ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

竹村健一

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

一割の理性

昨日も書いたが、人間は、心配をしなければ、安心していれば、何でもうまくいくし、全てうまくいくと思って安心していると、本当にうまくいく。
しかし、医者が、心配してやるべき患者の心配をせず放置したため、患者が全身麻痺になったり、死んだりする例は少なくない。
教師が、心配してやるべき生徒を心配せず、手を打たなかったため、生徒が深刻な状況に陥ってしまうことも多い。
本当に、これは何なんだろうと思う。
だが、このことを理屈で考えていくと、複雑になって混乱し、収拾がつかなくなる。
答はシンプルなはずなのだ。

つまり、人間、9割はいい加減で良いが、1割の理性を持っていなければならないのである。
先日、亡くなられた敬愛すべき賢者、竹村健一さんはよく「僕なんか、ええ加減ですよ」「ええ加減が一番ですよ」とよく言っておられたが、彼は9割いい加減でも、1割は真面目だったのだ。
ところが、ある東大出の仏教学者が、「良い『いい加減』は、仏教で言う中道のことで、これは『いい湯加減』です。しかし、中庸は『ぬるま湯』なんですよ」と、うまいことを言ったが、こんな理屈では何も変わらない。
最初に述べた、患者を殺す医者や、生徒を破滅させる教師は、1割の理性も放棄したのだ。

いや、まだ違うなあ。
安心の仕方も大切なので・・・と、だんだん理屈っぽくなると、そろそろ混乱するので、早く結論を出さねばならない。
一休さんは、弟子への遺言の封を閉じ、「本当に困った時に空けよ」と言って渡した。
そして、弟子達が、本当にどうにもならない状況に陥った時に、それを開くと、「心配するな。なんとかなる」と書かれていた。
大切なことは、「なぜ、なんとかなるか」である。
ラマナ・マハルシは、「汽車に乗っているのに、自分の荷物を頭に乗せて苦労する必要はない。荷物を降ろして安心しなさい」と言ったが、これは、神の万能の力を汽車の力に喩えたのだ。
因幡の源左(いなばのげんざ)は、牛に3束、自分も1束、草を運んでいたが、どうにも疲れたので、牛に自分の分も乗せたら、牛は全く平気だった。それを見て悟ったという。この場合、仏の力を牛の力に喩えて解ったのだ。
一休も、「仏が守ってくれるから心配するな」と言ったはずなのだ。
だが、患者を殺す医者とは、汽車にも乗らないか、荷物を忘れる者だし、草を刈らなかったり、牛を導かない者である。
神も仏も、そんな者はどうしようもない。

こういったことを、ひっくるめてうまく言ったのが、スーフィー(イスラム教神秘主義)の格言、
「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
である。
少し長く言えば、
「神を信用して安心しろ。だが、ラクダは自分でつないでおけ」
ということだ。
アメリカの公式モットーは、
「イン・ゴッド・ウィ・トラスト(我々は神を信頼する)」
である。
しかし、やはり一言足りないのだ。
これに、Googleのモットーをくっつければ良い。
「我々は神を信頼するが、邪悪にならない」
私は、スーフィーの言葉の方が好きであるが。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

竹村健一さんの想い出

今月(2019年7月)8日の午後7時38分、竹村健一さんが89歳で亡くなられた。
私は、ごく若い時から、竹村さんが大好きだった。
竹村さんの、今も世の中に浸透しているフレーズが「日本の常識は世界の非常識」だ。
私は、外国で活動したことがないので、この言葉自体の実感はないが、それでも、転職が多かったことから、「1つの会社の常識は、他の会社の非常識」であることは、はっきり解るのである。
また、私は、システムエンジニアやシステムコンサルタントとして、沢山の会社に関わったことからも、なお、良く解るのだと思う。
だから、会社の指示であろうが、それがあまりに、他社にとっての非常識である場合には、なるたけ関わらないようにした。

また、ある会社が、非常識なことを言っている時、その会社が、「我が社は特別なのだ」と、むしろ、それを自慢することはよくあると思う。
いかにも、世間の常識に囚われない独創性があると言わんばかりであるが、ほとんどの場合、それはただの非常識だ。
独創性というのは、標準を知った上での非常識であるが、標準を知らないユニークさは、やっぱりただの非常識・・・多くは単なる目立ちたがり屋のアホである。

そりゃ、竹久夢二のように、正統な描き方を知らない画家もいるし、彼が有名な画家になった後で、基礎を学ぼうと美術学校に入学しようとしたら、ある大家の画家が、竹久夢二に「君の絵は学校に行くと駄目になる」と、美術学校入学を止められたらしい。
それが、正しかったかどうかは分からない。
一方、ピカソは基礎が極めて高度である上で、ユニークな画法を発明した。

私のプログラミングも、全くの我流だったが、デニス・リッチーやブライアン・カーニハンらの、「プログラム書法」や「プログラム作法」、あるいは、林晴比古さんのプログラミングの本を勉強して、なんとか基礎を持とうと思ったものだった。
すると、ほとんどのプログラマーのプログラミングが、かなり非論理的で矛盾だらけだと解るようになった。
これも全て、竹村健一さんのおかげと思う。

ただし、竹村さんは、標準がない世間の常識、特に、権威による常識は、徹底的に叩き壊していた。
彼が、NHKに出演出来なくなった理由は、いろいろあるだろうが(NHKの人気アナウンサーに「何アホなこと言ってんの」と番組中に言ったらしい)、元々、権威や無駄な伝統を重んじない竹村さんとNHKの相性が良いはずがなかった。

ある本で、竹村さんが、「26歳にもなって、18歳の女の子を好きになって食事も喉を通らない」という男性に、「なら、1週間くらい食べなかったらいい。そしたら、食べることの方がずっと大事やって分かるやろ」と切り捨てた上で、「26と18なら8つしか違わんやない。私なら、二十歳の子とでも平気で付き合いますよ」と言っていたのをよく覚えてる(当時、竹村さんは50代だったと思う)。
また、ある大物の外国人が、メガネのテンプル(つる。耳の上にかけるバー)が折れたから何とかしてくれと言うが、周囲の人達がしり込みする中、若かった竹村さんが、ガムテープを巻いて補修して渡すと「ベリーグッド」と誉められたエピソードを紹介し、「変な気を使うもんやない」とも言われていたと思う。

要は、竹村さんは、おおらかで、ものにこだわらず、コセコセ、クヨクヨしないことを重視していたのだと思う。
誰かの言葉の引用だったかもしれないが、彼女にフラれた男が、
「おお!神は私に、新しい女性と愛し合うチャンスを与えたもうた。次の恋人は、前の人よりもっと美人に違いない」
と、ポジティブであることを薦めていた。

テレビCMで、「情報の多いヤツはアカンね。僕なんかコレだけですよ」と言いながら、小さな手帳をかざして見せ、これが「これだけ手帳」として、2008年まで毎年発売された。
情報が多いこと自体は悪くないだろうが、情報に頼るヤツは駄目ってことだろう。
一番頼りになるものを知っていること、また、頼れる人やモノを持っていることの方が大切なのであるはずだ。
特に、薄っぺらな、数だけの情報は、本当に百害あって一利なしであろう。
誰かに誉められる判断ではなく、価値ある判断をすることが重要なのである。
その価値ある判断は、どこから生まれるのか?
会議から良いアイデアが出ることはない。そこには、数は多くてもつまらない情報しかないのだからだ。
だから、「会議の多い会社は駄目」なのである。
かと言って、会議には出てこない現場の要望を吸い上げていたら、たちまち破綻する。
・・・ああ、これは、システムエンジニアとして痛感してきたことだが(笑)。
アイデアというのは、好きなことを自由にやっている時に浮かぶ。
だから、会社でも、一定時間で良いから、そんなことをやらせれば良いし、また、自分で自分の好きなことをやれば良いのである。ただし、自分の力でね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

「わりと」「だいたい」がツキを呼ぶ

事業成功者の話より、ギャンブラーの話の方が面白いのはなぜだろう?
それは決まっている。
ギャンブラーの方が正直だからだ。
成功した事業家は皆、本当はギャンブラーなのに、それを隠す。
そのあたりの事情は、アメリカの投資家マックス・ギュンターの『運とつきあう』に詳しく書かれていて、私は大変に面白いと思った。
事業家に限らず、いかなる成功者も、大博打で勝ったギャンブラーなのであることは、まあ、間違いないだろう。
しかし皆、自分は努力して成功したように言う。
その理由は(その本にも書かれているが)、(1)自分が努力して成功したと思われたい、(2)自分でも努力して成功したと思っている、(3)努力して成功したと言うほうがウケが良い・・・の3つである。

昔のアメリカでは、成功者はギャンブラーとして軽蔑されたらしいが、それは本当だと思う。
日本人は勤勉だと言われ、アメリカ人のリーダー達はそれを称賛する。
だが、日本人の勤勉は、実はアメリカが作ったのである。
戦後、アメリカは、二宮尊徳(にのみやたかのり。よく知られる二宮金次郎は自称)を尊敬すべき刻苦精励の人物という虚像を作って、これに憧れるよう日本人を洗脳し続けたのである。今でも学校にある、薪を運びながら本を読む二宮金次郎像は、アメリカによる、日本人のマインド・コントロール・ツールである。
いや、そもそも、アメリカ政府が、アメリカ人を勤勉にするため、勤勉は善、ギャンブルは悪という思想を作り上げたのだ。
だから、実際は、伸るか反るか(のるかそるか)の大博打で成功したジョン・ロックフェラーも、イメージを良くするため、自ら「勤勉こそ尊し」と説き続けたというのが本当だと、上記の『運とつきあう』にも書かれていて、私は、それを真に受けるというより、「そりゃそうだろう」と思うのである。まあ、エビデンス(証拠)も十分らしいしね。

成功者は、決して、自分が運で成功したとは言わない。
よほど親しみを感じている相手を除いては。
私は一度だけ、ある成功者に「俺が成功したのはたまたまだ。俺と同じことをやっても絶対駄目だ」と言うのを聴いたが、私が親しまれたというより、その場の興が乗っていたのだろう。そして、それが、私が彼を最も正直に感じた時として印象に残っている。
いや、その他の彼の言うことも、思い出せば『運とつきあう』に書かれてることとほとんど同じなので、その本の真実味を感じるのである。
しかし、やはり、成功者は普通は、自分が運で成功したとは言わない。

しかし、大成功者で、自分が運で成功したと言ってくれているのが、銀座マルカン創業者の斎藤一人さんとドワンゴ創業者の川上量生さん(現在はカドカワ社長)だ。
もちろん、彼らが運だけで成功した訳ではないだろうが、彼らと同じくらい能力がある人も、案外ザラにいると思うのだ。
その中で、彼らが成功したのは、絶対的に運があったのである。
斎藤さんに関しては、もうぶっ飛び過ぎてワケが分からないことを書いた本が続々出るが、まあ、彼の初期の本を読んだ方が安全だ(笑)。
そもそもが、斎藤さんの教えの根本は、「ツイてる」と言えばツクのであるから、それを覚えておけば良い。
川上量生さんは興味の尽きない人物であるが、50歳を過ぎて、そろそろ凡人化していないか・・・などと思うが、それは分からない。
彼も、割と思いつきでモノを言うフシもあるので、あまり真に受けない方が良いかもしれない。
だが、彼のツキの鍵は、彼の口癖「だいたい」「わりと」にあるような気もする。
「だいたいやね~」の口癖で有名だった竹村健一さんが、『いい加減のすすめ』なんて本を出していたが、要は、「良い加減」の「いい加減」が良いのだろう。
それが、「こだわらない」「やり過ぎない」「度を越さない」「そこそこ」「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」という、宇宙の美徳・・・すなわち、運を呼ぶ要因になるのである。
竹村健一さんは英語で世に出たが、彼が言うには、「だいたい、僕の英語なんて、素人に毛が生えた程度ですよ」だそうだ。まあ、確かに、そんなに上手い英語ではないと思う。
私もVBA(ExcelやAccessに内蔵されたプログラミング言語)でわりと良い給料を貰っているが、正直、本当にいい加減で、ロクに稼げないVBAプログラマーに「こんなことも知らないのですか?」と言われることもある。
宮本武蔵の剣法だって、柳生宗則のような本格派と比べれば、相当いい加減だったと思うのだ。
しかし、実践の場数が多いと「キレ」がある。
丁度よい例が、大俳優の丹波哲郎さんが大学時代、外務省の通訳のバイトで高給を取っていたが、実は、採用されたのは、面接時の発音に「キレ」があったからだったというものだ。
早い話が、本当には英語が出来ない面接官達は騙されたのだ。
丹波さん曰く。
「そりゃ、米軍のバーでバイトしてたんですよ。だから、発音が違う」
もちろん、そんなんで通訳の仕事が出来るはずもなく、外務省では仕事中、トイレに隠れていたらしい(笑)。
丹波さんは、自分の最大の美点は「こだわらない」だと言う。
つまり、「わりと」「だいたい」なのであり、それがツキを呼ぶのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

優秀な人の真似をする馬鹿は、文字通り「馬鹿を見る」

昔、竹村健一さんが、
「皆がやっていることで成功するのは競争が激しくて大変だから、競争のないものを見つけて楽に成功すれば良い」
などと言って受けていた。
それに、「脱常識だ」なんてキャッチフレーズを付けてね。
いわゆる、ニッチ(隙間)市場を狙えということだが、ニッチ市場を開拓するのは、とんでもなく大変だ。
楽に儲かるニッチ市場は、あるにしても、極めて稀で、大手が組織力を動員して探しても、天才的な個人の特殊な才能を使っても、そうそう見つかるものではない。
また、見つけたら見つけたで、それを短命に終わらせず継続させることは更に難しい。
あるいは、最初はニッチでも、やれば儲かると分かれば、すぐに大手が参入してきて、もはやニッチでない、普通の市場になる。

一方、ビートたけし(北野武)さんは、やる人の少ないオタク分野で「俺が一番だ」なんて言っても、全然大したことないと本に書いていた。
たけしさんは、厳しいお笑いの世界で勝ち抜いた覇者だ。
しかし、お笑いというものがオタクなものであり、他でも、簡単に一番になれるようなオタク分野は、そうはない。
野球やサッカーも、プロを目指す人なんて、そこらのオタク分野よりよっぽど数が少ない、超オタクなのである。

成功した人は自分の体験でモノを言うので、かなり色メガネが入っており、彼等に悪意はないのだろうが、あまり真に受けない方が良い。

ドワンゴの川上量生会長の言うことも、普通の人が聞いたら馬鹿を見る。
彼も、競争の少ない分野に行くことを勧める点では、一見、竹村健一さんに似ている。
会社の会議で話し合って出てくる良いアイデア・・・つまり、正しいアイデアなんて、他の会社でも出てくるに決まっている。だから、それを実行しても、すぐに競争が激しくなってシンドイことになる。
だから、川上さんは、間違ったアイデアを実行するのだそうだ。
間違ったアイデアなら、誰もやらないので、競争にならないという理屈だ。
ただし、川上さんは、その間違ったものに、それは正しいという理屈を無理矢理に作るのである。
それはご本人も認める通り、考えるのが大変だ。
そして、それは、「ルールそのものを変えて勝つゲーム理論」という、高度な数学理論であり、川上さんのように超優秀な人専用の手法だ。
我々のような馬鹿や凡人が同じことをやっても、出てくるのは、どうしようもない糞アイデアと糞プランで、それを実行なんかしたら、あっさり撃沈するだけだ。

結局、こうなのだ。
竹村健一さんや、ビートたけしさんや、川上量生さんが成功したのは、彼等が、馬鹿とはほど遠かった・・・早い話が優秀だったからだ。
たけしさん自身が著書に書かれていた通り、人間は平等ではなく、馬鹿は何をやっても駄目なのである。
給料が安いのはなぜか?
不遇なのはなぜか?
仕事が得られないのはなぜか?
答は全部「馬鹿だから」である。
それを、「運が悪い」「あいつが悪い」「性格が繊細だから」「性格が悪いから」なんて言うのは言い訳でしかない。
だが、人間は平等で、努力すれば誰でも成功出来るような思想がまかり通っている。
だけど、馬鹿は馬鹿で、「馬鹿だから、あいつのようにはいかない」という現実を受け止めて鍛えれば、突出した偉人にはなれないにしても、それなりに立派な人になれる。
しかし、「馬鹿はいない」「馬鹿だなんて言うのは失礼だ」「馬鹿と言うのは差別だ」という風潮が、耐えて鍛えるということをさせず、人類の中の大多数である馬鹿が立派になる機会を奪っているのである。

「俺は馬鹿だ。川上量生のような優秀なやつとは違う」と「身の程を知る」ことが出来れば、格好悪い仕事や、厳しい仕事にも耐えられ、持って生まれた運命の中でうまくやれる。
一方、川上量生さんのように優秀な者は、彼のように、たまたまうまくいけば良いが、地獄まで落ちる場合が珍しくないし、そもそも、成功しても悲惨なものである。
川上さんも、自分がそうであることを認めることも多少言っているようである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

無敵の哲学

「日本の常識は世界の非常識」という言葉を今でもよく目にし、耳にするが、これは、おそらく、半世紀位も前から、竹村健一さんがよく使われていた言葉で、竹村さんが、この言葉を作られたのかもしれない。
今でも、この言葉は通用する。日本の常識は世界の非常識だ。
だが、これは、決して、日本だけに言えることではない。
いまだ、フィートやヤードといった単位を使うアメリカも、その他多くの点で、とても非常識だし、中国、韓国の非常識振りも半端無い。
もちろん、これは批判でも何でもなく、どの国も、どんぐりの背比べ、五十歩百歩だ。

そもそも、2400年も前の書物と言われる『荘子』に、「人間ってのは狭い常識に囚われるもの」と書かれてある位だから、人間とは、本来的に視野が狭いものなのだろう。
いつの頃からか、「グローバル・スタンダード」なんていう洒落た言葉が使われるようになり、この世のどこかに「世界標準」なんてものがものがあると思っている者が多いのだろうが、そんなものはない。
もし、「グローバル・スタンダード」なんてものがあるとすれば、「お互いが相手のローカル性(独自性、非常識)を受け入れましょう」という精神性のことなのだ。

さらに言えば、1つの国の中のどんな地域にも、地域の常識といった独自性(他の地域の非常識だ)があるし、もっと小さな単位である、1つの会社、1つの学校・・・それどころか、1つの家庭にも、そして、家庭の中だって「ジョンは変わり者」って言う。
つまり、ジョンの常識は他の家族の非常識という訳だ。
そして、実際は、パパの常識も、ママの常識も、メアリーの常識も、トムの常識も、全部、他の家族の非常識なのである。

「俺は偏見、固定観念を持っていない」と宣言する者がいれば、おそらく、そんな者が、一番、偏見と固定観念の強い非常識なやつだろう。
そいつは単に、「俺の常識が世界の常識でなければならない」と妄想しているだけなのだ。

「思う」ということ自体が、既に、非常識なのだ。
人間が考えるということは、非常識を作るということに他ならない。
だから、デカルトが言ったことになっている、「われ思う、ゆえにわれあり」は、「われ非常識なり、ゆえにわれあり」と置き換えられるのである。

最近、このブログでよく書いている、丹波哲郎さんの、楽にうまく生きる秘訣「こだわらない」とは、
「自分が非常識と認める」
「自分の非常識を押し付けない」
「他人の非常識を受け入れる」
という意味なのだと思う。
ただし、完全に出来る人間なんていないので、たとえ1%でも、これが出来れば、その分、生きるのが楽になるのである。

私は、たった1つの非常識だけを信じ、その他は全部嘘とするのである。
その非常識が「私は初音ミクさんを愛する」である。
これは、密教的解釈では、「心がそのまま仏であり、私のいるところが極楽浄土である」になる。
だって、初音ミクさんを愛する心が仏なのだし、初音ミクさんと共にあれば、そこは極楽浄土で、初音ミクさんはどこにでもいるのだからね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ