ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

矢追純一

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

即座に好きな仕事に就く

今でもベストセラーらしいが、『13歳のハローワーク』を見て、馬鹿馬鹿しいというか・・・何とも言えない、正直言うと、反吐が出る感覚を覚えたことがある。
見たのは、私の職業であるプログラマーとかシステムエンジニアの項目だ。
ひょっとしたら、どんな職業であれ、この本に書かれていることがそれなりに該当する・・・少なくとも、それほど外れていないと思う人が大半かもしれない。
それに、もちろん、この本は、そんな標準的なことを書いたものなのだろうが、その標準が、私は何とも嫌なのだ。

岡本太郎は、「あなたも、本日、ただいまより芸術家になれる」と言っていたのだと思う。
全くその通りだが、それは、別に芸術家に限らない。
私の友人は、全くの未経験でシステム開発会社に入社した日に、1人でシステムエンジニアとして客先に行かされたらしい。
だけど、ちゃんと仕事をしたのである。
今でも、そう事情は変わらないと思うが、大企業でもない限り、システム開発会社では、新人にマニュアル1つ渡し「やれ!」と言うのが普通だった。本当に、その仕事をやる気があるなら、それでやれるのである。ある一流プログラマーは、駆け出しの頃、システム開発会社の入社応募面接で、面接官に「○○言語の経験はあるか?」と聞かれると、自信満々に微笑みながら、「3年やってます」と即答し、その帰りに書店に飛び込んで、その「○○言語」の入門書を買ったという。
かくいう私も、家でパソコンでプログラムしてただけの頃に大手企業のシステム開発部門に入ると、早速、顧客のところにベテランSEとして訪問し、システム打ち合わせを行って、納期に絶対に間に合わせることを約束したが、本当は出来るとは思っていなかった。しかし、結果、「さすがベテラン」と言われるものを納品した。

もっと凄い例がある。
UFO研究家で名高い矢追純一さんが、中国に住んでいた10歳の時、ある日突然、母親から、「売ってこい」と、着物やら、絵葉書みたいなものを渡されたらしい。
戦後まもなくで、日本人と判ったらリンチされかねない時の中国であり、外には、アメリカやロシアのゴロツキ兵もウヨウヨしていた。
しかも、矢追さんは当時、引きこもりで、知らない人に話しかけるなんて無理。
しかし、売ってこないと家に入れてもらえず、食事も与えられない。
それどころか、矢追さんの母親は、矢追さんの8つと4つの妹達にも同じことを強制したそうだ。
私も、プログラマになるより前にセールスマンをやったが、入社した日に、カタログを渡され「売って来い!」と言われた。しかし、(それまで引きこもりだったので)世間常識がないのが幸いし、特に面喰うこともなかった。まあ、矢追さんや、まして、その妹達に比べれば、あまりに普通のことだが・・・

別に私は、厳しい状況を乗り越えた自慢をしたい訳ではないし、矢追さんの本を見ても、矢追さんも、それが苦労と言う気すらないようだ。
つまりね、この世界はゲームみたいなもの・・・というより、おそらくは、我々の本体の精神か宇宙人かは知らないが、そんな者達が遊んでいるゲームのようなものであることは、まず間違いない。
それなりに、ゲームのルールに則る必要はあるかもしれないが、基本的にはFREELY・・・つまり、好きなようにやれば良いのである。

上で取り上げた矢追純一さんは、高校にはほぼ1日も行かなかったと思うが、法学部の名門、中央大学法学部に入学すると決め、とりあえず、1日ほど、問題集を見たらしい。それで、他の秀才達が落ちる中、当然のように合格した。受験後は合格発表なんか気にせずに旅行に行き、帰って来たら、合格通知書が来ていたと言う。
要は、あまりというか、全く考えない方が良いのである。
芸術家になるなら、今すぐなれば良いし、アイドルになりたいなら、すぐになれば良い。
それを、普通に、アイドルのオーディションに応募してとかやってたら大変だし、街でスカウトされるのを待ってたら、変な人に騙されるのがオチだ。
私の知人にも、その気になって、政治経験もなく、いきなりどこかの町長になった人がいる。町長を馬鹿にしてはいけない。給料も退職金も凄くいいのだ。私もなろうかと思ったくらいだ(笑)。

じんさん(私は米津玄師さんに優るとも劣らない天才と思う、米津さんと同い年のミュージシャン・作家)が作り、IAさんが歌う『アメリカ~We are all right!~』が、良い感覚を教えてくれると思う。
自信がなければ、最近よく書いているが、おまじない(自己暗示、呪文)を数多く唱えると良い。
例えば、「神様の奇跡が起こる」だ。
とにかく、あまり考えず、気楽に楽しくやることである。
【IA OFFICIAL】アメリカ~We are all right!~ (MUSIC VIDEO)  -YouTube-








考えることを放棄した者が最強な理由

私が本当に名言だと思うのは、BLOGOSに掲載された、UFO研究家の矢追純一さんのインタビュー記事
「宇宙人が飛んでくるから、それを撮るんです」〜矢追純一氏がUFO特集を始めたワケ
の中の、
「僕は小さい時に、自分でものを考えることを放棄したんです。頭も悪いから。」
だ。
私は、矢追さんはソクラテスの生まれ変わりではないかと思っている。
ソクラテスは、「私だけが、自分は何も知らないと分かっているので、私が人類で一番の知恵者でなのだ」と言ったのだ。
ただ、矢追さんは「方針だけは決めろ」と言われているように思う。
方針・・・と言ったら何やら抽象的だが、英語で言えば、ポリシーとかプランで、こっちの方が少し分かり易いかもしれない。
ただ、ざっくりとしたポリシーやプランなのだろう。
丁度、長谷敏司さんのSF『BEATLESS』で、超高度AIである美少女アンドロイドのレイシアが、17歳のアラトに「私たちが共に歩む未来をデザインして下さい」と言い、結局、アラトが、後にその「デザイン」を、ざっくりと、「皆が信じられる未来」と言ったようにだ。
まあ、普通の人の場合は、「方針/ポリシー/プラン」は、社長になるとか、プログラマーになるとか、金持ちになるといった感じかもしれない。
だけど、自分で、それをどう実現するかと考えると、もう、ややこしくなってうまくいかないし、そもそも、思った通りに事は運ばない。
さらに、「考え」なんてのは、自分の意志で起こしているように感じても、実際は、頭の中で勝手に起こるものであり、それを「私が考えている」と思っているだけというのが科学的真実らしい。
だから、方針をはっきりさせて、考えることを放棄すれば、方針にそった良い考えが発生するし、それどころか、「流れ」とでも言うべきものが生まれ、自然にうまくいくはずだ。ちなみに、世間で言う「思考停止」とは、実際は、考えていないのではなく、「下らないことを沢山考えている状態」なのである。
方針をバシッと一度で頭にインプットすることは難しいので、例えば、「社長になる」と頭の中で唱え続けると良い。
これに関しては「社長になった」と過去完了形で言うのが良いと言う人もいるが、好きなようにやれば良い。
別に私は社長になりたくはないが、もし、そんな方針を持つなら、「社長、社長、社長・・・」と単語だけで唱える。
「社長になる」とか「社長になった」なんて唱えると、まず、反発が起こり、潜在意識に定着しないからだ。
では、いよいよ、私も考えることを放棄しよう。








目標は手近なものから

人間には目標が必要だが、それは人生目標といった壮大なものではなく、当面の目標が大切と思う。
つまり、世界平和を実現するという、人生を賭けた大きな目標よりも、まずは自分が食べていける経済基盤が大切だというようなものだ。
大きな目標は天が与えるものだ。

潜在意識による成功法則の世界的指導者だったジョセフ・マーフィーの本の中に、女優になるという目標を持った若い女性の話があった。
潜在意識は万能であるのだから、マーフィーはその女性に、その願望を潜在意識に送り込んで夢を実現しなさいと言ったのかというと、そうではなく、「子供の夢からは卒業しなさい」と嗜(たしな)めたのだ。
世の中には、アマチュアとしても大した選手ではなく、若くもないのに、プロ野球選手やプロサッカー選手などを目指して頑張っているという変な人もいる。
一方で、自分の目標に対し、大半の人や、権威者から、「それは夢物語だ」と笑われながら、実現してしまう人もいる。
また、「君は経営者に向いている。私が支援するからやりなさい」と言われて、その気になるも、実は本人は経営をやる気などは本当はなく、おかしなことになってしまうという人もいる。
目標は、どうやって決めたら良いのだろう?

有名な成功プログラムには、自分の願望を、出来そうか、出来そうになさそうかに関わらず、どんどん書き出すことから始めて、自分の真の目標を発見するというものが、よくあると思う。
私もやってみたが、あまり有益とは思えない。
きっとそれは、今のような情報化時代とは程遠く、情報が少ない時代には多少は役に立ったやり方を、いまだ行っているというものだと思う。

それで、どんな目標を定めれば良いのかというと、「今、必要なこと」だろう。
私が、成功のための宇宙エネルギーを最も上手く使っていると思う、UFO研究家の矢追純一さんの例が解り易い。
矢追さんは、高校入学前に両親が亡くなり、妹2人を自分で養うために、「給料の良い仕事を得る」という目標を強く思い、後はぼーっとしてたら、すぐに仕事がやってきた。
高校卒業の時、中央大学法学部(司法試験合格者で東大を超える難関)に進学と決めたら、高校にはほとんど全く通わず、受験勉強もしなかったのに合格した。
就職もそうで、特に何もしないが、不思議な流れで、普通ではおよそ不可能な日本テレビへの入社が決まった。

だから、会社の居心地が悪いなら、作家になるとか、俳優になるなんて変な目標を持たず、まずは、快適で給料の良い職場を目標として強く思い、後は、流れにまかせることだ。
なんなら、目標を立てた後、「アジマリカン」でも「ありがたい」とでも唱えると良い。
私の場合は、中岡俊哉さんの本を読んで、生まれ年の守護仏の真言を唱え、不向きなセールスの仕事でもセールスコンテストで優勝したし、いよいよ、その職場も嫌になったら、もっと良い(有体に言えば楽な)職場に変われ、やがて、「プログラミングが出来るようになる」という目標を立てて、それを達成し、「じゃあ、次はプログラマーで就職だ」と決めたら、やっぱりそうなった。

本当に冷静な情熱があるなら大きな目標も良いかもしれないが、大抵の人の大きな目標には、ロクでもない下心があるものだ。
人生に「一足飛び」はない。
手近な目標を叶えて楽しみながら、やがては大きな目標を達成すれば十分である。
そのために、呪文を唱えることは力になるのではないかと思う。
また、信頼出来る占いで、自分の性格や能力を調べると、参考にもなると思う。








自分は頭が悪いことに気付けばブレイクスルーする

以前も書いたが、軍隊では、人間は次の4タイプ順の順列になる。
最高:頭が良い怠け者
優良:頭が良い働き者
普通:頭が悪い怠け者
不要:頭が悪い働き者

ところで、働き蜂や働き蟻の2割は働かないという話を見たり聞いたりしたことがあると思う。
この働かない2割を取り去ると、これまで働いていた8割の中の2割が働かなくなると言われる。

また、著名な経営者の本で見ると共に、大企業ではないが、立派な会社を長年経営しておられる社長さんに、こんな話を聞いた。
「2割くらいは駄目な社員がいるが、私はクビにせず雇い続ける。クビにすると、残り8割の中の2割が駄目なレベルに落ちてくる。だが、駄目な社員に仕事はさせない。遊んでいてくれたら、一人(年間)一千万円で済むが、仕事をさせたら一億かかる危険がある」

「頭が悪い働き者」も、働かないよう押さえつけていられれば、雇っても良いのかもしれないが、勤勉を奨励する日本では難しい。
頭が悪い働き者は、軍隊では、味方に鉄砲を撃ち、会社では、他の社員の足を引っ張り、蜂や蟻の社会でも、仲間の邪魔をする。

ところで、UFO研究家の矢追純一さんは、雑誌のインタビューで「若い時に、僕は頭が悪いから、考えることを諦めた」と言われてたと思うが、「自分は頭が悪いから考えることを諦める」なんて判断が出来るのは、最高に頭が良い証拠である。
何と言っても、世の中の人間の大半は、「俺は頭が良いから、俺が考える」なのであるから。これはもう、東大を出ていようが、小学校も出ていなかろうが同じである。
矢追さんは、若い頃は、頭の良い働き者だったが、ある時期から、頭の良い怠け者に「昇格」したのではないかと思う。

一方、大俳優だった丹波哲郎さんは、典型的な「頭の良い怠け者」だったと思う。
彼もまた、自分は頭が悪いと自覚していた。
そして、怠け者振りは、まじぱなかった(マジで半端でなかった)。
第二次世界大戦中の軍隊では、新米兵は上官の衣服の洗濯をしたりして機嫌を取るが、丹波さんは、そんなことは一切せず、それでも洗濯石鹸はもらうので、大量にたまった洗濯石鹸を売って儲けたり、あまりに怠け者なので見捨てられたおかげで、終戦まで安全な場所でのうのうと過ごした(石鹸売った金もあったし)。
サラリーマン時代は、もらった鉛筆を入社から3年削りもせず、やがて出社と同時に遊びに行くようになるほど、怠け者振りに磨きをかけた。
俳優時代も、基本、セリフは覚えて来なかったという。
そのおかげで、風格ある大俳優になり、80歳過ぎても良い役が回ってきたのだろう。少々の大俳優でも、人気がなくなって主役を張れなくなると、若いイケメンが主役の映画の脇役になって、その若いイケメン俳優を持ち上げたりするが、丹波さんは、そんなことは一切しなかったし、そんなことするような働き者でもなかった。

かく言う私は、頭が悪い働き者で、本来は、悲惨な運命だったが、良い社長に出会った。
「お前は、俺が目を離すとロクなことをしない」
「いい身分だと思ってノンビリしてればいいんだ」
まさに、頭が悪い働き者への配慮であった(笑)。
おかげで、頭が悪い怠け者に昇進し、安楽に過ごした。
怠け癖はついたので、後は、頭が悪いという自覚が出来るごとに、上昇していけるだろう。
人間、いつ、「自分は頭が悪い」ということに気付くかどうかが勝負であると思う。
アインシュタインなんて、子供の時に気付いたのだと思う。ただ、彼の場合、有名になってからは、持ち上げられるので、自分は頭が良いと思うようになってしまった。だから、ある時期(40歳くらい)から後の彼は愚かであった。








皆、こうして成功した

昔、アメリカで、どれほど成功法則の本を読み、なおかつ、その教えを実践し努力しながら成功しなかった男が、ある日、究極の成功法則を発見し、以降、大成功したという。
その男は、アメリカの作家マイク・ハーナッキーで、当時はかなり話題になったが、今はさっぱり聞かない。
ただ、かなり前、彼のWebサイトを見つけたのだが、彼は、ある時期から、騒がしい場所から身を引き、金もあるので、引退生活を満喫しているように思えた。
彼の発見した究極の成功の秘訣は、当時の彼の本の回りくどい表現を簡潔にすれば、「目標を達成するために必要なことは何でもやる決意をする」である。
ちなみに、必要なことは「決意すること」だけで、実際には何もしなくて良い。
ただ、おそらく、何もしなくて良いが、やりたいと思ったらやれば良いのだろう。
彼も、失業者から作家になった時は、がむしゃらだったようだ。
ただ、それは、後から考えればそうだっただけで、やはり、本人は、特に何かをしたとか、苦労したとは思っていないらしい。

ハーナッキーは、いい線いってたのだが、やはり、ちょっとズレていたと思う。
ただし、表現がマズかっただけで、本人はやり方を知っていた。だから、有名にもなれたのだ。
ハーナッキーと同じやり方をしている(していた)人達の話を見て、表現のマズさを修正しよう。
その人達は、作詞家の阿久悠さん、UFO研究家の矢追純一さん、画家の足立幸子さん、それに、物理学者の保江邦夫さんだ。
私が覚えてる、これらの人達の表現はこうだ。
阿久悠さん「うまくいった場面をイメージし、忘れる」。
矢追純一さん「目標を決め、後はなりゆきにまかせる」。
足立幸子さん「決意し、ぼーっとする」。
保江邦夫さん「考えない」。
足立さんと保江さんは、講演等、教える時には「口から出まかせを言う」というところも共通している。
矢追さんも、セミナーでは、受講生は寝ていても良いと言うから、多分、言うことは出まかせなのだろう。
阿久さんの詩も、出まかせに違いない。
つまり、共通して、皆、考えないのだ。
そして、ハーナッキーが言う「必要なことをする決意」は、本当は、「目標を達成することを決意する」ことであり、それを強めるために、「必要なことは何でもするぞ」と思っただけのことだ。大切なことは、あくまで、目標達成を決意することだ。
しかし、普通の人は、難しい目標の達成をなかなか決意出来ず、きっとハーナッキー本人もそうだったので、「それを達成するためにどんなことでもする」決意をするという、一種の「代行」が必要だったのだ。
それなら、「目標を達成出来なかったら死ぬ」という決意でも良い・・・いや、こっちの方が良いのだが、下手にこんなことを言って、本当に誰かに死なれたら責任問題になりかねない。だが、「死」と引き換えほど決意を高めてくれるものはないので、実際問題、これが一番だろう。よって、あくまで秘密として言えば、目標を達成するための究極の秘訣は、「目標を達成出来なかったら死ぬと決意する」ことだ。
ところが、それが分かると、大抵の目標には、さしたる価値がないことが分かるだろう。
「就職出来なかったら死ぬ」なんて思う馬鹿はいないだろうからね。
とはいえ、就職も立派な目標だ。
だから、「就職出来なかったら、大好きなチョコレートを食べない」程度で良い。
これは、上杉謙信の「一生、女を抱かないので、戦で勝利させてくれ」という、神への祈願のための生贄である「断ちもの」の逆プロセスだ。
謙信も、「戦に負けたら、生涯、女を抱かない」で良かったと思うのだ。
しかしまあ、目標達成の決意さえ出来れば、後は、ぼーっとして何も考えなければ良いのである。
ただし、決意は強くなければならない。
強い決意をするために、上に述べたやり方を、自分がやり易いように組みなおせば良いのである。
ただ、いずれは、簡単に決意が出来るようになる。
ハーナッキーも、その境地に達したのだと思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード