ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

腕振り運動

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

腕振り運動と引き寄せ

私は、10年以上前から、腕振り運動を1日も欠かしていない。
腕振り運動は、スワイソウ(スワイショウ)、せい手(しゅ)等と呼ばれていて、案外に、いろんなやり方があるが、私は初めは、道教のマスター的な存在の早島正雄(はやしままさお)氏のやり方でやっていたが、後に工学博士の関英男氏のやり方を主にやるようになった(いずれも良いと思う)。
関英男氏のやり方の詳細は、『宇宙学序章 グラビトニックス』に書かれているが、残念ながら絶版で、古書も大抵高価である。
早島正雄氏のものと関英男氏のものとで大きな違いは、てのひらを下に向ける(早島版)と、内側に向ける(関版)ことである。これ以外は、それほどの違いはないと思う。
いずれも、自然に立ち、伸ばした腕を前後に振るが、後ろに振る時に力を入れ、前に振る時は力を抜いて惰性で振る。

一見、肩の運動のようで、それも確かにあるが、むしろ、背骨や仙骨の調整、それに、腹筋、背筋の運動である。
つまり、腕振り運動は全身運動であり、数回や数十回程度では大した運動ではないが、数百回、あるいは、数千回繰り返すと、なかなかの運動であり、加えて、「気」に関係する高次元の効果すら期待出来る万能運動である。
関英男氏の上記の著書にも報告があるが、関氏自身が、腕振り運動で胃癌を治したことを始め、あらゆる難病・奇病がこれで治ったという詳細な報告がある。
私の場合、放置して治るはずがないメニエール病が完治し、乾癬(皮膚病)が7割方治ったのは、ビタミンCの効果と共に、この腕振り運動の力であると思っている。
また、関英男氏の仮説ではあるが、若返りや長寿への理論的根拠があり、実際、関氏自身、90歳を越えても世界中を飛び回って研究をしていた。

そして、腕振り運動は、動禅とも言え、座ってやる坐禅や静坐と同じ精神効果があり、むしろ、座禅や静坐よりやり易いかもしれない。
精神をクリアーにし、個人的見解では、知的能力の向上、さらには、超能力や引き寄せの力を高める効果もあると思う。
数を数えながら腕振り運動をしている間、雑念が自然に消えていき、自我が希薄になることで、そのような、超越的な効果も発揮するのだと思う。

ところで、早島正雄氏の本を見ると、腕振り運動の際、「足で地面を掴むように」と書かれていたと思うが、これは、もっと簡単に、そして、重要なことを言うなら、「足の親指に力を入れる」ことであると思う。
武道の極意の1つは、足の親指、あるいは、手の小指に力を込めることであると思う。
これらのことを行うと、肛門が引き締まり、自然に腹に力がこもる。
直接、肛門を締めろとか、腹に力を入れるよう指導する先生も多いと思うが、肛門や腹のみに力を入れるのは難しく苦痛かもしれない。
しかし、手の小指や、足の親指に力を入れながらだと、気持ちよくやれると思う。
尚、足の親指に力を入れるとは、足の親指で床を押さえるような感じであると思う。
また、空手家の大山倍達氏が、手の小指と共に薬指に力を入れることをよく指導していたが、確かに、小指だけでなく、薬指と同時に力を入れた方がやり易いと思う。

腕振り運動のような単調な運動を数多くやるには、根気も必要かもしれないが、これにより、健康、精神、運勢に良いことだらけのように私は思う。
私は毎日、少なくとも、トータルで千回以上は行っているし、関英男氏は毎朝、2千回を欠かさなかったそうだ。
腕振り運動をやっている時は、数を数えることだけに専念し、余計なことを考えないようにしたい。
すると、心が静かになって澄み渡り(あるいは、それに近付き)、引き寄せの力も高まっていると思う。
だから、腕振り運動をやった直後であれば、引き寄せをし易いと思う。








一生、二十歳の身体でいるために

人間は、毎日、決まった時刻に決まった運動をする者と、そうでない者に分かれ、その差は大変に大きいのだと思う。
確かに、毎日、通勤通学で、少なくとも1kmの道を、背筋を伸ばして、しっかり歩くなら、それは立派な運動だ。
だが、今は、リモートワークも流行っていて、通勤をしない人も多くなってきたと思う。
また、元々、車で通勤するなどで、ほとんど歩かない人も多いに違いない。
それに、やはり、特別な運動をすることで、特別な身体になる楽しみは捨てるには惜しいと思う。

運動は、原則、1年365日、欠かさずやるものである。
そのためには、毎日やれるような、無理のない、そして、気持ち良い運動であることが必要だ。
YouTube動画で、運動の実演紹介をしている人は多いが、それらを見ると、非常に面倒であったり、とにかくキツくて、とてもではないが続きそうにない内容のものが多い。単に「俺はこんな凄いことをやってる」という自慢をしたいだけの人もいるだろうし、しかも、その本人だって、続けられているか疑わしいものも多い。
だが、良い運動を、1年365日継続すれば、もう完全に別人に変わるし、3年、5年、10年なら更に良く、超人になっているかもしれない。
私の場合、以前は、無理な運動を無理に続けて身体を壊すという、ある意味、根性は認められても、馬鹿なことをやっていたものだ。
だが、あまりに緩い運動も考え物で、「そこまで楽な運動しかしたがらないのか?」と驚かされるような人も実際いる。

どんな運動をするかは、基本的に自分で決めれば良いし、内容が変化していくのも、特に、初めの頃はよくあるが、なるべく早く、一定した内容にしなければならない。
ただし、一定の内容になった後も、創意工夫して、より良い内容に変化していくのは、もちろん、良いことである。

私の場合、長く、毎日続けているのは、腕振り運動と、大東流合気柔術式の四股で、共に、楽な運動でありながら、気持ちが良く、そして、効果の方は恐るべしと言って差し支えない。
単なる運動ではなく、霊的効果があると言って良いのかもしれず、肉体を超えた幽体、さらには、霊体にまで影響があるかもしれない。
腕振り運動のやり方は、多少の種類はあり、自分が良いと思うものでやれば良いが、私の場合は、

(1)自然に立つ。
(2)両腕を真っすぐ伸ばし、前に水平に上げる。てのひらは内側に向ける。
(3)そのまま、両腕を後ろにやや鋭く振る。後ろ45度くらいまでであるが、多少の違いはあって良い(自分が自然に感じるようにやる)。
(4)脱力し、自然に腕を前に振り、(2)の状態に戻る。

といった感じになる。
てのひらは下に向けるやり方もある。
私の場合、関英男博士(電波工学の世界的権威で高次元科学の研究者でもあった)の流儀に則って、てのひらは内側に向けている。
一度に100回を単位にしているが、最低、このくらいはやった方が良いだろう。
一度に100回くらい、普通の人なら、老人でも出来るはずだ。
関博士は、90歳を過ぎても、毎朝2000回やっていたようで、その効果もあり、その歳でも、世界中を飛び回って研究をしておられた。
また、関博士は、この運動により胃癌を治したと言い、また、他にも、この腕振り運動で、難病奇病を治した人は多いという。
私の場合、1日トータルで千回程度だ。

腕立て伏せは、私は以前は、一度に100回、200回、あるいは、それ以上やっていたが、しんどいだけで楽しくはなく、肩を壊す羽目になった。
腕立て伏せは、しっかりとした形で、ゆっくり3~10回程度やれば、非常に効果がある。
スクワットもそうで、ゆっくりと、しっかりとした形でやることが大切で、5~20回で十分に効果がある。
尚、スクワットは、私は、ハーフスクワット(脚を完全に曲げるのではなく、腿と床が水平になる程度まで曲げる)でやっている。膝に負担がかからず痛めないためだ。ただ、ゆっくりと少ない回数でやるなら、フルスクワットでも良いと思う。
とにかく、毎日、必ずやれば、数ヵ月もすれば、やらないことと比べたら、雲泥の差となる。
ただ、私は、腕立て伏せも、スクワットも、数センチの短い振幅で、振動するようにやるやり方が気持ち良いので、それを、腕立てで50回、スクワットで300回程度やっていて、それが、生命力を高めるような効果があると感じている。こんなやり方を教えてくれる人はいないが、好みに合うなら、やってみると良いと思うし、楽で気持ち良いので、続けやすい。
回数は、自分で合った回数でやれば良いが、すぐに回数が上がっていくと思う。

尚、大東流合気柔術式四股も素晴らしい運動だが、言葉での説明は難しいので、興味があれば、『佐川幸義 神業の合気』に、写真入りで解説されているので、参照されたい。
私は、1年近く、毎日千回以上やっている。

私程度の運動でも、続けるなら、おそらく、一生20代の身体でいられるし、引き寄せもうまく出来るようになると思う。








再生の秘法

宇宙の万物は、死と崩壊に向かって突き進む。
だが、あり得ないのだが、それとは逆の、生と再生に向かうものを捕まえれば、世界の謎を解き、真理を掴んだことになる。
「再生に向かう矢」こそ、人類が、古代より探し続け、求め続けた夢である。

生と再生・・・それはもちろん、「愛」なのであるが、「20世紀最大の詩人」W.B.イェイツに、「愛は神の領域のもの。人間には解らない」と言われてしまった。
だが、近いことは出来るし解る。
人間にとって、愛に一番近いことは、「憎むのを止める」ことだ。
しかし、無理しないでおこう。
憎いものは憎い(笑)。

これまでの歴史に登場した偉大な人達ですら、永遠を捕まえた者はいない。
それに少し近いものを捕まえただけである。
例えば、『ヒマラヤ聖者の生活探求』には、永遠の存在が登場したが、著者のベアード.T.スポールディングは、90歳過ぎまで元気に活動したとはいえ、亡くなってしまった。
しかし、彼の著書は多くのヒントを与えてくれている。
そのうちの1つが、数千年前のものながら、昨日建設されたばかりのように新しい廟(お寺)の中で、「生命、愛、平和」という言葉だけが使われていたことだ。
よって、我々も、この言葉を使うべきである。

ヨガ研究者の藤本憲幸氏は、ババジのような永遠の生命を持つヨギ(ヨガ行者)について研究していて、藤本氏自身、「20歳までの命」と言われるほどの病んだ身体でありながら、ヨガで生まれ変わり、超人的な活躍をしたが、元々の心臓の疾患に勝てず、69歳で死去した。
だが、それでも、奇跡のようなことであったと思う。
その藤本氏は、「若さとは肛門が締まる強さ」と言い、中村天風も似たことを言った。
では、我々も、出来るだけ肛門を引き締めれば良い。

電波工学の世界的権威であった関英男博士は、現代科学を超えた超科学を研究し、90歳を越えても、世界中を飛び回って研究をしていた。
関博士が突き止めた再生の秘密は、GTP(重力子で構成された粒子)を取り込むことで、昔は、GTPを幽子と呼んでいたこともあった。
GTPや幽子は、ヨガのプラーナ、気功の気と同じである。
GTPを取り込む易しい方法は腕振り運動で、これにより、あらゆる難病が治った証拠の資料を、関博士は収集していたし、関博士自身も、腕振り運動で胃癌を治した。
また、呼吸でも、GTPを取り込める。
方法は、吐く時に、ゆっくり吐くことである。
速く吐くと、GTPを息と一緒に出してしまうが、ゆっくり吐くと、GTPが体内に残るのである。

まとめる。
(1)「生命、愛、平和」という言葉を唱える。
(2)肛門を締める。
(3)腕振り運動。
(4)息をゆっくり吐く。
多く、あるいは、長くやるほど良いということになる。
全部やるのが無理でも、1つでもやって損はないと思う。








楽で気持ち良い運動で、強く美しい身体を作る

私は、数年前は、腕の痺れに悩まされたし、腰痛もあった。
だが、昨年あたりから、いわゆる「キツい運動」をすっぱり止め、腕振り運動や大東流合気柔術式四股といった、楽で気持ち良い運動だけ行うようにしたら、数ヵ月で一切の不調が消えた。
ごく若いうちは別として、苦痛を感じるような運動をしない方が良いし、若くても、腕振り運動のような東洋式の運動をした方が、身体は健全に発達するかもしれない。
最も良い運動は、歩くことと、普通にものを運ぶことと思う。
だから、ゴミ出しすら車でやっている人(主婦に多い)を見ると、この人達は、歳を取ったら、かなり悪いことになるかもしれないと思う。

物理学者ながら、健康分野の研究や著書で知られる三石巌氏は、運動はしなかったが、95歳になってもスキーを楽しむなど、非常に健康だった。
(ちなみに、三石氏は、現代医療はほぼ完全に否定しておられた。)
三石氏は、運動はしないと言っても、アイソメトリック・トレーニングという、静的筋肉トレーニングを毎日数分はしておられた。
両てのひらを左右から押し合うなどで、全力の60~80パーセントの力を数秒出すといったもので、野球ボールを握ることも、アイソメトリック・トレーニングに入るだろう。
アイソメトリック・トレーニングの場合は、筋肉は外部に力を及ぼすが、そうではなく、ただ、筋肉を収縮させるだけといった運動を薦めている人もいる。
ユリ・ゲラーもそうで、たとえば、座った状態で、太ももに力を入れて、筋肉をぐっと引き締めるといったことを行う。
昔、ディック・ザ・ブルーザー・アフィルスという超大物プロレスラーがいて、筋肉の塊のような身体をし、70歳を過ぎても激しい試合をしていたが、彼が、
「トレーニングなんかしなくても、こうやってぐっと力を入れれば良い」
と言っていたのを思い出す。
プロレスは真剣勝負ではないと言っても、超美男子である等の美点でもない限り、強さが序列を作るものであるらしいが、ブルーザーの場合は強過ぎて、完全に別格の存在であったと言われる。選手はもちろん、プロモーターも彼には逆らえなかったという話を私はよく見た。

また、観想トレーニング・・・つまり、頭の中でトレーニングを行うことも有効だということをご存じの方もいると思う。
『THE SECRET』のDVDで見たが、NASAで宇宙飛行士のトレーニングの研究を行っていた科学者が、運動選手に、瞑想状態で、頭の中で想像の競技をやらせたら、実際の競技の時と同じように筋肉が働いていたと言う。それを利用してオリンピック選手の指導も行っていたようだ。
アントニオ猪木さんも、現役時代、瞑想することで、トレーニングをしなくても身体の調子を維持出来るとテレビで言われていたが、心身一如(身体と心は一体)なのであり、心で身体を作ることが出来るのだと思う。

電波工学の世界的権威だった関英男博士は、毎朝2000回の腕振り運動で胃癌を治し、90歳を過ぎても、世界中の論文を取り寄せ、また、元気に世界を飛び回って研究をしておられたようだ。
中村天風(剣術の達人)、植芝盛平(合気道の達人)の両方の高弟で、やはり合気道の達人であった佐々木の将人(まさんど)氏も、「はーはー言いながら運動する時代じゃない」と言い、ハードトレーニングを否定しておられたと思う。
スポーツでも、筋トレをせず、自然な動きを多数繰り返すことで強くなる自然トレーニングとでもいうものを行う超一流選手も増えていると思う。

私も今は、毎日、トータルで、腕振り運動千回以上、大東流合気柔術式四股千回以上を欠かさない。とても楽で気持ちが良い運動なので、続けることは難しくない。
また、いくつかのポーズ(思いつきでやっている)で、筋肉をぐっと収縮させることで身体を引き締め、すらりとした身体を作っている。
まだ腕立てみたいなことをしていた頃のTwitterのプロフィール写真より更に引き締まってきたと思う(https://twitter.com/thekaynotes)。

大東流合気柔術式四股のやり方は、下にご紹介した『佐川幸義 神業の合気』を、そして、腕振り運動は、いろんな流儀があるが、解説した書籍を何冊かご紹介しておく。
関英男博士の『宇宙学序章 グラビトニックス』は、残念ながら、古書でも高価であるが、一応、ご紹介しておく。








気分を良くする以上の善はない

本当の意味で、気分が良くなる方法を持つことは、どれほど強調してもし足りないほど重要だ。
誰もが、次のことに、少なくとも薄々は気付いているはずだ。
「気分が良ければ、さらに良い気分になる出来事が起こり、気分が悪ければ、さらに悪い気分になる出来事が起こる」
これが、この宇宙の仕組みであるからだ。
お金のことで憂鬱で気分が悪ければ、さらにお金で苦しめられるが、たとえ実際は、手元のお金が十分でなくても、お金のことを忘れて、別のことで気分が良くなれば、お金のことは何とかなるものだし、たとえ本当でなくても、お金が豊かにあると思って良い気分になれば、お金はすぐに入って来る。
事は簡単なのだが、「良い気分」というものを誤解している人が多い。
いや、本当は、誤解するほど難しいことでもないのだが、よほど、家庭や学校で歪んだ教育をされたのかもしれない。

弱い者いじめをしたら気分が良くなるなんて思っている馬鹿なんかいるはずがない・・・どころか沢山いる。
そもそも、弱い者いじめは、いつも気分が悪い者がやることだ。
気分が良い者は、絶対に、弱い者いじめなんかしない。
しかも、弱い者いじめをすると、自分がいじめられる立場になることを恐れ、不安になり、実際に、その状況を引き寄せる。何ぜ、気分が悪いのだから。
実際、学校でいじめをする生徒を詳しく知る機会があると、その者達の無力感が半端ないことが分かるはずだ。
『わたしのいもうと』という絵本では、ある女の子をいじめて、学校に行けないようにしてしまった子供達が、楽しく学校に通う様子が描かれるが、本当は、楽しそうなその裏に悲惨な苦しみを抱えており、やがてこの世の地獄に落ちる。
生き方を変えて、本当に気分が良くならない限り。

『ザ・シークレット』では、ペットが気分を良くしてくれることを取り上げていて、もちろん、それは本当のことであるが、何事も度を過ぎると気分が悪くなる。
適切な範囲でペットを可愛がるのは良いが、過剰に可愛がったり、あるいは、たまになら良いが、ペットの写真や動画を、あまりに頻繁にInstagramやYouTubeに投稿していると、だんだん気分が悪くなってくる。
孔子や徳川家康が言った通り、何事も、「過ぎたるはなお、及ばざるがごとし」なのだ。

運動もとても良い。
だが、適度な力でやることだ。
毎日、長距離を走ったり、過度な筋トレをやると、もう確実に気分は悪くなる。
運動は、気分が良い範囲でやらないといけない。
昔のスポ根ものは、かなりの大嘘で、あんな鍛錬をしていたら、身体は壊れるし、悲惨なほどに運が悪くなる恐れがある。
中学や高校の野球やサッカーでも、良い成績を上げるのは、楽しくやっているチームなのである。
まあ、自分達さえ楽しければ良い式にやっているチームも少なくはなく、それは、彼らの人生を歪めてしまう。
いかなる場合も、自己中心主義というものは、必ず、気分が最悪になる結果を導き、哀れな亡者になるのである。

運動であれば、例えば、腕振り運動を適度にやれば良い。
あまりに回数を多くやるのも気分が悪くなるが、適度に多い回数を、適切な熱意を持ってやった後で良くなる気分が本物の良い気分だ。
だから、毎日千回程度をやっている者は、健康になり、人間関係も良くなり、経済的に恵まれる場合が多いのである。
だが、腕振り運動が楽しくなるように「しゃんとする」ことは自分でやらないといけないのだ。
でないと、たとえ1日100回の腕振り運動でも億劫になったりするのである。

お薦めするのは、朝起きた時から、なるべく早く(例えば朝食前までに)、笑顔になり、ガッツポーズをすることだ。
出来たら、舌を思い切り出すことをすれば、生命エネルギーが上がり、若返り、元気になる。
80歳を過ぎても元気で活躍している人には、この舌を出すことをしている人が多いのである。
昔の雑誌で、プロスキーヤーの三浦雄一郎氏も、そんなことをしていると言っていたのを見た覚えがある(BIGtomorrow誌だったと思う)。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。






最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
【広告】 Udemy
IT学習
タグクラウド
QRコード
QRコード