ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

神の名

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

一語の神

今は、「引き寄せ」という言い方をすることが多いが、本来の概念では「魔法」と言うべきものが、「引き寄せ」とか「潜在意識の法則」とか「超能力」とか「霊能力」として、その使い方が本に書かれている。中には、人気があって、かなり売れているものもある。
ただ、残念なことに、使い方の説明に1分以上かかるものは(つまり、一冊の本になった時点で)使えないのだ。
なぜなら、魔法は考えたら使えないからだ。
使うのに説明を必要とするということは、頭を使うということであるが、思考を通して行うことは魔法ではない。
魔法は、ただ一言で教えられる。
それは、「神の名を唱えよ」だ。

ところが、私は、神(あるいは仏)の名を1つも知らなかった。
二十歳過ぎた頃にも、「天照大神(あまてらすおほみかみ)」を読めなかったし、何となく、阿弥陀とか観音という言葉は知っていても、それらの仏の名前を正しくは知らなかった。
本来は、子供の時から知っている神仏の名を唱えるのが一番であるが、私には、そのようなものがなかったのである。
とはいえ、日本語というのは、一語一語が神なのであり、おそらく、太古の昔、日本人の祖先は、単純な言葉の1つ、あるいは、いくつかを組み合わせて(おそらくは心で)唱えるだけで、岩を浮かせるようなことを軽々と行ったのだと思う。
だから、子供でも、「えい」とか「やー」とか「たー」といった、お決まりの愛用の掛け声を使う子は、その言葉の神が手助けしてくれ、驚くようなことをしているのかもしれない。
実際、私も、ここでも何度も書いたが、子供の時から、およそあり得ない奇跡を何度も起こしてきたのは、いつも(掛け声などで)使う特定の言葉に宿った神の力によるのだと思う。
一語であっても、神であるからには、強い力を持ち、昨日も書いたが、「ア(アー)」だけでも、唱えれば、悩みが消えてしまう。
もちろん、それぞれの言葉の神には個性もあるだろうが、やり方が違うだけで、普通のことであれば、何でも出来るのだと思う。

その中で、調べていたら、「トホカミヱヒタメ」という、8つの言葉が表す8柱の神を唱えるのは良いことであると思った。
よく「トホカミエミタメ」と言われているが、正しくは、「トホカミヱヒタメ」である。
私のように、子供の時に馴染みの神の名を持たなかった者で、どうも親しみの湧く神や仏の名前がない場合、たった一語の神の名を、心で丁寧に唱えれば良いと思う。それだけで、必ず恵があるだろう。
あるいは、「トホカミヱヒタメ」の8柱の神の名を唱えると良いだろう。








神の名の力

どんな時に願い事が叶い易いか・・・つまり、引き寄せがうまくいくかというと、一番は、命がかかっている時だし、その他では、名誉や責任がかかっている時だろう。
単に、叶ったら嬉しいとか、楽しいとか、面白いとか、贅沢したいといったことで引き寄せが出来るようになったら名人の域だろう。
また、自分の器量を超えたことは叶い難い。
例えば、自分が月に20万円稼げると信じられるなら、それくらいは稼げるが、月に100万円稼げるとは信じていなければ、なかなかそれだけは稼げない。
つまり、我々は、自分の枠を破り、心のキャパシティを広げる必要がある。

ここで注意しておくべきことは、社会(常識的な意味での社会)や学校や、あるいは、マスコミは、我々の心のキャパシティを小さくするように圧力をかけ続けているのだから、本来は、なるべく早く、敢然と、社会、学校、マスコミとは関りを断たねばならない。
特に我々を洗脳し、虫けらのような存在にするのはマスコミであるから、テレビは決して見てはならないし、新聞も、必要な箇所以外は見てはならない。
学校や会社で教わったことは、よほど必要な部分以外は捨てなければならない。
じゃあ、ネットは良いかというと、大抵は悪くなってきた。
SNSに居るのは、学校や社会やマスコミに洗脳された者が圧倒的だし、YouTubeのCMなどは非常に有害で、一瞬でも見ない方が良い。
だが、実際のところは自分次第であり、自分の精神さえしっかりしていれば、何を見ても問題はないはずである。

自分の心の枠を広げる良いものに、神の名がある。
そのカラクリは明確には説明し難いが、神の名は潜在意識の奥深くに存在し、個々の人間を超えた、集合無意識の中にも存在するからというのが、大雑把な理由である。
潜在意識の奥深くや集合無意識の中に、他に明確に存在するものは指摘し難いが、神の名だけはある。
特に、昔から民族で持ち続けた神の名は、ピュアに存在するので、その名だけで、心の深い領域にあるエネルギーと共に蘇るし、神の名であれば、悪い影響は、まあ、ない。
我が国の最高の神は、アメノミナカヌシノカミであるが、古事記の中の、様々な神の名は、日本人の潜在意識の奥や集合無意識の中に存在している。
仏教の仏の名だって、今や、やはり、心の深い領域に存在する。
もちろん、インドでの呼び名と日本での呼び名は異なり、民族的な影響はあるが、案外に多民族ともつながっている。
それは、西洋の神でも同じだし、日本でも、イエス・キリストの名には、極めて大きな力がある。
特に、キリスト教信者の場合であれば、イエス・キリストの名の元に願ったことは極めて叶い易い。
引き寄せがキリスト教国で盛んになったのも、そのあたりが、単純にうまくいくようになっていたからだ。
宗教に関して、新しい考え方をする人たちが指摘するように、やや言い方は悪いが、神の名はツールであり武器であるので、敬って使うなら、大きな恵をもたらしてくれる。
敢えて言うなら、「神」という言葉自体が、強力な神の名である。

昨日も書いたが、祈りとは、命令であり、要求だ。
聖書に、
「私の手になるわざについて、あなたが私に命じるのです」
とあるように、堂々、命令形で願えば良い。
例えば、「富よ来たれ」といった感じである。
「なれ」と言えば「なる」のである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード