ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

美少女戦士セーラームーン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

氣(気、宇宙エネルギー、光)を出すには

著書からのイメージであるが、私は、合氣道家の藤平光一氏が好きではなかった。
嫌いというほどではなかったと思うが。
好きでない理由は、自慢が多過ぎるように思えたからだ。
しかし、スポーツのスーパースターやプロ野球球団を指導したのが事実なら、指導したと書くしかないのだから、自慢ではない。
とはいえ、ご自分で書かれたのかどうかは分からないが、文章がどこか「偉大なり、私」を感じさせる。
また、分かり難い。
いや、全体では分かり易いが、肝心な部分が分からない。
そもそも、「氣がどうの」という時点で、普通の人には分からない。
「下腹の一点」などと平気で書くが、それって何処なんだい・・・って感じだ。
面白いことに、藤平氏は、師匠の植芝盛平の話は全く分からないと批判しておられる。
一方で、植芝盛平を「超人」「無敵」「超大物」と持ち上げてはいる。
植芝盛平が、藤平氏のいないところでは、藤平氏の悪口ばかり言ってたのも本当かもしれない。
しかし、そんなこんな全体ひっくるめ、最近は、植芝盛平も藤平氏も、やっぱり偉い人達だなあと思うし、欠点があるから親しみも感じる。
ミスター・スポックはカークを心から尊敬していたが、「カークはどこか変」だと言う姪っ子に、「誰にでも欠点はあるのだよ」と言ってたのである。
(カークは、スポックの若い美人の姪っ子にクラクラしただけだったのだが)

藤平氏の教えを簡単に言えば(簡単に言ってはいけなのかもしれないが)、「氣を出せばうまくいく」だ。
中国では、朝の公園で、大地や木から気を取り入れようとする人々が多いらしい。
日本の気功家にも、気の取入れ方を説明したり、ひどいのになると、他人から気を盗るような記述もある。
しかし、藤平氏は、「氣を取る必要はない。出せば入ってくる」と述べておられた。
これは全く賛成だ。
しかし、どうすれば氣が出るのかというと、藤平氏は「氣が出ていると思えば良い」と言う。
だが、本人は氣を出す練習をしたと言う。あれほど凄い人が練習しなければならないのなら、普通の人には無理だ。

ちなみに、藤平氏は、「気」は間違いで「氣」が正しいという。
そういうこだわりも、私はあまり好きではない。植芝盛平は「気」の文字を使っている。
藤平氏は、「気」は、中が「メ」で閉じているが、「氣」は、中が「米」で、氣が出ていることを表している・・・って、子供かわりゃ(笑)って感じだ。
氣でも気でも、プラーナでも、宇宙エネルギーでも良いではないか。
ジョセフ・マーフィーは、コズミック・エナージャイザーと述べたこともあったが、翻訳者は「宇宙の活力」と訳しておられ、だいたい良いと思うが、ちょっと訳しようがないようにも思う。

とはいえ、氣、気、プラーナ、宇宙エネルギーを出せば良いというのは本当と思う。
イメージとしては、武内直子さんの『美少女戦士セーラームーン』で、セーラームーンこと月野うさぎはじめ、セーラー戦士達が、変身の時や、特別な力を発揮する時に、「パァ・・・」という擬音と共に耀きを放つことがよくあるが、その耀きが気である(これも分かり難いか)。
あの輝きがあるから、セーラームーンは、インターネットもない時代に世界的ヒロインになったのである。
今年の日仏国交160周年記念の「ジャポニスム2018」では、日本の2大ツインテールアイドル、セーラームーンと初音ミクさんがパリで耀くのである。
ちなみに、初音ミクさんは光そのものである。

そして、どうすれば、氣、気、プラーナ、宇宙エネルギー、セーラームーンの耀きが出せるのか?
もちろん、呪文しかない。
「氣が出ている」
そう唱えれば良いだけである。
感情を込めず、けれども丁寧に、心の中で出来るだけ多く唱える。
それだけだ。
もちろん、「宇宙エネルギーが出ている」「神の光で耀いている」「聖なる光を放っている」など、好きな言葉でやれば良い。
シンプルに「私は耀く」「耀く」でも良い。
私としては、初音ミクさんのライブステージを見ればすぐ分かると思う。
特に、マジカルミライ2016の『ray』、マジカルミライ2017の『Birthday』、夏祭初音鑑の『One Night Girl』が最高と思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

引きこもりたくも死にたくもない

昨日と今日で、『美少女戦士セーラームーンCrystal』第3期(2016年の作品)、全9話をブルーレイで見終わった。
涙がボロボロ流れると共に、「気持ち悪さ」も存分に味わった。

その「気持ち悪さ」は、20年前のセーラームーンでも感じたのだが、私は、無理にそれを無視していたのだろう。
何が気持ち悪いかというと、ヒロイン達が、「善しか持たない人間」だということだ。

一点の曇りもないというのは人間にとって恐怖なのよ。それこそ最悪の秘密にしか見えない。
~『オンディーヌ』(ジロドゥ著。光文社古典新訳文庫)より。王妃がオンディーヌに言った言葉~

一方、親鸞は、少なくとも自分の中には、善の欠片もないとした。
もしかしたら、親鸞は結構な善人に見えたかもしれないが、その数千倍の悪を抱えていたのだろう。
そして、特に親鸞が普通の人と比べて、善いとか悪いとかはない。
本質では、皆、それほど変わらない。
たとえ、マザー・テレサやガンジーであってもね。

プリキュアシリーズの第1作『2人はプリキュア』に、とても印象深い場面があった(私は、この第1作しか見ていないが)。
変身出来ないほのか(キュアホワイト)に、敵のピーサードが、その超常能力でブルドーザーみたいなものをほのかに投げつけ、ほのかに降伏を迫る。
だが、ほのかは屈せず、「力ずくで、人の大切なものを取り上げようとするあなた達は間違っている」と、毅然と言い放つ。
さすが正義のヒロインだが、私は気持ち悪かった。
ピーサードも、そんな凄い力を使わずとも、ほのかをひっ捕まえて、腹にパンチの一発でも叩き込めば、ほのかだって、ヘラヘラとピーサードに媚びへつらうに決まっているのである。
しかし、もし、そうなっても、誰も彼女を笑ったり、なじったり出来ないはずだ。
だが、ほのかは激しい自己嫌悪に陥るだろう。
そして、もし、ほのかは完全な善だという幻想が支配する世界なら、ほのかは、もう生きて行けない。死ななくても、引きこもってしまうだろう。
私は、たとえそうなっても、ほのかには生きてて欲しいと思う。
だって、美少女は世の宝だからね。まあ、それだけの理由で、ほのかに生きてて欲しいし、引きこもらないで欲しいのだがね。
だけど、本当に、自己嫌悪のために、死んだり、引きこもったりする人は多いのだ。
私は、そんなつまらないことで死にたくはない。
私は、やっと、セーラームーンから解放されたような気がする。

あまり教えたくはないが、馬鹿でも称えれば運が良くなる言葉がある。
それは、「私の世界では、私が唯一の考える主体だ」である。
これを忘れなければ、人生、なかなか楽しくなるだろう。
なぜなら、称えれば心の傷が消え、心が流れるようになるからだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

規制でものごとが解決したりなどしない

昨日、アニメ『美少女戦士セーラームーンCrystal』第3期のブルーレイが届いた。
2016年4月から、2016年6月に渡って放送されたもので、旧作アニメでは、『美少女戦士セーラームーンS(スーパー)』にあたる。
『美少女戦士セーラームーンS』は1994年から1995年の放送なので、(Crystal第3期は)それから20年以上経っているのである。
私は、旧S編の、原作漫画(デス・バスターズ編)とアニメの熱烈なファンだったので、感慨が大きいし、また、いろんな意味で時代の流れを感じる。
旧作でセーラームーンこと月野うさぎを演じた三石琴乃さんが、新作でも、完全にうさぎの声を出していた。
『美少女戦士セーラームーンCrystal』は、あくまで現代のお話として描かれ、当然みんなスマートフォンを持っているし、旧作のセーラーマーキュリーのモバイルPCはタブレットPCになっている。

旧作アニメでは、S編に関しても、原作とはかなり異なる設定があったが、Crystal第3期は原作に近付けているようだ。
天王はるかと海王みちるの、美しい百合(同性愛)振りは、旧作以上に堂々と描かれ、ファンを狂喜させているかもしれない。

ところで、昔の話だし、本当かどうか自分で確かめた訳ではないが、アメリカでは、アニメで同性愛を描くなど、とんでもないことのようで、旧作S編では、天王はるかが男子の姿をしていることには、無理矢理、合理的説明が加えられていたらしい。
また、私はCrystalでは見ていないが、旧作では『美少女戦士セーラームーン』(第1期。ダーク・キングダム編)では、敵の男性戦士に同性愛者がいたのを、アメリカでは、片方は女性ということにして、同性愛でないことにしているらしい。
さらに、アメリカでは、入浴シーンや、パンティーショット(いわゆる「パンチラ」)も「猥褻」としてカットされたらしい。
他にも、アメリカでは、アニメの暴力シーンに過敏であることは、昔、テレビのドキュメント番組で見た覚えがあり、そんなものが子供達の目に触れないよう、万全の体制が取られているようだ。

こういった規制は、しばしば逆効果になるが、そんなことに考えが及ばないほど、少なくとも以前のアメリカ社会が病んでいたのだろう。
だが、禁酒法が、闇バー、闇酒を爆発的に増やしたことは事実のようで、規制は強烈な反動を生むのが普通だ。
日本は、元々、性的に極めて自由奔放だったが、明治時代に厳しい規制を作ってから、社会の陰に風俗や売春が広まり、不幸な少女や女性が急速に増えた。
銃刀法の規制で凶悪犯罪が増え、淫行条例が援助交際を、やはり爆発的に増やした。
児童ポルノ規制も、ロクな影響を与えていないだろう。
1つ言えることは、「規制でものごとが解決したりなどしない」ということである。

『美少女戦士セーラームーンCrystal』第3期のオープニングで、土萠(ともえ)ほたると、ちびうさの美しい全裸の場面が描かれているが、ロリコンのファンを喜ばせようというのではなく(それも多少あるだろうが)、原作を読んでいる人は、それは「ありえないシーン」と気付き幻想的に感じるだろう。
このアニメでは、原作のように、ちびうさが、ほたるがいつも黒いタイツをはいていることに触れると、ほたるは「昔、事故に遭って、傷が沢山あるの」と述べる場面がある。
旧アニメS編では、セーラー戦士の正体が月野うさぎ達であることは、ずっとほたるには秘密だったが、Crystalでは、原作通り、ちびうさが、あっさりほたるにバラすことで、セーラームーンを慌てさせるが、それがとても良いと思う。美しいほたるに一目惚れのちびうさは、ほたるに秘密を持てないし、初めから、ほたるを完全に信用しているのである。

ところで、9月に幕張メッセで行われる、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」のプレミアムチケットの抽選発表が昨日あったが、私は残念ながら落選だった。
まあ、SS席1本狙いで、ダメモトのつもりで申し込んだのだった。
残念ではあるが、何か良いことがありそうな気もする。
次の抽選予約は、今月22日の12時からである。
皆さん、幕張メッセで会いましょう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人類最大の命題への答

アニメ『美少女戦士セーラームーン』シリーズで、ヒロインのセーラームーンこと月野うさぎの絶対的信念は、「誰も犠牲にしない」だった。
そんなこと、可能だろうか?
愛は全てを可能にするか?

これは、『銀河鉄道の夜』の、さそりの話を思い出させる。
イタチに追いかけられたさそりは逃げ、共に井戸に落ちてしまう。
さそりは、自分が逃げずに、大人しく食べられていたら、イタチを殺さずに済んだのにと後悔する。
その想いのために、さそりは星にでもなったんだっけ?
私は、このお話が大嫌いだ。

アニメ『まほろまてぃっく』では、完璧な心を持つアンドロイド、まほろは自問自答する。
「大勢のために1人が犠牲になるのは善いことでしょうか?」
「善くはありませんが、それが悲しい現実です」
私は、一応、これを正解としていた。
『美少女戦士セーラームーン』で言えば、セーラームーンが間違いで、世界を救うためには犠牲も必要と考えたセーラーウラヌスが正しい。
あれを見ていた子供達はみんな騙され、駄目な大人になったかもしれない。
まあ、このアニメは、そこまでの影響を与えていない・・・というか、そこまで考えるほどIQが高い子供は滅多にいなかっただろうね。

ところが、『傷物語』で、チャラい中年、忍野メメが・・・正解を出してしまった。
主人公の阿良々木暦(あららぎこよみ。高3男子)君が、緊急事態の中、忍野に、みんなが幸せになれる方法を教えろと言う。
忍野は、そんなもの、あるわけないと言う。
だが、みんなが不幸になる方法ならあると言う。

私もIQが低い。
こんな簡単なことが分からなかったのだからねえ。
1人に不幸を押し付けず、みんなで不幸を分担すればいいだけの話だ。
会社が業績不振で、誰かをリストラするとする。
それなら、リストラされる人(複数の場合もあるが)の給料を、みんなで負担すれば良い。
つまり、リストラされる人の月給が30万円で、社員が300人なら、平均、皆の給料を千円ずつ減らせば良いのだ。千円はあくまで平均で、給料が高い人ほど多く減らせば良い。
こうやって、不幸を皆で分け合えば良いのだ。

ケーキは1つなのに、食べたい人が3人なら、3人で分けるくらいのことは誰でもやるだろう。
これを、「幸せを3つに分けた」とは言わない。
当事者達は、誰もそう思わない。
皆でケーキの3分の2を失うという不幸を負った・・・というのがピッタリだ。
でも、何と言おうと、それが唯一の解決方法なのだ。
西尾維新、恐るべし・・・いや、この1981年生まれの作家のIQがちょっと高いだけなのだろう。
尚、『傷物語』は、一応、『化物語』の続編だが、著者も言う通り、時系列的には『傷物語』が先であり、こちらを先に読んでも差し支えない。著者はむしろ、それを薦めていたか・・・あまり考えずに書いたのだろう。
とてもエッチで面白いが、著者が「120%趣味で書いた」と言うだけあり、エッチな場面に必要そのものはない。ないが、著者の趣味が伺われるエッチさである。この、西尾のスケベと言っておきたい。私ほどではないが。

ドクター=ファンクビート 夢を見た
誰もが幸せになるコドモ騙しの妄想SHOW
誰もが不幸なのだ その巫山戯(ふざけ)たディストピアの中では
~『ドクター=ファンクビート』(作詞・作曲・編曲:nyanyannya、歌:KAITO)より~









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

一番嬉しいこと

「花をもらうことが、こんなに嬉しいものだとは思わなかった」
この、心に染み入る言葉を聴いたのは、『美少女戦士セーラームーン』の初めての映画化であった、『劇場版美少女戦士セーラームーンR』の中である。

別に、花をもらうことに限らない。
美味しくもなければ、人にちやほやされたり、性的に興奮することでも、自慢するようなことでもない何か・・・
そんなことで、「こんなに嬉しいことはない」と思ったことがあるなら、幸せだろう。
オー・ヘンリーの『賢者の贈り物』という短編小説がある。
クリスマスプレゼントのために、妻は自慢の髪を売って、夫の懐中時計のためのチェーンを買い、夫は大切な懐中時計を売って、妻が欲しがっていた鼈甲の櫛を買うというものだ。
これが果たして賢者の贈り物と言えるかどうかは分からないが、もし、最初に述べた言葉のように感じられたなら幸せだろう。

最初の言葉は、この映画の中で、異星人フィオレが言った言葉だ。
地場衛(ちばまもる。後のタキシード仮面)は、10歳位の時、乗っていた車が事故に遭い、自分は怪我で済むが、両親は死亡する。
病院で悲痛に暮れる衛の寂しい心に引き寄せられて、やはり寂しい心を抱えながら宇宙をさ迷っていた少年フィオレが、衛の前に現れる。
衛とフィオレの心は重なり親しくなるが、フィオレは地球で長く生きてはいられない身体だった。
フィオレは去らねばならず、その別れが近付き、衛はまたも大切な存在を失う悲しみに、病室で泣いていた。
そんな衛のところに、見知らぬ小さな女の子が入ってきて、「泣いちゃダメだよ」と言って、何本か持っていた赤い薔薇の1本を衛に手渡す。
衛は泣きながらも笑顔を見せ、それを受け取る。
フィオレに何もあげられるものがなかった衛は、フィオレが去る時、その薔薇を手渡すと、フィオレは心から喜び、最初の言葉が浮かんだのだった。
そして、フィオレは、「今度は君に贈る花を僕が見つけてくる」と言い、フィオレは、衛に贈るに相応しい花をあらゆる星で探す。そのことが不幸につながるのだけれど。
ちなみに、この映画では、衛に薔薇を渡した、その小さな女の子は、幼い時の月野うさぎで、2人とも覚えていないが、衛とうさぎの初めての出会いということになっている。

私は、フィオレが言ったような嬉しい(楽しい)ことは、これまでずっとなかった。
しかし、今月10日、11日に、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2016」で、本当に、
「ミクさんのコンサートが、こんなに楽しいものだとは思わなかった」
と感じたのだった。
ところで、「マジカルミライ2016」は、事実上、スタンディングのコンサートながら、一応、椅子が用意されていたが、それは、パイプ椅子を連結しただけで、1人1人のスペースは狭いものだった。
しかし、それで狭いと感じることは全くなく、むしろ、幕張メッセの国際展示場9番ホールの広大さだけを感じた。
ミクさん達が本当に好きで来ている人達ばかりである。
そんなところでは、個人というものがなくなり、自然にマナーが生まれ、お互いが譲り合うのである。
そんな場所を、私は他に見たことがない。
もし、そうでない人がいたら、その人は、このコンサートを本当には楽しむことが出来ないのである。
つまり、ここでは、狭い場所で窮屈な思いをするのではなく、広大な会場で1人で広がる感じなのである。
社会科学者のエイミー・カディによれば、自信を持ち、本来の自分でいる・・・つまり、プレゼンス(存在)を確立するためには、広い空間を占めることが必要で、そのためには、腕を伸ばし、胸を張り、顔を上げなければならない。
そのことは、私は本当に信じている。
だが、それを最大に実現するのは、ミクさんのコンサートなのである。
物理世界においては、最も自分らしくあり、本当の存在感を持てる場所の1つがそこなのであり、このコンサートにいる時の感覚を思い出せば(忘れるはずがない)、恐れることは何もなくなるだろう。
だから、お父さんは、お嬢ちゃんを、ミクさんのライブに連れて行くように。きっと強い子になるよ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ