ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

無意識

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

存在証明と物質支配の法則

主義、信念がはっきりしていて変わらない人は「アイデンティティーを持った人」と呼ばれる。
だが、その主義、信念が偏ったものであると、その人は「厄介な人」だ。
そして、何が正しく何が間違っているのかは難しい問題だ。

2400年ほど前の実在の人物と言われる荘子(荘周とも言う)は、おそらくだが、「アイデンティティーなんて持つな」と言ったのだと思う。
つまり、主義、信念を持つなということだ。
もっと簡単に言えば、「私は何者でもない」という態度を持てということであるが、我々は、幼い時から、自分が何者であるかを、ほとんどの場合、押し付けられる。私は〇〇家の次男であるとか、私は△△小学校の生徒であるなどとね。

ある人間が、総理大臣であったり、俳優であったり、ホームレスであったり、プログラマーであるのは、「万物が移り変わる中で現れた1つの様相」に過ぎない。
「全ては変化する」というのが、唯一の変化しない真理であるわけだ。

デカルトの「われ思う、ゆえにわれあり」というのは、面白い言葉だ。
われが存在することに関し、アイデンティティー、つまり、主義や信念は何の影響も及ぼさない。
アイデンティティーが「存在証明」と訳されることもあるが、自分の存在証明は、ただ「思う」ことだけであるというわけだ。
ところが、目の前に、ペンやハサミがあったとして、おそらく、それらは思ってはいないだろうが、存在しないとは言えない。
だが、デカルトは、あくまで人間本位で考える。
目の前にペンやハサミがあると言っても、ただそう見えるだけであり、本当にそうなのか(ペンやハサミがあるのか)は分からない。
確かなことは、「目の前にペンがある」と思っているわれが存在することだけだ。

だが、デカルトの論では、無意識状態の人間は存在していないことになる。
ここがちょっと面白いところなのだ。
筒井康隆さんの短編小説『悪夢の真相』(『時をかける少女』と一緒に収録されていることが多い)で、般若の面が怖くて仕方がない中学生の少女が登場する。
彼女は覚えていないが、彼女は過去、無意識状態になった時に、般若の面を見たのである。それで般若の面が怖くなったのだ。
つまり、彼女は「思っていない」時、つまり、彼女が「存在していなかった」時に見たものが、思っている、つまり、普段の彼女に影響を与えている。
これはつまり、「思っていない」時の彼女も存在していると考えないとおかしくなる。
意識には、意識と無意識があり、「意識がある」と言われる意識は、意識全体のほんの一部で、意識全体のほとんどは無意識だ。
よって、無意識が存在しないことはないが、無意識は「思わない」。
ここで、「われが思おうが思うまいが、われは存在する」ことが分かってしまった。
そして、ただ、「われは意識である」ということが分かる。この「意識」は、意識と無意識を区別しない。

そして、ここから一気に分からないかもしれないが、生死に関わりなく意識は存在し、よって、われは死なないのである。
人間は、自分が意識であることに気付きさえすれば、完全に癒され、完全に安心出来る。
そのために、ラマナ・マハルシは「私は誰か?」と問えと言ったが、これは、実際には難しい。
それよりも、「私は在る」と思う方が面白い。
なぜ面白いかというと、いつも「私は在る」と思っていると、思っていない(つまり思考していない)時にも、無意識の中に「私は在る」があり、それは否定し難い真実なので、ちょっと面白いことが起こるのだ。
その時、正確に何が起こるのかは分からないが、無意識の中の「私は在る」以外は力を失い、「私は在る」として、意識と無意識が統合され、意識に無意識が見えるようになる。
そうなれば、キリストやブッダに近付いたと言えるのであり、物質界を支配出来る。








余計な苦労はしない

「世の中厳しい」とよく言われるが、本当だろうか?
いや、本当だろう(笑)。
では、どう本当かというと、「世の中厳しい」と実感を持って言う人を見れば解る。
まず、世の中で、いわゆる「仕事が出来る人達」は皆、苦しい思いをしながら経験を積み、自分を磨いたのだと思う。
そんな人達は、世の中は荒波だと言い、頭を叩かれてこそ、一人前になれるという信念を持っているに違いない。
そして、彼らは、仕事では実力者になった今でも、あまり楽しくない・・・いや、間違いなく、辛い日々を送っている。

また、実力者でも何でもない、ただの真面目な人の中にも、「世の中は厳しい」と感じている人が多い。
会社に入ったら、上司や先輩は皆、いじわるで高圧的。
同僚は、そんな上司や先輩達とうまくやっているが、自分は、そんなふうにうまくやれない。
もし、『サザエさん』を見ていたら、放送時間が来るごとに憂鬱になり(いわゆる「サザエさんシンドローム」)、毎朝の気分も悪い。
それで、せめて給料が高ければ良いが、そんな人ほど給料は安いのだ。

もちろん、これらは、特に真面目な人達には、身に染みているが、そうでない人間はいない。
何かがおかしいのだ。
ある、良い大学を卒業し、良い会社に就職が決まった者に、親戚の真面目なおじさんが言う。
「きれいな仕事、格好の良い仕事なんか出来ると思うな」
すると、真面目な若い甥っ子が言うのだ。
「解ってるよ。最初の仕事は机運びだと思っている」
私は、高校生位の時、そんな会話を聞いて、「これが世の中」と・・・なぜか、言われるまでもなく解っていた。
その甥っ子も、よく解っているのだ。
だが、そんなはずはないのだ。
まともな人間の仕事場であれば、最初からずっと楽しいはずである。

ほとんどの人が、生活のために嫌な仕事をしているはずだ。
嫌と言っても、大抵は、その原因は、人間関係と給料の安さだ。
だが、私は、嫌な仕事からは逃げた。
いや、逃げたと言うより「脱出した」とか「脱走した」という感じだ。
プログラマー・システムエンジニアをしながら営業もやるので、「この客、ヤバい」と思ったら断るのだ(笑)。
役職もない若いSEが、そんなことをやっていたのだ。
会社の中でも、ヤバいやつとは距離を取った。
楽しくないと嘘なのだ。仕事なんてのは。
まあ、なかなかうまくいかないことも多かったが、私より拙い者がほとんどであることには胸が痛む。

こんな世の中で、やるべき仕事は1つ、せいぜい2つ。
1つは、アファーメーション(以前は呪文という言い方を好んだが)で、もう1つが、静かな呼吸だ。
アファーメーションは自己暗示と言っても良いだろう。
自己暗示で有名なエミール・クーエが教えたように、「あらゆる面で良くなっていく」と唱えても良いが、最も良いのは、
「私はXXXだ」(XXXXは理想の姿。例:金持ち、作家、モテモテ、スリムな美女)
という自己暗示、あるいは、アファーメーションだ。
自分が既にそうであるという、例えば、「私はシステムエンジニアだ」という現在形が最も良いと思う。
私の場合は「私は高位のシステムエンジニアだ」であったが。
だって、人に使われるシステムエンジニア・プログラマーって辛いからね。
アファーメーションをしていれば、後は無意識(あるいは神)がうまくやってくれる。
とはいえ、特に最初は、「長時間働け」である(笑)。
ただし、「働く」ってアファーメーションのことだよ。
本当は、そんなにやる必要はないのかもしれないが、今の世の中、何かおかしいので仕方がない。
でも、嫌な実務や会社生活はやるべきでない。
余計な苦労なんて必要ないのである。








願いを叶える力

無欲を説く高名なインドの聖者すら、願いの強さが願いを叶えると言う。
言い換えれば、願いが叶わないのは、願いが弱いからだ。
そして、願いの強さは、その願いに、どれだけの生命力を注ぎ込めるかであるが、生命力の流れは自然に起こるものであり、意図的な操作は出来ない。
ちょっとややこしいことを言うと、フロイトの精神分析学的には、生命力とは、無意識の中のエスと呼ばれるものであるが、ほぼ、無意識=エスと言える。
そして、人間は、無意識を操作出来ないので、願いの強さも自分で自在に決めることは出来ない。
だから、願いを叶えたいなら、自然に、何の強制もされずに、強い願いが起こるものでなくてはならない。
簡単な言い方をすれば、
「自分のすごく好きなものを見つけろ」
「3度の飯より好きなものは必ずあるので、それを見つけろ」
ということになる。

ただ、気をつけるべきことは、色恋ごとを願いとしてはならないことだ。
それは天に任せるしかない。
どんなに好きだろうと、結ばれるかどうかは、自分では決められないのだ。
『あしたのジョー』で、矢吹丈が、
「女は星の数だが、ホセ・メンドーサ(世界チャンピオン)は1人だ」
と言ったのが、まさに正しい態度なのである。
丈は、葉子や紀子といった素晴らしい女性達に心を寄せられるが、丈自身は、全く、無関心というより、どうでも良いように思えた。
あなたもそうでなければならない。
「いや、俺はこの人だけと心に決めたのだ」
と言ったところで、同じかそれ以上に素晴らしい女性は、少なく見積もっても千人はいるのである。

とにかく好きなことを見つけることだ。
そのことだけが、願いを叶えるエネルギーを引き出せるのだ。
そして、再度言うが、その好きなことには、色恋事は外さなくてはならない。
何とも残念なことである(笑)。

『時をかける少女』で、中学3年生の芳山和子は、
「いつか、誰か素晴らしい人物が、私の前に現れるような気がする」
と感じる。
これが全く正しい態度である。
そして、その素晴らしい人物は、大抵の場合は、自分の好みとはまるで違うのである。

なぜ若いうちの方が成功し易いかというと、若い時の方が、好きなものを、より好きになれるからだ。
だから、いくつになっても、強く好きだと思えるものがあれば成功出来るのである。
ただし、特に若いうちは色恋事に夢中になり易いので、大抵の者は成功しないのである。

『イット・ワークス』という、1926年に出版された引き寄せの古典がある。
そして、今でも、これが最も優れた引き寄せのテキストと思う。
わずか30ページの本で、簡単に書かれているので、誰でも間違えずに実践出来る。
この本がまさに、自分の好きなことを見つけることが出来る最適な手順を示してくれている。
たとえ何歳であっても役に立つだろう。








無意識に入り込む

ごく単純な言い方をするが、人間は、無意識に入り込めば超人になる。
例えば、トラックの下敷きになった息子を、小柄でひ弱な母親が、その、大の男が数人がかりでも動かせないトラックを1人で持ち上げて救ったようにである。
難病だって、無意識に入り込めば、奇跡的治癒を起こせるかもしれない。
そして、そんなことを自在に行い、「魔法を使って治している」とまで言われたのが、アメリカの精神科医ミルトン・エリクソンだった。
エリクソンは、患者を容易く無意識に導き、患者自ら病気を治させた。
エリクソンが、どうやって、そんなことをしたのかは、彼の死後も研究されてるが、どれほどのことが分かっているのかは疑問だ。
NLP(神経言語プログラミング)という治療法を開発(共同開発)したリチャード・バンドラーも、エリクソンの手法を研究していたようだ。

エリクソンは、まず、自分を無意識に導き、エリクソンの無意識が患者を無意識に導いたのだ。
だが、誰も、自分を無意識に導く方法を、エリクソンに教えた訳ではなさそうだ。
すると、エリクソンは、その方法を自分で見つけたのだということになる。
エリクソンが身につけた能力を解明するヒントは、彼が17歳の時に、ポリオに感染していることだ。
ポリオは、急性灰白髄炎(きゅうせいかいはくずいえん)のことで、ポリオウイルスによって感染し、身体を麻痺させる。
エリクソンは、ポリオに感染して、目玉以外は動かせない状態になった。
この時、エリクソンに起こったことに注目したいと思う。
1つは、ある晩、医師がエリクソンの親に、「彼は朝まで持たない」と言ったが、エリクソンは、「あの窓の夕陽を必ずもう一度見てやる」と思ったことだ。
つまり、前向きに強く決意したのだ。
そして、その他では、エリクソンは目玉しか動かせないので、家の中の人々をただ観察した。
家族を観察し、その声を聴いても、エリクソンには何も出来ない。声をかけることすら。
それは、強制的ではあったが、究極の「なすがまま」の状態だった。
2400年ほど前に荘子が言った、「視線を自然にし、全てをなりゆきにまかせよ」を、長期間、実践したのだ。
そして、エリクソンには、生き伸びるという決意があった。
まとめれば、決意し、後は、なりゆきにまかせたのだ。

なりゆきにまかせるとは、無作為であることで、そんな人間を見ると、ぼーっとしているように見えることだろう。
そして、知恵ある人々の共通の見解は、決意し、ぼーっとすれば、願いは叶うのである。
我々も、何かを決意し、幽霊にでもなったように、なりゆきにまかせて作為をしなければ、無意識の扉が開き、無限、あるいは、真の自己と一致するかもしれない。








物語性のある生き方をしているか

変わらない繰り返しの日々を淡々と生きるのが尊いと言う話がある。
一方、人生は冒険だ、激しく生きなければならない・・・なんて言う人もいる。
さて、どっちが正しいのか?
気取るつもりはないが、どっちでもない。
いや、そんなの、どうでも良いことなのだ。

肝心なことは、それが物語であるかどうかだ。
自分の心と、大きな心が共同で作っている物語であれば、客観的にどうであろうと、満足度に違いはない。
そして、物語性のない生き方をしていると、物語になるよう、大きな心が事件を起こす。
病気になったり、事故に遭ったり、トラブルが起こったりね。
人生ってやつは、物語でなくちゃならない。

よくあるのが、成功するまでの物語は作ったのに、成功した後で、物語を作るのをやめちゃった結果・・・マズいことが次々起こるってやつだ。
「お金もいっぱい出来たので、プチ引退して、残りの人生は遊んで暮そう」なんて思ったら、間違いなく、ヤバいことが起こるんだなあ。

日常に揺らぎを起こすことだ。
安定が一番良くない、いや、恐い。
馬鹿なことを始めることだ。
自分がそれをやれば、大きな心(潜在意識、無意識、神、仏)が支えてくれる。
物語性のない成功に何の意味もない。
まあ、楽しくやろうぜってことだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード