ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

目標設定

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

奴隷の目標を持つという喜劇

明確な目標をお持ちだろうか?
ほとんどの人は持っていない。
しかし、変な目標を持っている人は意外に多い。
歌手や女優になるとか、プロゴルファーになるとか(笑)。
なぜそうなるのかというと、そうなるようにさせられているからだ。
つまり、
「奴隷には明確な目標を持たせない」
「奴隷には妄想の目標を持たせる」
というのが、闇の支配者の奴隷管理マニュアルに書かれているからだ。

そんな訳で、闇の支配者の裏をかくというか、期待を裏切るためには、明確な目標を持てば良い。
ところが、これが凄く難しい。

ここでいつもご紹介する最高のアファーメーション「神様の奇跡が起こる」を教えてくれた、教育学博士の七田眞氏の著書『奇跡の超「右脳」開運法』の、その「神様の奇跡が起こる」のことを書いている直前に、「目標を紙に書く」ことについて書かれている。
成功者は「目標は紙に書けば叶う」ことを知っている。
私が知る範囲でも、トーマス・エジソン、ブルース・リー、マイケル・ジャクソンらは、はっきり目標を紙に書いていた。
七田氏の本によれば、「目標を持っている人は8パーセント」で、「目標を紙に書いている人は1パーセント」だ。
かつて、アメリカで、老人の調査をしたら、
・経済的に独立している=目標を持っていた=10パーセント
・経済的に余裕がある=目標を紙に書いていた=2パーセント
だったそうだ。

だから、目標は紙に書けば良いが、紙に書く目標がないというのが実際だ。
私は、こんな人だから(笑)、秘密の目標を打ち明けられることが多いが、例えば、25歳のそこそこ格好良い男性は目標は「芸能界デビュー」というが、現実的可能性がどうこうという前に、ただの妄想っぽい。
ところが、芸能人みたいなものになりたいという人は、40歳とか50歳を過ぎた人にも結構いる。
つまり、子供の時から精神年齢が発達していない。
今流行りの発達障害というよりは、闇の支配者の奴隷管理計画の中に、確かに、「一般庶民の精神を12歳までの状態に留める」というものがある。

一方で、「まともな奴隷の目標」を持った人は、これはもう本当に多い。
何の役にも立たない、そして、全く実力の証明にもならない何かの資格を取るとか。
自分が何をやりたいかは分からないのに、いい学校に入りたいとか、いい会社に就職したいとか(異常だ)。
ひどいのになると、どんなビジネスをやりたいのか具体的に分からないのに、自分の事務所を持つとか(阿呆だ)。
何をやりたいのか分からないのに、年収5千万円欲しいとか。
こういうのを、人間としてはまともではないが、奴隷としてはまともと言うのである。
つまり、大半の人は、「まともな奴隷」なのである。

私は昔、50万円以上する自己開発教材を買ったことがあるが、その内容の全てが、「目標を決める」方法だった。
そして、結局、私はそれを使っても目標が決まらなかった。
よほどしっかり奴隷根性が確立していたのだろう。
良い目標獲得技術を知りたい場合、スマホをお持ちなら、Amazonで『イット・ワークス』という180円の電子書籍を買えば良い。

ところで、目標を紙に書いて叶える実感を得たい場合、「VBAをマスターする」とか書いてはどうだろう?
よく、「いつまでに」の期限を書くことが大切だと書かれた本もあるが(実は、『イット・ワークス』でもだ)、マイケル・ジャクソンらは、そんなこと書いてなかったと思う。
期限を書くのは精神に負担があるので、目標自体を書かなくなる恐れがあるから、書きたくなければ書かなくていい。
また、書いた目標は毎日見ろと言う人もいれば、書いたら隠してしまえという人もいる。
しかし、これは、普通は頻繁に見た方が良い。
だが、とにかく肝心なことは、「明確な目標を持つ」ことである。
これを持っている者のことを「自由な人間」、持っていない者のこことを「奴隷」と言うのである。
くれぐれも、「奴隷の目標」を持たないように。
尚、アファーメーションを唱えていれば、目標が浮かぶか、導かれると思う。
「神様の奇跡が起こる」で、1憶円を2回当てた男も、目標に導かれた。
やはり、アファメーションは大事である。








人生をより良く生きるために本当に重要なこと

主に社会的な面なのだが、人間を分けるのは、たった1つのことなのだから、それを、小学校で1年生に教えてやって欲しいし、それ以前に、親が教えてあげるべきである。
だが、教師や親自体がそれを知らないのだ。
その、人間を分けるたった1つのこととは、「明確な目標を持っているかそうでないか」である。
30歳くらいになって、「明確な目標」と聞かれて、別に人に言う必要はないが、自分にはっきり即答出来ないようなら、見込みはないと思う。
とはいえ、別に、30歳が期限というのではなく、30歳で持てないなら、40歳や50歳では、もっと持てなくなる場合が多いという意味だ。
だから、何歳だろうと、明確な目標を持つことが出来れば優良なグループの人間になれるのである。

ただ、明確な目標を持っているようであっても、その目標が現実的でないという人も多い。
確かに、常識外れの大きな夢を持っている素晴らしい人もいるのだが、ただの妄想を大志と思い違いしている人はやはり多い。
ジョセフ・マーフィーの著書『人生に奇跡をおこす』に書かれていたが、ある若い女性が女優になることを夢見ていた。
「私、女優になるつもりです」とキラキラした目で言う人に対しては、「高い困難な目標だが、叶わない願いはない。頑張れ!」と言えば良いと思っている人も多いと思う。
だが、マーフィーは、その女性に対し、「子供の夢は卒業しろ」と窘(たしな)めた。
マーフィーは、いかに大きな目標でも否定するような人ではない。
では、なぜ、マーフィーはそのように言ったのだろうか?
それに関して、分かり易い話がある。
チン・ニンチュウの著書『誰でもちいさなことで大切な願いがかなえられる』に、スーパーモデルになりたいという女性の話がある。
もし、本当にスーパーモデルになりたいなら、必要なことをしないといけないのは当然だ。
アイスクリームを食べることを諦め、友達と遊びに行ったり、おしゃべりをすることもやめないといけない。
トレーニングやレッスン、それに、オーディションや営業など、スーパーモデルになるにはお金も時間もかかる。
他にも、沢山の厳しい現実に打ち勝っていかなければならない。
そんな現実的なことを考えると、スーパーモデルになることは、そんなに魅力的なことではないし、他にやりがいのある自分に向いたことも沢山あることに気付くだろう。

早い話が、目標のために必要な犠牲を進んで払う覚悟があるかどうかが、「本当の目標」と「子供の夢」の違いだろう。
今は、YouTuberになりたい人が多いらしいが、それなら、良いビデオを作るための、技術的、芸術的な知識・能力を得る努力をする必要がある。
また、視聴者に喜んでもらえるテーマを見つけ、それを面白く、また、印象深く表現することが出来るようになるには、勉強したり、いろんな仕事や、その他のことを実践し経験を積む必要がある。

コンピュータープログラマーになるのはどうだろう?
私は今の時代、「どうやったらプログラマーになれますか?」などと聞いたり、プログラミングを教えてくれる学校に行きたいと思うようなら、まあ、見込みはないと思う。
今は、プログラミングをやるのに十分なパソコンも安く、開発ツールはタダだし、良い本がいっぱい出ている。
そして、ネットに必要な情報がいくらでもある。
価値のないネット情報に何度も騙されて痛い目に遭えば、良い情報を選ぶ目も出来るが、それは武器と言うより、最低必要な能力だ。
だから、リスクヘッジをしながらも、大いに痛い目に遭う必要がある(笑)。
これがちょっと昔なら、多くの人が、かなり高いパソコンと開発ツールを自分で買い、それと本だけで(これも沢山買えばかなりの出費だが)プログラマーになったのだ。そんな頃は、ネットで騙されないと言っても、偏見に満ちた、権威のありそうな本に騙されることも多かったのだ。例えば、「プログラマーになるにはCOBOLは出来ないといけない」とか(笑)。

そもそも、自分の願いが「本当の目標」か「子供の夢」かは、二十歳にもなれば自分で分かると思う。
世間では「叶いっこない」と言われる高い目標に挑むのは自由だが、言い訳は一切出来ない。つまり、全責任は自分にあることが分からないなら、やっぱりそれは子供の夢なのだ。

ところで、目標設定の技術を教える自己開発プログラムやセミナー、あるいは、書籍にも注意した方が良いと思う。
それらには、長期目標、中期目標、短期目標をそれぞれ定めるだけでなく、今年の目標、今月の目標、今週の目標、さらには、今日の目標まで書かされることがある。
それはやり過ぎだと私は思う。
目標設定は大切だが、目標設定だけでうまくいく訳ではないからである。

適切な目標の立て方なら、引き寄せの古典であり、現在でも引き寄せの最良のテキストである『イット・ワークス』をお薦めする。
この本を使えば、後は、人生を真面目に生きる志があれば、そんなに苦労せずに、明確な目標を持つことが出来るようになるだろう。
翻訳のKindlke本を誰かが180円で出してくれている。十分に良い訳だ。
だいたい、目標設定の技術が、数十万円とか百万円以上のプログラムやセミナーのはずがないのだ。
そんなもの、本当は学校でタダで教えるべきことだが、学校というのは、有益なことは教えない場所だから仕方がない。
そもそも、子供の夢でない本当の目標を持った教師などいない。
いずれにしろ、この本が大変に役に立つと思う。








目標設定の恐るべき力

ドナルド・トランプは、少し前まで実業家だったのであり、政治の素人がいきなり大統領になったのである。
だが、彼は、この4年で、公約のほとんどを実現し、コロナ前は、米経済は絶好調で、コロナで落ち込んだ経済も、急速に再興しつつあり、今も失業率は驚くほど低い。
中東和平の合意を達成した業績に対しては、2度目のノーベル平和賞候補にノミネートされた。
つまり、彼のビジネスの知恵は政治でも立派に通用したのだ。
何度も破産し、いくつもの会社を倒産させて磨き抜いた知恵でね。
そんな知恵は、自分自身が痛みを負う破滅的な失敗を経験することのないエリート政治家には決してないものだ。
一説では、トランプは、ペンシルベニア大学に、替え玉受験で合格したという話があるが、もし、それが本当なら痛快なだけだ。
学校は実際には役に立たないばかりか、むしろ、偏見を植え付けられ、馬鹿になるだけかもしれないからだ。

トランプには学ぶべきところがあるが、本当は皆、大なり小なり、トランプのように生きたいのだから、特に研究すべき人間と思う。
彼の1つの大きな特徴はポジティブ・シンキング(積極思考)だが、彼は、ノーマン・ヴィンセント・ピールの『積極的考え方の力』の愛読者だ。
この本は、1952年に出版され、3年間、ベストセラーのトップを保持し、現在もロングセラーを続けている。
もう1つの特徴は、目標を明確にすることだろう。
メキシコとの国境に、どんな壁をどこからどこまで作るかを最初から明確に示したし、TPPやパリ協定、後には、WHOを脱退と言って、実際に脱退(あるいは脱退を通知)した。
自動車生産工場を、賃金の安い中国やメキシコに移した自動車会社に激を飛ばし、生産を国内に戻させて雇用を作ったが、これも、計画を発表した時は、誰もが無茶だと思った。
日本の菅総理なんかは、「行政の縦割りを打破」だの「雇用を確保」だのといった、曖昧な一般論の公約しか出せず、実際に何をするか全く分からない(本人も分かっていない)のとは偉い違いだ。
デジタル庁を作ると言うだけでドヤ顔をするが、何のビジョンもないので、何も良いことは起こらないだろう。

ところで、目標を明確にする力について参考になる面白い話をしよう。
アメリカのある大学で、卒業生に、将来持ちたい資産の大きさを質問した。
20年後に調査したら、目標資産の明確な額を答えた2%の卒業生の資産の総額は、残りの98%の卒業生の総額よりはるかに多かったようだ。
また、アメリカで65歳以上の高齢者を調査したところ、自力で生計を立てていたのは20%だけで、余裕があったのはわずか5%だった。
さらに聴き込み調査で明らかになったのは、自力で生活出来る20%は、目標を持っていて、余裕のある5%は、目標を紙に書いていた。
きっと、トップの1%は「明確な目標を紙に書いていた」のだと思う。
まとめるとこうだ。
・自分の力で生活出来ない80% -> 目標がない
・自分の力で生活出来る20% -> 目標があるが、15%の者は目標がぼんやりしている
・余裕がある5% -> 目標を紙に書いていた
・金持ちの1% ー> 明確な目標を紙に書いていた
このよいやり方は、『イット・ワークス』を参考にすると良いと思う。
わずか30ページの本で、180円(Kindlke版)だ。
成功法則の古典で、今でも最上のものだと思う。








本当の目標、偽の目標

夢想家と呼ばれるような人がいる。
空想している時間が多い人のことだ。
空想は、来るべき未来の思考シミュレーション(予測実験)で、子供のうちは、そのシミュレーションの練習だ。
だから、子供のうちは、ある程度は勝手気ままな空想をするのも良いが、それでも、子供のうちから、現実に基いた空想をするよう導いた方が良い。
大人が空想をするのも悪くはないが、現実に基かない空想を長時間・・・ことによれば1日中やっている者は、社会的に無価値であるし、幸福になれない。

『星の王子さま』に、現実に基かない空想に耽る愚かな大人たちが沢山出てくるだろう。
自分が「やんや」の喝采を浴びていると空想しているが、誰も彼を見ていないし、喝采を受ける価値など何もない哀れな大人。
別の愚かな大人は、世の中が自分の命令に従っていると空想しているが、彼の命令など誰にも聞こえない。
こんな大人が、我々の周りにも沢山いる。

空想自体は、悪くはなく、美しいものでさえあるのに、なぜ、愚かな夢想家としか言えない空想家がいるのだろう。
「馬鹿と天才は紙一重」と言うが、現実に基かない空想をする者が馬鹿で、現実に基いた壮大な空想をする者が天才だ。
精神病院の中で「俺はキリストだ」と言う馬鹿がいれば、人々には妄想としか思えない空想をしているが、それが実際には現実に基いていて、世界を変えるのが天才だ。
では、現実に基くか、そうでないかの違いは何だろう?
それは、「明確な目標」を持っているかいないかだ。
精神病院の中で、「私は宇宙の帝王である」と言い続けている者には、明確な目標がない。
だが、時には、平凡な人からは「狂人」「いつもおかしな夢を見ている人」と言われても、生命力に溢れ、世界に変革を起こす者は、明確な目標を持っている。

ところで、「俺はロックスターになる」という、一見、明確な目標を持った少年が沢山いる。
大多数は、自分がちやほやされて贅沢をしたいためにロックスターになるというものだ。
それは、明確な目標とは言えない、ただの空想だ。
だから、実際にロックスターになれない。
もう一方の、本当に明確な目標としてのロックスターを目指す少年には、何らかの高貴な想いがある。
その高貴な想いとは何かと言われても、それは、本人にしか分からない。
それがあるから、彼は本当にロックスターになる。
なぜ、そんな高貴な想いを持っているかというと、才能に恵まれたというよりは、何かに欠けているからなのだ。
普通の人なら持っているはずの何かが欠けている、あるいは、失われている。
明確な目標というものは、喉が渇いていないのに美味しいジュースを求めるのではなく、乾いている時に水を求めるようなものなのだ。
丁度、意外なことに、人気女優というのは、子供の時に、親にすら好かれていないと思っていて、人に好かれることに飢えているような人が多いのである。
渇きや飢えを満たすような目標には、生き甲斐があり、そして、叶う。
スティーブ・ジョブズが「ハングリーであれ、愚かであれ」と言ったのは、彼は、そのことに気付いていたからだ。








目標設定の落とし穴

およそ、まともな成功法則の本やプログラムで、「目標設定」の重要さを強調していないものはない。
もし、「目標設定」の方法について十分な説明がされていないようなら、その本、あるいは、成功プログラムに取り組むだけ無駄である。
最も優れた成功法則書『イット・ワークス』は、具体的手法としては、目標設定に関することのみである。
基本セットだけで50万円以上する世界的に有名な成功プログラムも、そのほとんどまるごとが、目標設定に関することだった。
引き寄せにおいて最も重要なものは「明確な目標」であることは疑いない。
この「明確な目標」の設定に失敗すれば、最初から全て失敗なのである。

具体的なやり方は、『イット・ワークス』(Kindle版で180円.。30ページ程度)に書かれているが、目標を立てることでの、面白い(とはいえ有りがちな)失敗例をお話しよう。
いかなる成功法則・引き寄せの本でも、目標(「願い」と表現することもある)の数や大きさに制限はないと書かれている。
つまり、「とても叶いそうにない目標をいくつ立てても」構わない。

ところで、目標例に「車(自動車)」を目標に設定した本が多いが、あれはどうかと思う。
よほど特殊な車でない限り、お金さえ出せば間違いなく入手出来るのであるから、特に車好きでない限り、お金だけ目標にすれば良い。
目標は多いほど良いというように書いた本もあるが、それは、「目標を出す(発想する)訓練」という意味においてである。まあ、そこらへんが分かっていない著者も多いが。
本当の目標は、少ない方が良い。
それに関して、こんな失敗例がある。
ある、事業家としての成功を目指す男性がいて、彼もいろいろ目標を立てた。
中心となる目標は、やはり、事業の成功と健康に関することだった。
ところで、彼は、彼女がいなかったので、目標の中に、女子大生の彼女を加えた。
いや、別に女子大生の彼女が悪い訳ではないし、たとえ女子高生でも、若いなりに、しっかりものを考え、人間的にも下手な大人よりも立派な人だっている。
ところが、彼は、目標の進行があまり良くないし、さらに、自分が立てた目標に違和感を感じてきた。
そして、面白いことに、彼は事業に失敗した男性と出会ったが、その男性は、ある程度までうまくいっていたのに、女子大生の彼女が出来た時から駄目になっていったらしい。
その女子大生は素晴らしい人ではあったが、どう言っても若い女の子である。
「時間がかかって仕方がない」のだ。
事業なんて、ある程度余裕が出来るまでは、ビル・ゲイツではないが、「週7日、フルタイムで働く」ことも多いし、また、そうしたいものである。
ビル・ゲイツも35歳くらいの頃は、毎日会社で遅くまで働き、この世界一の富豪が、毎晩、持ち帰りピザを買って夕食にし、彼女など全くいなかった。
そんな状態をずっと続け、ゲイツは、38歳くらいで、社内の優秀な女性メリンダと結婚した。

初音ミクさんの『気まぐれメルシィ』(八王子P feat.初音ミク)という曲がある。
この歌は、きゃぴきゃぴの(笑)若い女の子が、自分がぞっこんになってしまった男の子への愚痴を並べるものだ。
「もっと会いに来て」「もっと構って」
といったことを訴え、挙句、
「全然あたしに興味ないじゃん」
「君が好きなのは自分でしょ?」
と愚痴りまくる。もう面倒臭い女だ(笑)
しかし、モテる男なら分かるだろうが(笑)、その男の子は多分、女の子が惚れるに値する男で、自分の目標があるのだ。
だから、その子がどんなに可愛かろうと、割ける時間は自ずと限られる。
八王子Pさんも、自分の経験でこんな曲を作ったのではないかと思う。

恋愛や趣味も、もちろん大切なことであるが、それにかまけて成功する人はいないのも確かであえる。
演歌のヒット曲に、芸人の男の女房が「酒も浮気も芸のこやしだから、どんどん飲んで遊びなはれ」と歌うが、それは嘘である。
酒や女遊びで痛い目にでも遭った時、心を入れ替えることが出来、その失敗を教訓に、酒も女もやめて芸に打ち込めば成功するというのが本当である。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。






最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
【広告】 Udemy
IT学習
タグクラウド
QRコード
QRコード