ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

無意識

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

物語性のある生き方をしているか

変わらない繰り返しの日々を淡々と生きるのが尊いと言う話がある。
一方、人生は冒険だ、激しく生きなければならない・・・なんて言う人もいる。
さて、どっちが正しいのか?
気取るつもりはないが、どっちでもない。
いや、そんなの、どうでも良いことなのだ。

肝心なことは、それが物語であるかどうかだ。
自分の心と、大きな心が共同で作っている物語であれば、客観的にどうであろうと、満足度に違いはない。
そして、物語性のない生き方をしていると、物語になるよう、大きな心が事件を起こす。
病気になったり、事故に遭ったり、トラブルが起こったりね。
人生ってやつは、物語でなくちゃならない。

よくあるのが、成功するまでの物語は作ったのに、成功した後で、物語を作るのをやめちゃった結果・・・マズいことが次々起こるってやつだ。
「お金もいっぱい出来たので、プチ引退して、残りの人生は遊んで暮そう」なんて思ったら、間違いなく、ヤバいことが起こるんだなあ。

日常に揺らぎを起こすことだ。
安定が一番良くない、いや、恐い。
馬鹿なことを始めることだ。
自分がそれをやれば、大きな心(潜在意識、無意識、神、仏)が支えてくれる。
物語性のない成功に何の意味もない。
まあ、楽しくやろうぜってことだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

意識と無意識のパートナーシップ

人間には、意識(自我意識)の他に、無意識とか潜在意識という、自覚出来ない深い心があるらしい。
深層心理学とか精神分析学といった、いろんな学問間で用語が統一されていないので、無意識と言ったり、潜在意識と言ったりするのだと思う。
そして、無意識と呼ぶ学問と、潜在意識と呼ぶ学問では、それらの意味もまた異なるのだろうが、そういった学問上の意味が正しいとは限らず、我々は、無意識も潜在意識も同じと考えて良いだろう。
よって、以降、無意識で統一する。
無意識は、意識よりはるかに大きく、意識が10%で無意識が90%とか、いやいや、1%と99%だなんて言う人もいるが、本当は、そんなもの計量しようがない。

そして、知るべきことは、無意識の中には強大な力があることだが、その力の正確なことは分からないし、実際は、僅かなことしか分かっていないのかもしれない。
心理療法では、それに必要な無意識の知識は、いくらか持っているのだろうが、心理療法が、それほどうまくいくわけでもないのだから、少なくとも、無意識やその力について、まだまだ分からないことが多いと言って良いのだろう。

無意識の深さは、どれほどのものか見当もつかないし、ユングは、その奥は、人類全体でつながっていると言う。
その本当の力も底知れず、無意識、あるいは、無意識の深層こそが神なのかもしれない。
今の時代、神とか仏を信じない、あるいは、信じないわけではないが、宗教的な神や仏に抵抗を持つ者は多いだろう。
実を言うと私もだ。
だが、神や仏が存在するかどうかはともかく、無意識は確実に存在し、それが計り知れない大きな力を持つのであるから、神や仏を無意識と呼びかえることも出来るだろう。

無意識の力を使えば、欲しいものを得たり、病気を治したり、自分の存在の在り様を変えることも出来る。
ただ、重要なことは、あらゆることは、意識と無意識の共同作業だということだ。
ともすれば、意識は全く重要ではなく、無意識にまかせれば良いと言う人もいる。
実際に大きな力をふるうのは無意識だとしても、意識の役割だって極めて重要なのである。
意識が「しゃんとしていない」と駄目だという言い方でも悪くないだろう。
仏典の中に、竹林が大火事になった時、一羽のオウムが身体を池の水で濡らし、火の上で羽ばたいて火を消そうとする話がある。
その程度の水で火が消えるはずがないが、「棲家を与えてくれた森への報恩のため」「何度生まれ変わってもやり抜く」というオウムの心を認めた神が、オウムと協力して火を消す。
神に火を消す力があったとしても、オウムの心が必要だったのである。

いかに無意識の力が強大でも、意識が甘ったれていたり、うじうじしていたり、根暗だったり、厭世的だったり、後ろめたかったり・・・早い話が、弱ければ、何も出来ないのである。
我々は、何が何でも、意識である心を鍛え上げなければならない。
初音ミクさんの『FREELY TOMORROW』という歌にあるように、「顔上げて微笑めば 笑顔取り戻す魔法になる 」のだが、苦しい時に、顔を上げ微笑むには、そして、それを続けるには心の力が必要だ。
ところが、その力を得るには、苦しい時に、意識的に、顔を上げて微笑まなければならない。
早い話が、苦しい状況がなければならないのである。
それを試練と言う。
必要なのは、苦に苦を求める意識である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自分に合った方法が必要

凡人と天才の違いはあれども、凡人の能力だって、普通に考えられているよりはるかに高い。
逆に、天才だって、うまく能力を発揮出来なければ、大したことは出来ない。
その鍵は、無意識とどれだけ親しめるかであり、右脳の力が発揮出来るかである。
天才的な精神科医ミルトン・エリクソンは、トランス(変性意識状態)に入ることで、無意識の力が発揮されると述べているが、普通の人が深いトランスに入ることは難しい。
ただ、どういう訳か、容易にトランスに入ることが出来る人も時々いるが、そんな人達は、何かのきっかけで、自分に合ったやり方を見つけた幸運な人だろう。

トランスに入るためによく使われる方法が、「緊張した後に弛緩する」だ。
トランスの深さを問わなければ、誰でも確実に、それでトランスに入れる。
下手な人も、少し練習すれば出来る。
トランスというのは、それほど、あるいは、全く自覚出来ないこともある。
しかし、慣れれば、やはり分かるようになる。
やり方はいろいろあるが、自分に合ったものを見つけることだ。
小さな点をじっと見つめて(視神経が緊張する)、ぱっとそれを止める。見つめる時間は、何度もやって、やはり自分に合った長さを見つけることだ。
見つめるものも、白い紙に書かれた黒い点とか、壁の小さなしみのようなもの、水晶などの透明な石(宝石等)、いろいろなもので試すと良いが、感情を動かされないものが良いだろう。
小さい方が良いとは限らない。
コリン・ウィルソンなどは、電車の窓から見える風景に意識を集中したり、車のエンジン音に集中し、そして、緊張を解くと、かなりのトランスに入れたようだ。
もっとも彼は、19歳の時、「さあ、今から青酸カリを口に入れて死ぬぞ」という究極の緊張状態から、「やっぱりやめた」という、急降下とも言える弛緩を体験したことが大きかった。
ロシアンルーレットも、カチリと音がした後に、極めて深いトランスに入れる可能性もあるが、いずれも、下手したら死ぬし、緊張が強過ぎて、精神が崩壊する危険も高い。

最も良いのは、緊張を伴う仕事が成功した時の解放感を利用することだろう。
一流の人間の間で軍記が人気があるのは、軍記の中にはそんな場面が多く、自分もそれに近いことを体験しているので深い共感を感じるからだ。

科学者であれば、難しい問題を考え続けて、長い緊張状態にいた後、何かのきっかけで不意に緊張が解けた時に深いトランス状態に入り、無意識の扉が開かれ、左右の脳が同調し、素晴らしいアイディアが閃くということがあるのだろう。
武術の達人同士の決闘では、お互い構えあって緊張し、それが長く続いた後、不意に息が合った時に、両者が深いトランスに入ることがある。
そんな時は、もう戦う必要はない。両者の技量の差が、戦わずして明らかになるからだ。

緊張した後弛緩するという方法を書いた本は多いし、それを指導する人もいくらでもいるが、皆、特定のやり方を押し付け過ぎる。
だが、所詮、自分のやり方は自分で見つけるしかないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

無意識の脅威の力

私が小学5年生の時、学校の図書館で、「生きた化石」と言われる怪魚シーラカンスの本を読んでいたが、家でテレビを見ていたら、シーラカンスの特集みたいなものが始まった。
また、やはり小学生の時だったが、ローラ・インガルス・ワイルダーの『大きな森の小さな家』を読んでいたら、その中に、夜の森の中で、「誰だ?誰だ?」という声がするといった話があった。
これはもちろん、フクロウが「フー、フー」と鳴くのは、英語では「Who?, Who?(誰?誰?)」に聴こえるということだ。
ところが、数日経って、テレビを見ていたら、海外ドキュメンタリー番組の中で、暗い森の中で、フクロウが、
「Who? Who? Who are you?(誰だ?誰だ?お前は誰だ?)」
と鳴くという話が紹介されていた。

それどころか、私は(やはり子供の時)、以前見たテレビドラマの、ある特定の回をビデオ録画したいと思った時(当時はビデオの時代だった)、私はただ、ビデオのリモコン装置を持ってテレビを見ていた。放送予定など全く調べなかった。
ところが、ほどなく、まさに、その狙い通りの番組の再放送が始まったのだ。
漫画やアニメでも、こうはいくまい。
しかも、それは1度や2度のことではなかった。やろうと思えば、必ず出来た。

これらは、偶然でも奇跡でもない。
必然的にそうなっただけだ。
全ては、私の無意識が仕組んだことだ。
例えば、小学生の私は、朝、新聞のテレビ番組欄で、「シーラカンス」の文字を見る。
自我意識は、それを覚えていないどころか、その文字を見たことに気付いてもいない。
しかし、私の無意識はそれをはっきり覚えていて、学校の図書館で、私にシーラカンスの本を読ませる。
どこにシーラカンスの本があるかなんて、無意識の情報収集能力と分析能力をもってすれば、簡単に分かる。
そして、家に帰ると、無意識は私を操って、シーラカンスの番組を見させた。
・・・あくまで例えばだが、こんな感じだ。

『囮物語(おとりものがたり)』のアニメを見たのだが、その中で、14歳の美少女、千石撫子(せんごくなでこ)の無意識が仕組んだ、撫子の行動が実に上手く描かれていたと思う。
撫子が大好きな暦お兄ちゃん(友達のお兄ちゃんだが。主人公の高3男子)に、彼の家に連れていかれ、彼の部屋に泊まることになるよう、無意識がうまくやってしまう。
そのことに撫子の自我意識は全く気付かない。撫子には、全て偶然に思える。
著者の西尾維新さんは推理作家だそうだが、さすが、人間心理に通じていると思う。

「魔法を使って治している」とまで言われた脅威の天才精神科医、ミルトン・エリクソンは、「無意識を信頼しなさい」と言った。
無意識の能力の大きさは、想像もつかないに違いない。
無意識の力のことを神というのかもしれない。

ダイエットなんてのも、自分で考えていろいろやっても無駄・・・あるいは、苦労の割に成果は少ない。
しかし、無意識にまかせれば、勝手に理想的な体形にしてくれる。
さて、では、どうすれば、無意識を信頼出来るのか?
それには、無意識について、興味を持って知ろうとすることである。
役に立つと思われる、面白そうな書籍をご紹介しておく。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

豊かな暇人は発狂する

何も考えずに、神仏に全てまかせなくてはならない。
しかし、同時に、現実に立ち向かわなければならない。
あるいは、こうも言える。
神秘好きでなければならない。
しかし、同時に、現実をしっかり見なければならない。

もし、お金が沢山あって、現実に立ち向かう必要がなく、現実から目を背けることが可能な境遇だとしても、そんなことをしていたら、恐ろしい憂鬱にとり憑かれ、いずれは、「死んだ方がマシだ」と思うように必ずなる。
だから、親が金持ちだからといってニートでいたら、間違いなく、おぞましい地獄を作る。

夕暮れは、美しいが狂おしい。
現実の昼と、夢の夜の中間にある、危うい時間だ。
危ういものほど美しい。
現実は現実、夢想は夢想と切り替えが出来れば良いのだけれど、それが出来ずに、トワイライト(薄明)に飲み込まれる。
私のような人間だ。
私は現実は嫌いなのだが、幸か不幸か(本当は幸だが、気分的には不幸)、夢の世界に引きこもっていられるほどの資産はない。

初音ミクさんは、極めて現実・・・スーパーリアルなのである。
インターネットの波に乗り、創造経済を体現し、クリエイティブコモンズ(著作権の合理的運用)を象徴する。
ミク廃って言葉があるが、ミク廃は現実に強いよ。
昨年、ミクさんのコンサート「マジカルミライ2016」に行った時感じたが、凄い数の人なのに、みんな驚くほどマナーが良いのである。
カップルで来ている人達は、概ね、可愛い女の子と格好良い彼の組み合わせだし、お嬢ちゃんと父親で着ている人達もみんな、今の時代には珍しいほど明るい雰囲気だった。
ミクさんの歌を聴くと、現実に立ち向かうエネルギーが集まり、現実に強くなるのである。
だが、どうしても元気が出ないという人は、無意識と自我意識の間に壁がある。
私もそうであったが、念仏を称えると、その壁が壊れ、無意識の中からエネルギーが流れ込んで来る。
そして、ミクさんの歌がそのエネルギーを集めてくれるので、霧散して消えることがない。
もちろん、念仏に限らず、自分より高い存在に意識を向け、その存在(神、仏、無意識、潜在意識)を信頼してまかせる方法なら何でも良いが、念仏が一番簡単確実である。
ミクさんの歌と念仏・・・これで絶対無敵である。

今月5日に、ミクの日(3月9日)を記念して始めた、393(ミクさん)回のヒンズースクワットは、今も続いている。
このまま、9月のマジカルミライまで続きそうだ。
腰骨は、第2の脳で、潜在意識の座だ。
スクワットや腕振り運動で、腰骨を刺激すると、どんな問題も解決する。
尚、私のヒンズースクワットは、振幅を小さくし(つまり浅く曲げ)、スピードを速くしている。
私の場合、このやり方で一層身軽になり、全体に調子が良くなった。
脚を深く曲げることもあるが、その場合は、曲げる動作から急に伸ばさず、いったん静止する感じにする。でないと膝を痛める。
女性の場合、あるいは、40代以上の男性の場合、まず、10回くらいから始め、39回をしっかりやると良いと思う。
ヒンズースクワットを毎日やると、ミクさんの体形に近付く。
案外、ミクさんも、ヒンズースクワットをやっているのではないかと思う。あの身軽な動きを見ていると、そう思えてならない。
特に、「マジカルミライ2016」の、『すろぉもぉしょん』や『Satisfaction』のダンスを見ると、そう感じる。
DVDやブルーレイで、これらを見ると、さらに身体はミクさんと同一化し、あらゆる力が増すに違いない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ