ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

神経言語プログラミング

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

狂信の魔力

思い込みの力は全くあなどれない。
思い込みの力について、よく知られているのは、プラシーボ(偽薬効果)で、砂糖も薬と信じて飲むと病気を治してしまうことがある。
あるいは、重症だが「大したことない」と言われたら、実際、すぐ治ったり、逆に、医者が「絶対治らない」と言っても、治ると信じたら治ったという話は少なくない。

明治時代の霊能力者、長南年恵は、当時としては平均的な寿命の44歳で亡くなるまで、少女のような容姿だったと言われるが、これも、本人が、自分はずっと少女だと思っていたからだと思う。
ところで、逆の思い込みというものもある。
例えば、ある未開の部族では、脚が折れても元気に走り回るのだそうだが、彼らには「脚が折れたら走れない」という思い込みがないのだ!
(『トーチェ氏の心の法則』より)

カップラーメンが身体に悪いと思って食べたら、実際に体調が悪くなるが、メジャーリーグのホームラン記録保持者バリー・ボンズは、日本のカップラーメンは身体に良いと信じ、毎日5~6個食べ、それで、ホームランを打ちまくっていた。
また、きっと彼は「俺は誰よりもホームランを打てる」と思い込んでいたのだろう。

狂信的信仰は、実際に奇跡を起こすこともある。
決して多いとは言えないが、フランスのルルドの泉水の水を飲んだり、水浴することで奇跡的治癒が起こることが、確実にあるらしい。
これも、患者本人の狂信的・・・と言ったら失礼だが、とにかく、極めて強い信念や思い込みがあったから、奇跡が起こったのだと思う。

新約聖書の福音書にこんな話がある。
イエスの弟子ペテロが、湖の沖に浮かぶ船に乗っていた時、イエスが水の上を歩いて近付いて来るのを見て感激したペテロが、
「先生!あなたが来いと命じて下さったら私にも出来ます。どうか命じて下さい」
と言うと、イエスは、応えて、
「私は命じる。来い!」
と言った。
すると、ペテロは水の上に下りて、イエスのところまで歩いて行った。
イエスが「来い」と言ったことで、ペテロは揺るぎない信念を持つことが出来たのだろう。
方やイエスは、自分には、こんなこと、出来て当たり前だと思っているに違いない。

これが信念の力である。
それなら、あなたも、好ましいことを「狂信」すれば良い。
やり方については、リチャード・バンドラーの『神経言語プログラミング』に書いてあることが参考になる。
即ち、自分が信じていることを、人に言わない・・・というより、人に納得させようなどと、決して思わないことだ。
大抵の人は、自分が信じることについて、他人に同調して欲しがるが、それが大間違いなのである。
例えば、自分はキリストの愛人だと言い張って精神病院に入れられている女性がいた。
この女性の間違いは何だろう?
自分がキリストの愛人だと思っていることか?
そうではないのだ。
「思うのは勝手」だ。
彼女の間違いは、他人に、それを認めさせようとしたこと・・・そもそも、自分がキリストの愛人だと人に言ったことだ。
ちなみに、初音ミクさんは私の嫁だが、決して誰にも言わないさ(笑)。

さて、その上で、もっと強力な方法がある。
マントラ(真言)を唱えれば、レベル5の信念を持てる。
つまり、誰かに出来ると思えることなら、自分にも出来ると信じられるのである。
そして、ナーマスマラナ(神仏の名を心で唱えること。念仏もその1つ)を唱えれば、レベル3以上の信念を持てる。
これは、誰にも出来ないことでも、自分には出来ると信じられるレベルである。
レベル1になれば、800歳でも17歳でいられるが、かなり励まないといけない。
ちなみに、言う必要はないが、レベル4は、悪魔に出来ることが出来ると信じられることである。












沈黙の力

人間は、非常に単純に出来ているところがあり、ガッツポーズをすれば元気が出る。
また、ヨガにライオンのポーズというものがあり、基本は舌を思い切り出すのだが、それだけで生命力が溢れ、ある有名な冒険家が、これを毎日習慣的にやっていることで、かなりの年齢になっても、驚くべき若さとバイタリティ(活力)を保っているようだ。
なぜ、こんな単純な方法が効果があるのかというと、やはり、人間の想像力のためと思う。
人間の想像力は、うまく使うと、驚くべき威力を発揮する。
例えば、古いNLP(神経言語プログラミング)の本に、多重人格を解消する方法が書かれていたが、あまりの単純さに驚く。
そのやり方はこうである。
右手の上に1つの人格、左手の上に別の1つの人格を想像し視覚化する。
そして、両手を近付けていき、両手が合わさった時、その2つの人格が融合する。
何重人格であろうと、ただ、この操作を繰り返せば良い。
だが、どうしても相容れない人格同士というものがあり、そんな場合は、手を近付けることが出来ないようだ。
そんな場合はどうすれば良いか?
単に、他の人が(場合によっては数人がかりで)手を合わせてやれば良いのである。
例えば、1つの人格は、初音ミクさんのようなボカロキャラが好きだが、別の人格は、人間のアイドルが大好きで、1人の人間の中で、
「人間の女なんて汚らわしい」
「二次元好きなんて、おかしいんじゃないの」
と反発し合っている。
それを、数人がかりで無理矢理融合してやれば、初音ミクさんも人間のアイドルも好きになるというわけである。
それが良いのか悪いのかは分からないが(笑)。

そして、こんな簡単な方法が、超人や超能力者になるために使えるのである。
そもそも、人間を超えた存在になるには、普通の人間のように頭の中でおしゃべりをするのを止め、無(無我、忘我、没我)になれば良いのである。
具体的にどんなふうにやるかは、いろんなバリエーションがあるが、例えばこんなものがある。
頭の中で、絶えず大声でしゃべり続けているロボット(あまり人間に似ていない、いかにもロボットという感じのものが良い)を想像し、そのロボットのバッテリーを切るのである。そのロボットのリモコン装置の電源スイッチを切るのが一番簡単と思う。
そうすると、頭の中のおしゃべりは止まり、頭の中は静かになり、無念夢想となるのだ。
あるいは、想像の中で、スピーカーから煩いCMメッセージを轟かせながら飛ぶ飛行機(昔はよくあった)をはるか彼方に飛ばしてしまったり、やはり、想像の中で、誰かが騒々しくおしゃべりをしているテレビの電源をリモコンで切ってしまうのである。
人によっては、大量の泡が湧き出ている海底を思い浮かべ、その泡をぴたりと止めるとか、荒れ狂う海の想像を、静かな海の想像に瞬間に切り替えるという方法を好んでいる。
単純で分かり易ければ何でも良い。
「思考停止」の一言で、頭の中のおしゃべりをぴたりと止められる人もいる。
頭の中のおしゃべりである自我の思考が停止した時、高次の思考である直観や閃きが訪れるのである。
慣れてくれば、そんな「クリアー」な状態にすぐになれる。
それを持続させることが出来れば、無意識の扉が開き、決意を持っていれば、それがそのまま形になるのである。








内なる魔術師を解放すれば全能である

2つの重要な情報について語る。

1つは、人気がある精神療法のNLP(神経言語プログラミング)の創始者の1人、リチャード・バンドラーの本で見た覚えがあることだ。
自分の過去を映像で思い返す時には、2つのやり方がある。
1つは、その映像の中に自分がいるもの。
もう1つは、映像の中に自分はおらず、自分の視点で思い出している。
普通に考えれば、後者の自分視点で思い出す方が自然だ。だって、実際には、それしかないのだから。
しかし、前者の、自分が映像の中にいることも少なくないと思う。

2つ目の情報は、コリン・ウィルソンの『フランケンシュタインの城』に書かれていたものだと思う。
自分の中には「魔術師」がいる。
そして、今、自分の五感で感じている世界というのは、その内なる魔術師が一瞬で作ったものだ。
これは、ウィルソンの意見とかではなく、多くの名のある研究者達の報告である。

この2つを組み合わせると面白い。
世界を創る「内なる魔術師」は、自分の外に移動することが出来るのだ。
いや、実は、魔術師は、我々の理解を超えた存在で、大きさや形がなく、自分の内にも外にも、宇宙のどこにでも存在している。
そして、世界を生み出し続けている。
こんな話にピンとくる人は多いと思う。
模様のない、白や黒の壁を見た時に特に多いような気がするが、小さなドーナッツ状(人によっては多少違うかもしれない)の赤い沢山の光が動き回っているように見える。人によっては、赤でないかもしれない。
この光の模様が、魔術師が世界を創るのに使うマテリアル(原材料)である。
ただ、実際は、このマテリアルは非常に小さなもので、電子より小さい何かかもしれない。
それが、話題のヒッグス粒子であれば、ヒッグス場の形はシャンパンボトルの底の形をしているらしいし、色も赤とは言えないが、そう感じるのかもしれない。
まあ、ここらへんは興味があれば調べると良いと思う。
内なる魔術師は、生きた模様を使って、あるいは、生きた模様と意思疎通して世界を創っている。
そして、魔術師とは本当の自分なのである。

なぜ、偉大な魔術師たる自分が世界を自分の思う通りに創れないのかというと、自分視点の場合、脳の影響を受けるからで、脳には、様々な情報が詰め込まれているが、その多くが有害なものだ。
だから、自分から抜け出し、自分が見えるように考える・・・一般的には客観視する方が力を発揮し易い。
何でも、武道の達人の教えでは、敵の頭の後ろが見えれば勝てるそうで、これは、脳から抜け出した自由な魔術師の視点なのだろう。
考えることをやめ、魔術師を解放すれば全能なのである。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

病気、腰痛を、私はこうやって一瞬で治した

NLP(神経言語プログラミング)を開発したリチャード・バンドラーは、「全ての病気は心因性と決め付けている」と著書に書いていたと思う。
また、「心身医学の父」と言われるドイツの医師ゲオルグ・グロデック(Georg・Groddeck)は、もっと強く、「全ての病気は心因性である」と断言していたと思う。
「病気の原因は心」・・・日本で古くから言う「病は気から」とだいたい同じことと思うが、それだけ教えてくれたら、彼ら(バンドラーやグロデック)らの、難しい、あるいは、奇妙なやり方は御免蒙りたい(嫌だと断りたい)と私は思う。

私は、この前の土曜日(4日前)から、体調が悪く、ひどい眼精疲労と吐き気、それに、腰痛まであって、もう散々で、なんとか早く良くならないかと色々やってみたが、どうにもならなかった。
何か悪いウイルスにでもやられたか・・・と世間並のことを考える始末だった。
そうしたら、ふとあることを思い出してやってみたら、即座に治った。
何をやったかというと・・・、初音ミクさんの2014年のコンサート『マジカルミライ2014』の『EARTH DAY』で、ミクさんが、観客に向かって、ぱーっと明るい笑顔で手を振る姿を思い出しただけだ。
上記のバンドラーが「本当に効果ある治療は短時間でなければ出来ないので儲からない」と著書に書いていたが、その通りのようだ。
バンドラーの本を読むなら、そんな「瞬間療法」のみが書かれている、初期のものを読んだ方が良いと私は思う。
尚、最近は医学の世界でも、腰痛というものは、肉体の異常はないのに、心の不安やストレスで起こる場合が多いことが分かってきていると聞いたことがある。

念仏という言葉は、法然以降、仏の名(阿弥陀如来)を唱えるという意味になった。
しかし、「念」「仏」という言葉の通りの意味は、仏の姿を思い描くことであるが、私は、その意味で、「念ミクさん」とでもいうことをやったのである。
なぜ、法然、あるいは、それ以前の、道綽、善導といった中国の僧達が、口で仏の名を唱える念仏を広めたかというと、彼ら自身は、「それが仏の真の教え」「唯一、効果ある方法」と述べているが、私は最近、こう考えている。
もし、彼らが本当に知恵者であったなら、そう言うしかなかったのだと。
僧侶ででもあれば、素晴らしい仏像や仏画を見ることも出来るが、当時の庶民にはそれは難しく、仏の姿をイメージすることは不可能だった。
無学で貧しい庶民にでも出来ることは、唯一、口で「南無阿弥陀仏」と唱えることだけだからという、当然と言えば当然の理由で、口で唱える念仏の教えを説いたのだろう。
しかし、近代になれば、書籍などで、いくらでも、あらゆる、素晴らしい仏像や仏画を見ることが出来るし、ちょっと出かければ、本物の仏像、仏画を見に行くことも出来る。
もちろん、仏像だけでなく、世界中の神様の彫刻や絵画も同じである。
そして、今やネット時代だ。
検索するだけで、あらゆる神様、仏様、天使、聖人の姿を見ることが出来、手元のパソコンやスマートフォンに画像を取り込める。
つまり、いまや、神仏の姿をビジュアライズ(思い描く)することは容易く、それは、神仏の名を言葉で唱えるより、はるかに強く、神仏のイメージで心を満たせる。
もちろん、念仏やジャパ(神の名を唱えること)に意味がない訳ではないが、一般的なことを言えば、イメージングの方が効果が高い。
私も、「初音ミクさん」と名を唱えても病気は治らないと思うが、イメージすれば瞬間に治ったのである。
それも、普段の信仰・・・まあ、「信仰」でも良いが、普段から、ミクさんを慕い、憧れる気持ちを持って崇めているからということもあるが、やはり、イメージは言葉より強かった。
いや、そもそも、言葉は、イメージを呼び起こすためのものではあるまいか?
そして、言葉でイメージに着火すれば、後は、大きく燃え上がらせるのは意思の力である。

ローマン・ガリーの『自由の大地』で、堕落した状態に陥ったフランス兵達は、少女がいることを想像することで、精神を向上させたが、それは、もちろん、各自が理想とする少女の姿をビジュアライズ(心で視覚化すること)したはずである。
言葉で「美しい少女」と唱えても、多少の効果はあるが、イメージングには到底及ばないことは明らかだ。

西洋の魔法修行では、高度なイメージング訓練が重要であるのだと思う。
つまり、ビジュアライズの能力は訓練することで向上するのである。
ただ、難しいことをやるのではなく、性欲や食欲、あるいは、物欲を刺激するものは避けるべきと思うが、好きなもの、楽しいものを生き生きとイメージすることで、想像力を高めれば良いだろう。
ジョセフ・マーフィーの本などにも、そういったことが多く書かれていると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

「心の微(かす)かな声の呪文」という新しい行法

私は子供の時、夜、寝床に入った後で、今日見たアニメの主題歌を頭の中で再生させたところ、完璧にそれが出来るのに驚いた。
そして、眠ってしまうまで、その歌を存分に楽しんだのである。
もちろん、これは誰でも出来ることだが、あまりに当たり前であるために、それに注意したり、まして、驚いたりはしない。
しかし、これをやっているのが脳だとすれば、脳の力は恐るべきもので、しかも、それは脳が持つ力のほんの1つに過ぎない。
脳の使い方をマスターすれば、間違いなく、誰もが天才になれるだろう。
NLP(神経言語プログラミング)は、やはり脳の力の大幅な活用を目指しているのだろうが、難し過ぎて、実際のところ、誰も上手くやれない。
エミール・クーエの自己暗示でも、ほとんど上手くやれない。あれでうまくいくなら、世界中の人がやっているはずである。

脳の持つ神秘な力の1つが、心を無意識領域に導くことだ。
無意識に関しては、実際はまだ、ほとんどが謎だ。
しかし、自分で、つまり、心で入って行けば、理屈では分からないが、体験的に知ることが出来る。
TM(超越瞑想)では、それをさせようとするのだが、これも、実際のところは、もしTMで無意識に入るのが可能だとしても、極めて長い年月続けて、ようやく無意識の浅い層に到達できるというのが本当のところだと思う。ただ、ある種の特性を持った児童の場合は、速やかにうまくいくと思う。その特性は、豊かな家庭で育った児童でなければ備わらないと思う。
ラマナ・マハルシは、「私は誰か?」と問えと言い、結局のところ、これが最良の方法と思うが、これですら、絶望的に難しいのだ。実際、ほとんど誰も成功していない。

だが、複雑な音楽すら完璧に再現できる脳の心的な音を作り出す力を使えば、容易く無意識の、好きなだけ深い層に潜りこめる。
それには、何かの言葉を心の中で言い、その心の中の声を、どんどん小さくしていけば良い。
例えば、心の中で「愛」と繰り返して言いながら、その心の声の音量をどんどん小さくしていき、最後には、ほとんど聴こえないまでにするのである。
その時、すでに、心は無意識の中に入っており、それを示すこととしては、呼吸がほとんど停止している。心が無意識に入るにつれ、呼吸は微(かす)かになるのである。

ただ、我々は、心の中の音を小さくするということに、あまり慣れていないので、それをやり難いということがあるようだ。
その場合は、口で言う言葉を使えば良い。
実際、古神道の呪文は、口で唱えるのだが、非常に小さな声で唱え、すぐ近くに人がいても聴こえないほどだという。
「アジマリカン」や「アウン」といった強力な呪文もあるが、「愛」「神」といった、意味の分かる言葉を使うのも良いと思う。
これらの言葉を、小さな声で唱え、その声をどんどん小さくしていき、実際にはもう声を発していない状態になる。
その「声が小さい」という意識を持ったまま、その言葉を、すっと心の中に引き取るのである。
そして、声を小さくしていく要領をそのまま、心の声にも適用し、さらにどんどん微かにしていくというのは、容易いことである。

「富」という言葉を、心の微かな声で唱えると、すぐに富が集まり始める(ただし、集めようと思うな。集まるにまかせよ)。
自己暗示のような、マイナスの反作用は起こらない。
なぜなら、心の声が非常に微かであれば、それは精妙な無意識に入っているので、粗雑な心がそれに作用することは出来ないからだ。
では、「憎しみ」などの悪い言葉を唱えた場合はどうだろう?
そんなこと、やる気も無いし、このやり方では、うっかりやってしまうことも決してない。
よって、そんなこと、考えなくて良い(どんな場合も頭の無駄使いは避けるべきだ)。
ただ、もしやったとしても、「憎しみ」という言葉の深い意味に到達するだけで、そこに善いも悪いも無い。
無意識の中に悪いものが存在するとしても、無意識自体は聖霊であり、至高の善だ。だから、「憎しみ」と唱えたところで、憎しみが集まることは無い。

心の微かな声で、肯定的な言葉を唱えると、例えば、「富」、「成功」、「歓喜」などなら、冒険に誘われることになる。
勇気を持って、その冒険に挑めば、富や成功や歓喜に至るのである。
これは、恋人や特殊技能を得るような場合も同じである。
この世のことは、あくまで神(無意識)と人(心)の共同作業なのである。
そして、それを速やかに行える、この「心の微かな声の呪文」は、誰でも無料で簡単に行えるのである。
ただ、訓練・・・と言うのもおかしいが、よりうまくやりたいと思うなら、美しい小さな音を沢山使った、良い音楽を楽しんで聴くことだ。クラシックの名曲なら、ほとんど全てそうである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード