ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

自助論

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

全ての聖者賢者の教えは同じ

古代から現在に到るまで、全ての聖者、賢者が説く、幸福になる方法は同じである、つまり、1つしかないことに気付いてしまった。
これは、人生のあらゆる面を含み、細かく言えば、引き寄せの方法も入っている。
その方法は、「神にまかせる」である。
この「まかせる」は「頼る」という意味でもある。
ところが、「神」について、ややこしく考える人は厄介なのである。
私もそうだが、よく、「神という言い方に抵抗があれば・・・」とか、「神を現代的に言えば・・・」などと言うが、普通の家庭の素直な子供が考える神が解れば良いと思う。
「普通の家庭」とは何か、「素直な子供」とは何かと言い出す人は、他を当たっていただけると良い。

幸福になるには「神にまかせよ」以外のことを言う聖者、賢者は1人もいない。
逆に言えば、これ以外のことを言うなら、それは聖者でも賢者でもない愚か者である。
では、どう考えても、努力の大切さを説いたとしか思えないサミュエル・スマイルズの『自助論』はどうだろう?
全く同じである。
あれは、神にまかせる心構えを作るためのもので、若者向けである。
勝手きままで、怠惰な人間ほど、神に頼ることが出来ないのである。
例えば、飲んだくれのロクデナシに、「君は神を信頼して全てまかせる気があるか?」と尋ねたら、
「てやんでえ、神が金くれるってのかい?」
「もちろんでさあ。神様、働かなくても酒を飲むお金ちょーだい」
などと言うだろう。
いずれも、神にまかせる気など全くないことが分かる。
では、狂信的な信仰者に同じこと(神を信頼してまかせるか)を尋ねればどうだろう?
「はい、そのためには戒律を守らねばなりません。我々の戒律の通りの生き方をしない者を神は助けてくれません」
「いえ、私は身を捨てて信仰しております。神を頼ったりはいたしません」
などと言うだろう。
これらも神を信じていないのである。
神を頼るのに戒律は全く関係ない。
では、神を頼れば、悪いことをしても良いのかというと、神を頼れるのに、悪いことをする必要など全くない。
「いや、場所によっては、泥棒、強奪をしなければ生きていけない」
と言うなら、全くその通りで、誤解を恐れないまま言えば、神を頼りながら泥棒をすれば良いのである。
そうすれば、逮捕されたり、報復されたりして、酷い目に遭うかもしれないが、神がうまく取り計らってくれるのである。

とにかく、幸福になるためには、神にまかせれば良いという考えに例外を見つけることは全く出来ない。
このことには、私もかなり驚いた。
アメリカ合衆国の公式標語は、「In God We Trust(我々は神を信頼する)」だが、現代の多くのアメリカ人はそれを忘れてしまっているように思える。
2400年前の中国の賢者、荘子は「是非好悪の判断を捨て、一切をなりゆきにまかせろ」と言ったが、これこそが正しい神にまかせる方法である。

「南無阿弥陀仏」の念仏はまさに、阿弥陀如来という仏ではあるが、絶対神と同じ概念の無限の存在に全てまかせるという意味である。
これと同様、我々は、神に一切をまかせることを心に覚え込ませるような、アファーメーションや自己暗示を行えば間違いない。
現代インドでは、ナーマスマラナという、神の名を唱えることが唯一の救いの道と説く教えがあるが、これも、神を頼る心構えを作る良い方法である。
「自分を信じる」という言葉があるが、これは、欲望まみれの自我である自分を信じるのではなく、無我、忘我、没我になった自分、即ち、神を信じるということだ。
いかなる賢者の教えも理屈で説明出来るが、理屈の説明には誤解や齟齬がつきものだ。
それよりも、神にまかせるアファーメーションをした方が良い。
ただ、若いうちに、上に挙げた『自助論』を読んでおくのは良いことである。
アファーメーションとしては、やはり、「神の奇跡が起こる」をお薦めするが、他にもいろいろあるだろう。
「神は道なきところに道を作る」
とか、聖書にあるように、
「私を強くして下さる方によって、私は何でも出来る」
「神が我々の味方なら、誰が我々に敵対できようか」
と言っても良い。
誌的には、旧約聖書の、
「私は山に向かって目を上げる。わが助けはどこから来るだろう?」
という言葉が好きな人もいる。
他にも、聖書の詩編23と91を読むと良いだろう。
このいずれか、あるいは、両方を毎日読めば不安はなくなるだろう。








「天は自ら助くる者を助く」の真意

サミュエル・スマイルズの『自助論』(原題:Selef-Help 1859)という書物をご存じと思う。
私も、地球物理学者の竹内均さんの訳で一度は読んだことがある。
日本では『西国立志編』というタイトルで1871年(明治4年)に刊行さた。これは明治の終わりまでに100万部以上売れ、当時の若者達を大いに発奮させたらしい。
この書の序文の「天は自ら助くる者を助く(Heaven(God) helps those who help themselves.)」という言葉は有名で、『自助論』の内容そのものは知らなくても、この言葉は知っているという人も多いかもしれない。

「天は自ら助くる者を助く」とはどういう意味だろう?
ごく普通には、「努力する者を天(神)は助けるのだ」という意味だろう。
「自分を助ける=努力する者」ということに関し、こんな印象深い話があった。
少し昔、テレビで、中国の45歳の男性(李さんだったと思う)が、妻と娘を連れて来日し、日本の大学で博士号取得を目指すドキュメンタリーを見たことがある。
事情があって、彼は、若い時に学問に打ち込むことが出来ず、中国では学位の取得に年齢制限があるので日本でそれをするという難題に挑んでいた訳である。
当然、なかなかうまくいかず、生活も苦しい中での奮闘で、大変な苦労をしていたが、その中で、彼の可愛い12歳の娘が、こんなことを言っていたのをよく覚えている。
「神様は夢を追いかけて努力する人を見捨てないのよ」
「天は自ら助くる者を助く」 を「天は夢を追って自ら助くる者を助く」にしたような感じで、こっちの方が、まさに夢がある。

しかし、自助を努力とするのは、ひょっとしたら、支配者による人類への洗脳で、世界中の下々の者達は、この言葉によって、支配者の都合の良い奴隷に仕立て上げられてきたのかもしれない。
スマイルズ自身が、そんな意図を持っていたかどうかは知らないが、彼は、支配者に利用されたような気はするのである。
いずれにせよ、本来あるべき、「天は自らを助くる者を助く」の意味が歪められてしまったのは確かだ。
この言葉の、本来の、「自らを助ける」とは、自分の感情をコントロールするという意味なのだ。
ただ、感情のコントロールというと難しそうだが、単に、「気持ちを切り替える」という程度と考えれば良い。
例えば、何か嫌なことがあって気分が悪くなった時、気持ちを巧みに切り替えて、良い気分に持っていける者は、具体的な天の助力を実際に得て、何をやってもうまくいくのである。
これは、支配者層にのみ伝えられてきた教えである。
一方、気分を害することがあった時、特に今の若者のように「ムカつく~」と言って、長く悪い気分を引きずる者は、悪いことの連鎖に見舞われ、惨めな状況に追い込まれるのである。
これらのことは、全くの真理で、これを知ると知らないでは、人生は全く変わる。
そして、これが正しいかどうかは、実践すればすぐに分かる。

それで、気持ちを切り替えるにはどうすれば良いかというと、オスカー・ハマースタイン2世作詞の『私のお気に入り(My Favorite Things)』では、悪い気分になった時に、自分のお気に入りのものを思い出すことだし、何でもいいから(猫でも女子大生でも)愛せよと言った人もいる。
だが、おそらく、最も良い方法は、無理にでも微笑むことだと思う。あるいは、ガッツポーズをすることだ。
このあたりのことは、ロンダ・バーンの『ザ・シークレット』の中で、ほとんどが元は下位層にいた、世界的上位者達が語っている(DVDでは、その上位者達が自ら登場して語っている)ので、参照するとよく解ると思う。








しゃんとした自我を持つ人を神は助ける

この世界は夢と同じ・・・と言うよりは、おそらく、VR(仮想現実)なので、どんなことが起きても不思議はない。
この仮想世界は、物理法則は厳しく適用されるように設定が行われていると思われるが、出来事の因果に関しては割と緩い・・・つまり、願いは叶い易いのだと思う。
いわゆる、引き寄せの法則は、少なくとも、そこそこに作用し、かなりうまく使える人もいるのだと思う。
そこに、神秘的な意味はない。
あくまで、科学技術的な問題と思う。

では、思う通りの状況に世界を変化させるのはどうすれば良いのかというと、細かいことはさておき、確実なことがある。
それは、心の力とか、意思の強さと言われているものだ。
それなしに大きな成果を上げた者はいない。
ただ、心の強さとか言っても、「弱い犬ほどよく吠える」の喩え通り、やる気アピールの強過ぎる者は、実際は弱いのである。
内に強い闘志を秘めた者は、表向き静かなものだ。
とはいえ、煩くはないが、緩んでぼーっとしてる者は、やはり心が弱く、何も出来ないのだ。

そこで、こんな話が参考になる。
英国の作家コリン・ウィルソンの、少年時代の思い出話だ。
彼と弟は、森に遊びに行って、道に迷ってしまった。
なんとか森を脱出しようとして、長い時間歩き続けたが上手くいかず、疲労と不安で身も心も疲れていたところに雨が降り出し、身体が冷え、とても辛かった。
弟は泣きわめき、すっかり駄々をこねている。
コリンもそうしたかったのだが、兄の自覚を奮い起こし、顔を引き締め、弟を一喝した。
この時、状況が変わったと言う。
人間の内部には無限の力があり、それを使えば、大抵の状況は打破出来る。
しかし、そのためには、「私」が「しゃんと」しなければならないのだ。
人間の右脳に秘められた偉大な力のことは、よく知られている。
しかし、右脳に働いてもらうためには、左脳が、しっかりと指揮を取らないといけない。
左脳と右脳の働きは、顕在意識と潜在意識、あるいは、人間と神と言っても良いかもしれない。
「神は自らを助ける者を助ける」
同じものを示す、左脳、顕在意識、自我、人、私・・・がグダグダでは、やはり同じものを指す、右脳、潜在意識、大我、天、神は助けてくれないのである。

まずは、自分がしっかりしないといけないという、大変に古典的な結論に落ち着いた(笑)。
しかし、真理は単純であり、大切にすべきことは「当たり前」である。
それが、現実正解と言われるVR世界(「シミュレーテッド・リアリティ」と呼ばれる)でも有効な設定であることは間違いないだろう。
そこで、『ソードアート・オンライン』のヒーロー、キリト君を見習うと良いと思う。彼はとても心が強く、だから負けないのだと思う。
私の場合、『サクラダリセット』の主人公、浅井ケイのようでありたい。春埼美空に「ケイ」と呼び捨てにされたいものだ(最近、かなり春埼萌えである(^^ゞ  )。












当ブログ著者、KayのAI書。
自動車の運転をするために覚えるべきことは、機械工学や熱力学ではなく、アクセルやブレーキやシフトレバーの使い方です。
同じように、AIを作るために覚えるべきことは、数学やプログラミングやAI理論ではなく、問題を推測問題に捉え直し、データを適切に整え、AIのパターンを選ぶことです。
技術者でもない人が、的外れな努力をしても、AIを作り、使えるようにはなりません。
この本では、AIの作り方を、普通の言葉で普通に理解出来る方法で身に付け、楽しい実習で応用出来るよう工夫しました。

目を覚ましている

老子、荘子の教えとは、「無為自然」である。
それは何かというと、全てをなりゆきにまかせ、一切の作為・・・つまり、人が意識的に行う行為をやめてしまうということだ。
言い換えれば、一切を天にまかせるということである。
それに対し、大物一般人として意義を唱えたのが、通称「二宮金治郎」として知られる二宮尊徳(にのみやたかのり)だった。
彼の主張はこうである。
「田畑は作為しなければ荒れてしまい、作物が穫れない」
「家は作為しなければあばら家になる」
よって、人が一生懸命作為することが必要で、老子は阿呆だ・・・というわけだ。

法然、親鸞の教えは、簡単に言えば、
「私は、修行も良い行いも出来ない煩悩にまみれた愚か者であり、唯一出来る良い行いである念仏を称えることで、仏様(阿弥陀如来)に救っていただく」
ということだ。
これは、死後、極楽浄土に生まれるということが強調されることが多いが、この2人を尊敬していた一休は、
「念仏を称えれば、今、ここが極楽浄土」
と言い直した・・・つまり、死ぬまでもなく、即座に効験があるとした。
だが、実は、法然、親鸞も、そういったことは十分に言っており、一休は、それにスポットライトを当てたのであると思う。
つまり、念仏は、現世利益をもたらすものだ。

法然、親鸞、一休に流れる、あまり表向きとは言えないかもしれない、念仏の現世利益を現実に生きたのが、ごく一般の農民でありながら、念仏の教えによって稀有な存在となった、因幡の源左(いなばのげんざ)で、二宮尊徳が54歳の時に生まれた人だ。
源左は、19歳の時、父親が亡くなったが、その父親が、「これからは親様(阿弥陀如来)を頼れ」と遺言し、源左は仏様に一切をまかせて幸福に生きたのだと思う。

ところで、尊徳と源左の間くらいに生まれたイギリスのサミュエル・スマイルズは『自助論』で、「天は自分を助ける者を助けてくれる」と言い、自助努力の大切さを説き、明治時代の日本人に受け入れられ、当時の日本の青年達に大いにやる気を出させ、それが現代の日本の繁栄に結び付いた面は確かにあると思う。

こういった流れを見てきた我々は、老子、荘子、法然、親鸞、一休、尊徳、スマイルズ、源左の教えを昇華すれば無敵である。
誰が正しく、誰が間違っている訳でもない。
仏様に任せると言っても、親鸞や源左が何もしなかった訳ではない。
では、どう考えれば良いのかというと、我々のやることは、自分のエゴではなく、天や仏様の意思で「やらされている」と思うことだ。
さらに積極的に、「やらされよう」と考えても良いかもしれない。
Googleの人達は、インターネットの意思を実現するために技術開発しているそうだし、BUMP OF CHIKENは曲の意思を実現するために音楽を作り、演奏し、歌うのだそうだ。
そして、老子も荘子も、法然も親鸞も一休も、尊徳もスマイルズも源左も、みんなそうしたはずなのだ。
具体的には、

頭の中からっぽにして
目の前だけ見つめるの
~『Satisfaction』(作詞・作曲・編曲:kz、歌:初音ミク)~

のようにすれば良いのだと思う。
【初音ミク】Satisfaction【Project DIVA X HD】 ~YouTube by KamJPCHさん~
まあ、そのためには、念仏を称えるのが一番であると私は思う。
念仏を称えても、目は開けておくように。
これは、視力の問題ではなく、「目を覚ましておれ」ということで、「しっかりせい」ということである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人生相談に対する解答はただ1つ

ゲーテは、結局は「人格が全て」と言っていたのだと思う。
この人格は、道徳的であるといった意味ではない。
おそらく、「真直ぐで強い」という意味だろう。
しかし、結果として、人格の高い人は、道徳的で、前向きなのだ。

後ろ向きな人、不満の多い人、暗い人は、どうしたって駄目になるしかない。
そして、人格を向上させることは、自分でやるしかない。
人生を好転させるためには、人格向上以外にはなく、それは全て自分の責任だ。
甘ったれることは許されない。

人格を磨くためには、何か鍵を1つ持つ必要があるかもしれない。
ジェームズ・アレンの『原因と結果の法則』とか、サミュエル・スマイルズの『自助論』などは、確かに、そのための名著ではあるが、あまりに饒舌(多弁)、冗長(無駄が多い)だ。
中村天風の『幸福なる人生』も、素晴らしいところも多いが、独断的で害のある部分も少なくない。
もちろん、本は、あくまで参考であり、本当に役に立つ箇所は、一冊の中で、せいぜい1、2行だ。
本を読むなら、そんなことを分かって読むことが大切なのだと思う。

船井幸雄さんの本に書かれていた、「現状肯定、過去オール善」という言葉を見て、「おお!これだ!」と思ったことがあるが、親に食べさせてもらっている現状を肯定するニートを見て、「こりゃ駄目だ」と思ったことがある。
一見、立派そうだが、どこか欠けているのだ。
船井さんは、最後、難病で苦しんでおられた時、現状を肯定していたのだろうか?
彼の論では、現状は必然であるのだが、彼はそれを受け入れていたのだろうか?
どうも違うように思うのだ。

人格とは、現われとしては、確かに、「寛容」ということかもしれない。
マイケル・ジャクソンは、大変に寛容な人だったと聞く。
しかし、それが彼にストレスを与えていたのだと思う。
彼は、腰痛の治療を受けていたと聞いたが、それは本当かもしれないと思った。
最近はよく知られているが、腰痛はストレスから発生することが多いのである。
つまりね、無理に寛容であろうとすることは、無理があるのだ。

人間の本質は、元々が前向きである。
だが、後ろ向きにしようとする力が作用するのだ。
それと仮に悪魔と言うなら、悪魔に屈服するから後ろ向きになる。
こう言ったら、「私は悪魔に屈服して後ろ向きです」などと言ってくる馬鹿がいる。
そんな者には、勝手に後ろ向きでいろとしか言いようがない。

お悩み相談なんてものを開いたら、実に様々な相談が寄せられるだろう。
しかし、どんな相談でも、答はただ1つ、「甘ったれるな」なのだ。
(もちろん、それでは、職業としての相談業は成立しないが)
「親に虐待されている子供に、『甘ったれるな!』と言うのか?」
といった、極端なことを言う者もいるかもしれないし、確かに、これに類した、自分で解決するには、あまりに弱い場合も多いかもしれない。
だが、逆に言えば、あなたは、そんなに弱いのかということだ。
虐待された子供も、いつかは大人になる。
そんな時には、泣き言を言ったら、やっぱり、「甘ったれるな」としか言えないのだ。
テロリストが急に現れて銃を向けてきた時、「なんで私が」と言って泣き喚いてもどうにもならない。
たとえ可能性がほとんどなくても、自分で切り抜けるしかない。
いきなり神様にお願いしたって、助けてもらえるかどうかは分からない。
出来るところまでは、自分でやらなくてはならないのだ。
泣き喚き、神に助けを求める者達に、「甘ったれるな」以外に何と言えるだろう。
つまるところ、自分に対し、「甘ったれてはいないだろうか?」と問うてみるしかない。
辛いと感じている時は、やっぱり甘えているのだと思う。
きっと、神様は、甘ったれた人間に手を差し伸べるわけにはいかないのだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。






最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
【広告】 Udemy
IT学習
タグクラウド
QRコード
QRコード