ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

灼眼のシャナ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

小説や漫画の中には作者の成功の秘訣が秘められている

小説や漫画を読むと、作品自体は一流とは言えなくても、作者の成功の秘訣が分かるものがある。
CLAMPという、4人組の女性漫画家集団が昔描いた『ツバサ』(アニメでは『ツバサ・クロニクル』)がそうだったと思う。
私は、CLAMPの作品自体は、そんなに素晴らしいとは思わないし、あるいは、これを芸術家らしさというのかもしれないが、彼女達の精神の歪み(良く言えば強い個性)が気持ち悪い。
しかし、『ツバサ』の、主人公の1人、小狼(シャオラン)と侑子の会話は忘れられない。
私は、肝心なこと以外は、ぼんやりとしか覚えていないので、以下は作品内容と齟齬があると思う。
魔女のような存在である侑子が、小狼の切なる願いのために手を貸すには、対価が必要だと言う。
侑子が、小狼を値踏みするように、「お前に対価を払う気があるだろうかね?」と言うと、小狼は、即座に、「払います」と言う。
すると、さすがの侑子も、「私はまだ、対価が何か言っておらぬぞ」と困惑する。
小狼は、願いを叶えるためには、どんなものでも・・・たとえ命でも、引き換えにするつもりだったのだ。
冷徹なはずの侑子は微笑み、「お前は成功するために必要なものを全て持っている」と言う。
CLAMPは、異常なまでに成功した漫画家ユニットだ。
もちろん、才能、努力、チームワークもあったが、最大の要因は小狼に現れているものなのだ。
つまり、断固としてやる決意である。
何を失うことになろうが、必ず成功するつもりだったのだ。
出来る出来ぬではなく、断固としてやると決めていたのである。

最近、度々引用する『灼眼のシャナ』で、12歳にもならないと思うシャナ(当時は名前のない少女だったが)が言う。
「決めた!フレイムヘイズになる」
それは、人間が敵うはずのない敵に襲われ、殺される刹那のことだった。
敵は笑いながら、
「今回(今生)は諦めな」
と言うが、シャナの決意は揺るがない。
このように、「決めた!○○になる」、「決めた、○○を達成する」と自分に誓い、揺るがなければ必ず叶う。

初音ミクさんの歌にも、そのようなものが多いと思う。
昨日まで、ただの人だったのが、ミクさんと出会って偉大なクリエイターに生まれ変わったのだから。
そんな歌をミクさんは、一切の感情の穢れのない透明な声で歌う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

商売の成功法則と本物の成功法則

本当に願いを叶えることが出来る成功のノウハウは、アメリカの作家マイク・ハーナッキーの「秘訣」だけなのだが、それが忘れられてしまったのはなぜかというと、ハーナッキーは、これで商売するつもりがなかったからだろう。
そりゃそうだ。
願いを叶える秘法を知ってるなら、いったんそれを世界中に教えたら、自分は自分で好きなことをやれば良いのだから。
引き寄せの法則やザ・シークレットは、それが本当に願いを叶えるかどうかが重要なのではなく、これらの作者のビジネスなのであり、彼らは最新のマーケティング手法を使ってうまくビジネスをやっているから、いつまでも有名なのである。

ザ・シークレットのようなビジネスとしての成功法則と、ハーナッキーの「秘訣」との違いを述べてみよう。
たとえば、今は安い車に乗っているが、ベンツが欲しいとしよう。
ザ・シークレットや類似の成功法則では、自分がベンツに乗っている様子をイメージし、ベンツの座席、ベンツのハンドルの感触をありありと想像せよと言う。
今は、Webでベンツの詳細画像をいつでも得られるので、そんなことは容易いし、さらに、ベンツに試乗すればもっと良いということになるだろう。
まあ、普通は、貧乏な人間が恥ずかしくてベンツの試乗なんか申込まないだろうが、さっきも述べた通り、ベンツの外観や運転席の鮮明な画像は手に入るので、分からない部分は想像力で補えば、十分にイメージは出来ると思う。
脳科学の教えによれば、脳は、鮮明な想像と現実の区別がつかないので、その鮮明な映像がやがて現実になるというのが、ザ・シークレット等の主張だ。
しかし、事実は、脳は確かに、想像と現実の区別がつかないので、想像でベンツに乗れば、「我、目標達成したり」と感じて満足してしまい、ベンツが欲しいという意欲がなくなってしまう・・・というのは、多くの人が経験済みではないだろうか。
つまり、イメージすることを、数日・・・長く持っても数週間で、やる気が全くなくなり、イメージするのが苦痛になる。
なまじ、何ヶ月もやれば、いつまでもベンツに乗れないので、ヤケクソになる・・・ならまだマシで、「俺にはやっぱり無理なのだ」という暗い劣等感にとり憑かれてしまう。
では、ハーナッキーの「秘訣」ではどうか?
ベンツに乗るために必要なことは全て自発的に行うという決意をするのである。
するともう、すぐに、「それほどベンツに乗りたい訳ではなかった」と気付く。
つまり、それは本当の願いでないことが分かる訳で、もっとやりがいのある目標を見つければ良いことが分かるのである。

「秘訣」を知った場合でも、「隣の美人の奥さんと不倫したい」とか、「あの可愛い新入社員と寝たい」、あるいは「イケメンの彼の彼女になりたい」とかいった願望を持ち、それを実現しようと思うかもしれない。
しかし、そのために何でもやろうなんて思うはずがなく、そんなことを本当に思えるなら、あまりに暇か、人間的に未熟過ぎるのだろう。
そんな者は、女(あるいは男)が欲しいという以前に、自分の生活や仕事がさっぱりに違いないのだ。
ハーナッキーの秘訣は大人のためのものである。

ハーナッキーの「成功の扉」の古書もそろそろ入手し難くなってきた。
しかし、別に本を読むまでもなく、単に、「断固としてやる」と決意するだけだ。
『灼眼のシャナ』で、坂井悠二が言った「出来る出来ぬではない。断固としてやる」や、その悠二が迷っている時に、悠二にシャナが言った「出来る出来ないじゃないの!やるの!」ということであり、それに関しては、アニメのイメージは有り難いものであると思う。
そして、ハーナッキーも述べた通り、「秘訣」は無料なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

本当に威力ある秘訣

過去に沢山の成功法則があり、新しいものもいろいろ出てくるが、誰にでも実用的で効果が確実なものは、つまるところ、アメリカの作家マイク・ハーナッキーの、
『The Ultimate Secret to Getting Absolutely Everything You Want(願望を全て実現する究極の秘訣)』
であると思う。
これの翻訳は、『成功の扉』として、ハードカバーが1991年、文庫版が2001年に出ているが、その後、日本では絶版になっている。
英語版は現在も出版が続いている。
なぜ、これが一番かというと、誰でも使ったことがある秘訣であり、それを使って願いを達成したことがあるはずだからだ。
さらに言えば、難しい願望を叶えた時には、必ず、この秘訣を使っていたからだ。

だが、この秘訣を言葉で表すのは、とても難しい。
ハーナッキーは、本でちゃんと説明したが、理解出来なかった人がいたことは、彼の著書『成功の翼』にも書かれてあるし、私も昔はあまりよく理解していなかった。
究極の秘訣とは、「何かを成し遂げようとするには、必要なことはすべて進んで実行する自発的な態度が必要である」だが、なるほど、この表現では、理解出来ない人も多いかもしれない。
それは、彼自身も本の中で書いているように、「強く決意すること」である。
私は、アニメの『灼眼のシャナIII』の中で、「祭礼の蛇」坂井悠二が言った、
「出来る出来ぬではない。断固としてやるのだ」
が、まさにそれだと思う。
坂井悠二は、その願いが「なんという試練」と言うほど、あまりに困難であることは認めていたが、愛するシャナのために、また、全ての人類や異世界の者達のために絶対に成し遂げるという決意を持っていたのである。
だから、創造神「祭礼の蛇」が、この決意を持つことが出来た一見平凡な高校生男子である坂井悠二に強く愛着したのである。
なるほど、小説・・・それもライトノベルとはいえ大した作品であると思う。

私が、究極の秘訣で成功した例を述べておこうと思う。
私が、ニートを脱し、家庭向けセールスマンとして、ある職場(社会の最底辺のブラック企業)で1年過ごし、別のセールス現場(ここもブラックだが、一流セールスマンは沢山いた)に移った時のことだ。
私が入社してすぐにセールスコンテストがあったが、話を分かり易くするために、「その月に、最初に売上1千万円を超えた者が優勝」というものだったとする。
私は、是非、優勝しようと思い、優勝者になる決意をした。
しかし、ライバルは月収数百万円の強者(つわもの)セールスマン達である。
勝ち目があるとは思えなかったが、決意だけはしたのだ。
しかし、私の売上げが上がらない間に、あっという間に、強者達は、数百万の売上を重ね、数日で、900万円超えが5人ほど出ていた。
彼らは、後、1~2本で達成であり、それは、その日のうちであると思われた。
その日、私は、いくつかオーダーを決め、翌日、「誰が勝ったかな?」と思って出社したら、なんと、前日は、その5人ともゼロオーダーであったという。
そして、気が付けば、私の売上は800万円を超えていたが、1日で200万円近くは無理なので、今日こそ、その5人の誰かが優勝を決めると思っていた。
だが、私は、自分が優勝する決意だった。
遅い時間に私は大きなオーダーを1つ決めたが、その家で長く引き止められたので、もう帰ろうと思ったが、その家の近くに、以前、訪問した家があったのを思い出し、何も考えずにその家に行くと、即座に契約してくれた。しかも、大型契約だった。その時の情景は、まるでお伽噺の場面であるかのように記憶に残っている。
その2つのオーダーを合わせれば、なんと、一千万円と千円だった。
さらに不思議なことに、その日も、他のベテラン勢は全く売れず、私の単独優勝が決まり、○十万円の優勝賞金をもらった。
だが、この優勝で満足してしまい、その後は、あまりうまくいかず、元々、セールスは好きではなかったので、1年後、別業種に転職した。

仕事だけでなく、スポーツや恋愛、受験、資格試験、その他、無意識にでも秘訣を使って成功しなかったことはなかった。
そういえば、今年の初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」で、10回ほどもチケットの抽選で落選しながら、「一番前はちょっと抵抗があるので、3番くらいの席を得る」と決意したら、まさに、そのあたりの席のチケット(しかもほぼ中央)を譲ってもらったのだった。
資格試験では、やや昔の話だが、極まったプログラマーでもないのに、MCSDやMCDBAという、マイクロソフトの開発者、データベース管理者の最高の資格が取れた。正直、恐ろしく難しい試験だったと思う。実際、最初に受けた1つの科目の試験では3割も出来なかった(合格には7割が必要な科目)のである。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

子供とアライグマには敵わない

少なくとも日本ではすっかり忘れられているが、アメリカの作家マイク・ハーナッキーは、究極の成功の秘訣は、「目標を達成するために必要なことは全てやると決意すること」だと言った。
実際に何かしなければならない訳ではない。
必要なのは決意だけだ。
だが、そう書いた彼の本(翻訳では『成功の扉』)が出版されると、「奇跡は起こらんぞ」という問い合わせが沢山あったらしい。
ハーナッキーは、「そりゃ、何もしなくていいとは書いたが、必要な電話1本もするなとは書かなかったぞ」と思ったことだろう。
つまり、願いが叶わなかった人に質問したら、まるで、「何もしたらいけない」といったような態度の人が多かったらしい。
そこで、ハーナッキーは、翻訳のタイトルだが、『成功の翼』を出版し、今度こそ成功疑いなしとなるよう、究極の秘訣の仕組みを熱心に説いた。
その本で彼は、赤ん坊は何度ころんでも、最期は立って歩くことが出来るが、これこそが我々に内蔵された成功システムなのだと書いたのである。
その通りだ。全く素晴らしいのだが、多分、理解出来た人はほとんどいなかっただろう。
実は私もだ。
だが、最近、『残酷すぎる成功法則』という本で、別の例を挙げて、この我々に内蔵された成功システムのことを説明しているのを見て、私は理解出来た。
マイクロソフトの誰かが考案した、こんなゲームがある。
次の材料を使って、タワーを作り、その高さを競うというものだ。
・スパゲティ20本
・マスキングテープ1m
・紐90cm
・マシュマロ1個
頂点はマシュマロであり、ゆえに「マシュマロ・チャレンジ」と呼ぶ。
これを、エンジニア、CEO、MBAの学生など700人以上にやってもらった。
結果、一番成績が良かったのは幼稚園に通う6歳児で、逆に成績が一番悪かったのはMBAの学生だった。
なぜだろう?
簡単だ。
6歳児達は、ロクに考えずに、ばんばん手を動かして失敗しまくったからだ。
もっと端的な例がある。
トロントのアライグマだ。
このアライグマは、ゴミ箱漁りの名人で、人々が、どれほど工夫をしても、必ずゴミ箱の中身を取り出してしまう。
人間は常に敗北し、アライグマは常に勝利する。
いったい、どこが万物の霊長だ。
アライグマは6歳児以上に、何でもやり、沢山失敗し、それで学び、最期に成功するのだ。

立派な大人で、馬鹿ではない、むしろ、頭は良いのに駄目なやつが沢山いる。
これは、頭が良いから駄目なのだろう。
そんなやつらの特徴は、とにかく行動が遅い。
考えて納得してからでないとやらない。
まあ、そうでないといけないこともあるのだろうが、彼らは全てにおいてそうで、とにかく、勢いを感じない。
「なんで、いつまでもやらないの」
と、見ていて呆れてしまう。
まるで駄目男君が、ブログを始めると言ったので、数日して「もう始めた?」と聞いたら、「ブログの開設の仕方を調べています」と言い、結局、彼は断念した。
一方、LINEやTwitterがなかった頃、女子小学生のブログ開設率は90%以上だったが、彼女達は、ブログの開設の仕方などロクに調べず、とにかくやったのだろう。
大人がITで子供に勝てないのは、そんなところにもあるのだろう。

我が崇拝する坂井悠二(『灼眼のシャナ』の主人公の1人)が言った、
「出来る、出来ぬではない。断固としてやる」
が究極の成功法則であるが、それを聴いていなかったはずのシャナが悠二に言う。
「出来る、出来ないじゃないの!やるの!」
シャナは悠二の迷いを解き、悠二に大切なことを思い出させたのだ。
※『灼眼のシャナIII(ファイナル)』より









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

断固たる決意に優るものはない

大阪のフェスティバルホールで「初音ミクシンフォニー」が開催された11月17日、コンサート開演前の時間である18時10分から18時40分に、東京の首相官邸で行われた、第2回目の「ジャポニスム2018総合推進会議」で、日仏国交160周年記念としてフランスで行われる「ジャポニスム2018」で実施する事業がほぼ決定したような感じだと思う。
ブレずに筆頭であるのは、2015年のミラノ万博で、素晴らしいデジタルアートで日本館に10時間待ちの行列を作ったチームラボによる「チームラボ 境界のない世界」展だろう。
そして、チームラボのこの作品名が実に似合いそうな気がする舞台公演事業が、初音ミクさんのコンサートで、実施が正式に決定したようだ。
2015年の会議では、『美少女戦士セーラームーン』や『刀剣乱舞』の「2.5次元ミュージカル」の企画もあったはずだが、これらが上記11月17日会議の議事次第からなくなってる。
安倍総理は、「日本のアニメ、ゲーム、初音ミクが歌って踊るコンサート」を見せる意向を示していたが、ポップカルチャーの分野は初音ミクさんだけになったのかもしれない。
他の舞台公演、つまり、ハイカルチャー(高尚な文化)分野は、歌舞伎、雅楽、文楽、日本舞踊、その他の舞台など11あるが、ミクさんのコンサートが最大の人気になることは間違いあるまい。
私は、決して旅慣れている訳ではないばかりか、車や電車に乗って、ちょっとそこらに行くのさえ億劫がる人なので(ひきこもりだし)、フランス行きの際、多分、旅行会社がツアーを組んでくれるだろうから、素直にそれに便乗しようかと思う。
しかし、どうせパリに行くなら、ファーストクラスに乗り、パリの5つ星ホテルに泊まりたいので(ひきこもりのくせに贅沢なヤツだ)、ここは1つ、単独行動もありかと思う。良い機会だ。

先日から、Amazonプライムビデオで見ている『灼眼のシャナ』の主人公の1人、坂井悠二は私の憧れの的だ。
元々、ただの高校1年生男子で、あの坂井千草が育てたのだから普通の男の子に比べればはるかにマシかもしれないが、激烈な人生を生きてきた、そして、偉大なるシャナからすれば、あまりに小さな存在で、シャナに、「これ、消そうか」と特に感慨もなく言われ、アラストールに、「まあ待て」と止められて命拾いしたこともある(その時は既に悠二は死んでいたのだが)。
シュドナイという超大物の敵からも、当然のごとく虫けら扱いだった。
最期は、そのシュドナイが悠二に従い、シュドナイはマージョリー・ドーと、そして、悠二はシャナと最終の決闘を行う。
これほど血が燃え上がるのを感じさせてくれる者はいない。
その悠二が言ったことがある。
「できる、できぬではない。断固としてやる」
イエスは、「信じる者には何でもできる」と言ったが、それを超えているではないか。
アメリカの作家マーク・ハーナッキーの『成功の扉』にも、似たことが書かれていたが、誤解をした人も多かったようだ。
だが、ただ、断固たる決意に優るものは何もないというだけのことなのだ。
「千万人と雖(いえど)も吾往かん」(孟子)、「自らの正義を貫く」(天王はるか)といった言葉も、同じことだと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード