ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

腕振り運動

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

美と健康の秘訣は「踏みしめる」こと

『ザ・シークレット』の著者、ロンダ・バーンが、65kgあった体重を53kgにしようとした時、体重計に、「117」(117ポンドは約53kg)と書いた紙を貼ったらしい。
すると、速やかに53kgになったそうだ。
私は、65kgほどあった時、「私は59kgですらりとしている」と楽しく思ったら、少し後の健康診断で59kgとなっていた。
この「楽しく思う」というのが効果的と思う。
なぜなら、気分が良くなるからだ。

そのように、肉体のことも精神だけでどうにでもなるのかもしれないが、楽に強健になるには、大東流合気柔術式の四股が良い。
これは、楽で、とても気持ちが良い。
やり方はこうだ。
相撲の四股では、ファンを楽しませるパフォーマンスということも必要なため、土俵で四股を踏む時は、足を高々と上げる力士もよくいる。
だが、「そういったパフォーマンスは他のもんに任せる」と言わんばかりに、控えめにちょっと上げるだけの力士もいる。
その、控えめな上げ方をすれば良い。
そして、上げた足をゆっくり柔らかく床に下ろす。床を踏み鳴らすような乱暴な下ろし方では駄目だ。
足を床に下ろす時、特に、腰を落とす必要はないが、しっかり床を踏みしめることを意識する。
この「踏みしめる」ということが重要である。
また、せかせかやらず、1回1回じっくりやることが大切だ。

私は、子供の時、家にあった、かなり立派な本に、精力を増し、健康になる方法として、こんなことが書かれていたのを印象深く覚えている。
通勤の時など、歩く時に、早足でせかせか歩くより、一歩一歩、大地を踏みしめるように歩くことで精力が増強される・・・と。
理屈は完全には分からないが、今考えても正しいと思う。
上の大東流合気柔術式の四股は、これを狭い床の上で、しかも、もっと合理的にやる方法なのだ。
その歩き方を覚えていたので、こんなものに注意を引き付けられた。
プロレスで、名レスラーと呼ばれ、数年の間、世界最高峰の世界ヘビー級チャンピオンだったパット・オコーナーという選手が、日本人レスラー達を指導している風景の中だった。
オコーナーは、リングのマットの上をぐるぐる歩き回り、日本人レスラー達数名を後ろについてこさせていたが、その歩き方がまさに、一歩一歩、マットを踏みしめる歩き方だった。
ジョギングや、坂道ウォーキングなどより、こちらの方がずっと効果があるのだ。しかも、ずっと楽なのである。
ちなみに、プロレスの試合は決して真剣勝負ではないかもしれないが、異種格闘技戦などを見ても、プロレスラーが実際に強いことは昔から分かっているし、練習時のスパーリングはごく真剣で、そのスパーリングでの強さが、レスラー間の序列を決めているとも言われている(超美男子などで余程の人気レスラーである場合は別らしいが)。

尚、大東流合気柔術式の四股は、『佐川幸義 神業の合気』に写真入りで説明されている。
私は、腕振り運動とセットで行うが、腕振り運動100回と、四股100~200回を組み合わせている。
それとイメージの力を組み合わせれば、いかような身体にでもなれるのではないかと思う。
私としては、すらりとして、完全に健康で、身軽に動ける身体であれば良いと思っている。
以前、スクワットや腕立て伏せに熱中していた時は、肩や腰が痛かったり、腕が痺れたりすることが多かったがで、腕振り運動と四股では、そんなことは全くない。
また、腕振り運動と四股は、肉体だけでなく、精神も磨くので、引き寄せも上手くなると思う。
ちなみに、腕振り運動も、足の親指で床を押すように、しっかり踏みしめて行うと効果が高い。
物理学者で、大東流合気柔術の達人である保江邦夫氏は、この四股で頭も鍛えられると著書に書いておられた(どの本かは忘れた)。
経験的私見であるが、身体のあらゆる形態・・・例えば、ウエストサイズや脚の長さですら変化させることが出来ると思う。








分かり易いコロナへの万全対策(私見と言えば私見)

私が間違っている部分もあるだろうが、大方で正しいと思うのは、新型コロナウイルスの害は、ほぼ、血栓(血液が固まったもの)が出来て、血流が阻害されることだけだ。
しかし、専門家や厚労省は、難しいことばかり言い、結局、誰も、有益なことは何も解らないのだ。
けれども、新型コロナウイルスの症状は、ほぼ全て血栓で説明出来ると思う。

血栓といえば、中年以上の、特に男性が多く出来るものだが、若者や子供にだって、血栓症の人はいて、そんな子供や若者が感染すると重篤化するのだと思う。
だから、若い人も、血栓対策は普段からしておくと良い(と言っても簡単なことである)。

調べると、血栓は、血管が健康でないと出来やすいものらしい。
よって、新型コロナウイルスの対策としては、「血管の健康化」と、「血栓を溶かす」の2つだ。
これは、普通は簡単だ。

まず、血管の健康化は、ビタミンCを摂って、血管の材料であるコラーゲンの生成を活発化すれば良い。
ビタミンCは、免疫を高め、ウイルスを抑止するので(これもほぼ正しいと私は思う)、一石二鳥である。
それに、有り難いことに、ビタミンCは超安価である。
私は、毎日3g以上のビタミンC摂取を欠かさない。

次に、血栓を溶かすことであるが、これは、納豆菌が出すナットウキナーゼが血栓を溶かすことが知られていると思うので、納豆を食べれば良い。
納豆は、たんぱく源としても優れた超健康食である。
納豆が嫌いというのは勿体ない。
ただ、どうしても嫌いな人や、稀に、体質に合わない人もいる。
しかし、そもそも、人間の体内には、tPAという血栓を溶かす酵素があるので、これを活性化すれば良い。
そのためには、運動が良いと言われている。
しかし、運動と言ったら、多くの人は、筋トレだのランニングだの、競歩的なウォーキングだの、続くはずのないきつい運動ばかり出してきたがる。
また、私がお薦めしている腕振り運動を薦める偉い人が増えてきたと思ったら、彼らのは、自分独自の腕振り運動である場合が多く、これがまたシンドい(笑)。
つまり、3分とか5分で、汗をかくほどの運動をやらせたがる訳だ。
どうも、「シンドくないものは運動ではない」という、学校教育やスポ根の観念が染みついているのだろう。

私が薦める腕振り運動は、極めて楽だが、回数だけは要求する。
とはいえ、かかる時間は、せいぜい、10分~30分だ。
余計なものを食べたり、エッチな同人誌でオナニーする時間を回せば、マイナスが減って良いことだらけではないか(笑)。
運動ってのはね、短時間はあはあ言ってやって、「これで終わり」にしてしまい、後は不健康なことをするのでは意味がないのだ。
しかも、巷で知られる運動は、不自然で身体が歪む場合も多いように思うのである。
軽いが効果的な運動を長時間行い、身体も心も隅々まで調整する運動が良いと私は思う。

腕振り運動に関しては、【最新、腕振り運動のやり方 】 をご参照いただきたい。
腕振り運動にもいろいろあるが、これは、電子工学の世界的権威であった関英男博士が、台湾の易筋経の先生から教わったものだ。
関博士は、これで自分の胃がんを治すだけでなく、多くの人が難病・奇病を治した実例も記録しておられた。
腕振り運動は、足の親指で床を押さえ、腹と肛門を引き締めながら行うことで、むしろ、下半身の運動になって、腹や脚が引き締まり、上体は、すらりとした身体になると思う。
無論、ある程度の食の慎みは必要である。
どんなに良い運動をしても、飽食・美食を尽くしていては、あまり効果はないと思う。
とはいえ、あまりに少食であったり、美味しいものを一切食べないといった、ストイック過ぎるのも感心しない。

新型コロナウイルス対策で最も成功しているのは台湾であると思うが、これは、台湾政府が有能であったことと共に、台湾が腕振り運動の本場であることも関係があるのかもしれないと思う。

ただ、あえて言えば、普段、よく歩いていれば、特に運動の必要はない。
だが、今は暑いし、歩く機会がない人も少なくないと思う。
競歩的な不自然なウォーキングは薦める気はないが、普通に歩ける道が少ないというのも実感している。
しかし、腕振り運動をしっかりやっておけば問題ない。
後、さらに強健になりたければ、大東流合気柔術式の四股をお勧めする。
これは、相撲の四股とは違い、楽なものである。
やり方は、『佐川幸義 神業の合気』に、写真入りで解説されている。
佐川幸義が超人的な武術家であったことは、確かであると思う。













当ブログ著者、KayのAI書。
どうすれば、楽しく機械学習型AIの作り方を習得出来るかを考えました。
まず、誰でも解る、足し算、掛け算、素数判定、偶数奇数判定で、無料の優秀なAI構築ツールであるソニーNNCの使い方をマスターします。
そして、誰でも面白くも奇妙に思う「モンティ・ホール問題」「囚人のジレンマ」、やや頭を使うオリジナルゲーム「シュレディンガーのエイリアン」、その他、「東大入試数学問題予測」などをテーマに、楽しく、AI構築のセンスを身に付けていただきたいと思います。
本書のほぼ全ての実習が出来るデータを作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。

万能の腕振り運動

どうせ、運動や瞑想などを含め、修行は何もしないというなら、腕振り運動1つというのが良い。
それで十分である。
腕振り運動の中に全てが含まれる。

異論もあるだろうが、プロレスの歴史の中で1番のレスラーはルー・テーズだ(本人は師のエド・ルイスが1番と言っているが)。
プロレスというのは、スポーツではなくショーだということは、今はよく知られている。
とはいえ、プロレスラーは大変に強いし、強いことは重要に違いない。
その中で、テーズは「技を1つと言われたら、ダブル・リストロック」と言う。
彼の最初の師、ジョージ・トラゴスから教わった関節技で、これがある限り、彼は無敵だった。
テーズは、「これ」という1つの技を大切にしたから、史上最強だった。

マイクロソフト創業者で世界一の大富豪ビル・ゲイツは、プログラミング言語ではBASICにこだわり続けた。
だからマイクロソフトは大成功した。
かつてはライバルだったボーランドは、BASIC、Pascal、C、C++、いろんなものを同等に押し出した。だから、ぱっとしなくなった。
一方、マイクロソフトは、もちろん、多様なプログラミング言語製品を出したが、BASICは別格にしたのである。
これは、ゲイツが主体になって、BASICを大切にしたからで、マイクロソフト大成功の大きな要因は確実にそれだった。
現在、ゲイツがマイクロソフトを去って時間が経ち、彼が取締役も退任することになって、ようやく、マイクロソフトはBASIC(Visual Basic.NET)のサポートを徐々にやめることを発表した。マイクロソフトは今、オフィスソフト、クラウドが1番だが、後は迷走している感じもあり、また、アップルやアマゾンに逆転されている。

1番があるからこそ、他のものが生きるのである。
喩えは悪いが、北朝鮮が核ミサイル1つで大国と対等に交渉するようなもので、きっと、北朝鮮の建国者が賢いのだろう。

そんな訳で、腕振り運動である。
自然に立ち、両腕を平行にまっすぐ伸ばして、前後に振る。
まず、腕を前に上げた状態から始め、後ろにやや力を入れて振る。
前に振る時は、脱力し、自然に前に戻るような感じで振る。
てのひらは、内側に向け、触れないようにする。
ただ、これは、腕だけの運動ではない。
足の親指にやや力を入れ(親指で床を押さえる感じ)、下腹に力を込め、肛門を引き締める。
これによって、むしろ、下半身を盤石にし、上半身は力が抜けて、楽に腕を振る。ただ、丁寧に振るべきである。
回数は、多ければ多いほど良い。
「1日わずか3分」なんてものでは決してない。
毎日、数千回も振っていれば、伝統的な言い方では、体内に気が満ち、どんどん若返って健康になり、神秘力も備わってくる。
腕振り運動は、立禅(立って行う禅)とか、動禅(動く禅)と言われることもあるように、瞑想を兼ね、現実世界を創造する精神を鍛える。
言うなれば万能なのである。

腕振り運動1つで良いが、必要であれば、他のことも自然にやるようになる。
「これ1つ」というのは、とても良い思想である。
いずれ、韓国の超人僧の「これ1つ」もお教えしよう。

二つ目を捨てろ 予想外になれ
~『キレキャリオン』(作詞・作曲・編曲:ポリスピカデリー。唄:初音ミク)より~













当ブログ著者、KayのAI書。
「楽しい科学実験教室」のようなノリでAIを自分で作る実習を行いながら、実用的なAIを自分で作ることが出来るようになります。
入門のChapter.1あたりは高校生や中学生でも出来ると思われ、それだけでも、AIとはどんなものか実感出来ると思います。
数学、プログラミング、難しいAI理論は不要です。
また、本書のほぼ全ての実習が出来るデータを作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。

本当に身体と心に良い、楽で充実感ある運動

間違った運動をして、強くなれないばかりか、身体を悪くしている人が多いように思う。
学生時代は、かなりの陸上選手だった40代の男が、こんなことを言っていた。
「時々、朝に走るのだが、中学生が走っているのに会うことがある。いやあ、中学生って速いね。全然敵わない」
それは、あなたが走るのは間違っているということだ。
走るにしても、短い距離をゆっくり毎日走るべきである。
また、若い人が、「今日は10Km走りました」と得意そうに言う。
聞けば、本当に気紛れに(月に数回)走るそうだ。
そうではなく、1日500mでいいから、1年365日走るべきである。

「腕振り運動が良いと聞いて、腕振り運動1万回やりました」
じゃあ、明日は、明後日は?
たまに1万回なら、むしろ、やらない方がマシだ。
毎日500回でいいから、1年365日、欠かさずやることだ。出来ないなら、300回でも良い。それなら怠け者でも出来るはずだ。

昔の野球選手は、腕立て伏せをしなかったらしいが、良いことだったと思う。
人にもよるが、腕立て伏せは身体を壊しやすい運動だ。
普通の人の場合、どうしてもやりたいなら、壁腕立て伏せをやれば良いと思う。
壁から30~40cm離れて、壁に手をつき、その腕で支えながら壁に向かって身体を倒し、腕を伸ばして身体を元に戻すという楽な運動だ。
ただし、数は多くやること。
千回やったって、さほどでないと思うが、まあ、300~500回、せめて、200回はやることだ。
それで素晴らしい効果がある。
下手に普通の腕立て伏せ(膝をつくものも含む)より、健康や身体機能に良いかもしれない。

私も、腕立て伏せやスクワットは、スポ根漫画並にやった。そして、身体を壊した。
腕立て伏せについてはさっき述べたが、スクワットも、経験的に、自覚がないこともあるが、腰を痛める。
これも、やりたいなら、自然に立った状態から、5センチ程度の振幅でやれば、楽で気持ちが良いだけでなく、十分に効果があって、身体を痛め難い。
ただ、私は、楽で効果があるので、調子に乗って毎日2千回やってたが、そこあたりまでにすべきで、普通は千回までが良いと思う。

身体に良い運動は、
・さして力を使わず
・自然な動きで
・丁寧に
・数多く
やることである。

スポーツ選手であれば、競技に勝つための力をつける運動をする必要もあろうが、それは、決して健康のための運動ではない。
ただし、超一流スポーツ選手でも、筋トレなど、無理な運動をしない者が増えてきている。
そして、そんなトレーニングをする超一流は、とにかく、反復が多い。
代表的なのが、イチローやテッド・ウィリアムズ(メジャー4割打者。三冠王2回)だと思う。もちろん、彼らはプロ選手なので、どうしても激しい運動をするから、時々、身体を痛めている。

やることがないなら、エアーボクシング、エアー空手でもやればどうか?
とはいえ、「パンチがびゅっと風を切る音がする」なんて、漫画みたいなことは考えなくていい。
軽く、ぽーんとでいいから、丁寧に、数多く打つことだ。
この「丁寧」が大事なのである。がさつにやると、変な動きになり、効果が少ないばかりか、身体が歪んでいく。
自然さを大切に丁寧にやれば、我流でやっても全く問題ない。
実戦で戦う訳でもないので、軽くぽーんと打てば良いのである。
ただし、超人的な合気道家が、「合気道では、打撃の練習はしないが、打撃でもボクシングより強い」と言い、実際にボクサーと戦ったこともあるらしいが、その際、やはり、拳は軽く握ってぽんぽんと打つのだそうだ。
一応、参考までに述べておく。

運動と言えば、テレビCMなどの影響か、素敵なスポーツウェアを着て、髪型も整え(笑)、さっそうと走る様子をイメージする人も多いと思うが、あんなのは、ほとんどの人が3日続かないし、1日で終わりという場合も多いはずだ。
それなら、部屋の中で、腕振り運動をやった方が良い。
腕振り運動は、腕だけの運動ではなく、長くやっている者は皆、姿勢がしゃんとしてきたと言う。
腕振り運動では、足の親指にやや力を入れ、腹にも無理のない範囲でぐっと力を込め、肛門を引き締める。
それで腕を振ることで、脚、腰、腹筋、背筋が鍛えられ、また、仙骨が調整されて健康になる。
当然ながらダイエット効果も高いと思う。
さらに、丁寧にやることで自然なリズムが脳に良い影響を与え、頭が良くなると共に、超能力が開発されるとも考えられる。

私の場合は、腕振り運動と、大東流合気柔術式四股、腰振り運動(前後左右)、ぐーぱー運動(握る時力を入れるものと開く時力を入れるものの2通り)を中心に、1年365日、1日も欠かさず行っている。
大東流合気柔術式四股については、素晴らしいものなので、『佐川幸義 神業の合気』を参照していただきたい。私は毎日千回を欠かさない。













当ブログ著者、KayのAI書。
誰でも、本当にAIを理解し、そして、自分でAIを作れるようになるための本です。
数学もプログラミングも、難しいAI理論も不要です。
興味深いテーマによる実習を楽しみながら、実用AIを自分で作れるセンスを身に付けます。
それにより、世の中で言われている、あるいは、企業や専門屋が言うAIの嘘も見抜けるようになります。
実際、嘘だらけのことが言われています。

最新、腕振り運動のやり方

腕振り運動について、再度、書いておきたい。
腕振り運動は、中国や台湾で、スワイソウとか、「せい手(せいしゅ)」等と呼ばれているらしい。
一説では、「達磨さん」で知られる仏教の僧、達磨太師が、インドから中国に来た際、中国の人々に腕振り運動を教えたと言われる。
達磨太師は、ヨーガや武道に通じていたらしく、達磨太師の教えは、中国河南省の少林寺に根付き、達磨太師が教えた運動法を基に少林寺拳法が生まれたとも言われている。
達磨太師が教えた運動は、達磨易筋経、あるいは、易筋経と言われ、運動の種類は沢山あり、中国の様々な武術に取り入れられていると言われている。
易筋経の中で、腕振り運動が一般に普及したが、その理由は、簡単であることもあるだろうが、秘法と言われるほど効果があるからと思われる。

やり方はこうである。
まず、自然に立つ。
歩幅を肩幅程度に開く・・・とよくあるが、私には、歩幅を肩幅に開くというのが、どうも曖昧で解らない。
だから、自分で自然に安定して立つことが出来るよう、少し、足を開いて立つというので良いと思う。
足の指で地面を掴むように・・・などとも言われるが、これは、足の親指に少し力を入れると考えて良い。と言うのは、足の親指に力を入れるというのが、あらゆる意味で身体を強化する基本で、ただ立って足の親指に力を入れても、非常に良い鍛錬になるほどである。

腕は、真っすぐに伸ばし、前に水平に上げ、そこから、両腕をそろえて、後ろに振る。
振り終わったら、腕は、後ろ45度くらいになるが、そこは適当で良い。
後ろに振る時は、やや力を入れて振るが、前に振る時は力を抜き、惰性で振る。
最初の、腕を前に水平に上げた姿勢に戻る。以上で1回である。

ところで、手のひらの向きであるが、一般には、前に上げた時は下、後ろに振る時は、船のオールが水をかくように後ろを向くように振るとしている。
その時、手首を柔らかくしてしなるように振るようだ。
ただ、電波工学の世界的権威であった関英男博士が、台湾の蔵広恩氏に教わり、日本で広く普及したやり方は、てのひらを内側に向けて、指や手首は真っすぐに固定して振るというもので、私は、このやり方を採用している。
関博士によれば、てのひらを向かい合わせることで、手のひらの間に重力波が発生し、中国で「気」、インドで「プラーナ」と呼ばれるエネルギーが体内に蓄積されるという。
気やプラーナは、詳しくは説明しないが、関博士はGTPと呼び、人間は赤ん坊の時は多量に持っているが、年と共に失われる一方になり、そのせいで老ける。しかし、腕振り運動はGTPを増やすことが出来、やればやるほど若返る。実際、関博士は、90歳を過ぎても、世界中から論文を取り寄せて研究し、また、研究のために世界中を駆け回っていた。
尚、腕振り運動の間、丹田に意識を向けるのが良いという話もあるが、下腹や臍のあたりに少し力を入れると良いという話もあったと思う。
つまり、下半身をしっかり安定させることが必要なのであり、そのためには、上に述べたように、足の親指に力を入れると共に、腹に力を入れるなど、自分に合ったように工夫すると良いと思う。

以上が、腕振り運動の詳細である。
回数は、多ければ多いほど良いが、少なくとも1日500回はやった方が良い。
腕振り運動で、難病奇病が奇跡的に完治した事例を関博士が数多く残しているが、関博士は、病気を治したい場合は2000回と言い、関博士自身、胃がんを、毎日2000回の腕振り運動で完治させたと言う。

私は、一度には100から300回行い、1日に1000回以上は行うようにしている。
私の場合、上に述べたもの以外に、前に振る時に力を入れる方法、腕が前に来る時に肘を曲げるものなど、4種類で行っている。
分類すれば、
(1)肘は伸ばす。後ろに振る時に力を入れる。
(2)肘は伸ばす。前に振る時に力を入れる。
(3)前に振る時、肘を曲げていく。 後ろに振る時に力を入れる。
(4)前に振る時、肘を曲げていく。 前に振る時に力を入れる。
である。
これらは、東洋の様々な強健法から研究した。













当ブログ著者、KayのAI書。
数学、プログラミング、AI理論なしで、無料で実用的なAIを作ることが出来るようになるための本です。
分かり易い日常の言葉で書かれ、普通の概念で分かる易しい問題や面白い問題をAIに解かせる実習を通し、楽しく、AIを作るのに必要なセンスを身に付けます。
ほぼ全ての実習が出来るデータを作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード