ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

目標設定

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

見込みがある人間とない人間の違いは1つだけ

見込みがある人間かどうかは、子供の時から分かる。
ただし、子供の時には見込みがあったが、大人になってからはそうでないこともある。
逆に、子供の時は見込みがなかったが、大人になってから見込みが出来、成功することもある。
その違いは簡単に分かる。
たった1つだ。それは、
「明確な目標を持っているかそうでないか」
である。
たとえ何歳になっても、明確な目標を持つようになれば大逆転する。

中学生や高校生の時、試験が終わって順位が出た時、
「150番か、また下がったな」
「うわ!50番になれた!これはすごい!」
などと思う生徒は見込みがない。
最初から順位に全く興味がない場合は別だが、普通は、それなりに関心があるだろう。
それでいて、上記のようではいけない。
何が悪いのかというと、目標を何番と決めていないことだ。
はっきり目標を決めていれば、だいたい、その順位になるのである。
もし、ならないとしたら、単に、目標を忘れていたか、本気の目標でなかったのである。
サラリーマンでもそうで、「年収520万円だ。駄目だな」「月給手取りわずか18万か。安いなあ」と思っているなら見込みはない。
これも、目標額をはっきりと決めておかないといけない。
つまり、いくら欲しいのかが明確であるサラリーマンが見込みがあるし、実際に目標通りになるのである。
「いつまでに年収〇〇万円」「来年の年収〇〇万円」という、期限付きの目標を持つと良い。

ダイエットをするのに、明確に体重〇〇kgとか、ウエスト〇〇cmという目標を決めないのは、おかしなことと思う。
それさえ決めれば、確実にそうなるのである。

彼氏彼女がいないことを嘆くなら、欲しい彼氏彼女の条件を決め、それを覚えておけば良い。
ところで、ベルベル・モーアの『あなたの望みは宇宙がかなえてくれる』という世界的ベストセラーでは、著者モーアは、欲しい彼氏の条件を好きなだけ設定し、期限は3ヵ月と決めると、3ヵ月後に、条件通りの彼氏が出来た。
ただ、モーアは、願ったことを忘れたと言うし、忘れないといけないとも言う。
ただし、3ヵ月後に条件通りの彼氏が現れた時、モーアは驚きはしたが、「条件も期限もぴったり」とはっきりと分かった。つまり、目標を覚えていたのだ。
確かに、目標に執着し過ぎても叶わない。
だから、『ザ・シークレット』の中にあるが、ジャック・キャンフィールドがやったように、「年収目標10万ドルを忘れないために」10万ドル札を自作して寝室の天井に貼ったというふうに、単に、忘れない工夫をすれば良いのである。
(キャンフィールドは翌年の年収は9万3千ドルでほぼ達成。その次は100万ドルと設定し、きっちり100万ドルの小切手を得る)
普通は、紙に書くか、スマホのメモ帳アプリにでも書いておくと良い。
『ザ・シークレット』に書かれていたと思うが、著者のロンダ・バーンは体重65kgになってしまった時、理想体重である「53kg」と紙に書いて体重計に貼っておいたら、その通りになったらしい。それ以外に何もする必要はない。
最も良いやり方は、わずか30ページほどの最高の引き寄せの古典である『イット・ワークス』に書かれている。
Amazon Kindle版が180円で入手出来る。








人間は2種類に分かれてしまう

プロテニス歴代最多勝、最多タイトル獲得等、数々の大記録を持つアメリカのジミー・コナーズは、
「テニス選手には2種類しかいない。ウィンブルドン(全英オープン)のタイトルを持つ者と持たない者」
と言ったことがある。
それで言えば、グランドスラム8勝を上げ、他にも、コナーズに引けを取らない大記録を持ちながら、ウィンブルドンだけは準優勝2回に終わったアメリカのイワン・レンドル(チェコ出身)は、2つ目の種類の選手ということになる。

アメリカの偉大な心理学者アブラハム・マズローは、
「人間には2種類しかいない。至高体験を持つ者と持たない者」
と言ったが、マズローと親交のあったイギリスの作家コリン・ウィルソンは、「至高体験は誰にでもあるもの」と言い、マズローも後に認めたらしい。

我々が一番重要視すべき人間の区分は、
「明確な目標を持つ者と持たない者」
だ。
善い人、素晴らしい人は沢山いるが、残念ながら、ほとんどの人は、明確な目標を持っていない。
それは本当に痛切に・・・嫌になるほど感じる。
せっかく立派な、愛すべき人なのに、目標を持っていないがために凡人に甘んじている人を沢山知っているからだ。

職業に貴賤はないと言うが、目標も同じだ。
有名なオーケストラのコンサートマスターになるというのも、良い就職をするといいうのも、単に目標の種類が違うだけで、どちらが上ということは全くない。
つまり、今の会社の課長になりたいというのも、可愛いあの子を彼女にしたいというのも、立派な目標だ。
しかし、「明確な目標」と言えるかどうかは別問題だ。
明確な目標は明確な目標であり、ことさら定義するようなものではないが、だいたいで言えば、
「1日10回以上、その目標のことを考えている」
ようなものだ。
大抵の人は、たまに考えるとか、なんとなくぼんやり思っている程度の目標しか持っていない。
例えば、誰しもお金が欲しいとは思っているだろうが、明確に「いくらをいつまでに」、あるいは、「年収(あるいは月収)いくら」と言える人は、滅多にいない。
あるいは、「少し前はあれが欲しかったが、今はこれ」のような感じで、ぼんやりと、いろんなものを「あればいいな」と思うだけなのだ。
明確な目標を持てば、それは得られる。
だから、目標設定のやり方(簡単なはずだ)を覚えれば良いだけだ。
そのためには、以前からご紹介している、30ページの最上の引き寄せの本『イット・ワークス』(Kindle版:180円)を読むと良いと思う。








まずは目標を決める

アメリカの作家マイク・ハーナッキーは、素晴らしい成功法則の書『成功の扉』を書き、ベストセラーになった。
ところが、読者から、「願望が実現しない」と抗議の電話があったそうだ。
そこで、ハーナッキーが話を聞き、ハーナッキーは、「願いの実現のために必要な、たった1本の電話もかけていない」ことを指摘したようだ。
そんな簡単なこともしない怠惰さに苦言を呈した訳である。
笑えないだろうか?
その読者は、自分の願いを叶えるためには簡単な電話もしないのに、ベストセラー作家に抗議するという難しい電話はかけたのだから。

問題の核心は、この読者が叶えたいと思っていた目標が間違っていたことだ。
つまり、心から叶えたい夢ではなかったということである。
こんな話がある。
アメリカの著名な引き寄せの講師がセミナーの中で、受講者の女性に願いを聞いたら、彼女は「100万ドル」と言う。
ところが、そのセミナー講師が、ある簡単な方法で、この女性に心の安らぎを与えたら、その女性は100万ドルなど、どうでもよくなった。
つまり、彼女は、本当は、100万ドルより、心の安らぎを求めていたのだ。

ちなみに書いておくと、マイク・ハーナッキーの方法も、このセミナー講師の方法も、共に1行で書ける。
ハーナッキーの方は、
「願いを叶えるために必要なことは全て自主的にやると決意する」
で、セミナー講師の方は、
「胸の前で両手を重ね、その手をゆっくり回す(普通は時計方向だが、反対でも良い)」
だ。

ほとんどの人は、自分の本当の望みを知らない。
だから、引き寄せの法則があると知ると、お金や恋人を求める。
しかし、魂というものは、そんなものは求めないものだ。
ところが、
「いや、俺は金に窮している。金が本当に必要だ」
「もう30歳もとおに過ぎたのよ。早く結婚したいわ」
と言う人もいると思う。
これらは切実な願いで嘘ではない。
だが、この2人の場合、それぞれ、「貧乏」と「旦那が出来ない状況」を引き寄せているのであり、本心の願い自体は叶えているのである。
つまり、彼らは、本心では、「お金を嫌っている」「男の性質を嫌っている」のである。
多分、親や学校の教育のせいだろう。

だけど、それらの、「心の問題」を解決するのは至難の技で、正直なところ、一生かかったってうまくいかない。
しかし、解決策は簡単だ。
「お金の心配はしない」「結婚の心配はしない」
と決意すれば良いのである。
早い話、「忘れなさい」である。
そして、「私の真の目標が見つかりますように」と願えば良い。

昔、ある中国人が、大金を持って日本に来て事業を始めたが、大失敗して多額の借金を背負った。
さらに交通事故で脚を折り、まだ35歳なのに髪も薄くなる中で、クリスチャンになっていた彼は神に祈る。
「神様、これまでの失敗は私の責任です。でも、これからの人生は、あなたに責任を取って欲しい。まず、一生をかけられる仕事を下さい」
翌日、百科事典セールスの会社からスカウトが来たそうだ。
それから彼は成功一直線となり、世界一のセールスマンになった。
もちろん、日本人の多くはクリスチャンではないので、いろいろ工夫して欲しい。
例えば、これが良いと思うが、宇宙に向かって、「価値ある目標を与えよ」とかね。
正しい目標が決まれば、引き寄せるのは簡単である。













当ブログ著者、KayのAI書。
何事も体験です。自分でやってみればすぐに分かりますし、それは大抵楽しいものです。
AIも同じです。
この本は、面白いテーマにAIを使って挑むという楽しい体験を通し、自分で実用AIを作れるようになることを目的としています。
AI構築には、無料の優秀なディープラーニング型AI構築アプリ(Windows8.1/10用)である、ソニーのNNCを使用します。
本書のほぼ全ての実習のためのデータが作れるExcelマクロを無料でダウンロードすることが出来ます。

統計的に必ず成功する簡単な方法が2つもあった

やや以前の調査だが、アメリカで60歳以上の人々について調査したところ、経済的に自立出来ていたのは30%で、余裕があったのは10%だった。
どんな原因でそうなったかについては、人種や宗教、住む地域よりも明確なこととして、経済的自立を果していた30%は「茫然とでも目標を持って」いたが、余裕があった10%の人々は「紙に目標を書いて」いた。
目標を紙に書いていたということは、その目標が具体的であるということだし、目標を書いた人達の中でも、上位に行くほど、「目標を数値で表現していた」「目標が高かった」ということが言えると思われる。
実際、アメリカのある大学で、卒業生に対し、将来の目標を提出してもらったところ、30年後に調査すると、資産目標を具体的な数字で記した3%の卒業生が、卒業生全体の資産の80%以上を持っていたという。
ということは、あなたも今すぐ、紙に「5000万円」とか書いておいた方が良いかもしれない。そして、こんなことは、「今すぐ」やる人だけが「本当に」やるのである。
尚、ビル・ゲイツは15歳で「100万ドル」と書いていたが、25歳の時には1000万ドル以上だったし、今では1000億ドル以上だから、額よりまず、書くことが重要かもしれない。
それよりも、15歳で100万ドルと書くゲイツは、極めて「普通でない」ことは確かだ。
ご存知ない方も多いと思うが、ツイッターでは、中学生や高校生が「月収5桁」とかを文字にしていて、案外に達成しているらしいので、書く効果はやっぱり大きいのだろうし、書くのは紙でなくても、電子媒体でもOKなのだということだろう。
ブルース・リーが紙に書いた目標額は2000万ドルだった。その額を達成したかどうかより、彼は32歳で亡くなるまで、俳優としてだけでなく、ビジネスでも成功していた。

ところで、こんな調査もある。
アメリカで、沢山の、頭脳、肉体とも優秀な若者達が、ネイビーシールズ(アメリカ海軍の特殊部隊)の入隊試験に集まる。
しかし、それほどの若者達でも、入隊試験でもある訓練に耐え抜けるのは、その中の10%以下だ。
その訓練は、あまりに過酷であることが知られていて、普通の人間なら、3分持たないとも、1日で発狂するとも言われる。
では、どんな人間が、その訓練を耐え抜けるかというと、過去の成績ではなく、常に頭の中で、「大丈夫だ」といった肯定的つぶやきを行っているものだと分かった。
つまり、自己暗示、アファーメーションである。それも、絶えざる自己暗示である。
これは、このブログでも、常に強調していることと一致する。
よろしければ、あなたは今すぐ、紙でも、スマートフォンのメモ帳でも良いが「1億円」と書き(1億円あるなら10億円)、今すぐ、自己暗示の言葉を選び、自己暗示を常に行うことである。例えば、斎藤一人さん式に「ツイてる」とか「俺はすごい」を、出来るだけ頻繁に。

以上で、あなたの将来は約束されたことになる。








目標は手近なものから

人間には目標が必要だが、それは人生目標といった壮大なものではなく、当面の目標が大切と思う。
つまり、世界平和を実現するという、人生を賭けた大きな目標よりも、まずは自分が食べていける経済基盤が大切だというようなものだ。
大きな目標は天が与えるものだ。

潜在意識による成功法則の世界的指導者だったジョセフ・マーフィーの本の中に、女優になるという目標を持った若い女性の話があった。
潜在意識は万能であるのだから、マーフィーはその女性に、その願望を潜在意識に送り込んで夢を実現しなさいと言ったのかというと、そうではなく、「子供の夢からは卒業しなさい」と嗜(たしな)めたのだ。
世の中には、アマチュアとしても大した選手ではなく、若くもないのに、プロ野球選手やプロサッカー選手などを目指して頑張っているという変な人もいる。
一方で、自分の目標に対し、大半の人や、権威者から、「それは夢物語だ」と笑われながら、実現してしまう人もいる。
また、「君は経営者に向いている。私が支援するからやりなさい」と言われて、その気になるも、実は本人は経営をやる気などは本当はなく、おかしなことになってしまうという人もいる。
目標は、どうやって決めたら良いのだろう?

有名な成功プログラムには、自分の願望を、出来そうか、出来そうになさそうかに関わらず、どんどん書き出すことから始めて、自分の真の目標を発見するというものが、よくあると思う。
私もやってみたが、あまり有益とは思えない。
きっとそれは、今のような情報化時代とは程遠く、情報が少ない時代には多少は役に立ったやり方を、いまだ行っているというものだと思う。

それで、どんな目標を定めれば良いのかというと、「今、必要なこと」だろう。
私が、成功のための宇宙エネルギーを最も上手く使っていると思う、UFO研究家の矢追純一さんの例が解り易い。
矢追さんは、高校入学前に両親が亡くなり、妹2人を自分で養うために、「給料の良い仕事を得る」という目標を強く思い、後はぼーっとしてたら、すぐに仕事がやってきた。
高校卒業の時、中央大学法学部(司法試験合格者で東大を超える難関)に進学と決めたら、高校にはほとんど全く通わず、受験勉強もしなかったのに合格した。
就職もそうで、特に何もしないが、不思議な流れで、普通ではおよそ不可能な日本テレビへの入社が決まった。

だから、会社の居心地が悪いなら、作家になるとか、俳優になるなんて変な目標を持たず、まずは、快適で給料の良い職場を目標として強く思い、後は、流れにまかせることだ。
なんなら、目標を立てた後、「アジマリカン」でも「ありがたい」とでも唱えると良い。
私の場合は、中岡俊哉さんの本を読んで、生まれ年の守護仏の真言を唱え、不向きなセールスの仕事でもセールスコンテストで優勝したし、いよいよ、その職場も嫌になったら、もっと良い(有体に言えば楽な)職場に変われ、やがて、「プログラミングが出来るようになる」という目標を立てて、それを達成し、「じゃあ、次はプログラマーで就職だ」と決めたら、やっぱりそうなった。

本当に冷静な情熱があるなら大きな目標も良いかもしれないが、大抵の人の大きな目標には、ロクでもない下心があるものだ。
人生に「一足飛び」はない。
手近な目標を叶えて楽しみながら、やがては大きな目標を達成すれば十分である。
そのために、呪文を唱えることは力になるのではないかと思う。
また、信頼出来る占いで、自分の性格や能力を調べると、参考にもなると思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード