ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

腕振り運動

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

妖精のような、ミクさんのような身体を手に入れる

健康であることは疑いもなく良いことだし、さらに、若々しい身体であればもっと良いのである。
まあ、いろいろ好みがあるだろうが、私は、マッチョな身体には全く興味がなく、それよりも、妖精のような、美しくすらりとした身軽な身体が好ましいと思う。
そんな身体を作るためには、ある程度の運動は必要だが、運動と言えば、多くの人が、良いと思っている運動は、
・短時間で済む。1日1分とか、せいぜいが5分。
・ある程度はきつくて苦しい。いわゆる「効く」運動。
であると思う。
しかし、現実は、そんな短時間の運動では効果はなく、かといって、「効く」運動をそれなりの時間、毎日続けることは非常に難しい。
運動というのは、1年365日、毎日、長期間続けてこそ、素晴らしい効果がある。
「筋トレは週2日程度に抑える」と言う人もいるが、私が考える理想の身体作りに筋トレは必要ないし、週2~3日に抑えないといけないようなキツイ運動は、身体を壊すリスクが高く、やはり、必要ないと私は思う。
妖精のようなエレガント(優雅)な身体を作るには、軽い楽な運動を、すき間時間を見つけて出来るだけ多く、毎日やることだ。
そもそも、一番良い運動は、立っていることである。
なるべく座らず、良い姿勢で立っていれば、それで十分な運動である。尚、良い姿勢とは、学校や軍隊の「きをつけ」、つまり、直立不動では「ない」。
ごく自然にすっと立っていれば良いが、自分が美しいと思うポーズで立てば、さらに良い。
とはいえ、自然にすっと立っているのが最も美しく、良いモデルは、そんな立ち方をするものだ。

若々しく美しい・・・エレガントなプロポーションや身体の動きには、ある程度の強さが必要だ。
そのための最強の運動は、合気柔術式の四股だと私は思う。
これは、相撲の四股とかなり異なり、足踏みと表現した方が当を得ている。
肩幅程度に足を開き、数センチから、高くてもせいぜい十数センチ足を上げる脚踏みを繰り返す。
私が長くやっていて、最も効果的なやり方は次の通り。
・つま先は真っすぐ前に向ける。つまり、足は平行で、内股でも外股でもない。
・手は膝に軽く当てる。
・足を下ろす時は、そっと下ろす。
私は、長くやっているうちに、木の床や畳の上でやっても、ほとんど音がしなくなった。
手を膝に沿えるのは、古武術の特徴的な動きである「ナンバ」を自然に行うためだ。「ナンバ」の説明は複雑になるので、興味があれば、下の書籍を参照願う。
これにより、体幹とインナーマッスルが鍛えられ、効率とバランスの良い、しなやかな動きが出来るようになる、まさに、魔法の運動だ。
※四股については、『四股鍛錬で作る達人』が参考になるが、あまり詳しく知らなくても良いと思う。

もちろん、腕振り運動で、肩甲骨とその周辺の筋肉をほぐし、血行を良くし、心肺の負担を減らせば、万能の健康効果があり、姿勢も体形も美しくなる。
私は、運動は、上の「ナンバ四股」と腕振り運動だけで十分と思う(実際は、片方でも十分だ)。
私の場合、1日で、腕振り運動、四股、いずれも千回以上ずつやっているが、それでヘトヘトに疲れることはなく、むしろ、気持ちも気分も良く、何より、これで、妖精のような、美しく、軽々とした、エレガントな身体になると思えば、楽しくてやる気が出る。
そして、いつも言う通り、
「四股と腕振り運動をしているのだから、〇〇のように格好良くならないとおかしい」
と力強く宣言せよ。それで、効果百倍と思え。
〇〇は、例えば、「妖精」「初音ミク」「カイト(青年型ボーカロイド)」「キャシャーン(キャシャーンSins)」「モデル」「17歳」などで、自分が気に入っているものなら何でも良い。
昨年のマジカルミライの時の、ナンバ四股を始める前の私の写真は「Kay Twitterプロフィール」にあるが、今年は美しくなっているので、今年のマジカルミライの時には、また撮影しようと思う。

後、私が、楽しくて気に入っている運動は、短刀(木刀)の素振りだ。これは、自分で調べたり工夫してやると、実に奥が深い。








増えた悩みを退治するには

『若きウェルテルの悩み』というゲーテの有名な小説があるが、ウェルテルという若い男の悩みとは何かというと、好きな女性に婚約者がいて、恋が叶わないということだ。それで、ウェルテルは自殺してしまう。
私は、それだけ知ったら、もう読む気がしない。
ウェルテルが好きなシャルロッテさんはいい女なのだろうが、もっといい女だっていくらでもいるんだから、他を当たれば良いだけの話なのにね。
しかし、そんなしょーもないことで悩めるのはなぜかという理由は、案外に重要だ。
その理由は、若い時は、悩みごとが少ないってことなのだ。
他に多くの懸案事項を抱えていたら、好きな人に振られたくらいで、そんなに悩まないに決まってるからね。

若い時は、一般的にだが、悩みは少ない。
だが、歳を取れば取るほど悩みは多くなる。
なぜ、そうなるのかというと、歳を取るほど、多くのもの(物質的なものばかりではない)を持つからだ。
それらを失うことを恐れることで悩みが生まれるのである。
そして、もっと歳を取ったら、健康、体力、気力、財力、人脈などが衰え、持っているものを維持出来なくなる。
それは、大金持ちでも同じだ。
だから、沢山持っている金持ちほど、悩みが多くなってしまう。
さらに、悩みが多くなると、以前は「若者の悩みだ」と笑っていたことより、もっとつまらないことで悩むようになる。
このカラクリも説明出来るが、面白くもないのでやめておく。しかし、何となくでも分かると思う。

それで、世の中には、「不要なものを手放しなさい」と教える人が多い。
その際に、「で、お金は私に渡しなさい」と言うわけである(笑)。
確かに、不要なものを手放すことは良いことだが、無理にやろうとして出来ることではない。
不要なものは、自然になくなるようであるべきだ。
そして、先にやるべきことがあるのではないか?

まずは、肩甲骨をほぐして血流を良くすることだ。これを「気の流れを良くする」と言う人もいるが、そう言っても構わない。
具体的には、腕振り運動を熱心にやることだ。
それで大抵、健康になるし、若々しくなるし、難病奇病が治ったという話も多い。
健康で若々しくなれば自信がつく。
それだけでも十分だが、もっと強く美しくなりたいと思ったら、私が勧めるナンバ四股か、あるいは、ナンバ歩きでよく歩くと良いと思う。
強靭で美しくなれば、さらに自信がつく。
自信がつけば、余計なものを欲しがらなくなるし、執着しなくなるので、何でも手放し易い。
大きな自信を持てば、身体以外は全部、不要になってしまう。

次に大事なことは、運が良いことだ。
運が悪いと、悩みは消えないからね。
別に、余計なものを持ったままでも、運は呼べる。
幸運を呼ぶためには、方法はいろいろあるように見えて、実は「きめつけ」しかない。
「俺は運が良い」と決めつけてしまうことだ。
その際、「私は〇〇だから運が良い」と、こじつけるものがあると容易くきめつけが出来る。
その〇〇は何でも良い。
TM(超越瞑想)をやっているからでも、聖書を読んでるからでも、「ありがたい」と唱えているからでも、新月生まれだからでも。
その中でも、日本人が成功し易いのは、実は、『古事記』を読むことや、「十言の神呪(とことのかじり。「アマテラスオホミカミ」と唱えること)」を行うことだと思う。
ただ、本当に、何でも良いのである。












腕振り運動やナンバ四股で引き寄せ自在になる原理

一芸は万芸に通じると言うが、おそらくその通りで、何かを究めれば、他のことも、たとえ自分では出来なくても有効に利用出来る。
たとえば、プログラミングの極意を考える。
プログラミングとは、コンピューターで目的を達成するアルゴリズム(まあ、手順といったものだ)を考えることなのだが、達人が作るプログラムには万能性がある。
それは、格闘技の必殺技のようなものだ。
下手な格闘家の必殺技は、相手の身体が大きかったら効かないとか、空手の心得がある相手には通用しない等といった欠点が多い。
しかし、達人の必殺技は、いかなる相手でも、それを出せば敵を倒せる。
プログラムでも、下手なプログラマーが作ったプログラムは、使用するデータの数値が大き過ぎたら処理出来ないとか、予期しない例外的なデータがあったらエラーを起こすといったことが起こるが、優秀なプログラマーが作ったプログラムは、いかなる状況にも対処出来る。
ところが、どんな状況にも対応出来るプログラムを、無能なプログラマーが作ろうとすると、出来たプログラムは複雑で、トラブル続出となり、使い物にならない。
一方、達人プログラマーが作った万能プログラムは、実にシンプルだ。
そして、格闘技の達人の必殺技も、シンプルなのである。
つまり、極意とはシンプルなものだ。
そのような、シンプルで万能なプログラムのアルゴリズムや、格闘技の必殺技は、どうすれば思いつくのかというと、無になった時に直観で閃くのである。
軍事作戦も同じである。
確かに、どんな良い作戦も、実行する際には、あらゆる状況を想定するが、作戦がシンプルで優れていれば、様々な・・・例外的な状況でも対応し易い。
しかし、下手な作戦で、様々な状況に対応しようと思ったら、とんでもない手間と兵力と物資が必要になり、なおかつ、勝率は低い。
よって、軍事作戦も、無になれる優れた参謀が、直観で出した作戦が良いのである。
一方、単に頭の良い参謀が理詰めで考えた作戦は、とんでもない欠陥を抱えているものである。

私がいつもおお勧めする、腕振り運動やナンバ四股は、身体トレーニングや身体調整としても極めて優れているが、それらを淡々と長時間やっていると、直観の領域である純粋意識に近付き、そして、入り込む。
普段から、腕振り運動やナンバ四股を超長時間やって、純粋意識に慣れておくと、心は純粋意識に入り込むコツを掴み、必要な時に純粋意識に入ることが出来、直観を得られる。
直観に従えば、ほとんど何もしなくても引き寄せも自在である。
だから、短絡的な効果ばかり求めず、淡々と腕振り運動やナンバ四股を、出来るだけ数多くやれば、割と早く引き寄せが自在になると思う。








【最新】最も分かり易いナンバ四股

身体を健康で強く、さらに、「すらりとした」若々しい身体にするには、運動をしなくてはならない。
個人的な好みかもしれないが、ムキムキのマッチョな身体はあまり好ましく思わない。私は、男でも女でも、すらっとした引き締まった身体を美しいと感じる。
そして、そんな身体になる運動は、簡単で楽で、気持ち良く、場所も道具も要らない。
そんな簡単な運動を、是非、知っておきたい。
その運動は、ほぼ、腕振り運動(甩手。スワイショウ)だけで良いと思う。
ただ、重要な足腰を強靭にするには、四股が良い。
この四股は、相撲の四股とはかなり異なり、基本は、大東流合気柔術の佐川幸義氏が考案したと思われる佐川流四股だが、これのやり方が公開されていなかった。しかし、これをやっている人達の情報を集め、そして、古武術家などからナンバ歩きの話を聞くうちに、そのやり方が明瞭になり、これまでも何度かやり方を述べてきた。
その中で、最も分かり易いやり方が分かったので、参考に述べておく。
この四股を、一応、「ナンバ四股」と呼んでおく。

【ナンバ四股のやり方】
(1)足を平行にして立つ(外股でも内股でもない)。足の外側が肩幅か、それより少し広いくらいに開く。
(2)手のひらを膝の上部(脚の付け根の少し下)に軽く付ける。
(3)左膝を少し前に出すようにして、左足を少し浮かせる。手のひらは膝に軽く付けたままにする。
(4)左足をそっと下ろす。
(5)右足で同じように行う。
(6)(3)に戻る。

肩の力を抜き、姿勢が崩れない範囲で、速くリズミカルに行う。
足を上げた時、上体が自然に反対側に少し傾いて移動するのは良いが、だらしなく大きく傾けない。
ポイントは、手のひらを膝に軽く付けることだ。
ナンバ歩きの要領で、左足を上げた時、左腕が上がることが大切だが、手のひらを膝に付けておけば、肩に力が入っていなければ、自然にそうなる。だから、肩の力を抜かなければならない。
相撲の四股でも、手を膝につけるが、それで、自然にナンバ歩きのようになるので、体幹とインナーマッスルが鍛えられ、身体が効率良く動くようになり、筋トレよりはるかに良いと思う。
もちろん、ナンバ四股も、体幹、インナーマッスルが鍛えられる。結果として、ダイエット効果も高いと思う。

ナンバ四股は、片足ずつ数えれば、少なくとも、一度に100回行う。
最初は、少し疲れるかもしれないが、200~500回行うと充実感を感じると思う。
1日トータルで千回は難しくないと思う。これだけで、足腰が極めて強くなると思う。
私は1日2千~3千回で、もっと多い日もある。

尚、私は腕振り運動に関しては、後ろに振る方に関しては、小林聖功氏の『超訳甩手功(スワイショウ、うで振り)』で行っている。
前に振る方は、形は『気功革命』のように行っている。
四股に関しては、四股やナンバ歩きの、非常に多くの書籍、動画を参考にし、最大限、普遍的な形にした。








無になるための腕振り運動

人間は、無になれば不可能はなく無敵であるが、それを実証しつつ、無になる方法を会得するための手段としての武術もある。
武術は元々は、殺人や護身といった戦いの道具であるが、発達を遂げると、上のような、無を実現する手段というのが主な目的になるのである。
無になれば不可能はなく、思うままなのだから、戦いでも無敵であるが、それだけでなく、あらゆることが可能で、現代的に言えば、引き寄せも自在である。
司馬遼太郎の『真説 宮本武蔵』を読むと、剣術において、無になるために、流派によって2つの異なったアプローチを取っているということが分かる。
1つは、こちらがオーソドックス(正統的)と思うが、己を虚しくして無になる方法である。主に坐禅が行われたが、中国の道教にも「忘座」といって、じっと座りながら枯れ木(己を虚しくすることの象徴)のようになるというものがある。
だが、坐禅や忘座で無になることは難しいので、もっと簡単な「止観」というものが行われるようになった。
この「止観」が、坐禅に対するもう1つの方法である。
これは、坐禅などによって、己を虚しくする・・・つまり、想念を消すのではなく、1つの妄想に集中することで、それ以外の想念を消すもので、世界中に多くの流派があるが、上に挙げた『真説 宮本武蔵』で語られていたのは、川の流れをイメージするものだった。確かに、人間の心は、静止したものより、一定のリズムで動くものの方が長時間イメージし易い。
浄土仏教の経典である『浄土三部経』の1つ『観無量寿経』は、止観の訓練書のような面があり、釈迦は、夕陽や、あるいは、透明な大地や、あるいは、仏国土の様子をイメージする方法を丹念に述べ、それから、仏の姿をイメージする方法を教えている。
ただ、『観無量寿経』も、現代に伝わるものは、当時の時代と合わないということと共に、細かいニュアンスまでは翻訳してはいないと思われ、イメージ法の参考に留めた方が良い。まあ、使い易いよう、現代風に意訳してくれている人もいるが、単純に、川の流れをイメージしたり、夕陽をイメージする方が簡単だろう。

しかし、早い話が、イメージ法で無になるというのは、まず、滅多に成功しない。
これは、立派な寺や個人用道場といった、静かな環境に恵まれた者でないと難しい(実際は恵まれていても難しいと思う)。
そこで、仙道では、立禅といって、少し身体を使うことで集中し易くなる方法を考え、岡田虎二統や中村天風は、腹に力を込めたり、肛門を引き締めたりといった、身体の一部に力を入れて意識を集中させる方法を提示した。
が、この中で、うまくいく可能性があるのは、おそらく、立禅だけで、腹や肛門に力を入れるというのは、普段、自然に行う行為ではないことから、ほとんどの者が続けられないことは、既に証明されていると言って良い。
そして、立禅もまた、なかなかうまくいかない。

ところが、腕振り運動(甩手。スワイショウ)は、肩甲骨をほぐす健康法という実利をまず得つつ、淡々と長時間行うことで、少しずつ、無に近付くことが出来る。
腕振り運動は、行う時間が少ない場合は、ただの健康法であるが、とはいえ、健康法としては確実に効果があるので、坐禅や止観のように、しっかりやらないと成果は何もないというのとは違う。
そして、長時間やれば、これだけで、限りなく無に近付く。
では、どのくらいやれば、無に近付くのかというと、少なくとも1日トータルで千回で、2千回や3千回が望ましく、もっと多ければさらに良い。
(ちなみに、1日千回で、有意に無に近付くには数年かかると思うが、3千回なら数か月と思う)
そして、2千回や3千回は、本当は楽である。
腕振り運動は、力を抜いてやるのが正しく、多少の根気は必要だが、2千回や3千回やって疲れることはない。
立つことに疲れることもあるかもしれないが、逆に言えば、立っているだけで十分な足腰の鍛錬になり、しかも、腹筋、背筋も鍛えられ、腕振り運動を毎日長時間やっている者は、ほとんどが健康で身体つきがすらりとしている。
動画で、腕振り運動を教えているのに肥満している者は、自分はじっかりやっていないか、食べ過ぎであろう。
また、腕振り運動の動画では、ほとんどが力が入り過ぎている。

私は、特別な肉体訓練の意味で、いろんな運動を行っているが、腕振り運動1つだけでも、健康になり、ダイエットにもなり、さらに、無に近付き、引き寄せの能力もどんどん高くなる。
2千回が楽に思えるようになったら、即座に引き寄せも出来ると思うが、それは、すぐに出来ることである。
健康法というだけなら200回もやれば何らかの効果はあるが、無になること目的とするなら、少なくとも毎日2千回。最も良いのは、時間が少しでもあれば、立ち上がって腕振り運動をすることである。それであれば、かなり早く無に近付き、引き寄せも驚くほどうまくなると思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード