ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

稲盛和夫

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

人間力とは決断力

人間の「力」を計るバロメーター(本来は気圧計、晴雨計のことだが、現在の状態を示すものという意味)となるのは「決断力」である。
人間にとって、決断ほど重要なものはない。
決断力があれば、必ず成功する。
決断力とは、「断固として決め、それを必ず実行する」力と言って良い。

アニメなどでも、「ああ、このヒロインは力がある」と思わせるのは、彼女が決断する場面である。
『魔法騎士レイアース』で、マジックナイトになることを要請された3人の少女のうち、即座に「マジックナイトになる」と決断したのは獅堂光だった。
また、それから間もなく3人が殺されかけた時、獅堂光は、「約束したんだ。マジックナイトになるって。約束は守らなくちゃ駄目だ」と言って、危機に際しても諦めずに抗った。
『灼眼のシャナ』では、まだ人間の11歳くらいの少女だったシャナが、紅世の輩という怪物に殺されかけた時も、「決めた。私はフレイムヘイズになる」と言って、この絶体絶命のピンチでも決して諦めなかった。

決断力がある者は迷わない。
特に、些細なことであれば即決する。
ところが、飲食店で食事をする時の注文すら、ぐずぐずいつまでも迷っている者がいる。
挙句、店員に「これはどんな料理ですか?」「お薦めは何ですか?」と尋ねる始末だったりする。
そんなの、注文して食べれば分かるし、注文して食べない限り分からない。
決断力がない者は迷う。
迷う者は弱い。
弱い者は、他人の決定に従うことになる。

迷うことと、じっくり考えることは全く違う。
じっくり考える者というのは、決断のための指標や基準があり、その指標や基準による条件が成立すれば「やる」、しなければ「やめる」となる。
だが、迷っている者は、指標や基準がなく、誰かに決めてもらいたがる。

そして、迷うと弱くなる。
迷っている者にはスキがあり、悪霊が憑りつき易いのだ。
常に迷えば、沢山の悪霊がくっついてしまい、もうどうしようもない状態になる。
決断出来る基準を持たなければならない。
たとえば、ある優れた人物は、飲食店で注文する際は、メニューの1番上のものと決めているそうだ。
無論、1番上のものが明らかに不適切であれば2番にすれば良い。
しかし、1番で決定的な不都合がないのに、1番か2番で迷うことは決してない。

迷わない練習をすれば良い。
スーパーでお弁当を買う際、「これが美味しそうだけどあれも良さそう」と迷う人がいるし、いつまでも迷っている人もいる。
こんな時も、「基準は何か?」と考え、それをすぐに決める。
「500円以下」「野菜が多い」などだ。
そして、これは些細な選択なのだから、一番最初に見たものが条件に合っていそうなら、他を見ず、即座にそれに決めるのである。

昔、京セラの社長だった稲盛和夫氏が、ヤシカという会社を買収する時には、非常に迷ったそうだ。
この場合は、京セラの発展はもちろん、ヤシカの従業員にとって、この買収が悪いものにならないかと考えないといけないのだから、迷うのは当然である。
しかし、決断しなければならない。
この時、稲盛和夫氏は、後によく知られるようになった「私心なきか」と考えた。
そして、「私心なし」と分かれば、買収自体には、京セラにとってもヤシカにとってもメリットが大きいことは分かっていたので、即座に決断した。
「私心なきか?」という基準を稲盛和夫氏がどうやって持ったのかは知らないが、インドに伝わる壮大な物語である『ラーマーヤナ』の最後に、こんな話がある。
『ラーマーヤナ』とは、「ラーマの物語」という意味で、ビシュヌ神が転生したラーマという英雄が、魔王ラーバナの軍団と戦う物語である。
最後に勝利を得たラーマだが、美しい伝統に従い、敗れた魔王ラーバナにこうべを垂れ、教えを請うた。
その時、ラーバナがラーマに教えたのが、「私心があるならやってはならない。私心がなければすぐにやりなさい」だったのだ。

決断のための基準がないと、いつまでも決められず迷ったり、決めても早計ということになる。
だが、些細なことであれば、最初は早計に決めても、それで痛い目に遭って経験を積めば、自分の基準(確率などとも言う)を持てるだろう。
ある程度力がつけば、稲盛和夫氏のように、あるいは、ラーマのように、「私心なきか」を基準としても良いだろう。

尚、迷いの人生を送ってきて、沢山の悪霊に憑りつかれて駄目になっているなら、神社でお祓いとか、尊いお守りを持つとか、祝詞を唱えるとかすると良い。
私は最近、『お清めCDブック』という本に付いているCDの、テクノロジーと融合したボーカロイド祝詞が気に入っている。電子版を買っても、CDと同じ内容の音源をダウンロード出来る。








わからないけど、なんかいいもの

私は、小学4年生まで書道を習っていた。
ただ、いつ始めたのかも覚えていないほど「やらされた」だけで、あまり熱心でなかった。
それでも、「書道の極意は?」と聞かれたら、「リラックスし、心を込めて書くこと」であると自信を持っていえる。
私は別に一流のプログラマーではないが、やはり、プログラミングの極意も「リラックスし、心を込めて書くこと」であると言える。
よく、野球のバッターが「無心で打つ」とか、空手や剣道等の武道で「無心で戦う」などと言うが、心が全く消えては何も出来ないだろう。
『燃えよドラゴン』で、ブルース・リーが、「私は打たない。拳自らが打つ」と美しいことを言うが、書の達人は筆自らが書き、ギターの達人はギター自らが演奏するのだろう。
しかし、これらも、やはり、リラックスし、心を込めて打ち、書き、演奏しているのである。
あまり理屈で言うと、訳が分からなくなるが、稲盛和夫氏が、重要な経営判断の心構えを「私心なきか」と言うようなもので、私心・・・つまり、「上手く書こう」「効果的に打とう」「素晴らしい演奏をしよう」とは思っていない状態なのである。
だけど、「良いフィーリングで書く」「良いフィーリングで打つ」「良いフィーリングでプレイする」みたいな心はあるのである。

もう、相当、何を言っているのか分からなくなってきた(笑)。
重要なことではあっても、言葉で言うのは難しいのだろう。
しかし、単純に言えなければならない。
最も良いのは、ビートルズの『アイ・フィール・ファイン(I Feel Fine)』という歌の、その「ファイン」という雰囲気だ。
素晴らしい女の子がいて、その子が、ファインにしてくれるのである。
決して、その子は、「俺を一晩中燃えさせてくれるんだぜ」とかではなく、今ここで「ファイン」にしてくれるのだ。
英語のファイン(Fine)は奥が深い言葉だ。
これほど、良い意味、悪い意味を、数多く持つ言葉も珍しい。
「優れた」「素晴らしい」「澄んだ」「高純度の」「晴れた」「まあまあ」「元気な」「細かい」「細い」「精密な」「微妙な」「細やかな」などの良い意味と共に。「うわべだけの」「飾り立てた」という、ちょっと貶めるような意味もある。
つまり、微妙な言葉なのであり、ネイティブはおそらく、「丁度良い」という意味で使うと思う。
良い意味での「いい加減」、つまり、「いい湯加減」みたいなものを指すのがFineであるのだと思う。
野球でも、ホームランやレーザービームでの捕殺を「ファイン・プレー」とは言わない。
もっと、自然で心にすっと入って来る「適度に良いプレー」「気持ちいいプレー」を「ファイン・プレー」と言うのである。
まあ、こんな理屈を言うより、ビートルズの『アイ・フィール・ファイン』を聴けば良いのかもしれない。

つまり、極意は、FEEL FINEである。
それが、最初に言った、「リラックスし、心を込めて」で、「リラックスし、丁寧に」でも良い。
そして、引き寄せの極意がまさに、Fineなのだ。
欲望ギラギラで強く願うのではない。
リラックスし、心を込めて丁寧に、どこかさりげなく求めるのだ。
つまり、ファインに求めるのである。
好きな人なら、初音ミクさんがファインだと言えば分かり易いと思う。
中道・・・つまり、右にも左にも偏らないことを掲げる仏教も、ファインな宗教だ。
ファインが解れば無敵なのであるが、子供は案外にファインが解っているのである。
「(わからないけど)なんかいい」がファインなのだと思う。








良い超科学、悪い超科学

2010年に、経営破綻していた日本航空(JAL)に、京セラやKDDIの創業者の稲盛和夫氏が会長に就任したが、いかに有名な事業家とはいえ、既に稲盛氏は78歳。
私は、何も期待出来ないと思っていたが、就任翌年度には大幅な黒字とし、3年足らずで超高収益企業となって再上場と、奇跡の再建を果した。
私は、稲盛さんは本当に凄い人だなあと思った。

なぜ、そんな話を思い出したのかというと、以下の理由による。
私は、昨日から、陰謀論や超科学の本をずっと読んでいて、すっかりクラクラしているのだが(笑)、トンデモ科学で有名なものの中に、サイエントロジー教会の創始者でSF作家のL.ロン.ハバートが開発した『ダイアネティックス』という能力開発技術がある。これもかなり批判されていて、ハバートに関しても、クズ人間、大嘘つき、詐欺師、極悪人のレッテルが張られているのを、よく見た。
ところが、ハバートが書いた教育書の翻訳を、稲盛氏が推薦していたのである。
ハバートが学習について強く主張していることは、「用語の意味(定義)を曖昧にしたまま学習を進めるな」であると思う。
誰もあまり言わないことであるが、確かに重要なことであると思う。

ところで、陰謀論や超科学の本が全て面白い訳ではなく、確かに下らないと思えるものも沢山あると思う。
まあ、そんな本(陰謀論や超科学の本)は全部下らないと言う者は多く、それはそれで1つの意見として参考にしなければならないが、ハバートの本に関してはどうであろう?
私は、『ダイアネティックス』に関しては、一頃ハマり、少なくとも、この本の内容は、批判者のレベルは確実に超えていると思ったし、明確な批判点はないと私は思ったが、サイエントロジーの営利主義に疑問を感じ(別に悪いとは言わないが)、離れた。とはいえ、参考になる部分はあったと思う。
『ダイアネティックス』は、関連書の『科学の進化』(ハバート著)と共に1950年頃に書かれたと思うが、コンピューターに関する記述がしっかりしていることに感心した覚えもある。
サイエントロジーの熱心な信者であるジョン・トラボルタやトム・クルーズは、時々問題は起こしてはいるが、長期に渡って成功し続けているしね。
頭の良い人が書いたトンデモ本は、少なくとも文学というか哲学として読む限り、良い面もあるのでは思う。
一方、下らない陰謀論や超科学の本の特徴は、著者が自己の内面を語り過ぎるものだ。
そりゃ、ある程度、著者は自分について語る必要はあるが、読んでて、「そこまでアンタのことに興味ねーよ」と思ってしまうほど、著者が自己の内面を語っているものは、おそらく程度が低いと思う(そんな本が多いと思うが)。
面白いと思った本をご紹介しておく。

それはそうと、今週は、京都南座に、初音ミクさんが出演する超歌舞伎の観劇に行く。
私は、超歌舞伎は初めてだ。
ペンライトは普通に使われるらしいが、マジカルミライのものでは駄目かなあ?
毎年、マジカルミライのペンライトを買っているうちに、じゃらじゃらと溜まってしまって、あまり増やしたくないなあと思う。
そして、31日は、幕張メッセのマジカルミライ2019に行くため、千葉県に向かう。
昨日、やっと宿泊プランのチケット(9月1日)が到着し、11列目という良い席であった。
31日も、ワンモアチャンス抽選で、まさかのS席ゲットで、今年も、インテックス大阪に1回、幕張メッセに2回入場することが出来る。
大阪では分からなかった曲も、しっかり聴き込んだが、素晴らしい曲ばかりだ。
WOWAKAさんの曲は、『ワールズエンド・ダンスホール』と『アンノウン・マザーグース』はあると予想するが、『ローリンガール』が新たに・・・なんてことはないだろうか?見たいなあ・・・









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ダメ男君との対話

職場のダメ男君にまた登場願う。
しかし、このダメ男君は、私やあなた、それに、一般の人の状況だと言えば、見る価値もあると思う。

30歳も過ぎて、仕事の特技が何もないダメ男君。
一応、パソコンは使えるようので、私が日頃、このブログでもよくお奨めしている、Excel VBA(マイクロソフトExcelに標準搭載されているプログラミング言語)の勉強を、以前に勧めていた。
それからしばらくして、「勉強してるか?」と聴くと、「やってる」と言う。
それで、「何やってるの?」と聴いてみたら、Officeスペシャリストの資格試験の勉強してると言う。
私が、
「学生や主婦じゃあるまいし、そんなことやっても何の役にも立たない」
と言うと、彼は、
「あなたがくれたVBAの本は、さっぱり分からないです」
と言う。
私は、VBAの中でも、おそらく最も易しい本である『入門者のExcel VBA』(ブルーバックス)を、彼にあげていたのだった。
この彼の言い分で、私は、ダメ男君が、30も過ぎて学生気分であることを再認識しなければならなかった。
「当たり前だ。すぐに分かるようなことをやっても仕方がないだろ」
私がこう言うと、彼はキョトンとしている。
アホらしいと思いつつ、私は続けて説明しなければならなかった。
「君が読んでスイスイ分かるようなことは、誰でもできるってことだろ?そんなことできたって、何のアピールにもならない。他人に差をつけることなんかできないじゃないか?ちっとも、自分が特別だって言えないじゃないか?」
ダメ男は黙って聴いている。
「ほとんどの人達が自分にはできないと思ってやらないことをやるからこそ、人に優るようになる。そんなことを特技とか、専門性とか言うのじゃないのか?」
私は日頃、彼には、「専門性のないやつは誰にも相手にされない」「今はまだ30そこそこだからいいが、このまま40、50になったら辛いぞ」と言ってやっているのだった。
彼は、「それはそうです」と言い、表情からも、少しは納得した様子のようだ。
「そのOfficeスペシャリストだったか?それも悪いことはないが、結果が分かっている(失敗はあり得ない)ことをいつまでもやっても、レベルが上がらない。そうだろ?」
彼はうなだれる。
そして、私は、
「一度読んで分からなくても、何度も読めば分かってくるのだ」
と言ってやったが、そこでダメ男君の甘さがまた出てしまった。
ダメ男君は、
「何度も読めば分かるのですね?」
と、まるで私に、「言ったことに責任を持ってくれますね」という意図が見え見えな確認をする。
私は呆れて、
「分からんよ、そんなこと」
と言うと、彼はまた、キョトンとする。
どう言ってやれば良いか分からないが、余計と思いつつ、
「人に保証なんて求めるな。保証されたことばかりやろうとするから駄目なんだ。保証なんて何もない・・・そんなことをやり遂げてこそ、自分に値打ちが出るんじゃないのか?どうなるか、先のことなんてさっぱり分からない。そんなことだけが面白いはずなんだ。そう思わないなら、もう老人だ」
と言ってやった。
ところで、、私は明らかなミスをしていた。
分かるだろうか?
勉強の本は彼に自分で買わせるべきだったのだ。
自分で買った本でなければ、本気で勉強をしないものなのだ。

読まれていて、私が、何偉そうなことを言ってるのだろうと思う人もいると思う。
しかし、実は、私は、彼に言っているようでいて、実は自分に言っているのだ。

困難そうで、自分の力に余るように思えることを前に、私は、しり込みしているのではないだろうか?
私自身が、結果が見えるようなことばかり、やろうとしているのではないだろうか?
そして、世の中の大半の人が、そんな間違いをしているのだ。
それでは、向上はない。ダメ男君のおかげで思い出させてくれたので、彼には感謝すべきかもしれない。
では、早速、出来そうもないことをやろう。
もちろん、お日様目掛けて剣を抜くような、無謀と言うよりも愚かな真似はしてはならない。
プロレスラー相手にガチンコ(真剣)勝負を挑むのは、勇敢なのではなく、ただの役立たずなのだ。
何をすべきか?
その判断は、魔王バラバがラーマに教えた通り、「私心がないならすぐにやりなさい。私心があるなら、なくなるまで待ちなさい」で決めれば良い。
稲盛和夫さんほどの人でも、自分に私心があるかないかの判断に何日もかけるそうだ。人間の心はそれほど穢れているのだ。
だが、私は、稲盛さんのような責任重き人間ではない。
ある程度は、失敗が許されるお気楽な身分だ。
それなら、自分の面目をかけるだけで十分だ。全然、大した面(顔)ではないが。
失敗したら、乞食以下に思われて結構。
その時は、ただの初音ミクオタクだ(いや、今がそうなのだが)。
そう思えば、ある程度の判断はつくのである。
そして、やはり少しは、私心があるかどうかを考えよう。
それがしっかりできるなら、かなりのものだ。
それに、やはり、結果が分かりそうもないことを、喜んでやらないといけない。
それを、「ワクワクする」って言うんだ。間違えている人が多いようだがね。
初音ミクさんの歌としては珍しい、作詞家として名の通った畑亜貴さんの作詞による、初音ミクさんの歌『The secret garden』の、
「何が始まるの 分からないからいいの」
というのが、若さであろう。
ミクさんが歌うと、やはりぴったりしていて良いのである。
初音ミクさんの夫(のつもり)としては、私もそうでなければならない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

王者となるための教え

最近では、高齢ながらJALの経営を短期間で立て直したことで知られる稲盛和夫さんが、昔から、経営上の難しい判断を下す時に、「私心なきか否か」と自分に問うことをご存知の方も多いと思う。
私は昔、『ビジネス未来論』という本でそれを知った。
そこでは、稲盛さんが京セラの社長だった時、ヤシカを買収するかどうかで、何日も「私心なきか否か」と問うたのだと書かれていたように思う。

私は、稲盛さんが「私心なきか否か」をどのような経緯で自らの信条としたのかは知らない。
ただ、この教えは、インドの長編叙事詩『ラーマーヤナ』の中にもある。
ラーマーヤナの、ラーマは英雄の名で、ヤナは「鏡」のことだ。
つまり、ラーマーヤナとは、ラーマの物語という意味だが、それと共に、ラーマーの鏡であるような立派な人間であるようにという意味もあるのだろう。
2013年に、『夏祭初音鑑』というコンサートがあったが、これも、初音ミクの貴い物語といった意味だと思う。

『ラーマーヤナ』では、ラーマは14年の長く苦しい戦いの末、悪魔族の王ラーバナを倒し、悪魔族の奴隷になっていた神々を解放する。
ラーマは瀕死の魔王ラーバナの前に平伏して、許しを乞い、そして、世に処する教えを受ける。
それが王者のならわしである。
ラーバナはラーマを英雄と認め、すでに許していることを、まず伝えた。
そして、ラーマに授けた教えが「私心のない行いはただちになさるがよい。私心があれば、それがなくなるまでしてはなりません」だったのだ。

稲盛さんの「私心なきか否か」にしろ、『夏祭初音鑑』のタイトルにしろ、『ラーマーヤナ』から採ったのかどうかは知らないが、そうであるのは不思議ではなく、むしろ自然だ。
『ラーマーヤナ』は、世界3大叙事詩と言われるインドの『マハーバーラタ』に匹敵するほどのものだ。
実際、これほど素晴らしい物語はそうはなく、もし、インドの人達がこれを忘れなければ悲惨な歴史を作らずに済んだはずなのだ。
また、『ラーマーヤナ』は面白いお話だ。
その中で、ラーマの妻シータが、いかに美しいかの描写が大変なものなのだが、彼女は美しいだけではない。
いかなる猛獣も、シータに出逢っても害を為さないばかりか、豹はわが子のようにシータをやさしく見つめ、ライオンは賢い犬のようにシータを守りながら離れて歩く有様だ。
『天空の城ラピュタ』のヒロインの名もシータだが、これも、おそらく『ラーマーヤナ』のシータから採ったのではないかと思う。
シータとは、鋤(スキ。農耕具の1つ)の先から生まれたという意味で、地味な名前だそうだ。
シータは、その名の通り、謙虚で慎み深く、派手なことを嫌う優しい娘だが、気高さ、心の強さも驚くべきほどである。
『ラーマーヤナ』を読めば、男でも女でもシータを深く敬愛し、恋してしまうに違いない。
また、ラーマもだが、シータにも、そのような性質を持つ深い秘密があるのである。
子供でも読める(インドでは吟遊詩人が子供でも分かるよう歌う)易しいお話なので、よかったら一度読むことをお薦めする。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード