ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

腕振り運動

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

貧乏ゆすりをしなくて済むようになる運動

貧乏ゆすりは、周囲にいる者からすれば不快な行為であるが、身体を温めるとか、血行を良くするために行っているのであり、やっている本人は気持ちが良いのである。
また、貧乏ゆすりは、左右均等に行う訳ではない・・・例えば、まず右脚をゆすって、次は左脚といったものではなく、片方の脚ばかりゆすっている場合があることから考えると、身体の歪みを矯正する無意識の行為でもあるのだと思う。
すると、それもまた必要な行為で、やっている本人は気持ち良いのだと思う。

私がある大学を受験した時、試験中、貧乏ゆすりをしている受験生がいて、その前の席の受験生が、その貧乏ゆすりをしている人に、たまらず注意していたことがあった(人にそんな注意をするのは勇気がいるものだと思うので、よくよく耐え難かったのだろう)。
すると、貧乏ゆすりをしていた受験生は貧乏ゆすりをやめたが、しばらくすると、また貧乏ゆすりを始め、また注意をされる・・・全く迷惑な受験生である。

貧乏ゆすりは、いずれにしろ、身体のために起こる無意識な行為であるから、やめさせない方が身体のためには良いのだが、迷惑だし、実質的被害がなくても、だらしないので、視界に入るだけで不快に思う人も多いだろう。気にしない人もいるのだと思うが、私も不快に思う方だ。
貧乏ゆすりは、自分は気持ち良いからと言って気にせずやって良いものではない。
それは、喫煙やスマートフォンいじりと同じで、場所をわきまえる必要がある。

そして、貧乏ゆすりが多い人は、やはり身体に問題があるのだ。
主には、姿勢の歪みにより、骨、筋、血流、その他に歪みが生じているのである。
それは、やはり、多くの場合、怠惰な生活を送ってきた自分の責任であり、それを解消するために、人様に迷惑をかけて貧乏ゆすりをするのが正しいはずはない。
では、どうすれば良いかというと、毎日、貧乏ゆすりをしなくて済む運動をすれば良い。

私が毎日やっている運動は、貧乏ゆすりと同じではないが、似たところはある。
まず、振幅が小さいことと、延々繰り返すことだ。
スクワットは、それこそ、数センチの振幅で数百回繰り返す。あまりしんどくはないが、血行は良くなり、実用的な筋肉が発達し、小振幅とはいえ、丁寧に姿勢正しくやるyので、身体の歪みも調整される。
おかげで、痛いところや不快なところは全くなく、普段の動作は軽やかで、いつも姿勢はぴしりと決まっている。
日本人だけの傾向かどうかは分からないが、運動と言えば「効く」つまり、しんどくて、辛いものでなければ有り難くないと思っている人が多いと思う。
そんな辛い運動も、スポーツ選手には必要性があるのかもしれないが、そんな運動を無理にやっていると身体を壊すし、一流のスポーツ選手は引退時には身体はボロボロである。
また、学生時代、みっちりスポーツをした人には、後遺症で身体の不調を抱えた人が多いはずだ。
私は、元々、腰痛を避けるため、腹筋運動はしなかったが、今は、首だけを上げる腹筋運動をしていて、これだと、数百回を楽々やれるが、腰痛は全く起こらず、身体が引き締まり、体調も良いのである。
腕振り運動は、毎日千回やっているが、筋肉を刺激して発達させ、血行が良くなると同時に、背骨や腰の骨を調整して正しい位置に戻すので、やはり、身体が軽やかになる。
腕振り運動の振幅は、意識的に小さくしている。
無論、そんな私は、貧乏ゆすりとは無縁である。
身体が正常なら、寒かったり、身体に歪みがあると、筋肉が自動的に小さく振動し血行を良くするのであり、貧乏ゆすりが必要になるなら異常度が大きいので、対策しないと、やがて困ったことになりかねないだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自然運動と呪文でエネルギーを集める

人間は、諦めないことが一番大事である。
ところが、こんな者達がいるだろう。
「大物になることを諦めてませんよ」
「大会社の社長になる。それは絶対に諦めない」
「画家として成功することを諦めたりしません」
ところが、それは絶対無理だって分かってしまう連中だ。
大事なことを、何もしないやつらである。
そう言うと、
「いや、やってる。こんなに悩んでいる」
「僕なりに頑張っていますよ」
と反発してくる。
いや、悩むとか、ロクでもないことをしたって、何にもならんよ。
こんな輩が多いのだ。

まず、根本的に目標が間違っている場合がある。
ジョセフ・マーフィーは、潜在意識の力で、どんな願いも叶うとは言ったが、女優になると言う女性に、「子供の夢は卒業しなさい」とたしなめている。
本当に女優になりたければ、アルバイトをして演劇学校に通ったり、オーディションを受けたり、本物の女優と交流を持とうとするだろうが、おそらく、彼女は何もしていなかったのだろう。

まあ、どういうことが、本当に諦めないことかを、まともに書けば長くなる。
そして、それを読んで理解しても、やっぱり駄目なやつは駄目なんだ。
それなら、どうすればいいかというと、上に挙げたうすら馬鹿やモロ馬鹿(笑)ってのは、結局のところ、エネルギーがないのである。
激しい戦いをするには、絶対にエネルギーが必要だ。諦めないのなら、立ち上がって戦わなければならないからだ。
そこで、毎日、数千回におよぶ腕振り運動をしたり、数千数万回の呪文、あるいは、真言を唱えて、エネルギーを集めれば良い。
それが続かないなら、口で諦めないといくら言ったところで、スタートすらしていないのであるから、馬鹿もいいところなのである。
そんな訳で、1回1回は軽くても、延々と繰り返す自然運動や、果てなく繰り返す呪文を唱えることだ。
それでエネルギーを得れば、知らぬうちに戦っているはずだ。
エネルギーは無限に存在する。
自然運動や呪文は、それを集める最良の手段である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

キツい運動はしない

スポーツテストという体力測定が、小学校から大学の初学年くらいまであると思う。
小学生では懸垂は難しいからだと思うが、低い鉄棒を使った斜め懸垂を行うことがあると思う。
私はそれを、小学5年生の時にやったことを、特に覚えている。
4年生や6年生でもやったかもしれないが、5年生の時のだけ覚えているのだ。
ところが、自分がどれだけ出来たかは、全く覚えていない。
小学5年生の、そのスポーツテストの時、自分達のを終えた子達が皆、1人の男子生徒が、延々と続けているのを見ていた。
ところが、その男の子の角度が妙に浅い・・・つまり楽な角度でやっているように思われ、それを口に出す子もいた。
すると、その男の子は、斜め懸垂を続けながら、顔を歪めて、「しんどいんだぞ」と言い返す。
そして、200回になったところで、その男の子が自主的にやめるか、先生が止めたように思う。

確かに、あの男の子は、少々楽なゆるい角度でやっていたのだと思う。
しかし、悪い印象は残っていない。
つまり、あれで良いのである。
我々はどうも、運動といったら、いわゆる「キツい」「キく」ものが立派だという、おかしな観念を持っているのではないかと思う。
懸垂なら、さらに足に重りをつけたり、腕立て伏せなら、足を台に乗せたりとかね。
スクワットも、バーベルをかついでやらないと有り難味がないと思う人も多いと思う。
ジャッキー・チェンが、映画の中で、足を縛って、真っ逆さまの状態から腹筋運動をするのを見て喜んだりするのである。
逆に、負荷の軽い運動は、「老人用だ」と言って馬鹿にするが、その「老人用」すらせずに、腹が出っ張って肥満している者が大半である。

しかし、キツい運動は続かないのである。
そして、キツい運動は、ほぼ必ず身体を痛める。
私も、出来るだけ負荷を高くして腕立て伏せをやっていたが、肩を痛めたり、腕に痺れが起こるなどで悩まされたが、それでも、少し良くなったら、また脅迫観念的にやったりする。
だが、腕立てなら、壁から少し離れて、壁に手をつき、腕を曲げながら、壁に身体を倒すような軽いもので十分なのである。
そして、負荷は軽くていいから、回数を多くすることだ。あの男の子のように。

最も良いのは、やはり腕振り運動で、これなら、誰でも数百回とか数千回も可能だろう。
それなりに鋭く振れば、良い運動になる。
関英男博士は、毎朝2千回やり、90歳を超えても、元気に海外を飛び回って研究されていた。

私は腹筋運動はやらない主義だった。
有益な機能ではないし、腰を痛めるからだ。
ところが、首だけ上げるような、腹筋運動ともいえないものを200回ほどやると、翌日、腹筋が筋肉痛になり、しばらくやると、身体が引き締まった良い感じになった。
他にも、軽い運動を延々繰り返すようにやると、身体が軽く、生命力が蘇り、明らかに若返った感じになる。

厳しい、負荷の高いトレーニングをするプロスポーツ選手は、引退の時には身体はボロボロであるのだと思う。
現役時代は華やかで格好が良くても、引退後、身体が深刻な状態である元スポーツ選手が多いはずである。
普通の筋力トレーニングをしないイチローは、40歳を超えても健康なようだが、あれでも、実際は、いくらか身体を痛めてるように思える。
現役時代、筋トレをやらなかったり、サボったりした選手が健康なのだと思う。
ましてや、我々一般人は、負荷の軽い運動をした方が良く、負荷が軽い運動を長時間やれば、素晴らしい身体になる。
そして、最上の運動がまさに、自然に長時間歩くことなのである。
競歩でもやっているかのように、不自然に大袈裟に腕を振って速く歩く必要などない。
かといって、ダラダラ歩くのも良くないし、スマホを見ながら「よくこんだけノロノロ歩けるものだ」と呆れる者も多い。また、やはりスマホを見ながら、周囲への気遣いは全くなしでトロトロ歩いているのを見ると、「車に轢かれろ」とまでは思わないが、「ドブに落ちろ」程度は思ってしまう。その方が、連中も、間違いに気付いて幸せだろう。
あまり車を使わず、当たり前に歩いていれば、健康であるし、その上に腕振り運動をやれば十分だろう。
まあ、ヒーローのような身体を目指す私は、他にいろいろ運動をするが、それは、延々繰り返す一回一回の負荷が軽い、楽しい運動なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

あがくな

人間の想念の力は半端ではない。
アメリカの作家マイク・ハーナッキーが書いていたが、100万ドルのことを考えると、すぐに100万ドルがやってくるのである。
ただ、ほとんどの場合、注ぎ込む想念の量が足りないので、100万ドルはちょっとしか寄って来ずに離れてしまうのである。
想念の量とは、想念の強さ×想う時間といったものだ。
しかし、強く長く想えば、必ず叶うのである。

一方で、願いは紙に書いて忘れてしまうと叶う。
これは、全然、想い続けていないのである。
これを矛盾と思えなくなったら、成功は保証される。

紙に書いた瞬間、願いは叶っている。
叶った願いのことを「あれを得るぞ」だの「どうやってあれを得ようか」などと考えるのはおかしい。
また、わざとらしく「私はポルシェに乗っています」などという宣言をする必要もないし、してはいけない。
ポルシェが好きだという想いは、起こるにまかせておけば良いが、後は、やるべきことを淡々とやるだけである。
『バガヴァッド・ギーター』で、至高者クリシュナが「義務として働け」と言ったように。
サラリーマンであれば、義務として会社に来て作業をすれば良いし、ニートなら、義務として本を読んだり、求職サイトを見れば良い。
好きな人がいるなら、義務として会うべき時に会い、言うべきことを言い、何かしてやることがあったら義務としてしっかりやれば良い。
眺めるしか出来ないなら、義務として眺めれば良い。

最初に戻ると、こうである。
一億円欲しいなら、紙に「一億円」と書き、その紙は分かる場所にしまっておき、そんなことは忘れてしまう。
ただし、「書いた紙はどこにやった?」などという、いい加減な願いが叶うはずがない。
書いて忘れたら、一億円が欲しいという想いは勝手に出てくる。
つまり、願う想いというのは、無理に起こすものではなく、自然に起こるものである。
自然に起こらないなら、初めから自分向きの願いではない。

義務を果すとは、出来ることをやるということだ。
無理なく、ほんの少しの忍耐を持って。
腕振り運動1日千回とか、瞑想1日20分を1年365日、出来るだけ決まった時間に毎日やる者の願いが叶うのは、これらによって、義務として淡々と根気強く行う訓練が出来るからである。
スーフィー(イスラム教神秘主義)に、「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」という格言があるらしいが、これが究極であると思う。
ラクダをつなぐことを、義務として、淡々と、確実に根気強くやれば、後は神様が叶えて下さる。
とにかく、まず、願いを紙に書くことだ。
そして、根気強く無心に腕振り運動をすることである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

軽い運動を数多く繰り返すことの威力

盛り上がった筋肉をつけるには、筋力トレーニングといって、5~10回繰り返すことが可能な強い負荷をかけた運動をする必要がある。
だが、そのような運動は、身体を痛めやすいし、鍛えた一方向にパワーがある以外は、遅い、固い、負傷し易いなど欠点も多いと思う。
筋肉の持久力を高めるには、10~20回繰り返すことが出来る程度の負荷のトレーニングが良いとされている。
ところが、ヒンズースクワットや腹筋運動といった、一回一回の負荷がそれほど高くはなく、数十回とか数百回以上繰り返すことが可能な運動は、筋力や筋持久力の向上には効果的でないと言われるが、これが実用的な身体を作るので、愛好するスポーツ選手や武道家も多いのだと思う。

さらに、腕振り運動のような、誰でも数百回を問題なくやれ、その気になれば数千回も無理ではない運動は、スポーツ科学的には、効果的な運動と見なされないはずだが、長い期間、継続していると、筋肉の力とは違う不思議な効果があり、身体が軽く、そして、根本から強靭になる。
私も長く、回数の多い腕立て伏せやスクワットを愛好していたが、これらの運動でも、肩や腰や膝を痛めることが多く、日常で強い力を使うと、捻挫や肉離れを起こし易かったのだが、軽い運動を数多く繰り返すことをやっていると、故障や不調がなくなり、妖精にでもなったような軽快さが備わってきた。
腕振り運動や、ぐーぱー運動、腰を前後、あるいは、左右に動かすといった運動である。
そして、何より、腕立て伏せやスクワットをやっていた時は、ちょっと嫌々やっていたところがあり、運動を始めるのが億劫・・・有体に言えば憂鬱だったが、軽い負荷の運動であれば、運動が楽しみになる。
また、それらの運動は時間もかかるので、長く立っていることになるが、立っていること自体が、長時間の運動として効果的なのである。

身体を引き締め、ダイエットしたいなら、お奨めしたいのは、膝上げ(腿上げ)運動と、ハーフスクワットだ。
膝上げ運動は、普通に立った状態(手は腰に当てても良いと思う)で、方膝ずつ水平に上げるのだが、無理に速く上げる必要はない。
これなら、50回から100回以上可能と思う。
ハーフスクワットは、自然に立ち、両手を後ろで組み、適度に腰を降ろし、伸ばすのだが、あまり深く腰を降ろさず、また、速過ぎず遅過ぎずの自然な速さで行う。
少々、曲げ方が浅くても良いが、あまり、浅くならないようにする。
これも、誰でも数十回以上は可能だし、毎日やっていれば、楽で気持ち良くやれるようになるだろう。
プロレスのジャイアント馬場さんが、飛び蹴り(ドロップキック)をマスターした時、それを教えてくれたプエルトリコのペドロ・モラレスが「体重を10kg落とせば、もっと綺麗に決まる」と言うので、膝上げとハーフスクワットで10kg落としたそうである。

軽い運動を沢山の回数繰り返すことは、まずは血行が良くなるし、それに伴って、酸素の運搬能力も上がり、代謝も良くなるが、それとは別に、科学的医学的には検証されないかもしれないが、気の活性化のようなものがあるのではないかと思う。それによって、根本的な生命力が高まるのである。
イチローが、「延々といつまでも続く」ストレッチをすることはよく知られているが、イチローの超人性も、そんな運動によって作られているのだと思うのである。
むしろ、イチローはプロスポーツ選手として、強い力やスピードを鍛える必要もあることが、ある意味、弱体化を招いている部分もあるように思える。

また、私は、少し前から、蹲踞の姿勢(相撲や剣道でよく行われる)を、運動中、度々行っているが、この姿勢が身体を調整する威力は素晴らしく、身体の調子が数段良くなった。
私は、1年365日、朝晩の運動は欠かさないが、夜で言えば、腕振り運動は、主に後ろに振る時に力を入れるものを300回、主に前に振る時に力をれるものを300回行っている。
腰を前後に動かす(実際は膝を前に出すような感じ)運動を200回、横に動かす運動を100回。
ぐーぱー運動が、握る時に力を入れるのを50回、開く時に力を入れるのを50回行う。
膝上げとハーフスクワットは最近始めたので、それぞれ100回と50回だが、慣れたら回数が増えるかもしれない。
こんな軽い運動で、身体が強く、若く、美しくなり、二十歳の時よりずっと調子が良く、妖精や仙人に近付く感じもする。
妖精はともかく、仙人は、大変な回数の運動を毎日やっているように思うのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ