画像編集ソフトをよく使われるだろうか?
私はあまり使わない。
使う時は、PhotoFiltre(フランス)を使う。シンプルなソフトで、インストール不要版(Portable version for USB drive)があるからだ。
もう少し複雑な編集をする時は、Photoshop Elementsを使う(WACOMのタブレットを買ったら付いていたので)。

以前は、Fireworksを使っていたが、このソフトの開発元のマクロメディアがアドビに買収され、アドビも本気でサポートする気もないようなので(2012年で開発中止した)、使うのをやめた。
いいソフトなのに残念だ。

で、今朝も書いたが、「マジカルミライ2017」公式サイトの背景画である、iXimaさんによる超絶可愛い初音ミクさんの画像をダウンロードして再合成しようとしたら、なかなかうまくいかなかった。
この画像は、
・背景画(Jpeg画像)
・ミクさんの絵(透過Png画像)
・輝くキューブの画像(透過Png画像)
の3つで構成され、背景画を一番下のレイアに、その上のレイアにミクさんの絵を、そして、その上のレイアに輝くキューブの画像を重ねれば良いのだが、これだけのことがうまくいかない。
Photo Filtreでは、透過Png画像を透過画像として扱えず、透過部分が真っ黒になる。これでは全く駄目だ。
そこで、Photoshop Elements 10を使ったら、透過Pngは扱えたが、なぜか、線がギザギザになる。せっかくのミクさんの美しい髪が台無しだ。
ためしに、Pixiaをインストールして使ってみたが、透過Pngは使えるようなのだが、透過しない部分まで薄くなる。そもそも、このソフト、使い方が独特で分かり難い。人気があるソフトなので、使い込めば良いソフトなのかもしれないが、ありきたりな操作をしても、意味不明の結果になる。私の使い方が悪いのかもしれないが、ソフトを使うスキルは標準以上にあるはずの私がこれだけ混乱するのだから、普通の人にはお奨めしない。

それで、結局行き着いたのは、有名なオープンソースの高機能ソフトであるGIMPである。
これをインストールするのは10年以上振りだ。昔は、高機能ながら不安定要素もあったが、さすがに今はかなりしっかりしていると思う。
GIMPでは、その画像合成は簡単に出来、綺麗に仕上がった。
さすがGIMPである。
ただ、GIMPでは、「保存」というのは、GIMP形式での保存のみを指し、JpegやPng画像形式での保存は「エクスポート」と言う。
なんで、そんなことするのだろう?
まあ、GIMPは素晴らしいので許すが。
★GIMP公式サイト

ブラウザ上で使える良い画像編集ソフトもあるのだが、それらを使うには大抵、アドビのFlashPlayerを必要とするが、私は、FlashPlayerは決してインストールしない。
そもそも、アドビのソフトはなるべく入れたくない。
PDFを読むためにも、アドビのAcrobatリーダーは使わず、別のものを使っている。
アドビのソフトはインストールすると、Windows起動時に、それらのソフトのランタイムを起動するように設定されてしまい、RAM(一般にいう「メモリ」)を数百メガの単位で消費されかねない。
RAMの搭載量が少ない古いパソコンで、起動時にアドビのソフトのランタイムが、ほとんどのRAMを占領してしまい、使い物にならないほど遅くなってしまったなんて、よくあると思う。
また、アドビのソフトのインストール時、チェックをわざわざ外さないと不要なセキュリティソフトが一緒にインストールされてしまうようになっている。
私はかなり本気で、「アドビ、潰れればいいのに」と思っている。

尚、「マジカルミライ2017」サイトの背景画のミクさんの絵は、保存禁止の意図があるかもしれないので、やり方は言い辛いが、「右クリックできない 画像 保存」あたりでググると簡単に分かると思う。
しかし、その画像を勝手に公開するのは駄目であることは間違いないので、それは絶対やらないように。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ