ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

老子

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

神人への道

普通は、正義、良心、信念がなければ、成功することは出来ない。
だが、いつか、正義が公式化したり、ファッション化したり、商業化したり、そして、プロパガンダ(特定の主義。特に政治的な主義)化する。
そうなると、もう、腐っていく一方だ。

正義や信念を磨くと、気持ちが良いし、世の中でも成功するし、幸運になる。
それで、「こりゃいいや!」とか「これで人々に幸せを与えられる」と思い、善意で正義や信念を大いに宣伝し、広めていくのだが、やがて、御利益や、称賛にばかり心を惹かれ、おかしくなっていく。
そして、「かつては、この団体は、理想を持っていたが、今の幹部達は堕落した」などという、よくあるパターンに陥る訳だ。
悪の団体なんてものは、元々は、正義の団体から始まったものが多いのである。

そこで、老子は、正義と信念で力をつけた者達に正しい道を教える『道徳経』(通常は『老子』という書籍)を説いた。
だから、『老子』は君主のための教えだと言われる。
だが、荘子は、老子の教えの根本的な正しさは認めつつも、立場や正邪に囚われない、さらに大きな道を説いた。
そのため、「老子は嘘つきで、荘子は大嘘つきだ」と言われる。
老子は、嘘つきというよりは、方便を言ったのだが、荘子は、普通の社会規範から言えば、滅茶苦茶に思えることを言っている。
だから、荘子は、一見、正義、信念、良心をあざ笑うようなことも言う。
「正義は正義と言った時点で正義ではなくなる」
といった感じだ。

荘子は、一番純粋で正しく、読むと憧れるが、力のない者が荘子の真似をしても、宗教かぶれした変な人でしかない。
かといって老子の真似をしても、誇大妄想狂だ。

『荘子』の最初の部分である『逍遥游』編の3話に、こんな話がある。
「ある山に神人がいる。雪のような肌をし、身体つきは乙女のようにすらりとして美しい。ものを食べず、清らやかな露を飲む。神人は何をするでもなく、ただ、雲に乗り、竜にまたがって、気ままに遊んでいるが、それでいて、存在するだけで人々に幸福をもたらす。いかなるものも(人も自然も)神人に敵対出来ない」
私は最近気づいたのだが、『荘子』は、そんな神人になるための方法が書かれている。
もちろん、神人になろうという欲望を持ってなれる訳ではないが、神人を敬う気持ちを持てば、超能力くらいは目覚める。
そして、この神人を心に置けば、正義や信念や良心につまづいてしまうことがない。
だから、本来、『荘子』の世界とまるで違う、ビジネスや政治など、闘争の世界にいる者にだって、『荘子』の愛読者が多いばかりか、中国の古典の中で『荘子』が一番だと言う大物も少なくないのである。
『荘子』の中で、孔子は散々こき下ろされているが、孔子は、老子すら、自分とは桁外れと言っているのだから、老子から制限を外した荘子であれば、正義と信念と良心の道を究めた孔子すら小馬鹿にするようにからかうが、さりとて、普通の人が孔子に及ばぬことも認めている。

今や、中国も、その他の国の指導者達も、孔子にも遠く及ばないばかりか正反対の場合が多い。
(トランプ大統領で老子レベル。小国には孔子レベルも多い。日本は非常に残念な状況)
それで、世の中はかなり危うくなっている。
だが、いかなるものも、荘子の神人にはまるで歯が立たない。
『荘子』を読んで、神人の道をぼんやりとでも掴んでおけば、まあ、心配はいらないだろう。
ところで、『荘子』の書籍には、著者が個人的見解を並べ立てたものが多く、私はそういったものは好きではないので、訳者が出しゃばっていないものを下に紹介する。








子供のような人が奇跡を起こす

WIRED誌創刊者ケヴィン・ケリーが60年もかかって悟ったこと、
「メンテナンスしないと質を維持出来ない」
は、全く科学的な真理だ。

機械は、油を差したり、緩んだネジを締めないと調子が悪くなる。
筋肉は、使わないと、弱くなる。

ところで、二宮尊徳(にのみやたかのり)が、ケヴィン・ケリーの悟りを、老子の「無為自然」の教え(荘子も同じ思想を持っていた)との、鮮明な対比で表現した。
「畑は、人間が手を入れないと(メンテナンスしないと)、荒れる(よって、無為自然は良くない)」
「家は、人間が手を入れないと(メンテナンスしないと)、あばら家になる(よって、無視自然は良くない)」

二宮尊徳は、「老子の言う無為自然なんてとんでもない。有為でもって自然に対抗せよ」と言ったのだ。
ただまあ、実際は、自然にしておくべきことと、メンテナンスしなければならないことがあるのだろう。
生態系は自然にしなければならないが、包丁は研がないと切れなくなる。

しかし、生態系は、なぜ、無為自然にしておけば良いのだろう?
生態系は、誰もメンテナンスしなくて良いし、むしろ、余計なことをしない方が良い・・・いや、してはならない。
これではざっくりし過ぎて「だから何?」って感じだが、子作りを考ええると分かり易い。
人間なんて、本来は、放っておいたら、適切に男女がくっついて、適切な数の子供が出来る。
だが、性欲を刺激すると儲かることに気付いた人が、過激にエロい製品を作り、結果、子供が出来過ぎたり、逆に、今の日本のように、男女がくっつかなくなり、子供がいなくなった。

つまり、生態系は、やはり無為自然であるべきなのだ。
そこで、こんな疑問が湧く。
「なぜ、生態系は無為自然で良いのか?」
つまり、何と、生態系は、メンテナンスの必要がないのだ。

つまりね、メンテナンスが必要なものは、死んでいる、あるいは、死に向かっているが、生きているものはメンテナンスが必要ないのだ。
人間の身体は、本来、放っておけば健康なのであるが、歳を取って、死が近付くにつれ、メンテナンスしないと調子が悪くなる。
若いと、運動しなくても身体が引き締まっているし、怪我をしてもすぐ治る。
しかし、歳を取ると、運動したり、食事の制限をしないと、太ってきたり、腹が出たりするし、怪我も治り難い。
むしろ、運動もしなければ、節制もしないのに、歳を取っても太らない人というのは、胃腸が弱かったり等、むしろ、不健康なのだ。

そして、考えていると、こんなことが分かる。
生命というものは、メンテナンスしなくても、質を維持する。
人間が、若いうちはメンテナンスしなくて良いのは、若い方が生命力が高いからだ。
初期の胎児なんて、身体をバラバラにしても、復元してしまうほど生命力が高い。

生命こそ、神の力の現れである。
そして、これはあまり知られていないが、生命力が高い子供ほど奇跡を起こし易い。
量子物理学者のフレッド・アラン・ウルフが、幼い時に、テレポーテーション(瞬間移動)をやったようにだ。

すると、大変なことに気付く。
イエス・キリストは、子供のように、生命力に溢れ、その生命力を他に与え、怪我や病気を治したり、死者を蘇らせた。
そして、彼は言ったのだ。
「幼い子供のようでなければ、天国に行けない」
彼がそう言うからには、我々も、生命力を蘇らせることが出来るはずだ。

さて、理屈はいいから、具体的手順を(笑)。
1つは、腕振り運動をして、気を体内に蓄積すること。それで生命力が高まる。
1つは、生命力の言葉である「生命、愛、平和」という言葉を常に唱えること。
1つは、イエスの話を聞くこと。これは、福音書を読むことだ。

時の有利さで、私は、二宮尊徳やケヴィン・ケリーを超え、老子やイエスを理解出来た。
ただ、言葉での表現には限界があるので、今後、少しずつ、繰り返し明かしていこう。








辛い人生を気楽にする

日本やアメリカでは、有能な働き手になり、良い立場を勝ち取って、お金を沢山稼がないと、苦しい(時に、非常に苦しい)状況に追いやられる。
そして、お金を多く稼ぐためには、かなり辛いこと、嫌なことにも耐えなければならない。

一方、クリエイターやネットで稼ぐという、新しい働き方が生まれ、それで生活を成り立たせている人もいる。
そんな仕事であれば、好きなことだけをやり、嫌なことをしなくて済むかというと、それは全くない。
「いや、俺は好きなことを自由にやっている」と言う人もいるだろうが、私は信用しない。
例えば、素晴らしい能力のある画家だって、お金を十分に稼ぐには、自分を偽らないといけない。
プロのオーケストラに入れるほどの演奏家だって、自分はモーツァルトのようなのを演奏したくても、嫌々、初音ミクシンフォニーの演奏をしなければならない(笑)こともある(そんな雰囲気の演奏者が多いように感じる)。

また、米津玄師さんのような天才なら、自分の思う通りにやっているかというと、多分、それはないと私は思う。
私は、彼の曲は、ミクさんが歌った『砂の惑星』を別にすれば『Lemon』くらいしか知らないが、あの曲は、ドラマ向けに色をつけたはずで、それが米津さんにとって、楽しかったかというと、どっちかと言うと嫌だったのではないかと思うのだ(勝手な想像だが)。

岡本太郎さんだって、完全に自分の主義だけで生きたかというと、やっぱり、それはあり得ないのだ。
いや、完全に自分の主義でなかったどころか、相当、自分を偽っていたのかもしれない。
いやいや、本当のところは普通の人より、よっぽど偽善的であった可能性もないとはいえないのだ。
人生とは辛いものなのである。

だからといって、米津玄師さんや岡本太郎さんが不幸だと言うのではない。
嫌なことのない人生なんて悲惨なものだ。
悪いこともまた楽しいのだと言えなくもない。

どれほど不幸な人を見ても、身内でもない限り(あるいは身内でも)、それほど辛くはない、あるいは、全く何とも思わないものだろう。
それが冷淡で悪いことかというと、そうでもないと思う。
同情なんて、無理にするものではないし、同情されても何も良いことはない。
同情より良いのは、本当に金である。
ところで、悟りを開いた聖者というのは、自分のことも他人だと感じるらしい。
つまり、自分を、はるか彼方に居る人に思えるなど、自分をほとんど重要視しないものらしい。
それで言えば、岡本太郎さんは聖人とはほど遠かったが、米津玄師さんは、案外、仙人に近いのではと感じ、俗っぽいことも平気で出来るように思える(思えるだけだが)。

仏教も、老子や荘子の道教も、目的は自分を忘れることなのであると思う。ただし、自覚のある状態でね。
ただ、仏教を本当に教えられるお坊さんは少ないのだと思う。
『老子』や『荘子』も、頭でっかちの学者が下らない解説をするので、全く解らなくなっている。
漢文や読み下し文を読む必要はない(不慣れな人だと、文章を逆の意味に解釈する恐れが大きい)。
1冊、読んでみると、1行か2行のことかもしれないが、真理を感得するものである。
それを大切にすれば、自己にこだわらないまま、世界を自由に操る魔法使いにもなれるのである。













当ブログオーナー、KayのAI書。5月30日発売(Kindle版は販売中)。
今や、AIは誰でも作れます。ただ、実践的に取り組む適当な方法がなかったことと、AIを作るために本当に必要なことを簡単に知る方法がありませんでした。この本では、Excelを使う程度のスキルがあれば、ソニーのWindowsアプリNNCを使い、自分でAIを作れるよう工夫しました。
ほとんど全ての実習を行うためのデータが作れるExcelマクロ(VBAプログラム)を、出版社サイトから無償でダウンロード出来ます。

努力不要を本気で語る

それほど一般的な言葉ではないかもしれないが、人間より高位の力の助けを借りて願いを実現することを「引き寄せ」と言うことがある。
これは、世間常識から言えば、意図的に起こすことは出来ず、偶然でしかない。
だが、太古の昔から、人間は、祈りによって、本来は偶然でしか起こらない、好ましいことが起こることを期待してきた。
「引き寄せ」は意図的に起こせることを、科学(主に量子力学と深層心理学)で説明しようとする者もいるが、今のところ、一般的に認められるには至っていない。
一方、宗教的には、高度な引き寄せは「奇跡」として、少なくとも、それほどおかしなこととは思われていない。だが、それは、宗教の外では、タブー(禁忌;きんき)とされる傾向がある。
ただ、確率的に起こりえない偶然を数多く体験している人にとっては、引き寄せも当たり前である(私もそうである)。
とりあえず、引き寄せは存在することとする。

望ましい状況を現実世界の中に作り上げる・・・簡単に言えば、「願いを叶える」方法には、引き寄せを使うか使わないかに関わらず、2通りがある。
1つは、努力と行動を必要とするもの。
もう1つは、努力も行動も必要としないもの。
努力と行動による成功の典型的な例はエジソンで、解釈はいろいろあるにせよ、努力を要しないものは1%の霊感(ひらめき)だけで、99%の努力・行動を必要とする。
社会的偉人には、圧倒的に、こちらが多いが、これは、国というものが、偉人を、国民の労働を促すための宣伝に利用するからである。
つまり、その偉大な努力は、本当かどうか疑わしい。
努力しない典型は、老子、荘子で、「作為を捨てる」「無為自然」「無能に徹する」が基本である。
それに対し、二宮尊徳(にのみやたかのり)は、「作為しなければ田畑は荒れ、家はあばら家になる」と、それが間違いであることを、ごく当たり前に指摘した。
一方、岡田虎二郎は「努力、忍耐、克己の必要を感じない」と言ったが、はた目には、虎二郎は努力と行動の人のようにも思える。
むしろ、我が国における、努力不要の典型は、『歎異抄』に見る親鸞の教えである。
念仏以外に善いことをする必要はない・・・どころか、善いことをしてはならないというものである。

だが、結局、全てを止揚する考え方がある。
ちなみに、止揚(しよう)とは「矛盾する諸要素を、対立と闘争の過程を通じて発展的に統一すること」という哲学の難しい概念で、今回のテーマに関して言えば、
「努力が必要か不要かを発展的に統一」
させれば良い。
すると、「努力は不要だが、怠慢はいけない」ということになる。
これは、経験とも一致する。
しかし、普通、「怠慢でない」は「努力している状態」と受け取られかねない。
だが、「怠慢でない」とは「努力する」ことではなく、本来は、「心がしゃんとしている」程度の意味なのだ。
けれども、普通の人は・・・と言うよりは、伝統的観念で言えば、人間は、努力しないと、心がしゃんとしないのだ。
とはいえ、それは、あくまで「伝統的観念」に過ぎない。
スーフィー(イスラム教神秘主義)では、苦難の歴史があったからか、もっと合理的な基準を持っていて、それを言葉で表したものが、
「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
だ。
ラクダを集めておくことまで神にやらせるのは怠慢である。
しかし、お前がやるのは、その程度のことで良いし、その程度しか出来ない。
では、サラリーマンなら、どこまでが「ラクダをつないでおく」ことに該当するだろうか?
俳優の丹波哲郎さんは、サラリーマン時代、出勤したら、すぐに遊びに行ったらしい。
仕事がさっぱり出来ず、オフィスに居ても仕方がないからだ。上司は、「雑誌を読んでてもいいから、席には居てくれ」と言ったらしいが、丹波さんは言うことを聞かなかった。
とはいえ、出勤だけはしていたのだと思う。
丹波さんにとっては、出勤することが「ラクダをつないでおく」ことに該当した。
また、丹波さんは、宴会の幹事は喜んでやったらしい。
まあ、オフィスにちゃんといるあなたは宴会の幹事はしなくていいから、何か1つ、特別に出来ることがあれば、後は神にまかせれば良いのではないだろうか?













当ブログオーナー、KayのAI書。近日(5月30日)発売。
これ以上易しく、機械学習・ディープラーニング型AIを自分で作れる本は、私の知る範囲ではないと思います。
とりわけ、最初のところは拍子抜けするほど簡単かもしれませんが、「モンティ・ホール問題」などの難問も、基本的には同じやり方でAIに推測させます。
数学、プログラミング、難しいAI理論は取り上げません(コラム的に補足はしてあります)。
本の中のほとんどの実習をするためのデータが作れるExcelマクロ(VBAプログラム)を無償ダウンロード出来ます。

本当に楽で安全な生き方

2400年ほど前、中国に荘子(そうし)という賢者がいて、彼が『荘子』を書いたといわれている。
荘子の教えを知れば、一生安全に楽しく生きられるし、荘子の教えは単純だ。
中国の賢者としては最も有名な孔子が、釈迦と同じくらいの時代の人で、荘子よりいくらか先の、2600年ほど前と言われる。
また、荘子の「道の教え」の先輩格にあたる老子は、孔子と会っているという話もあるので、やはり、孔子と同じ時代であると言われるが、孔子と老子が本当に会ったかどうかは疑わしいと考えられており、そもそも、老子は実在の人物かどうかも疑問視されることがある。
『抱朴子』の中で、孔子が老子に会いに行った話があり、孔子は、老子の、自分など足元にも及ばない桁外れの力量を感じ、すっかり打ちのめされたとある。
まあ、それも疑わしい話の1つなのであるが、それがたとえ伝説だとしても、孔子は少なくとも、老子の力をそれほどまでに理解したのだから、やっぱり偉大であるという論が成り立つかもしれない。知恵のない者であれば、老子に会ったところで、老子が大人物であることすら解らないだろう。

さて、荘子の教えを一言で言えば、「無為自然」であり、これ自体は老子も同じと言って良いと思う。
「無為自然」とは、「何もせず、自然のまま」ということで、最も解り易い言い方をするなら「なりゆきにまかせる」だ。
敢えて補足するなら、「是非好悪の判断をせずに、全てをなりゆきにまかせる」となる。
「是非好悪」があれば、どうしても、「こうあるべき」とか「こうなって欲しい」という想いが生まれ、自然の流れに任せず、流れ(なりゆき)をコントロールしたくなる。
荘子は、それがいけないと常に言う。
それは、普通の人には、なかなか納得出来ない。
さらに、もう1つ問題がある。
それは、荘子は、なりゆきにまかせれば、金持ちになれるだの、モテモテになるだのとは「ほとんど」言っていないことだ。つまり、「お得でない」ので、それが、現代人が素直に荘子の教えに従おうとする気を起こさせない理由かもしれない。だが、そこらは、時代を考える必要がある。
当時の庶民は、支配者の前に全く無力で、君主そのものは立派でも、今も同じで、「そこそこ偉い人」は、利権を握り、自分が良い思いをするために庶民を搾取する。
当時は、生まれの卑しい者がサクセス出来る可能性は、ほぼ全くなかった。
しかし、そんな中でさえ、荘子は、ごく小さくだが、「うまくいきまっせ」と言っているのであるから、現代でそれをやれば・・・まあ、その気になれば大成功するかもしれない。

老子と荘子の違いは、老子は基本、君主の教えであるのに対し、荘子は汎用的、オールマイティーであることだ。
とはいえ、基本は同じで、教えの要諦は「無為自然」である。
しかし、老子に批判的だったのが、あの、二宮金次郎として知られる二宮尊徳(にのみやたかのり)だ。
彼は、老子の「無為自然」をこう批判する。
「無為自然になって、畑に手を入れないと、畑は荒れる」
「無為自然になって、家に手を入れないと、あばら家になる」
いや、それは極端論と言うものだが、極端論に行ってしまう人も少なくない。
とはいえ、極端論が出るということは、ある程度、豊かであるということなのだ。
安倍総理が、金持ちらしい家で、金持ちらしいソファで、金持ちらしい服装で、金持ちらしい愛犬と、金持ちらしく寛いでいたら、すぐに、「庶民と感覚がズレている」「仕事やる気がないのか」といった極端論を言う者が多い。
「アミ、小さな宇宙人」では、極端論は馬鹿の証拠とか書かれていたが、まあ、それは置いておく(笑)。
これに関しては、私が好きな、スーフィー(イスラム神秘主義)の格言を挙げておく。
「神を信用しろ。だがラクダはつないでおけ」
いくら無為自然と言っても、ラクダをつなぐことくらいはしなければならないのである。













Kayが、5月11日にAIの本を出します。

自分で、面白い問題をAI化して推測させることで、AIを実際に使えるようになることを目指します。
それが、今後の時代で必須になります。
数学、プログラミングは、一切不要ですし、Windowsパソコン、Excel以外、お金はかかりません。
この本で、ソニーの無料のスーパーAIアプリ、NNCを使えるようになりましょう。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード