ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

潜在意識

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

最低限の努力で成功する方法

「大死一番(だいしいちばん)」という言葉をご存じだろうか?
仏教の禅の書物である『碧巌録(へきがんろく)』の中にある言葉であるようだ。
意味は、なんとなく想像出来るかもしれないが、「死んだつもりでやる」「命を賭けてやる」ということで、決死の決意、決死の覚悟でやるということだろう。
何とも勇壮で、私は好きな言葉だが、そうそうやれるものではない。

とはいえ、誰だって、人生で大勝負に挑むことがある。
大学や高校の入試が、本人にしてみれば、そんな感じだし、人によっては、中学入試もそうだ。さすがに小学校の入試は、受験する本人は自覚が薄く、頑張るのは親かもしれないが。
他にも、重要な商談や、好きな人へのプロポーズ、あるいは、告白なんかも、やはり、当人にしてみれば命懸けの気分だ。
アメリカの海軍特殊部隊ネイビーシールズの入隊試験は非常に厳しいと言われている。
何日も眠らせてもらえない中、長距離を走り、学科試験を受け、スキューバダイビング中には教官が襲ってくる。
あまりの厳しさに、全米から集まった優秀な若者の大半が脱落する。
それに耐えられるほどでなくては、テロとの戦い等、過酷な特殊任務をこなせるようにはなれない。
ところで、厳しい問題を乗り越えられる人間は、頭の中で「大丈夫」といった肯定的な言葉を繰り返していることが、科学的な研究で分かっている。
そこで、そんな言葉を自主的に頭の中で唱えることを推奨する精神指導者も多い。
「大丈夫、うまくいく」「絶対、大丈夫だ」「出来る、必ず出来る」「売れるぞ」
しかし、そうやって、かえって大失敗することが多い。

ただ言葉を唱えるより、もう少しマシな方法としては、
「あれだけ勉強したのだから大丈夫だ」
「先生も大丈夫だと言ってくれたのだから合格する」
「しっかり準備したのだからプレゼンはうまくいく」
と、うまくいく根拠を思い出すというものがある。
しかし、そんな根拠は一瞬で崩壊する。

つまり、早い話が、余計なことを考えず、無心で挑むのが一番良いのである。
しかし、本当に命が懸かっているのでもない限り、なかなか無心にはなれないし、命が懸かっていれば懸かっているで、やっぱり、手足がすくんでしまい、無心にはなれない。
特に、勝負事では、敵はこちらを精神的に参らせる策を用意していることも多いのだ。

さて、では、大勝負の時はどうすれば良いのだろうか?
脳にまかせてしまうことだ。これは、無意識、あるいは、潜在意識にまかせるということと同じだ。
自意識なんて、脳の中(あるいは意識の中)のごく一部だ。そんなちっぽけなものが戦おうとするから、緊張し、プレッシャーに押しつぶされて負けてしまう。
脳にまかせる良い方法は、なるべく抵抗のない根拠を持ち出し、「だから、うまくいかないとおかしい」と唱えるのだ。
「よく勉強したから」といったように、これは既成事実だというふうに言えば、よほどの嘘でない限り、疑いは起こらないものだ。
「よく勉強したから」では、いまひとつ抵抗があるなら、「俺は頭が良い」「この学校に入る運命だから」など、抵抗を感じない根拠を考えれば良い。
もし、抵抗を感じない根拠が本当に何も浮かばないなら、それは得るべきものではないのだ。
入試であれば、ある程度勉強すれば、「ちゃんと勉強したのだから、合格しないとおかしい」としっかりと言える。そうすれば、後は、あなたよりはるかに優秀な脳、あるいは、無意識がちゃんとやってくれる。
しかし、本当に勉強していないなら、やはり合格するはずがない。
だが、こんな話がある。
UFO研究家として知られる矢追純一さんは、難関の中央大学法学部を受験したが、彼は、高校は全く通学しておらず、2人の妹を養うために毎日深夜まで働き、その後は飲みに行ったというから、勉強をしているはずがなかった。
だが、過去問集を暗記するか何かだったと思うが、1つだけ何かやったそうだが、それで、自分は合格すると決めつけ、入試の後は、さっさと旅行に出かけ、帰ってきたら、当然のように、合格通知が来ていた。
これも、「過去問の勉強をしたのだから受からないとおかしい」という感じだったのだと思う。
矢追さんは、大学の試験も、テレビ局への入社も、その他あらゆることを、脳(あるいは無意識)にまかせてうまくやってきたのだと思う。
矢追さんの著書『ヤオイズム』『矢追純一は宇宙人だった!?』を読むと、そんなことを感じるのである。








いざという時のための必殺の裏技

不可能が一切なくなる、無になるための方法を1つ、見つけるべきである。
しかし、それは、多少時間がかかるかもしれない。
そこで、それとは別に、いつでも、最低限の引き寄せを行うための方法を1つ用意しておくと良い。
緊急事態を乗り越えたり、ちょっとした軌道修正に有効だが、何より、不安を解消するために、是非、持っておきたいものだ。

それは、一頃流行ったルーチン(ルーティン)と似ているし、同じ場合もある。
良いルーチンは、一瞬、無になり、一時的に宇宙の力を借りる。
その意味でなら、同じものである。
こんなふうにもたとえられる。
格闘技で、普段は、実力通りの試合をするが、いざという時の奥の手を持っている人がいる。
それさえやってしまえば、勝ってしまうというものだ。
たとえば、プロレス史上最強のルー・テーズの場合は、ダブル・リストロックという、腕固めの関節技がそれで、「この技に何百回も救われた」と言う。いざとなれば、相手の腕を折ってしまえる技だった。
昔は、プロレスの世界チャンピオンともなると、相手が裏切った時(筋書き通りに負けてくれない時)のために、危ない秘策を用意していたものらしい。
まあ、そんなものを、あなたも持っておくべきなのだ。
この世には、人間社会の掟を守らない者、徹底した利己主義者、自分が良ければ他人はどうなっても良いと思う者、そして、不測の事態というものがあるからね。

私はそういった技を、単に、「奥の手」「切り札」あるいは「いざという時の裏の必殺技」などという言い方をしているが、案外に忘れてしまうことが多い。
それは、平穏が続いているということであり、人間を磨く…あるいは、男や女を磨く上であまり良いことではない。

いくつか、やり方を書いておく。
倶胝(ぐてい)という、昔の中国のお坊さんは、会う人ごとにそれを教えようと、相談を受ける度に、人差し指を1本立てて見せたらしい。
つまり、人差し指を1本立てると、一瞬、無になり、わずかの間だが、潜在意識の力を発動させることが出来る。
他にも、息を止める方法があるが、緊急事態に、善霊が声をかけてくる時は「息を吸え」と言う場合が多いと思う。
実は、息を吸って止めないといけないのだが、「吸え」とだけ言えば、次の瞬間、勝手に息は止まる。
しかも、その場合は、気管を喉の筋肉で圧迫せずに息を止めるという良い止め方になる。そして、吐いて止めるのは駄目なのである。
だから、自分で「息を止めるために吸う」と覚えておくと良い。
応用もある。例えば、息を吸って止め、額に意識を置く(集中する)などだ。これだと、いっそう、無に近付くことが出来る。
「いざという時はぼーっとする」と言う人。あるいは、「ぼーっとして、胸に意識を持ってくる」と言う人もいる。
武術家の中には、自分より強い相手と戦っても、ぼーっとしたら勝ってしまうという者もいる。まあ、この場合は、普段の心構えも必要である。
世の中で、どこか余裕がありそうで魅力的な人というのは、そんな「まじない」的なものを必ず持っているので、聞いてみても良いと思う。
私の想念停止術は、説明がややこしいが、強力なので、うまく説明出来そうになったら教えよう。








賢者の遺言

一休宗純(いっきゅうそうじゅん)は室町時代の臨済宗(禅宗の1つ)の僧で、「一休さん」の愛称で知られる名僧だ。
以下、この僧を「一休」と記載する。

一休は亡くなる直前あたりに、弟子達に、遺言となる一封の封書を渡し、
「本当に困った時に開けよ」
と言い残した。
弟子達は、その言いつけを守り、その遺言書を開けずにいた。
一休ほどの僧が、そう言って渡したからには、いかなる困難にも打ち勝つ秘策・秘法が書かれているはずである。
そして、実際にそうであった。
では、我々も、それを受け取りたいものであるが、それは以下で叶えられる。
月日が過ぎ、弟子達は本当に困難な状況に陥り、ついに、師の遺言書を開いた。
そこには、
「心配するな。なんとかなる」
と書かれていた。

以上は、あくまで伝承であり、真偽のほどは分からないが、作り話としても、一休らしいと思う。
そして、実際に、優れた教示、指南と言えると思う。
個人的には、実際的という意味においてすら、これに優るものはないと思う。

科学的研究によれば、人間は、頭の中で1分間に300ものつぶやきを発しているらしい。
多くの人間は、そのつぶやきのほとんどが否定的な言葉であるが、優れた人間は「大丈夫」といった、肯定的なつぶやきが多く、卓越した人間の場合は、困難な状況ですら、そうであると言われる。
「大丈夫」とは、まさに、一休の遺言である「心配するな、なんとかなる」という言葉を短くまとめたものである。
では、我々は、困難に陥った時、あるいは、そうでなくても、不安に襲われた時、自主的に、「大丈夫」「絶好調」といった肯定的な言葉をつぶやくべきだろう。そうでないと、頭の中は、さらに否定的なつぶやきが多くなり、それで、潜在意識が否定的に染まれば、さらに状況が悪くなる。
だが、肯定的な言葉を自主的につぶやき続けることで、潜在意識を肯定的な色に変えれば、知らないうちに問題は解決するだろう。
もちろん、問題解決のために何もしないと言うのではなく、潜在意識が肯定的になれば、本当にやるべきことが閃き、それに確信を持てる。そうであれば、不安なく行動出来るだろう。
そして、我々は、幼い時から、学校やテレビなどから、否定的なつぶやきをするよう方向付けられているので、なおさら、自主的に、肯定的な言葉をつぶやくことが必要であると思う。
尚、良いつぶやきは、自然な運動と共に行うと効果的だ。
散歩をしたり、腕振り運動をしたり、四股踏みをしながらだと、肯定的なつぶやきが楽に出来、潜在意識をプラスの状態にし易いと思う。
これが、一休も語らなかった秘法である。








空を飛ぶ方法

スーパーマンのように空を飛ぶ夢を見たことがあるだろうか?
私は何度かある。
ところで、手塚治虫の漫画『海のトリトン』の中で、空を飛ぶ夢というのは、太古の昔、人類が魚類だった時に海を泳いでいた記憶なのだという説もあると書かれている。そういえば、夢で空を飛ぶ時の飛行速度はかなり遅い場合が多かったと思う。

ただ、私は、ある時期から、空を飛ぶ夢を見なくなった。空を実際に飛んだらどうなるかを、多少なり想像出来るようになったら、高い所に浮かぶのが恐ろしく感じるようになったからだ。
最近、久々に空を飛ぶ夢を見たが、自分より高いところにある木や山や星は見たが、下は見なかった。高所恐怖症のスーパーマンだ(笑)。

ところで、空を飛ぶ夢を見たことがある人でも、そう簡単に飛べるわけではないと思う。
なぜかというと、飛び方が分からないからだ。考えてみたら、至極当然のことだ。人間は実際は飛べないのだから。
先に言っておくと、夢の中で自在に空を飛べれば、夢の中でも、現実でも、世界を自由に創造出来る・・・つまり、引き寄せが簡単に出来る。
以下、その(空を飛ぶ等の)やり方を説明する。

藤子・F・不二雄さん(1933~1996)の漫画作品『パーマン』では、スーパーマンから特殊なマスクとマントを与えられた人間は、それらを着用することでパーマンになるが、パーマンのマントを着用した人間は空を飛ぶことが出来る。
ところが、パーマンからマントを奪った男が、それを着用して空を飛ぼうとするが、うまくいかない。
そこで、その男がパーマンに、「どうやったら飛べるんだ?」と尋ねると、パーマンは「飛びたいなあって思えばいいんだよ」と答える。
実に、これは現実創造、あるいは、引き寄せの秘訣の1つである。
飛びたいなあと思って、マントにまかせれば飛べるように、「こうなって欲しいなあ」と思って、宇宙とか神とか潜在意識にまかせれば、それは実現する。
まあ、もっとよく知られたやり方は、「そうなったと思う」とか「そうなると信じる」などだが、それはなかなか難しい。
私が奇跡を起こした時は、多くの場合、「こうなる」と強く願った、あるいは、念じた気がするが、よく考えたら、その願いを手放した時に、願いが叶うのである。
大作詞家だった阿久悠さんも、ヒット曲を作る時は、曲がヒットした様子をイメージした後、それを忘れるらしいが、それはよく分るのである。彼も、作詞家としては引き寄せマスターだった。
だが、願ったり、好ましい状況をイメージした後に忘れるというのは難しい。人間は、願いに執着するからだ。
そこで、パーマンのように、軽い気持ちで、こうなればいいなあと思うと、すんなり叶うのである。
尚、ここまでは、自己啓発家でも、言っている人は多いのである。
ただし、最終の秘訣は、願いにモラルがあることだ。
なぜかこれは、私が知る限り、一人も言っていない。
なぜモラルが必要かと言うと、自然や宇宙にはモラルがあるからだ。
モラルとは、「制限すべきことは制限する」ということだ。
例えば、動物や虫は、オスがメスを争って戦う時でも、勝敗を決するルールが有り、それを超えて攻撃して、相手に怪我をさせることはない。
それがモラルである。
モラルがあるかどうか疑わしいような者が書いた道徳の本なんか読んだってモラルは得られない。
それよりも、宮沢賢治がモラルがある状態で書いた『銀河鉄道の夜』を読めば良い。
あるいは、『ソクラテスの弁明』や、司馬遼太郎の『真説宮本武蔵』の吉岡源左衛門について読めば、真のモラルが分かると思う。私も、時々、読み返す必要があるんだ(笑)。








やはり腕振り運動はメリットだらけ

腕振り運動をやるメリットの大きさを、私は最近さらに実感している。
簡単で手軽な、どこででも出来る運動でありながら、あらゆる面で優れた効果があり、やらないのは勿体ないと思う。

ただ、YouTubeなどを見ていると、首を傾げたくなるような腕振り運動のやり方を見せている動画がかなりある。
割と見るのが、大きく力強く振っているもので、それでも、筋トレという意味では良いのかもしれないが、腕振り運動本来の効果は全く得られそうにない。
それに、力強く振ると、身体のあちこちの故障につながる恐れがあると思う。
なぜなら、人間の身体は、力強く腕振り運動をするようには出来ていないと思えるからだ。

そして、細かい部分を見ると、腕振り運動には、本当にいろんなやり方がある。
私自身、いろんなやり方を試してみたが、理想に近いと思えたのは、前にもご紹介したが、
【外部リンク YouTube】ねこ背を根本から治すにはこれ!腕振り体操【新宿自律神経専門気功整体上氣元】
である。
ポイントは、てのひらをうしろに向け、後ろで、やや内側に振る・・・つまり、両手が、脚や腰を通過した後、両手が近付いていき、一番後ろに振った時に、最も両手が近付いているのだが、手が触れあうほどには近付けない。両手が触れるなら、力の入れ過ぎである。
あくまで、力を抜き、軽く振るようにしないといけない。
後ろに振る時に、両手が近付くように振ると、肩甲骨がほぐれて、これが非常に良い効果をもたらす。
肩こりは万病の元とか言われるが、肩凝りを根本から治すには、肩甲骨をほぐさないといけないのに、それをする方法を、ほとんど誰も知らない。
逆に言えば、腕振り運動で肩甲骨をほぐすと万病が治るかもしれない。
細かいメカニズムは省くが、肩甲骨をほぐすと、心肺に近いこともあり、血流が良くなる。
気功で、気が巡ると言うが、一般的に言えば、気が巡るというのは、あくまで血液が巡るということなので、腕振り運動により、血流が良くなるので、確かに気が巡っているのである。
多くの病気は、血流が滞って起こり、血流が良くなれば改善するのだと思う。
だから、適度にアルコールを飲むことも健康に良いし、歩くこと、走ること、泳ぐことも身体に良い。ただ、全てにおいて、やり過ぎは良くない。
特に、アルコールを飲むことと、走ることは、やり過ぎになる傾向があり、健康を害する原因になる場合も多いと思う。

腕振り運動は、力を抜けば抜くほど良いという特質があり、これが精神的に良い効果をもたらす。
単調な繰り返しであるのに、身体に良いことから、脳が快感を感じるので、続け易い。
邪念が入ると続け難いが、逆に言えば、淡々と丁寧にやるよう心がければ邪念が消え、無に近付き、人間の潜在能力を覚醒させることにつながる。

基本、数を数えながらやることが重要であるが、私は最近、「ありがたい」といった肯定的な言葉をつぶやきながらやるのも良いと思うようになった。
腕振り運動をしながらだと、無心に言葉を唱えられるので、肯定的な言葉が潜在意識に入り込み易いのである(無論、否定的な言葉もだが)。
我々は、長い間、学校やマスコミの影響で、否定的な言葉を潜在意識にため込んでいるので、それを反転させるための良い修行になるのである。
脳科学の研究によれば、人間は、頭の中で、1分間に数百の言葉をつぶやいているらしく、優れた人間は、それが総合的に肯定的であるが、ほとんどの人間は、総合的、あるいは、圧倒的にマイナスの言葉をつぶやいている。
そこで、無心に腕振り運動をやりながら、「ありがたい」、あるいは、「豊かだ」「嬉しい」といった言葉をつぶやくことで、潜在意識を肯定的な色に変えれば、そのメリットは計り知れないほど大きい。
可能であれば、スマートフォンにタイマーアプリを入れ、3分とか5分経過すればアラームが鳴るように設定して行えば便利と思う。私は、Androidの「タイマーPLUS」(広告なし)を使っている。

やはり、腕振り運動はメリットだからけであることが分かると思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード