ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

腕立て伏せ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

上達の秘訣は「楽に長く」

いかなることにおいても、「継続は力なり」が真理であると思う。
そして、面白ければ続き易いが、最初から面白さが分かるものばかりではないし、そもそも、継続より難しいのはスタートであることをご存じと思う。
それで考えれば、楽で便利なことしか取り組めないし、続かない。
勉強でも、運動でも、ピアノでも、引き寄せでも。
ピアノ教室も、いかに楽にスタートを切らせてあげるかが大切なのに、絶対にスタートを切らせてあげない性格の悪い指導者も多く、そんな指導者がいる教室に行ったら、災難としか言えない。
そもそも、学校には、生徒に、一生、音楽のスタートを切ることが出来ないようにさせる音楽教師が多いかもしれない。

コンピュータープログラミングに関して言えば、昔は、BASICインタープリターという、楽で便利なものがあったので、むしろ、プログラミングを始めやすかったが、今主流の、Python(パイソン)やJavaScript(ジャバスクリプト)は、初心者にも楽で便利な開発ツールがないので、プログラミングが出来る人が増えないのである。まあ、ここらは英語も同じであるが。
それなら、ExcelでVBAでプログラミングすることをお勧めする。
これほど、楽で便利なプログラミングツールはないし、すぐに実用になるという利点がある。JavaScriptやRythonで実際に役に立つことをするのはハードルが高い。特に、職業プログラマーになるわけでもなかったら、Excel(あるいはAccess)でのVBA以外、あまり考えられない。
また、小規模な業務システムであれば、JavaやVisualStudio(プログラミング言語は主にC#やVisualBasic)で作るより、Acccessで作るメリットが大きい場合が多い。
私は、いろいろな企業でVisualStudioなどで何か月もの時間とかなりの費用をかけてうまくいかなかったシステムをAccessで数日で試作品を作り、数週間で稼働させたことが何度もある。中には、Accessで試作品を作った後、C#で本番システムを作ろうとしたのだが、Accessでの試作品を使ったユーザーが「これでいい」と言って、少し手直ししただけで本番用にしてしまったこともある。

運動不足で肥満したり、健康度が落ちている人に、世間の人は、何でこんなに、苦しくて不便な運動をやらせようとするのか、あまりの愚かさに驚く。まあ、そんな者達をカモにして儲けたい連中も多そうだが。
私が、運動が苦手に人に勧める運動は2つ。
それは、「壁腕立て伏せ」と「超ショートスクワット」だ。
壁腕立て伏せは、普通の床でやる腕立て伏せを、壁でやるもので、壁に手をついて、腕を真っすぐ伸ばした分だけ離れて立ち、身体を真っすぐにして、顎が壁にかすかに触れる程度まで腕を曲げ、そこから腕を伸ばしてゆっくり元の姿勢に戻る。
非常に楽なはずなので、少なくとも100回、出来れば数百回行う。
超ショートスクワットは、自然に姿勢良く立ち、かかとをつけたまま、そして、上体を真っすぐに保ったまま、10センチ前後の振幅でスクワットを行う。
これも楽なので、最初でも30回以上、なるべく早く100回以上、そして、数百回以上行うようにする。普通の人なら全然楽勝のはずだ。
こんな簡単な運動でも、やるとやらないでは雲泥の差だ。

そして、学校の体育のようでないといけないという洗脳がないなら、腕振り運動と四股をお勧めする。
腕振り運動は『超訳甩手功(スワイショウ、うで振り)』という安価な電子書籍があるが、それに書かれた方法で間違いないと思う。
四股に関しては、相撲の四股のようではなく、足はせいぜい10センチ程度上げ、ゆっくりそっと降ろすようにやる。
書籍で言えば、『佐川幸義 神業の合気』の「第3章 佐川宗範の鍛錬術」の中の「四股(相撲の四股との比較)」が参考になる。
尚、腕振り運動や四股は、ここでは詳しくは述べないが、単なる健康体操ではなく、熱心にやれば超人化する可能性があるものだ。

学校やマスコミの洗脳のせいか、日本人は、辛いこと苦しいことでないと価値がないと思い、それを、出来るだけ短時間で済ませたがる。
しかし、本当の恵みを運んでくれるのは、楽に長時間やることだ。
雑草がアスファルトを突き抜けるように、清水が岩を穿(うが)つ(掘る)ように。
手塚治虫の『火の鳥 鳳凰編』の、細い水流で岩の彫刻を作る和尚さんのお話が面白かった。








私は気持ち良い運動しかしない

私がまだ、時々、テレビを見ていた頃だから、十年以上前かもしれない。
ヨーロッパのクラブで活躍しているプロサッカー選手がテレビのトーク番組に出演していたが、その中で、トレーニングの話になった。
その選手は、腹筋運動が好きだと言う。
それで、司会者が、「何回くらいするのですか?」と尋ねたが、その司会者も、視聴者も、数千回とか、少なくとも、千回以上の答を期待したと思う。
肉体美が売り物の男性芸能人に、そのくらいやっているとアピールする人が何人かいたと思う。
しかし、そのプロサッカー選手は、あっさりと「20回」と言い、司会者は、態度には出さなかったが、戸惑いや落胆を隠すような笑顔をした。

以前勤めていた会社に、素晴らしい体形をした男性社員がいたが、聞けば、彼は、高校野球のエース(チームでトップの先発ピッチャー)だったと言う。
彼は、夏に半袖シャツを着ていると、恐ろしく太い腕が目立ったが、それでも、高校時代と比べれば、随分細くなったという。
私は彼に、「腕立て伏せはやっていたか?」と尋ねると、やっていたと言う。
それで、何回やったかと聞くと、これも、あっさりと「10回」と言った。

また、中年になっても、すらりとした体形の男性と親しかったが、学生時代のスポーツの経験を聞くと、合気道の有段者であることが分かった。
それで、彼にも、腕立て伏せのことを聞いたら、「1回でもいい」と言う。

男性であれば、10回程度の腕立て伏せをやったことは、大抵あるのではと思う。
しかし、昔、テレビ番組内で、普通の大学生に腕立て伏せをやらせていたが、まともに10回出来る者がほとんどおらず、司会者が「これは意外ですね」と言っていた。しかし、きちんとした形の腕立て伏せを10回出来る者は、一番可能性のある高校生や大学生でも、あまりいないと思う。

私の場合、フルレンジという、完全な形の腕立て伏せ(身体を真っすぐに保ち、胸を床ぎりぎりまで落とし、腕を完全に伸ばす)で、10回くらいから、ややきつくなる。
大相撲の横綱だった千代の富士も熱心にやっていた、ショートレンジ(振幅十数センチ程度)の腕立て伏せなら、私は、50回程度までは、そんなに苦しくなく、毎日、連続200回以上やっていたこともある(肩を壊してやめた)。
それで、フルレンジで、何回までなら、楽・・・というか、気持ち良いと感じるか試したら、3回だった。
よって、腕立て伏せは、3回しかしないことにした。ただし、気が付けば、いつでもやることにしているが、気持ちが良いのだから、積極的にやっている。
男性なら、1回位は気持ち良く出来るだろうし、女性でも、膝をついてやれば、やはり1回なら気持ち良いと思う。
もし、1回も出来ないなら、テーブルや机の上など、やや高い位置に手を付ければ、出来ると思う。
それでも駄目な場合、壁から数十センチ離れて、壁に向かって立ち、壁に手をついてやれば、出来るだろうし、それなら、非力でも、ある程度の回数までは気持ち良く出来ると思う。
運動は、気持ち良い範囲で良く、それでこそ、健康増進が出来る。
どうも、特に日本人は、運動は、キツいほど立派、苦しくなければならないという、奇妙な思い込みがあるようだ。
だが、苦しい運動はストレスになり、かえって不健康になる場合が多いと思う。
NHKの筋トレ番組で、腕立て伏せを指導していたが、フルレンジの腕立て伏せを「腕を伸ばしたところで休まず、すぐ曲げる」といった、いじめのようなやり方だった。
この番組では、筋骨隆々たる男性3人がやっていたが、10回に達し、苦しい感じになっていても、指導者は、「後5回、ペースを落とさずやり抜きましょう」と言うが、こんな馬鹿みたいにキツい運動、視聴者のどれだけが出来るか疑問だし、出来たって、こんなシンドい運動が続くはずがない。
いったい、何のためにこんな番組をやるのか疑問だった。
やはり、NHKは見る必要がない(笑)。
受信料を取りたいなら、頭を使って、意味ある番組を作れよ・・・と少し思った(笑)。

最も良い運動は、歩くことだが、適度に歩いて、顔をしかめるほど苦しいはずがない。
スクワットなら、腕を胸の前でクロスする「イヤンのポーズ」(笑)で、背筋を伸ばして、膝が水平になるまで曲げるなんてやり方なら、1~3回で十分だろう。
顔を上げることだけを注意した、短い振幅のスクワットでも、ゆっくりと、気持ち良いと思う回数でないと、長く続かない。

しかし、やはり、運動は、腕振り運動が良い。
腕振り運動を毎日やると、健康になり、無意識と親しくなって能力が高くなり、超能力者になり、願いが叶うようになると思う。
腕振り運動は、肩の力を抜き、楽にやることが肝心で、そのように正しくやれば、初めてでも500回くらいで疲労困憊などするはずがない。
そうでないなら、余計な力が入り過ぎているのである。
よって、誰でも一度に200~300回は出来、慣れてきたら、1日トータルで2000~3000回以上を続ければ、予想しなかった不思議な効果を感じると思う。

ところで、怒られるかもしれないが、『プリズナー・トレーニング』に載っている運動を、例えば、20回と指定されているところを1~5回でやれば丁度良いと思う。
我々は別に、刑務所で、監視人や他の囚人を叩きのめす必要はないのだから(笑)。








昔の日本人はトレーニングなどしなくても身体が強かった

運動は長く続けてこそ効果がある。
言ってみれば、1年365日、体調が悪い日を除き、毎日行うのが運動である。
だから、精神的にストレスがたまったり、身体を損なう危険がある、負荷の大きなきつい運動をする意味はない。
スポーツ選手なら、高負荷の運動も必要だろうが、スポーツ選手の身体は故障を抱えていることが多く、特に、プロ選手など、ハイレベルなスポーツ選手の身体はボロボロである場合が多い。
そんな不健康なスポーツ選手や元スポーツ選手が、一般向けの運動の指導を行い、また、そんなところに行きたがる人が多いのは、おかしなことであると思う。

私は、自然で負荷が軽い運動を、出来るだけ数多く反復することを奨めている。
腕振り運動が一番のお薦めで、他には、振幅のごく小さなスクワットや腕立て伏せ、無理な動きを省いた四股などである。
これらのスクワット、腕立て伏せ、四股を、なんちゃってスクワット、なんちゃって腕立て伏せ、なんちゃって四股などと称している。
ただし、負荷は小さくても、丁寧に、そして、数多くやることが大切である。
例えば、なんちゃってスクワットなら、脚が悪かったり、老齢である場合を除けば、少なくとも一度に百回、可能なら、一度に500回、1日トータルで数千回が望ましい。
それだけやれば、スポーツ選手よりもずっと理想的な美しい身体を持てるのではないかと思う。

そもそも、昔なら、日常、よく歩き、掃除を始め、薪割りや農作業、荷物運び、さらには山歩きなどを行っていた人なら、現代のスポーツ選手など、及びもつかない体力があっただろう。
いや、解剖学者の養老孟司氏が何かの著書(どの本かは分からない)に書かれていたが、昔の日本人は、毎日長時間正座していただけで、腹筋、背筋が鍛えられ、身体は非常に強かったらしい。これこそ、軽い運動を長時間やれば、身体が強くなることを示していると言えるだろう。
軍事関係の専門家で、多数の格闘術の著書があるイギリスのクリス・マクナブも、『徒手格闘術ハンドブック』の「戦うためのエクササイズ」の中で、「座らず立つよう心がける」だけで運動になることを認めているが、別に彼がそう言わなくても、トレーニングにおいて、特に脚を鍛えるものでなくても、立って行うというだけで脚の鍛錬になるというのは常識だ。
腕振り運動であれば。単に立っているというだけではなく、腕を振る反動を吸収して身体を真っすぐにすることで、腹筋や背筋、さらには、脚も十分に鍛えられる。加えて、身体の微妙なバランスを取ることで、体幹も鍛えられるのである。
合気道の達人で、植芝盛平や中村天風の高弟でもあった佐々木の将人氏も、『数霊のメッセージ』で、はあはあ言いながら運動する時代ではないと、従来の「きついのが運動」という偏見を戒めるようなことを書かれている。

無理な運動、きつい運動を称賛、宣伝することを、商売のため、あるいは、自慢するためにやっている者達に影響されず、自然に身体を発達させ、健康で、真に強くなる運動に取り組んでいただきたいと思う。
あまりに極端でなくて良いから、丁寧で美しい運動を、数多く長時間続ければ、充実感があり、楽しく、精神を含め、ますます健康になるだろう。
ぐーぱー運動という、手を握った状態から開く、逆に、手を開いた状態から握る運動(別々にやることをお薦めする)も、非常に良い。
上に挙げた運動は、どれほど悪く言っても、何も運動をしないのと比べれば雲泥の差であり、老齢になれば、天地ほどの差がつくと思う。
ところが、多くの人が、きつい、不自然で無理な運動をやってみるも、続かず、何もしないという状態であると思う。これほど悲惨なことはない。








万年二十歳の身体の作り方

1年以上の検証が出来たので、楽で気持ち良い運動をご紹介する。
と言っても、一言で言えるほど簡単なもので、それは、
「スクワット、腕立て伏せを、2~3cmの振幅でやる」
というものだ。
スクワットなら、立った状態から、2~3センチだけ腰を沈めて、起こす。
腕立て伏せなら、腕を伸ばした状態から、2~3センチだけ身体を沈めて、起こす。
これだけである。
普通の筋力があれば、身体を縦にゆする、あるいは、振動させる感じだが、貧乏ゆすりのようで実に気持ちが良い(笑)。
いや、そもそも、貧乏ゆすりというのは、血行を促進したり、筋肉や関節を柔軟に暖かくするために必要な自然運動であり、本当は止めてはならない(まあ、迷惑になることもあるので、どこでもやって良い訳ではないが)。

気持ちの良い運動は、それだけで、確実に身体に良い。
これは、医師で鍼灸師で操体術の大家であった橋本敬三氏の『からだの設計にミスはない』という大変な名著にも、
「気持ちいいことなら何をしてもいい」
と書かれており、橋本氏は、常日頃、
「とにかく気持ちのいいことをしろ。気持ちのいいことが一番だ」
と言われていたらしい。

一応、振幅数センチのスクワット、腕立て伏せ(プッシュアップ)を、「超ショート・スクワット」「超ショート・プッシュアップ」と呼ぶが、これは、体力向上にも確実に効果がある。
そもそも、私が超ショート・スクワットを始めたのは、単なる思い付きではなく、大相撲力士が、待ち時間にずっとこれをやっているのを見たからだった。
そもそも、立っているだけでも十分な運動であるのに、それに振動を加えれば、優れた鍛錬でないはずがない。
普通の筋力がある人なら、超ショートスクワットを数百回は簡単に出来ると思う。
私は、1日千回もやれば、確実に筋力がつき、また、振動効果で骨盤などが調整されるらしく、身体が非常に軽くなった。
元々、腰痛はない方だが、さらに腰の調子が良くなったと思う。

私は、普通の腕立て伏せでも100回以上軽く出来るので、超ショート・プッシュアップなら、百回で少し疲れる程度で、50回くらいまでなら、とにかく気持ちいいだけである。
誰でも、慣れれば、20~30回程度は、気持ちいいままやれると思う。
まあ、無理はせず、マイペースでやることだ。

超ショートと言っても、歩く時や走る時、押す時や引く時だって、それほど膝や肘を曲げる訳ではなく、むしろ、普通に言われるスクワットや腕立て伏せの方が不自然で、私も、特に、普通の腕立て伏せを頑張ってやっていた時は、腕や肩をよく痛めたり、痺れに悩むことがあった。

世間では、運動と言えば、馬鹿みたいにきつい運動をやるか、全くやらないかの極端な二極化になっている場合が多いと思う。
どうも、楽な運動をしていると、蔑んだ目で見られたりするような気がするのではないかと思う。
例えば、ハードな運動をやっている人が、「俺はこれだけ厳しいトレーニングをしているのだ!」と自慢すると同時に、軽い運動をしている人を馬鹿にする人も少なからずいるような気がする。
だが、本当に身体に良い運動は、ゆるい運動を長時間やることを毎日続けることだ。
ハードな運動をやっていたら、だんだんと身体に歪みが起こり、いずれ障害が出る可能性が高いと思う。
実際、ほとんどのプロスポーツ選手は、引退時は身体がボロボロではないかと思うのだ。
また、私の知り合いでも、高校や大学でスポーツに打ち込んだ人の多くが、身体のどこかを壊していて、おそらく、生涯治らない。
だが、そんな人でも、この超ショート・スクワットや、超ショート・プッシュアップをやれば改善するのではないかと思う。

私は、特にダイエットしたい場合や、身体を引き締めて美しくしたい場合は、超ショート・スクワットを1日数千回、超ショート・プッシュアップを1日数百回行う。
それは、充実感こそあれ、厳しくはない。
特に、マジカルミライ前は熱心にやり、会場のヤング達にも(笑)、スタイルだけは負けていない、いや、全然勝ってる(笑)。
ただ、多少の時間はかかるので、根気だけは必要と思う。
良ければ、腕振り運動と共にやっていただければと思う。
それで、万年二十歳の身体を得られると思う。








一生、二十歳の身体でいるために

人間は、毎日、決まった時刻に決まった運動をする者と、そうでない者に分かれ、その差は大変に大きいのだと思う。
確かに、毎日、通勤通学で、少なくとも1kmの道を、背筋を伸ばして、しっかり歩くなら、それは立派な運動だ。
だが、今は、リモートワークも流行っていて、通勤をしない人も多くなってきたと思う。
また、元々、車で通勤するなどで、ほとんど歩かない人も多いに違いない。
それに、やはり、特別な運動をすることで、特別な身体になる楽しみは捨てるには惜しいと思う。

運動は、原則、1年365日、欠かさずやるものである。
そのためには、毎日やれるような、無理のない、そして、気持ち良い運動であることが必要だ。
YouTube動画で、運動の実演紹介をしている人は多いが、それらを見ると、非常に面倒であったり、とにかくキツくて、とてもではないが続きそうにない内容のものが多い。単に「俺はこんな凄いことをやってる」という自慢をしたいだけの人もいるだろうし、しかも、その本人だって、続けられているか疑わしいものも多い。
だが、良い運動を、1年365日継続すれば、もう完全に別人に変わるし、3年、5年、10年なら更に良く、超人になっているかもしれない。
私の場合、以前は、無理な運動を無理に続けて身体を壊すという、ある意味、根性は認められても、馬鹿なことをやっていたものだ。
だが、あまりに緩い運動も考え物で、「そこまで楽な運動しかしたがらないのか?」と驚かされるような人も実際いる。

どんな運動をするかは、基本的に自分で決めれば良いし、内容が変化していくのも、特に、初めの頃はよくあるが、なるべく早く、一定した内容にしなければならない。
ただし、一定の内容になった後も、創意工夫して、より良い内容に変化していくのは、もちろん、良いことである。

私の場合、長く、毎日続けているのは、腕振り運動と、大東流合気柔術式の四股で、共に、楽な運動でありながら、気持ちが良く、そして、効果の方は恐るべしと言って差し支えない。
単なる運動ではなく、霊的効果があると言って良いのかもしれず、肉体を超えた幽体、さらには、霊体にまで影響があるかもしれない。
腕振り運動のやり方は、多少の種類はあり、自分が良いと思うものでやれば良いが、私の場合は、

(1)自然に立つ。
(2)両腕を真っすぐ伸ばし、前に水平に上げる。てのひらは内側に向ける。
(3)そのまま、両腕を後ろにやや鋭く振る。後ろ45度くらいまでであるが、多少の違いはあって良い(自分が自然に感じるようにやる)。
(4)脱力し、自然に腕を前に振り、(2)の状態に戻る。

といった感じになる。
てのひらは下に向けるやり方もある。
私の場合、関英男博士(電波工学の世界的権威で高次元科学の研究者でもあった)の流儀に則って、てのひらは内側に向けている。
一度に100回を単位にしているが、最低、このくらいはやった方が良いだろう。
一度に100回くらい、普通の人なら、老人でも出来るはずだ。
関博士は、90歳を過ぎても、毎朝2000回やっていたようで、その効果もあり、その歳でも、世界中を飛び回って研究をしておられた。
また、関博士は、この運動により胃癌を治したと言い、また、他にも、この腕振り運動で、難病奇病を治した人は多いという。
私の場合、1日トータルで千回程度だ。

腕立て伏せは、私は以前は、一度に100回、200回、あるいは、それ以上やっていたが、しんどいだけで楽しくはなく、肩を壊す羽目になった。
腕立て伏せは、しっかりとした形で、ゆっくり3~10回程度やれば、非常に効果がある。
スクワットもそうで、ゆっくりと、しっかりとした形でやることが大切で、5~20回で十分に効果がある。
尚、スクワットは、私は、ハーフスクワット(脚を完全に曲げるのではなく、腿と床が水平になる程度まで曲げる)でやっている。膝に負担がかからず痛めないためだ。ただ、ゆっくりと少ない回数でやるなら、フルスクワットでも良いと思う。
とにかく、毎日、必ずやれば、数ヵ月もすれば、やらないことと比べたら、雲泥の差となる。
ただ、私は、腕立て伏せも、スクワットも、数センチの短い振幅で、振動するようにやるやり方が気持ち良いので、それを、腕立てで50回、スクワットで300回程度やっていて、それが、生命力を高めるような効果があると感じている。こんなやり方を教えてくれる人はいないが、好みに合うなら、やってみると良いと思うし、楽で気持ち良いので、続けやすい。
回数は、自分で合った回数でやれば良いが、すぐに回数が上がっていくと思う。

尚、大東流合気柔術式四股も素晴らしい運動だが、言葉での説明は難しいので、興味があれば、『佐川幸義 神業の合気』に、写真入りで解説されているので、参照されたい。
私は、1年近く、毎日千回以上やっている。

私程度の運動でも、続けるなら、おそらく、一生20代の身体でいられるし、引き寄せもうまく出来るようになると思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード