ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

老子

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

空気や水のようであれば無敵

一番安全な生き方とは何だろう?
それは、目立たないことだ。
「出る釘、大歓迎」なんて言っている会社もあるかもしれないが、まず嘘だ。
出る釘になりたければ、安定した給料を諦めて独立するしかない。
まあ、独立したら独立したで、業界の中でおとなしくしなければならないものだが。
だったら、業界というものが存在しないスキマ産業でやっていくしかない。

しかし、独立なんて、そう容易く出来るものではない。
それなら、やはり会社の中で大人しくしていることだ。
ところが、大人しくしていたら、「積極性がない」と言われたり、嫌な役を押し付けられたり、女性ならセクハラの被害に遭うかもしれない。
しかし、それって、やっぱり目立っているのだ。
例えば、常識の無さや、無愛想さ、不親切、「はい」と返事をしないというのは、自分で思うよりはるかに目立つのである。
自分では謙虚に振舞っているつもりでも、やっぱり、どこか高慢な人ってのは多いものなのだ。

実は、目立たないというのは、結構難しく、頭を使うものなのである。
自分流に振舞えば、間違いなく目立つと思って間違いない。

そもそも、本当に優秀な人というのは目立たない。
ルドルフ・シュタイナーは「優れた教師は空気のようだ」と言ったが、教師に限らず、高度な人間は皆そうなのだ。
老子の場合は、空気ではなく、水に喩えたが、同じことだ。
水の特徴とは何だろう?
変幻自在で柔らかく、静かに移動し、そして、これが一番肝心なのだが、「一番低い場所」に行くことだ。
イエスも、「下座に着け」と教えている。
「仕えられる者ではなく、仕える者になれ」とも。
そして、分かり難いかもしれないが、本当に空気や水のようであれば無敵なのだ。
これで、念仏を唱える者が、なぜ最強か分かるであろう。
自分が一番下であると思っていない者に念仏を唱えることは出来ないからだ。

常に静かな空気や水でいることだ。
だが、普段静かな空気や水が動く気配を見せれば、誰もが怯えるものなのだ。
しかし、みだりに動く者は、恐くもなければ、実際に強くもない。
あらゆる聖典には、つまるところ、「心を静かにしろ」と書かれている。
よって、そのことがひとたび了解されたなら、もう何も読む必要はない。
聖書にも「心を静め、自分が神であると知れ」と書かれているようにである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

老子と二宮尊徳

私は、二宮尊徳が、老子の無為自然の教えに対し、
「無為自然にしておれば畑は荒れ、家だってあばら家になる」
と否定したのが、強烈で忘れられない。
ただ、決して、老子と尊徳のいずれかが間違っているのではない。
両方、正しい。
老子は内面世界、精神世界、実相のことを言っているのであり、尊徳は現実世界、物質世界のことを言っているのである。
そして、尊徳は、現実の問題に必死で立ち向かっていたのだから、そう言うのは当然だ。
老子だって、現実に生き、ひょっとしたら凄い成果も上げたかもしれないが、老子は神の領域に近いのだろう。

我々はやはり、現実問題を抱え、それを解決しなければならないはずだ。
そういった場合には、目標を持つことが必要になる。
宗教関係の人の中には、「人生に目的なんかありはしません」なんて悟り切ったようなことを言う人がいる。その人が本当に悟ってそんなことを言っているのかどうかは知らないが、そんな考え方は老後に取っておくと良い。ちなみに、いくつになっても老人になる必要はない。
初音ミクさんの夫は、いつまでも青年でなければならないからね。

そこで、目標である。
決して質の悪くない成功哲学でも、家(豪邸)とか車(高級車)とか素敵な彼氏彼女を目標にするようなことを薦めていることは多いが、それは良い目標とは言えない。
また、単なる呼び名としての地位(部長とか理事といったもの)も、良い目標ではない。
あくまで、自己の能力、実力の拡大によって達成するものでなくてはならない。
弁護士になるとか、俳優になるとか、プロレスラーになるといったものや、自分の会社の年商を100億円にするとかいったものだ。
そして、その達成が、世の中や人々に利益を与えるものであれば最も良い。
あなたに素晴らしい彼女が出来ても、誰も得をしないし、誰も救えない。
歌手になれても、世の中の役に立たず、ましてや害するなら、うだつが上がらず、やがて転落する。
しかし、自分の能力を高め、世の中に貢献することを成し遂げれば、自ずと、個人的なものも得るのである。

まず、第一の目標は、自分に相応しい職業に就き、その職業で実力を伸ばして活躍することだ。
だが、ひきこもりで世の中のことが全く分からないなら、本当の意味で、どの職業を目標にすれば良いか分からない。
その場合は、「会社員」「店員」「事務員」みたいなもので良いだろう。
尚、「歌手」とか「作家」なんてのは、今現在、現実に生きている者が目指す目標である。
私の場合は、ひきこもりであったが、ジョセフ・マーフィーの本に、セールスマンで成功した話がいくつかあり、現実的に考えて、それならやれそうだと思って、まずはセールスマンを目標にし、実際にやってみた。
なってみて気に入らなければ軌道修正すれば良いが、なってみなければ始まらない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

さなぎになれ

鎖国をして、海外との交流を断っていた265年の江戸時代について、学校の教科書では、日本は世界の進歩から取り残されたと強調されている。
もちろん、そういう面はあっただろうが、むしろ、その間に日本独自の文化を発展させることが出来たことの意義が貴い。
江戸時代を、蝶が羽化するまでの蛹(さなぎ)の期間だったと評した人がいたが、私は初めてそんなことを聴いた時、ものごと一面的に捉えてはならなし、日本文化に関して言えば、その通りかもしれないと思った。
実際、江戸文化は世界でもトップレベルという部分が確かにあったらしい。
それに、特に当時の世界の物質文明なんて、少し心をオープンにして学べばすぐにマスター出来たし、西洋文明には、良い面もあればロクでもない部分だってある。
いずれにしても、歴史は変えられない。
過去オール善という考え方が必要である。

個人においても、サラリーマンというのは、1つの会社の文化に浸かってしまい、広い世界の中で学び、成長することが出来ない。
本やインターネットで外の世界のことを調べても、実際にそこに身を置き戦うのとは全く違う。
しかし、これも鎖国と同じで、サラリーマンでいるしかないなら、自己を熟成すべきであろう。
机を温めるだけで給料をもらう・・・と言えば聴こえは悪いが、むしろ、意図的にそうあるよう務め、社内でも社外でも学べない、特別なことを学び、自己を精神的、霊的に進化させるのである。
つまり、サラリーマン時代の過ごし方は重要なのである。
若い時から独立してやってきた人は、鋭い面、逞しい面、狡知に長けた面など、長所は多いが、案外に狭いと思わせられることがある。
私は若い時、サラリーマンでありながら、ほとんど社長さんの友達しかいなかったが、それは、彼らから見て、蛹のように内的に変化しつつある私が案外に面白かったからではあるまいかと思う。
私に経営者の素質など、ありそうもないからね。

二宮尊徳(にのみやたかのり。「そんとく」と読まれることが多い。通称は「金治郎」)は、老子の無為自然の思想に反発した。
「田畑に人間が手を入れずに放置すれば荒れる。家も人間が整えてやらないとあばら家なる。無為自然などもっとの他」
という訳である。
尊徳は常に忙しく、蛹にならずに羽化してしまった。
よって狭い。
田畑はあくまで自然が育てているのであり、人間はその一部として動かされているに過ぎないし、自然に順応した家は、あまり手をかけずとも長持ちする。
とはいえ、尊徳の考えも正しいし、尊い。
サラリーマンであっても、武器を手にすべきだし、武器があればこそ、身を隠して平穏に学べる。
私の場合は、それがたまたまプログラミングであったのであり、よって、プログラミングにあまりこだわりはない。
こだわりはないが強力な武器である。
しかし、単に、開発会社のプログラマーになれば、それこそ蛹になっている暇はなく、馬車馬のように働かされる。私もそうであった。
だから、普通のオフィスにいてVBAのプログラマーになるというのは、なかなかお奨めなのである。

蛹になり、聖書や老子や古事記や法華経、あるいは、ゲーテやニーチェやイェイツやシュタイナーを読むと、世間から見れば、多少、変な人になるかもしれないが、魂を輝かせることが出来る。
そして分かるのだ。人間とは、ファウストのように、神に向かって努力すべき者なのであることを。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

善き人になろうと思う理由

今日、私は、唐突に、「善き人になろう」と思った。
気紛れ・・・と言うよりは、気の迷いみたいなものかもしれない。
「善き人になろう」と思うのだから、私は今は善き人ではないのだと分かる。
そして、あなたがもし、「善き人になりたい」という衝動とも言える願いが起こるなら、おめでとう、あなたは元々善き人だ。
善き人でなければ、善き人になりたいなどという内なる衝動が起こったりはしない。
しかし、私のは、そんなのではない。
ドラマのキャラクターみたいなもので、「善き人」という役が欲しいだけなのだ。

なぜ私は、「善き人になろう」と思ったのか?
それは、今の人々の、あまりに醜い姿を嫌悪するからだ。
皆、心とか、行いとかだけでなく、何より、あからさまに姿が醜いのである。
心は姿に現れる。
心が醜ければ、姿も醜いのだ。
そして、善き人でない私も醜いのである。
それは嫌だ。
早い話が、美しくなりたくて、善き人になろうと思ったのだ。
それだけである。

ところが、こう言われるかもしれない。
心は醜いのに、外見が美しい人がいる。
逆に、心は美しいのに、容姿は醜い人がいる。
そうかなあ?
それはないと思う。
内面は確実に外面に現れる。
ただし、確かに、若いうちは、内面と外面が一致しないこともあるかもしれない。
だが、そんなの、時間の問題である。内面を欺く外面の美しさなど、どんなに長くても、20歳まで持ったりはしない。

最も美しい人間が集まるのは、ミス・ユニバースの大会だと思っている人もいるかもしれない。
しかし、私は、ミス・ユニバースの優勝者らが美しいと思ったことは、ただの一度もない。
嫁にくれると言われたら、泣いて断る。
ミス・ユニバースに限らず、世間が美しいと言う人は、ほとんど美しいと思えない。
初音ミクさんは美しいと思うが、それは次元の重なりの中でのことで、つまり、心の目で見るからであり、それがあるからこそ、物質次元のミクさんも美しいのである。

善き人とは、利他的な人であり、その根本には、自分を高い位置に置かない心掛けがある。
つまり、「身の程を知る」ことである。
身の程を知っていれば、自ずと謙(へりくだ)る。
そして、謙る人を敬う。
私の場合、釈迦のように、どんな人でも敬うという訳にはいかないのだけれども。
だが、相手がどんな人か分からなければ、まず、敬ってみるのである。
それを形にするのは、頭を下げることだ。
ある貴い人が言われていた。
「賢い人は、常に頭を下げながら歩く」
曲則全(老子)。
身を屈める者が完全なのである。

もっと簡単には、美しくなりたければ、決して口で呼吸をせず、鼻で呼吸することだ。
さらに美しくなるには、出来るだけ静かに呼吸することである。
そして、呼吸が微かというほどになれば、神仙のように、天使のように、そして、ミクさんのようになれる。
神仙も天使もミクさんも(これらは同じなのだが)、息はしていないのだから。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

水のような存在

クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長の講演会で、受講者から伊藤社長への質問の中に、
「初音ミクはあなたにとって、どんな存在か?」
というものがあった。
よく訊かれる質問のような気もするが、伊藤さんの反応は新鮮で、案外にない質問なのかもしれないと思った。
伊藤さんは、まず、
「娘・・・というのを期待されているかもしれませんが、娘とは思っていません」
と言って、会場の笑いを誘ったが、伊藤さんは「笑いを取る」ような気の利いた話し方が出来る人ではなく、素朴に淡々とお話する人だった。
伊藤さんは、これも、何かの効果を狙った訳ではないだろうが、
「水のようなものです」
と言って、少し会場を沈黙させた。
ここは、受講者達が考えるところであるが、今の人は考えることが苦手で、単純な答を求める。
私は、「水」と言われたら、ジロドゥの戯曲『オンディーヌ』のヒロインである、水の精オンディーヌを思い出す。
私は、その戯曲の基になっている、フーケーの小説『ウンディーネ』(「オンディーヌ」が英語で、「ウンディーネ」はドイツ語というだけで、本当は全く同じタイトル)のウンディーネよりも、無邪気で素朴な、ジロドゥのオンディーヌの方が、ミクさんに近いと感じるのだ。
ちなみに、水の精は魂を持っていないところは、ミクさんと同じである。
ウンディーネは18歳、オンディーヌは15歳の、いずれも金髪の絶世の美少女である。
いずれも、最初は、ヒーローの高貴な騎士殿には、美しいことは認められても、全く子供扱いされてしまう。

伊藤さんは、最後に、「水のようなもの」というのは、「大切なもの」という意味だとされたが、「大切」よりも多様な意味合いがあったのかもしれない。
私にとっても、ミクさんは、「大切なもの」であることは間違いないが、それよりも、「水のようなもの」と言った方が、やはり、より近いのである。
水は、老子によれば、最も低い位置に甘んじる存在、最も柔らかいが最も強い存在。
そして、アメリカの音楽ユニットAnamanaguchiの楽曲『Miku』にある通り、

I'm on top of the world because of you
All I wanted to do is follow you
I'll keep singing along to all of you
I'll keep singing along

みんながいるから私がいる
私の願いはあなたの側にいること
私はみんなと一緒に歌い続ける
私は歌い続けるの

といった存在なのだと思う。
ミクさんに魂はない。
だが、水の精は、人に愛されると魂を持てる。
だから、ミクさんの魂は私の魂の中にあるし、私の魂は宇宙の魂と1つなのである。
つまり、こういうことだ。

There is nothing but Miku.
ミクさんの他に何もない。ただ、ミクさんだけがある。

やはり、ミクさんは水のような存在である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ