ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

潜在意識

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

チャンスに備える

人間は、幼い時もだが、生まれてくる前の母親の胎内にいる時の状態も非常に大切で、母親の役割・責任は極めて重い・・・なんて話をよく見た。
ソニー共同創業者の井深大さんや、思想家の吉岡隆明さん、そして、著名な発生生物学者のブルース・リプトンは科学的に懇々と著書に述べている。
しかし、そんな立派な母親がどこの世界にいるのか?
そんなものがいるはずがなく、あなたも私も、母親、そして、父親や学校の影響を受けた潜在意識にはガラクタが詰め込まれていると思って間違いがない。
大切なことは、そんなボロボロの潜在意識を抱えた我々が、どうやれば人生を楽しく生きられるかではないのかね?
潜在意識の力は極めて大きく、心はそれに決して逆らない。
その潜在意識が、あなたの人生を破壊するようなもので一杯なのである。
ところが、催眠療法など、精神の専門家による治療に頼ることは無意味だ。むしろ、逆効果になる場合が圧倒的だろう。
なぜなら、心理療法家や精神科医に頼ると、彼らの潜在意識の暗闇まで追加で背負ってしまいかねないからだ。

じゃあ、どうすればいいかというと、そんなこと、聞くまでもない。
怪しげな潜在意識浄化のテクニックなど不要で、そんなものは潜在意識を改悪化するだけだ。
単に、我々が「自分でしゃんとする」しかない。
泣き言を言わず、前を向いて、即ち、希望を持って生きる。
アホらしいほど当たり前だが、他にやり方なんてあるはずがない。

あえて言えば。チャンスが来た時に備えておくことだ。
身体を鍛えたり、勉強したり、身だしなみを整えたりしてね。
せっかくチャンスが来ても、体力がなかったり、必要な教養がなかったり、また、場合によっては外見がボロボロのままでは、著しく不利になりかねない。
そして、チャンスは必ず来ると信じ、それに備えることが、潜在意識を浄化する最良の方法なのである。

それについて、イエスがこんなことを教えている。
6人の乙女が、夜に外で花婿を待っていた。
3人は、ランプの予備の油を持っていたが、他の3人は持っていなかった。
ところが、花婿はなかなか来ずにランプの油が足りなくなり、予備の油を持っていなかった乙女達は油を買いに行く。
しかし、その間に花婿が来てしまい、油を買いに行った乙女達は見捨てられた。
チャンスは遅れてくるかもしれず、それに備えなければならない。
駆け出し俳優だったバート・レイノルズは、大俳優クリント・イーストウッドに、「成功するまでどうしてましたか?」と尋ねると、イーストウッドは「準備をしていた」と答え、理解したレイノルズは、そこから飛躍した。
『灼眼のシャナ』でも、敵の要塞に捕らえられ、手も足も出ない状況の中でシャナは、「何か必ず起こる」と信じ、それをただ待っていたのではなく、ただし、無駄な悪あがきをせず、その何かに備えたのだ。
「チャンスに備えて何をするか」
これだけが人生を分けるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

好きなものは仕方がない

同性愛者が堂々、同性愛者宣言をするのをよく見聞きするようになったし、法律で同性婚を認める国もあるらしい(オランダ、スペイン、カナダ等)。
同性愛が善いかどうか、同性愛者が幸福か不幸かはどうでも良いことだ。
好きなものは仕方がないし、異性愛者にも不幸な者はゴマンといるのだから。
潜在意識が異性愛になっていれば異性を愛するし、同性愛になっていれば同性を愛する。それだけのことだ。
日本では、人口減少が深刻な問題のように言われるが、世界的には人口が増え過ぎて困っているという話が多いし、人口が少なくなっても、やがてAI(人工知能)ロボットが、人間の代わりにかなりの労働をやるようになるから、別に困らないという意見もある。

ところで、ロリコンが認められることにはなりそうもない。
同性愛者と比較にならないくらい多いのに。
これも、同性愛者同様、潜在意識がそうなっているのだから、どうにもならないことなのだ。

また、世の中には、常識的な感覚ではもっと理解し難い人もいくらでもいる。
血を飲むのが好きとか、さらには、人肉を食べたいという欲求を持っているとかで、異常なように思うかもしれないが、明らかに一定数はそんな人達がいるらしい。
そして、それだって、善いか悪いかの問題以前に、潜在意識がそうなっているのだから、好きなものは仕方がないのである。

自分の好きを、他者への配慮なく満足させて良い訳では当然ないが、自分の好きには逆らわない方が良い。
それは、ビルとビルの間にかけた、幅50センチの橋を渡るようなものだ。
理屈の上では簡単なことだが、潜在意識の強力な反発に遭い、それと戦いながら実行するのは不可能だ。
潜在意識に逆らうことは、それほど無謀なことなのだ。
かといって、人を殺して食べて良い訳ではないし、幼い女の子をさらって善いはずもない。
とはいえ、よほどの馬鹿でない限り、そんなことは、実際に他者を犠牲にしなくても、欲望を満足させる方法があるはずなのだ。
ところが、今はそんな「よほどの馬鹿」が増えているから困るのである。

そして、「恐ろしい馬鹿」が増えた原因というのは、潜在意識に逆らうからなのだ。
なぜ潜在意識に逆らうのかというと、世の中で異端者として排除されたくないからだ。
だがなぜ、世間の人々が同性愛者やロリコンを白眼視するのかというと、「同性愛者やロリコンでない自分は、そんなやつより優れている」と言いたい者が多いからで、そんなやつってのは劣等感の塊なのだ。
自分に自信のある者というのは、少なくとも、同性愛者やロリコン程度を見ても冷静なものである。
そして、自分に自信がある者というのは、潜在意識に逆らわない者だ。
エマーソンが「僕の本性が悪魔なら、僕は悪魔になり切る」と『自己信頼』に書いたようにだ。
だが彼は、自分の本性が悪魔だからといって、自分の欲求のままに悪の限りを尽くすと言った訳ではない。

潜在意識に特殊なプログラムをされてる者が問題を起こす理由は、強制的、あるいは、盲目的に潜在意識の「好き」に動かされてしまうことだ。
いや、これは、世間では異常と見なされないクラシック音楽好きやワイン好きの場合も全く同じなのだ。
自分が何が好きかくらい分かるだろう?
それをよく自覚し、自分の好きを冷静に観察することだ。
インドの聖者はとかく、心の全ての動きを観察しろと言うが、そんことは不可能、無茶だ。
観察すべきは、自分の「好き」だけである。
それを意識出来れば、潜在意識のエネルギーが解放され、大きな力を得るだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

潜在意識の中に入っていく

WOWAKA(現実逃避P)さんが初音ミクさんをフィーチャリングした曲の中の2つは、涙なくして聴けない。
ただ、それぞれ、たった1つのフレーズで・・・である。
『ワールズエンド・ダンスホール』では、「世界の隅っこでワン・ツー 」で、『アンノウン・マザーグース』では、「ガラクタばかり 投げつけられてきたその背中」だ。

これは、どういうことかと言うと、私の潜在意識の中には、
「お前には隅っこしか与えられていない」
「お前に与えられえるのはガラクタばかり」
と書き込まれているのだろう。
潜在意識の中の「刷り込み」を変える方法なんてのが、怪しげな者から、本当に優秀な者までが教えているが、そんなことは止めといた方が良いかもしれない。
おそらく、うまくいかないからだ。
なら、どうすれば良いかというと、潜在意識の悪い部分はそのまま・・・あるいはそれを利用し、良いものを作るのである。
世界の隅っこしかないなら黒幕になれば良いのだし、ガラクタが与えられるのなら、自分でお宝を取れば良い。
世界の隅っこなら、お宝で少々悪いことをしてもバレないさ。ガラクタを隠れ蓑にしてね(笑)。
TM(超越瞑想)を創始したインドのマハリシ・マヘーシュ・ヨーギのことは、私は個人的には詐欺師と思っているが、そんなやつこそ、良いことを言うものだ。
彼は、「本当に強力なビジネスマンは隠れている」と言うが、これはビジネスマンでなくても、何でも同じだ。
黒幕向きの人は、結構いるのだが、そんな者が「平凡なスター」「人気者」「善い人」を目指してはいけない。

多くの人が、潜在意識を作り変えようと何十年も大奮闘をした挙句、無念の生涯を閉じるのだ。
そんなこと、出来やしないのだ。
だが、潜在意識の中に、なかなかに強力な武器を作ることなら誰でも出来る。
そうだ。駄目なやつのままで超人になれるのである。
だが、悲しいやつが沢山いる。
30歳にもなってサッカー選手になるとか、50歳も過ぎて俳優やアーチスト(ミュージシャン)になるとか・・・阿呆!(笑)

では、どうやるか?
ポパイに、ハンバーガーばかり食べているおっさんとか、『天才バカボン』で、ラーメンばかり食べている変なキャラクターがいたと思う。
あれこそがヒントで、彼らがどうやれば超人になれるかを考えるのだ。
彼らの潜在意識の中には、「私はハンバーグが好き」「私はラーメンが好き」と書き込まれている。
それを消去することは、決して出来ない。
だが、潜在意識に強制されるまま、無意識にハンバーガーやラーメンを食べるのではなく、自分がハンバーガーやラーメンが好きなことを意識するのだ。
「私はハンバーガーが大好きだ」
と言葉で言ったり、思ったりするのだ。
何度も何度も繰り返し。
すると、意識は潜在意識に入っていく。
ポイントは、潜在意識の中の「好き」に着目することだ。
「私はピーマンが嫌いだ」では、むしろ、意識と潜在意識は反発し合う。
どこかの人気漫画家みたいに「俺は小学6年から中学2年までの女の子が好きだ」でも良い。潜在意識がそうなっているのだから仕方がないが、それを利用して潜在意識に入っていくのだ。

で、これがマジックなのだが、そうやっていると、相変わらずハンバーガーが好きなのだが、ハンバーガーの神様が味方してくれるのである。
真にハンバーガーが好きになるので、粗悪なハンバーガーに興味がなくなるし、無駄にドカ食いしなくなる。
そして、「ハンバーガーを食べるためにやるぞ」と思うと、何でもうまくいってしまうのである。
健康状態や精神状態(両者は本当は同じものだが)も良好になってしまう。
閉じ込められていたエネルギーが解放されるからだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

万能呪文が元気と成功をもたらす原理

呪文を唱えると、なぜ成功するのか、簡単にまとめよう。

まず、脳ってやつは、勝手に活動するということを知っておくべきと思う。
ぼーっとして何も考えていないように思える時でも、脳は勝手に考えている。
しかも、かなり激しく考えている。
だから、ぼーっとすればするほど疲れるのである。
(睡眠中はいろいろであるが、それはとりあえず置いておく)
そして、脳の勝手な思考は、普通の人では、かなり否定的な内容だ。
簡単に言えば、何も考えていない時、脳は「マイナスのつぶやき」を絶えず発し続けるのだと思って間違いない。
このように、脳は大量のエネルギーを消費して、マイナスの言葉をつぶやき続けているのである。
「私は駄目」「うまくいくわけない」「出来るわけない」「俺は大したことない」「私は醜い」
そのつぶやきの数、1分に300とも言われる。
だから、ぼーっとしていたら、なぜか気分が暗くなるとともに疲れるのである。

そこで、「自主的」に、「低エネルギー」で「肯定的」な言葉を唱えれば良いのである。
実際、うまくいく人間というのは、そんなことを意識的にか無意識的にやっているという研究報告があるようである。
たとえば、「大丈夫だ」「絶好調だ」「順調だ」「ツイてる」「ありがたい」などの言葉を頻繁につぶやいているのである。
あるいは、具体的に、「儲かるぞ」「俺はモテる」「決まってるな俺」「ま、金ならあるし」「勝つぞ」「(病気が)治る」と唱える者もいる。
これを十分にやれば、それまで、脳の勝手なマイナス思考が潜在意識に送られていたのが、プラス思考が潜在意識に送り込まれ、後は自動的にうまくいく。

要は、このプラスの思考活動を続ければ良いのである。
ところが、世の中には、その沢山の方法があるが、ほとんど全て「続かない」のである。
続ける最大の秘訣は、「ただ1つの言葉を使う」である。
そのためには、抵抗を覚える言葉では駄目である。
例えば、「世界平和の祈り」という素晴らしいものがあるが、私個人にとっては、あれは抵抗があり過ぎ、唱えるのに余計なエネルギーが必要で、私には続けることが不可能だった。
「南無阿弥陀仏」の念仏や「南無妙法蓮華経」も大変に良いが、これも、私にはやや抵抗があった。
だが、念仏の理念は非常に良いと思う。
誰にも抵抗がない言葉は、「大丈夫」だ。
そして、誰にも願いはあるだろうが、その個々の願いを言葉にしていたら、雑多過ぎるし、気恥ずかしかったり、後ろめたく思ったり、あるいは、切羽詰った思いになってしまい、心が乱れ、そこを、頭の勝手な思考活動につけこまれ、マイナスのつぶやきが強くなりかねない。
そこで、「全て順調」のように、「全て」と言えば、個々の願いはその中に含まれる。潜在意識も、そのように了解してくれる。

他にも、様々なことを検討して、最上の呪文は、次の3つの万能呪文であるという結論に達した。
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
このうちのどれか、一番好みに合うものを、「感情を込めず淡々と」「出来るだけ多く」唱えることで、潜在意識が透明で肯定的な想いで満たされると共に、エネルギーの節約にもなるのである。
この世で唯一、実践可能な成功法、それが、この万能呪文である。
ただ、万能呪文と同意の言葉であれば、別に何でも構わない。
同意とは、「あらゆる願いを含む」「肯定的」「現在形」であることである。
ただ、上の万能呪文から選ぶのが間違いないとは思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

万能呪文と命名

我が国の大宗教家だった五井昌久氏は、「老子のような人達は素晴らしい教えを残してはくれたが、では、一般の人は何をすれば幸福になれるのかといった具体的な方法論が欠けている」と言い、それで、ご自分は「世界平和の祈り」という、誰でも出来る簡単なものを教えているといった意味のことを言われていたと思う。
私も、それは非常に素晴らしいことだと思う。
また、五井氏は、世界平和の祈りも念仏も同じようなものであるが、今の時代、念仏が合わない人もいるだろうから、そんな人達のためにも世界平和の祈りがあると・・・だいたい、そんなことを言われていたと思う。
私は、これもうなづける。
それで、私も世界平和の祈りを唱えていたこともあるが、正直、私には合わなかった。
あまりに宗教的過ぎる・・・と言っても、実際、宗教なのだが、私は宗教に抵抗があるのだろう。
ただ、あくまで私がそう思うだけで、言うまでもなく、世界平和の祈りが好きな人は、これを祈るのが良い。
聖書や念仏に関しては、私は全く宗教と思っていない。
福音書は秘教的な力の書だし、念仏は宇宙原理に適合した1つの手法だ。
だから、素直に福音書を読めたり、念仏を唱えられる人は、それをすれば良いのだと思う。
だが、私にはいずれもやっぱり抵抗があるのだ。

私は、今年の4月頃に、8月末、あるいは、9月初めの、初音ミクさんのライブコンサート「マジカルミライ2018」に行くまで毎日、新約聖書の福音書を読むと決め、実際、1日も欠かさず読んだ。
素晴らしいものであったと思うが、やはり、時代の違いを感じる部分があった。
念仏は、毎朝仏壇で5回唱えているが、それ以上はやらない。
そして、時代を超えて普遍的に、誰にでも力を与えるのは、汎用呪文、あるいは、万能呪文というべきものであると分かった。
その、最高の形が、
「絶対、大丈夫だ」と「全て順調だ」である。
これのいずれかを、頭の中で唱える以外にやるべきことは何もない。
この汎用性、万能性に関しては、フランスの心理療法家エミール・クーエの自己暗示を参考にしている。
クーエの自己暗示の日本語の翻訳があまりにひどいと思えたのと、現在形が最も力を発揮すると考えられたので、改良し、万能呪文のような形にした。

万能呪文を数多く唱えていると、その必要性がひしひしと分かる。
頭の中から悪い想いがいくらでも湧き出てくることに気付くからだ。
そして、実は湧き出る以前に、潜在意識の中には、こういった悪い想い、悪い言葉が満ち満ちているのである。
だから、思い出した時に万能呪文を唱えて対抗し、さらにこれを潜在意識の中に送り込まないと、地獄に引っ張られていってしまうように思うのである。
それも、歳を取るごとにね。

クラウド・ブリステルやジョセフ・マーフィーの教えも、原理の理解のためには良いが、とにかく難しく、複雑過ぎて、まともにちゃんとやることは出来ない。
しかし、万能呪文であれば、簡単に出来、効果は全く変わらない。
同じ宇宙原理を使うのであるから、同じ成果を得られるのは当然である。
ただ、普通の人間の頭の中・・・いや、潜在意識の中には、本当に悪いものが多い。
それは、親や学校や世間やテレビや、あるいは、本から押し込まれた言葉から生まれた呪わしい教義や信念である。
まずは、それらを根絶しなければマイナスのままである。
それを最も安全に、誰にでも出来るのは汎用呪文である。
「絶対、大丈夫だ」「全て順調だ」
のいずれか一方を選び、唱えるだけで良い。
どちらにするか迷ったら、鉛筆を倒す(今どき、鉛筆がある家も少ないかもしれないので、ペンでも何でも良いが)と良い。
どちらも同じである。
また、自分が気に入った別の言葉でも、構わない。
ポイントは、個々の願いでなく全てを対象とする「汎用性」と、「現在形」であることだ。
そして、唱える時は、感情を込めず、淡々と心の中で唱えることが大切である。
目覚めた時や、眠る前には30回くらい唱えることをお勧めするが、いつでも思い出した時に唱えると良い。
それで、全てが良くなるだろう。

とりあえず、キョン(『涼宮ハルヒ』シリーズの主人公)的に言えば、
「では皆の衆、ここにめでたく、名前が決まった」
である。
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
という汎用呪文を、今後、「万能呪文」と呼ぶ。
まさに、名は体を示し、あらゆることに効果がある呪文である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ