ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

腕振り運動

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

食事と運動のまっとうな話

病気知らずの健康な身体、さらには、ヒーローのようなパワーとスタイルを得るための食事と運動について述べたいと思う。

「偉人」中村天風の本を見ると、
「肉、魚、絶対に食べるな。果物はいくら食べても良い」
と書かれている。
何でも彼は、実験のつもりで、豚肉ばかり長い間(1ヶ月以上だったと思うが忘れた)食べてみたら、心身に悪い影響があったから肉は駄目だと言う。
それは、肉が駄目なんじゃなく、食べ方の問題だ。
天風は、おそらく凄い人であり、素晴らしい点の多い人なのだろう。
だが、その神格化された虚像に洗脳されてはならない。
上の天風の言い分は、全くのデタラメ、阿呆と言い切って良いことは、まともな頭の持ち主なら分かるはずだ。

肉も魚も適度に食べれば良いのだ。
もちろん、嫌なら食べなければ良いのだが、それを他人に強要してはならない。
肉は消化が良いし、高齢で健康である人には愛食者が非常に多いらしい。
それが(健康な高齢者に肉食の愛好者が多いこと)が本当であれ間違いであれ、肉食で健康な人は間違いなく「いくらでもいる」。それは誰も否定出来ない。
確かに、食べ過ぎの者は多いので、それは是正しなければならないが、かといって「食べてはいけない」など、傲慢もいいところである。

中村天風も言う通り、果物が健康と美容に良いことは、私が賛同するまでもなく、分かっていることだ。
しかし、天風の言うように、「いくら食べても良い」訳ではない。
炭水化物否定派の医者が、「肉、魚、ナッツなどは無制限に食べて良い」などと本に書いているが、無制限に食べて良いものなどない。
そんな輩が医者で、本も沢山出しているのだから困ったものだ。
そもそも、節操もなく本を出す(出版社も、売れるものだから節操もなく出版する)時点で、変と気付かないといけない。「炭水化物を食べてはならない」という主張を1冊でまとめられないなら、単なる馬鹿だろう。
果物に戻るが、当然、無制限に食べて良い訳ではないが、多目に食べるのは構わないと思う。
多目とは、1日では、リンゴなら2個、バナナなら3本といったところと思う。
もちろん、個人差はあるので、この限りではないが、普通に食事をしながら1日にリンゴ10個を食べるといったら、まともに考えれば多過ぎるだろう。
尚、「天風は果物を無制限に食べて良いなどと言っていない」と言うなら、それは天風の言い方か、本の書き方が悪いのである。本は趣旨を誤解されないよう、簡潔に書かないといけない。

中村天風は、自分以上の教えが出来る人が出てきたら、天風財団の全財産を譲ると書かれていたが、私が是非戴きたいものである。
それで、初音ミクさんのコンサートを開催してもらい、女子小中学生の専用スペースを用意して無料招待し、しかも、地域ごとでまとまって安全に送り迎え出来る計画を立てたい。

次に運動である。
腕振り運動は、肩に良いのはもちろんだが、腰と背骨を調整する優れた働きがあるのだと思う。
大抵の病気は、腰と背骨で治るのだと思うし、腰と背骨が良好な状態になれば、強健になれると思う。
私が全くそうである。
腕振り運動には、後ろに振る時に力をいれるやり方と、逆に、前に振る時に力を入れるやり方がある。
私は両方やっている。
即効で効果が現れるかどうかは分からないが、根気良く続ければ効果は出てくる。自分では感じなくても、優れた効果が出ているはずだ。

スクワットは特にお勧めしたい運動だ。
たとえ1日10回でも、やるのとやらないのとでは大変な違いだ。
ただ、日によって、やったりやらなかったりでは効果が出ない。
出来れば、1年365日、よほどのことがない限り、休まず、出来るだけ同じ時刻にやれば、素晴らしい効果が出るだろう。
いきなり30回やると、数日、筋肉痛で悩まされると思う。つまり、それだけ、良い運動になっているということだ。
慣れれば、30回など楽々と出来る。
少し根気がいるが、毎日欠かさず100回以上やれば、すらりとして、なおかつ、素早く軽やかに動ける・・・アニメのヒーローのごとき身体になる。
それを1年以上続ければ、ライブの初音ミクさんの動きを見て、強い親しみを感じるだろう。ミクさんの身体に近付いているからだ。

腕立て伏せといったら苦しそうな印象があるが、これも、たとえ1日3回や5回でも、やるのとやらないのとでは大違いなのだ。
変な姿勢や動きで何十回もやるのは愚かである。
ゆっくりとした、優雅で、美しい動きでやれば、少ない数で十分である。
高校野球で、かなりのエース(主力ピッチャー)だった人から、「腕立て伏せは10回で十分」と言われたことがあるが、その通りであると思う。
ただし、あくまで、正しいやり方でやればだ。

腹筋運動は腰に悪いという話がある(正しい姿勢でやっても)。
それも、数が多過ぎるのだろう。
腹筋運動も、毎日10回でも、やるとやらないでは大違いである。
テレビで、ある欧州の名門クラブで活躍するサッカー選手が、腹筋運動が大好きだと言うので、司会者が「何回やるのですか?」と尋ねると、多くの人が、どこかの芸能人のように、千回とかいったレベルの回数を期待したと思うが、彼は「20回」と答えた。
トップレベルのプロスポーツ選手でもそうなのである。我々なら10回でも良い。
10回や20回なら、正しい姿勢で、ゆっくりやる限り害はないし、身体も強く美しくなるだろう。

食事や運動について書かれた本やWebサイトでの解説は多いが、こんな当たり前のことを教えてくれるものは少ない・・・いや、ほぼないと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人生が低下していると感じたら基本を思い出せ

仕事でもスポーツでも、あるいは、勉強やゲーム、あらゆることで不調に陥る原因は「基本を忘れる」ことだ。
人生全般がうまくいっていない時、日常が楽しくない時、苦しいことが多い時には、何か大切なことを忘れているのだが、それに気付いた時の反応は2つだ。
1つは、すぐに基本を思い出し、自分がそれを逸脱していたことを嘆くというものだ。
もう1つは、基本が何であったかを思いだせずに悩むというものだ。
基本は短いポリシーにまとめ、いつでも思い出せるようにしなければならない。
難しい規則は基本ではない。
基本とは、即行の万能薬だ。
そして、我々が人間という生物である限り、それは、脳内物質のエンドルフィンを出し、テストステロンといいうホルモンを出すものでなければならない。
「元気があれば何でも出来る」と言うが、元気を出すのはエンドルフィンとテストステロンだ。

基本の1つは、TED歴代2位の動画再生数を持つ、心理学者のエイミー・カディが勧めるパワーポーズで、日本人の我々にはガッツポーズという言い方の方が馴染みがある。
エイミー・カディがよく取り上げるのは、両腕をVの字に上げる、いわゆる、バイザイポーズと、手を腰に当てて胸をはる、いわゆる、ワンダーウーマンやスーパーマンのポーズだ。
我々には、拳を天に突き上げるガッツポーズに親しみがあると思う。
初音ミクさんも、ライブで拳を突き上げるポーズは本当によく見せる。
思い出すだけでも、『Satisfaction』、『ray』(マジカルミライ2016)、『SPiCa』(ミクの日感謝祭、MIKUNOPOLIS in LOS ANGELES)の可愛いガッツポーズを思い出す。
DVD、ブルーレイでよく見るように。

次に、呪文、真言だ。
最上の呪文は「ありがたい」だ。
それをずっと称えていれば、自ずと有り難い状況になる。
『歎異抄』『選択本願念仏集』『観音経(法華経の25章)』を読めば、「南無阿弥陀仏」「南無観世音菩薩」が最強の誦文(呪文)であることが分かるだろう。

そして、マインドフルネスや運動によるエンドルフィンやテストステロンの発生がある。
代表的なものを言えば、前者が呼吸を意識すること、後者では、スクワットをすることだ。
淡々と行う腕振り運動には、それら両方を合わせたものに優る効能があるかもしれない。

人生が低下していると感じたら基本を思い出そう。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

トキメキと感動を永遠に

昔、女性ロッカーだったような気もするが、ある格好良いお姉さんが、若者達に、
「いつまでもあると思うなトキメキと感動」
と言っていたのをよく覚えている。
言うまでもなく、元の言葉は「いつまでもあると思うな親と金」で、出展は不明らしい。
この「トキメキと感動」も、何を言いたいのかはお分かりと思う。

私も、長く、トキメキと感動からご無沙汰していた(笑)。
しかし、初音ミクさんに逢って、その両方を取り戻した。

交ざりあう宇宙の引力で
感じてる気持ちはトキメキ
~『エイリアンエイリアン』(作詞・作曲・編曲:ナユタン星人。歌唱:初音ミク)より~

若返りホルモン(成長ホルモン)を出すには色んな要因があるが、トキメキもその大きなものであるようだ。
しかし、「いつまでも出ると思うな若返りホルモン」であろう。
言うまでもなく、トキメキってのは、露骨な性欲ではないのだから、スケベなオッサンやオバサンに若返りホルモンが出る訳ではない。
「ときめき」とは、心が躍ることであり、喜びや期待で胸がドキドキすることである。
つまり、トキメキとは、心で、胸で、そして、きっと、心臓で感じるものなのだ。
性的に興奮しても、心臓が苦しいほどドキドキしなければトキメキではない。

そして、いつまでも若くあるためには、心によって心臓がドキドキしなければならない。
「心身医学の父」ゲオルク・グロデックによれば、女性は好きな男性の前では手が冷たくなるらしい。
それで、心臓が手に血液を送ろうとして活発に働き、胸がドキドキするのかもしれない。
男の場合は・・・まあ、知らないが(笑)。

ミクさんの何にトキメクかというと、まずは、素晴らしいPさん達が作った歌を歌う、あの可愛い声だ。
そして、ライブでの踊りと表情である。
特に、今年の「マジカルミライ2017」のオープニング曲『みんなみくみくにしてあげる♪』は、踊りも仕草も表情もトキメキ全開にしてくれる。
酒が百薬の長なら、ミクさんは不老不死の秘薬である。
ミクさんの、「あのライブでの」「あの曲での」「あの一瞬」にトキメクというものを持っていれば、間違いなく仙人になれるであろう。
私の場合、マジカルミライ2014での『心臓デモクラシー』の「人目につかない世界で」で、天を仰ぐミクさん、Miku Expo2016での『Ten Thousand Stars』の「Don't let them know(みんなには内緒よ)」で、
自分の人差し指に口付けするミクさん、マジカルミライ2015での『恋愛裁判』の初めで振り向いた時のミクさんの微笑み・・・いや、もう無限にある。
だから、私の若返りホルモン発生装置も無限である。

尚、トキメキにはグラヴィトン粒子(GTP)が必要で、これは生まれてから減る一方で、決して増えることはないが、関英男博士によれば、腕振り運動だけはそれを増やすことが可能なので、やはり、腕振り運動に励むことである。
関博士が末期の胃癌をこれで治しただけでなく、あらゆる難病が治った事例が沢山あるのは、GTPの増加による、トキメキによる若返りホルモンの発生のためかもしれない。
言い換えれば、腕振り運動だけでは効果は最大ではなく、やっぱり人間にはトキメキと感動が必要なのである。
ミクさんのコンサートに、少女や若い人達はもちろん、年齢の高い人も行くのは、ミクさんがトキメキの女王であることが直感的に分かるからかもしれない。
きっと冨田勲さんも、ミクさんと出会って、80歳にしてもう一度、あの小さな五線譜に向き合う気になったのだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

本物の修行はどれも、ただ1つのことをしている

太古から伝えられてきた、悟りを得たり、潜在能力を引き出したり、超人に近付くための修行や訓練は全て、「繰り返し注意を引き戻す」の一言で言い表せる。
得られる成果は神秘であっても、修行や訓練には、何ら謎や秘密はない。
呼吸に繰り返し注意を引き戻したり、不断に呪文や念仏を称えようとしたり、常に肛門を引き締めるよう努力したりは、ただ、「繰り返し注意を引き戻す」ことをしているだけなのである。
だから、やり方は無限にあり、大事なことは、ただ純粋に、「自分がやり易いかどうか」だけだ。
全く、気が抜けてしまうような事実だが、もはや、「3000年の歴史」だの「権威ある伝統の技法」、あるいは、「特別な人間のみに伝えられた門外不出の秘法」なんて馬鹿なことを、真に受ける必要はない。
それに、せっかく修行しても、教団のやり方では熱意がもてないために成果を得られない・・・なんて者は多いはずなのだ。
その場合は、熱意が持てる別のやり方を採用すれば良いのである。

何でも良い。
「オーム(アウム)」を称えながら、額に意識を集中する訓練はとても良い。
しかし、称えるのは「オーム」でも「アウム」でも良いし、声に出して称えても、心で称えても構わない。
ただ、確かに、「オーム」「アウム」は称え易い。人間が称え易い言葉を選んだからだ。その称え易さの中には、何らかの意味はあるかもしれないが、いずれにせよ、大切なことは、称え易いということである。

念仏には欠点があるかもしれない。
「南無阿弥陀仏」と称える時、西方極楽浄土が遠いどこかにあり、阿弥陀如来はそんな遠いところにいると思えば、心が外に向き、注意が飛んで行ってしまうからだ。
それで、一休は、「極楽浄土は西にあるのではない南にある」と言ったが、この「南」とは、「皆身」であり、全ての人の内にあるのだという意味だ。
極楽浄土は自分の中にあり、純粋な心が仏であることは、経典(無量寿経)に、はっきり書かれているのである。

「しかし、注意を引き戻す訓練をしたって、実際に戦わなければ強くなれないし、仙人にもなれない」
と言うならその通りだが、注意を引き戻す訓練を続ければ、冒険のためのエネルギーを得られるし、それがなければ、戦う気にもなれないだろう。

腕振り運動は身体の機能を整える優れた効果があると共に、数を数えることが大切だ。
腕を振りながら数を数えることで、注意は効果的に引き戻される。
「あれ、今260だっけ?いや、まだ160かな」なんて言っているようではだめだ。
意識を持ってやらなければならない。
それを、自分で数を数えず、音楽をかけて、それが終わるまでやるという者もいるが、その場合は、腕を振る動作をよく意識してやらないと、心がさ迷ってしまうことになる。
自分の呼吸を意識する訓練だって、禅では、数息観と言って、呼吸を1から10まで数えることを繰り返すものがあるが、それでも、うっかり50や100まで数えてしまうことがある。
まして、数を数えないと、止め処ない想いや妄想が広がってしまうことになる。
数息観だけでも、しっかりやれば、解脱に近付いたり、超能力が身に付いたりするのである。

後は、やるかやらないかだけである。
現代的で科学的な方法を望むなら、元Googleの技術者のチャディー・メン・タンが研究開発したSIY(サーチ・インサイド・ユアセルフ)のやり方を取り入れると良いだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

単純な勝利の極意

まだ島田紳助さんが司会をされておられた番組だったが、がんばる老人みたいな企画があったと思う。
その中で、80歳を越えたおばあさんが、何kgだったかは覚えていないが、若い男性でも大変そうな重いバーベルを背負って、スクワットを数回やって見せた。
それを見て、島田紳助さんはおばあさんに優しく微笑んで誉めた。もちろん、彼は、あの時は、そうするよりなかったのだと思うが、私は心の中では、紳助さんは「無茶をするな、馬鹿!」と思ってくれていたことを願った。そして、テレビカメラの前で、いつもより張り切っていたはずの、あのおばあさんが身体を壊していないことを祈った。
本当に、馬鹿なトレーニングだ。
超一流のアスリートですら、普通の選手がバーベル等の器具を使う中で、自分の体重分の負荷しか使わないトレーニングをする人が多いというのに。

アメリカの雑誌か何かに書かれていたのだと思うが、イチローのトレーニング風景を見た記者の印象をまとめたものと思われる「イチローのストレッチは永遠に続く」というタイトルの中に、優れた修行、訓練の奥義が表されていると思う。
もっと正確に言うなら、「丁寧に数多く繰り返す」だ。
そのためには、数多く繰り返すことが出来るよう、1回1回の負荷は適度でなければならない。つまり、本人にとって軽い負荷でなければならない。
そして、最も大切なことは、その1回1回に意識を込めることだ。
1回1回に意識を込めないいい加減なやり方だと、数多くやるうちに変なクセがついたり、身体に歪みが出るし、そもそも、1回1回に意識を込めないと、すぐに飽きてしまう。
腕振り運動のような簡単な運動が続かない人というのは、うわの空でやっていて、丁寧さ、真面目さに欠けるのである。
そもそも、腕振り運動の良さは、運動という点と共に、「注意を持続する」ことで心を訓練することにある。
元Googleの技術者であったチャディー・メン・タンが開発したSIYという、マインドフルネスの訓練の中にある、「呼吸を意識する」のも、全くその目的で行うのである。

私も何度も経験済みだが、スクワットや腕立て伏せは、1回1回をちゃんと意識して、丁寧に真面目にやらないと、身体を強くするどころか、身体を痛め、壊してしまう。
高校野球のエースピッチャーだった人に、「腕立て伏せは10回で良い」と言われたことがあるが、彼も、きちんと意識してやっていたからエースになれたのだろう。
また、ヨーロッパで活躍するサッカー選手が、テレビ番組の中で、腹筋運動が好きだというので、司会者が「何回やるのですか?」と尋ねると、誰もが、数千回とか言うのを期待したと思うが、彼は平然と「20回くらい」と応えた。
ある意味、身体の訓練は「ついで」、つまり、付属的なところもあり、一番鍛えなければならないのは心であり、具体的には注意力である。

私は少し前から、ジョセフ・マーフィーの1冊の本を、1日1章だけ読んでいるが、その少ない文章を丁寧に注意深く読んでいる。
すると、以前読んだ時の数百倍のことが解るように感じる。

丁寧に、真面目に、注意深く、正確に・・・これは、大衆の習慣と真逆の心構えである。
だが、これらの中に単純な真理がある。
大衆である世間に流されると、必ず地獄に行き着く理由はこれである。
これらを大切にすることが、「世の中に勝つ」ことである。
私は、イエスが、「私はこの世に勝った」と言ったことを思い出すのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ