ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

灼眼のシャナ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

脳のリミッターが外れたら楽しかった

人間の脳というのは、全てを小さく考える性質がある。
なんて言われたら、「はあ?」と思うだろう。つまり、何も思わない。だから、反応に困って、「はあ?」と言いたくなるのだ。
人間って、頭が悪いからね。
しかし、こう言えば、少しは見当がつくだろうか?
皆さんは、大抵が、私同様、庶民だろう?
いや、「ど庶民」だろう。
まあ、ど庶民でない人もいるだろうけど、まずは、ど庶民の話から始める。
富豪の家は、普通、大きい。
そんなこと、解っていると思うかもしれない。
ところが、実際に富豪の豪邸に行って、平然としている人なんていない。
皆、「うわー!」と言って、驚愕したり、感激したり、呆気に取られたりするのだ。
つまり、たかが、「まかりまちがえば、自分もなれたかもしれない」程度の富豪の家すら、想像したことがなかった・・・いや、出来なかったのだ。
そして、日本で富豪と言ったって、アラブの富豪の家に行ったら、絶句してしまうのだから、他愛ないものだ。

世界は広いなんて言うが、ほとんどの人は日本の広さだって分かっていない。
私はある時、大阪から長野県まで車で行ったことがあるが、5時間ほどかかった。
その時、周りの風景を見ながら、なんて遠い距離だと驚いたが、これですら、日本全体の一部でしかない。
ただの距離の問題だけでなく、社会の広さというものもある。
私は、人間というものが、いかに自分がやっている仕事基準で社会全体を見るのかを知っている。
大工は大工基準で、トラック運転手はトラック運転手で、物理学者は物理学者基準で社会を見ている。
だったら、人間ってのは偏見だらけで当たり前だ。
私なんて、プログラマーとセールスマンの仕事以外はピンと来ないが、世の中には途方もない種類の仕事と、それぞれの世界があるのだ。
そんな私でも、例えば、学校を出てから、予備校の先生だけをやっていたという人と話すと、その世界の狭さに驚くのだが、もちろん、もっと広い世界を知っている人から見れば、私も予備校の先生専門の人も、ちっとも変わらない。

アニメ『灼眼のシャナ』で、サブラクという恐ろしく強い異世界人の男は、同じ世界から来たメアという美少女が好きだったが、メアは弱過ぎた。それで、メアはサブラクを恐れて去っていくのだが、サブラクは、なぜメアが消えたのか解らない。
ところが、サブラクは、やはり同じ世界の「祭礼の蛇」という存在を目の当たりにし、初めて、恐れというものを感じる。自分が強いと言ったところで、あの「祭礼の蛇」と比べたら、あまりに弱い。そして理解する。メアが自分に感じていたのは、この恐れに似ているのだと。しかし、「祭礼の蛇」から見れば、自分もメアも変わらない。
その「祭礼の蛇」と一体化した坂井悠二とガチで戦うシャナは大したものだ。
つまり、シャナは、不思議なことに、恐れのリミッターが外れているのだ。

人間の脳には、思考を狭く制限するリミッターがかけられている。
それが外れた時が悟りである。
それが外れたら、実に愉快である。
まあ、一瞬外れるということはあるが、その時、人間は、とてつもない愉悦を感じる。
しかし、そんなことがあったとしても、忘れてしまうのだ。
私は、今朝の夢の中で、そのリミッターが外れた。
それはもう凄い。何でも分かってしまうのである。
宇宙人に実際に会った訳ではないから、宇宙人の実態を知らないことは認めながらも、「宇宙人は存在しない」という考えが、おかしいとか、馬鹿馬鹿しいというより、どこか「お茶目」に感じるのだ。つまり、ユーモアだ。
そんな訳で、宇宙人がいるってことは完璧に分かり、そんな宇宙人に会えないなら寂しいことだが、会えないはずもないことも分かる。
やっぱり、リミッターは外すに限る。
まあ、今すぐ完全に外れたら、ちょっとヤバいかもしれないがね(笑)。
どうやって外したかは見当がついているが、今言うと、ちょっと嘘くさく感じられてしまうかもしれないから、上手い言い方を考える。
乞うご期待と言ったところだ。








チャンスに備える

人間は、幼い時もだが、生まれてくる前の母親の胎内にいる時の状態も非常に大切で、母親の役割・責任は極めて重い・・・なんて話をよく見た。
ソニー共同創業者の井深大さんや、思想家の吉岡隆明さん、そして、著名な発生生物学者のブルース・リプトンは科学的に懇々と著書に述べている。
しかし、そんな立派な母親がどこの世界にいるのか?
そんなものがいるはずがなく、あなたも私も、母親、そして、父親や学校の影響を受けた潜在意識にはガラクタが詰め込まれていると思って間違いがない。
大切なことは、そんなボロボロの潜在意識を抱えた我々が、どうやれば人生を楽しく生きられるかではないのかね?
潜在意識の力は極めて大きく、心はそれに決して逆らない。
その潜在意識が、あなたの人生を破壊するようなもので一杯なのである。
ところが、催眠療法など、精神の専門家による治療に頼ることは無意味だ。むしろ、逆効果になる場合が圧倒的だろう。
なぜなら、心理療法家や精神科医に頼ると、彼らの潜在意識の暗闇まで追加で背負ってしまいかねないからだ。

じゃあ、どうすればいいかというと、そんなこと、聞くまでもない。
怪しげな潜在意識浄化のテクニックなど不要で、そんなものは潜在意識を改悪化するだけだ。
単に、我々が「自分でしゃんとする」しかない。
泣き言を言わず、前を向いて、即ち、希望を持って生きる。
アホらしいほど当たり前だが、他にやり方なんてあるはずがない。

あえて言えば。チャンスが来た時に備えておくことだ。
身体を鍛えたり、勉強したり、身だしなみを整えたりしてね。
せっかくチャンスが来ても、体力がなかったり、必要な教養がなかったり、また、場合によっては外見がボロボロのままでは、著しく不利になりかねない。
そして、チャンスは必ず来ると信じ、それに備えることが、潜在意識を浄化する最良の方法なのである。

それについて、イエスがこんなことを教えている。
6人の乙女が、夜に外で花婿を待っていた。
3人は、ランプの予備の油を持っていたが、他の3人は持っていなかった。
ところが、花婿はなかなか来ずにランプの油が足りなくなり、予備の油を持っていなかった乙女達は油を買いに行く。
しかし、その間に花婿が来てしまい、油を買いに行った乙女達は見捨てられた。
チャンスは遅れてくるかもしれず、それに備えなければならない。
駆け出し俳優だったバート・レイノルズは、大俳優クリント・イーストウッドに、「成功するまでどうしてましたか?」と尋ねると、イーストウッドは「準備をしていた」と答え、理解したレイノルズは、そこから飛躍した。
『灼眼のシャナ』でも、敵の要塞に捕らえられ、手も足も出ない状況の中でシャナは、「何か必ず起こる」と信じ、それをただ待っていたのではなく、ただし、無駄な悪あがきをせず、その何かに備えたのだ。
「チャンスに備えて何をするか」
これだけが人生を分けるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

勝利の最大の秘訣

昔、「想定内」という言葉が流行ったが、本当に賢い人とは、「想定外も想定内」である人だ。
幸福とか成功とは、思いがけないことから始まる・・・いや、思いがけないことからしか始まらない。

収穫豊かで災害がなく、よく収まった平和な村がありました・・・なんて言ったら、そんな村ほど恐ろしいものはない。
そんな村では、必ず起こる問題には蓋がされ、内部は腐りきっているものだ。
普通の学校や会社がそうじゃないか?
表面的な平和だけ大事にする年寄りに支配されたところから、さっさと出て行くが良い(精神的にで良い)。
思わぬ出来事を歓迎すれば、自然に情熱に満たされ、自ずと進歩向上する。

アニメの『美少女戦士セーラームーンSuperS』で、ちびうさが、「女の子だって待ってるだけじゃ駄目。時には白馬に乗って王子様を探しに行かないといけないの!」という名文句を吐くが、あくまで、「時には」である。
黙っていても、そうしなければならない出来事は起こる。
ちびうさだって、エリオスがやって来るという、予期せぬ出来事があったから、そう思ったのだ。
そして、エリオスがやって来たことを喜んだから、ちびうさは本物のプリセンスなのである。
ただ、ちびうさは、すぐに出かけたのではない。
まずは受け入れたのである。

それを分かり易く表現した場面が、アニメ『灼眼のシャナIII(ファイナル)』にあった。
力を奪われ、監禁されていたシャナは、最初は無駄な抵抗もした。
確かに、適度に試してみることは悪くない。
しかし、彼女は本当に賢かった。
だから、彼女は「待った」のだ。
「何かが起こる」と。
彼女は期待して待った。
だから、それが起こった時、彼女は「来た!」と即座に反応出来た。
今も衰えないネットの、
「キタ―――(゚∀゚)―――― !!」
は、本来、予期せぬ出来事の意味があったはずで、だから流行ったのである。
しかも、「期待して待った」の雰囲気があるから良いのである。
何が来るか分からないけどね。

そして、W.B.イェイツの戯曲『カルヴァリー』が究極である。
イエスが、「私が神に願えば、どんなことも叶えてくれる」と言うと、ローマ兵達は言う。
「それがどうした?サイコロが我々の神だ。予期せぬことでさえあれば、起こるのが最善なのだ」
彼らの強さに屈服したイエスは言う。
「私の神よ。なぜ私を見捨てた?」
これは、あくまで、アンチ・キリストであったイェイツの言い方である。
このイェイツにしても、やはり、アンチ・キリストだったニーチェにしても、アンチ・キリストであったからこそ、イエスの偉大さをよく分かっていた。
だが彼らは、彼らの作品の中の人物に言わせた通り、イエスに逆らわずにはいられないのだ。
1つには、イエスを権威化している世間を馬鹿にしていたのだろう。

何度か引用したが、『カードキャプターさくら』の、エリオルとスピネルの対話が印象深い。
「この世で一番楽しいことは何か知ってるかね?スピネル」
「何ですか?エリオル」
「予想しないことが起こることだよ」

予期せぬことは起こる。
でないと、あなたの願いは叶わない。
どんな予想しなかった出来事も、良いこととして受け入れることだ。
そうすれば勝てる。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

小説や漫画の中には作者の成功の秘訣が秘められている

小説や漫画を読むと、作品自体は一流とは言えなくても、作者の成功の秘訣が分かるものがある。
CLAMPという、4人組の女性漫画家集団が昔描いた『ツバサ』(アニメでは『ツバサ・クロニクル』)がそうだったと思う。
私は、CLAMPの作品自体は、そんなに素晴らしいとは思わないし、あるいは、これを芸術家らしさというのかもしれないが、彼女達の精神の歪み(良く言えば強い個性)が気持ち悪い。
しかし、『ツバサ』の、主人公の1人、小狼(シャオラン)と侑子の会話は忘れられない。
私は、肝心なこと以外は、ぼんやりとしか覚えていないので、以下は作品内容と齟齬があると思う。
魔女のような存在である侑子が、小狼の切なる願いのために手を貸すには、対価が必要だと言う。
侑子が、小狼を値踏みするように、「お前に対価を払う気があるだろうかね?」と言うと、小狼は、即座に、「払います」と言う。
すると、さすがの侑子も、「私はまだ、対価が何か言っておらぬぞ」と困惑する。
小狼は、願いを叶えるためには、どんなものでも・・・たとえ命でも、引き換えにするつもりだったのだ。
冷徹なはずの侑子は微笑み、「お前は成功するために必要なものを全て持っている」と言う。
CLAMPは、異常なまでに成功した漫画家ユニットだ。
もちろん、才能、努力、チームワークもあったが、最大の要因は小狼に現れているものなのだ。
つまり、断固としてやる決意である。
何を失うことになろうが、必ず成功するつもりだったのだ。
出来る出来ぬではなく、断固としてやると決めていたのである。

最近、度々引用する『灼眼のシャナ』で、12歳にもならないと思うシャナ(当時は名前のない少女だったが)が言う。
「決めた!フレイムヘイズになる」
それは、人間が敵うはずのない敵に襲われ、殺される刹那のことだった。
敵は笑いながら、
「今回(今生)は諦めな」
と言うが、シャナの決意は揺るがない。
このように、「決めた!○○になる」、「決めた、○○を達成する」と自分に誓い、揺るがなければ必ず叶う。

初音ミクさんの歌にも、そのようなものが多いと思う。
昨日まで、ただの人だったのが、ミクさんと出会って偉大なクリエイターに生まれ変わったのだから。
そんな歌をミクさんは、一切の感情の穢れのない透明な声で歌う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

商売の成功法則と本物の成功法則

本当に願いを叶えることが出来る成功のノウハウは、アメリカの作家マイク・ハーナッキーの「秘訣」だけなのだが、それが忘れられてしまったのはなぜかというと、ハーナッキーは、これで商売するつもりがなかったからだろう。
そりゃそうだ。
願いを叶える秘法を知ってるなら、いったんそれを世界中に教えたら、自分は自分で好きなことをやれば良いのだから。
引き寄せの法則やザ・シークレットは、それが本当に願いを叶えるかどうかが重要なのではなく、これらの作者のビジネスなのであり、彼らは最新のマーケティング手法を使ってうまくビジネスをやっているから、いつまでも有名なのである。

ザ・シークレットのようなビジネスとしての成功法則と、ハーナッキーの「秘訣」との違いを述べてみよう。
たとえば、今は安い車に乗っているが、ベンツが欲しいとしよう。
ザ・シークレットや類似の成功法則では、自分がベンツに乗っている様子をイメージし、ベンツの座席、ベンツのハンドルの感触をありありと想像せよと言う。
今は、Webでベンツの詳細画像をいつでも得られるので、そんなことは容易いし、さらに、ベンツに試乗すればもっと良いということになるだろう。
まあ、普通は、貧乏な人間が恥ずかしくてベンツの試乗なんか申込まないだろうが、さっきも述べた通り、ベンツの外観や運転席の鮮明な画像は手に入るので、分からない部分は想像力で補えば、十分にイメージは出来ると思う。
脳科学の教えによれば、脳は、鮮明な想像と現実の区別がつかないので、その鮮明な映像がやがて現実になるというのが、ザ・シークレット等の主張だ。
しかし、事実は、脳は確かに、想像と現実の区別がつかないので、想像でベンツに乗れば、「我、目標達成したり」と感じて満足してしまい、ベンツが欲しいという意欲がなくなってしまう・・・というのは、多くの人が経験済みではないだろうか。
つまり、イメージすることを、数日・・・長く持っても数週間で、やる気が全くなくなり、イメージするのが苦痛になる。
なまじ、何ヶ月もやれば、いつまでもベンツに乗れないので、ヤケクソになる・・・ならまだマシで、「俺にはやっぱり無理なのだ」という暗い劣等感にとり憑かれてしまう。
では、ハーナッキーの「秘訣」ではどうか?
ベンツに乗るために必要なことは全て自発的に行うという決意をするのである。
するともう、すぐに、「それほどベンツに乗りたい訳ではなかった」と気付く。
つまり、それは本当の願いでないことが分かる訳で、もっとやりがいのある目標を見つければ良いことが分かるのである。

「秘訣」を知った場合でも、「隣の美人の奥さんと不倫したい」とか、「あの可愛い新入社員と寝たい」、あるいは「イケメンの彼の彼女になりたい」とかいった願望を持ち、それを実現しようと思うかもしれない。
しかし、そのために何でもやろうなんて思うはずがなく、そんなことを本当に思えるなら、あまりに暇か、人間的に未熟過ぎるのだろう。
そんな者は、女(あるいは男)が欲しいという以前に、自分の生活や仕事がさっぱりに違いないのだ。
ハーナッキーの秘訣は大人のためのものである。

ハーナッキーの「成功の扉」の古書もそろそろ入手し難くなってきた。
しかし、別に本を読むまでもなく、単に、「断固としてやる」と決意するだけだ。
『灼眼のシャナ』で、坂井悠二が言った「出来る出来ぬではない。断固としてやる」や、その悠二が迷っている時に、悠二にシャナが言った「出来る出来ないじゃないの!やるの!」ということであり、それに関しては、アニメのイメージは有り難いものであると思う。
そして、ハーナッキーも述べた通り、「秘訣」は無料なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
IT学習
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ









タグクラウド
QRコード
QRコード