ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

潜在意識

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

可能思考

今後は、若い人が少なくなるので、労働力が不足すると言われるが、もうかなり前から、特に中小企業では人手不足が叫ばれていた。
では、中小で良ければ就職は楽か、あるいは、今後の世界では仕事に就き易いかというと、それは全くなく、求められるのは若くて有能な人だけだ。
中小企業では「募集を行っても人が来ない」とよく言うが、それはあくまで、「求めているような(素晴らしい)」人が来ないだけである。
婚活市場で女性が足りないと言っても、求められるのは若くて可愛い女性だけだし、男が不足している場合でも、求められるのは、経済力があって人柄の良い、ある程度は若い男だけだ。
「プログラマーが致命的に不足している」なんて言われるようになって長いが、駄目なプログラマーには全く需要がなく、必要なのは、若くて優秀で責任感のあるプログラマーだけである。

ところで、私は、あまり就職に苦労したことがない。
面接に行けば、いつも、「是非!」と言われ、断るのに苦労したものだった。
私は決して、優秀ということはなく(笑)、そもそも、面接時に優秀なところを見せた訳でもない。
まあ、入ってからも優秀なところなど見せないが(笑)。
そこで考えてみたら、2人の経営者から、私が良さそうに思った理由を教えてもらっていた。
1人は、「可能性を感じた」、もう1人は、「ハッタリをかますところ」だった(笑)。
これは、どういうことかというと、実力がどうこう以前に、「自信がありそう」ということで、なぜ自信があるのかというと、「可能思考」とでもいうものを私が持っているからだと思う。
「可能思考」とは、どんなことも、「私は可能だ」と思うことが出来ることだ。
では、私がなぜ、可能思考を持っているかというと、ジョセフ・マーフィーの潜在意識による成功法則の本を読んでいたからだ。
マーフィーの成功法則では、人間なら誰でも持っている潜在意識に命じれば、どんなことも実現出来るのである。
1つ秘密を明かせば、親や学校の教師からは、大抵の人がそうだと思うが、ずっと、「お前には出来ない」「お前には無理」と言われ続けて「不可能思考」になっていたが、19歳の時、マーフィーの本を読むと、潜在意識にまかせれば何でも出来ると、説得力を持って書かれていて、「こりゃいいや!」と思い、それまで、「不可能思考」で鬱々としていたことへの反動から夢中になったのだろう。
歳を取って、失敗経験が多かったり、大きな挫折を味わっている場合は、かなり読まないといけないが、私は幸い若い時に、マーフィーの本に出合ったので、1回読めば十分だった(実際は数十ページで良かった)。

ジョセフ・マーフィーの潜在意識の法則も、一応は、引き寄せの法則と同じだが、「自分を通じて神の力が現れる」という、ソクラテスが言う雰囲気に近い。
引き寄せの法則では、どちらかというと、外にある力が作用するように感じてしまうかもしれない。
よくは知らないが『アナと雪の女王』の有名な歌『Let It Go~ありのままで~』の中に、「だってもう自由よ なんでもできる」という歌詞があったと思うが、この「なんでもできる」と思えることが、マーフィー理論の効能である。
可能思考は心地良い。
自信をなくして、可能思考が出来ない時に、憂鬱になるのである。
嘘でもいいから、「私は出来る」と思い込むこと、「Yes I Can教」の信者であることだ。








神の名の力

どんな時に願い事が叶い易いか・・・つまり、引き寄せがうまくいくかというと、一番は、命がかかっている時だし、その他では、名誉や責任がかかっている時だろう。
単に、叶ったら嬉しいとか、楽しいとか、面白いとか、贅沢したいといったことで引き寄せが出来るようになったら名人の域だろう。
また、自分の器量を超えたことは叶い難い。
例えば、自分が月に20万円稼げると信じられるなら、それくらいは稼げるが、月に100万円稼げるとは信じていなければ、なかなかそれだけは稼げない。
つまり、我々は、自分の枠を破り、心のキャパシティを広げる必要がある。

ここで注意しておくべきことは、社会(常識的な意味での社会)や学校や、あるいは、マスコミは、我々の心のキャパシティを小さくするように圧力をかけ続けているのだから、本来は、なるべく早く、敢然と、社会、学校、マスコミとは関りを断たねばならない。
特に我々を洗脳し、虫けらのような存在にするのはマスコミであるから、テレビは決して見てはならないし、新聞も、必要な箇所以外は見てはならない。
学校や会社で教わったことは、よほど必要な部分以外は捨てなければならない。
じゃあ、ネットは良いかというと、大抵は悪くなってきた。
SNSに居るのは、学校や社会やマスコミに洗脳された者が圧倒的だし、YouTubeのCMなどは非常に有害で、一瞬でも見ない方が良い。
だが、実際のところは自分次第であり、自分の精神さえしっかりしていれば、何を見ても問題はないはずである。

自分の心の枠を広げる良いものに、神の名がある。
そのカラクリは明確には説明し難いが、神の名は潜在意識の奥深くに存在し、個々の人間を超えた、集合無意識の中にも存在するからというのが、大雑把な理由である。
潜在意識の奥深くや集合無意識の中に、他に明確に存在するものは指摘し難いが、神の名だけはある。
特に、昔から民族で持ち続けた神の名は、ピュアに存在するので、その名だけで、心の深い領域にあるエネルギーと共に蘇るし、神の名であれば、悪い影響は、まあ、ない。
我が国の最高の神は、アメノミナカヌシノカミであるが、古事記の中の、様々な神の名は、日本人の潜在意識の奥や集合無意識の中に存在している。
仏教の仏の名だって、今や、やはり、心の深い領域に存在する。
もちろん、インドでの呼び名と日本での呼び名は異なり、民族的な影響はあるが、案外に多民族ともつながっている。
それは、西洋の神でも同じだし、日本でも、イエス・キリストの名には、極めて大きな力がある。
特に、キリスト教信者の場合であれば、イエス・キリストの名の元に願ったことは極めて叶い易い。
引き寄せがキリスト教国で盛んになったのも、そのあたりが、単純にうまくいくようになっていたからだ。
宗教に関して、新しい考え方をする人たちが指摘するように、やや言い方は悪いが、神の名はツールであり武器であるので、敬って使うなら、大きな恵をもたらしてくれる。
敢えて言うなら、「神」という言葉自体が、強力な神の名である。

昨日も書いたが、祈りとは、命令であり、要求だ。
聖書に、
「私の手になるわざについて、あなたが私に命じるのです」
とあるように、堂々、命令形で願えば良い。
例えば、「富よ来たれ」といった感じである。
「なれ」と言えば「なる」のである。








夢の世界の動かし方

『怪人二十面相』等で知られる小説家、江戸川乱歩(1894~1965)は、色紙にサインをする際、必ずこう書き添えたという。
「うつし(現)世はゆめ よるの夢こそまこと」
「昼〔ひる〕は夢 夜〔よ〕ぞ現〔うつつ〕」
(以上、Wikipediaより引用)
意味は、眠っている時の夢こそ本物の世界で、目が覚めている時の世界は幻想といったところだと思う。
目が覚めている時の意識は、ほとんどが顕在意識だが、顕在意識は全意識の5%に過ぎない。
しかし、夢の中では、顕在意識の割合はさらに小さくなるが、95%の意識である潜在意識の中にあるものが(少しずつだろうが)どんどん出てくるのだから、理屈で考えても、江戸川乱歩のその言葉は正しい。

ところで、今が現実か、夢の中かと考えたことがあるかもしない。
普段の生活とよく似た夢を見た時に、そんなことがあると思う。
そして、その判断は普通、難しい。
しかし、何かの理由で、ぱっと判ることがある。
現実世界ではありえない、あるいは、起こりえないことに気付いた時だ。
小説・アニメ『灼眼のシャナ』で、坂井悠二は、コーヒーを持って来てくれた母親に問う。
「ねえ母さん、このコーヒー、どこで買ってるの?」
母は微笑むが答えない。
それで、坂井悠二は、これが夢であると気付く。
彼は、母がコーヒーをどこで買っているか知らない。
自分の知らないことは、誰も答えられないからだ。
だが、実際は、答てくれることも多いが(笑)。
夢かどうかを見破りたい時は、指を引っ張ってみると良い。ただし、覚えていればだが(笑)。
夢の中では、指を引っ張ると、指が伸びる。

指を引っ張ることはなかなか覚えていないだろうから、普段から、何か特定の簡単な習慣を持っておくと良い。
例えば、人差し指を1本立てるとか、トランプ大統領のように、親指と人差し指で輪を作ってそれを振るとか(笑)。
または、呪文や念仏を唱えたり、数式を思い浮かべ、その意味を思い出したりなど。
面白いところでは、『銀河鉄道の夜』に出てくる、かおる子(12歳くらいの可愛い少女)の6歳位の弟のように、
「ケンタウルスよ露を降らせ」
と言うとか。
普段、特別な想いを持ってやっていることをやると、夢の中では、その「感じ」が異なるので、夢かそうでないか分かり易い。

夢だと分かったら、早速、世界を動かしてみよう。
この時、あせると、大抵失敗する。
それは、現実世界も同じだ。
あせるとうまくいかないのだ、何事も。
そして、夢の中では、何かになろうとするのではなく、何かでいようと思うとうまくいく。
例えば、美しい少女でも現れたら、彼女の恋人になろうと思うのではなく、彼女の恋人でいようと思うことだ。
それをやると、潜在意識の中に、1つのルートが出来、それは、目が覚めている時も存在する。
すると、現実も、自在にコントロール出来るようになる。
ゲーム感覚でやるとうまくいく。
だが、夢の中とはいえ、物理法則や道徳には、なかなか逆らえないものである。
そこで、普段から、物理法則に注意し、道徳を重んじるようにしておけば、夢も現実も、より自在になるのである。
現実の社会の取り決めではなく、自分の正義を貫くことだ。
それが力になるように心、あるいは、魂は出来ているようだ。








願いを叶える夢見術

眠っている時に、見たい夢を見るということは、誰もが挑戦したことがあると思う。
しかし、成功率はあまり高くない・・・あるいは、成功した試しはないと思う。
眠っている時は、顕在意識は停止しており、夢に現れるのは潜在意識の中にあるものだ。
誰も、潜在意識の中がどんなものかは分からないし、ほとんどの場合、潜在意識の中身は自分でも想像しないようなものなので、夢が予想外であるのは当たり前である。
また、夢というものは、目覚めて時間が経てば、ほとんど覚えていないが、それほど、潜在意識の中にあるものは、顕在意識で思うこととはかなり違うのである。

実は、夢で見たことは、何らかの形で現実になるものだ。
なぜなら、夢に現れる、潜在意識の中にあるものは、顕在意識で何度も繰り返し考えることによって作られたものだからだ。
だから、見たい夢を見るには、眠る前に考える程度では駄目で、普段から、繰り返し繰り返し考えなければならない。
そして、夢に見るほど繰り返し考えられたことなら、いずれ、現実にも表れるのである。

そうすると、面白いことが分かる。
引き寄せの法則で、願望を現実世界で実現しようと思ったら、イエス・キリストが福音書で言っているように、
「願いは叶ったと思えば叶う」
のであり、目標を明確にし、なんとか叶ったと思えれば良い。
しかし、叶った状態をイメージしても、心の中に、疑い、抵抗、葛藤が生まれ、うまくイメージ出来ない。
例えば、貧乏な人が、自分が金持ちになった状態をイメージしても、「まさかありえまい」と思ってしまうようにだ。
あるいは、憧れの女の子と恋人になったイメージをしても、「あんな素敵な子が僕なんか相手にするはじがない」「あんな高貴な子が僕の恋人だなんて恐れ多いし天が許さない」などと思うこともあると思う。
ところが、「こんな夢を見よう」と思ってイメージしたら、あくまで、夢なのであるから、もっと楽にイメージ出来ると思う。
それに、夢とはいえ、願いが叶う体験をするのは楽しいことなので、非常に良い気分でイメージが出来る。
すると、願いは叶うのである。
そんなことを続けていたら、夢と想像と現実の区別がつき難くなると思う。
その状態が快適に思えれば、願いはすぐに叶うようになるし、「願う前に叶う」という、初めは少し奇妙に感じるが、愉快なことも多くなる。
その頃には、あなたはもう地上のマスターである。








しゃんとした自我を持つ人を神は助ける

この世界は夢と同じ・・・と言うよりは、おそらく、VR(仮想現実)なので、どんなことが起きても不思議はない。
この仮想世界は、物理法則は厳しく適用されるように設定が行われていると思われるが、出来事の因果に関しては割と緩い・・・つまり、願いは叶い易いのだと思う。
いわゆる、引き寄せの法則は、少なくとも、そこそこに作用し、かなりうまく使える人もいるのだと思う。
そこに、神秘的な意味はない。
あくまで、科学技術的な問題と思う。

では、思う通りの状況に世界を変化させるのはどうすれば良いのかというと、細かいことはさておき、確実なことがある。
それは、心の力とか、意思の強さと言われているものだ。
それなしに大きな成果を上げた者はいない。
ただ、心の強さとか言っても、「弱い犬ほどよく吠える」の喩え通り、やる気アピールの強過ぎる者は、実際は弱いのである。
内に強い闘志を秘めた者は、表向き静かなものだ。
とはいえ、煩くはないが、緩んでぼーっとしてる者は、やはり心が弱く、何も出来ないのだ。

そこで、こんな話が参考になる。
英国の作家コリン・ウィルソンの、少年時代の思い出話だ。
彼と弟は、森に遊びに行って、道に迷ってしまった。
なんとか森を脱出しようとして、長い時間歩き続けたが上手くいかず、疲労と不安で身も心も疲れていたところに雨が降り出し、身体が冷え、とても辛かった。
弟は泣きわめき、すっかり駄々をこねている。
コリンもそうしたかったのだが、兄の自覚を奮い起こし、顔を引き締め、弟を一喝した。
この時、状況が変わったと言う。
人間の内部には無限の力があり、それを使えば、大抵の状況は打破出来る。
しかし、そのためには、「私」が「しゃんと」しなければならないのだ。
人間の右脳に秘められた偉大な力のことは、よく知られている。
しかし、右脳に働いてもらうためには、左脳が、しっかりと指揮を取らないといけない。
左脳と右脳の働きは、顕在意識と潜在意識、あるいは、人間と神と言っても良いかもしれない。
「神は自らを助ける者を助ける」
同じものを示す、左脳、顕在意識、自我、人、私・・・がグダグダでは、やはり同じものを指す、右脳、潜在意識、大我、天、神は助けてくれないのである。

まずは、自分がしっかりしないといけないという、大変に古典的な結論に落ち着いた(笑)。
しかし、真理は単純であり、大切にすべきことは「当たり前」である。
それが、現実正解と言われるVR世界(「シミュレーテッド・リアリティ」と呼ばれる)でも有効な設定であることは間違いないだろう。
そこで、『ソードアート・オンライン』のヒーロー、キリト君を見習うと良いと思う。彼はとても心が強く、だから負けないのだと思う。
私の場合、『サクラダリセット』の主人公、浅井ケイのようでありたい。春埼美空に「ケイ」と呼び捨てにされたいものだ(最近、かなり春埼萌えである(^^ゞ  )。












当ブログ著者、KayのAI書。
自動車の運転をするために覚えるべきことは、機械工学や熱力学ではなく、アクセルやブレーキやシフトレバーの使い方です。
同じように、AIを作るために覚えるべきことは、数学やプログラミングやAI理論ではなく、問題を推測問題に捉え直し、データを適切に整え、AIのパターンを選ぶことです。
技術者でもない人が、的外れな努力をしても、AIを作り、使えるようにはなりません。
この本では、AIの作り方を、普通の言葉で普通に理解出来る方法で身に付け、楽しい実習で応用出来るよう工夫しました。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード