ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

神曲

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

人生は喜劇だ

ゲーテの『ファウスト』や、ダンテの『神曲』は、いずれも人類の歴史に残る文学の傑作なのだが、何が良いのか分かり難いし、そもそも、これらを読んだ人は、そんなに多くはいないだろう。
いずれも、簡単に言えば、「人生が嫌になった中年男が救いを求めるお話」である。
そして、いずれも、鍵は「女」である・・・と言ったら下品に聞こえるかもしれないが、そんなものである。
ファウスト(錬金術師の怪しい男)は老人に近い歳と思うが、グレートヒェンという若い娘(何歳かは分からないが、15~17歳と思える)に夢中になるという、言ってみれば、スケベジジイと言ったら怒られそうだが、やっぱり、そんなものである。
そもそも、ゲーテ自体が、歳を取っても若い女の子が大好きで、いろいろやらかしている。
一方、ダンテの方は、実生活での片思いの相手、ベアトリーチェを『神曲』の絶対的ヒロインにするが、ダンテとベアトリーチェは、お互い9歳の時に出会って、ダンテの方が夢中になるが、ベアトリーチェがダンテに友好的だったことは全くなく、むしろ、拒否されていたところがあり、ベアトリーチェは他の男に嫁ぎ、24歳で病死した。
だが、ダンテは、『神曲』の中でベアトリーチェと深い交流を果たすという、妄想的願望がイタリア最大の文学を生み出したわけである。
ファウストとグレートヒェンは無残な結果に終わっているが、おそらく、グレートヒェンにはモデルがいて、それは、いい歳をしたゲーテのお気に入りの美少女だったのではあるまいかと勝手な想像をするが、ゲーテのことを考えれば、無理な想像ではない。

ゲーテもダンテも、きっと、彼らの人生が、自分で思うような人生ではなく、幸福感を感じておらず、むしろ、人生の辛さに苦しんでいたと言って間違いないだろう。
そもそも、満ち足りた人間が文学を生んだりしない。
だから、もし、あなたが文学的作家になりたいなら、幸福な人生は望めない。これは間違いない。
いや、たとえ、娯楽作品を書く作家だとしても、深い心の傷を抱えていない限り、読者の心を掴めるものは書けないはずである。

だが、作家というのは、どこか、人生の苦しみに折り合いをつけた者だとも言える。
ただ苦しい、悲しい、辛いだけでは、やはり作品は書けない。
自分が見つけた、人生の苦しみを克服する鍵が文学のテーマになる。
『ファウスト』にも『神曲』にも、それ(人生の苦しみを克服する鍵)がある。しかし、極めて難しい鍵であるし、鍵というよりは希望の欠片といったものだろう。
つまるところ、ゲーテもダンテも、生涯、救われなかった。
だが、それで良かったのだと言える。
『ファウスト』も『神曲』も、彼らが自分の生涯をお芝居(戯曲)にしたものであり、良い終わり方にはならなかったが、とにかく、「はい、芝居はここで終わり」というふうにした・・・つまり、落とし前をつけた(評価を下した)のだ。
自分で、どう落とし前をつけるかで、人生の満足度が決まるのである。
ベートーヴェンが死に際に「諸君、拍手を。喜劇は終わった」と言ったが、彼は、彼なりに、自分の人生に落とし前をつけたから、そんなことを言えたのだろう。

人生は、自分で落とし前をつけるべき喜劇だ。
実際、『神曲』というタイトルは、森鴎外が勝手につけたもので、本当のタイトルは『神聖なる喜劇』であり、ダンテ自身は、タイトルをただ『喜劇』としていた。
ゲーテの生涯も、ダンテの生涯も、ただの喜劇だった。
それなら、私やあなたと何の違いもない。
我々の生涯は喜劇である。
だが、最初から、そう思えば、案外に面白いのである。
実を言えば、シェイクスピアも、イェイツ(「20世紀最大の詩人」と呼ばれた詩人・劇作家。ノーベル賞受賞)も、人生が芝居に過ぎないことはよく認識しており、それは、やはり喜劇であった。
何度も言うが、我々の生涯は喜劇である。
伊達政宗も言ったではないか。
「馬上少年過 世平白髪多 残躯天所赦 不楽是如何」
馬に乗って戦場を駆け巡った少年(若い頃の自分)の時代は過ぎ、世の中は平和になり、私も歳を取った。
天が私をまだ生き長らえさせているのだから、大いに楽しもう。
・・・だいたい、そんな意味である。彼に深刻さはない。
我々も同じで、まだ馬上の少年なのか、戦う時代は終わったのかは分からないが、楽しむべきである。
だが、無理な楽しみ方をする必要はない。
どの時代であろうが、真言を唱えることを忘れなければ、楽しいこと、嬉しいこと、面白いことだらけである。
そうなるように、真言が与えられたのである。
これは、多くの証拠があり、間違いのないことである。
人生はただの喜劇であるのだから、楽しまねばならない。
まあ、ゲーテもダンテも、そこそこは楽しんだと思う。
だが、あれだけの大天才でも、真言を知らなかった。
いや、知っていたかもしれない。知っていたら、彼らも人生を楽しめただろう。しかし、それは分からない。
だが、我々は間違いなく知っているので、人生は面白いに決まっているのである。








三の神秘

「南無三(なむさん)」という言葉は、「三宝に帰依する(すがる)」という意味で、「三宝」とは、仏、仏法、仏教僧団のことで、仏教における最も貴いものだ。
それで、危機に際し、「仏」「仏法」「僧団」に救いを求めるという意味で、「南無三」と唱えることが、昔から行われていたようだ。
そりゃ、仏、仏法、僧団に救いを求める呪文のようなものなのだから効くはずである。

ところで、3という数字は、西洋では、古代ギリシャの時代から、神秘数、あるいは、完全数とされ、それは、キリスト教にも受け継がれている。
それは、非常に明確なことであると思う。
古代ギリシャでは、神に誓いを立てる時は、ゼウス、アテナ、アポロンの3神に対して行ったのである。
アリストテレスは『天について』の冒頭で、3という数字が、いかに完全で重要であるかを、切々と述べている。
キリスト教では、当然、「三位一体」、つまり、父(神)、子(キリスト)、聖霊が一体であることを最重要事項としている。
そして、敬虔なキリスト教徒であったダンテは、『神曲(本当のタイトルは『神聖なる喜劇』)』を、徹底して3によって構成した。
総序である最初の一歌の後、地獄編33歌、煉獄編33歌、天国編33歌で、しかも、3行で一文(一連)とする「三行韻詩」である。

よって、「南無三」と言った場合、本来の「仏、仏法、僧団の3宝にすがる」という意味の他に、「最も貴い3神にすがる」、あるいは、「完全である3にすがる」という意味にも取れる。
日本においても、最も貴い神は、やはり、3神である造化三神で、それは、天之御中主(アメノミナカヌシ)、高御産巣日(タカミムスビ)、神産巣日(カムムスビ)の3神である。
「三」は、日本語では、「ミ」とも読み、「三」と「ミ」は似ているが、山蔭神道の山蔭基央氏の『神道の神秘』によれば、「ミ」は最も高貴な言葉で、初音ミクさんの名が「ミ」で始まり、「ミク」を「39」という数字に合わせるのも偶然ではない(と思うw)。

こう考えてみれば、「南無三」とは、何とも希(まれ)な言葉である。
私は幼い頃から、なぜか、この言葉をよく使い、度々、不思議なことを起こしていたのである。
どんな時に使ったのか、実はほとんど覚えていないのだが、かなり恐ろしいことにも使ったような気がする。
目をつぶって交通量の多い車道に飛び込むという、今思うと恐ろしいことを何度もやったが、その時も、「南無三」と唱えていたかもしれない(決して真似しないで欲しい)。
1つ、こんなことを覚えている。
小学校の運動会で「帽子取りゲーム」という、かぶっているいる体操帽子(紅組は赤色、白組は白色。帽子の表裏が赤白だった)を取り合うというゲームがあり、その練習をした時だ。
私は、一番強いと言われているT君と鉢合わせ状態になり、やむなく対戦となったが、T君はもう自信満々の様子である。T君は背が高くて力が強く運動神経が良いのだから、そりゃ強い。
その時のことは非常に印象的である。
私が「南無三」と唱えた時には、T君の帽子は私の手にあった。
ところが、T君は、帽子を取られたのに、私への攻撃を続けながら、「あれ!あれ!」と凄く驚いた様子である。
自分が負けたことが信じられない様子なのだが、それよりも、なぜ負けたのかが分からないのだろう。
私は多分、時間を超えていた。
誰かが「KayがTの帽子を取った!」と叫ぶのが聞こえた。それほどの快挙なのである。
私の方は、さっぱり強いと思われていなかったのだ。

尚、私は「三宝」の「僧団」に関しては、現実の教団というよりは、霊団のようなものと認識している。
いざという時には、所縁(ゆかり)の善霊の方々が力を貸してくれるのかもしれない。
南無三・・・三にすがる。良い言葉である。








明るい霊界通信活用法

霊界通信という、霊能者が、あの世に行った死者と対話するというものは、どのくらい昔からあるのか想像も出来ない。
日本では、恐山(おそれざん)のイタコという女性霊媒師(長年の修行が必要なので、おばあさんばかりらしい)が昔から有名だが、アニメの『かぐや様は告らせたい?』の中で、このイタコについて、ごく普通に語られるなど、一般にも知られているのだと思う。
世界的に有名な霊界通信には、あのエマーソンが「人類の5人」に選んだほどの偉大な人物である、スウェーデンのエマニュエル・スウェーデンボルグ(1688~1772。科学者、政治家、思想家)によるものがある。

霊界通信には胡散臭いものもあるのかもしれないし、そもそも、本当にそんなものがあるとは信じない人もいるだろう。
「この霊媒師は本物だ」と言われる人だって、その人が、単に調査能力があり、話も上手い「プロの職業霊媒師」であるだけで、本当に霊界通信が出来る訳ではないのかもしれない。
まあ、今は、故人についての情報は、有名人であればネットで簡単にかなりの調査が出来るので、有名人専門であれば、昔に比べ、職業霊媒師になるためのハードルは下がっているかもしれない。
そして、霊界通信を行うことで金銭を受け取ることが、詐欺かファンタジーかは、やり方によるだろうが、微妙な場合もあるだろう。

ところで、YouTubeの人気チャンネル「『真相を霊視』してゆっくり解説」の動画をいくつか見たが、これが本物の霊界通信かどうかは私には不明ながら、これによってもたらされるものが霊界通信の効用なのだと思った。
どういうことかというと、あの世からの視点を持つことで、この世とか自分の人生を違った目で見ることが出来るということだ。
その「あの世からの視点」は、仮想的なものであっても構わない。
例えば、自分が「もし凄い貧乏だったら」「もし重度の障害者であったら」「もし既に老人であったら」と仮定することで、今の自分の状況は、それほど悪いものではないと思い直すことが出来る。
だが、「もし自分が死んだら」というのは、なかなか考え難い。
しかし、直接は知らなくても、自分が好感を持っていたスターが死後の様子を語ってくれ、その言葉に共感を覚えたら、自分も、あの世からの視点を持てるように感じるのである。
そして、 「『真相を霊視』してゆっくり解説」の良いところは、死んだスター達が皆、非常にポジティブで明るく、誰に対しても、何に対しても、全く、恨み言や否定的なことは言わず、爽やかで、そして、心打たれることを言うので、こちらも気分が良くなるし、死後の世界が楽しいものであると思うことが出来る。
また、本当に霊視しているのか、単に調査と語り方が優れているのかは分からないが、亡くなったスター達が、少なくとも、あまり不自然なことを言わないことも、すんなりと入って行きやすい要因である。
もし、これが、本物の霊視でないとしても、ファンタジーとして許容出来る範囲かもしれない(このあたりは人によっては見解が異なるかもしれないが)。
私も、霊界通信に関しては、スウェーデンボルグも含め、重厚なものや、やや軽薄なものまで沢山見たが、いくら格調高くてもスウェーデンボルグでは時代が違うので思想的に違和感があるし、現代的なものであっても、やはりかなり引っかかるところがあるものが多かった。
イタリア文学の最高傑作と言われるダンテの『神曲』は、おそらくフィクションだと思うが、これも壮大な霊界通信である。
しかし、これも、ダンテが見た霊界の人々が古過ぎることと共に、明らかに、ダンテの、そして、キリスト教の思想の影響が大きく、現代の、特に日本人が、これから人生の指針を得ることは難しいだろう。
そこにいくと、 「『真相を霊視』してゆっくり解説」は、悪影響は比較的少なく、それでいて、ポジティブに人生を客観視することで希望が持てるかもしれない。
坂井泉水さんのファンであった私にも、この坂井さんの霊界通信に不快感はなく、あくまでファンタジーとして楽しむことは出来た。
【YouTube】『ゆっくり解説』全てが謎に包まれた、"ZARD"坂井泉水最後の瞬間を、霊視して解説
他にも、竹内結子さん、尾崎豊さん、志村けんさん、西城秀樹さん、織田無道さん、その他、多くの有名人との霊界通信を行っている。








完全数呪文

イエスは「信じる者は何でも出来る」と言ったが、どうすれば信じられるかは言わなかったように思う。
では、どうすれば信じられるかと言うと、
「全ての願いが実現すると信じる」
と、感情を込めず、けれども、丁寧に、心の中で、いつも繰り返し言えば良い。
他にどんな方法もない。
人間は、心を支配する能力はなく、自在に信じることは出来ない。
しかし、言葉を支配する能力があり、言葉は心を支配する。

普通は、アファーメーションと言われると思うが、やや長い新しい万能呪文を作った。

いかなる望みも叶う
この世は私の王国だ
私の要求は絶対令だ

神秘数3を基調とした、3×9(ミク)文字の「完全数呪文」である。
アリストテレスは言った。
「2は両方とは言うが、全部とは言わない。3で全部と言う」
ダンテの神曲は、三行韻詩の3編33歌の叙事詩である。もう見事なまでに3だ。
そして、ダンテが描く、世界(地上、地獄、煉獄)と天界は三次元球面という、いわば四次元的な構造をしている。
万能呪文の上位版である、この「3の呪文」「完全数呪文」で、あなたは絶対的な力を味方にするだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

閻魔様の前で何を言おうか?

ギリシャ神話でも、エジプトの死者の書でも、人間は死んだら、生前の行為を裁かれ、死後の運命が決まるとされている。
仏教にも六道輪廻というものがあるが、キリスト教では、最後の審判まで死者は眠り続けるようだ。
だが、熱心なキリスト教徒であるダンテは、『神曲』で、死後の世界のことを詳細に描いているが、やはり、生前の行いにより、死後どうなるかが決まるのである。
エマニュエル・スウェーデンボルグは、死後の世界を、事実として示したが、裁かれて天国に行くか地獄に行くかが決まるのではなく、仲間の霊が迎えに来るらしい。

他にも、色々な死後の様子のことが語られ、どれが本当か、全部嘘か、あるいは、物質世界では想像も出来ないミラクルな仕組みで、全て本当か・・・それは分からない。
しかし、裁かれるかどうかは別として、人生の総合評価がどうなるか、考えてみても良いと思う。

スティーブ・マックイーンとダスティン・ホフマンが共演した1973年公開の150分の長編映画『パピヨン』で、スティーブ・マックイーン演じるパピヨンと呼ばれる男は、殺人罪などにより、終身刑の流刑となる。しかし、それは無実の罪だった。
流刑の地でも問題を起こし、独房に入れられたパピヨンは、砂漠の中で裁判を受ける夢を見る。
裁判官は「有罪」を告げ、パピヨンは「俺は殺していない」と訴える。
だが、裁判官は、「その罪ではない」と言う。
パピヨンが、「どの罪だ?」と問うと、裁判官は、「人生を無駄にした罪だ」と告げる。
それを聴いたパピヨンは呆然として、うな垂れる。
そして、パピヨンは力なく言う。
「確かに有罪だ・・・認めるよ」

人生を無駄にすることが最大の罪であるようだ。
パピヨンもそうであったように、私も、なるほどと思ったものだ。
つまり、人生は値打ちのあるものであり、大切にしなければならない。

昔、こんなことが書かれているのを見たことがある。
「私は死んで閻魔様の前に出たら、大したことは何もしなかったが、便所の下駄だけは揃えて出たと言うつもりだ」
みみっちいようではあるが、もし、一生の間、パーフェクトに実行したなら大したものである。
そして、このように、自分の掟を持ってい者は、大事業とは言わないまでも、それなりに人生を有意義に過ごし、人生を無駄にはしないのかもしれない。
例えば、子供を立派に育てたりしてね。

さて、私は、人生裁判があれば、どう裁かれるのか?
どんな人生であったかと問われれば、アレルギーと人間嫌いに苦しむ人生だったかもしれない。
もちろん、それが人生を無駄にした言い訳にはならない。
というのは、私のそんなハンデはむしろ軽い方だからだ。
そして、子供を立派に育てるなんてことも・・・まあ、絶対しない。
で、威厳ある、敬うべき閻魔様が、
「お前は人生で何をした?」
と問われるなら、私は、
「初音ミクさんを愛しました」
とお答えする。
他には何もない。
そこで、恐ろしい形相で私を震え上がらせた閻魔様が、
「それが何になる?」
と、問い詰めるなら、私は言うだろう。
「それが神に近付くことでした」
しかし、閻魔様は、こう言われるかもしれない。
「それなら、善行に励めば良かったのではないか?」
しかも、悪行は多いときている。
駄目だこりゃ・・・
しかし、言わずとも、私の魂はこう告げる。
「ミクさんを崇めることに優る善はない」
同時に、閻魔様は教えて下さるだろう。
「ゆえに観音はお前を助けた」
確かに、恵み多い人生である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード