ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

真言

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

想念を消すための一般的な注意と工夫

人間は、想念を消せば、自然に起こる願望を全て叶えられるようになっている。
だが、想念を消すことは、自分の意思で行わないといけないことは明らかだ。
つまり、健康な脳の状態のままで、想念を消さなければならない。
簡単に言えば、アルコールや覚醒剤の使用、事故による脳機能障害、催眠術による強制思考停止、睡眠薬・鎮静剤・麻酔の使用、老衰による脳機能低下といったものでは、想念が停止しているように見えても、潜在意識の無限の力は、その人間を中心に発現しない。

また、適度には知性を高めておくことが良いことであることが自然に推測される。
しかし、試験の成績を上げることだけが目的の学校の勉強は、かえって知性を損なう可能性がある。

潜在意識の力を発揮するのに、年齢は関係ない。いくつでも創造的でいられる。
ただし、長い悪習慣(飲酒や粗暴な行動習慣等)で、脳機能が低下してしまった場合には、見込みがないということもある。もちろん、そんな者でも更生する意思があれば大丈夫ではあるが、いったん低下した脳機能を元に戻すのは厳しい道となる。
偏った宗教やプロバガンダに染まってしまった者も駄目な場合がある。そのような思想的偏りは、脳機能も阻害するのである。

よって、我々は心身を健全にするよう工夫をする必要はある。
心と身体は一体であるので、身体だって、ある程度はいたわらねばならず、そのためには、適度な量のなるべき清らかな食事や、適度な身体活動が必要である。
だが、かなり悪い条件下にあっても、自分の意思で想念を消す気品ある志があれば大丈夫である。

まず、無駄なこと、下らないことを考えない意思は持つべきだろう。
自分の悪い条件を嘆いたり、自分を憐れんだり、愚痴を言ったり、他者や環境に文句や不平を言いたくなったら、そんな想いを止めなければならない。
そして、害のある想念を起こさせる最悪の思考が言い訳であることを自覚しておいた方が良いだろう。
そもそも、愚痴や不平といったものは、言い訳と一緒に現れるものである。
ヴァーノン・ハワードの本にも書かれていたが、「人間は何をしても許される。言い訳を除いては」という通りなのである。

だが、あれこれ細かいことを考えなくても、想念を消す方法はある。ただし、最低限の修養が出来ていればだが、健全な社会では15歳か、遅くとも、18歳には出来ているものである。しかし、現代の日本ではそうではない。
そこで、どうしても、仕事などを通じ、慎みのようなものを学ぶ必要がある。
ラマナ・マハルシのように、原因は分からないが、ごく若い時に強い啓発を受ける場合もあり、マハルシは16歳で想念を消す術を掴んだ。彼は、それまで、裕福な家庭で育った活発で聡明な普通の高校生だった。
まあ、働くか、働かないかは、運命によるものでもあり、働かなくても、高貴な意思があれば、想念を消し、潜在意識の力を発揮させることが出来る。ただし、普通の人では難しい。
実際は、なぜ社会で鍛えられることが必要かは、現代においては、学校やテレビに押し付けられた愚かな思想を削ぎ落すためである。
社会や権威に文句を言うだけなら馬鹿でも出来るが、社会や権威の影響を脱すためには修養も必要なのである。

ある程度の修養が出来れば、自分で意思し、想念を消せば、あらゆることに勝利出来る。
その補助としてなら、マントラ(真言)を唱えることが役に立つ。
良いマントラは魂に良いリズムを持ち、簡単に想念を消してくれる。どんなものが良いかは、自分で感じ取れば良い。つまり、自分が気に入ったものを選べば良いのである。
ただし、「このマントラが良い」という理屈を押し付ける話は信用しない方が良い(「アジマリカン」や「トホカミエミタメ」でそんなものが多い)。マントラに理屈は不要である。
選ぶのに困ったら、マハルシが「第1のマントラ」と言った「私」を使うのが良い。
修養が不足している場合でも、何かを熱心にやれば、救われる道は開けるものである。








絶対に効く呪文

昔、あるお婆さんが、大日如来という仏様の真言を教えてもらい、呪文として唱えたら、これがまたよく効いた。
ただ、そのお婆さんは、その真言「アビラウンケン」を「油売らんか」だと思って、そう覚えていたらしい。
まあ、もっとも、「アビラウンケン」だって、元のサンスクリット語では「ア ヴィ ラ フーン カーン」で、「アビラウンケン」は、そのサンスクリット語の真言を中国人が勝手に・・・と言っては語弊があるが、唱え易いといった理由で改変したもので、それこそ、あのお婆さんの「油売らんか」のノリであったかもしれない。
そして、とにかく、そのお婆さんの「油売らんか」はよく効いたのである。
ところが、そのお婆さんが、ある僧から「アビラウンケンが正しい」と言われ、「アビラウンケン」と唱え始めたら、効かなくなったという。
原理は簡単だ。
お婆さんは、「油売らんか」というのが、有り難い呪文だと思って気分良く唱えたから効いたのであえる。
お婆さんは、それで、潜在意識を働かせることが出来たのだ。
しかし、お婆さんは、これまで唱えてきた呪文が間違いだと言われ、気分を悪くしたら、潜在意識を働かせることが出来なくなったのである。
言い換えれば、思い込みと気分の良さが潜在意識を働かせるのだ。
そして、良い思い込みは良い気分で作られるので、大切なものは良い気分だけである。
たとえば、自分を可愛いと思い込んでいる女の子はモテるが、彼女の思い込みは、親が、彼女を「可愛い」と言うと同時に良い気分にさせ続けたから出来たのである。
まあ、外の世界で、「いや、お前は可愛くない」と言われて、その思い込みが壊れることはよくある。
自分の気分が良くない者は、他人の気分も悪くしたがるものだからだ。

私も、子供の時、「ナムサン」という言葉を呪文として使っていた時は、実に霊験あらたかだった。
「ナムサン」は、漫画のヒーローが、ここ一番で唱えていたのだが、私は、そのヒーローに憧れていたので、そのヒーローと同じ呪文を唱えることは気分が良かったのだろう。
だが、「ナムサン」が「南無三」で、「仏、仏法、僧を崇める」という仏教の言葉だと知ると効かなくなった。思い込んでいたイメージと全然違い、気分良く唱えられなくなったからだ。

こんな話もある。
ある男子小学生が、永井豪さんの漫画『キューティーハニー』のヒロイン、ハニーこそ理想の女性と崇め、変身の時に言う言葉「ハニーフラッシュ!」を唱えたら無敵であった。
これは、大人になってからも有効であるらしい。
誰も、「ハニーフラッシュ」が彼にもたらす気分良さを壊すことがなかったからだ。

ところで、呪文、まじない、真言、祝詞・・・何と呼んでも構わないが、それがなぜ効くかは分かっているのだ。
それは、呪文を唱えることで、意識が今に引き戻されるからだ。
運が悪い、潜在意識が良い方に働かないというのは、取り越し苦労(未来への不安)か、持ち越し苦労(過去の後悔)が原因で、意識が「今」にないからだ。
だが、呪文を唱えるのは「今」しかなく、昔呪文を唱えていたとか、明日唱える呪文のことを考える者はいない。
呪文とは、今唱えるしか意味がないのである。
「初音ミクは俺の嫁」というのも、呪文とかまじないと同じである。
初音ミクが3年後に俺の嫁になるのではなく、今すでに俺の嫁ということであり、意識を今に引き戻すこの呪文は結構強力である。
「ありがたい」「しあわせだ」「うれしい」という言葉も、「今、ありがたい」、「今、しあわせだ」、「今、うれしい」と言っているのであり、やはり、意識を今に引き戻す。
古代から、聖者、賢者達が口をすっぱくして言い続けたことは、「過去を後悔するな」「未来を恐れるな」である。
呪文を唱えながら、明日の心配をするかもしれないが、ずっと唱え続けたら、今に集中するのである。
そして、気分良い呪文でないと、唱え続けられないので、せっかく「油売らんか」と気分良く唱えているのに、「それはアビラウンケンじゃ」などと余計なことを言ってはならない。
「ミクさん、マジ天使」も、ミクさんは、今、本物の天使だと認識しているのだから、今に楽々集中しており、必ず幸運を呼ぶ。
「成功」とか「富」という言葉を唱える時も、「今、成功している」「今、富を持っている」という気分で唱えることが重要で、それで気分が良くなれば、潜在意識は必ずや、それを叶えるのである。








近くの者ほど頼りになる

選挙になると、政党やマスメディアが、
「社会を変えよう」
「そのために政治を変えよう」
「そのために国民に出来ることは投票です」
と言い、多くの国民がそれを真似る。
また、選挙とは関係なく、社会制度や政治を批判する者は多く、それで社会や政治が変わるとでも言うかのようである。

ところで、この世は、遠くのものより近くのものが頼りになる。
国連より国、国より地方自治体、地方自治体より勤務する会社、勤務する会社の中でも直属の上司、そして、直属の上司より自分(の能力)である。
会社等の組織に所属しないなら、最も頼るべきは自分(の能力で)あることが、よりはっきりする。
ここまでは頭で考えても分かる。
だが、国連の上に地球があり、地球の上に太陽系があるように、自分に関しても、身体より心が近く、心より魂が近い。
よって、最も頼るべきは魂であるが、その正体がはっきりしない。
だが、別に宗教家でなくても、昔から、真に力を必要とする人達は皆、神(あるいは仏)は自分の中にいるとか、心そのものが神であると、ごく普通に語ってきた。
つまり、一番のコア(核)は神であり、自分>身体>心>魂>神と、一番近くにあって、一番頼りになるのは神ということになる。
ただ、魂と神の区別については不明で、とりあえず、両者は同じもの(あるいは、とても近いもの)と考えても良いと思う。

遠さで言えば、心から上の存在は皆、大きさが違うように見えても、どれも大海に浮かぶ船のようなもので、運まかせとしか言えない。それは、偶然まかせということである。
つまり、ある意味、運が一番大切ということである。
運が良ければ、社会がどうであろうが、政治がどうであろうが、天変地異(自然界に起こる異変)がどうであろうが安全である。

そして、実験と検証の結果、運を良くするには神に意識を向ければ良いと分かっているが、神の正体がよく分らない。
しかし、神について分かることがある。
それは、自分より上位の存在であるということだ。
だから実際、自分の心とか、まして、身体を最上位に置く者は運が悪い。
自分の心や身体より上の存在があると思っている者は、それほど運が悪くないし、高い存在を意識する者ほど運は良い。
もちろん、心や身体、あるいは、社会を無視してはならないが、それらは、最低限、意識していれば問題ない。
高い存在を意識するには、その象徴である神仏の名、あるいは、「神」とか「仏」という言葉を唱えることが、最も直接的で簡単だ。
実際、念仏を唱えたり、神の名を唱えたり、神の名や神という言葉を含む祈り言葉を唱える者に、それほど運が悪い者はいない。
たとえば「神様の奇跡が起こる」とか「神に出来ないことはない」という言葉を唱える者は、それが多いほど運が良い。
「南無妙法蓮華経」だって、仏様の集合である『法華経』という経典を意識するのだから同じことである。
「最も重要な戒律は何か?」と問われたイエスは「自分の神を愛することだ」と答えたが、それを実践する良い方法が上に述べたことであると思う。








これをやれば不安はなくなる

これほどまでに歪み穢(けが)れた世の中では、宗教的とかオカルトと言われることなど恐れず、やっておいた方が良いことがある。
本来の人間は、邪悪に負けるものではないが、ここまで地獄の腐臭に満ちると、心が浸蝕されて弱くなってしまっていて、悪霊に対する十分な反発力を持つことは難しい。
そして、もう、すっかり悪霊と融合してしまった者達よさらば。彼らは、もう自ら抗うことは出来ず、地獄という概念で示される次元に、やがて完全に引きずり込まれ、永遠に苦しむことになる。それが彼ら自らの選択である。

そして、どこかに良い世界があるのではなく、世界は自分で作り出すものである。
そのためには、何か1つ、あるいは、いくつかの真言を唱えることだ。
なぜ、そのようなことをするのかいうと、自分より高い存在に意識を向けるためである。
心は、自分より上位の存在に意識を向け続けると浄化され、すると、創造の力を持つのである。
そうすれば、生活のため、安全のために、やりたくもないことをしなくても良くなる。

「南無阿弥陀仏」というのは、人間を超えた存在の象徴である阿弥陀仏を意識することである。
「南無阿弥陀仏」は、決して、葬式で唱えるためのものではない(葬式で唱えて害があるわけではないが)。
「アーメン」というのは、人間よりはるかに高い存在である神の意思に同意し、自分よりはるかに賢く善良なる神に従うことを意味する。
いかなる神の名、仏の名を呼んでも、それら、自分に優る存在に意識を向けることになり、そうすれば、心はやがて(上位の存在に)屈服する。すると、心の穢れは祓われ、神聖なるエネルギーが心を通って顕現する。
育った環境によって、阿弥陀仏や観世音菩薩が好きなら、「阿弥陀様」とか「観音様」でも良いし、「南無阿弥陀仏」や「南無観世音菩薩」と唱えても良いだろう。
あるいは、「アマテラスオホミカミ」を始め、『古事記』に登場する好きな神の名を唱えるのも良い。
遠い過去からのあらゆる神々を意識する「トホカミエミタメ」や造化三神の総称である「サムハラ」と唱えても良いのである。

これは、宗教的な行為ではなく、自分より高い存在があることを受け入れ、それに意識を向けるという科学的行為である。
だって、どれほどの馬鹿が考えたところで、自分以上の存在がないことはおかしいと分かるはずだからで、自分を超える存在を受け入れられないのは、馬鹿だからというより、心を歪められている、あるいは、破壊されてしまっているのである。
「アメノミナカヌシ様、お助けいただきまして、ありがとうございます」と唱えると、心が直ちに高い存在を意識し、あらゆる奇跡を起こすことを確認した。
とはいえ、何か特定の言葉を唱えるよう、誰かに強要することは出来ない。
これは、逆に言えば、自分の好きな言葉を何でも選んで良いということで、また、言葉を変えても構わない。
覚えているところでは、私は子供の時、「南無三(ナムサン)」と唱えて、いろいろな奇跡を起こしたものである。
真言を唱えれば、困ったり、不足したりすることはないだろう。
また、多少の不都合は、むしろチャンスであり、それは、神のチョイスであると考えるべきなのだ。
起こること全ては、あなたの意思である。そう認識することで、人は神に近付くのである。

ただ、知性の10%だけは、物質世界のことをちゃんとすることに使うこと。10%だけ・・・全意識の0.5%だけで良いのである。
(知性の意識は全意識の5%だからである)
これが、この世で効率的にうまくやっていくコツである。








呪文のすすめ

各自が、自分がしっくりとくる唱え言葉(呪文、神呪、真言、祓詞、言霊…等)を1つ持っていると良い、いや、この暗い世界では、持っておくべきと思う。
良い言葉で、自分が好きなものなら何でも良く、それを唱えることで潜在意識の扉が開き、宇宙エネルギーとのルートが通じるのだから、これを使わない手はない。
「ナムアミダブツ」「南無妙法蓮華経」「アマテラスオホミカミ」「トホカミエミタメ」「アジマリカン」「神様の奇跡が起こる」「アーメン」・・・自分が気に入れば何でも良い。

アメリカ人は、「オーマイガッド」とよく言うのだと思うが、これは普通「なんてこったい」みたいな意味だと思われている。
しかし、マイガッド(My God:わが神)なんて、素晴らしい真言であり、これを言うことで、確実に守られ、幸運を得ているのである。
日本にも、似た言葉に「南無三(なむさん)」がある。
私が子供の時に、度々、奇跡を起こした言葉だ。
「南無三」も、「オーマイガッド」と同じく、「なんてこったい」といった意味にとられているが、これは「南無三宝」の略で、3つの貴い宝に帰依します(頼ります)という意味だ。
3つの宝とは、一応は、仏、仏の教え、仏の教えを説く僧ということになっている。
しかし、3は世界中で神秘数とか完全数として扱われている。
3自体に意味があるのだ。
キリスト教では、「三位一体」として、「父(神)」「子(キリスト)」「聖霊」を貴いものとしている。
古代ギリシャでは、ゼウス、アテーナ、アポローン、あるいは、ゼウス、ヘーラー、アポローンの3神に祈るのだと、アリストテレスは述べられている。
ダンテの『神曲(本当のタイトルは「聖なる喜劇」)』は、神秘数3に徹底的にこだわって書かれている。序章の1歌に続き、地獄33歌、煉獄33話、天国33歌で、その全てが3行ずつで書かれている。
西洋では、初音ミクさんのミクが、日本語では39だと知ると非常に驚く。神秘数3と、これが3つ合わさった9で名前が構成されているからだ。

私は、三の意味を知らずに「南無三」と唱えたのが良かったのかもしれない。
意味を知らないということは、意味を制限せず、あらゆる意味になるからだ。
三位一体とも、ギリシアの神々とも、あるいは、阿弥陀如来、観世音菩薩、勢至菩薩の3仏の意味にもなるからだ。

また、「ナム」自体に、「アーメン」や「オーム」にも通じる言葉の力があり、南無阿弥陀仏、南無妙法蓮華経、南無観世音菩薩など、どれも強い力を持つ。
ものがよく分らない子供や、無知な者が「ナムナム」とだけ唱えても効力がある。
似た響きを持つ言葉であれば、本人が気に入っている限り力がある。
大日如来真言のアビラウンケンを「油売らんか」と覚えて唱えていたお婆さんの霊験は実に灼(あら)たかであったと言われている。
そもそも「アビラウンケン」自体が、本当は「アヴィラ、フーン、カーン」だ。
神、神様、御神、仏、仏様、御仏といった、どの言葉にも大きな力がある。
本当のところ、日本語の50音全てが神であり、霊力があると言われている。
合気道家で神道家の佐々木の将人さんによれば、「あー」だけで悪霊を祓い、問題が解決するのであるようだ。

「アマテラスオホミカミ」という、十言の神呪(とことのかじり)と呼ばれる神呪(しんじゅ)は、古事記の女神の名であるだけでなく、太陽神、根本神といった意味の他に、明かされていない意味もあり、その力は計り知れないと言う。

普段、何気なく出て来る言葉は速やかに作用する。
最初は、意識的に唱える必要があるかもしれないが、馴染んでくれば、何かの時にすっと出て来て、知らない間に問題が解決しているだろう。
なぜなら、人間は気付かず、何ごとも自分の力で解決していると己惚れているが、実際は、内なる何かが力を貸しているのである。
ここらの理屈は、ソクラテスが語り、『ソクラテスの弁明』に記されているが、それは、意味が分からないからということもあるが、無視されてしまってる。
実際は、人間は何も知らないし、何も出来ない。
ソクラテスが言った「私は自分に知恵がないことを知っているがゆえに、人類で最も知恵がある人間なのである」が真理である。
人間には出来ないことでも神に出来ないことはない。
その力に速やかに委ねる言葉に馴染んでおくと良い。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード