ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

矢追純一

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

皆、こうして成功した

昔、アメリカで、どれほど成功法則の本を読み、なおかつ、その教えを実践し努力しながら成功しなかった男が、ある日、究極の成功法則を発見し、以降、大成功したという。
その男は、アメリカの作家マイク・ハーナッキーで、当時はかなり話題になったが、今はさっぱり聞かない。
ただ、かなり前、彼のWebサイトを見つけたのだが、彼は、ある時期から、騒がしい場所から身を引き、金もあるので、引退生活を満喫しているように思えた。
彼の発見した究極の成功の秘訣は、当時の彼の本の回りくどい表現を簡潔にすれば、「目標を達成するために必要なことは何でもやる決意をする」である。
ちなみに、必要なことは「決意すること」だけで、実際には何もしなくて良い。
ただ、おそらく、何もしなくて良いが、やりたいと思ったらやれば良いのだろう。
彼も、失業者から作家になった時は、がむしゃらだったようだ。
ただ、それは、後から考えればそうだっただけで、やはり、本人は、特に何かをしたとか、苦労したとは思っていないらしい。

ハーナッキーは、いい線いってたのだが、やはり、ちょっとズレていたと思う。
ただし、表現がマズかっただけで、本人はやり方を知っていた。だから、有名にもなれたのだ。
ハーナッキーと同じやり方をしている(していた)人達の話を見て、表現のマズさを修正しよう。
その人達は、作詞家の阿久悠さん、UFO研究家の矢追純一さん、画家の足立幸子さん、それに、物理学者の保江邦夫さんだ。
私が覚えてる、これらの人達の表現はこうだ。
阿久悠さん「うまくいった場面をイメージし、忘れる」。
矢追純一さん「目標を決め、後はなりゆきにまかせる」。
足立幸子さん「決意し、ぼーっとする」。
保江邦夫さん「考えない」。
足立さんと保江さんは、講演等、教える時には「口から出まかせを言う」というところも共通している。
矢追さんも、セミナーでは、受講生は寝ていても良いと言うから、多分、言うことは出まかせなのだろう。
阿久さんの詩も、出まかせに違いない。
つまり、共通して、皆、考えないのだ。
そして、ハーナッキーが言う「必要なことをする決意」は、本当は、「目標を達成することを決意する」ことであり、それを強めるために、「必要なことは何でもするぞ」と思っただけのことだ。大切なことは、あくまで、目標達成を決意することだ。
しかし、普通の人は、難しい目標の達成をなかなか決意出来ず、きっとハーナッキー本人もそうだったので、「それを達成するためにどんなことでもする」決意をするという、一種の「代行」が必要だったのだ。
それなら、「目標を達成出来なかったら死ぬ」という決意でも良い・・・いや、こっちの方が良いのだが、下手にこんなことを言って、本当に誰かに死なれたら責任問題になりかねない。だが、「死」と引き換えほど決意を高めてくれるものはないので、実際問題、これが一番だろう。よって、あくまで秘密として言えば、目標を達成するための究極の秘訣は、「目標を達成出来なかったら死ぬと決意する」ことだ。
ところが、それが分かると、大抵の目標には、さしたる価値がないことが分かるだろう。
「就職出来なかったら死ぬ」なんて思う馬鹿はいないだろうからね。
とはいえ、就職も立派な目標だ。
だから、「就職出来なかったら、大好きなチョコレートを食べない」程度で良い。
これは、上杉謙信の「一生、女を抱かないので、戦で勝利させてくれ」という、神への祈願のための生贄である「断ちもの」の逆プロセスだ。
謙信も、「戦に負けたら、生涯、女を抱かない」で良かったと思うのだ。
しかしまあ、目標達成の決意さえ出来れば、後は、ぼーっとして何も考えなければ良いのである。
ただし、決意は強くなければならない。
強い決意をするために、上に述べたやり方を、自分がやり易いように組みなおせば良いのである。
ただ、いずれは、簡単に決意が出来るようになる。
ハーナッキーも、その境地に達したのだと思う。











超他力本願主義

人生をうまく生きるために覚えておくべき3つのことと言えば、私なら、次のことを思い浮かべる。
1つは、江戸末期から昭和初期の農民であった因幡の源左(いなばのげんざ)という人物の話だ。
草刈りに行き、牛に刈った草の3束を乗せたが、彼は牛を可愛がっていたので、自分も1束担いで帰路についた。
ところが、担いだ草が重くて耐えられなくなり、牛に「すまん」と謝って自分の分も担がせたが、牛は全く平気だった。
これで源左は悟りを開いた。
全て仏様(阿弥陀如来)にまかせてしまえば良い。自分が赤ん坊とすれば、仏様は逞しく賢い大人のようなもので、仏様は、源左である自分の問題など、あまりに容易く解決してしまえるのだ。
これは、イエスが「重荷のあるものは私に預けよ」と言ったのと同じだ。
ラマナ・マハルシも、「電車に乗ってまで、自分の荷物を抱えて苦労する必要はない。神はいかなる重荷にも耐える。荷物を降ろして安心しなさい」と言ったようだ。
余談を言うと、源左の畑の、大根だったか芋だったか忘れたが、泥棒に掘り起こされて盗まれたことがあった。すると、源左は畑に鍬を置いておくようになった。
泥棒が手で掘って手を怪我したらいけないと思ったからだそうだ。

2つ目は、ラメッシ・バルセカールが講和の中で引用した、スーフィーの格言だ。
「神を信用しろ。だがラクダはつないでおけ」
自分で出来る簡単なことは自分でしなければならない。だが、それだけやれば、後は神様にまかせておけば良い。
そもそも、人間に出来ることは、たかが知れている。
実験で確認されているらしいが、簡単な算数の問題を解いている時は脳全体が活性化するのに、高度な数学問題を考えている時は、脳のごく一部しか活性化しないらしい。
つまり、人間が考えるべきことは易しい算数程度なのだ。だが、そんな算数はしっかりやらないといけないのだ。

3つ目は、雑誌に書かれていた、敬愛するUFO研究家、矢追純一さんへのインタビュー記事にあった、矢追さんの言葉だ。
それは、「僕は頭が悪いので、考えることを諦めた」だ。
彼はきっと、算数程度のことはしっかり考えたが、後は、大きな力にまかせたのだろう。だから、高度な数学問題を解決するレベルの仕事が出来たのだろう。

そう 気がついたの 私の悩みは
星達より ずっとずっと ちいさいのにね
なぜこんなに 苦しかったのだろう
身をまかせて 空を見上げ 時を待とう
~『Shooting Star』(作詞・作曲:KURIS・YUICHI NAKASE、編曲:TeddyLoid。唄:IA)より~
【IA OFFICIAL】Shooting Star / TeddyLoid feat.IA (MUSIC VIDEO)







無思考力

お伽噺(童話。正確には日本の童話をお伽噺と言う)には、深い教訓が込められているというが、その教訓が大いに取り違えられているのではないだろうか?
お伽噺は、軽率であることを戒め、考え深いことが奨励されていると言われる。
例えば、『白雪姫』では、林檎売りのおばあさんに化けた母親である王妃に騙されて林檎を食べた白雪姫が死んでしまったことは、深く考えずに、おばあさんを信用した白雪姫のミスということになる。
しかし、普通、自分の母親がどう化けようと、娘には分かるもので(王妃様がそんな訓練をするはずがなく、特に下手そうだ)、もし、王妃がおばあさんに化けて白雪姫が住んでいた小人の家を訪れても、
「あ!お母様!何しにいらしたの?帰って!」
ということになるはずだし、毒林檎で騙される前に2度ほど騙されているのだから、いい加減分かろうというものだ。
サンタクロースを幼稚園の時から信じていなかったというキョン(『涼宮ハルヒ』シリーズの主人公である男子高校生)だが、私は、幼稚園の時は、サンタクロースを信じていた。しかし、『白雪姫』の話は、幼稚園の時から疑問を持っていた。だって、白雪姫は馬鹿にもほどがある!

白雪姫の本当の母親である前王妃は、生まれてくる子供(白雪姫)が、美しいことは望んだが、賢い子であることは望まなかった。
その願いは実現したようだった。
おかげで、継母である新王妃に憎まれて捨てられるが、考えない性格のおかげで、森の小人の家で快適な生活を手に入れた。
しかし、労働の条件付きだった。
きっと、白雪姫は、働かなくても贅沢出来る生活を望んだに違いない(私見である)。
そこに、継母が何度も、白雪姫を殺しに来て、馬鹿な白雪姫は何度も騙されて殺されたが、小人達が蘇生させた。
しかし、毒林檎で殺された時は、小人達に、白雪姫を生き返らせることが出来なかった。
だが、それらの一見悪い流れのおかげで、王子様の目に止まり、王子様のキスのおかげか、死んだ白雪姫を乗せた馬車のゆれで白雪姫の歯から毒林檎の欠片が取れたせいかは諸説あるが、とにかく、白雪姫はあっさり蘇り、超幸福になった。

全ては、なーんにも考えず、感情まかせで進んだ白雪姫の勝利である。
C.G.ユング等、偉い心理学者は、童話を小難しく解釈するが、『白雪姫』に関しては、考えることを放棄した白雪姫が、何度も頭は打ったが、最後は幸運を掴むという話である。
『ヘンゼルとグレーテル』に関しては、ユングか河合隼雄さんだったか忘れたが(河合隼雄さんはユング派の著名な心理学者)、グレーテルという少女の成長が運命を開いたと解説していたように思うが、それはどうだろう?
最初、彼女達の親がヘンゼルらを森の中に置き去りにして捨てようとした時、ヘンゼルが石やらパンやらを道に撒いて帰り道が分かるようにするという小賢しいことをやっていた時は駄目で、グレーテルが、魔女の家で、考えることが無駄と知った刹那、運命が開いたというのが本当ではないのか?

天才?秀才?関係無いだろ。断然、感情任せで進め
「ヘイヘイ!先生、失笑してるぜ?」 衝動優先溢れ出していく COLOR
~『アメリカ~We are all right!~』(作詞・作曲・編曲:じん。唄:IA)より~

矢追純一さんは、自分は頭が悪いので、考えることを諦めたと言う。
しかし、矢追さんは、小学、中学時代は、家で全く勉強しなかったが、成績はオール5がディフォルトだった。
家で勉強していたら恐ろしい母親に怒られる(本なんか読んでたら問答無用で捨てられた)が、4が1つでもあると母親の機嫌が悪く、3でもあったらぶん殴られた。
大学も、受験勉強はしなかったが、特に当時は名門だった中央大学法学部に現役で合格し、4年できっちり卒業している。
そして、日本テレビでは人気番組を生み出すディレクターであったのだが、考えることはしないと言う。
世界的物理学者の保江邦夫さんも、1秒先、1秒後のことも考えないことを著書の中で推奨し、それが、キリストの教えであると断言しておられたように思う。
つまるところ、ソクラテスもそう言ったのだと思う。彼は、「私は、自分が何も知らないということだけを知っている」と延べ、自分にはいかなる能力もないと言った。だからこそ、自分は人類最高の知恵者だとも。








自分勝手でなければいけない

私は、コンピュータープログラミングを始めとするIT技術を修得したおかげで、世の中を楽に渡ってきたが、考えてみれば、スタートは芳しいものではなかった。
最初に入ったソフト開発会社は1日で辞めたし、その次に入った大手企業のソフト開発部門もひと月で辞表を出した(辞めないことになったが)。
なぜそんなことになったかというと、ごく標準的な会社の在り方と、ごく標準的なソフト開発現場のやり方(流儀と言えると思う)が、私には耐え難いものだったからだ。
しかし、それは単に、私が落ちこぼれたというだけのことだった。
けれども、1人で勝手にプログラミングの勉強をしたら、ちゃんとプログラミングが出来るようになったし、1人で企業からソフト開発を受託して開発したら、最初の頃こそ苦労したが、ちゃんとやれるようになった。
2度目に入ったソフト開発部門では、周囲から完全に浮く形で、1人で仕事をしていたが、業績不振でその部門が事実上消滅し、開発者のほとんどリストラされたが、私は優良企業に誘われ、良い待遇を手に入れた。

この経験は決して特殊なものではない。
だから、自分が、今の職場でうまくいかなかったり、周囲の人達が出来ることが出来ないように見えても、それは、必ずしも自分のせいではないかもしれない。
言うまでもなく、自分がうまくいかない理由を、周囲や環境に押し付けるのは良くない。
それに、自分に合わない状況でも耐えるしかない人が、それを克服した例も当然ある。
だが、「自分らしくやる」ことは大切であり、それで周囲との摩擦を感じても、本当は効率的なのである。
確かに、「君の悪い状況は、周りの人や会社の問題ではなく、君に問題がある」と言うしかない人達も沢山見たが、そんな残念な人達だって、環境を変えればうまくいったということもあるのである。
音楽やスポーツの世界でも、ずっと駄目だと言われ続けた者が、良いパートナーや指導者に巡り会って才能を開花させた話がよくあるが、その陰で、ひょっとしたら成功したかもしれないのに、埋もれたまま終わった者も数知れないのだと思う。
私は、アインシュタインクラスの才能を持ちながら、平凡な事務員や労働者に甘んじている者は結構いるのではないかと思っている。
それほど壮大な話でなくても、私程度に、本当なら悠々と好き勝手出来るはずなのに、意にそまない、辛い状況に喘いでいる者はいくらでもいるだろう。

では、どうすれば、少なくとも私のように楽しくやれるかというと、落合博之さんではないが「俺流」を貫く・・・そこまでいかなくても、俺流を大切にすることだ。
そう言うと、「それには努力や、現実的に実力が必要だ」などと、無難なことを言う人は多いのだが、努力は不要だし、必要な実力は後から付いて来る。
大切なことは、いつも申し上げている通り、自分流でやっていくと強く決意し、後は、何も考えず、ぼーっとすることだ。
中学の3年間しかまともに学校に行かなかった矢追純一さんが、特に当時難関だった中央大学法学部法律学科に入ると決意し、後は努力せずに、流れにまかせて合格してしまったようにね。
だが、人のせいにしてはいけないし、言い訳も文句を言うのも駄目だ。
うまくいかないやつは、すぐ人のせいにし、周りのせいにし、言い訳をし、文句ばかり言うものだ。
何をしても構わないが、言い訳だけは許されないのである。








火事場の馬鹿力の原理と応用

「火事場の馬鹿力」とは、緊急事態の中で、人間が異常な(高度な)力を発揮することを言う。
例えば、家が火事になった時、か弱い女性が、大の男が2人でも動かせない貴重な彫刻を1人で運び出したなどで、報告例は無数にある。
中には信憑性が疑わしいものも少なくないが、科学者が検証した事例もあるようだ。
その(科学者が検証したもの)中には、自分の幼い子供がマンションの窓から落下するのを見て、落下地点に突っ走って救った主婦がいて、後で詳細に調べたら、その主婦はサンダル履きのまま、陸上男子短距離走の世界記録を上回る速さで走ったとしか考えられないというものもあった。
『トーチェ氏の心の法則』の中には、体重57.2kgの中年女性が、1634kgのステーションワゴンの下敷きになった息子を救うため、1人でそのステーションワゴンのバンパーを掴んで持ち上げた話が紹介されている。

火事場の力が発揮される時に共通することは、その力を発揮する者の理性が吹っ飛んでいた・・・パニックに陥り、理性的に考える能力が失われていたことである。
そこのところは、よく指摘される。
しかし、それでは説明が不足している。
正しくは、「まず、強い思念を起こし、それから、理性が消えた」である。
最初の、「強い思念を起こす」、言い方を変えれば、「強く何かを想う」「激しく決意する」ことが必要なのである。
もっと一般化して言えば、「目標を明確にする → 思考を捨てる」である。
この力が発揮されるのは、パニック時に限定されるのではない。いかなる場合でも起こせるのだ。
例えば、UFO研究家の矢追純一氏の大学受験の時の話がそれに当たる。
彼は、まともに学校に通ったのは中学の3年間だけで、高校時代は、妹2人を養うために働いていたこともあって(さらに労働後に朝まで遊ぶことに忙しくて)、高校には全く通わなかったらしいし、受験勉強もしなかった。しかし、特に当時は、東大より良いと言われた中央大学法学部法学科に合格した。
そのプロセスを取り出すと、まず、受験に合格すると強く決意する。その後は、何も考えない。矢追氏のいろいろな本を読むと、矢追氏はあらゆることを、そのようにするのだと思う。
『あるがままに生きる』の中で、著者の足立幸子氏はまさに、「強く思う、そして、ぼーっとする」と、公式のようにシンプルに表現している。

「強く思う、そして、ぼーっとする(何も考えない)」は、はた目から見ると、強く決意したところは見えず、その後は、がむしゃらにやっているように見える。
矢追氏だって、1冊の参考書を数日だけは読んではいたらしい。
そういえば、大手教育会社(世界でも屈指)の人に聞いたが、東大に合格したある受験生は、一科目につき、参考書を1冊覚えたのだと言う。彼は、いまどき、どの参考書も同じだと言うのだが、評判の良い本がどれかは分かるので、それを選んだのだろう。彼のやり方を採用すれば、教育会社だの予備校はいらないかもしれない。

そういえば、私がプログラミングをマスターしたプロセスを思い出すと、「プログラミングをマスターすると決意する(強く思う)。そして、後は何も考えない」だった。
確かに、深夜2時、3時までパソコンに向かっていたが、それは自動的にやっていたことで、努力でも何でもなかった(他人から見れば努力に見えるだろうが)。
高校生で、ブログのアフィリエイトで、月100万円以上稼いでいた者がいたが、彼も、稼ぐと強く決意した後にやっていたことは、少しも理性的ではなかった。やたらブログを数多く開設し、ひたすらそれをいじっていたように見えた。ノウハウ書は、ほとんど見なかったらしい。なるほど、普通の大人は、ノウハウ書をいつまでも見て考えているだけなのだ。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
IT学習










  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
QRコード
QRコード