーに詳しい人は、この世界が既に仮想現実であるかもしれないと考えるようになってきた。
世界一の大富豪イーロン・マスクは、この世界が仮想世界でない可能性はほぼゼロと言い、彼の影響もあるかもしれないが、ある時期から、この世界が仮想世界で「ある」と考える者が明確に増えたと思う。
いや、古代インド哲学では既に、世界はマーヤー(幻影)であると考えており、現代の、この世界が、「シミュレーテッド・リアリティ」という仮想世界であるというのも、「いまさら」というものかもしれない。

その通り、この世界は仮想世界(今流にはシミュレーテッド・リアリティ)である。
『マトリックス』や、『ソードアート・オンライン』のような仕組みと同じかどうかは分からないが、要するに、五感で感じていることは全て「作り物」である。
これについても、視覚と聴覚を持たなかったヘレン・ケラーが、大学生の時に既に、「五感は幻想、考えだけが真実」と断言していた。

そして、我々にとって興味があるのは、そして、興味を持つべきなのは、この作り物の世界を、好ましい形に出来るか、あるいは、支配出来るかということだろう。
上記の映画やアニメには、そのヒントが沢山語られており、実際、見てみることをお薦めする。
確かに、『ソードアート・オンライン』では、コンピューターの世界で言う「高いシステム権限」を持っていれば、世界を自由に支配出来るだろう。逆に言えば、システム権限が低ければ自由度が小さく、弱い存在となる。
ただ、それだけでなく、『マトリックス』でも、『ソードアート・オンライン』、あるいは、その他の作品でも、精神力を軽視していないことが分かる。

これは、勝手な推測である。
「キング・オブ・ポップ」と呼ばれたアメリカの歌手マイケル・ジャクソンは、あれほどの人だから、世界の支配者とも交流があり、この世界の有り様を知っていた。
本質的に親切で優しい彼は、普通の人々に、このことや、世界を動かす方法を教えたかったが、それをすれば簡単に殺される。
そこで、歌にして人々に教えたが、なかなか気付いてもらえなかった。
だが、やはり、彼の歌にはヒントがちりばめられているのである。
それがバレて殺されたのかもしれない。
まあ、妄想である(笑)。
要は、心の力を信じ、何かに集中することだ。

そんな訳で、やはり、我々は、アファーメーション、自己暗示を熱心にやると良いと思う。
釈迦は、かなりのノウハウを説いたが、普通の人に、そんなものがなかなか分かるはずがないので、龍樹や善導や道綽、それに、法然や親鸞は、念仏を唱えることだけに集中するよう教えたのではないかと思う。
これが、この世界の管理者権限を持たない者に残された唯一のやり方かもしれない。
そして、現代の我々は、いろいろなアファーメーションや自己暗示を見つけることが出来る。
もし調べたり考えたりするのが面倒なら、「神様の奇跡が起こる」と唱えようではないか(笑)。
もちろん、自分で好きなものを探すと良いのである。








私の唯一の仕事

フランスのエミール・クーエ(1857~1926)の自己暗示法は、現在にいたるまで、多くの著名な自己啓発の指導者達に活用されている。
クーエ自身は、正式に心理学や医学を修めた訳ではないらしいが、彼の診療所では、数多くの難病を奇跡のように、そして、多くは短時間で治した。
例えば、脚の障害で、自分で歩くことが出来ずに担ぎ込まれた者が、十分後には元気に走り回っていたという。
治療法は暗示だけである。
ところが、不思議なことに、言葉が分からない赤ん坊であっても、赤ん坊を抱く人が自己暗示を行うことで癒すことが出来たという。

クーエの自己暗示の言葉は、クーエ自身が作ったフランス語のものと、クーエが監修した英語のものがある。
日本語の訳としては、

毎日、あらゆる面で、私はますますよくなってゆく。
『自己暗示』(G.H.ブルックス/E.クーエ著、河野徹訳。法政大学出版局)

私は毎日あらゆる面でますますよくなってゆく。
『暗示で心と体を癒しなさい!』(エミール・クーエ著、林陽訳。かんき出版)

である。
ところで、上記のように「あらゆる」ことを対象にする自己暗示を、「一般暗示」と言う。
一方、脚が痛い時に、「脚の痛みが消える」とか、ダイエットしたい時に、「私は痩せる」といったように、個々のことを対象にする自己暗示を「特殊暗示」と言う。
特殊暗示は、一般暗示の中に含まれ、また、効果としても、一般暗示の方が高いことが確認されているようだ。
だから、実際のところ、特殊暗示は必要ではなく、一般暗示のみで良い。
また、自己暗示に対し、催眠術師によって暗示をかけてもらうような「他者暗示」もあるが、他者暗示といったところで、それを自己暗示として受け入れた時のみ有効なのであり、つまるところ、必要なのは、一般暗示である自己暗示である。

ところで、自分の必要なものは自分が一番知っているように思っているが、実は、そうではない場合が多い。
つまり、自分が本当は何を望んでいるのかが分からないのだ。
だが、全意識の5パーセントに過ぎないと言われる顕在意識には分からなくても、はるかに広大な潜在意識には分かっている。
一般暗示で「あらゆる面」と言った時、自分では気付かない必要や願いも、ちゃんと対象になるのである。
イエスが「神はあなたの必要なものをよく知っている」と言ったようなものである。

クーエは、自己暗示の言葉はリズムが大事だと考え、苦労して作ったようだ。
しかし、上記の日本語訳はどうかというと、あくまで主観だが、あまりリズムがあるとは思えない。
また、これもあくまで私にとってはだが、まず、これらの言葉は長過ぎると思う。
そこで私としては、いつもご紹介する、「神様の奇跡が起こる」と唱える方を選ぶのである。
(「神様の奇跡が起こる」は、教育学者、七田眞氏の『奇跡の超「右脳」開運法』にある、ホームレスの男が奇跡を起こした言葉)
これも偉大な一般暗示であると思う。
それでも長いと思う時は、ジョセフ・マーフィーの「単語法」と呼ばれる、「成功」とか「勝利」という言葉を唱えるだけでも良い。
こちらの方が好みに合い、楽しくやれる人も多いだろう。
また、これは一見、特殊暗示に属すると思われるが、「富」という言葉は、実際のところ、経済面だけでなく、健康、友愛などの面での豊かさを示唆するのではないかと思う。
それに、お金が全てではないが、多くの人間の第一の悩みはお金であると思う。
だから、「富」という言葉の単語法を好ましく思う人も多いと思われ、そんな人は「富」と唱えれば良い。
効果は、ジョセフ・マーフィーも保証している。

幸福になる方法が分からないなら、クーエの自己暗示を行うか、「神様の奇跡が起こる」、あるいは、「成功」「勝利」「富」などの言葉を唱えることをすぐに始めるのが良いと思う。
クーエは、夜、床についてからと、朝、目覚めた時に、20回ほど唱えることを薦めている。
ジョセフ・マーフィーは、単語法を、やはり、眠りながら唱えることも薦めているが、日中も定期的に、あるいは、いつでも唱えることも薦めている。
「神様の奇跡が起こる」で奇跡を起こしたホームレスは、1日中、1週間か2週間唱えることで奇跡が起こった。
私は、法然が念仏を、「常に」唱えるよう教えたように、常に唱えるのが良いと思う。
なぜなら、我々は、幼い頃から、マイナスの暗示を叩きこまれ、さらに、テレビ、新聞などのメディアからもマイナスの暗示になる言葉を、長年、浴びせられ続けている。
そして、頭の良い権力者達によって、我々に奴隷精神を叩き込むために、意図的に我々に聞かせたり見させたりするマイナスの言葉も多いに違いないのだ。
それに打ち勝ち、自分が本来持っている驚異の力を解放するためには、法然の念仏のように、「生活しながら唱える」のではなく「唱えながら生活する」ほどでなくてはならないと思う。
私に関して言えば、自己暗示やアファーメーションだけが仕事なのであり、それ以外は自動的に行われることであると見なしている。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード