ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

神道

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

不思議な力の言葉

合気道家で、神道の神官でもあった佐々木の将人(ささきのまさんど)氏の著書『数霊のメッセージ』には、「ア」が秘めたる力を持つ言霊であると書かれている。
「アー」と言うと、頭頂部の骨が開き、神が下りて来る。
だから、「アー」と言えば、悩みは解決するのである。
これだけでも憶えておくと良いだろう。

「アー」がなぜ、これほど強力な言霊なのかは分からないが、もしかしたら、これ一語で、真言であったり、神の名であったりするのかもしれない。
ところで、日本人はよく「どっこい」という言葉を使うが、「どっこい」の語源については諸説ある。その中で、これも神の名であるというものもある。
それで、「どっこい」と言うと、気力や筋力が上がるので、無意識にそう言うのかもしれない。

武道や修験道でよく使われる、品格や格式さえ感じさせる掛け声に「ヤー」がある。
「ヤー」と聞くと、我々は、荘厳さすら感じる。
実際、不思議なことに、「ヤー」という掛け声は、正義の味方しか使わず、あまり、悪人が「ヤー」と言うとは思えない。
実は、「ヤー」は、もったいなくも、ユダヤ教やキリスト教の絶対神ヤハウェのことでもある。
キリスト教やユダヤ教と関りのない人でも知らない者はいない「ハレルヤ」という言葉は、「ヤーを褒めよ」という意味で、この「ヤー」が「ヤハウェ」なのである。
そりゃ、立派に使わないといけないのは当然だ。
日本人の起源はユダヤ人だという説がある。それなりに調べたら分かるが、何らかの意味で、そうなのではないかと思う。
それで、日本人は「ヤー」という神聖なる掛け声を使うのであると思う。
さらに、日本とユダヤの関係を暗示することとして、日本語では「ヤ」は「8」であり、日本では、なぜか、神聖な言葉には「八」が付く。
「八咫(やた)の鏡」「八咫烏(やたがらす。神聖な鳥である)」「八幡(はちまん)」「八坂(やさか)」「八雲(やくも)」、その他にもあると思うし、日本の古来からの儀式でも「八」の字を使うものがある。
ところが、イエス・キリストの象徴数も「8」であるらしい。そもそも、キリストは「ヤーの名によって来られた方」と聖書に書かれている。
(ただ、聖書の日本語訳では、なぜか、ヤハウェ、ヤーは「神」「主」と記している場合が圧倒的と思う)
その「ヤー」すなわち「八」が、日本においても神聖な数なのであるから、これからも、日本とユダヤには深い関係があると感じられる。
ここらは、久保有政氏の『神道のルーツとユダヤ』に、様々なエビデンス(根拠)と共に詳しく述べられていて興味深い。

神仏の名を心で唱えるナーマスマラナ、あるいは、それに準じる真言だけが、現在の我々が高次の力の援助を受けることが出来る唯一の方法と言われることがある。
念仏もこれに含まれる。
そして「ヤー」は、最高の神の名であると共に、日本人にも馴染み深い言葉であることが分かる。
もし、ピンと来る神や仏の名がない場合、「ヤー」あるいは「アー」を唱えると良いと思う。
また、別の神の名を唱えている場合も、唱えて良いだろう。
そして、イエスは「私の名で願うことは全て叶う」と言ったが、イエスは日本にも関りが深い存在であるかもしれず、そうであれば(そうでなくてもだが)、その名を唱えることは良いことであると思う。








日本人は幸福に近い

新渡戸稲造の『武士道』は、元々、英文で書かれたもので、日本語のものは翻訳されたものだ。
新渡戸は、明治時代に、アメリカやヨーロッパに留学し、アメリカ人の女性と結婚している。
『武士道』が書かれたきっかけは、私のうろ覚えであるが、アメリカのご婦人に、
「日本人は宗教を持たず、どうやって子供に道徳を教えるのか?」
と言われ、それで、新渡戸は、「日本には武士道あり」、つまり、武士道精神が道徳になっていると言いたくて、欧米人に読ませるために英語で『武士道』を書いた・・・そんな経緯だったと思う。
だが、これが本当なら無茶な話であると思う。
なぜなら、武士道は、あくまで武士のためのものであり、しかも、当時としても、もう昔の、しかも、一部の特権階級のためのものであり、それを一般の子供に教えるということはあり得ない。
そして、まさか武士道のおかげではないが、日本人は高い道徳性を持っていて、それは、宗教教育がしっかりしているはずの欧米人を驚かせることもあったほどだった。

日本人がなぜ高い道徳を持っているかについては、神道のためだという指摘もある。
神道は、キリスト教や仏教のように、あまり表には出て来ないが、空気のように自然に存在している宗教である。
空気のように普段は意識されないが、年始には神社にお参りに行ったり、七五三のお祝いをごく自然に行う。
ルドルフ・シュタイナーは、「良い教師は空気のようなもの」と言ったが、良い宗教も同じようなものなのかもしれない。
日本では一時、国家神道として、国家が国民を子供の時から洗脳するために利用されたが、それでも、一定は、神道の良い部分が伝わっていたかもしれない。

ところで、上に述べた、アメリカのご婦人が「日本人は宗教を持たず、どうやって子供に道徳を教えるのか?」の疑問に、私は以前は反発を感じていた。
宗教がなくても道徳は教えられるし、むしろ、宗教が道徳を歪めることが多いのではないかと思ったからだ。実際、世界には、そんな例もあるかもしれない。
しかし、やはり、宗教によって道徳を教えるのが、理想かどうかはともかく、その方が確実なのである。
また、そうでなければ、やはり、道徳を教えるのは難しい。
宗教がなければ、子供が道徳を理解するのが難しいという面と、大人が子供に道徳を教えようとする動機が起こらないという面があり、宗教がこれらを解決するのである。
よって、歪んだ宗教でなければ、あるいは、歪みの少ない宗教であれば、教えた方が良い面が多い。
ところが、神道は、「教えようとしないのに教えている」ことで、非常に理想的な宗教や道徳教育になったのではないかと思う。
人間が意図的にやることには、自我が作用し、それはいつもロクな結果を生まない。
しかし、神道にはそれがないのだからだ。

道徳が必要かというと、間違いなく必要である。
それは、社会のためにも当然必要だが、個人の幸福のためにも必要なのである。
そして、現代は、海外もそうかもしれないが、日本人は道徳心が非常に弱くなっている。
その結果、皆が不幸になっている。
道徳と言うかどうかはともかく、正しい精神性がなければ、正しく生きることが出来ず、自然や他の人々と調和出来ないと共に、人間本来の優れた能力を発揮出来ない。
闇の道徳とでも言える悪魔的な教義により、大きな力を持つこともあり、それで一時的には強者になっても、それは、悪魔に魂を売ることなのであるから、いずれ、悲惨な結果となるしかない。
それなら、良い宗教を持てば、自然や人々と調和していけると共に、生まれ持った能力を発揮し、さらには、神の助けも確かに得られる。
本来の日本人はそうであったのだと思う。
それは、神道だけのおかげであると言うのではなく、日本では長い年月をかけて仏教も取り込んでおり、神道とも融合させてきた。
だが、専門家の宗教の方が怪しくなっている。
幸い、宗教の正しい道理は、日本人のDNAの中に良い形で保管されているので、スイッチを入れるだけで良いのだと思う。
そのために、『古事記』を読んだり、仏教の庶民向けのお経を唱えるのは良いことだが、お経に関しては、専門家の悪い手垢がついてしまっているのが残念である。
だが、探せば良い情報があるし、シンプルに、念仏を上げるとか(南無阿弥陀仏だけでなく南無妙法蓮華経でも良い)、祝詞を上げるとか、仏・菩薩の真言を唱えるだけで良い。
それで、神や仏の援助も得られるシステムが、確実に存在すると、今では堂々言って良いのではと思う。








駄目人間のために秘法がある

イエス・キリストは、とても興味深いことを言っている。
それは、イエスが、「私は罪人のために来た」と言ったことだ。
医者は病人のためにいるのであり、健康な人が医者を必要としないように、イエスは罪人のために来たのであって、立派な人のために来たのではないということだ。
ウルトラマンだって、怪獣や悪い宇宙人がいるから来るのであり、現実には必要がないという訳だ。
『サンドリヨン(シンデレラ)』に登場する魔女だって、サンドリヨンのような可愛そうな子がいるから出てくるのであり、もし、皆が仲良く楽しく過ごしていたなら、魔女に出番はない。

念仏は、悪人が救われるためのもので、立派な人間には必要がない。
だが、念仏を必要としないような立派な人など、いないのではないか?
法然は常に念仏を唱えていたが、法然ほど立派な人はそうはいないとい思われる。
しかし、法然は、自分も念仏を必要とするグループ(悪人の集団の中の1人)だと言っていた。
イエスは罪人のために来たが、キリスト教では、罪人でない人間はいないという考え方らしい。
なんと言っても、人間は、アダムとイブの罪である原罪というものを背負っているらしく、やっぱり、皆、罪人なのだ。

そして、日本の神道に伝わる「祓詞(はらえことば。はらえのことば)」というものがあるのも、人間に穢れがあるから、それを祓うためにあるのだと思う。
人間は本来、神の子孫で、神そのものであるが、穢れのために神とは程遠いものになっているというのである。
しかし、穢れを祓えば本体は神なのだ。これは、宗教の問題と言うよりは科学の問題かもしれない。

罪人はイエスがいなければ救われないし、悪人は念仏がなければ地獄に行くしかない。
ウルトラマンがいなければ、地球は怪獣の星になるか、宇宙人に侵略される。
魔女がいなければ、シンデレラは惨めな少女時代のために生きる力を失いかねず、仙女がいなければ、眠れる森の美女は永遠に眠ることになった。
これらのうち、フィクションだって、何らかの現実を表すノンフィクションだ。
そして、人間に穢れがあるということはノンフィクションであり、「祓詞」の力もノンフィクションである。

本来、人間はきちんとした生活をし、善いことをして悪いことをしなければ、皆が幸福になれるのだが、どうしても、きちんとした生活が出来ない者、悪いことをする者、善いことが出来ない者が沢山いる。
そのために、警察がいたり、法律が作られたり、学校があるはずだし、病人のために医療があるはずである。
だが、医療が病人を作り、学校が駄目人間や悪人を作り、法律が悪人の道具になり、警察などの国家権力が巨悪の道具になっているかもしれない。
全て、穢れのためであれば、人間の力では、もうどうしようもない。
なぜなら、穢れとは、観念であるかもしれいないが、観念こそが本当に力があるエネルギーであり、歪んだエネルギーが穢れなのである。
これは、信仰や宗教と言うよりは科学である。
よって、証明は難しいが、やはり科学であると感じる祓詞は、この穢れ・・・つまり、歪んだエネルギーを祓う、つまり、矯正するものであるなら、それに頼った方が良い。
実際、素粒子レベルのエネルギーの歪みが、癌などの病気や、さらには、悪運の原因であることが、かなりのところまで分かってきている。もちろん、そんなことは全く信じないという人や権威も多いのであるが、一頃のように、信じないのが圧倒的主流とまでは言えなくなってきた。
それほど、人類の状況は深刻であるからだ。

一例であるが、例えば、足立育郎氏のロングセラー『波動の法則』で、この世の姿を1つの科学として知り、祓詞を使って穢れを祓う・・・つまり、歪んだエネルギーを矯正することをお薦めする。
『波動の法則』を読むだけでも、かなり矯正される(この本では振動数を上げるとしているが、それが歪んだエネルギーの矯正を助ける)。
ただし、理解しなくても、祓うだけで効果がある。








頬を撫でる風

10年以上前のことだったと思うが、調査によれば、アメリカ人の半分以上が守護天使(ガーディアン・エンジェル)の存在を信じているというものがあった(どれほどの規模の調査かは分からなかったが)。
アメリカではキリスト教徒が多いはずだが、福音書の中で、イエスが、寄付をする時や断食をする時、あるいは、お祈りをする時は、隠れてやれと言っている。そうしたら、神が見ていて、ご褒美を下さるからだと言う。
つまり、善いことをしても、悪いことをしても神が見ているぞと言うのであり、キリスト教徒は、子供の時からそう教えられ、神の目を意識しているはずだが、天使が人間の行いを見ていて、それを神に報告したり、あるいは、天使が直接、褒美を与えたり罰したりするという考え方もあるのかもしれない。

日本では、「お天道様が見ている」という言い方をすることがあり、「お天道様(おてんとうさま)」は太陽のことだが、太陽と神を同一視する考え方があるのだと思う。
時代劇の『木枯らし紋次郎』で、数人の外道な男達が女の子を襲っていた時、紋次郎が、「お天道様が高い時に何やっていなさるんで」と言う場面があり、それで視聴者にはちゃんと通じたのだと思う。
太陽は、天照大神(あまてらすおおみかみ)の象徴であるから、お天道様が一番恐い訳であるが、日本では、あらゆるものに神が宿っていると考えていた。いわゆる、八百万(やおよろず)の神である。

初音ミクさんの公式デモソングで、事実上のデビュー曲とも言える『星のカケラ』は実に良い曲で、近年ではライブで歌われることもあるが、その中に、

頬なでる柔らかな風が
そっと寄り添ってくれる
~『星のカケラ』 (作詞作曲編曲:平沢栄司。唄:初音ミク)より~

という歌詞があるが、これは、日本人には自然に受け入れられる感覚である・・・つまり、風にも神が宿っているのである。
私も、子供の時から、夏の夕暮れに吹くそよ風に、何か感慨深いものを感じていたものである。
『サイボーグ009』で、インディアンである005ことジェロニモがよく「風が騒いでいる」などと言い、自然の風の中に精霊のようなものを感じていたのかもしれないが、それは日本人にも通じるのではないかと思う。

インドの聖典『バガヴァッド・ギーター』でも、至高神クリシュナが「私はあらゆるものに宿る」と言い、人間では心臓の中にいると言う。
心臓と言うよりは、心の中にいるのだと思うが、心臓が魂の座であるという考え方はあると思う。

これらのことは、懐かしくは感じるが、実感を伴わない人が多いかもしれない。
しかし、神というか、人間を超えた存在を身近に感じることが、人間を高い存在にするのだと思う。
それがなくなって来たことが、人間の堕落の原因かもしれない。
アメリカの大統領選挙を見ていると、選挙で大規模な不正を行い、露骨なまでに証拠が上がっていながら、それを無視、あるいは、強硬に否定する左派(リベラル派。民主党)、主要メディア、裁判官、ビッグテックを見ていると、人間がいかに神を畏れなくなってしまったかが分かり、恐怖を感じるほどである。
アメリカの公式標語が「我々は神を信じる」であったはずが、金しか信じないアメリカ人が増えてしまい、さらに、そんな者達が支配する世の中になってしまった。

民族により、やや趣は異なるかもしれないが、神を畏れる気持ちを忘れては終わりであると思う。
それは、案外に、人間である限り、共通する感覚なのであると思う。
だが、逆に、神を身近に感じているほど、放埓(勝手気まま)に振る舞うことは出来ないが、一般に幸運と呼ばれる神の恵もあるのだと思う。
1952年に出版された、ノーマン・ヴィンセント・ピールの『積極的考え方の力』は、神を身近に感じることを思い出させてくれる書であり、だからこそ、アメリカ人に偉大な魂を取り戻させ、3年の間、ベストセラーのトップになり、今日にまで愛読されるのだろう。
そして、今のアメリカはもう手遅れかというと、不正選挙に抗議し、首都ワシントンDCに何十万もの愛国者が集まって、神の国を取り戻そうとしているのを見ると、まさに今が正念場と思う。








剣の魔法

剣の魔法をご紹介しておく。
日本でも、インドでも、あるいは、ユダヤ地方でも、儀式や呪術において、人差し指と中指を立てたものを剣とする。
発祥はエジプトで、そこから、エルサレム、ギリシャに伝わったと思われる。
一説では、そこから、インド、さらには、日本に伝わったという話もある。

この剣で、悪運や邪気を払う(祓う)のである。
神道で「九次を切る」というものがあるが、そこでも、やはり、人差し指と中指を立てたものを剣としている。
だが、九字は極めて複雑だ。
魔法の剣では、ただ、人差し指と中指を立てたものを剣として切るだけである。
方向に決まりがある訳ではなく、縦、横、斜め、どんな方向でも、自分が気持ちよくやれる切り方で良い。
指で作った剣には特殊なバイブレーション(波動)による超次元的な威力があるので、物質的な剣のように、腕前が必要な訳ではない。

お遊戯のような空想的な魔法と思われるかもしれないが、そのようなものですら、相当な力がある。
それが、人間の精神の力である。
ましてや、剣の魔法は、人間のエネルギーフィールドを最適化出来る形であり、そこに人間の想像力が加われば、力がない方がおかしい。
気合いを入れて1回払っても良いし、軽く数度、払っても良い。
神道の九字では、事前に手を様々な形に組むのであるが、これは、霊的エネルギーを通り易くするためと思われる。
実は、偉大なヨガの導師で世界的な超心理学者であった本山博氏(文学博士)の古い著書には(最近の著書は確認していないが)、首や肩や手首を回す一般的な運動でも、霊的エネルギーの流れが良くなることが書かれているが、おそらく、単なる運動だけではなく、首、肩、手首に意識を持っていくということだと思う。
そこで、普段から、首や肩、あるいは、手首をよく回しておくと良く、そうすることで、この剣の魔法の威力も高まると思う。

人間相手の攻撃魔法ではないのだから、嫌いな人をやっつけようといった目的でやってはならない。
ただ、相手の悪意を払うという意味でなら構わない。悪意は邪気であり、この剣で払える。
悪運の切り方であるが、実のところ、悪運そのものを切ると言うより、自分の悪い気分を切るのである。
心が後ろ向き、消極的、悲観的になったり、恨みや後悔といったものを感じ、悪い気分になっていることに気付いたら、この剣でさっと切るのである。
これには驚くほどの威力がある。
いつも言うが、この宇宙は「良い気分でいれば良いことが、悪い気分でいれば悪いことが起こる」仕組みになっている。
だから、悪い気分に気付くと、それをいち早く解消する必要があるが、そのために、この剣の魔法が大いに役に立つだろう。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード