ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

物語シリーズ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

ぼっちはどう生きるか

スペックが低いぼっちほど悲しいものはないが、ぼっちは大抵、スペックが低い。
ぼっちとは孤立者のことだが、なぜぼっちになるのかと言うと、幼い時に、群れる訓練をしなかったからだ。まあ、本当のところは、群れる訓練をさせてもらえなかったというのが事実だと思う。
ぼっちの大半は、群に加わることを熱望するが、訓練をしなかった者が野球や将棋を上手く出来ないのと同様、群れることも上手く出来ない。
一部の ぼっちは、群れている者を見下し、ぼっちであることを肯定しようとする。
「遅い豚は群れていろ」「馬鹿なサルは媚びていろ」って感じである。
『涼宮ハルヒ』シリーズの涼宮ハルヒ、『僕は友達が少ない』の三日月夜空、『物語』シリーズの戦場ヶ原ひたぎ、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の雪ノ下雪乃(ゆきのしたゆきの)などは、ぼっちであるが、揃って、超美少女で、学問・スポーツ共に超優秀という、夢のような設定で、苦しいところは多いながら、なんとかやりすごしている。
しかし、彼女達のスペックに匹敵するぼっちはいないし、仮に匹敵するほどのスペックがあってすら、あんなふうにぼっちを貫けない。

学校は、ぼっちではやっていけないシステムだ。
それを非難する向きもあると思うが、実は、あれで正しいのだ。ただ、運用が拙いので、ぼっちを不登校にさせたり、いじめさせたり、挙句、自死させるのだが、そんな危険があるからこそ、ぼっちが減る可能性があると言えば・・・そんな面もあるのだろう。認めたくはないが。
なぜ、学校のシステムが正しいのかというと、世の中はぼっちで通用しないからだ。これは厳然たる事実である。
だから、ラノベやアニメの世界でなければ、涼宮ハルヒや戦場ヶ原ひたぎが、周囲にデレデレに媚びるという、ファンなら見たくなことをやるのが正しいし、しなければならない。

涼宮ハルヒや雪ノ下雪乃のように、ぼっちで悠然としているのは非現実なので、普通のぼっちが群れる能力を持たずに生きようとすると、非現実に逃げ込むことになる。
それでも、人間は、本来はそれほど無慈悲ではないので、周囲はそれなりに手を差し伸べてくれるのでやっていけるのである。
そうだ、ぼっちがなんとかやっていけているのは、認めたくなくても、ぼっちでない者の慈悲のおかげなのである。
だが、今は、本来ありえないほどの無慈悲な人間が多く、慈悲のある人間が皆無か、いても、慈悲を見せることが出来ないほど周囲の人間達の心が腐っているので、自殺者が増えているし、これからはもっと増えるだろう。

さて、散々、ぼっちの悲惨さを書いたが、私としては、超能力的な、あるいは、魔法的な方法でぼっちが勝てる方法を伝授せねばならない。
アンタがそうやって生きてきたんだろ・・・という訳だ。
しかし、そんな方法はない。
ないと知ることが魔法力を引き出す。
知るという言い方では足りない。思い知るということだ。
「呪文を唱えれば大丈夫ですよね」
「念仏を唱えてます。これに賭けます」
なんて甘いやつのことなど知らぬ。
群れている人達の下僕になり、あるいは、群の女王や王様の靴を舐めるしか、生きる方法はない。
それを心から認めた時に大逆転は起こる・・・かもしれない。
かもしれないだけで、確率は100パーセントではない。そんなことの成功など、誰も保証しない。
もっと有体に言えば、わずかな望みがあるってだけだ。
君にそれが出来るかどうかは、微妙というよりは絶望的だ。
・・・と、それほど厳しく言ってやらないと駄目なんだと解ったのだ。
それほど状況は厳しいことを知れば、スペックを磨く努力も出来るだろう。
頑張って欲しい。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

『終物語』を1日で全部観ようとしているところ

本日は、Amazonプライムビデオで、アニメ『終物語(おわりものがたり)』を1話から6話まで観た。約3時間である。
そして、残りは6話、やはり約3時間。
これから、観ずばなるまい。

正月休みは、Amazon dアニメストア(月500円)で、『長門有希ちゃんの消失』全16話と、そして、1月3日の1日で、『涼宮ハルヒの憂鬱』の12~19話の8話・・・これは、「エンドレスエイト」という悪評高い8話だが、それを全部観た。疲れた。
「エンドレスエイト」とは、大部分の内容が同じ8話を延々見せ、視聴者に苦痛を強い、轟々の非難を浴びた歴史的作品だ。

それはそうと、最初に挙げた『終物語』は、2年ほど前に小説で読んでいた。
『終物語』は、『物語シリーズ』の一部で、私は、『物語シリーズ』は、ほとんど全ての22冊ほどを読んでいるが、最新の何冊かは読んでいない。私の気のせいか、20冊くらいからか、面白いことは面白いが、初めの頃の強烈な面白さがなくなったように思う。
『物語シリーズ』には、忍野メメという、チャラいが怪しいオッサン・・・だが、凄い人物が登場する。
彼は、怪異(妖怪。化け物)の専門家で、特殊な能力を磨き高めてきた男で、一種の超人であると思う。
この忍野メメと、中岡俊哉さんが重なる。
中岡俊哉さんは、昨日も取り上げた、オカルト分野の大物で、超能力や心霊現象の研究家である。
マスコミのせいで、中岡さんを、怪しい、いい加減な人物のようなイメージを持ってしまった人も多いと思うが、真面目で凄い人である。
私は、彼の著書を読んで、仏様の真言を唱えていたおかげで、驚くべき幸運に恵まれたのだと思っているので、彼には大変に感謝しているのである。
中岡さんが、神秘関係の巨頭になったきっかけは、中国に居た若い頃に、中国の各地に残る怪異譚(かいいたん。怪談、不思議な話)に興味を持ち、大変な数を収集したことだった。
日本に帰り、家族を抱えながらお金に困っていた中岡さんは、この怪異譚をネタに少年少女雑誌にミステリー記事を発表したのが人気を集め、人気作家になり、生涯に200冊もの本を出すことになったのだ。
私は、忍野メメも、中岡俊哉さんも大好きである。この2人に怪しい部分があることも、私にはプラスのポイントでしかない。

嫌でなければ、皆さんにも、自分の干支の仏・菩薩の真言を唱えることをお奨めしたい。
それで幸運に恵まれ、人生が回り出すだろう。
ただ、忘れてならないのは、スーフィー(イスラム神秘主義)の格言である、
「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
だ。
真言を唱えれば、強大な力が助けてくれる。
だが、自分でやるべきことはしなければならない。
仏典の中で、竹林が大火事になった時、長年棲家を与えてくれた竹林への恩を返すべく、池に飛び込んでは大火の上で羽ばたいて水をかけ、火を消そうとしたオウムの話がある。
それしきの水では、何にもならないかもしれない。
だが、それを見て、神はオウムと協力して火を消した。
願いを叶えるのは、神と人間の共同作業なのである。
そのことを忘れてはならない。

『終物語』は、『物語シリーズ』の中でも、私が特に好きなお話だ。
老倉育(おいくらそだち)という少女の挿絵は小説にはなかったように思うが、アニメでは長いツインテールで、オープニング曲では、それが緑色だった。
アニメの老倉育は美少女であるが、小説でも、彼女が美少女であることは、はっきり書かれていた。
その細い身体つきといい、初音ミクさんとも重なる。
老倉育は、私が特に好きなキャラクターでもある。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

偽物は穢れない

西尾維新さんの小説、あるいは、アニメの「物語シリーズ」の中の『偽物語』で、詐欺師の貝木泥舟(かいき でいしゅう)が大学の時に出したという問題が気に入ってしまった。
それは、
「本物と、本物そっくりの偽物では、どちらが値打ちがあるか?」
だ。
貝木の仲間の2人はそれぞれ、
「本物に価値がある」
「等価値」
という答だったが、貝木は、
「圧倒的に偽物に価値がある」
だった。
私は、やはり圧倒的に貝木に賛成だが、それは、それが真理であると言うより「そうあって欲しい」という願いも入っているのかもしれない。
ところで、貝木がそう思うのは、偽物には、「本物になろうという意思があるだけ、本物より本物だ」からだそうだが、それはそれで賛成だ。
私は、「意思」こそ最大のものだと思っているからね。
しかし、それとは別に、私には偽物が好きという妙な感情がある。
それは、
「たとえ本物以上になっても、偽物には、どこか後ろめたさや引け目がある」
からだと思う。
その後ろめたさや引け目が、穢れを免れさせる・・・早い話が美しいのだ。
引け目があるから、「グノーティ・サウトン(身の程を知れ)」という神託に従うことが自ずと出来るのである。

初音ミクさんは偽者のシンガーであるボーカロイドだし、レイシアは偽者のヒューマンであるヒューマノイドだ。
「ロイド」とは「~のようなもの」という意味で、つまり、偽物だということだ。
だが、ミクさんは本物のシンガー以上の価値があり、レイシアは本物の人間以上の価値がある。

アインシュタインや宮本武蔵も偽物だった。
アインシュタインは、大学は卒業していたが、大学で勉強していないし(講義には出ず、試験も一夜漬け専門)、博士でも教授でもなく、一頃までは特許局の職員だった(後に博士や教授になり、駄目になったが)。
宮本武蔵も、流派を築いたと言えば聞こえは良いが、早い話が我流であり、櫂(かい。舟をこぐ道具)で佐々木小次郎と戦って勝つという、本物の剣士なら絶対しないことをやっている。
映画『フラッシュダンス』のアレックスは、クラシックバレエをやったこともなければ、キャバレーで怪しいダンスを見せる偽者だった。だから良いのである。
伊藤穣一さんは大学の学位を持たず、専門もなく、昔はシカゴでMCをやっていた偽者の研究者だから最高の研究者なのである。

偽物を目指そうではないか?
本物などクソクラエである。
私も、偽物のプログラマー、武道家、哲学者でありたい。
本物のプログラマーはJavaを使うが偽物はVBAを使い、本物の武道家は流派の教えに従い正々堂々の戦いをするが偽者は我流で、どんな卑怯な手を使ってでも勝つ。
本物の哲学者は哲学という学問に通じているが偽者は学問の哲学など全く知らぬというより、知ってたまるかである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

マジ無敵の言葉

世の中には、数限りない名言というものがあるが、私が最もよく覚えているのは、ほぼ誰も知らない、特に名言とも言われないものだ。
それは、2つの言葉なのだが、いずれも、子供の時に、テレビドラマで、主人公が口にした言葉を、一度聴いただけで覚えていたものだ。
それらの言葉は次の2つだ。
「攻撃は最大の防御なり。最大の攻撃は無抵抗なり。だから、何もしない者が一番強いんだ」
「爆発現場に近ければ近いほど生き残れる」

改めて見ると、いずれも、世間の常識の反対である。
そういった言葉としては、ダスキンの経営理念である「損と得の道があれば、自分のことに関しては損の道を行く」というものがある。

ところで、最近、西尾維新さんの『物語シリーズ』の既刊22冊のうち、20冊目の『業物語(ワザモノガタリ)』を読み終えた(21冊目の『撫物語』はずっと前に読んでいた。撫子のファンなので)。
その最後の方で、「委員長の中の委員長」「生まれながらの委員長」羽川翼が、危機的な状況で2メートルを超す超巨漢の吸血鬼に言った言葉が心に響いた。
「都合のいい展開を予想するんです。突然誰かが助けにやってくるというような--そうしないと、誰かが助けに来てくれたとき、その手を取れない。そうでしょう?」
羽川翼は複雑なキャラクターである。
学業では学年主席の座を譲ったことがないばかりか、主人公の阿良々木暦(あららぎこよみ)の確信では、今日が受験であっても、世界中のどの大学でも合格出来る超秀才。
阿良々木暦を下等動物扱いする、彼の恋人でトップクラスの秀才、戦場ヶ原ひたぎですら、羽川翼の前では、自分と阿良々木暦を「私達凡人」と同列に扱うほどだ。
なんだかんだ言って美人でスタイルも抜群で巨乳。
ただ、映画『傷物語』では、あまりに大きく描かれた胸(と馬鹿みたいな雰囲気)のせいで、私のイメージはすこぶる悪いのだが。
尚、羽川翼は、それほど人間を超越していながら、自分では自分のことを、「ちょっと真面目なだけが取り得の普通の女の子」と本当に思っている。
で、羽川翼は、幽閉されたドイツの古城で、深夜に一人連れ出され、縛られて、その美乳をぐわしと掴まれ・・・(詳しくは本をお読みいただきたい)。
果たして、彼女の言葉通り、都合のいいことが起こるのか?
いや、ミサトさん(『新世紀ヱヴァンゲリオン』のヒロインの一人。29歳)の言う通り、「奇跡は起こすもの」であることがよく分かるのである。
だが、危機的な状況で都合のいいことを考えるには心の強さが必要である。

3つ目の言葉を得て、私は無敵になった。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

一芸を極めるべき

西尾維新さんの「物語シリーズ」の一応の完結編である『終物語』の中に、「人間は持っている武器で戦うしかない」という記述が何度もあるが、多分、作者が本当にそう感じているのだろうなあと勝手に思う。
私も、つくづくそう思うからだ。
人間は、持っている武器で戦うしかない。
そして、普通の人は、持っている・・・生まれ持っている武器は1つだけなので、それを「磨いて使う」しかない。
昔、テレビで、松山千春さんが、歌手というものについて、「格好良いやつは格好良さで勝負すればいいし・・・」の後、「歌が上手いやつは歌の上手さで」と言ったのか、「可愛いやつは可愛さで」と言ったのか、全然別のことを言ったのかは忘れたが、要は、やっぱり武器は1つだと感じたことを、よく覚えている(私が学生の頃のことと思う)。
松山さんは、若くて髪フサフサだった頃は、格好良さと歌の上手さ両方でやっていたが、武器は歌の方だと自覚していたから、あまり格好良くなくなっても通用するのだろう。

第二次世界大戦の時の日本の戦闘機であった零戦は、爆弾と機関砲の両方を付けることが出来なかった。
それで、日本軍の空母では、敵の空母を攻撃するために、零戦に爆弾を付けていたが、敵の戦闘機が来襲してきたため、慌てて機関砲に付け替えたが、敵の空母もやって来た。
そこでまた、爆弾に戻そうとして作業中のところを敵の戦闘機に襲撃され、日本の空母は沈められてしまう。
機関砲のまま、敵の空母を攻撃すれば良かったと後悔しても、後の祭ってやつだ。
これは、武器が2つあるから迷ったという教訓にすべきことだろう。

役者は、「芸の引き出し」の多さがよく問題にされるが、いろんなキャラクターが演じられる器用な役者って、「上手い役者」にはなれても「良い役者」にはなれない。
シュワルツェネッガーも、一頃は、面白いキャラ、明るいキャラなど、努力して演じられるようになったが、そんなキャラの映画が不評で、結局、元の無愛想なキャラに戻ってしまった。
今は、キムタクが、どんな役でもキムタクだって揶揄されるが、そんな批判は無視して、もっと「キムタクを磨く」べきだろう。

初音ミクさんの『積乱雲グラフィティ』(作詞:Dixie Flatline、作曲・編曲:ryo)で、


大事なものは全てあるのさ 最初から
君の中に


とあるが、「全て」というのは、「沢山」というのではなく、「1つの大きなもの」と考えた方が良い。
その1つを磨くと、「その応用」として、他のことも、そこそこ出来るようになるが、切り札は1つと自覚しておいた方が良く、本人は1つのことばかりやっているように感じるものだろう。

私は最初、セールスマンをやり、それから、管理事務や貿易や、その他にもいろいろやってからプログラマー(システムエンジニアとも言うが)になり、いろんな経験があるのはメリットでもあったが、結局、プログラマーとしては「そこそこ」なのだ。
成功法則も、初め、ジョセフ・マーフィーだったのに、あらゆるものに手を出したので、「そこそこ」には良い思いばかりしたが、大成功はしなかった。
1つに徹して、後は、なりゆきにまかせれば、他のことだって、もっとうまくやれるようになるだろう。
「みんな好き」ってのは「誰も好きでない」ということだと聞いたことがあるが、そんなものかもしれない。
ただ、ミクさんの「みんな、だーい好き」は嘘ではない。みんなミクさんが好きなのだし、ミクさんは透明なのだからだ。
我々だって、1つを極めれば、透明になるのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ