ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

自己暗示

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

放っておくと危ない根深い暗示

もし、知ることが可能なら衝撃を受けるかもしれないが、ある人がどんな人間かは、その人が幼い時、その人の親、あるいは、その人を身近で世話をした人が、その人に言い続けた言葉の通りなのである。
その人の親が、「お前は駄目な子だ」と、その人に言い続けていたら、その人は、その人の知る意味での駄目な人間になるのである。
「お前は馬鹿だ」と言われていれば、やはり、その人が認識する意味で、その人は馬鹿であり、例えば、大事なことを忘れたり、計算を間違えたり、読むのが遅かったり、役立たずだったり、さらには、そういった馬鹿の特徴を沢山持っていたりするのである。
こんな実話がある。
ある女性は、幼い時に、悪気はなかったのかもしれないが、母親に「ブス」と言われ続け、名前の代わりに「ブス」と呼ばれることすらあった。
すると、その女性が大きくなると、ちゃんと見れば別にブスでないのに、なぜかブスの雰囲気があって、他人が、そして、本人も、彼女をブスと思ってしまうのである。
それで、二十歳をずっと過ぎても、全く彼氏も出来ない。
だが、彼女は幸運だった。
彼女が就職した会社が、それほど大きな会社ではなかったので、創業者である社長は、全ての社員と親しく話をすることがよくあった。
そして、この社長は洞察力があり、その彼女と話していて、「これは拙い。この子は一生、嫁に行けない」と感じたのだった。
そこで、この社長は、彼女と会うごとに、「お前は可愛い子だ。いい女だ」と、下手をしたら誤解されかねないと言うか、セクハラと言われる可能性もあることを彼女に言い続けた。
すると、それで彼女は、みるみる魅力的な女性になり、数年後、いい男と恋愛結婚したのである。
彼女が、幼い時に親に刷り込まれた暗示を、その社長が見事に上書きしたのだった。
その社長は、誰に対しても褒めることが多く、とはいえ、社長なのだから時には叱責することもあるが、それで落ち込んでいる相手を特別に褒めてフォローすることも忘れなかった。

幼い時に言われ続けた言葉の影響については、今ではよく知られているが、ほとんどの人には、自分のマイナス暗示を粘り強く書き換えてくれる、上の社長のような人はいない。
そこで、自己暗示でそれをするように教える人が沢山いる。
「私は魅力的だ。私は優秀だ。私は出来る」などといった自己暗示を行うのである。
それで成果が出る人もいるが、それは非常に少ないと思われる。
マイナスの暗示は根深い場合が多く、そっとやそっとの自己暗示では効かないし、それどころか、強いマイナス暗示に反する言葉は、むしろ、心が拒否反応を起こし、かえって、マイナス暗示が深まることさえある。
そこで、催眠術を使い、心の抵抗をなくした上でプラス暗示を与えるというのは、理屈の上では有効なのだが、どうしても、催眠術をかける者の人格の影響が大きく、また、催眠術師が、催眠術が下手だったり、催眠術自体は下手でなくても、心を良い方向に誘導出来るほど優れた催眠術師は滅多にいないので、良い結果になることは少ない。

そこで、効果的と考えられているのが、良い言葉を口癖とか頭の中のつぶやきとして、習慣化して唱えることである。
自己暗示とは違い、さりげなく、「私は優秀だ」「私は豊かだ」「私は魅力的だ」と唱えるのであるが、これらの言葉は、いくらさりげない口ぐせのつもりでも、やはり、心の反発を生むことが多い。
そこで、単語法、あるいは、ボードワン法と呼ばれる、単語だけをつぶやく方法が、究極の方法として、ジョセフ・マーフィーの本などにも、よく紹介されている。
例えば、「成功」「富」「成功、富」「成功、歓喜、富」などといった言葉である。
これなら、心の反発を受けることはない。
ただし、習慣化するまでの粘り強さが必要である。
そこで、息を吸って止めて、そんな言葉を唱えると、その言葉が深く心に刻まれることを利用する手もある。そして、そうやって刻まれた言葉は、唱えることを習慣化し易いのである。
また、腕振り運動をして、体調を良くし、心を安定させると、プラスの暗示を受け入れ易くなると思われる。
尚、「神様の奇跡が起こる」という言葉も、優れた効果のある口ぐせであることが、七田眞氏(教育学博士)の『奇跡の超「右脳」開運法』に書かれている。








瞬間瞑想

自己暗示やアファーメーション(肯定的断言)は、毎日、たゆみなく繰り返してこそ効果がある。
「神様の奇跡が起こる」と唱えて、1憶円を2回、宝くじで当てたホームレスは、この言葉を1日中唱え続け、2週間で、最初の1憶円を得た。
別に、このホームレスは、宝くじで1憶円当てようなどと思って、それをやった訳ではなく、何が起こるかは分からなかったのだが、とにかく、そのくらい唱えたのである。

では、なかなかそこまで出来ないので、数回、あるいは、一回で何とかなる方法がないかというと、ないわけではない。
精神が統一された状態・・・心が静かで動かない状態であれば、言葉やイメージは宇宙意識(今は簡単にこう呼ぶ)に容易く送られる。
そのような意識状態にある時は、脳波はシーや波になっていて、これは、眠っている時の脳波である。
つまり、起きていながら眠っている状態なのだが、高僧やヨギ(ヨガ修行者)が瞑想状態にある時や、あるいは、名人棋士が対局をしている時に、脳波がシータ波になっている。
脳波がアルファー波の時も、少ない回数で良いが、言葉やイメージを繰り返せば、宇宙意識に送られる。
アルファー波であれば、リラックスして目を閉じれば容易に出るが、言葉を唱えたり、イメージを行うと、容易くアルファー波が壊れてしまう。
そこでやはり、確実なのは、脳波をシータ波にすることだが、それは普通の人には難しい。
政木和三さんが作ったパラメモリやアルファシータといった機器があれば簡単に脳波をシータ波に出来るが、もう、これらの入手は難しいし、ジェイデータという会社が、スマホアプリ(GeniLax)でパラメモリを実現してくれているが、このアプリは古いAndroidやiOSでしか動作しない。ただ、同社は、「Simple瞑想」という、パラメモリと同等の機能を持つと思われる機器を販売している。
株式会社セルパワー Simple瞑想のページ
ただ、私は使ったことがないので、具体的には分からない。

ところで、私は、一瞬で願いを叶えたい時(魔法のようなものだ)、こんなやり方をする。
これは、『ローム太霊講話集』(霞ヶ関書房)という本に書かれているが、私はそれを見て、「ああ、これなら子供の時からやっている」と思ったものだ。
それは、こんなものだ。
長時間、心が静かな集中状態にすることは難しい。
しかし、1秒なら出来ると思う。
つまり、1秒だけ、「無念無想」になるのだ。
目を閉じ、息を吸って止めれば、簡単だと思う。
その時に、イメージをしたり、言葉を心で唱えるわけだ。
確かに、「イケメンになる」とか、深い業因縁が関わっているものでは、実現はなかなか難しいが、何度も繰り返せば、どうにかなるかもしれない。
1秒間の統一の状態で、「神様の奇跡が起こる」と唱えれば、1時間唱えたくらいの効果はあると思う。
今まで、なぜこんなことを紹介しなかったのかというと、単純に忘れていたのだ。
時々、こんなお得な情報を漏らすので、注意していただきたい。








全ての願いを叶える言葉

昨日、著名なフランスの心理療法家エミール・クーエの自己暗示について書いたが、自己暗示は便利なものであり、効果は実証されている。
自己暗示とアファーメーション(肯定的確言)で違いは特にないが、言葉が短い場合には自己暗示とみなされることが多いと思う。
例えば、身体に痛みなどの不調がある場合には、「治る、治る、・・・」あるいは、「消える、消える、・・・・」と自己暗示の言葉を繰り返すと、治るか、少なくとも、低減する。
それで効果がないと言う者は、自己暗示を繰り返す数が少ないのである。
根気強く、数千、数万、数十万回と唱えていると効果があるが、昨今の人々は、「たった3分で」とかいった宣伝に騙されているので、うまくいかないのである。
だが、クーエにも、短い自己暗示のテクニックがあり、例えば、
「治る、治る、治る、・・・、治った」
と唱えるのだが、なるべく早口で唱える。早口と言っても、心で唱えても良い。
自己暗示の言葉は、早口で唱え易い言葉にしなければならない。
「治る」より「消える」が言い易ければ「消える」が良い。
やり方は、「治る」を、1分ほど早口で繰り返し、最後に、「治った」と言うのだが、自己暗示の適性が高ければ、1回で、即座に大きな効果が出る。
自己暗示にかかり易い人と、そうでない人もいる。
例えば、五円硬貨を糸でつるしたような振り子を作り、糸の橋を指で持ち、「縦に揺れる」「横に揺れる」「右回りに回転する」と自己暗示をかけると、ただちに、言葉の通りに大きく動く人がいる一方、ほとんど動かせない人もいる。
自己暗示にかかり難い人は。「治る、・・・、治った」のテクニックも、ただちには効果が出ないかもしれないが、何度もやっているうちにうまくいくようになる。

以上は、昨日も書いたことだが、クーエの自己暗示で、最も有名なのは汎用暗示で、万能暗示と言えるものである。
この汎用暗示は、書籍では、だいたい、こんな感じで訳されていると思う。
「毎日、あらゆる面で、私は、ますます向上していく」
この汎用暗示では、いちいち、個々のことを考えなくても、「あらゆる面」なのであるから、全てに効く。
人間の心は大きく(潜在意識の部分が特に)、このような使い方が出来るのである。
健康面、経済面、学習面、あるいは、人間関係や恋愛、美容など、望む効果は、いちいち指定しなくても、この暗示1つで良くなる。
ただ、この自己暗示の日本語文はどうだろう?
これでも良いのかもしれないが、クーエが作ったフランス語の原文は、実にリズミカルで唱え易く工夫して作られている。
英語版の方も、クーエが監修し、やはり、最高に唱え易いものになっている。
それに比べ、日本語版はリズムがなく、唱え難いので、私は、始めても続かなかった。
もっと日本語の特性を考えれば、
「全て良くなる」
で十分である。
「毎日」や「ますます」を付けなくても、日本語の場合、これで十分、動きが感じられる。
もちろん「全て」より「全部」の方が感じが良いと思うなら「全部」で良い。
どうしても動きを付けたかったら、
「全て、どんどん良くなる」
「全部、ぐーんと良くなる」
などと言っても良い。
しかし、「全て、どんどん、ぐーんと良くなる」では長過ぎてリズムが崩れると思う。
もちろん、これが一番ピッタリくると思うなら、こう唱えれば良いが。
だが、私なら、「全て良くなる」が最も良いと思う。
日本語は、余計なことを言わないところに美しさがあるからだ。

「神様の奇跡が起こる」という言葉は、自己暗示というよりはアファーメーションだが、これは、光が見えない苦しい状況にある時など、変化というか、変革を期待する時に向いている。
一方、今の道は間違えていないと思うが、より進歩向上を願う時は、「全て良くなる」と唱える方が自然と思う。
現状を良くしつつ、ミラクルを願うなら、両方唱えても良いが、普通は、1つに絞った方がうまくいき易いと思う。
一応、「全て良くなる」と「神様の奇跡が起こる」の違いを述べたが、根本的には違わないのであるから。








簡単で強力な自己暗示

フランスの有名な心理療法家エミール・クーエの診療所に、自力で歩くことが出来ず、担ぎ込まれてきた患者がいた。
クーエは患者と少し会話し、患者にある言葉を繰り返すよう指示した。
十分後、患者は元気に走り回っていた。

この話で思い出すのは、哲学博士のトーチェの著書『トーチェ氏の心の法則』の中の話だ。
ある未開の地方では、脚が折れた人が元気に走り回っていたのだが、トーチェの説明によれば、この地の人達は、脚が折れたら走れないという固定観念がないので、脚が折れたからといって走れないわけではないのだ。
言うならば、彼らは、脚が折れたら走れないということを知らないのである。
また、この本には、こんな話がある。
2人の酔っぱらった男達が、4階の窓の敷居を乗り越えて落下し、すごい音がした。
だが、警官が駆け付けると、男達は、
「ちょっと足が絡んじゃいました」
と言って、ご機嫌な気分で歩いて行った。
彼らは、自分達は平地を歩いていて、ちょっとした敷居でつまづいて転んだとしか思っていないので、それなりのダメージしか受けなかったのだ。
言い換えると、彼らは、自分達が4階から落下したということを知らず、平地で転んだと認識したのだ。
もし、酔っぱらって意識不明になって落ちたのなら、世間的な固定観念に従って死亡したかもしれない。

世の中には、全く食べなくても生きている人がいるらしい。
そんな人達は、「食べないと死ぬ」という固定観念を持っていないだけかもしれない。
一方、普通の人間は、「食べないと死ぬ」という固定観念を持っているから、食べないと餓死するだけかもしれない。

ずっとベジタリアン(菜食主義)を続けていた人が、酷い肌荒れになった。
その人は、菜食だけでは、必須アミノ酸のいくつかが摂れず、それが肌に重大な悪影響を及ぼすと書かれた本を読んだのだった。
だが、世界には、トウモロコシしか食べないとか、ある種の芋しか食べないが、健康で長寿な民族もいる。
そんな民族の人々は、必須アミノ酸という知識がないのだ。

我々は、ひょっとしたら余分かもしれない知識を沢山持っている。
そして、知識の中には、自分では知らないと思っていても、憶えてはいないが、テレビや本や学校の授業で見聞きした情報が、潜在意識に入り込んでいる場合もある。
そもそも、潜在意識の情報は、意識的に憶えたことより、気付かないうちに入り込んだものの方がずっと多いのである。

最初の、脚の障害で歩けなかった人が、クーエの診療所に担ぎ込まれた話に戻る。
例えば、この患者は、自分は膝のリウマチで歩けないことを知っていたとする。
この患者の、「膝リウマチが酷くなると歩けない」という固定観念を消すのは難しいし、クーエもそんなことはやらなかった。
だが、「私は膝リウマチを病んでいる」という観念を消すことは出来る。
それには、どうすれば良いかというと、患者に、早口で自己暗示の言葉を唱えさせるのである。
この場合だと、「リウマチが治った」で十分だ。
だが、「リウマチが治った」と早口で唱えることは難しい。
しかし、「治った」や「消えた」なら簡単だ。
そして、最も良いやり方は、
「治る、治る、治る、・・・・治った」
と唱えるのである。
「治る」と早口で繰り返し唱えているうちに、思考や判断が消え、受容状態になる。
「治る」は、1分くらい繰り返すと良い。
そして、「治った」と言うことで、本当に治ってしまう。
以上は、G.H.ブルックスとエミール・クーエの『自己暗示』という本に載っているので、興味があるなら見ていただきたい。
尚、クーエの自己暗示は、病気を超えた範囲でも有効である。
病気であれば、上で述べた、「治る…治った」「消える…消えた」のいずれかで十分と思う。
一般的なことであれば、例えば、何かを出来るようになりたいなら、「出来る、出来る、・・・、出来た」だし、何かになりたいなら、「なれる、なれる、・・・、なった」などが考えられる。
そして、出来るような態度、なったような態度でいれば、実際、出来るし、なってしまう。
態度は事実より重要であるというのは、成功法則の基本である。
尚、自己暗示は、簡単に使える人とそうでない人がいるが、うまくいかなくても、多少練習すれば出来ると思う。








自分に向いたやり方で人間を超える

人間は、真言、アファーメーションで、世界を思うように創造出来る。
その仕組みは、ほぼ明らかだ。
他にも、世界を望み通りに創造するのは、呼吸法、ある種の運動、瞑想によっても可能だが、仕組みは共通している。

ただ、仕組みや方法は、2系統だと考えられる。
1つは、トランス(変性意識。通常とは異なる意識)に入ること。
もう1つは、脳の自動的なつぶやきを肯定的にする(さらには消す)ことだ。
ただ、トランスでは、脳の自動的なつぶやきは消えるし、脳の自動的なつぶやきを肯定的にすればトランスに入るといったように、両者は違うものではない。

だから、自分の好みの方法でやれば良い。
あらゆる方法を全部やる必要など全くないし、複数を組み合わせてやっても構わない。組み合わせた方が効果が高くなる人もいる。

昔、「スーパーラーニング」という学習法があり、これが、後の加速学習や、同種の学習法に取り入れられていったのだと思う。その原理は、上に述べたものと同じだが、やや曖昧なテクニックだったと思う。
だから、1日で外国語を修得するほどの効果を上げることもあったが、うまくいかない人もいた。
「スーパーラーニング」は、呼吸法、音楽を主に利用したが、やはり、目的は、トランスだった。
呼吸法では、吸った後にいったん止めることに効果があるとして利用したが、なぜ、効果があるのかは分からなかった。
音楽の効果は、真言と同じで、単調な繰り返し音楽(例えばバロック音楽)が使われた。
つまり、単調な繰り返しの中でも、真言のリズムや、バロック音楽が、特に、トランスに導き易いのである。

だが、全ての原理が明らかになってみれば、何をやれば良いかの選択肢が増えるが、どれを選べば良いか迷うことにもなる。
しかし、根本的には、好きなものをやれば良い。
真言を唱えることが好きなら、真言を唱えれば良い。
アファーメーションを唱えるのが好きなら、アファーメーションを唱えれば良い。
呼吸法が好きなら、呼吸法をやれば良い。
他にも、いろいろな方法があるのだ。
名高い優れた指導者達は、その中の1つを特に取り上げ、商品になりやすいように形を整え、宣伝したが、どれも同じなのである。

ただ、1つ、忘れてはならないことがある。
これらは、1日20分といったふうにやるものではない。
脳の自動的なつぶやきを消すと言っても、1日20分だけ止めても、少しは効果があるが、24時間の中のたった20分だ。
そして、多くの指導者は、たったそれだけのことをやれと言ったのだ。
よくあるじゃないか?
「1日たったの10分」
「1日たったの2分」
時間は、短ければ短いほど、受けが良い。
しかし、時間は、短ければ短いほど、効果は少ない。

だが、自分に合ったものであれば気持ち良いのであるから、長時間でも何ともない。
出来れば、起きている時間、全部やるのが良いのである。
とはいえ、「気持ち良い」を世俗的に誤解する人も多いだろう。
世俗的な気持ちが良いとは、美味しいものを食べたり、馬鹿騒ぎしたり、性的快感を感じるなど、自我を喜ばせるものだ。
だが、ここで言う、真に気持ち良いとは、自我を消すことなのである。

とにかく、マインドフルネスも、TMも、自己啓発も、坐禅も、静坐も、念仏も、気功も、ヨーガも1つの方法に過ぎない。
どれも、合う人もいれば、合わない人もいる。
どの手法も、ボスや運営組織は、自分のやり方を全人類にやらせようとするが、それは間違いなのである。
これらの手法を編み出した人は、それを作ったことでは、有能だったし、偉大である場合もあるが、合わない者がいることを認めないところが愚かなのである。

「自分に合っているもの」を探すよりは、「自分に合わないもの」を排除する方が易しい。
例えば、念仏と言ったら、絶対、合わない人はいるだろう。
一方、念仏に抵抗を感じなければ、とりあえず、念仏をやれば良い。
「神様の奇跡が起こる」という言葉に抵抗を感じるなら、このアファーメーション、あるいは、自己暗示は避ければ良い。
だが、「良い」と思ったり、抵抗を感じないなら、これをずっと唱えていれば、利益は極もない(無限だ)。
「大丈夫」「安らかだ」「のどかだ」「静かだ」など、好きな言葉を、心の中で、しずかに、ゆっくり繰り返すことだけでも、向いている人がやれば、すぐに世界を改変出来るようになれる(最初は小規模かもしれないが)。
「ナ」で短く息を吸い、「ダーム」で細くゆっくり息を吐く「ナ・ダーム」の呼吸をやっているうちに、神の領域に近付く人もいれば、「私は神と一体だ」という言葉を心の中で繰り返すことで、そうなる人もいる。

どれが向いているかは、育ちもあるし、若いうちなら、どれをやっても馴染むのが速いので、若い時にたまたまやったことが良い場合もある。
例えば、子供の時に、良いやり方で念仏を唱えさせられたら、念仏が非常に向いている可能性があるだろう。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード