ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

真言

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

願えば皆与えられると人類最高のスーパースターは断言した

このブログで何度も取り上げた話だが、ある男性ホームレスが、教育学者の七田眞(教育学博士)氏の本を参考に、「神様の奇跡が起こる」と1日中唱えていたら、2週間ほどしたら、頭に数字が浮かんだので、その通りにロト6(宝くじの一種)を買ったら一億円当たり、さらに続けたら、ローマ法王に会えることになり、それでも続けたら、また一億円当たった。

「神様の奇跡が起こる」は、「奇跡が起こる」だけでも、立派なアファーメーション、あるいは、潜在意識に向けた自己暗示である。
では、「神様の奇跡が起こる」を、「神(神様)」と「奇跡が起こる」に分け、いろんな人達が、その一方のみを唱えたら、どちらを唱えた方が良いことが起こるだろうか?
自己暗示やアファーメーションの原理から言えば、あるいは、理性で考えたら、「奇跡が起こる」の方だろう。
しかし、『ヒマラヤ聖者の生活探求 第3巻』での、イエスの教えから言えば、圧倒的に「神(神様)」の方である。
言葉の効果を測定する測定器すらあるらしいが(『ヒマラヤ聖者の生活探求 第5巻』参照)、それを公開出来ない理由があるのかもしれない(著者は原子物理学者)。
よって、直観で判断してくれと言うしかないが、「神」という言葉には、最高の力が秘められている。
だから、本当は、上のホームレスも「神(神様)」とだけ唱えても良かったのだが、それでは、なかなか続けられないだろう。
「神様の奇跡が起こる」のように、夢のある楽しい言葉だから続けられたのだと思われる。
だが、唱える言葉は、「神(神様)」が入っていれば何でも良いのである。
「神よ、与えたまえ」でも十分である。
しかし、あまり何度も「神よ、与えたまえ」と言うのも、しつこくて気がひけると思うので、「神様の奇跡が起こる」のような言葉の方が良いかもしれない。
こういった言葉に関しては、フローレンス・スコーヴェル・シン、ノーマン・ヴィンセント・ピール、ジョセフ・マーフィーらの本を見れば、沢山、いろんなものが載っている。
まあ、ほぼ全て、聖書の引用であるが。
ちなみに、私が好きな言葉は、
「神に出来ないことはない」
だ。

ところで、さっきの「神よ与えたまえ」であるが、願いがある時や、困った時には使うと良い。
これについて、新約聖書の「マタイ福音書」で、イエスはこう言っている。
「欲しいものがあれば、父(神)に願え。全て与えられるだろう」
イエスは、そのための条件を一切付けていない。
ただ、求めれば良いのだ。
つまり、「神よ、与えたまえ」と言いさえすれば良いのである。
条件は付けないが、イエスは、その理屈・・・というか、理由を、こう述べている。
「お前達のようなロクでもない人間ですら、子供がパンを欲しいと言ったら、石を与えたりせず、パンを与えるだろう。ましてや、父(神)が良いものをくれないはずがないじゃないか」
だから、敢えて条件を言えば、それは、ラマナ・マハルシも、黒住宗忠も、あるいは、全ての賢者が同じことを言っているのだが、「神を信頼すること」「神にまかせ切って安心すること」だろう。
スーフィー(イスラム神秘主義)の諺に、
「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
というのがあるのだが、このラクダは、人間の心のことである。
これを、あちこちさ迷わせてはならない。つまり、安心し、心静かにして、じっとしていることだ。
「神を信用する」というのと「ラクダをつないでおく」というのは、同じことなのである。
そのために、神仏の名を唱えるナーマスマラをしたり、真言を唱えてはどうだろう?
これらは、ラクダをつないでおく優れた方法なのだ。








ナーマスマラナ、真言、アファーメーションの融合

良い本とは、どんな本だろう?
そもそも、最も優れた本はどれだろう?
それは聖書である。
なぜか?
『ヒマラヤ聖者の生活探求 第3巻 因果の超克』で、イエス・キリストが語ったその理由が素晴らしかった。
それは、聖書には、「神」という語(英語なら“GOD”)が最も多く使われているからである。
「神」という語は、最も高い生命力とエネルギーを持った言葉なので、使えば使うほど、言えば言うほど良いのである。
つまり、内容が本の価値を決めるのではない(もちろん、内容がどうでも良いと言うのではないが)。
『コーラン』も『ギリシャ神話』も『古事記』も、不滅の生命を保っているのは、やはり、「神」という語が多く使われているからである。
人間も、「神」という言葉を多く想い、語る者ほど、優れていて、力があり、幸運である。
トランプ大統領は「神」という言葉を多く使うが、ジョー・バイデンはそうではない。そこからも、両者の実体や格が分かるのである。

『ナーマスマラナ』の中で、サイ・ババは、最も重要なものは神の名であると訴えている。
個々の神、あるいは、仏の名も、当然、「神」という語に匹敵する。
よって、数多く唱えるほど良く、それで、世界への支配力が増す。
真言も、多くは、それぞれの神仏を、直接、あるいは、象徴する言葉を含む。
例えば、弥勒菩薩真言の「オン、マイタレイヤ、ソワカ」のマイタレイヤは弥勒菩薩のことである。
観世音菩薩真言の「オン、アロリキャ、ソワカ」のアロリキャも、良く見る(=観世音)という意味で、観世音菩薩を指す。
阿弥陀如来真言の「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」のアミリタも、阿弥陀如来を示す。
もちろん、真言には、それ以外の効果も込められていて、特別な恵みを得られるように出来ている。
だが、やはり、神仏を指す言葉が含まれている意味が大きいのである。

次に、アファーメーションと呼んで良いのか、祈り言葉とでも呼ぶべきか迷うが、「力ある言葉」がある。
例えば、このブログでも度々取り上げる、あるホームレスが唱え続け、一億円を2回当てた言葉として知られる「神様の奇跡が起こる」は、無意識に浸透する暗示的効果も重要であるが、やはり、「神」という語を含むことで、威力を最大化していると思えるのである。
他にも、トランプ大統領が崇拝するノーマン・ヴィンセント・ピールの世界的ベストセラー『積極的考え方の力』で、ピールが打ちひしがれた人々に教え、蘇らせた聖書の言葉、
「もし神が我々の味方であるなら、誰が我々に敵し得ようか」
「私は神の手のなかにある」
などに、「神」の語が含まれ、また、
「私を強くして下さる方によって、私はどんなことでもできる」
の、「私を強くして下さる方」は、直接に「神」を指しているのである。

「神」の語を含むアファーメーションの力を最も効果的に人々に使わせたのは、フローレンス・スコーヴェル・シンだと思う。
「神は道なきところに道を作られる」
「奇しき御業もて神はなしたまえり」
「予期しない御業もて神はなしたまえり」
「神よ与えたまえ」
「神の御手は巧みで、神の御業は過ちがない」

このように、ナーマスマラナ、真言、アファーメーションは関連したものであり、同じものだとも言える。
だから、自分に合ったやり方を選ぶと良い。
ただし、毎日継続し、なるべく多く行うことが大切である。
「神よ与えたまえ」と言うだけで、決して、がっかりさせられることはないだろう。
(神は与えたがっているのであり、人間が受け取ろうとしないことが問題なのである)
これらの理論面に関しては、上記の『ヒマラヤ聖者の生活探求 第3巻 因果の超克』ではイエスが、また、第6巻あたりでも、著者が量子力学的に説明しており、やや難しいが、教科書的な書き方をしているのではないので、よく読めば、直観的に分かると思う(逆に言えば、教科書の通りでないと受け付けない人は不満であろうが)。
著者のベアード.T.スポールディングは、14歳で大学を卒業した原子物理学者であるようだ。








せめて悲惨を免れるだけの幸運を呼ぶ

人生が順調な者もいれば、そうでない者もいる。
極端に順調な例が、野球のメジャーリーグで活躍する大谷翔平だろう。
そして、彼を応援する者も、概ねでうまくいっている方ではないかと思う。
ところが、大谷翔平を妙に否定的な目で見る者もいるもので、そんな者はきっと、人生がうまくいっていない者だ。
例えば、自分も高校の時に野球をやっていて、プロを夢見たこともあったが、野球部のレギュラーにすらなれなかったり、所属していた野球部自体は甲子園にまで行き、ベンチには入れたが全く出場出来なかった、あるいは、最後にお情けで代打で一打席だけ打席に立たせてもらったが凡退したといった感じだったとする。
ただ、それでも、悔いなくやったと思ったのなら良いが、うまくいかなかったことが重い嫌な記憶になってしまった者は、大谷翔平のような華々しい者を見ると、憎しみの感情を持ったりする場合もあるだろう。
そんな者を「ひねくれたやつ」とか「歪んだやつ」と言うのかもしれないが、そんな者の気持ちも分からないでもない。
そして、そんな者達は、その抑圧された感情のためか、往々にして、何をやってもうまくいかない。

『僕は友達が少ない』というアニメの中で、三日月夜空(性格は悪いが優秀で美少女)が、頭を抱えて「どうしていつも、こう、うまくいかないんだ!」と吐き捨てる場面がある(第2シーズン「NEXT」の方だが)。
そんなものを見て、感情移入する者は、やはり、自分も人生がうまくいっていない者だろう。
実は、私も、なかなかそうだ(笑)。
ミュージシャンになりたくて頑張ったが駄目だった者、科学者になりたかったが大学にも行けなかった者・・・そんな挫折が、深い心のしこりになってしまっている者もいるだろう。
イギリスの作家コリン・ウィルソンも科学者志望だったが、彼の場合は家が貧しくて高校にもいけず、工場労働者になり、陰鬱な日々を過ごし、ついには自殺をしかけた。まあ、それで、青酸カリをまさに口に含もうとした時に、意識の変革が起こり、ついには、世界的作家になったのだが・・・普通は、自殺しないまでも、陰気にうな垂れて一生を送りかねない。

犯罪者になったり、奴隷同然の最低な人生を送る者も、大抵は、子供の時は夢や希望を持っていたと思うのだ。
それなのに、人生の敗北者になってしまったのは、自分の責任であろうか?
そうとしか言えない場合もあるかもしれないが、ほとんどは、単に運が悪かったのだ。
『レ・ミゼラブル』で、ジャン・ヴァルジャンがミリエル司教に会わなかったような人生だ。
ミリエル司教に会うまでのジャン・ヴァルジャンに感情移入し、涙する者なら、やはり、相当についてないやつだ。
私など、涙が止まらない(笑)。

私は、ミリエル司教に会わない場合のジャン・ヴァルジャンの道を進んでいたが、いつも最悪を免れたばかりか、幸運に恵まれ、安楽な良い想いばかりしてきた。それはもう、奇跡のような展開だった。
そして、それはただ、中岡俊哉の『守護霊占運学』という本を読み、阿弥陀如来真言「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」を唱えていたからに違いない。
ただ、唱え方が足りなかったのだろう。偉人になったわけではない(笑)。それでも、威力が絶大なことは分かった。
人間、そんなに苦労するものではない。
そのためには、私のように、仏・菩薩の真言を唱えるのも1つの手だ。
それで十分だが、私は、その恩恵を受けたこともあり、長年に渡って研究を続け、もっと良い方法があることも分かった。
やり方はいろいろである。
ただし、巷にある、引き寄せの本のような難しいものに取り組んだら、何の成果も出ないまま、あっという間に人生が終わりかねない。
法然や親鸞のように、「所詮、人間に出来るのは念仏くらい」と見極められる人は、賢い人であると思うが、その点に関して「だけ」は私も賢くなったようである。
楽をさせる方法であれば、自信がある(笑)。
それ以上のことは、各自の志の問題であると思う。








この最後の方法に賭ける

神の名を唱えるナーマスマラナの力の基本的原理は極めて難しい。
14世紀のインドの聖者ナーマ・デーヴァ(ナーム・デーヴ)は、『聖なる名前の哲学』という短い聖典にその概要を美しく表し、それが書かれた小冊子を発見したインドの聖者ラマナ・マハルシは、それを自ら書き写したものを生涯、手元に置いたと言われる。
『聖なる名前の哲学』は、高度な原理を直観的に分かるよう、抽象的に、詩的に表現している。
普通の人がちょっと見たくらいで意味が分かるものではないが、ラマナ・マハルシは、直観的に真理を感じたのだろう。
(『聖なる名前の哲学』の全文は、ナチュラルスピリットの『あるがままに』と『ラマナ・マハルシとの対話 第2巻』に収録されている)
阿弥陀如来の名を唱える念仏も、原理はナーマスマラナと同じで、元々は、龍樹(りゅうじゅ)の『十住毘婆沙論』(じゅうじゅうびばしゃろん)』の中の『易行品』に、簡易に解説されているが、その元となる『華厳経』は難解で手に負えないと思う。
そんな訳で、ナーマスマラナや念仏に強い効果があることは、私にもそれなりに理解出来るが、詳細な原理を究めるのは、相当難しい。
だが、とにかく、ナーマスマラナ(念仏を含む)の実践者が確実に恵を受けていることや、信頼出来る人物達が効果を保証していること、そして、後は、直観を働かせていただければと思う。
つまり、原理を知る必要はなく、実践すれば良いことである。

真言、祝詞、祓詞などにも、一部例外を除き、神仏の名、あるいは、神仏の別名が含まれており、原理的にはナーマスマラナと共通する。
分かり易い例で言えば、弥勒菩薩の真言「オン、マイタレイヤ、ソワカ」で、マイタレイヤは、弥勒菩薩の本来の名であるマイトレーヤのことだが、このくらいの発音の違いは差し支えない。
阿弥陀如来真言の「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」も、アミリタが、アムリタという阿弥陀如来の別名であると思われる。実際、阿弥陀如来の陀羅尼(だらに。長い真言)では、アムリタという言葉が何度も使われている。
アムリタだけでも力のある真言であることは知られている。

最近、YouTubeなどで、「トホカミエミタメ」という祝詞(あるいは祓詞)に力があることが、よく投稿されているが、実際、素晴らしい力があるので、唱えていただきたい。
ただ、この言葉は、祝詞ではなく、神の名である。
しかも、8柱の神である。つまり、この一語一語が神の名なのである。
そして、正確には、「トホカミヱヒタメ」と思う。「トホカミエミタメ」では、「ミ」の神が重なり「ヒ」の神がいない。
とはいえ、「トホカミエミタメ」で力がないわけではない。7柱の神の名なのだから。
だが、よろしければ、「トホカミヱヒタメ」と唱えていただければと思う。

細かい原理は気にせず、ただ、神仏の名を唱えれば、一切の問題は解決し救われる。
今朝も書いたが、「ア(アー)」の神の名だけでも、唱えれば悩みは消える。
こういったことを、直観が肯定すると思う。
それなら、大いに実践していただきたい。
人生、何もかもうまくいかないと思うなら、むしろ幸いである。それなら、この方法に賭けてみると良い。
親鸞も言ったものだ。
「法然上人に騙されたとしても(念仏に効果がないとしても)、どうせ私には、他には何も出来ない」








マントラとナーマスマラナ

人間の、世界に対する支配力は極めて小さい・・・小さいどころか、ゼロであると言う賢者もいる。
つまり、納得出来ない人も多いだろうが、全ては、運とか偶然といったもので決まるのである。
そんなふうに、運命に翻弄される中で、人間は、高次の力を使う、あるいは、高次の存在の援助を受ける方法を探し、それが提示された。
だが、ほとんどの人にとって、それらが効果があるようには思われず、うまくいったと思える者も、やはり、本当は、たまたまうまくいっただけなのである。
けれども、2つの、誰でも出来、しかも、確実に効果を上げる方法がある。
1つが、マントラ(真言)である。
これは、呪文、祈り言葉、祓詞、口ぐせ、力ある言葉・・・などと呼ばれる。
もう1つの最大の方法が、ナーマスマラナで、これは、神仏の名を心の中で唱える行である。
ナーマスマラナは、発祥の地インドでは、「クリシュナ」や「ラーマ」といった聖典や神話の神の名が唱えられるが、日本では、念仏が馴染み深い。しかし、日本の念仏は宗教儀式のイメージになってしまった。だが、念仏は葬式のためにあるものではなく、生者に力を与えるためのものなのだ。

私の場合、マントラから入り、それで高次の力を感じたことでナーマスマラナに導かれるのだが、これもよくある流れかもしれない。
マントラで確実な効果があるので、実利的な面では、これで十分である。
いきなり、ナーマスマラナから入るのは、特別な縁によるが、割と苦難がある人の場合が多いと思える。
私の場合、元々が割合に平安であったので、ずっとマントラだけできたのである。

いずれにしろ、この2つの方法でしか、高次の力に触れることは出来ない。
引き寄せのようなものは、全て効果はないが、引き寄せも、マントラやナーマスマラナを行うものがやれば、一見、効果があるように見える。だが、実際の効果は、マントラやナーマスマラナが起こしているのである。
だが、引き寄せなどのスピリチュアルが無意味であるわけではなく、人々を、物質を超えたものに目を向けさせるためには必要な部分もあると思う。
確かに、高次の世界に逃避したがる者も多いように思えるが、本当は逃避する必要はなく、現実を平然と見ておれば良いのである。
マントラや、ナーマスマラナを行えば、見捨てられることはないのだから。
また、現実を見ている者でなければ、マントラやナーマスマラナを根気強く行えないと思う。
実際、完全なひきこもりだが、マントラやナーマスマラナだけは熱心であるという者はいない。

つまり、現状がどんなに悪くても、現実から目をそらさず、しかし、現実に打ちのめされたり翻弄されずにいなければならない。
一休さんが遺言で言ったように、「心配するな、何とかなる」のであるから。
だが、そのための、本当に効果がある方法は、マントラかナーマスマラナしかない。
ちなみに、一休は、宗派は違うが、法然や親鸞を尊敬し、最後は念仏・・・つまり、日本流ナーマスマラナを行ったのである。

本来、ものごとがうまくいく時というのは、たまたまうまくいくだけなのだが、マントラを根気強く唱えると、「確実にたまたまうまくいく」のである。
だが、マントラの力が弱く感じたり、あるいは、マントラで持ちこたえることは出来るが壁を突破出来ない時、ナーマスマラナに導かれる。
それはこんな感じである。
戦場で、とりえあず鉄砲が与えられると、鉄砲がうまい者は、それでバリバリやっていけるが、鉄砲が下手な者は、鉄砲はないよりはある方がはるかに良いが、厳しいのである。
そこで、強力な援軍が現れて守ってくれたら、鉄砲がうまい者も下手な者も、自分は何もしなくても、安心でいられ、しかも、その気になれば、敵の本丸を落とせるのである。
言うまでもなく、鉄砲がマントラのたとえで、強い援軍がナーマスマラナのたとえである。
大将軍には、鉄砲が好きな者が多いが、自分では鉄砲は全く持たない者もいるのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード