ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

矢追純一

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

本気で神頼みする

引き寄せの法則(潜在意識による成功法則とも言う)を使えば、何もしなくても願望を実現することが出来る。
行動する必要はないし、努力する必要もない。
それは確かだ。
しかし、そう言われたら、本当に何もしない者がいることには、ちょっと驚く。

昔、マイク・ハーナッキーというアメリカの作家が、自分が作家になれたことを題材にして、引き寄せの本を書いたが、その本が斬新で分かり易かったのでベストセラーになり、多くの人がその本を絶賛した。
ところが、その本を読んでも欲しいものが得られないとか、書いてある通りにやってみたが何も起こらないという読者からの手紙も沢山来た(インターネットがなかった時代)。
どれほど評判の良い引き寄せの本でも、こういったクレームは必ずあるはずだ。今なら、Amazonのレビューで見ることが出来る。
そこで、「なぜあなたの引き寄せはうまくいかないのか?」といった本が売れる(笑)。
さっき述べた、引き寄せのベストセラーを書いたマイク・ハーナッキーは、うまくいかないという読者と対話(電話か手紙かは不明)してみた。
すると、ハーナッキーは、その読者が、本当にごく簡単なこと(電話1本かける等)もやっていないことに呆れた。

私も以前から、世の中には、所詮、何をやっても駄目なやつがいることには気づいていたし、実際に会ってもいた。
別に頭が悪い訳でもなく(悪くても良いはずだ)、不利な条件がある訳でもない(あってもうまくいく者も多い)。
そして、そんな人間に関われば関わるほど不気味になってくる。
なぜそこまで心がねじ曲がっているのか、甘ったれているのか、道理が分からないのか・・・謎だ。

まあ、確かに、そんな駄目な人間になった原因は、根本的には、その者の親による過干渉や、その逆の放任(必要な躾をしなかった)だろう。
しかし、そんな駄目な者だって、銃弾飛び交う戦場に投げ込まれたら、すぐに立派になる。
一頃、脚光を浴びた戸塚ヨットスクールというのは、そんな駄目な者達に戦場のようなものを与える場所だった。
つまり、いくら何もせず、言い訳ばかりしている者でも、沖で海に投げ込まれたら必死で泳ぐ。
まあ、それが過激だというなら、例えば、浮き輪を持たせて沖に放置すれば、やがて恐くなり、自分で何とかしようと思うようになる。
ただし、危険に見えても、生徒の安全には万全を期さないといけないし、今の時代、生徒を精神的に追い詰めてもいけない。
しかし、そんな配慮が見えたら生徒にナメられてしまって成果が出ないというジレンマがあり、こういった教育は難しい。
難しいから、自然、高額になってしまい、親の負担は大きい。よくは知らないが、私立大学の学費程度では済まないのは当然と思う。

だが、実際のところ必要なことは、いろんな種類(人種、年齢、性質等)の人間がいるコミュニティーに参加させ放っておくことだ。
しかし、日本を始め、教育界というのは、そんな良いやり方を決して認めない。
だって、教育の目的は、国家の奴隷を作ることなのだからだ。
そんなやり方では、奴隷にならない。
だから、やらないといけない。

私もニートやってのだから、戸塚ヨットスクールが必要だったのかもしれないが、おそらく、入っても駄目だったと思う。
プライドだけは高かったからね・・・つまり、一番駄目なタイプである(笑)。

全ての親に言っておきたい重要なことは、子供が小さい時から、高校を出たら家を出るのだと、毎日でもいいから言うことだ。
そして、その後、犯罪を犯そうが、犯罪の被害者になろうが、親は一切関知しないことを、これも、子供が幼い時から、毎日でもいいから言うことだ。
UFO研究家の矢追純一さんは、治安の悪い中国にいた時、10歳くらいだった自分はもちろん、4歳の妹にも、母親は、「今後はお前達の面倒は見ない。自分で稼いでこないと家に入れない」と宣言したそうだ。
(だが、それで小さい妹が誘拐された時、母親は単独で奪還したらしい。母親は裕福に育ったお嬢さんで、豊かな旦那に嫁いだ人だった)
私は、もっと早く矢追さんの本を読んでいたら良かったと思う。
つまり、こういうことだ。
自分の無力さを思い知ると同時に、自分の中に無限の力があることを理解するという、一見矛盾したことが出来れば良い。
駄目なやつは、丁度、この反対にある。
つまり、己惚れは強いのに、自分には何も出来ないと知っているのだ。
だが、本気で神頼みした時に何かが変わるのである。








最強はハーモニー(調和)

このブログの今朝の記事で、現実世界では「妥協」というものが重要であるということを書いた。
例えば、若い間は、恋人選びにおいて理想が高い場合が多いが、自分の理想に対して、頑なに「妥協はしない」と思っていると、結婚どころか、彼氏彼女も出来ない。
幸せな家庭を作っている人は、相手に対し、どこか妥協しているものだ。
そもそも、自分を顧みず、相手に対して理想を押し付けるのは幼い証拠であり、結婚しない方が良いのかもしれない。

今、日本と韓国は、何かとモメていて、韓国は「日本との交渉に妥協はしない」姿勢だし、それに対し、「日本も妥協するな」という風潮がある。
しかしね、個人間、企業間、国家間を問わず、妥協しない交渉が成立するはずがない。
そこで、妥協という言い方は嫌われるが、同じ意味である、「折り合いをつける」「落としどころを見つける」「譲歩する」が必要で、賢い個人、企業、国家は、絶妙に折り合いをつけるのである。
これが、バランス感覚である。

ところが、このブログで、そんなことを書いた後、「レベルの低いやつめ」という情報が、高次元から来た。
まあ、今朝の話は、間違いどころか、今の社会ではやはり必須なのである。
しかし、それより高いレベルがあることが分かった。

うまい妥協とは、バランスが取れていることであることは解ると思う。
同じような意味なのだが、「妥協」と違い、「バランス」という言葉は好意的に取られる。
初音ミクさんのミニスカートにトキメくのは良いが、度の過ぎたエロいことを考えてはいけない。
このあたりのバランスが必要である。

ところで、バランスとは何だろう?
体操のY字バランスとか、やじろべえなどから、バランスを映像として分かると思う。
つまり、バランスとは、やじろべえのように、1点でバランスを取ったり、せいぜいが、数カ所でバランスを取ることだ。
だから、やじろべえやY字バランスの足元が崩れたら倒れてしまう。
会社間の交渉で、お互いが妥協し、譲歩し合って契約を行ったが、片方、あるいは、両方が譲歩を守らなかったら、両社の関係は悪くなり、下手したら契約破棄で、訴訟にもつれ込むこともある。
つまりね、「バランスとは危うい」のである。
綱渡りでバランスが崩れたら一巻の終わりだ。

そこで出てくるのが「調和」である。
もしかしたら、「調和」の英語が「バランス」だと思っている人は多いかもしれない。
しかし、「調和」の英語は「ハーモニー」である。
「バランス」の意味は「平衡」である。

ハーモニー(調和)があれば、もう、妥協だの、バランスだのと考えなくて良いのである。
しかし、人類にはまだまだ、ハーモニーがないので、どうしても、バランスが必要で、契約といった形を取らないと、ものごとが成り立たない。
ところで、昔のアメリカのテレビドラマで、経営者達が「握手も契約だ」と言って、会社間の重要な決定を、にっこり笑い合って握手することで成立とした。
心があった時代のアメリカでのことで、今では考えられないが。
この、「握手も契約」というのは、「契約」という言葉を使ったが、まあ、「約束を守る」という意味である。

人類が進歩したら、契約などは不要で、笑顔が調和を作り、それで何の不安もなくなる。
だが、残念ながら、今の我々は、どんどん調和から遠ざかっているの。
だから、今は、社会の中では、妥協、バランス、契約に注意しなければならないのである。

だが、恋人とか結婚相手に関しては、お互いに調和があれば、妥協などしなくても、自然にうまくいくのである。
それはご存じの方も多いだろう。
そして、進歩した惑星では、あらゆることが、そのようになっているのである。

そして、あなたの調和レベルが上がれば、今でも、妥協やバランスや契約は不要になるに違いない。
矢追純一さんの本で読んだが、矢追さんは、お金がいくら入ってきて、いくら出て行っているのか、知らないそうだ。
それで、家でも美術品でも買うのだが、銀行から督促が来たことがないので、金は足りているらしいという、普通の人から見れば、雄大なことを書かれていた。
だが、これも、そんなに難しいことではないのだと思う。
調和レベルを上げるのは、今のバランス指向の地球の言葉で言うのは難しいが、宇宙と一体化するとか、波動を上げるといった、スピリチュアルな言い方になってしまうが、流行りのスピリチュアルな本を読むと、さらに調和から外れかねない。
要は、宇宙とか万物と調和の取れた生き方をすれば良いのだと思う。








達人達が言う引き寄せの神髄は1つだけ

私は、宇宙語を話す芸術家の知り合いがいた・・・と言うと、怪しそうだが(笑)、本当だ。
もちろん、有名な宇宙生命体バシャールなども同じだが、本当に宇宙人とチャネリングしているのか、本人の潜在意識が話しているだけなのかは分からない。
しかし、潜在意識そのものが宇宙人のようなものだし(宇宙とつながっているという言い方の方が良いかもしれないが)、大事なことは、それが本物の宇宙語か、チャネリングかといったことより、その内容の高さで判断すれば良いということだ。
優れた内容であれば、たとえ、本人の潜在意識であっても、それはそれで有難く参考にすれば良い。
そして、私が聞いたものも内容は素晴らしかったが、かなり長いものであったので、1つだけ取り上げる。
それは、「願いを宇宙に投げよ」というものだ。
以下に、解り易く述べる。

新しいタイプの、本物の引き寄せは、根本的には全てこれであることが最近解った。
例えば、足立育郎氏の『波動の法則』では、こう表現されている。
プログラムして(願いを具体的な言葉にして)、決意する(宇宙に投げる)。
ベルベル・モーアの『その望みは宇宙がかなえてくれる』『星からの宅配便』(原書は同じ)では、もろに「私にぴったりの彼氏お願いしまーす」と宇宙に頼むのである(笑)。
別の優れたセミナー講師の場合は、「願いを具体的にして紙に書き」「叶って当然と思う」とあった。
UFO研究家の矢追純一氏はもっと凄く(ぶっ飛んだ人だ)、高校には全く通わず(妹2人を食べさせるためにバイト三昧だった)、勉強も全くせずに、難関の中央大学法学部を受験したのだが、合格と決めて、心配せずに受験後は旅行に行ったら、やはり合格だった。これも、足立氏的に言えば、プログラムし(目的は中央大入試合格)、決意する(入学を決意する)であると思う。
もっとも、矢追氏は、目的を決めたら、後は、ぼーっとするのだそうだ。この点は、足立氏の妹の足立幸子氏が全く同じことを著書に書いている。
「決意」と言ったら、気負うイメージがあるかもしれないが、矢追氏や足立幸子氏にとっては「ぼーっとする」ことが決意である。

このように、神髄として、全く同じ引き寄せの方法を語る優れた人達が沢山いるし、やってみたら必ずうまくいくので、間違いのない方法だろう。
例えば、ExcelとVBAをマスターして、良い立場で働きたいとする。
この場合は、プログラム(目的)は、「ExcelとVBAをマスターする」で、決意(宇宙に投げる)が「これを使って活躍する」である。
プログラムの段階でやめてしまうので、願いが叶わない人が多いのである。
足立氏も、決意の大切さを重ねて書いていたように思う。













当ブログ著者、KayのAI書。
これほど素早く、AIを「実体験」できる本はないのではと思います。
一歩一歩理解を重ねてからAIを使うのではなく、まず、いきなりAIを使うところから始めます。
スキーの練習をしてからゲレンデに出るのではなく、いきなりゲレンデに出る訳です。ただし、非常にゆるやかな斜面からですが、それでも、ただの練習と比べたら楽しいはずです。
このように、今はもう、AIは、そのくらい簡単で、誰でも作れる時代なのです。
本書のほぼ全ての実習が出来るデータを作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。

即座に好きな仕事に就く

今でもベストセラーらしいが、『13歳のハローワーク』を見て、馬鹿馬鹿しいというか・・・何とも言えない、正直言うと、反吐が出る感覚を覚えたことがある。
見たのは、私の職業であるプログラマーとかシステムエンジニアの項目だ。
ひょっとしたら、どんな職業であれ、この本に書かれていることがそれなりに該当する・・・少なくとも、それほど外れていないと思う人が大半かもしれない。
それに、もちろん、この本は、そんな標準的なことを書いたものなのだろうが、その標準が、私は何とも嫌なのだ。

岡本太郎は、「あなたも、本日、ただいまより芸術家になれる」と言っていたのだと思う。
全くその通りだが、それは、別に芸術家に限らない。
私の友人は、全くの未経験でシステム開発会社に入社した日に、1人でシステムエンジニアとして客先に行かされたらしい。
だけど、ちゃんと仕事をしたのである。
今でも、そう事情は変わらないと思うが、大企業でもない限り、システム開発会社では、新人にマニュアル1つ渡し「やれ!」と言うのが普通だった。本当に、その仕事をやる気があるなら、それでやれるのである。ある一流プログラマーは、駆け出しの頃、システム開発会社の入社応募面接で、面接官に「○○言語の経験はあるか?」と聞かれると、自信満々に微笑みながら、「3年やってます」と即答し、その帰りに書店に飛び込んで、その「○○言語」の入門書を買ったという。
かくいう私も、家でパソコンでプログラムしてただけの頃に大手企業のシステム開発部門に入ると、早速、顧客のところにベテランSEとして訪問し、システム打ち合わせを行って、納期に絶対に間に合わせることを約束したが、本当は出来るとは思っていなかった。しかし、結果、「さすがベテラン」と言われるものを納品した。

もっと凄い例がある。
UFO研究家で名高い矢追純一さんが、中国に住んでいた10歳の時、ある日突然、母親から、「売ってこい」と、着物やら、絵葉書みたいなものを渡されたらしい。
戦後まもなくで、日本人と判ったらリンチされかねない時の中国であり、外には、アメリカやロシアのゴロツキ兵もウヨウヨしていた。
しかも、矢追さんは当時、引きこもりで、知らない人に話しかけるなんて無理。
しかし、売ってこないと家に入れてもらえず、食事も与えられない。
それどころか、矢追さんの母親は、矢追さんの8つと4つの妹達にも同じことを強制したそうだ。
私も、プログラマになるより前にセールスマンをやったが、入社した日に、カタログを渡され「売って来い!」と言われた。しかし、(それまで引きこもりだったので)世間常識がないのが幸いし、特に面喰うこともなかった。まあ、矢追さんや、まして、その妹達に比べれば、あまりに普通のことだが・・・

別に私は、厳しい状況を乗り越えた自慢をしたい訳ではないし、矢追さんの本を見ても、矢追さんも、それが苦労と言う気すらないようだ。
つまりね、この世界はゲームみたいなもの・・・というより、おそらくは、我々の本体の精神か宇宙人かは知らないが、そんな者達が遊んでいるゲームのようなものであることは、まず間違いない。
それなりに、ゲームのルールに則る必要はあるかもしれないが、基本的にはFREELY・・・つまり、好きなようにやれば良いのである。

上で取り上げた矢追純一さんは、高校にはほぼ1日も行かなかったと思うが、法学部の名門、中央大学法学部に入学すると決め、とりあえず、1日ほど、問題集を見たらしい。それで、他の秀才達が落ちる中、当然のように合格した。受験後は合格発表なんか気にせずに旅行に行き、帰って来たら、合格通知書が来ていたと言う。
要は、あまりというか、全く考えない方が良いのである。
芸術家になるなら、今すぐなれば良いし、アイドルになりたいなら、すぐになれば良い。
それを、普通に、アイドルのオーディションに応募してとかやってたら大変だし、街でスカウトされるのを待ってたら、変な人に騙されるのがオチだ。
私の知人にも、その気になって、政治経験もなく、いきなりどこかの町長になった人がいる。町長を馬鹿にしてはいけない。給料も退職金も凄くいいのだ。私もなろうかと思ったくらいだ(笑)。

じんさん(私は米津玄師さんに優るとも劣らない天才と思う、米津さんと同い年のミュージシャン・作家)が作り、IAさんが歌う『アメリカ~We are all right!~』が、良い感覚を教えてくれると思う。
自信がなければ、最近よく書いているが、おまじない(自己暗示、呪文)を数多く唱えると良い。
例えば、「神様の奇跡が起こる」だ。
とにかく、あまり考えず、気楽に楽しくやることである。
【IA OFFICIAL】アメリカ~We are all right!~ (MUSIC VIDEO)  -YouTube-








考えることを放棄した者が最強な理由

私が本当に名言だと思うのは、BLOGOSに掲載された、UFO研究家の矢追純一さんのインタビュー記事
「宇宙人が飛んでくるから、それを撮るんです」〜矢追純一氏がUFO特集を始めたワケ
の中の、
「僕は小さい時に、自分でものを考えることを放棄したんです。頭も悪いから。」
だ。
私は、矢追さんはソクラテスの生まれ変わりではないかと思っている。
ソクラテスは、「私だけが、自分は何も知らないと分かっているので、私が人類で一番の知恵者でなのだ」と言ったのだ。
ただ、矢追さんは「方針だけは決めろ」と言われているように思う。
方針・・・と言ったら何やら抽象的だが、英語で言えば、ポリシーとかプランで、こっちの方が少し分かり易いかもしれない。
ただ、ざっくりとしたポリシーやプランなのだろう。
丁度、長谷敏司さんのSF『BEATLESS』で、超高度AIである美少女アンドロイドのレイシアが、17歳のアラトに「私たちが共に歩む未来をデザインして下さい」と言い、結局、アラトが、後にその「デザイン」を、ざっくりと、「皆が信じられる未来」と言ったようにだ。
まあ、普通の人の場合は、「方針/ポリシー/プラン」は、社長になるとか、プログラマーになるとか、金持ちになるといった感じかもしれない。
だけど、自分で、それをどう実現するかと考えると、もう、ややこしくなってうまくいかないし、そもそも、思った通りに事は運ばない。
さらに、「考え」なんてのは、自分の意志で起こしているように感じても、実際は、頭の中で勝手に起こるものであり、それを「私が考えている」と思っているだけというのが科学的真実らしい。
だから、方針をはっきりさせて、考えることを放棄すれば、方針にそった良い考えが発生するし、それどころか、「流れ」とでも言うべきものが生まれ、自然にうまくいくはずだ。ちなみに、世間で言う「思考停止」とは、実際は、考えていないのではなく、「下らないことを沢山考えている状態」なのである。
方針をバシッと一度で頭にインプットすることは難しいので、例えば、「社長になる」と頭の中で唱え続けると良い。
これに関しては「社長になった」と過去完了形で言うのが良いと言う人もいるが、好きなようにやれば良い。
別に私は社長になりたくはないが、もし、そんな方針を持つなら、「社長、社長、社長・・・」と単語だけで唱える。
「社長になる」とか「社長になった」なんて唱えると、まず、反発が起こり、潜在意識に定着しないからだ。
では、いよいよ、私も考えることを放棄しよう。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。






最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
【広告】 Udemy
IT学習
タグクラウド
QRコード
QRコード