ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

無意識

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

最低限の努力で成功する方法

「大死一番(だいしいちばん)」という言葉をご存じだろうか?
仏教の禅の書物である『碧巌録(へきがんろく)』の中にある言葉であるようだ。
意味は、なんとなく想像出来るかもしれないが、「死んだつもりでやる」「命を賭けてやる」ということで、決死の決意、決死の覚悟でやるということだろう。
何とも勇壮で、私は好きな言葉だが、そうそうやれるものではない。

とはいえ、誰だって、人生で大勝負に挑むことがある。
大学や高校の入試が、本人にしてみれば、そんな感じだし、人によっては、中学入試もそうだ。さすがに小学校の入試は、受験する本人は自覚が薄く、頑張るのは親かもしれないが。
他にも、重要な商談や、好きな人へのプロポーズ、あるいは、告白なんかも、やはり、当人にしてみれば命懸けの気分だ。
アメリカの海軍特殊部隊ネイビーシールズの入隊試験は非常に厳しいと言われている。
何日も眠らせてもらえない中、長距離を走り、学科試験を受け、スキューバダイビング中には教官が襲ってくる。
あまりの厳しさに、全米から集まった優秀な若者の大半が脱落する。
それに耐えられるほどでなくては、テロとの戦い等、過酷な特殊任務をこなせるようにはなれない。
ところで、厳しい問題を乗り越えられる人間は、頭の中で「大丈夫」といった肯定的な言葉を繰り返していることが、科学的な研究で分かっている。
そこで、そんな言葉を自主的に頭の中で唱えることを推奨する精神指導者も多い。
「大丈夫、うまくいく」「絶対、大丈夫だ」「出来る、必ず出来る」「売れるぞ」
しかし、そうやって、かえって大失敗することが多い。

ただ言葉を唱えるより、もう少しマシな方法としては、
「あれだけ勉強したのだから大丈夫だ」
「先生も大丈夫だと言ってくれたのだから合格する」
「しっかり準備したのだからプレゼンはうまくいく」
と、うまくいく根拠を思い出すというものがある。
しかし、そんな根拠は一瞬で崩壊する。

つまり、早い話が、余計なことを考えず、無心で挑むのが一番良いのである。
しかし、本当に命が懸かっているのでもない限り、なかなか無心にはなれないし、命が懸かっていれば懸かっているで、やっぱり、手足がすくんでしまい、無心にはなれない。
特に、勝負事では、敵はこちらを精神的に参らせる策を用意していることも多いのだ。

さて、では、大勝負の時はどうすれば良いのだろうか?
脳にまかせてしまうことだ。これは、無意識、あるいは、潜在意識にまかせるということと同じだ。
自意識なんて、脳の中(あるいは意識の中)のごく一部だ。そんなちっぽけなものが戦おうとするから、緊張し、プレッシャーに押しつぶされて負けてしまう。
脳にまかせる良い方法は、なるべく抵抗のない根拠を持ち出し、「だから、うまくいかないとおかしい」と唱えるのだ。
「よく勉強したから」といったように、これは既成事実だというふうに言えば、よほどの嘘でない限り、疑いは起こらないものだ。
「よく勉強したから」では、いまひとつ抵抗があるなら、「俺は頭が良い」「この学校に入る運命だから」など、抵抗を感じない根拠を考えれば良い。
もし、抵抗を感じない根拠が本当に何も浮かばないなら、それは得るべきものではないのだ。
入試であれば、ある程度勉強すれば、「ちゃんと勉強したのだから、合格しないとおかしい」としっかりと言える。そうすれば、後は、あなたよりはるかに優秀な脳、あるいは、無意識がちゃんとやってくれる。
しかし、本当に勉強していないなら、やはり合格するはずがない。
だが、こんな話がある。
UFO研究家として知られる矢追純一さんは、難関の中央大学法学部を受験したが、彼は、高校は全く通学しておらず、2人の妹を養うために毎日深夜まで働き、その後は飲みに行ったというから、勉強をしているはずがなかった。
だが、過去問集を暗記するか何かだったと思うが、1つだけ何かやったそうだが、それで、自分は合格すると決めつけ、入試の後は、さっさと旅行に出かけ、帰ってきたら、当然のように、合格通知が来ていた。
これも、「過去問の勉強をしたのだから受からないとおかしい」という感じだったのだと思う。
矢追さんは、大学の試験も、テレビ局への入社も、その他あらゆることを、脳(あるいは無意識)にまかせてうまくやってきたのだと思う。
矢追さんの著書『ヤオイズム』『矢追純一は宇宙人だった!?』を読むと、そんなことを感じるのである。








願いを叶える言葉の公式

斎藤一人さんのシンプルな脳理論を、不思議だが極めて有意義な現象に当てはめてみると、これまでと違った解釈が出来、それを応用すれば、自分でも、不思議なことが簡単に出来ると思う。
あるいは、私は、元々が不思議な現象を数多く起こしたが、そのやり方をパターン化し、もっと簡単に、もっと高度な引き寄せや現実創造を、自分で行ったり、また、他の人にも出来るようにすることが可能と思う。

まず1つ目の面白い現象だ。
魔法使いとまで言われた精神科医ミルトン・エリクソンのところに、手が付けられない不良男子高校生が連れて来られた。
エリクソンはその男子高校生に、
「君が礼儀正しくなったら、皆、驚くだろうね?」
と言うと、男子高校生は、
「そりゃ、驚くさ」
と応えた。
エリクソンは、それ以外何も言わず、男子高校生を連れて来た教員は、エリクソンが彼を見捨てたと思った。
しかし、その男子高校生はすぐに礼儀正しい生徒になった。
さて、何が起こったのか?
若者の問題の多くは、注目を集めることが出来ないことだ。
注目を集めるには、皆を驚かせれば良い。
それで、この不良男子高校生は、これまでは、悪いことをすることで、それ(皆を驚かせること)を実現しようとしたが、そのやり方ではむしろ、誰にも目を背けられることになり、それで彼は苦しんでいた。
ところが、エリクソンは、「君が礼儀正しくなれば、皆を驚かせる」という案を提示し、自分もそれを肯定的に感じた。
そして、この男子高校生は、普通の若者と同様、自分は注目を集めるべき存在であるとは思っていたのだ。
それなら、礼儀正しくなれば良い。
つまり、「俺が礼儀正しくしたら、注目されないのはおかしい」と脳にインプットしたのである。
実は、「礼儀正しくすれば」の部分は、何でも良いのである。
ただし、肯定的なことである必要はある。例えば「親切になれば」「髪型を清潔にすれば」などである。
脳は、「Xなら、Yでないとおかしい」という誘導に従う傾向がある。
たとえば、「5kg痩せたら、素敵な彼が出来ないとおかしい」と脳に言えば、万能の脳は、望み通りの彼氏を連れて来る。
まあ、「5kg痩せたら」のところは、「私は可愛いから」でも何でも良いし、本当に可愛いかどうかは、まあ、どうでも良い(笑)。
ただ、最初のうちは、自分で納得し易い条件を設定した方が良い。
だから、「私は可愛い」と厚顔無恥に言えることは実は良いことで、昔から、「自信は美徳」と言うのである。

もう一例は、エリクソンの娘の話で、彼女は高校教師だった。
エリクソンの娘は、勤務している高校の最悪の不良に、町のスーパーの駐車場で会ってしまう。
プロレスラーのような巨漢の不良が、近付いてきて、ニヤニヤ笑いながら言う。
「俺がアンタを殴ったらどうなると思う?」
少し前に、この不良にこう言われた男性教師は、
「君は停学になるぞ」
と答え、その直後、この不良に殴られたその教師は病院送りとなり、本当に、この不良は停学になった。
ところが、彼女は、不良の目を睨みながら、
「お前を絶対に殺してやる」
と叫んだ。
それ以降、この不良は、卒業するまで、彼女の忠実な僕となり、他の不良からも彼女を守った。
まず、彼女が、不良にとって予想外の反応をしたことが重要だ。
それで、一瞬、不良の意識が吹っ飛び、無意識状態になった。
無意識は言葉に逆らわない。
それで、「彼女を殴れば殺される」が成立する。
そして、彼女は、この不良に何か言ったのだろう。
「自分を守れば、お前は学校の中で生き残れる」
彼は、退学になりたくはない。本当は卒業したいのだ。
それで、彼の脳には、「この先生を守れば、俺は卒業出来ないとおかしい」とインプットされたのである。
これも、本来は、「この先生を守れば」という条件は何でも良く、単に、上で述べた「Xであるから、Yでないとおかしい」と脳に言えば良いだけである。
たとえば、「毎日1時間勉強したら、卒業出来ないとおかしい」で十分である。
これもやはり、このように、肯定的な条件である必要があるが、もっと簡単なものでも良い。例えば、胸ポケットにハンカチを入れれば・・・などである。

あなたも、脳に対し、「Xだから、Yでないとおかしい」と言うのだ。
「俺はいい男だから、可愛い彼女が出来ないとおかしい」といったようにだ。
客観的にいい男かどうかは、どうでも良い。言った者勝ちである。
とはいえ、可愛い彼女が出来るのは、いい男に決まっているので、彼女が出来ると同時に、いい男にもなるだろう。
大切なことは「でないとおかしい」と言うことで、誰もそう言わないから、思うようにならないのである。








胸がじーんとした時の願いが叶うわけ

植物も動物も人間も、大きな無意識とつながっている。
しかし、人間と他の動物や植物との違いは、自意識を持っているかいないかで、チンパンジーはある程度の自意識を持っているらしいが、人間に比べれば非常に小さい。
(植物が自意識を持っているという説もあるが、今回は触れないでおく)
そして、人間の自意識がいつ頃生まれたのかというと、それは分からないが、かなり昔のことで、3万年くらい前という説もある。
では、自意識とは何かだが、ドワンゴ創業者の川上量生さんが、「意識に寄生しているものかもしれない」という面白いことを言っておられた。
つまり、自意識は、無意識という巨大なシステムにとりついた、無意識に比べれば非常に小さなシステムであるが、無意識をある程度、制御したり、方向付けをすることが出来る。
たとえば、無意識が身体をうまく機能させているのに、自意識が悩むと、無意識に影響を与えることで、胃腸や心肺の機能が低下するといったことが起こる。
そして、無意識は、現実を創造したり、ものごとを引き寄せる力を持っているので、自意識をうまく使えば、無意識を動かし、願う状況を作り出すことが出来る。これが引き寄せだ。
実は、このことを知るだけでも、引き寄せはかなりうまくなる。
その理由は、1つには、引き寄せというのは、自意識で頑張って行うものではなく、無意識をうまく動かすことだと分かるからである。
つまり、自意識をどう使えば、無意識をうまく動かせるかが分かれば良いのである。
それはもう、ごく簡単で、胸がじーんとするようなことを考えれば、その考えが現実化するのである。
とはいえ、ほとんどの場合、胸が熱くなった時には、何も願っていないものである。
また、自分では願いだと思っていても、そのことを考えても胸がじーんとしないなら、本当には願っていないのだ。
なぜ、胸がじーんとするのかというと、心臓に何らかの秘密があるのかもしれないが、それはよく分らない。
いずれにしろ、願うことを考えた時、胸がじーんとしない限り叶わないし、じーんとすれば、いかなる願いも叶う。

そう言えば、私は、今年のマジカルミライ(初音ミクさんのライブ&企画展)のライブチケットの1次抽選の時、理由は分かっていたが、チケットが当たった時のことを考えても胸がじーんとこなかったのだ。
すると、全部落選した。2次抽選も同じだった。
だが、プレイガイド抽選で、1つの公演のSS席一択で申し込んだ時、やっとじーんとした。そしたら、当然のように当選した。
で、どうやったらじーんとするかというと、やっぱり、ロマンが必要なのだ。
作り物のロマンでも良い。
それには、心地よい風に吹かれているとか、神秘的な夕陽に照らされているとか、夜空の星に親しみを持って見られているなどと考えながら願いについて想うと、意識の周波数が上がり、じーんとくるものなのだ。
他にも、いろいろ方法はあるが、これも試してみると良いと思う。
他には、たとえば、好みの音楽、絵画、小説、郷愁を感じる民族的な物語などにも、魂の周波数を上げてくれる力がある。








人生を変えてしまう秘法

人間は、誰しも、自分の願いを叶えたいと思っている。
それで、願いが叶うことを強く期待したり、願いを叶えるためにかなり奮闘する人もいる。
だが、なかなか願いは叶わないし、叶うきざしも見えないので憂うつな想いでいる人も多いと思う。
しかし、願いは常に100%叶っている。
目の前にあるのは、願った通りの世界だ。
もちろん、意識の大半(一説では9割以上)を占める無意識の願いが叶っているのであり、無意識の願いは、親や学校やテレビなどで誘導されて作られたものだ。
ただ、実は、意識と無意識は、それほど境界がはっきりしているわけではない。
コップの水の中に落とした一滴のインクが、コップの水全体に広がるように、意識を拡大していけば、無意識の願いが分かり、無意識の願いが気に入らなければ、それを変えることが出来る。
英国の作家コリン・ウィルソンが愛読していたH.G.ウェルズの自伝的小説『ポリー氏の人生』で、ポリー氏が言った、ウィルソンの座右の銘になった言葉「人生が気に入らないなら、変えてしまえばいい」を行う方法は、無意識を変えることである。
コリン・ウィルソンは、自殺の実行中にそれに気付いた。
青酸カリを口に含む瞬間に、意識が無意識の中に広がったのだ。まあ、これは、意識が消えたように感じるのだが。
そうなれば、願うまでもなく、幸運がやって来る。

で、意識を無意識の中に広げるには、いろんな方法があり、選り取り見取りであるが、まあ、ウィルソンのように自殺を試みることはやめた方が良い。成功率が低いからだ。
私が思うに、一番簡単なのは、力を向いて、淡々と腕振り運動か、四股踏み運動をすることで、実際、そんなことをしている人は引き寄せがうまい。
かなり腕振り運動や四股踏み運動をやりながら、引き寄せが出来ないのは、頑張ってやっているから・・・つまり、力が入り過ぎているからだ。
楽に、つまり、リラックスしてそれらをやるコツは「楽に3千回やろう」と思うことだ。実際、楽だし、楽に出来たら、別に3千回やらなくても良いと思う。
もう1つ、簡単な方法は、自分が「幸運だったなあ」と思う経験を思い出すことだ。
メカニズムは省くが、自分の幸運だった経験を思い出す度に、意識が無意識に広がっていくのである。そうなると、願うまでもなく、幸運がやって来る。

話をややこしくしないために、今回は、このくらいにしておくが、是非やってみて欲しい・・・というのではなく、私がやろうと思う。超利己主義である(笑)。








腕振り運動、四股と引き寄せ

私が、腕振り運動と四股の真の価値が分かってきたのは、本当に最近だ。
ややこしい話を避けるため、単純な表現をすれば、この2つの効果は、健康というだけでなく、普通の人からすれば、神秘的とも言える超越した身体を楽に作れ、引き寄せが可能になる。
元々、私は、このブログで何度も書いたように、馬鹿げているとも言える奇跡を、主に子供の時に頻繁に起こしたが、同じようなことが出来てしまうのである。
もちろん、そういったことを可能にするものは別に、腕振り運動と四股に限らない。
おそらく、何でも良いのだと思う。
だが、分かり易く手軽、そして、これは少し理解し難いかもしれないが、ある程度の評判が出来ているところに利点がある。
つまり、腕振り運動や四股は、一般から見れば、確かに、珍しいものだが、それでも、珍しいに過ぎず、奇異というほどではないので、気楽にやれる。この意味は案外に大きい。
いくら良くて効果もあっても、魔法結社の儀式では、いろんな意味で、ちょっと拙(まず)いのである。

さて、腕振り運動も四股も、はっきりと決まったやり方はないと思う。
それぞれの専門家や達人の間ですら、やり方がかなり違うことは珍しくない。
だが、やる人が、一晩中やれるほど楽で、そして、自分で納得出来れば、それで絶対間違いない。
良い書籍や動画も沢山ある。
後は、自分で工夫して、好きなようにやれば良い。

ところで、腕振り運動と四股は、世の中では、どうも2通りの説明がされている。
初めに言っておくと、どちらの説明も正しい。
まず、腕振り運動では、1つは「血流が良くなる」、もう1つが、「気が巡る、あるいは、蓄えられる」。
四股では、1つは、「インナーマッスル(深層筋)が鍛えられる」、もう1つが、「気が巡る、あるいは、蓄えられる」。
気のことをメインに訴える気功家や武術家が多いかもしれないが、気は見えないし、気の実在が科学的に確認されていないという難点がある(多分、永遠に確認出来ない)。
実際に、気があるかどうかは、本当は誰にも分からない。
だが、私は、気は、無意識のエネルギーだと思っている。
ところで、無意識だって、目に見えないし、実在を科学的に確認出来る訳ではない。ただ、無意識があることを示唆することは出来るし、十分に出来ている。
気だって、「合気上げ」といった特殊な現象によって、存在することを示唆する者がいるが、理屈に強い者が本気になれば、ごく普通に説明してしまうと思う。
ただ、理屈の説明では、どこか一部に、ちょっと曖昧な部分を残してしまうのだが、そこには、無意識のエネルギーが関与している。
別に、気が無意識のエネルギーだからといって、気功や気を活用する武術を貶めるつもりは全くなく、むしろ、気の達人であれば、普通に納得すると思うし、それで、気功や気を活用する武術の価値が下がるわけではない。
どちらも見えないのだから、気と言っても無意識のエネルギーと言っても良く、そして、両者は同じなのである。
そして、無意識のエネルギーなのだから、これをちゃんと扱えれば、引き寄せも簡単なのである。
引き寄せを、瞑想や、イメージ法や、あるいは、祈りや言葉でやろうとするのは、心だけ、あるいは、脳だけで行おうとすることで、それは非常に難しい。
確かに、最終的には、心や脳が引き寄せのための万能装置(のようなもの)を使うのだが、普通の人は、その万能装置のメンテナンスが十分でなかったり、充電出来ていないのだ。
だが、腕振り運動や四股をやれば、それが出来る。
もちろん、腕振り運動や四股には、血行を良くし、インナーマッスルを鍛えたり、他にも、実際的な効果がある。
しかし、本当に重要な力は、俗な言い方であるとは思うが、やはり引き寄せで、もっと重々しい言い方をすれば、現実創造の力なのである。
ちなみに、腕振り運動と四股の両方をやる必要はなく、いずれかで良い。
とはいえ、両方やるメリットも大きいし、両方やれば、相互に良い影響を与えるのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード