ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

真言

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

呪文、マントラの効果の論理的根拠

呪文、マントラ(真言)がなぜ良いのかという論理的根拠はある。
まず、人間の心は、放っておいても、否定的な言葉を、頭の中で、1分に数百はつぶやいているという科学的研究結果があるらしい。
そして、人間が高レベルの能力を発揮するのは、頭の中のおしゃべり(あるいは、つぶやき)が止んだ時であると考えられるのである。
いわゆる、無になった状態を言うのだと思うが、その時に、時に異常なほどの高い力を発揮するというのは、今や不思議なこととは思えない。
それで、想念(頭の中のおしゃべりやつぶやき)を消すという意味でも、呪文には効果があるが、呪文の効果はそれだけではない。

1つ1つの呪文について考えよう。
ただ、出典をいちいち書いていたら大変なので、それは省く。
インドの聖者、ラマナ・マハルシが最高のマントラと言うのは「私」である。
常に「私」と唱えれば、悟りすら開ける。
悟りはともかく、素晴らしい真言であることは分かる。
なぜなら、これもマハルシの説明であるのだが、あらゆる想念は「私」に起こるのであるから、その想念の主である「私」に意識を向けてしまえば、あらゆる想念は消える。
つまり、頭の中のおしゃべりやつぶやきはなくなる。
能力が最大になるだけでなく、ついには「私」という想念も消え、悟りが開かれるというわけである。
興味深いのは、マハルシと同時代のインドの聖者、ニサルガダッタ・マハラジは「私は在る(私は存在する)」が最高のマントラと言うが、それも道理がある。
これも、マハラジの説明では「あなたが確信出来る唯一のことは、私は在るということだけ」なのだから、人間に解る範囲での究極の真理である「私は在る」に集中すれば、それより劣る概念や想念は消えてしまうのである。

ナーマスマラナというのは、神の名をマントラとして唱えることである。
親しみを感じる神の名があれば、それを唱えることで深い安らぎに至り、また、他の想念が消えることは期待出来る。
インドでは、ラーマ、クリシュナといった神が人気があるのだと思う。
日本では、マテラスオオミカミが人気があるし、アメノミナカヌシノカミの名も威厳があって、なかなか宜しいと思う。
また、念仏という形式になった「南無阿弥陀仏」や「南無観世音菩薩」も同じと思う。
阿弥陀如来の真言は「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」だし、観世音菩薩の真言は「オン、アロリキャ、ソワカ」である。
本来の名で言えば、阿弥陀如来はアミターバ、あるいは、アミターユスで、観世音菩薩はアヴァローキテーシュバラーである。
神仏の名の場合は、単なる心理学的、あるいは、脳科学的な効用だけでなく、むしろ、それらの言葉、あるいは、音が持つ霊妙な力が重要であると言われる。それは、なかなか科学的な証明は難しいと思うが、科学には解明出来ない摩訶不思議な力があるのかもしれない。
やや長いが、般若心経の最後の部分の呪文も、最高のものとされている。
それは、「ガテー、ガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディスヴァーハー」である。
また、山蔭神道では、究極の言葉は「アジマリカン」であると言う。

『ヒマラヤ聖者の生活探求』では、究極の言葉は「神」であり、有声でも無声でも、これを唱えると全てを変えると言う。
ただ、「神」を呪文にしてはいけないと言う。
この著作の、3巻だったと思うのだが、イエス・キリストが「他のことは忘れてよろしい」として語ったのが「神」という言葉を使うことで、なるべく多く使えば良いが、このことを「公式」にしてはいけないと言う。その意味は各自考えていただければと思う。難しいこととは思えない。
例えば「神」という言葉、あるいは、「神の他に何もない」という言葉について瞑想するなどでも良いと思う。

私も、呪文、マントラに救われたことは数限りない。
だからこそ、上に挙げたことや、その数倍以上のことを覚えているのである。











最上の真言

宗教は、謙虚さと敬いがあれば良いものになるが、傲慢と蔑みがあるとロクなものにならない。
あるいは、本来の宗教は、謙虚さと敬いを育てるものだが、傲慢と蔑みの心を育てる宗教が多くなってしまった。
いや、芸術や科学も、本来、学べば学ぶほど、謙虚で敬いの心を持つようになるはずだが、学位が上がるにつれて傲慢と蔑みの心を持つ愚か者が多いのだろう。
何かが間違っているのである。
その何かとは、命の誤用で、早い話が、利益優先でやれば、必ずそうなる。

だから、無条件で、芸術や科学や宗教を良いものと思っている人は少ない、もしくは、まずいない。
本来、念仏や神の名の称名を行えば、自然、良い人生になるものだが、そういった「宗教臭い」行いに抵抗を感じてしまうことが多い。
私も、夜、寝ながら念仏を唱えることが楽しみで仕方がなかったこともあったが、いろんな法事でお坊様の口上を聴くと、途端に念仏嫌いになるのはなぜだろう?(笑)
あるいは、宗教家が書い宗教の本などを読むと、もう全然、念仏を唱える気がしなくなる。あるいは、経典を読む気もなくなる。
『歎異抄』は少しも宗教臭くないので好きだが、これも、宗教家が解説したものを読んだら、嫌いになる可能性が高い・・・いや、嫌いになったことがある。

発明家で能力開発のスペシャリストであった中山正和さんのように、般若心経の呪文を、単に妄想を切る手段として使う手もありとしたように、念仏や神の名も使えるかというと、使えない。それらは、観念や感情の雑味を呼び起こすからである。
そこで、ラジカル(主に政治用語の急進性の意味。化学用語のフリーラジカルだと印象が悪い)という訳ではないが、精神に良い作用を与える言葉として、「神」「私」があるということを知っていると役に立つかもしれない。
「なんとかの神」と言うと宗教であるが、「神」と言うと、これも人それぞれだが、「宇宙の意思」に近い意味に感じられる。
宇宙の意思は、無人格という訳ではないが、人間の人格とは差があり過ぎるので、人格がないように感じるのである。
つまり、神が各国の神話に出てくるような程度の低い心を持っている訳がないではないかとうことだ。
宇宙に何らかの意思があることは、何となく、あるいは、微かに感じるのである。
それも感じないと断言する者が、スティーブン・ホーキングやレイ・カーツワイルのような無神論者になるように思う。
カーツワイルは「神は存在しない。しかし、やがて生まれる」と言う。つまり、未来の進化した人間が神なのである。
不遜の極みと思うかもしれないが、それはそれでアリである。
もし、彼らほど徹底してはおらず、神を畏れる気持ちがあるなら、丁寧に「神」という言葉を声、あるいは、心で唱えれば、その威力に驚くことになる。
だが、「神」を呪文にしてはいけない。
一時に一度、真摯に唱えるのである。
呪文というか真言にしたければ「私」を使うことが奨められるかもしれない。
ラマナ・マハルシは、ラーマやクリシュナの名を唱えるように、「私」と唱えても良いと言っていたようだ。
「私」こそが神の名であるのだ。
だから、最上の真言は「私」であり、インドで聖音と言われる「オーム」に優るものであるとも言う。

「神」と一度だけ、出来る限り丁寧に唱え、後はずっと「私」と唱えるという方法である。
ただ、「私」もやはり丁寧に唱えるに越したことはなく、私流には、心の中で微かな声で唱えるのだが、難しければ、呼吸を微かにして心で唱えると良い。
これだけ覚えておけば、まず・・・いや、全く心配はないだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

真言を唱えると願いが叶う理屈

アメリカの潜在意識による成功法則の教師である牧師ジョセフ・マーフィーは、女優になるという目標を持つ女性に、「子供の夢は卒業しなさい」とたしなめたことがあったらしい。
では、あなたの目標もまた「子供の夢」なのだろうか?
それは、「本気度」にかかっているのだろう。
「本気か?」と問われ、「本気だ」と即答出来るなら良い。
本気とは、それに見合う代償を支払うつもりがあることであり、その代償が何か解ることでもある。
女優になるほどの目標なら、他の一切、特に時間は差し出す必要がある。
まとめて言えば、女優になるために必要なことを全部やる気があるかどうかだ。
女優になる心構えが出来ているかとも言える。
そして、そこまで考えれば、自分が女優向きでないことが理解出来、他の目標を見つければ良いことが了解されるのだ。

では、目標に対し、本気であることが解ればどうすれば良いか?
諦めないことだ。どんなに状況が思わしくなくても。
では、諦めないとはどういうことか?
ある本に良いことが書いてあった。
それは、「イメージを持つ」ことだ。
本気であれば、目標を達成した時の明確なイメージがあるはずだ。
それを持ち続けることである。

また、別の本には、諦めないことが祈ることだと書かれてあった。その本の中で、良い言葉はそれだけだった。
例えば、願いの成就を祈願し、観世音菩薩真言をずっと唱えるとしよう。
真言をずっと唱えてるいる間は、諦めていないということだ。
真言を唱えれば願いは叶うってことが、こうやって解るのである。
逆に言えば、本当の願いでもなければ、真言をずっと唱えることなど出来ないのだ。
無論、観世音菩薩真言でも、大日如来真言でも、勢至菩薩真言でも、自分の好きな真言を唱えれば良い。般若心経の呪文でも良いし、念仏でも良い。
「願望と引き換えの真言など、下心があって良くない」と言いたい人も多いだろうが、1日中唱えられるなら、価値ある願望なのである。
1日10回や20回唱える程度では叶わない。
しかし、常に唱えることを心がけ、真言を唱えるために生きているというほどになれば、叶わないはずがない。
そうなればもう、神仏にまかせることである。
あなたに真言を唱えさせた神仏は、責任を取ってくれるだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

オカルトブームの父は凄い人だった

昭和40年代のオカルトブーム、超能力ブームを作った中岡俊哉さんという人がいる。
同じく、超能力と、そして、UFO分野では、矢追純一さんという大物がいる。
二人とも、怪しい人と見られることも多いと思うが、二人とも大した凄い人達であることも確かだ。
私は、ごく若い頃、オカルトにハマッたが、ある時、突然、完全オカルト否定派になり、ジョージ・アダムスキーを含め、こういった怪しい人達を徹底否定していたのだが、なぜか、とても怪しい中岡さんの本は捨てずに沢山家に残っている。
ピラミッドパワー、ハンドパワー等の本だ。
そして今、『コックリさんの父 中岡俊哉のオカルト人生』という、中岡さんの息子さんとお弟子さんが書いた、中岡さんの伝記ともいうべき本を読んでいるが、そこは身内が書いたものなので、どこまで信用して良いかという問題もあるだろうが、それでも、中岡さんが本当に凄い人であることは間違いないと思う。そうでなければ、200冊と言われる著作を持てたはずもないだろう。
この本を読んでると、何だか、空手家の大山倍達さんの伝記『大山倍達正伝』を思い出す。
若い時、戦争中に日本から中国に渡り中国人として生き、民族紛争に巻き込まれた中岡さんと、やはり、戦争中の若い時に韓国から日本に渡り、韓国の民族紛争の真っ只中で生きた大山さんといったように、反対なのだが、波乱万丈の人生を全力で生き抜いたところがよく似ている。
そんな境遇の二人だ。まともに、きれいに生きろという方が無理だが、その中でも、中岡さんは真面目にやっていた。
空手の腕を生かし、闇市や日本軍基地襲撃で大儲けし、いい暮らしをしていた大山さんと違い、真面目なことしか出来ない中岡さんは、作家として成功するまでは金に困っていたし、作家として売れたら売れたで過労で脳梗塞で倒れるが、仕事を干されることを恐れ、編集者には病気のことを一切言わずに激務を続けた。
いやいや、二人とも、これら程度のことは、ほんの一部で、本当に凄い人生なのである。

その中岡さんが書いた『守護霊占運学』という本を、今も持っている。
守護霊と言っても、丹波哲郎さんが言う、霊格の高いご先祖様の霊が背後霊として守ってくれているというのと違い、十二支によって決まる如来や菩薩のことで、例えば、ねずみ年であれば千手観音、羊、サルであれば大日如来、犬、イノシシであれば阿弥陀如来である。
いろいろなことが書かれているが、私は、自分の守護霊(守護仏)の真言を覚え、それを心の中で唱えることだけをやっていた。
私が、ひきこもりからセールスマンになるという、どう考えても無茶をやったが、その中で、この真言を唱えながらセールスをしていたことをよく覚えている。
そして、後で考えると、考えられない幸運に恵まれ、セールスで大儲けしたというのではなく、非常に良い思い出と経験を得ることが出来たのである。
セールスの方も、新人でありながら、全国のベテランを押しのけてセールスコンテストで優勝したこともあった。これも、特に私にはあり得ないことだった。
干支と守護仏(守護本尊)の関係については、
干支別 守護本尊
にあるし、真言については、それぞれの仏・菩薩をWikipediaで調べれば、「真言・陀羅尼」などとして書かれてると思う。

真言が、本当のところ、その仏や菩薩そのものとどれほど関係があるかは解らないが、全く無関係ということもないだろう。
また、干支と仏・菩薩の関係についても、実際のところははっきりしないが、一応、そのように思っておいても良いのではと思う。
そして、サンスクリット語の真言を唱えることは、心のトレーニング、心の腕振り運動のようなものとして、心を磨き、調整する効果はあると思う。
経験的には、幸運をもたらす力は非常に大きいように感じるのである。
もちろん、幸運をもらったら、それなりに良い心構えを持たねばならない・・・というよりは、自然、持つものではないかと思う。
少なくとも、感謝は感じるし、敬虔な気持ちにもなるが、それが大切なのであろうと思う。
良くないのは、善い人間になった気分になることだ。実際は、なかなか善い人間になどなれないのであるから。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ペンライトを振るのは優れた自然運動

あけましておめでとうございます。
沢山のお祝いやコメントをいただき、ありがとう。
あの米津玄師さんですら、感謝の言葉を言うのだから、負けていてはいけない・・・いや、彼は無愛想に見えて、礼儀正しそうな青年だが。

私は、今朝から食べてばかりだ。
食に関しては、節制はするが、特に少食ではなく、十分食べるようになった。
それでも、自然運動をすれば少しも太らない。
自然運動とは、軽い運動をかなりの回数繰り返す運動であり、王道は歩くことで、秘法は腕振り運動だ。
自然運動がなぜ良いかは、特に昨年の、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2018」で大実感した。
2時間、ペンライトを振り続けた後、素晴らしく気分が良いのは、もちろん、ミクさんが素晴らしいからだが、身体の調子が本当に良いのに気付いた。
これは、ペンライトを振ることや、膝のバネを使ったり、腰を前後に振り続ける動きが、抜群に良い運動だからだ。
2時間、思いっきりやると、少しは疲れるが、それ以上に爽快である。
このように、1回1回は軽い運動を、延々と、気持ちを込めてやるのが、最上の運動なのである。
私は、普段は、
・振幅20cmのヒンズースクワット(300回)
・腰を前後左右に振る(200回ずつ)
・首だけ上げる腹筋運動(300回)
・4kgの六角鉄棒による、両腕カール運動(50回)
・4kgの六角鉄棒を、両手で素早く前に突き出し戻す(50回)
・腕振り運動2種類(前に振る時に力を入れる方式と、後ろに振る時に力を入れる方式。300回ずつ)
・ぐーぱー運動2種類(握る時に力を入れる方式と、開く時に力を入れる方式。50回ずつ)
その間々に、蹲踞(そんきょ)の姿勢を何度も取る。
これで40分くらいはかかる。
この他に、武術の練習を行う。
以前のように、数百回のヒンズースクワットや腕立て伏せをしていた時と違い、身体の故障がなく、全体に能力が確実に高まった。
これらの運動は、気持ちが良いので、根性や克己心は不要だ。

30日から、Amazonのdアニメストアで『長門有希ちゃんの消失』を見ていて、さっきで9話まで見終わった。
『涼宮ハルヒの憂鬱』とは、登場人物のキャラクターは似てはいるが全くの別人で、ストーリーも無関係な、ちょっとエキセントリックな学園ドラマだ。
『涼宮ハルヒの憂鬱』では、ハルヒは朝倉涼子に話しかけられても、なーんも返事しなかったのであるが、『長門有希ちゃんの消失』では、最初はちょっと険悪なことはあったし、どこかぶつかり合うところは残しながらも、すっかり仲良しになったのが、何か嬉しい。
『涼宮ハルヒ』シリーズのファンは、ハルヒや長門や朝倉、それに、朝比奈さんや鶴屋さんらが、みんな仲良くするところを夢見たことはあると思うが、それが叶うのだ。
長門が、すっかり「乙女」になってしまっているのは、やや残念に思う人もいるかもしれないがね。
キャラクターデザイン、作画総監督が伊藤郁子さんというのも素晴らしい。昔のセーラームーンのアニメの作画監督の時から、素晴らしい絵を描く人だということをよく覚えている。私も、あの頃はかなりのマニアだった。

観世音菩薩の真言「オン、アロリキャ、ソワカ」がよく出るようになった。
観世音菩薩は、現世利益に強いことで知られ、『法華経』25章にも、それが強調されている。
般若心経の呪文「ガテー、ガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディ、スヴァーハー」も、観世音菩薩(観自在菩薩)が唱えた呪文である。
この2つを唱え、後は身をまかせ、空を見上げてれば、まず、間違いないだろう。
真似してもいいよ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
IT学習
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ









タグクラウド
QRコード
QRコード