ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

潜在意識

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

我々の自由になるのは言葉だけ

大きな成功、小さな成功、大きな失敗、小さな失敗・・・その全ての原因は「たまたま」だ。
偉業を成し遂げた人のことを調べれば分かるはずだが、その偉人が正直で冷静であれば、間違いなく言うはずだ。
「私は、たまたまうまくいった」
と。
誰にでも、予想外にうまくいったことが何度かあると思う。
私もだが、そんな時のことを冷静に振り返ると、そこにあるのは、もう見事なまでの「たまたま」だ。
考えもしたし、努力もしかたもしれないが、それはむしろ、「思考が起こった」「努力が起こった」に過ぎない。時に、見栄っ張りの偉人が「私のように努力すれば成功する」と言うが、努力が原因で成功した人はいない。岡田虎二郎は「努力、克己の必要はない」と言ったが、明治34年に資産もなくアメリカに渡って学問に励んだ男にしてそうなのだ。
野球の王貞治さんが大バッターになれたのも、彼が草野球をしていた時、たまたまプロ野球のコーチが通りかかり、そのコーチがたまたま王さんに話しかける気になり、「左で打ってみなさい」と言ったことがきっかけだった。
アインシュタインが大学入試に失敗して予備校にいた時、たまたま素晴らしい科学の先生に巡り会っていなければ、彼が大科学者になることはなかったはずだ。

実際のところ、成功に見えようが、失敗に見えようが、はたまた、平凡な出来事に見えようが、全て「たまたま」だ。
「たまたま」は言い換えれば「偶然」であり、良い流れを起こす偶然を「幸運」と言う。
では、幸運、即ち、良い「たまたま」を起こせば良いのである。

純粋にして明晰(明らかにはっきりしていること)なことであるが、自分の「たまたま」は、自分の深い心(=潜在意識)が作っている。
ならば、潜在意識のプログラムを良いものに変えれば、思いもよらない幸運な出来事が、「たまたま」のように起こる。
ある若い日本のヨガ修行者に、何の見返りもなく道場を建ててくれる人が、たまたま彼の近くを通りかかり、彼に意識が向いたように。

そのために何をすれば良いのかは、普通の人に出来ることは、数多くの自己暗示だけなのだ。
自己暗示は、呪文、祈り、アファーメーション、つぶやき、口癖・・・何と言っても構わないが、同じ言葉を果てないほど繰り返すことが必要だ。
こう言うと、現代人の多くは納得しないに違いないが、無理に納得させる気もない。納得する、しないも、それまでに「たまたま」作られた個人のバックグラウンド次第だからだ。茶目っ気を起こして、わずか千回も唱えれば解るというのに。
アメリカの光明思想家で牧師のロバート・シュラーは、いつも「思い通りになるのが人生だ」と言ったが、彼自身が、そのような口癖を持っていたはずなのだ。彼のその他の教えは、宗教上の宣伝のようなもので、良い言い方をしても「補足」と思う。もちろん、補足にも傾聴すべきことは多くあるだろう。けれども、普通の人が自由に出来るのは「言葉」だけなのだ。もし不幸にも声が出なくても、心の声がある。
だが、彼は、有名になり、莫大な富を築き、偉くなると、普通の人が自由に出来る言葉が彼から離れ良い口癖を失ったので、結局、残念な最後になってしまったのだと思う。
だが、あなたは、この言葉が気に入れば、「思い通りになるのが人生だ」と、ずっとつぶやくと良い。それだけは、どんな人にも出来るのだ。
あるいは、ビートルズの『Nowhere Man』の歌詞にあるように、「世界は意のままだ」でも良いのだ。
出来るだけ感情を込めず、淡々と繰り返せば、やがて、暗い夜空が暁に染まり、光明が見えるだろう。











子供でも出来る超簡単な成功法

2冊の本の話をしたいが、以下の話を読めば、もう本の方は読まなくても良くなるかもしれない。
2冊の本とは、

『あなたも金持ちになれる』
ジョセフ・マーフィー著、和田次郎訳
産業能率大学出版部

『奇跡の超「右脳」開運法』
七田眞著
三笠書房
※絶版

である。
いずれも、潜在意識の力を使って願いを叶える方法が書かれているのだが、ちょっと面白い共通点がある。
それは、これらの本の、それぞれのある数ページを読めば、他の部分を読む必要がなく、即座に実行出来る。それは、最低限の知性しかなくても・・・子供でも出来ることだ。
ただ、それは人によるだろうし、他の部分にも良いことが書かれているので、手元に置いておくのも悪くないだろう。

『あなたも金持ちになれる』の第8章『富をつくる』の『富を生む三つのことば』では、ある女優の全てうまくいく秘法が明かされている。
それは、「歓喜・成功・富」の三語を頻繁にとなえることだ。
これは、マーフィーが彼女に教えたことではなく、彼女がどこで知ったのかは分からない。しかし、マーフィーはこの三語を、「これはまさに彼女の勝利の歌。これはあなたの生活をも勝利に導く歌」と述べている。

『奇跡の超「右脳」開運法』の『その3「金運」が不思議なほどよくなる』の『くじで一億円引き当てた「口癖」の魔力』には、こんな話がある。
失業中で住むところもない男が、七田氏の本を読んで、そこに書かれていた口癖の力を信じ、暇だったこともあり、1日中、「神様の奇跡が起こる」と唱えた。すると、1週間か2週間の後、明け方に、頭に数字が浮かび、その数字でロト6を買うと1億円当たった。その後、非常に感動的な話があるが、それを経て、さらに、この言葉を唱えると、また1億円当たる。
七田氏は、これは正真正銘の実話であると言う。

上の2つのお話は、よく似ているが、それらの本の中で、他の部分から独立したような内容であることもよく似ている。
つまり、他の部分は特に読まなくても、実行出来るし、それで何か不都合もない。
そして、再度言うが、およそどんな馬鹿でも簡単に出来る。
大切なことはただ1つ。出来るだけ頻繁に唱えること、そして、毎日続けることだ。
まあ、それがなかなか出来ないのかもしれないが、覚えていて、いずれやる気が出たらやれば良いのかもしれない。
その時のために、これらの本を手元に置き、しおりでも挟んで置くと良いだろう。











どうすれば信じられるか

いかなる潜在意識による成功法則も、一言で言えば、
「心の底から信じ切ったことは実現する」
である。
そして、人間が何かを信じるには、3通りのパターンがあると考えられる。
(1)鮮烈な出来事に出会う
例:最悪の条件下にあった知り合いが大成功するのを見る。
(2)崇拝する人物に肯定される
例:ミュージシャン志望の者が、憧れの大物ミュージシャンに「君もミュージシャンになれる」と言われる。
(3)繰り返し暗示を受ける

しかし、結局のところ、うまくいくのは(3)の「暗示の繰り返し」だけであると分かる。
(1)の鮮烈な出来事は、すぐに、その印象が色褪せる。そして、「あの人はやれたが、私にはやれそうにない」と思うようになる。
(2)の崇拝する人物に肯定されるにしたって同じで、月日が経ち、なかなかうまくいかないと、「あの人は、ああ言ってくれたが、それは間違いのようだ」と疑うようになるものだ。
(1)(2)は、最初は気分が高揚しても、それがさめていくパターンだ。
対して、(3)は、最初は疑いが起こっても、十分な回数、暗示を繰り返せば、やがて信じるようになる。
けれども、暗示でうまくいかない人は多い。
だが、うまくいかない理由は、単純に、「数が足りない」だけの話である。
少ない数(あるいは短い期間)でうまくやろうという考えが間違いである。

暗示は、自己暗示と他者暗示があるが、いちいち、他者に暗示をかけてもらう必要はないから、自己暗示を行う。
いや、そもそも、「お前は駄目だ」「お前は凡人だ」という他者暗示なら、幼い頃から十分に与えられていることが圧倒的だ。親や学校やテレビなどからね。だが、いよいよ、肯定的な自己暗示を行うのだ。
「私は一流のプログラマーだ」
「私は億万長者だ」
「私はモテる」
などという自己暗示は、数日は抵抗があるかもしれないが、たゆまず継続すれば、少しずつ抵抗は減り、いずれ、信念は強くなっていくのである。
「数が全て」
である。
出来る限り暗示を唱えれば、1日数百回は十分可能なはずだ。
それを効果が出るまで行うのである。
世界は潜在意識が作る、いわば夢のようなものである。
暗示により、信念になり、潜在意識に達すれば、必ず形になる。
短期間の成果など狙ってはならないが、後で考えれば、あっという間である。









【Udemy広告】Excel VBA[第1弾](超入門)エクセルが自動で仕事する!マクロの魔法 文系・非IT職もできるプログラミング

この世界の凄い楽しみ方

不安のない人間はいないだろう。
だが、人間は基本的に怠け者なのだから、不安がないと、無制限に怠けてしまう・・・つまり、何もしなくなるが、食欲と性欲はなかなか消えないので、不安がないとどこまでも堕落する。
時々、軽い躁病(そうびょう。気分が常に高揚する病気)なのかもしれないが、休みでも、片時もじっとせずに何かしている人がいて、そんな人は不安がなくても良いのだと思うが、前にも書いたが、リーダーは、鷹揚さ、超然さを感じさせる怠け者でなければ務まらない。

不安はあっても良いが、それが、働くことや勉強することの動機になるレベルでなければならず、不安で何も出来なくなるのは非常に拙い。
だけど、この世には、引き寄せの法則とか、潜在意識による成功法則があるのだから、それほど不安に思う必要は全くない。
一方、成功法則があるのだから不安が全くないというのも馬鹿なのである。
つまり、潜在意識による成功法則みたいなものは、どこか、疑わしいと考えることも必要なのである。
かといって、「俺は絶対信じない」というのでは苦労が多いのだから、ややこしく感じるかもしれない。
まあ、人間の態度としては、神仏をそれなりに信じる程度に、引き寄せの法則や潜在式による成功法則を信じるのが良い。

潜在意識による成功法則は、それを使おうという意思がなければ働かない。
つまり、リーダーはあくまで意思(制御された自我)なのだ。
昔は、潜在意識による成功法則を引き起こすのは、もっぱら、お祈りだった。
だから、人間の生活にお祈りは欠かせなかった。
けれども今は、お祈りをする習慣は少なく、暇な時間はずっとスマホをいじっている人は、潜在意識の無限の力が眠ったままになる場合が多い。
だから、スマホは、ほどほどにして、自己暗示や自己宣言を行った方が良い。
「初めに言葉ありき」である。
神が「光あれ」と言ったら光が出来、「海よあれ」と言ったら海が出来たように、人間は神と同じ力を持つので(少々弱いかもしれないが)、「プログラミングの能力よあれ」と言えば、プログラミングが出来るようになるし、「可愛い彼女よあれ」と言えば、素敵なガールフレンドが出来る。
それはね、もう絶対間違いない。
ただ、やっぱり、神様のように、言葉一発ではなかなかうまくいかない。
けれども、数を発すれば、同じようになるのである。
「親切な人ばかりの職場あれ」と、十分な回数言えばそうなる。私は、初就職の時、そう言った。そしたら、ブラック企業だったのに、皆、親切だった。
周りの人が親切なら、どんな職場でもやっていけるものである。
でも、ブラックが嫌なら、「待遇もいい職場」と言えば良い。
まあ、実際には、「楽しい職場に入る」など、常識的なもの言いをすれば良い。いずれにしろ、言葉で言えば、ちゃんとそうなる。
神は、決して、あせって、「光よあれ!光よ!光よ!早く出ろ!」とは言わない。「犬が西向きゃ尾は東」くらい、当然のように淡々と言うのである。あなたも同じようにしなければならない。
ある優良企業の社長は、口癖のように、「うちは金があるからな」と言っていたが、最初、それを聞く度に、「この人、何言ってんの?」と思ったが、そう言うからこそ、その会社はお金がいっぱいあるのだ。
なくてもいいから、「うちは金があるからな」と、十分な数言えば、必ずそうなるのである。
また、彼は私に言ってくれたものだ。
「俺が言ったことを、初めは誰も信じないが、いつも言った通りになるので、皆、俺についてくるんだ」

人間は、多少のスリルを味わうために、この世にいるのだから、そう完全に潜在意識による成功法則を信じ切ることは出来ないが、だからこそ楽しいのだし、数言えば、必ず言った通りになるのも面白いのである。











もっと呪文を

我々は、もっと呪文を唱えなければならない。
いや、実は、もう既に、誰もが呪文を唱えている。それもごく頻繁に。
ただし、ほとんどの人が、非常に好ましくない呪文を唱えているのだ。
「また嫌な目に遭う」「会社は辛い」「学校は嫌な場所だ」「どうせ私は駄目だ」
「私はあいつらの言いなりになるしかない」「逆らえない」「僕は弱い」「あいつは僕より偉い」「我慢するしかない」
一説では、人間は、1分間に、300から1000の呪文を唱えている。
それは、深層意識から出てくる言葉であり、深層意識の状態を表しているが、頭の中のひとり言(呪文)を繰り返すことで、深層意識の現在の状態を強固にしていくのだから恐ろしい。
つまり、人間は、教育された信念を自動的に強化していくように出来ている。なぜそうなっているのかというと、原始的な時代は、その方が生き延び易いからだ。
だが現代では、なぜ、マイナスの呪文ばかり唱えるようになったのかというと、1つは学校のためである。
学校は、従順な労働者を生産するための場所であり、必然的に、被支配者に相応しい呪文を生徒に叩き込む構造になっている。
もう1つは、支配者が民衆を自分達の都合の良い頭の持ち主にするためで、そのために近代では、新聞、テレビ、ラジオがフルに活用され続けている。
ともかく、我々は、深層意識に叩き込まれた呪文を消し、深層意識を好ましい状態にしなければならない。
そのためには、プラスの呪文を意識的に唱えるだけで良い。
それを数多く、継続的に唱えることで、深層意識の呪文を消し、新しい形の深層意識を形成する。
呪文の言葉は、自分にとってプラスのものなら何でも良い。
ただし、早く効果を出すためには、同じ言葉を使った方が良いだろう。ただし1つでは飽きるから、3つか4つが良いかもしれないが、それは人それぞれだ。
「私はできる」「できる」
「ツイてる」「豊かだ」「幸せだ」
「ありがたい」
ジョン・マクドナルドの『マスターの教え』という本には、沢山の肯定的な単語が紹介されている。
ただ、この本では、1日の中で一度、30分ほど唱えよと書かれているが、特に気に入ったものを1日中唱えるべきである。
当時は(この本が書かれたのは半世紀以上前と思われる)、その後ほど、支配者による洗脳が強固でなかったのかもしれない。
ただ、『四つの約束』などで知られる、ドン・ミゲル・ルイスは、旧約聖書の時代から、人類の頭の中には、悪しきひとり言が繰り返されていると主張している。

「呪文」「つぶやき」「自己暗示」は、どれも同じ意味と考えて良いが、これらについて、著者の個人的な思い込みが書かれたものは読まない方が良い。
重要なことは理屈ではなく、呪文を唱えることだ。
まとめて言うと、我々一般人は、頭の中で、悪いひとり言(呪文、暗示)が繰り返されているので、それを打ち消すために、本当に自分の役に立つ呪文を唱えることが必要なのである。
世界、あるいは、人生は、深い心・・・深層意識、潜在意識、無意識が作る。だから、そこが支配者の都合の良い暗示に満ちていては、我々は奴隷の人生を歩むしかないのである。
だが、深層意識の中の常態が良ければ、世界、あるいは、人生は、思いのままである。
そのための呪文を、頻繁に、そして、長期に渡って唱える必要があるが、その恩恵を考えると、容易いはずである。











プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード