ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

腕振り運動

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

本当に学校や会社とサヨナラするには

学生なら学校、サラリーマンや公務員は、それぞれの勤務先に、決められた時間、必ず行かなければならないという、「絶対的な義務」がある。
それは、「絶対的な義務」なのだから、そこから外れると、「もう終わり」になってしまう。
これはもう、「完全人間支配システム」と言って良い。
ただ、これまでの世界では、それは、「嫌だがやむなし」という面があった。
そうでなければ、「国民全員が確実に食べていけ、一部の特権階級が贅沢する」ことを維持出来ないからだ。

だが、インターネットで本当に社会参加出来るなら、その「絶対的な義務」が崩壊する。
けれども、まだまだインターネットは非常に未熟な段階なのだ。
それは、企業や人々のネット上の行為の大半が、非常に下らないものであることに現れている。
つまり、「ネットの情報の大半はクズ」と言われたら、「まあ、そうだなあ」と納得せざると得ないということだ。
とはいえ、そうはなくなってきつつはあると思う。
ただ、インターネットが社会と本当に融合するというのは、個人的な問題でもある。
ある人にとっては、インターネットは社会そのものでも、別の人にとってはそうではないということだ。
では、インターネットを社会にし得る人とはどんな人かというと、「インターネットで正々堂々稼げる人」だ。
「それは経済原理に縛られた考え方だ」と言われそうだが、経済原理で動く「現実社会」がまだまだ強いのだから、「インターネットで正々堂々稼げない」限り、いくらインターネットを使ったところで、その者は社会参加していない。

そして、おそらく、いくらインターネットが進歩しても、『マトリクス』や『ソードアート・オンライン』の世界にはならず、バーチャルとリアルは並存する。
まあ、後5千年もすれば、人間は肉体を持たない精神生命体になるのかもしれないが、それはまだ分からないし、そうなるとしても、はるか先の話だ。
それに、たとえネットで大金を稼いでいても、リアル世界との関わりが少なければ、なぜか精神が落ち着かなかったり、満足感が得られないものなのだ。
確かに、肉体や持ち物など、物質を過剰に崇めるのは間違っているが、身体やモノだって高い価値を持っていることを認めざるを得ないのである。

ただ、1つ突破口がある。
そうでなければ、上のようなことを長々書きはしない。
それは、物質とエネルギーは実は同じものであり、互いに変換出来るように、精神も物質とエネルギーに変換出来るということだ。
だが、物質とエネルギーの変換には核融合が必要であるように、精神を物質やエネルギーに変換するには特殊な方法が必要であり、その方法については、まだよく分かっていないのだ。
「エメラルド・タブレット」にそれがあるのかもしれないが、あまりに抽象的で、普通の人には意味が分からないし、本当に解き明かした人もいない・・・あるいは、いないに等しい。
そりゃそうだ。
精神とエネルギーの変換が簡単に出来たら、今の物質的社会は完全に不要になる。
「引き寄せの法則」や「潜在意識の法則」のようなものは、効果がほとんどないから誰でも知ることが出来るのだ。
本当の本物が、普通の人が見られるようになるはずがない。
それは、陰謀論のような特権階級の都合ということもあるのだが、善なる配慮でもあるのだ。
だが、教えてはくれないが、自分で見出すのは自由・・・というか、止められないのだ。
では、「求めよ、さらば、与えられん」である。
求めよ。
そのためには、ニセモノを排除する知恵と感覚が必要であることはお分かりと思う。
だが、その方法をモロに教えたら、公然猥褻と同じで(笑)、私も社会から消される。
よって、回りくどく教えよう(笑)。
いや、腕振り運動をして、後は、バガヴァッド・ギータ-か聖書を読めば良いだけだ。
ただし、「いつも」。そして、社会に抵抗してはならない。やりすごすのだ。それが出来ないなら見込みはない。
面倒なら念仏を唱えれば良い。他にも方法はある。
だが、「しゃんとする」のは自分である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

最新腕振り運動のやり方

このブログでよく紹介する腕振り運動について、現時点で最良と思う方法を書いておく。
ところで、腕振り運動は、やった翌日に目に見える効果があるという即効性のものというよりは、根気強く、毎日欠かさず続けてると、(表面的でない)根本的な効果があるものだと思う。
根本的な効果とは、身体全体と心全体を整え、心身が健康になり、気、プラーナ、宇宙エネルギー等と呼ばれる精妙なエネルギーを体内に取り込めることだ。
やり方には、おおまかに2種類あると思って良い。
1つは、後ろに振る時に力を入れる方法、もう1つは、逆に、前に振る時に力を入れる方法だ。

立って行うが、脚が悪い場合は、椅子に座って行っても効果がある。その場合は、丸椅子のような、自由に両腕を前後に振ることが出来る椅子で行う。
立って行う場合、足を自然に開いて立つ。つま先は、少し開いて立つ。ただ、自分が自然に感じる立ち方で良い。
背筋は伸ばすが、無理に胸を張るのは良くない。
「すっと」姿勢良く、自然に立つのである。
うつむかず、顔を上げる。真っ直ぐ前を見る感じである。
下腹に力を入れるよう指導する場合が多いが、それよりも、足の親指に力を入れ床を下に押すようにする。そうすれば、自然、下腹に力が入る。
実は、この、足の親指に力を入れることが重要である。

・腕を後ろに振る時に力を入れる方法
指を伸ばし、両てのひらを内側に向ける流派と、指をやや開いて曲げ、手の平を下に向ける流派がある。
より簡単な、両てのひらを内側に向ける方式を説明する。
腕は伸ばし、同時に同じ方向に振る。
指を伸ばして揃え(親指だけは離れても構わない)、両てのひらを内側に向け、手が前に来た時に両手が接触したり、後ろに振った時に、手が外側に開かないよう、平行を保つように注意する。
後ろに振る時に少し力を入れ、前に振る時は力を抜いて惰性で振る。
少し力を入れる程度で、ゆっくりで良い。

・腕を前に振る時に力を入れる方法
腕を後ろに振る時に力を入れる方法と違い、前に振る時に、腕をやや曲げる。真っ直ぐと直角の中間くらいで適当で良い。
やはり、両腕は同時に同じ方向に振る。
指を伸ばして揃え(親指だけは離れても構わない)、両てのひらは内側に向ける。
前に振る時、やや鋭く振る感じでやる。
ここでも、前に振った時に両手が接触したり、後ろで腕が開かず、両腕が平行を保つよう注意する。

関英男博士によれば、両てのひらを内側に向けて振ると、両てのひらの間にクオークの渦が発生して重力波粒子を作り、それが筋肉に取り込まれるという。
この通りでなくても、何らかのエネルギーが体内に取り込まれるのではないかと思う。
このエネルギーは、生まれた時に最大で、後は減っていくのみだが、腕振り運動をすることで増やすことが出来る。
よって、数は多ければ多いほど良い。
ただ、精神的負担になるほど多いのはいけない。
一度に少なくとも百回、出来れば、数百回、理想的には2千回以上行うのが良い。
数は自分で数えるのが良い。
雑念が入ると、今何回か分からなくなるが、そういうことはなるべくないようにする。
分からなくなったら、適当な数にして続ける。無理に「ゼロから」などと厳しくしないことだ。
それよりも、毎日必ずやることが大切だ。
なるべく決まった時間に行うのが好ましいが、「朝と夕食後」などと大雑把でも良い。
ただし、毎日必ずやるというのは守らなくてはならない。時々やる程度では効果がない。

効果は万能であり、欲しい効果が得られると考えて良い。
身体強健を望めばそうなるし、美しくなりたいならそうなる。
身体の自然な動きを通じて潜在意識とも通じるので、願いも叶う。
関博士は胃癌を腕振り運動で治し、また、難病の人達が腕振り運動でその病気を治す様子をレポートしていた。
治らなかったという人もいるが、治らなかったら治らなかったで幸福にしている感じである。
逆に、生活が乱れたり、心が歪んでくると、身体に痛みが発生するようになるので、そんな時は、さらに腕振り運動に励むと良い。
腕振り運動は、身体全体、特に、仙骨と背骨を調整するのだと思う。
仙骨と背骨のエネルギー路がきれいになり、さらに、宇宙エネルギーを取り込むのであるから、まさに万能である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

原動力はノスタルジー(旅愁)

私は本当は、念仏とか腕振り運動の話が好きなのだが、「念仏さえ唱えれば良い」「腕振り運動さえすれば良い」のかというと、その通りではあるが、あくまで本人次第だ。
どんなことでも、長く熱心に続けるためには、何らかの喜び、快感、ロマンのようなものが必要だ。
初音ミクさんの『ヒビカセ』という歌にある「感覚 即 体感 」「体感 即 快感 」というものがなくては続かない。
子供の学習にしたって、そんなものがなくては駄目で、大昔は、罰で強制して、その後、誉めてその気にさせて、さらにその後は、目標を持たせて・・・と教育も進歩してはいるが、最近の最先端の科学的学習テクノロジーは、やはり、喜びを感じることが最重要だと分かってきている・・・まあ、そんなこと太古の昔から、分かる人には分かっていたことだが。
『ヒビカセ』を聴くと、まさに全体が真理である。感性豊かな若い人に人気があるのは当然だろう。
私が、初めて初音ミクさんのライブに行った「マジカルミライ2016」で、一番衝撃を受けた歌がこれだった。「マジカルミライ2017」でも、生で聴くことが出来た。

そして、快感はやはりロマンなのだ。
美味しいものを食べたり、性行為の快感は、強い意思でコントロールしないとすぐに無くなり、悪いものが雑草やカビのように生じて主体が滅ぼされる。
かといって、あまりに厳しい禁欲も、結局はロマンがなくなり、人生が台無しになる。
そう考えると、人生は、本物のロマンを見つけた者の勝ちである。
法然も、なんだかんだ言って、阿弥陀信仰に自分のロマンを見出しただけである。
そして、法然はそれに完全に成功しており、その姿が大変な模範になる。
だから、法然の姿勢をこそ学ぶべきであり、少なくとも今の時代であれば、念仏かどうかは全く自分で決めれば良い・・・というか決めるべきなのである。

涼宮ハルヒは「楽しいことは待っていてもやって来ない。私は待っているだけの女じゃない」と世界に示したが、これも、「ロマンは待っていてもやって来ない」と言いかえれば全く正しい。
昔、NHKの、若者をいっぱい集めて意見を聞くみたいな番組で、大学生だろうか、頼りなさそうな男子が、「僕には夢がないのですよ」と、それが、いかにも世の中が悪いことが原因のように言うのだが、夢、すなわち、ロマンは、与えられるものではなく、自分で見つけてつかみ取るものだ。

今はもう知らない人が多いだろうが、ロマンといえば、『宇宙戦艦ヤマト』の歌で、「燃えるロマン」だの「旅する男の胸にロマンのかけらが欲しいのさ」と歌うのだが、私はどうも、あの安っぽさが大嫌いだった。男がロマンなんて言葉を露骨に言うものじゃない。
だが、熱意、情熱、やる気・・・とか、ちょっと前流行った「ワクワク」だと、妙な方向に行ってしまい易く、それなら、ロマンで良いかなと思う。
本当は、もっと、そこはかとない美しい表現が良く、実際、モロに「ロマン」と力むと、やっぱり「宇宙戦艦ヤマト」の下品さ、安っぽさを思い出してしまうのである。
その、美しいそこはかとない表現、あるいは、感情とは、ノスタルジー・・・旅愁だ。
本当に良いものは「懐かしい」と感じるものなのだ。

たまたま席替えで
隣になった君
どうして懐かしい匂い
~『橙交差点』(song and lyric:marasy)より。多分、ピアノ演奏もまらしぃさん~
※「隣になった君」は、実際の歌では「君と隣になった」であるが、アルバム『空想メモライズ』の歌詞カードの通りに引用した。こっちの方が詩的かなあ・・・と。

念仏でも、腕振り運動でも、プログラミングでも、楽器演奏でも、不思議ではあっても「懐かしい」という想いがなければ、あまり続かない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

奇跡は必ず起こせる

偶然には有り得ない絶妙なタイミングで起こることも、やはり、単に珍しいというだけの偶然だと言う人がいる。
ただし、それを理解すれば、そんな珍しい出来事を起こす可能性を、常識的な方法で高めることも可能である。
一方、現象世界で起こることには、人間の理性では理解出来ない要因があることを量子力学を使って説明する人がいるが、その説明はさっぱり理解出来ないし、量子力学を持ち出しただけのこじつけかもしれない。
我々が興味があるのは、自分にとって有り難い奇跡を、非常識でない方法で起こせるかどうかである。
そして、私は、もう何度も書いたので飽きてしまったので繰り返さないが、奇跡としか言いようがなく、偶然では有り得ないこと・・・猿がデタラメに紙にインクをなすりつけたら名作文学が出来るほどではないが、意味のある文字になった程度のことは沢山見たし、それは私の意思に適ったことで、私の望みが確実に反映されていた。
そんなことを誰でも出来るかは、分からないと言えば分からないが、おそらく可能だろう。
いや、やり方は分かるし、教えることも出来るし、実際、教えたが、正直、教え方も悪かったのだと思うが、うまく伝わらない。
そもそも、基本的には、ジョセフ・マーフィーらの本に書いてある通りなのだが、なぜかうまくいかない人が多い。
そして、それが、それほど難しかったり微妙だったりすれば、免許皆伝に一生かけて間に合わない。
だが、やり方は全然難しくなく、一言で言えば、思念をレーザー光線のように集中し、出来るだけ多く放つ・・・それだけのはずだ。
だから、不備があるとしたら、集中力や情熱の不足ということになると思う。
飢餓状態の時に食べ物を求めるように、若い健康な人間が異性を求めるように、強く激しく、そして、迷いなく求めれば、必ず奇跡は起こる。
初音ミクさんの『FREELY TOMORROW』で、ミクさんが「奇跡は起こる」と歌うところで、私は完全に同意するのである。

あえて言えば、毎日修行をして、意思の力を養えば良いのだろう。
修行は、あまりに厳しくてはいけないが、あまりに甘いものも駄目だ。
腕振り運動だけと言うなら、それを100回や200回なんて「ケチな」ことをやっていれば、やっぱり、分からないようなケチな奇跡しか起こらない。
おそらく、1000回くらいから、奇跡めいたことが起こると思う。
尚、腕振り運動の時は、足の親指に力を入れることが大切と思う。そうすれば、腕を振ってるようで全身を使うことになる。西洋のトレーニングのように、身体の特定部分だけを使いたがる運動は、どんな意味でも良くない。
このあたりは、プリズナートレーニングでも指摘しているが、私は、ああいった筋肉偏重のトレーニングにも、あまり賛成出来ない。
聖書を読むことを修行にするなら、出来るだけ多く読むべきだし、もし、少しずつ読むとしたら、強く集中し、読んだところに深く瞑想しなければならない。
そして、修行は原則、1年365日欠かさずにやることが必要だ。
もちろん、たまにはどうしても出来ない日もあろうが、ちょっと無理すれば出来ることをしないのは、意思が弱いのであり、まさに、その意思が問題なのだ。
修行で、意思の力が高まったなら、それを使えば、どんな奇跡も起こせる。
鍛え上げた意思を、あなたは何に使うだろうか?









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

IQよりも意思の力

ある一流の教育関連企業に勤める男性から聞いた話だ。
彼が東大生のアルバイトを雇ったところ、その男子東大生が極めて優秀で、社員よりよほど効率的に、しかも、高度に仕事をやってしまい、すっかり舌を巻いたのだと言う。
全ての東大生がそうであるかは分からないが、とにかく、その教育関連企業の社員は、東大生のイメージを良くした様子だった。
ところで、その教育関連企業の社員が、その東大生に、東大入試合格の秘訣を聞いてみたらしいが、その東大生は、そんなものは特になく、予備校もちょっと行ったことがある程度で、それよりも、一科目について一冊の参考書を覚えてしまうのだそうだ。
「どの参考書が良いのか?」と聞くと、「どれも同じ」と言う。
それで、どれも同じだから、どれでもいいから1冊覚えれば、それで良いのだと言う。
ただし、覚えた後、その参考書はボロボロで、ほとんど原型を留めないのだと言う。
私は、以前、一流大学合格者の勉強法を集めた本で、ある受験生が、「表紙があるうちは勉強したことにならない」と述べていたことを思い出した。

その東大生は、優秀とかIQが高い以前に、彼には意思の強さがあるのだと思う。
どの参考書も根本的には同じ(まあ、評判の良いものを選んだので、そうは外れていないというのはあると思う)なので、1冊覚えてしまおうと思い、それを本当にやれるというのは、強い意思を持っているからである。
最近、よく書いているが、人間の最大の武器は意志の力である。彼は、それを高度に備えているのだ。
生まれつきの頭が良いとしても、やはり、ボロボロになるまで読まないと覚えられないのだが、それには意思の力が必要なのである。

中学しか出ていないが、何十年も大きな事業をやっている男性が、19歳の時、住んでいた兵庫県から、東京にいる尊敬する人に弟子入りしようと訪ねたが、ほとんど相手にされなかった。しかし、ただ、「『ローム太霊講和集』をボロボロになるまで読みなさい」と言われたらしい。
それで10年以上かけて、ボロボロどころか、本がバラバラになるまで読んだところで、その本の残骸を持って再びその偉人に会いに行ったら、弟子ではなく友人になってくれと言われたという。
確かに彼は、言われたことをやったのであるが、そこまでやるのは、自主的な意思であり、意思を最大に使うことで意思を鍛え上げ、そして、超人になったのだと思う。

関英男博士は、毎朝、腕振り運動を2千回必ずやったらしいが、その意思があったから、90歳を超えても世界中を飛び回って研究することが出来たのだろう。
よく、腕振り運動を勧めたら、百回、二百回でせいぜいみたいなことを言う人がいるが、その程度では修行にならない。しかも、1年365日、必ずやるどころか、そのうちやらなくなる場合が多いのだろうと思う。そんな意思の力しかないので、大したことが出来ないのだと思う。
関博士の場合は、他にも沢山のことをやっている上での腕振り運動2千回である。
例えば、美しくなるために腕振り運動を毎日千回やり、「これで美しくなる」と思えば、1年365日欠かさずにやるなら、それなりに美しくなるだろうと思う。
本当は、何もしなくても「美しくなる」と信じることが出来れば美しくなるが、最初からそこまでの意思を持った人は少ないので、何かで意思を鍛える必要があるのである。
そして、際立って美しくなりたいなら、3千回、4千回が良く、それだけの意志力があれば、物理世界をハッキング(書き換え)してしまえ、大変な美人になるだろう。
フォード自動車創業者のヘンリー・フォードがあらゆる人に勧めたというラルフ・ウォルドー・トラインの本の中にあるように、80歳を過ぎても25歳以上に見えない女性のようにもなれると思う。
もっとも、トラインは、その女性の特徴は楽観的であることと書いていたように思うが、楽観主義を勧めるヘレン・ケラーも同じだが、楽観的になるためには意思の力が必要なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ