ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

真言

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

本当の崇敬

アメリカ映画だと思うが、昔、テレビで、その1シーンを見て、非常に強い印象を持ったことがある。
西部劇を思わせるような雰囲気の広い酒場の中で、庶民風の男達が大勢、酒を飲んでいた。
その中で、つまらない理由に違いないが、小競り合いが発生し、殴り合いになると、それがどんどん伝播していき、店中の男達が殴り合いをする。
ところが、やや年配のバンドマン達は、平気な顔で淡々と演奏をしていたが(喧嘩などありふれたことなのだろう)、アメリカ国歌『星条旗よ永遠なれ』の演奏を始める。
すると、国歌が演奏されていることに気付いた男達は喧嘩をやめ、直立不動になると、右手を胸に当てた。

これを見て私は、この男達は国家に洗脳されているのではないかとも少し思った。
しかし、男達は、国歌を聴くと、恐怖感を伴った強制的なものを感じたわけでは全くなく、自主的に崇敬の形になったのだ。
恐怖感どころか、安心感を感じたように思えるのだ。
このように、恐れのない、自由意志による自主的な行いは洗脳とは無縁である。
彼らはアメリカ合衆国建国の歴史・・・独立戦争、憲法制定を知り、それを成した者達を心から尊敬しているのである。
(ちなみに、アメリカ国家『星条旗よ永遠なれ』が作られたのは1896年で、西部劇の舞台である西部開拓時代は1860年代から1890年までなので、その映画は西部劇ではないと思われる)
一方、高圧的な声で「天皇陛下バンザーイ!」と声が上がると、こわばった顔で庶民達が「天皇陛下バンザーイ!」と言ってバンザイをするのは、自主的な行いではなく洗脳の可能性がある。
無論、全く恐怖感がなく、自主的にそうするなら、国家に対するかどうかはともかく、天皇への崇敬であり、そんな人達も大勢いたことだろう。
どこかの独裁国家では、庶民達は、我々から見たら、いかにもわざとらしい顔や声や動作で独裁者を讃え、死ぬと必死で鳴き真似をするのは、やはり恐怖による強制を露骨に示すが、似たことをする地位の高い人達には、恐怖と言うよりは、「そうした方が得」という打算の方が大きいかもしれない。その場合、その行いは、ある意味、自主的と言えば自主的だが、不誠実に、不正直に、心にもないことをやっているのである。

我々も同じだ。
強制されて、真言、念仏、祝詞、あるいは、聖書の言葉を唱えても、何の意味もないし、まして、「得だから」という思いでそれをやれば、心が穢れ、卑しい人間になり、力を得られず、持っている力も失う。
完全にとは言わないまでも(多少の欲やエゴがあっても)、崇敬の気持ちと共に行えば霊的に浄化され、霊的な穢れによる不幸や不運が解消したり、それに打ち勝つ力が起こるのであると思う。








霊的疾病に挑む

私は、昨年(2021年)10月以来の厳しい皮膚病のおかげで、いろいろ分かってきて本当に良かったと思っている。
知識としては、昔から、超人的な人々から少しは教わっていて、病気には、

・物質レベル
・潜在意識レベル
・霊的レベル

があり、もちろん、下に行くほど深い。
そして、重要なことは、

・物質レベルの病気は潜在意識の障害から起こる。
・霊的な障害があると、潜在意識が侵され、結果、必ず、物質レベルの病気になる。

ということだ。

医療は、物質レベルの治療しかせず、一時的には良くなることもあるが、根本的には病気を治せないと私は思っている。
一方、アレクサンダー・ロイド博士の「ヒーリングコード」や「エネルギー療法」は、潜在意識レベルの治療であり、ほとんどの病気を治せると思う。
ただし、「ヒーリングコード」や「エネルギー療法」は、霊的レベルの病気には効果がない。
とはいえ、潜在意識レベルの治療を行えば、肉体レベルには必ず効果が現れるので、ロイド博士の療法が、ほぼ100%効果があることは疑っていない。ただ、霊的レベルの障害を持つ者には、限定的な効果しかなく、治ったように見えても再発する。

私が昨年末(2021年12月30日)から取り組んでいる、井本邦昭氏(井本整体主宰。医学博士)の蒸しタオルによる「熱刺激療法」は、一見、肉体レベルの治療であるが、同時に、潜在意識レベルの治療である。
「ヒーリングコード」や「エネルギー療法」でエネルギーを送るような身体の部分を、蒸しタオルで熱刺激すれば特に効果が高いのは、そこが潜在意識に関係する中枢であるからだ。
例えば、額、首の後ろ、喉、胸、腰などである。
また、「ヒーリングコード」や「エネルギー療法」は、肉体に対する作用が少ないので、祈りなどの精神的作用を加えないと、即効性が得られない。
しかし、「熱刺激療法」は、肉体にも抜群の効果があるので、潜在意識と肉体の同時治療を行える場合が多く、非常に即効性がある。

私の身体に最近、猛威を振るっている皮膚病は、霊的レベルである。
2021年10月初め頃から、2021年12月初め頃までの、潜在意識レベルの「アレルギー性皮膚炎」の場合は、「ヒーリングコード」や「エネルギー療法」を一度行うごとに軽減した。
しかし、私の場合は霊的レベルである乾癬(かんせん)に対しては(乾癬のほとんどは霊的レベルからのものと思う)、「ヒーリングコード」や「エネルギー療法」では効果は低かった。
だが、「熱刺激療法」は、肉体と潜在意識を同時に癒すので、驚くべき効果が感じられたが、もう一か月以上、毎日2時間の治療をしても、かなり楽ではあるが、霊的レベルの病気が治ることはない。
そこで、普段、なるべく、阿弥陀如来真言、観世音菩薩真言、「南無阿弥陀仏」や「南無観世音菩薩」などの念仏を唱えていた。
正直、これらの真言や念仏に現実的効果があるというエビデンス(根拠)はない。
しかし、私の場合、これらの真言、念仏に少しは宗教的雰囲気を感じるのだが、宗教的雰囲気は、精神を悪いものに向けることを抑え、僅かかもしれないが、意識を霊的中心に向ける効果がある。
それで、確かに僅かかもしれないが霊的にも良い効果があることは間違いないと思う。
ただ、霊的に最も効果があるのは、霊的な障害による苦しみに耐えることである。
尚、私の場合、仏・菩薩の真言や念仏を使ったが、人によっては、聖書の言葉に、より強い宗教的敬虔さや信仰を感じる人もいるし、アメノミナカヌシノカミやアマテラスオホミカミといった、神道の神様の名や、祓詞、あるいは、祝詞にそれを感じる人もいるだろう。
だから、自分に合ったやり方を選べば良いのである。
邪霊が入り込まないよう、これらの言葉を、心の中で(好きなら、周囲の迷惑にならない範囲で声に出して唱えても良い)、なるべく多く唱えると良いと思う。








真言はどれも同じ

よく、「アジマリカン」と「トホカミエミタメ」のどっちが上だとか、般若心経と大祓祝詞でどちらが優れているとか、下らないことを言う者がいる。
あらゆる真言、念仏、神の名、聖句・・・どれも同じである。
もし、偽物がいるとしたら、自分(あるいは自分の団体)が勧めるものが一番であると言う者で、そんな者達からは距離を置いた方が良い。
当たり前に考えたら、どれが上でどれが下なんてあるはずがないことは、簡単に分かるだろう。
そして、効果は唱える者次第だ。
「トホカミエミタメ」なら十万回で幸せになれるが、「アジマリカン」なら一万回だなんていったことを言う者は嘘つきと思って良いが、言うまでもないと思う。
(昔なら、無知な庶民を導くため、ただ1つの言葉を教えることがよくあった)
昔から知られているものなら、どれも間違いない。
これと決めたら、少なくとも10万回唱えると良い。
腕振り運動や四股でも構わないと思う。

2020年の米国大統領選挙、そして、新型コロナにより、この世界がどんな状況にあるのか、はっきり分かってしまった。
その中で生き、世界を正しいものにするためには、各自が本当の自分に帰るために無になる自主的な試みが必要と思えるのである。

ラマナ・マハルシが教えたと言われる、次の方法が、自然でよく考えられていると思う。

1.息を吐きながら、心で「私はこれではない」と唱える(私は、肉体や心ではないという意味)。
2.息を吸いながら、心で「私は誰か?」と唱える。
3.呼吸の流れを止め(喉を筋肉で閉ざさず、息の流れだけを止める)、心で「私は神である」と唱える。

本当は、マハルシは、サンスクリット語の真言として教えたのだと思うが、別に、普通の言葉で良い。
「3」では、インドの古い流儀に従って「私は彼である」あるいは「私はそれである」としているが、普通に、「私は神である」で良い。
もし、どうしても「神」に抵抗があるなら、あるいは、こちらの方が好きなら、「至高の実在」「宇宙の活力」「宇宙エネルギー」などでも良い。
言葉は、いずれも、心の中で、ゆっくり丁寧に唱える。
回数は、出来るだけ多くで、特に決まってはいないが、一度に10回から20回以上やると良い。
長い期間、続けると、唱えた通りになる。








「やらないよりはマシ」でも、やるとやらないでは大違い

「やらないよりはマシ」も、積み重ねれば大差になるということは、いくら強調してもし過ぎることはない。
例えば、「腕立て伏せなんてシンドいことはしたくない」と思って、全くしないのと、たとえ1回でも、毎日必ずやるのとでは、日が経てば、もう絶大な差になる。
それに、腕立て伏せを毎日1回やっていれば、いかに無理をしなくても、2回、3回・・・5回と増える可能性があり、毎日5回なら、短い期間でも効果が分かるし、ひょっとしたら、数十回とやるようになり、素晴らしい体力が付くかもしれない。
ただし、無理をして続かないのは一番良くないので、物足りない程度に控え目にやった方が良いかもしれない。

真言やアファーメーションも、そうである。
あの伝説のホームレスが、「神様の奇跡が起こる」と1日中唱え続け、2週間後に1憶円を宝くじで当てた話に感動して、自分も始めてみたが、1日10分も出来ないし、数日経つ内に、全くやらなくなってしまったという人は多いと思う。
だが、これも、自分の根気のなさを認めつつも、たとえ1日10回でも真摯に唱えれば、唱えないのとは雲泥の差になる。
それに、毎日10回でも唱えていれば、そのうち、唱える数も、自然に増えると思う。そして、増えれば増えるほど、効果も大きくなるのである。

真言やアファーメーションは、全く唱えないことは、ゼロではなく、マイナスなのである。
なぜなら、自分の意思で唱えなくても、脳科学の研究によれば、脳は、1分間に300もの言葉をつぶやいており、普通の人では、それはネガティブなつぶやきである。
だから、放っておいたら、時が経てば経つほど、考え方が後ろ向きになり、それによって運勢が悪くなる危険が大きいのだ。
幸い、プラスの言葉はマイナスの言葉より強いので、僅かでも、真言やアファーメーションを唱えれば、脳の自動的なマイナスのつぶやきを、かなり打ち消せる。
脳の自動的なマイナスのつぶやきを完全に消せないまでも、毎日、少しでも打ち消すのと、全くそうしないのとでは、想像も出来ないほどの大きな差になる。

だから、どんなに少なくても、また、最高の言葉ではないと思えても構わないから唱えるべきである。
どの言葉にしようか迷うくらいなら、
「神様の奇跡が起こる」
と唱えれば良いし、他にも、
「私は最高の気分だ」
「予想しないことが起こり、道は開ける」
「神の他に何もない、ただ神だけがある」
「私を強くして下さる方によって、私はどんなことでも出来る」
「全て良くなる」
「富」
「成功、富」
などの中から、何か1つ唱えれば良い。
案外、ぼーっとしている時に、たった一度、「富」と唱えたら、それが潜在意識の奥深くに入り込み、宇宙の活力が応答して、あなたに富をもたらすかもしれない。
そんなことばかり期待してはならないが、そんなこともあり得るのである。








悪因縁を解消し、悪運、宿命を軽くする

病気や災難といった悪運は、ある程度までは心の力で解消出来るのだが、深い宿命によるものは、そうはいかない。
加持祈祷で、病気や様々な災難や悪運から人を救うことが出来る高徳な僧侶だって、「深い因縁による病気は、治せないか、時間がかかることがある」と言う。

『美少女戦士セーラームーン』が人気絶頂だった時、『劇場版 美少女戦士セーラームーンR』という、かなり傑作の作品が作られているが、主題歌の作詞をした冬杜佳代子さんは、とても深い洞察力のある霊的な作詞家だったと思う。
主題歌『Moon Revenge』は、とてもではないが、子供向けアニメの歌ではなく、
「宿命の愛は、結ばれようが逃げようが死のうが終わらない。なぜなら、それが月の復讐だから」
ということを、美しくも残酷な言葉で語ったものだった。

本当は、ちょっとした風邪や事故でも、因果によらないものはなく、それらも、小さな意味での宿命である。
そして、風邪をひいたり、事故に遭うことで、因縁が解消され、宿命が浄化される。
しかし、因縁があまりに深く、重い宿命になってしまっている場合には、その因縁の解消が難しい。

まあ、因縁とか宿命という言い方が、宗教的とか、オカルト的に思うかもしれないが、運と言えば、少しは受け入れやすいだろうか?
ある程度の悪運であれば、良いことをする・・・つまり、徳を積むことで、案外簡単に解消出来る。
やや重い悪運であれば、修行の必要がある。
と言っても、別に、滝行などの宗教的修行に限るのではなく、また、極端に厳しいことではなく、「自分には、ちょっとシンドいと思えることを毎日欠かさずやる」ので良い。
例えば、「ジョギング?私にはちょっと無理」と思うなら、ジョギングで良い。
公園などの公共施設の掃除をするとか、人助けのボランティアを長く真面目にやることは、徳を積むことでもあるので、さらに良い修行になる。

あるいは、「断ち物」と言って、自分の嗜好品を、一定期間、あるいは、生涯断つという優れた修行もある。
例えば、酒とかチョコレートが好きでたまらないという人が、「1年間チョコレートを食べない」とか「一生、酒は飲まない」とするなどである。
水野南北(江戸時代の有名な占い師、啓蒙家)は、酒に目がないほど好きであったが、「1日1合」に制限した。状況によっては、そんなやり方もある。

あまりに因縁が深いと、自分が修行をすると共に、徳の高い僧や優れた霊能力者の力を必要とするし、そうしてすら、その因縁が完全には解消出来ない場合もある。

病気にしろ、悪い人間関係にしろ、自分に悪因縁の宿命があることは、歳を取ると分かってくることが多い。
それで、老人には、別に人に好かれようなどという意図はなく、公園や近所の家の前をこっそり掃除するようなことをする人が多いのである。
そして、悪因縁の解消のためにやっているという想いもなくなった時、宿命は消えていることが多い。

私などは、幼い時から皮膚の病気(多分、乾癬だ)があり、よほど深い因縁のようで、治すのは無理かもしれない。
症状が軽い時は、ほとんど忘れていることもあるが、完全に消えていることはない。
この5年以上は、非常に良好だったが、一か月ほど前、非常に悪い状態になってきた。
これは、どんな治療や健康法を持ってしても、治すことは出来ない。
だが、逆に、何もしなくても、因縁を解消すれば(完全には解消出来ないだろうが)、すぐに楽になるのである。
辛いことも多いが、この因縁があるおかげで、命までは取られなかったり、致命的な出来事が回避されているかもしれないのである。
そう思えば、安いものである。

皆さんも、自分では気付かないかもしれないが、健康、経済、恋愛、家族や友人との人間関係、仕事、その他で、なぜかうまくいかないことがあれば、悪因縁による宿命であるかもしれない。
その場合、因縁の重さもあるが、出来る範囲で徳を積んだり、何かの修行をすることが勧められる。
真言を唱えることも良い修行で、唱える数は多ければ多いほど良い。
特に真言を知らないとか、お気に入りの真言がない場合は、「ありがたい」と唱えれば、最高の真言になり、数多く唱えれば、相当な因縁でも解消することもある。
もちろん、お気に入りの真言があれば、それを唱えれば良いのである。
私も、少し、修行に励もうと思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード