ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

聖書

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

勝利への3つの道

悪霊にとり憑かれなければ不幸にならず、掟を守れば繁栄し、専念すれば偉大になる。
これだけ分かれば、いかなる人生の指南書も必要ない。

この3つは実は1つだ。
悪霊にとり憑かれなければ、自ずと何かの掟を守り、自分の道に専念する。
掟を守れば、悪霊にとり憑かれず、何かに専念するようになる。
自分の道に熱心に励む者に悪霊はとり憑くことが出来ず、自然に何かの掟を守っている。

おそらく、ほとんどの人間が、多少は悪霊にとり憑かれていて、少なくとも8割の者は、それが深刻で危険なレベルだ。
とはいえ、「ええ、私も悪霊にとり憑かれているんでしょうね」なんてボケたことを言っていてはいけない。
悪霊は断固、追い出さねばならない。
まず、背筋を伸ばす人間に悪霊はとり憑かない。
だが、だらしなく腰を前にずらして座る者は、例外なく悪霊の臭いがプンプンする。
蹲踞の姿勢をビシリと決めれば悪霊は逃げるが、相撲や剣道でもやっていないと、そんなことはほとんど誰もしない。
そして、道場では蹲踞をする人でも、普段、姿勢が悪いと、悪霊はすぐに戻って来る。
前向きで、明るく、笑みを絶やさない、親切な人には、当然、悪霊はとり憑くことが出来ないが、心が闇に陥った途端に悪霊が入り込み、後ろ向きなことや暗いことを考えるようになり、不機嫌な顔になって老化していく。
向上心を持って努力する者を悪霊は嫌って寄って来ないが、その目的が邪まであれば、悪霊は喜んでやって来る。
厄介なのが、男であれば、妻やちゃんとした彼女がいながら、別の女性に心奪われることがよくあるが、それが強くなると悪霊にとり憑かれ、救いようのない浮気性になり、身も滅ぼす。

本当に好きなものを諦める裁ち物は、偉大な成功者にはよく実践されたが、それは偉大な掟であり、悪霊を寄せ付けず、高貴な目的に専念する力を与える。
たとえば、酒が好きでたまらないのに、断酒は無理でも、10杯以上飲みたいところを2杯にするとか、英雄の中にはロリコンもいた(というより多かった)が、少女を本当に敬うことで無敵だった。
あるいは、テッド・ウィリズムズやイチローが、持てる時間の全てを野球に注ぎ込んだように、多くの時間を目標のために使う者は、やがては大きな力を得る。

悪霊を退かせ、掟を守り、何かに専念する。
それが神に至る三位一体の法である。
誰にも言わずに常に念仏を唱えたり、聖書やバガヴァッド・ギーターを常に読んでいる者に悪霊は手出しが出来ないので、必ず強くなれるだろう。
科学的に言えば、悪霊も善霊も波動的性質の異なるエネルギーの流れである。そのコントロールが魔法なのであり、秘儀であるのだ。
宗教的に思えることも、そう考えれば受け入れ安い場合もあるかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

本当に学校や会社とサヨナラするには

学生なら学校、サラリーマンや公務員は、それぞれの勤務先に、決められた時間、必ず行かなければならないという、「絶対的な義務」がある。
それは、「絶対的な義務」なのだから、そこから外れると、「もう終わり」になってしまう。
これはもう、「完全人間支配システム」と言って良い。
ただ、これまでの世界では、それは、「嫌だがやむなし」という面があった。
そうでなければ、「国民全員が確実に食べていけ、一部の特権階級が贅沢する」ことを維持出来ないからだ。

だが、インターネットで本当に社会参加出来るなら、その「絶対的な義務」が崩壊する。
けれども、まだまだインターネットは非常に未熟な段階なのだ。
それは、企業や人々のネット上の行為の大半が、非常に下らないものであることに現れている。
つまり、「ネットの情報の大半はクズ」と言われたら、「まあ、そうだなあ」と納得せざると得ないということだ。
とはいえ、そうはなくなってきつつはあると思う。
ただ、インターネットが社会と本当に融合するというのは、個人的な問題でもある。
ある人にとっては、インターネットは社会そのものでも、別の人にとってはそうではないということだ。
では、インターネットを社会にし得る人とはどんな人かというと、「インターネットで正々堂々稼げる人」だ。
「それは経済原理に縛られた考え方だ」と言われそうだが、経済原理で動く「現実社会」がまだまだ強いのだから、「インターネットで正々堂々稼げない」限り、いくらインターネットを使ったところで、その者は社会参加していない。

そして、おそらく、いくらインターネットが進歩しても、『マトリクス』や『ソードアート・オンライン』の世界にはならず、バーチャルとリアルは並存する。
まあ、後5千年もすれば、人間は肉体を持たない精神生命体になるのかもしれないが、それはまだ分からないし、そうなるとしても、はるか先の話だ。
それに、たとえネットで大金を稼いでいても、リアル世界との関わりが少なければ、なぜか精神が落ち着かなかったり、満足感が得られないものなのだ。
確かに、肉体や持ち物など、物質を過剰に崇めるのは間違っているが、身体やモノだって高い価値を持っていることを認めざるを得ないのである。

ただ、1つ突破口がある。
そうでなければ、上のようなことを長々書きはしない。
それは、物質とエネルギーは実は同じものであり、互いに変換出来るように、精神も物質とエネルギーに変換出来るということだ。
だが、物質とエネルギーの変換には核融合が必要であるように、精神を物質やエネルギーに変換するには特殊な方法が必要であり、その方法については、まだよく分かっていないのだ。
「エメラルド・タブレット」にそれがあるのかもしれないが、あまりに抽象的で、普通の人には意味が分からないし、本当に解き明かした人もいない・・・あるいは、いないに等しい。
そりゃそうだ。
精神とエネルギーの変換が簡単に出来たら、今の物質的社会は完全に不要になる。
「引き寄せの法則」や「潜在意識の法則」のようなものは、効果がほとんどないから誰でも知ることが出来るのだ。
本当の本物が、普通の人が見られるようになるはずがない。
それは、陰謀論のような特権階級の都合ということもあるのだが、善なる配慮でもあるのだ。
だが、教えてはくれないが、自分で見出すのは自由・・・というか、止められないのだ。
では、「求めよ、さらば、与えられん」である。
求めよ。
そのためには、ニセモノを排除する知恵と感覚が必要であることはお分かりと思う。
だが、その方法をモロに教えたら、公然猥褻と同じで(笑)、私も社会から消される。
よって、回りくどく教えよう(笑)。
いや、腕振り運動をして、後は、バガヴァッド・ギータ-か聖書を読めば良いだけだ。
ただし、「いつも」。そして、社会に抵抗してはならない。やりすごすのだ。それが出来ないなら見込みはない。
面倒なら念仏を唱えれば良い。他にも方法はある。
だが、「しゃんとする」のは自分である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

なぜ、そのにーちゃんの好感度は急上昇したか?

昔見たテレビ番組で、それが、公開プロポーズみたいなものだったか、彼氏自慢のようなものだったか忘れたが、一人の一般人の若い男性・・・早い話が「ただのにーちゃん」にスポットライトが当てられていた。
ちょっと頼りない、いわゆる、チャラいと言えなくもないにーちゃんだったが、あるところで、番組司会者や会場の観客の好感度が明らかに急上昇するのを感じた。
その要因は、そのにーちゃんの1つの発言によってであった。
そのにーちゃんは、毎朝、仏壇に線香を上げて手を合わせると言っただけだ。
それで皆が、このにーちゃんを、「そこらにいる、どーでもいいにーちゃん」から、「感心な青年」と認識するようになったのだ。

娘が彼氏を連れてきたら、父親は楽しいはずがない。
娘の父親は表面上はニコニコしていても、また、その男がどれほど立派そうに見え、実際、経歴等が立派であっても、父親はその男を最悪に評価しているものだ。
ところがやはり、たとえその男が、少々ロクでなしに見えたとしても、毎朝仏壇に手を合わせていると言ったら、父親の評価やイメージは急上昇するのである。
それは事実と思う。

いつか、アメリカのトランプ大統領が、「私ほど聖書を読んでいる人間はいない」と言ったのは、国民の自分に対する好感度の向上を狙ったのだろうが、焦りがあったのかもしれない。それはあまり効果的ではなかった。
さりとて、全く無意味ということもなかっただろう。
ただ、トランプはもっと謙虚に、「私は毎日聖書を読んでいる」と言っていれば、国民の彼に対するイメージはずっと良くなったはずなのだ。
ただし、悪人であってすら、そんな嘘はつけないものである。
トランプも、本当に毎日聖書を読んでいなければ、そんなことが言えるはずがない。
だから、過去にはしっかり読んだといった意味のことを言ったのだろう。つまり、今はあまり読んでいないということかもしれない。

仏壇に手を合わせる、聖書を読む・・・そんな人の印象がなぜ良くなるのかというと、やはり、そんな者は有望であるからだ。
アメリカだろうが日本だろうが、その他の国であろうが、誰もがそんなことを、ほとんど確信というほどの直観として知っている。
それは、アメリカの公式モットーが「我々は神を信頼する」であることにも現れている。
このモットーがあったから、いろんな人種が交じり合った移民の国で、独立からわずか240年のアメリカ合衆国が他国を圧倒する国力を得ているのである。
インド、中国は数千年の歴史と、アメリカをはるかに上回る人口を持ちながら、全くアメリカに及ばないことは、最近のトランプ大統領の、世界No.2の国である中国に対してすら完全に上から目線での発言からもうかがえる。
いずれ、中国、あるいは、インドがアメリカを越えるというのは、根本的には、アメリカがそのモットーを忘れているからというのが本当の理由かもしれない。

国のことは大事であるが、まずは我々個人が安泰であるためには、我々は、自分より高い存在を信頼しなくてはならない。
丁度、アメリカが衰えかけた1950年代に、マーブル教会の牧師ノーマン・ヴィンセント・ピールが「我々は神の力を求めるべきである」と書いた『積極的考え方の力』が、記録的ベストセラーとなり、再びアメリカを強くしたようにである。
別に宗教を信仰せよと言うのではない。仏教に縁のある日本人としては、やはり、仏壇に手を合わせたり、あるいは、念仏を称えるだけで良い。
アメリカのモットー「我々は神を信頼する」と、「南無阿弥陀仏」という念仏は全く同じ意味だ。「南無」とは、信頼するという意味だからだ。

尚、詳しくは言わないが、日本は、日本語を使うだけで神を信頼する国であった。
「ありがたい」「おかげさまで」「すみません」という言葉に中には、神の存在が隠れている。
だが、日本語をきちんと使わなくなったから、日本は衰退している。
鈴木三重吉の『古事記物語』を読み、格調高い日本語を学ぶと良い。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

感心という感覚

どんな子供を感心だと思うだろうか?
服をきちんとたたむ、靴をきちんと揃える、「いただきます」「ごちそうさま」をきちんと言う。
「きちんと」とは、常に例外なくということである。
そんな子供を見たら、「感心だ」「しっかりした子だ」「立派な子だ」と思うだろう。
つまり、そんな立派なことを、たまに、あるいは「だいたい」やるのではなく、「いつも」「忘れず」「間違いなく」やる子が感心なのである。
そして、そんな感心な子が駄目なはずがない。
そんな子供は、必ずやそれなりに周囲に信頼されていて、中には、勉強やスポーツが出来る子も多いだろう。
子供を立派にしたければ、日常生活の基本の1つをブレずに出来るよう、うまく導くことだ。
強制みたいなやり方ではなくね。
なぜなら、強制しないといけないのは、親が出来ないことだからだ。

大人でも、「感心だ」と思うことを、1年365日、1日24時間出来るなら、そんな人が駄目なはずがない。
一方、そんなものがなければ、いかに学歴が立派だったり、容姿端麗であったり、外国語が出来たり、また、努力家であっても苦難が多いだろうし、まして、取り得がなければ「まるで駄目男君」になるしかないだろう。
そして、感心なことを長年ブレずに続ければ、感服になる。
感服は、強い感心であり、敬意を生む。
敬意を払われれば、従来の世界でも、インターネットの世界でも成功する。それが表立って知られていなくても、雰囲気に現れる。

では、どんな大人が感心なのだろう?
それは、子供とそんなに変わらない。
ただ、大人の場合は、自分の強い意志で行うようなことが、その人に大きな力を与える。
今はもう知らない人が多いかもしれないが、ベニー・ユキーデという、マーシャルアーツ(全米プロ空手)の大変な強豪がいた。
体重の階級が上のムエタイ選手との試合で判定負けした1敗以外は全勝(58勝1敗)だった。
そのユキーデは常に聖書を持ち歩き、暇があると読んでいたらしい。
戦績に対しては、立派ではあるが感心はしない。しかし、常に聖書を読む、あるいは、聖書を手放さないことに対しては感心、あるいは、感服するのである。

キリスト教圏では、聖書を毎日読むことが感心なのだが、それは宗教的な意味だけではないのだと思う。
そして、そんな感心な人が駄目であることは考えられないのである。
つまり、毎日必ず聖書を読むのに、「ずっと失業している」「収入がひどく低い」「男に(あるいは女に)騙され続けている」「彼氏(彼女)が出来ない」ということはありえないだろう。
日本では、「ありがとう」「おかげさまで」「すみません」といった言葉を常に使うだけで良い。
なぜなら、日本では、言霊といって、言葉の中に神が宿っているからである。
これは神道的であるが、日本は仏教国でもある。
大抵の場合、常に念仏を称える人は実に感心なのであり、そんな人が駄目であることは絶対にない。

自然に「感心だ」と思えることを、自分の意志で行い、それがブレなくなれば、まあ、何の不安もないだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

聖書が最上の書である意外かもしれない理由

『ヒマラヤ聖者の生活探求』という本の中にあった、聖書が最も重要な書であることの理由がとても良かった。
それは、聖書は、「神」という言葉が、最も多く書かれた本だからである。
それだけの理由で、聖書は他書より優れているというのは納得出来るのである。
それなら、「神」という字ばかりの本を作っても良いのかもしれないが、それでは人間の感情が納得しないので、適度なストーリーを付けたのだが、その内容は、何でも良いと言えばそうなのである。
同じ理由で、『ギリシャ神話』、『バガヴァッド・ギーター』、『古事記』なども、極めて価値高い本である。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』が、事実の話かどうかは分からないが、その指摘だけで、この本は優れた本と言える。
「神」という言葉自体に強い力がある。
クリシュナ、アメノミナカヌシカミ、南無阿弥陀仏といった、神仏の名を唱えること、あるいは、神仏のマントラを唱えることは、宗教的ではなく、科学的、論理的に言って、強大な効果がある。
だが、その最も純粋なやり方は、「神」と唱えることである。
神と仏に違いはあるのかもしれないが、その違いは、実際には、人間に分かることではない。
なら、全て、「神」という言葉で表し、これを唱えれば良いのである。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』では、「エホバ」という、特定の神の名より、「神」という言葉の方が効果が高いと述べている。
ただ、本質的にはそうであろうが、唱える者の感情の問題もあり、個別の神の名の方が親しみがあれば、それを唱えれば良い。
私は、サティヤ・サイババという人は少しも聖者だとは思っていないが、この点については、生前、ぶれずに正しいことを教えていたと思う。
サイババは、どの神の名でも良いから、熱心に唱えろと教えていた。
『バガヴァッド・ギーター』で、至高神クリシュナは、他の神を拝んでも、それは結局は私を拝んでいることになるのだと述べていた。
クリシュナが神の中の神であるのなら、ただ「神」と言っても良いのであるが、そこは、クリシュナへの愛着があるのなら、クリシュナの名を唱えれば良いのであり、多くのインドの人々がそうであるように、ラーマ神が好きならラーマと唱えれば良いのである。
しかし、本質で言えば、どの神仏の名にも違いはない。

神にキャラクターはないが、人間は神に対するイメージを持たざるをえない。
ユダヤ教徒やイスラム教徒に多く見られるように、神を、恐い罰する存在と思うのは悪い面がある。
そこで、イエスは、「父なる神」、あるいは単に「父」と言い、神は人間を、あたかも父親が息子や娘に対するように、温かく優しく気遣う存在であると言ったが、それが最善のイメージである。
法然や親鸞も、阿弥陀如来のイメージを最高のものにしたところが素晴らしい。
『バガヴァッド・ギーター』でも、クリシュナは、恐ろしい面もあるのだが、本質は、やはり慈悲深く愛に満ちた神なのである。

個人的に、親しみ深い神仏があるなら、その名や、その神仏のマントラ(真言)を唱えれば良いし、ただ「神」という言葉を真言として唱えても良いのである。
そうすることで、あらゆる恵みを得られることは、これまで何度も書いたが、極めて科学的、論理的に正しいのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ