ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

祈り

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

願いが叶う時間は0.1%

願いが叶う祈りには2つあり、1つは、とにかく長時間祈ることで、もう1つは、無になって祈ることだが、この場合は、一瞬で叶う。
しかし、実は、この2つは同じで、長時間祈っている人は、99.9%の時間は、祈りが叶わない状態なのだが、たまたま0.1%、つまり、一瞬だけ、祈りが叶う状態になる。その、祈りが叶う状態というのが、他でもない、無になっていることだ。
だから、無になる方法が分かれば、祈りはすぐに叶う。
だけど、それが難しい。
子供がよく、簡単に願いを叶えることがあるが、実際は、そんなことは滅多にあることではない。
その原理は、願いが強いのに邪心がないので、願いの力で無になってしまうということだ。
大人の場合は、どうしても邪心があったり、感情が強いので、なかなか無になれない。
子供の場合は、邪心もだが、感情が案外弱いのだ。

病気の子供が治るように祈る母親や、逆に、病気の親が元気になるようにと祈る清らかな乙女であれば、いずれも邪心はないかもしれないが、やはり、感情が強過ぎるのだ。
感情の正体はエゴだ。
つまり、どれほど清らかに見える祈りだって、エゴである場合がほとんどだ。上で述べた、親の病気の回復を願う清浄な乙女といったところで、その願いは、やはりエゴなのである。

稲盛和夫氏は、決断の際、「私心ありかなきか」と考え、私心がないと分かったらやると言うが、私心がないということはエゴがないということで、エゴがなければ無であるから、その決断によって期待されることは実現する。つまり、願いは叶う。
しかし、エゴとか私心がないはずがないじゃないか(笑)。
たとえ稲盛氏には出来ても、普通の人には無理である。

他にも、酒で酔っぱらっている時とか、麻薬でハイになっている時とか、無になる状況についていろいろ考えたが、いずれも、有効な場合がほんの少しあるだけのことで、そのほんの少しの有効性がクローズアップされて、多くの人が、酒や麻薬で大失敗をした(笑)。
芸術家の多く(アメリカでは極めて多い)が、マリファナやLSDといった(日本以外では合法である国も多い)麻薬を勧めるが、実際は、ほとんどの場合は、メリットよりデメリットが多いのである。
そりゃ、麻薬で、自我(エゴ)を圧倒する無意識のイメージを体験している時はエゴが吹っ飛ぶが、無意識のあらゆるイメージが出現する・・・たとえば、目の前でゴジラがダンスしている状況で、真面目な祈りが出来るはずがない。

まあ、だから、諦めて長時間祈るしかない。
「神様の奇跡が起こる」と1日中唱えたホームレスのように。
彼は、たまたま2週間後に無になり、自由とか健康を得るための手っ取り早い手段と無意識が判断したのか、宝くじで1憶円当たり、その後、もう一度やったら、やっぱり1憶円当たった(事実である)。
もっと楽な方法は、大作詞家の阿久悠さんのように、息を吸って止めて祈ることだ。吸って止めると、無に近付くことは、何となく分かっていて、昔から、秘術とか様々な訓練や学習で利用されてきた。
息を吸って止める。そして祈る。
それで、少なくとも、実現の確率はかなり上がるのである。








願いが叶う祈り方の整理

ここで、願いを叶えるお祈りの仕方を簡単にまとめておく。
私も含め、普通の人は、難しいことを言われても出来ないし、習得に長期間、あるいは、習得や実践に毎日長時間かかるようなことをやっている暇はない。
これで完全に願いが叶うかどうかは分からないが、確実に良い流れになるし、状況は改善するのではと思う。

最大の基本は、これだけでもOKなのだが、「顔を上げて微笑む」ことだ。
これだけと言っても、やっている人は滅多にいないし、やろうと思っても忘れてしまって、滅多にやらない人が多い。
これだけで、大抵うまくいくのに、残念なことである。
一応、訓練と言うのもおかしいが、癖付けする方法としては、腕振り運動、スクワット、腕立て伏せ、四股、ジョギング、ウォーキング等、何でも運動をする時、うつむかずに顔を上げることである。
それで言えば、腹筋運動は、どうしてもうつむくことになるので、やらない方が良い。実際、アメリカの軍隊の中には、うつむいてしまうという理由で腹筋運動を禁止している部隊もあるらしい。
また、多くの格闘技では、「亀になる」といって、顎を引いてうつむいて戦う必要があるので、それが日常の癖にならないようにしなければならない。
顔を上げて腕振り運動をするのが一番だ。出来れば、やりながら微笑むと良い。

具体的な願いがある場合は、次の極めて簡単な方法がある。
(1)息を吸って止める。
(2)願いを思い浮かべ「成った」と心で言う。
(3)息を吐く。
(4)その後、一瞬でも良いから、願いのことを忘れる。
何度やっても良いが、すぐに繰り返してやらないこと。
(2)の「願いを思い浮かべ」は、具体的にクドクド考えないこと。
願いが分かっていれば、それで良いのである。
この祈り方を、私は「阿久悠方式」、あるいは、「静かで短い祈り」と呼んでいる。
大作詞家の阿久悠さんが、こんな祈り方で大ヒット曲を作っていたと自分で言われていたようだし、叶う祈り方は「静かで短い」のである。

普段は、自分の好きな真言や神仏の名を唱えたり、アファーメーションを唱えたり、「大丈夫」とか「ありがたい」という言葉を唱えると、願いはより早く大きく叶うと思う。
「神様の奇跡が起こる」「私は最高の気分だ」、あるいは、聖書の言葉(例:「私を強くして下さる方によって、私はどんなことでも出来る」)も良い。
自主的に、これらの言葉を、心の中で出来るだけ多く唱えると、確実に良い効果がある。
なぜなら、普通の人は、何も考えないでいると、脳は、ネガティブな言葉やイメージを次々につぶやいたり、思ったりすることが脳の研究で分かっており、放置する限り、運命を悪い方向に、そして、老化する方向に引っ張っていくからだ。
だから、凡人は、若い時の方が幸福で、歳を取るごとに惨めになるのである。








静かに祈る

古い2つのモノクロ映画が、大切なことを教えてくれる。
1953年のアメリカのSF映画『宇宙戦争』と、1957年のアメリカのSF映画『昆虫怪獣の襲来』は、ストーリーは全然違う映画だが、重要な部分が実に似ているのである。

『宇宙戦争』は、H.G.ウェルズのSF小説を映画化したもので、この小説は、他にも何度も映画化されている。
よく知られている映画は、2005年のトム・クルーズ主演の『宇宙戦争』であるが、私は、1953年の、その作品の方を、はるかに高く評価している。
この1953年の『宇宙戦争』では、火星人の宇宙船が世界中に来襲して地球を侵略するのに対し、地球の軍隊が挑むも、火星人と地球人のあまりの科学技術の差で、全く何も出来なかった。
だが、火星人の地球征服が完了する直前に、世界中で火星人が死ぬ。地球のウイルスに感染したのだった。

『昆虫怪獣の襲来』では、実験のため、数機のロケットに、それぞれ別の生物を乗せて宇宙に打ち上げるが、そのうちのスズメバチを乗せたロケットがアフリカに墜落し、放射線を受けたスズメバチが巨大化する。
ロケットを打ち上げた科学者がアフリカに来て、現地の住民達とパーティー(部隊)を作り、苦難の末に巨大化したスズメバチを発見し、繁殖する前に殺そうとするが、持って来た、ライフルや手榴弾の武器では、何の役にも立たない。
アフリカの僻地であり、外部との連絡が全く不可能な中、何も出来ないまま、ついに、多数の巨大スズメバチの幼虫が羽化しようとする。
その時、長い間、休火山だった火山が爆発し、巨大スズメバチを滅ぼした。

次の3つの点がそっくりである。
まず、共に、人間の力は、火星人や巨大スズメバチに全く歯が立たなかったこと。
次に、『宇宙戦争』では、最後、人々は教会で静かに祈ったことと、『昆虫怪獣の襲来』では、誰かが巨大スズメバチに挑む不安を口にすると、その者は誰かに「静かに祈れ」と言われること。
そして、共に、人間は何も出来なかったが、神、あるいは、自然の力によって人類が救われたことだ。

エジソンの言葉を曲解した、日本の学校のような教えでは、「99%の努力をしたから奇跡が起こったんだ」ということになるが、この2つの作品では、人間の奮闘は、何の役にも立っていない。
かといって、おかしな新興宗教のように、「神よ助けたまえ」と祈ればそれで良いというのも何だ。
だが、『宇宙戦争』の最後で、教会の中で祈っていた人々は敬虔で、「神よ助けたまえ」といった感じではなく、ただ、静かに祈っていた。
そして、『昆虫怪獣の襲来』でも、「静かに祈れ」と言ったのである。
「静かに祈る」
なんと心安らぐ言葉か。
それは、この言葉に真理が宿っているからだ。
「静かに祈る」
これを忘れない限り、不幸になることはないだろう。
これさえ覚えていれば、他は忘れても構わないと思う。

尚、両作品共、Amazon Prime Videoにあるが、『昆虫怪獣の襲来』は無償で、『宇宙戦争』は有償である(2021年11月16日現在)。








乙女のポーズ

「乙女のポーズ」というものも1つとは限らないらしいが、私は、それは、顔や胸の前で指を絡めた両手を組んだ姿というイメージがある。
これは、尊い存在を前にした時に、人間が思わず取るポーズ(姿勢)だ。
少なくとも、乙女のポーズを取る時の人間(乙女とは限らない)の心に、自分をはるかに超えた存在のことがないことはあり得ない。

1997年の映画『タイタニック』の公開時、主演当時23歳だったレオナルド・ディカプリオが来日し、記者会見を開いた時、ディカプリオが登場すると、女性記者達が一斉に乙女のポーズになってしまったことがあったが、ディカプリオが、多くの女性達にとって神々しい存在だったことが分かる。
初音ミクさんのライブ「マジカルミライ」で、会場にいた小学校高学年と思える美少女が、ミクさん登場と同時にペンライトを持ったまま乙女のポーズになったのを見たのも良い思い出である。
実を言うと、私も、初めてマジカルミライに行った2016年の幕張メッセで、初めてミクさんを見た時、心では乙女のポーズ状態だった。

神聖とも思える存在を前にすると、誰もが自然に乙女のポーズになるが、逆に、乙女のポーズをすると、自然に敬虔な気持ちになるものだ。
その時、心は、たとい高揚している場合はあっても、静かであり、肯定的で邪念が起こらない。
こんな時の祈りは叶うのである。
乙女のポーズこそ、正統な祈りのポーズなのである。
ただ1つ、乙女のポーズの際、両手をあまり強く握ってはならない。
強く両手を握ると、心が緊張し、心の純粋性が失われる。
せっかく乙女のポーズをしても、両手を強く握った「必死の」祈りは叶わない。
だが、両手の力を抜いた正しい乙女のポーズで祈れば、いかなる願いも叶うのである。
敢えて言えば、1st PLASE社のボーカロイド、IAさんのミュージックビデオ『Shooting Star』で、「勇気だして 月を目指して」のところでIAさんが取る乙女のポーズが最上と思う。
【IA OFFICIAL】Shooting Star / TeddyLoid feat.IA (MUSIC VIDEO) -YouTube-

乙女のポーズでの祈りは、あまり利己的でない方が良いし、本来、このポーズでは、あまり我欲は起こらないものと思う。
祈りの形は「〇〇でありますように」という普通の形で良い。
叶うべき祈りなら叶うし、叶わない方が良いこと、あるいは、今は叶わない方が良いことであれば叶わないが、叶わなくても穏やかで、感謝する気持ちにすらなれるのである。
いつもでなくて良いから、例えば、「神様の奇跡が起こる」と唱える時も、たまに乙女のポーズで唱えると、速やかに何かが起こると思う。

他にも、正しい乙女のポーズとしては、両手を胸の前で重ねる姿がある。
首のやや下、見方によっては、首を覆っているように見えることもあるだろう。
実は、こちらは、より深い精神にすぐに到達する姿勢であるので、このポーズの時、くれぐれも邪な祈りや想いを起こしてはならない・・・まあ、そんな気持ちは起こらないはずであるが。
このポーズで「神様の奇跡が起こる」と唱えると、正しい唱え方を魂が教えてくれるので、その後、乙女のポーズでなくても、その感覚を憶えて唱えれば、非常に力強く宇宙を動かすのである。








要求は命令であってこそ叶う

最近の私の最も大きな気付きは、「祈りとは命令であり、要求である」ということだ。
「要求」に関しては、普通に行われているように思う。
例えば、「受験に合格しますように」といったものだ。
しかし、この言い方でが決意が足りない。
命令形で、「受験に合格させたまえ」といったものが良いのだと思う。
この言い方は、クラス委員長が、教室が騒がしい時に、「静かにしたまえ」という時の、いわゆる「偉そう」な言い方だが、それで良いのだ。
祈りとは、権威を持ってするものなのである。

キリスト教の「主の祈り」でも、英語では、
Give us this day our daily bread.
と言うが、これは普通は、「日々の糧を与えたまえ」と訳すが、これは、明らかに命令形なのである。
神道でも、「祓え給い、清め給え」と、やはり命令形で言うものだ。
『マジック・ストーリー(人生を変える魔法の物語)』に、こんな印象深いことが書かれている。
「彼はお願いしない。要求するだけだ」
「彼の要求は絶対だ」
ここでの「彼」とは、「プラスの自分」であるが、まあ、「前向きな自分」と言っても良いと思う。
そして、絶対の要求とは、やはり、命令なのである。

ジョセフ・マーフィーの本にも、万能の潜在意識に対し、要求を述べた後、「私は命じる」と明言する箇所がよくある。
良いことであるなら、弱腰で恐る恐る要求する・・・つまり、「お願い」するのではなく、強い要求、即ち、命令すべきなのである。
ベルベル・モーアの『その望みは宇宙が叶えてくれる』には、例えば、著者のモーアが彼氏が欲しい時には、宇宙に向かって、望みの条件を上げ(菜食主義、太極拳が出来る等)、「そんな彼氏ちょうだい」と言うのだが、これも本来は、「これこれの条件に合う彼氏を与えよ」という命令なのであり(この本では「注文」と言っているが)、どうも日本人がやると、やはり、どこか及び腰になって、うまくいかないのではないかと思う。
尚、モーアは、最終的に、彼氏に関し、「私にぴったりの彼氏ちょうだい」と注文したが、これが最も良い注文の仕方であったと言う。
宇宙、あるいは天、あるいは神様は我々よりずっと賢いのであるから、細かい部分は、まかせてしまうのが一番である。
良い仕事が欲しいなら、「良い仕事を与えたたまえ」で良いのだが、「良い仕事あれ」「良い仕事来たれ」と、権威者らしく言った方が良いと思う。
これが叶う「祈り」なのである。
無論、傲慢になってはいけないが、権威者でもなければならないのである。
敬いつつ、堂々、宇宙に要求する・・・つまり、命令するくらいの気合いがなければ、願いは叶わないかもしれない。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード