ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

腕振り運動

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

凄いヤツにすぐになれる

『カードキャプターさくら』という20年以上人気を保っている漫画・アニメの中に、月城雪兎(つきしろ ゆきと)という、面白い人物がいる。
雪兎は、最初は高校3年生で、主人公である木之本桜(小4)の憧れの人だった。色白で華奢な美男子で眼鏡をかけていて、いつもぼんやりして、天然で、人と話す時はニコニコしていて、不機嫌になることは・・・まあ、ない。
一見、いい人だけの頼りなさそうな男だ。
だが、実は、彼はスーパーマンで、秀才の上、スポーツ万能。普段は部活は何もしていないし、運動をしている様子すらないが、スポーツ部から、試合の時に、たびたび「助っ人」として駆り出されると、必ず大活躍する。
「そんなこと、実際にはあり得ない、やっぱり漫画だ」と思うだろうが、年配の人に聞くと、「ああ、クラスにそんなやつ、いたな」と普通に言う人が案外に多いのである。
プロ野球選手としても監督としても超一流だったある人も、高校の時は野球部に所属せず、助っ人で試合に出ていたという話もある(詳細は忘れたので名は伏せるが、多分落〇さん)が、彼の世代だ。
昔のことだから、家の手伝いが忙しくて、クラブに入ったり練習をしたり出来ないのに、野球やバレーボール、あるいは、水泳や陸上競技などに、いきなり参加し、国体決勝まで行ったとか、そんな話を集めた本もあったようにも思う。
宮沢賢治の『風の又三郎』の、又三郎も、そんな凄いやつをモデルにしたのではないかと勝手に思うのだ。
そして、そんなやつらは実際にいる。

2016年に舞台にもなった、村上龍さんの『コインロッカー・ベイビーズ』(1980)という傑作長編小説がある。
私は正直、読んでいないが、この小説のこんな引用を、印象深く覚えている。
小説の中で、山根という、空手で四人を殺したという少年が、大勢の囚人を威嚇する場面だ。
山根が、厚さ5センチ以上の漆喰塗りの壁を正拳で突くと、それがボロボロに崩れ落ち、囚人たちは顔色を変えて立ち尽くす。
ところが、山根に、「何年くらい修行したら、あんなことが出来るのか?」と尋ねると、山根は「あんなの、誰でも出来る。訓練など要らない」と言う。
コツはこうだ。
「俺の全身全霊の力を拳に乗せると、次の瞬間、拳は板の向こう側にある、板を空気のようにすり抜けて拳は次の瞬間、板の向こう側にある、と自分に言い聞かすんだ」
ついでに言うと、「失敗したら死ぬ覚悟で突く」のだそうだ。
ただ、いきなり板でやると危ないので、ぶら下げた新聞紙でやると良いと、山根は言う。
山根がやると、新聞紙はほとんど揺れず、拳の穴がきれいに空いた。

私は、昔、この新聞紙の正拳穴あけをやったことがあるが、要領を知っていたので、割と簡単に出来た。
私は、名刺での割り箸切りをよくやっていたのだが、それと同じだ。
私は、新聞記者の前で、割り箸が入っていた薄い紙袋を使い、割り箸4本を同時切断したことがある。
ちょっと古いが、1984年の『別冊宝島41 脳力トレーニングの技術』の中で、この新聞紙正拳突きと、名刺による割り箸切りについて、極意はこうだと書かれている。
息を吐き切りながら、肛門を引き締めて集中する(気力を充実させる)。
すると、突く、あるいは、切る瞬間、息を吸うことになる。
ところが、普通の人は、その瞬間、息を吐くからうまくいかないのである。

もう1つというか、最高の方法は「無になる」ことだ。
無になれば不可能はない。
普段から、腕振り運動をしっかりやっていると、無になるコツが自然に分かるので、いざとなると超人力を発揮出来る。
ただし、あくまで、普段から、回数多くやる必要がある。
実際、中国では武術に腕振り運動を取り入れている流派もあるという。
そして、無になる最上の方法は、ナーマスマラナ(神仏の名を心で唱える行。念仏も同じ)だ。
別に、名刺による割り箸切りを人に見せる必要も、何かのパフォーマンスで他人の度肝を抜く必要もないし、そんなことを目的にしていると、全く無になれない。
ただ、普段から、淡々と、神仏の名を心で丁寧に唱え、ついでに、腕振り運動もやっておけば、仙人のようなものになれると思う。








若返る超秘訣

若返りということに関し、商売ベースで宣伝されているものは、相手にしない方が良いだろう。
そんなものは、ほとんど効果が期待出来ないと思う。
なぜなら、若返りというのは、肌に何か付けたり、サプリで達成されるものであるはずがないからだ。

若返りの基本とは、こんなものである。
平井和正さんの『死霊狩り』というSF小説で、主人公の元レーサー、田村俊夫は、特殊部隊メンバーの選抜試験として、猛獣のいるジャングルでサバイバル・テストをさせられる。
渡されたのはハンティング・ナイフ一丁だけで、生き抜くためには、体力と野生の本能に頼るしかない。
ところが、そんな中にしばらくいると、田村俊夫(推定30歳位)は、高校生の時のような身体や感覚に戻るのを感じた。
また、こんな実話がある。
密教の世界で有名な桐山靖雄さんが、著書で書かれていた話だ。
桐山さんが、40代の頃ではないかと思うが、命懸けの厳しい滝行をやったら、体臭が10代の頃のものになったという。
やはり、上の田村俊夫のように、危機的な状況に晒された身体が急激に若返ったのだ。

つまり、こんなふうに、若さが必要な状況に強制的に追い込むことで、脳に危機を、せめて、若くある必要を感じさせれば若返るのである。
いくつかの本で(春山茂雄さんの本でもあった)、中高年の男性に対し、「若い女の子を見てエロいことを考えたら、脳が、自分は若いと勘違いして若返る」などと書いているのを見たが、それは逆効果で、むしろ老ける。なぜなら、そんなことを考えるほど、実際は、自分はもう歳であることを脳があらためて自覚するからだ。

まず、腕振り運動を行えば若返る。
その原理は、このブログの
◆GTP補完計画
で書いた。
しかし、エネルギー的に若返っても、実践で確かめないと実感を得られない。
そこで、「今ではちょっと無理ではないか」と思うようなこと・・・つまり、若い頃なら出来たことをやってみると良い。
例えば、私で言えば、一昨日(8月31日)の初音ミクさんの誕生日を記念し、マジカルミライ終了(11月7日)まで毎日、ネイビーシールズ・スクワットを500回と、ネイビーシールズ・フルレンジ・プッシュアップを50回やると決めた(1日の合計)。
そして、初日は張り切って、スクワット1000回、プッシュアップ(腕立て伏せ)100回をやったら、たちどころに若返った(笑)。
つまり、大切なことは「やる気」なのである。
プロレスラーの三沢光晴さんが、彼が社長を務めていたプロレス団体の入団テストの時、入団希望者にスクワット何百回とか腹筋何百回という合格ラインを提示したが、
「出来る出来ないではなく、やろうとする気持ちを見たいと思います」
と言われていたのを憶えている。
やはり、大切なのは「やる気」である。
別に、運動でなくても、若い時に読んでいた本を読むとか、数学の問題を解くとか、若い時にやっていた楽器演奏をするとか、何でもいいから、その気になってやるのが一番である。

ちなみに、神仏の名を唱えると若返る(念仏も同じだが、お坊様の真似ではなく、心で丁寧に唱えるなら)。
なぜなら、どんな空間にも、神仏の名は満ち溢れているからだ。
大昔から、同じ神仏の名が多くの人によって、敬いの心と共に唱えられ、呼ばれ、語られてきた響きは、あらゆる場所に積み重ねられているのだ。
霊的な世界に時間はないので、神仏の名(の響き)と最も交流の強かった赤ん坊の状態に霊的に引き戻され、それは、やや遅れて肉体的に影響を及ぼす。
実際、神仏の名をずっと唱え続けている人は驚くべきほど若く、極端な例では、数百歳になっても少女にしか見えないという女性が実際にいたという話がある。
そうやって若返ったら、やはり、実践で何かをやって楽しむと良いと思う。








GTP補完計画

昨日も書いたが、電波工学の世界的権威であった関英男博士は、宇宙や生命の謎を解く鍵として、重力子(グラビトン)や重力波(グラビトン・ウェーブ)といった、いまだ科学で未知のものについて研究し、様々な仮説を立てた。
その仮説には、想像的なものであると本人も認めている部分もあるが、現代の計測機器では確認が不可能なものも多いのである。
しかし、現代科学で実証されなくても、役に立てば良いという部分もあるだろう。実際、工業的に利用されていても、科学的には分かっていないものは沢山ある。触媒などもその1つと思う。

そこで、いきなり言うので大胆に思えるかもしれないが、関博士は、GTPという重要な概念を考えた。
GTPとはgravitonized particle(グラビトンで構成された粒子)で、複数の重力子(グラビトン)という素粒子で作られた粒子ということになる。
このGTPが、生命にとって、非常に重要である。
GTPは、ヨガでいうプラーナとか、気功でいう気のような未知のエネルギーの、さらに、元になるものであると考えられる。
このGTPこそ、生命の源である。
とりあえず、GTPは生命の源である不思議な粒子とでも言うしかない。
そして、大事なことは、このGTPが体内に沢山あるほど生命力が高く、若いということだ。
逆に、GTPが少なければ、生命力が低く、老化する。
だが、GTPの量は、生まれた時が最大であり、後は、減っていくだけなのである。
つまり、人間は、生まれた時に生命力が最も高く、後は、老化する一方で、しかも、時が経てば経つほど老化速度は上がる・・・つまり、GTPの減り方が速くなる。
そして、GTPが尽きた時が死である。
正確には、誕生前の方がさらに生命力は高く、胎児は、ある時期までは、身体を粉々にされても再生してしまうのだそうだ。
『キャシャーン Sins』(2008)というタツノコプロのアニメ作品があるが、ヒーローであるキャシャーンは、身体を傷付けられても、あっという間に再生してしまい、死ぬことが出来ない。これも、体内でGTPを再生出来ると考えると、あり得ることになる。
キャシャーンの若さ、美しさが称賛される中で、逆に、死ぬことが出来ないキャシャーンが悩むというものであるが、キャシャーン以外の者は、生命力が弱くなってしまった(なぜかGTPがなくなってしまう)ので、さらにキャシャーンの悩みは深まるのである。

我々現代人も、生命力が低下し、活力がない者が多い。
その原因はストレスであることは分かっているので、ストレスを低減させる工夫がいろいろ行われ、少し前は、マインドフルネスが流行ったが、あまり成果は出なかったと思う。
そこで、我々は、GTPの増加による生命力の向上を狙いたいが、GTPは減るのを遅らせることがなんとか可能なだけで、増やすことは出来ないと考えられていた。

しかし、詳細は何度も書いたので繰り返さないが、関博士は腕振り運動でGTPを増加させることが出来ることを発見した。
腕振り運動は、ヨガから生まれ、達磨によって完成し、中国では、易筋経という身体強化訓練法の秘法になった。
やり方は、自然に立ち、真っすぐ伸ばした腕を2本一緒に前後に振るだけであるが、後ろに振る時にやや力を入れて鋭く振り、前に振る時は惰性で振る。
腕振り運動における、GTPを発生させるポイントは、両手のひらを内側に向けて行うことで、これにより、両手のひらの間にGTPが発生し、体内に蓄積される。
よって、腕振り運動は、多ければ多いほど良い。
関博士は、毎朝2千回の腕振り運動を欠かさず、GTPの生命力で胃癌を治し、90歳を過ぎても若々しく、世界中を飛び回って研究を続けていた。
90代でインドに行った時は、食中毒で1日寝込んで無駄にしてしまったなどと言っていたのは、まるで40代の若さで、50年ほど若返ったようである。
仙人となると、1日1万回以上の腕振り運動をして、数百年とか数千年の寿命を保っているように思う。

とはいえ、日常では、仕事中など、なかなか腕振り運動は出来ないだろう。
現在は、新型コロナウイルスの影響で、家で仕事をする人が増えているので、その機会が増えたとも言えるが、いつでも自由に腕振り運動が出来る人ばかりではない。
だが、GTPを増やす別の簡単な方法もある。
関博士は昔、グラビトン粒子群をGTPと名付ける前、これを幽子と呼んでいたことがあった。
そして、幽子ことGTPは、どこにでもあるものであり、呼吸で空気と一緒に取り込めるが、息を吐くと出て行ってしまう。
しかし、ゆっくり息を吐くと、GTPがいくらか残ることに気付いた。
関博士は、それが、呼吸数が少ないほど寿命が長いことに関係していると述べていた。
よって、息を吐く時、出来るだけ細くゆっくり吐くと、GTPを多く体内に残せるのである。
また、関博士は、幽子を取り込むほど、超能力、霊能力を発揮し易くなることも、研究で確かめていた。

私は、常々、真言と腕振り運動の組み合わせが最強と思っていたが、実際にそうであるのだと思う。
良いと思われれば、実践されては如何かと思う。








手のひらの不思議な力

このブログで度々推薦する腕振り運動は、運動として優れているだけではなく、極めて特殊な効果がある。
電波工学の世界的権威であった関英男博士は、台湾の蔵広恩氏に、この達磨易筋経の秘法を教わり、その驚異的な効果を確認した後、腕振り運動の科学的な解明を試み、仮説を立てて、ある程度の説明は出来た。だが、非常に高度な作用を含むため、現代科学で完全な解明は出来なかった。
腕振り運動の、その高度な機能として、両手のひらの間にGTPと呼ばれる、重力子を特殊な形で組み込んだ素粒子が発生する(仮説)。
難しいので、詳しくは書かないが、GTPは生命の源のようなものである。
人間は、生まれたばかりの時、最大の量のGTPを持っており、後は減っていく一方で、増えることはない。
このGTPの量が若さであり、早く減れば早く老化し、減るのが少ないほど若さを保てる。
長南年恵(おさなみとしえ)という、明治時代の女性霊能者は、44歳で亡くなるまで少女にしか見えない若さを保ったが、彼女はGTPを異常なほど多く保ったのだろう。
GTPを減らしてしまう大きな要因はストレスであることは容易に想像出来る。
長南年恵は、性格が子供のようであり、ストレスを感じることがあまりなかったのだろう。
また、世界的ロングセラーである、トラインの『In Tune with the Infinite(翻訳:人生の扉を開く「万能の鍵」)』に、80歳を超えても25歳以下にしか見えない女性のことが書かれているが、彼女もまた、極めて楽天的な性格でストレスを持たないようであった。
そして、関博士は、決して増えないはずのGTPを、腕振り運動で増やせると考えた。
関博士自身、90歳を超えても、世界中を飛び回って研究を行う若さがあったし、また、胃癌を腕振り運動で治している。
その秘訣が、関博士は、毎朝、2千回の腕振り運動を欠かさなかったことであると思われる。
腕振り運動を解説した書籍は少なくないが、ほとんどが、手のひらを下に向けて行う。しかし、関博士が教わり、勧めるやり方では、手のひらを内側に向ける。
これで手を振ることで、両手のひらの間にGTPが発生するのであると思われる。

GTPとは書かれていないが、手のひらから発生する超パワーの驚異を書いた、中岡俊哉氏の『ハンド・パワーの秘密』はベストセラーになった。
生涯で数百冊の著書を出した中岡氏は、それらの著書を、決して、ゴーストライターに書かせず、全て自分で書いたという(ただし、口述筆記は行った)。
『ハンド・パワーの秘密』には、手から出るエネルギーによる、数々の奇跡的な現象について書かれているが、その中に、病気に対する驚異的な治療効果もある。
そして、その真価は、本が出てずっと後に、関博士同様、中岡氏自身が自分で示すことになった。
中岡氏はあまりの激務により、60歳を過ぎて重度の脳梗塞で倒れ、指1本動かせないという、絶望的な状況になった。
だが、ハンド・パワーのことを書いた自分が、このまま駄目になったら、自分は嘘を書いたことになると思い、中岡氏は、まず、意思の力で手を動かせるようになり、ハンド・パワーを生かしたのだろう。なんと、完全回復してしまった。医学的にはあり得ないことと思う。
入院後、そう日を置かず、中岡氏が腕を自由に動かした時は、医者を驚かせたようだった。

中岡氏のハンド・パワーは、中岡氏が若い時に、中国で出会った気功師による驚異的なハンド・パワーをヒントにしたものと思われるが、基本的には、手のひらをかざし、「気が出ている」と思うことで、効果を出すものだったと思う。
気は、関博士の言うGTPと似たもの、あるいは、同じものと思われる。
そして、腕振り運動により、手のひらから多量のGTP、あるいは、気が発生し、体内に蓄積されるのであると考えられる。
また、関博士は、『工学博士が教える読むだけで超能力が身につく本』の中で、両手を合掌の形で押し付け合うことで、両手のひらで特殊なエネルギー交換が行われることを述べている。
これに関しては、私は、多数の一流プロスポーツ選手やオリンピック金メダリストを指導した、あるトレーナーからも教わったことがある。

両手のひらから神秘的なエネルギーを発生させることについては、まだまだ多くの資料があるが、他に1つだけ、有名な仙道家の高藤総一郎氏のものを取り上げる。
高藤氏は、仙道(あるいは気功)の鍛錬の基礎として、両手のひらを擦り合わせることを、ほとんどの著書で教えられていると思う。
両手のひらを擦り合わせることで多量の気(あるいは関博士の言うGTP)が発生するのだろう。
両手のひらを擦り合わせてから、身体の調子の悪い部位に手を当てると良いと思う。
例えば、目が疲れていたら目に、また、髪を生やしたければ、頭に当てると良いかもしれない。

腕振り運動をする。
両手のひらを押し当てる、あるいは、擦り合わせる。
手のひらから神秘的なエネルギーが出ていることを想像する。
こんな簡単なことで、様々な奇跡を起こせる可能性があると思われる。












奇跡を起こす腕振り運動

体系的に書かれた文献や資料があるわけではないが、様々な文献などを見たり、実践した経験から考え、腕振り運動には、
・霊的スタイル(霊的効果60%、肉体的効果40%)
・身体的スタイル(霊的効果30%、肉体的効果70%)
の2つがある。
これは、腕の振り方の違いだ。
「霊的スタイル」が普通の腕振り運動で、自然に姿勢良く立ち、真っすぐに伸ばした両腕を、後ろに鋭く振り、前に振る時はなるべく力を抜き惰性で振る。
「身体的スタイル」は、武術の訓練でよく行われ、「霊的スタイル」とは逆に、前に振る時に力を入れ、後ろに振る時には、力を抜いて惰性で振る。
いずれも、手のひらは、内側に向ける方法と、下に向ける方法とがあるが、「身体的スタイル」の時は、普通、内側に向ける。
「霊的スタイル」の方でも、関英男博士の説明では、それにより、両手のひらから気が発生し体内に蓄積される効果があることから、内側に向けることを推奨する。

いずれも、ヘソのあたりに力を入れ、また、足の親指で床を押さえるようにしてやることで、特に身体的効果が上がる。
どちらのやり方でも、身体を真っすぐに保つことにより、腹筋と背筋が鍛えられるが、「身体的スタイル」の方が、やや、その効果が高く、体力強化やダイエット目的の場合は、そちらの方を多くやると良いだろう。
私は、ずっと、「霊的スタイル」7、「身体的スタイル」3の割合でやってきたが、最近は、「身体的スタイル」を増やすことで、5対5の同等でやっている。
数は、私の場合、それぞれ、1日に500~700回程度(合わせて1000~1400回)。
それで、思った通り、下半身を中心に身体が引き締まり、3か月で体重が3~4kg減った。
つまり、一見、上半身の運動のようで(もちろん、上半身の良い運動でもあるが)、実は、下半身に効く運動であり、実際、腕振り運動で、腰から背中にかけてしゃんとしたという報告が多い。

負荷の大きな運動を週2~3回やろうとしても、普通、怠り勝ちになると思う。
やはり、運動は、毎日やるのが望ましいし、長く継続してこそのものである。
そして、きつい運動は、短時間でも精神的ストレスになり、「嫌だなあ」と思いながらやると、心はもちろんだが、身体にだって害になる。
一方、軽い運動を長時間やるのは、多少の根気は必要だが、ストレスにならず、慣れれば楽にやれるようになる。
心や身体に邪気や疲労を感じた時、すぐに立ち上がって腕振り運動をすると、気分がすっきりし、身体の調子も良くなる。
しかも、確実に身体も心も強化される。
これほど良いものはないと思う。

腕振り運動は、1回1回は非常に楽な運動なので、老人向けのように感じ、軽視されることもあるが、どんなに控え目に言っても、まるで運動しないのと比べると、その差はあまりに大きい。
それに、西洋式運動に比べ、自然で、身体と心の根本に作用するので、長く続ければ、本質から身体と心を強化する。
特に、仙骨の機能を磨き上げるという、人間にとって、最も重要なことを行える運動は、西洋の運動にはないが(運動ではなくダンスにはあるが)、この腕振り運動では、それを直接的に行えるのである。
仙人や導師といった超自然的存在も腕振り運動を好む・・・と言うより、腕振り運動で仙人や導師になった者が、慈悲の心を持って、これを人間に教えたのであるとも考えられるのである。
そして、最初に腕振り運動をやり、仙人になったような者は、霊的に閃いて、これを始めたに違いない。
腕振り運動は、気を身体に蓄積するので、生命力を高め、若返ったり、病気が治ったという報告も多い。
腕振り運動を普及させた、電波工学の世界的権威であった関英男博士は、毎朝2千回の腕振り運動を欠かさずすることで、胃癌を医療に頼らずに治し、90歳を超えても世界中を飛び回って研究をしていた。
また、仙人の運動であることから、神通力(超能力)の開発にもつながる。
是非、皆さんも取り組んでいただきたいと思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード