ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

潜在意識

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

万能呪文と命名

我が国の大宗教家だった五井昌久氏は、「老子のような人達は素晴らしい教えを残してはくれたが、では、一般の人は何をすれば幸福になれるのかといった具体的な方法論が欠けている」と言い、それで、ご自分は「世界平和の祈り」という、誰でも出来る簡単なものを教えているといった意味のことを言われていたと思う。
私も、それは非常に素晴らしいことだと思う。
また、五井氏は、世界平和の祈りも念仏も同じようなものであるが、今の時代、念仏が合わない人もいるだろうから、そんな人達のためにも世界平和の祈りがあると・・・だいたい、そんなことを言われていたと思う。
私は、これもうなづける。
それで、私も世界平和の祈りを唱えていたこともあるが、正直、私には合わなかった。
あまりに宗教的過ぎる・・・と言っても、実際、宗教なのだが、私は宗教に抵抗があるのだろう。
ただ、あくまで私がそう思うだけで、言うまでもなく、世界平和の祈りが好きな人は、これを祈るのが良い。
聖書や念仏に関しては、私は全く宗教と思っていない。
福音書は秘教的な力の書だし、念仏は宇宙原理に適合した1つの手法だ。
だから、素直に福音書を読めたり、念仏を唱えられる人は、それをすれば良いのだと思う。
だが、私にはいずれもやっぱり抵抗があるのだ。

私は、今年の4月頃に、8月末、あるいは、9月初めの、初音ミクさんのライブコンサート「マジカルミライ2018」に行くまで毎日、新約聖書の福音書を読むと決め、実際、1日も欠かさず読んだ。
素晴らしいものであったと思うが、やはり、時代の違いを感じる部分があった。
念仏は、毎朝仏壇で5回唱えているが、それ以上はやらない。
そして、時代を超えて普遍的に、誰にでも力を与えるのは、汎用呪文、あるいは、万能呪文というべきものであると分かった。
その、最高の形が、
「絶対、大丈夫だ」と「全て順調だ」である。
これのいずれかを、頭の中で唱える以外にやるべきことは何もない。
この汎用性、万能性に関しては、フランスの心理療法家エミール・クーエの自己暗示を参考にしている。
クーエの自己暗示の日本語の翻訳があまりにひどいと思えたのと、現在形が最も力を発揮すると考えられたので、改良し、万能呪文のような形にした。

万能呪文を数多く唱えていると、その必要性がひしひしと分かる。
頭の中から悪い想いがいくらでも湧き出てくることに気付くからだ。
そして、実は湧き出る以前に、潜在意識の中には、こういった悪い想い、悪い言葉が満ち満ちているのである。
だから、思い出した時に万能呪文を唱えて対抗し、さらにこれを潜在意識の中に送り込まないと、地獄に引っ張られていってしまうように思うのである。
それも、歳を取るごとにね。

クラウド・ブリステルやジョセフ・マーフィーの教えも、原理の理解のためには良いが、とにかく難しく、複雑過ぎて、まともにちゃんとやることは出来ない。
しかし、万能呪文であれば、簡単に出来、効果は全く変わらない。
同じ宇宙原理を使うのであるから、同じ成果を得られるのは当然である。
ただ、普通の人間の頭の中・・・いや、潜在意識の中には、本当に悪いものが多い。
それは、親や学校や世間やテレビや、あるいは、本から押し込まれた言葉から生まれた呪わしい教義や信念である。
まずは、それらを根絶しなければマイナスのままである。
それを最も安全に、誰にでも出来るのは汎用呪文である。
「絶対、大丈夫だ」「全て順調だ」
のいずれか一方を選び、唱えるだけで良い。
どちらにするか迷ったら、鉛筆を倒す(今どき、鉛筆がある家も少ないかもしれないので、ペンでも何でも良いが)と良い。
どちらも同じである。
また、自分が気に入った別の言葉でも、構わない。
ポイントは、個々の願いでなく全てを対象とする「汎用性」と、「現在形」であることだ。
そして、唱える時は、感情を込めず、淡々と心の中で唱えることが大切である。
目覚めた時や、眠る前には30回くらい唱えることをお勧めするが、いつでも思い出した時に唱えると良い。
それで、全てが良くなるだろう。

とりあえず、キョン(『涼宮ハルヒ』シリーズの主人公)的に言えば、
「では皆の衆、ここにめでたく、名前が決まった」
である。
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
という汎用呪文を、今後、「万能呪文」と呼ぶ。
まさに、名は体を示し、あらゆることに効果がある呪文である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

予言は実現する

原宿駅前に、100席の原宿駅前ステージというものがあり、そこで、アイドルの女の子達がパフォーマンスするが、「ふわふわ」というチームの『恋のレッスン』という曲がある。
こちらもとても良い歌だが、同じタイトルの有名な曲に、本物の美女として知られた小林麻美さんが1973年に歌ったものがある。ちなみに、全く別の歌である。
小林麻美さんの方の曲の作詞は、主に1960年代から1980年代に活躍し、今でも『亜麻色の髪の乙女』などで知られ、グループサウンズ関連では最も売れた作詞家と言われる橋本淳さんだ。
この、小林麻美さんの『恋のレッスン』の1番の歌詞の中に、「今に何かが起る」というフレーズがあり、2番と3番では、同じ曲の部分が「甘い恋の出来事」になる。
つまり、「甘い出来事」を予感するのだが、それは「甘い恋の出来事」であることが示唆されているという訳だ。
さすが、名作詞家の詩の言葉は力を秘めている。
肯定的な予感ほど、優れたアファーメーション(心を鼓舞する肯定的な言葉)はない。

やはり1970年代と思うが、「大人のリカちゃん」である「レディーリカ」という人形があった。
大人の女性であることをアピールしていたが、16歳ということらしい。
16歳で大人、レディーというのは無理があるが、人形遊びをする年齢の子供達にとって、16歳は十分、大人のイメージだというのは納得出来る。
もし、18歳ということにしたら、小さい女の子達には大人過ぎるだろう。
元々は幼稚園から小学校低学年をターゲットにしたアニメで、実際、その年齢層に圧倒的人気だった『美少女戦士セーラームーン』や『ふたりはプリキュア』は、ヒロイン達が14歳で、そのあたりが、子供達にとっては、憧れのお姉さんとして丁度良いイメージがある年齢なのかもしれない。
このレディーリカのCMソングでは、やはり大人に相応しく「何かが起こる」と、秘め事を暗示する言葉が歌われる。
小林麻美さんの『恋のレッスン』の場合もそうだが、「大人になり、きれいになったので、これまでになかったことが起こる」というものだ。

ところが、多くの人の頭の中では「悪いことが起こる」という、悪魔のささやきが鳴り続けてるのである。
「今、悪いことが起こる」「今日、悪いことが起こる」「これから悪いことが起こる」
このような想いが潜在意識に刻まれ、実際は精神の中にも防御作用があるので、そのままにはならないにしても、やはり、かなりの頻度で悪いことが起こってしまう。
小林麻美さんやレディーリカの歌の「何かが起こる」は、とても素敵な出来事のはずだ。
しかし、常に頭の中で、悪しきヘビの呪いのような言葉が繰り返されている人には、それすら、否定的に感じてしまう。
だから、我々は、頭の中のつぶやきを「嬉しいことが起こる」に変えなければならない。
感情を込めず、淡々と、「嬉しいことが起こる」と頭の中で繰り返せば、潜在意識にそのように刻まれ、確実に嬉しいことが起こる。
こういった予言のような言葉は実現し易い。
「嬉しいことが起こる」
こうつぶやき続ければ、これは、予言であり、自己暗示になる。
そして、これは、クーエの言う「あらゆる面で良くなる」という普遍的自己暗示と同じで、「嬉しいこと」と言うのは、あらゆる嬉しいことを指すので、実際に、あらゆる嬉しい出来事が起こるのである。
私が思うに、「良くなる」より「嬉しいことが起こる」の方が活気があって良い。フランス語や英語では、クーエの言葉はリズムがあって良いのだろうが、日本語では、一般的に知られるクーエの自己暗示の言葉「毎日、あらゆる面で、私はますます良くなってく」は、いまひとつと言うより、「何じゃこれ?」と私は思う。
普段、「大丈夫、うまくいく」、不安が大きい時は、「大丈夫、絶対うまくいく」と言い、時折、期待を込めて「嬉しいことが起こる」と唱えるのも良いだろう。
もちろん、常に、「嬉しいことが起こる」と、頭の中でつぶやけば十分であり、幸せは約束される。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

願いは言葉にすれば叶い易い

中畑清さんが、長嶋茂雄さんに「絶好調」の呪文を教わった話と共に、最近、好きになった話がある(以前、一度書いた)。
ある男の戦争体験なのだが、その詳細は、実に凄惨で生々しく、あえて不謹慎極まる言い方をすれば、これほど面白いものもない。何せ、ノンフィクションなのだから。
それは、私のバイブルにもなっている『誰でも勝てる!完全「ケンカ」マニュアル』(東邦出版)の中に書かれている。
簡単に言えば、こんな話だ。
第二次世界大戦中、海軍にいた男は、乗っていた船が5回も撃沈された。
まずは戦闘で大勢の兵士が死に、敵戦闘機の爆弾攻撃で船が沈み、板に捕まって浮いているところを米軍機の機関砲で狙い撃ちされる。
なんとか生き残って海に浮いていたら、フカに海に引っ張り込まれるので、フカが来るたびに手足を引っ込めなければならない。
みんなで励ましあって頑張るのだが、翌朝には誰も返事をしてくれない。
疲労と恐怖と絶望の中で、みんな諦めて死んでしまうのだ。
だが、その男だけは5度もそんな目に遭いながら、生き残ったのだ。
なぜか?
秘訣は、「ただ1つのことを考える」のだそうだ。
それは、「陸に上がって酒を飲む」だ。
彼は大変な酒好きなのだった。
喉の渇きが激しくなるほど、その願望は強烈になる。
すると、ジョセフ・マーフィーの成功法則にあるように、潜在意識の力が働き、救助の船が奇跡的にやってくるようなことも起こり、実際、彼は必ず救助され、そして、願望通り酒をあおることになる。

なるほど、そんな厳しい状況では「絶好調」なんて言ってられない。
そこで、大好きなもののことを考えるのだ。
ナチスのユダヤ人収容所でも、ユダヤ人達は狭い部屋に恐ろしい数詰め込まれ、食事は週にパン2切れという中で、生き残った人達は、若者でも屈強な者でもなかった。
やっぱり、好きなもののことを考え続けた人が死ななかったのだ。
ある医師は、妻のことをずっと考え続け、妻に語りかけたそうだ。

だが、これらの場合でも、言葉を使った方が絶対に効果的なのだ。
上に挙げた、生き延びた人達も、きっとやっていたはずだ。
「酒」「陸に上がって酒を飲む」「酒をがんがん飲む」とか、妻の名、恋人の名、子供の名を呼び続けるのだ。
ロオマン・ガリの『自由の大地』でも、フランス兵達は、1人の少女が居ることを空想することで心を保ち続けたが、やはり、特定の少女の名を呼ぶのが良い。
川原礫さんの小説『アクセル・ワールド』で、シルバー・クロウが、手を光の槍に変える心意技を編み出すが、「赤の王」スカーレット・レインは、クロウに対し、技に名を付けろと言う。
言葉にすることで、技の発動を簡単に出来るのだ。
『サイボーグ009』でも、009ことジョーは、加速装置を使う度に「加速装置!」と唱えていたが、あれは正しいやり方なのである。
我々も、願いがあるなら、言葉にすれば、叶う確率は何倍にも、何十倍にも、あるいは、何百倍、あるいは、それ以上となる。
その際、あまり自分で感情を込めようとしない方が良い。
感情は、自然に起こるに任せるのだ。
「富」「成功」「地位」「名誉」など、簡単な言葉が良い。
そして、普段は、「大丈夫」「絶好調」など、特別な1つの言葉を、常に頭の中でつぶやくのだ。
「不動心たる我に不可能はない」と唱え続ければ、次々と勝利を掴むことになる。
「奇跡は起きる」と唱え続ければ、予期せぬ幸運がやってくるだろう。
努力は不要である。
ただし、本当に常に唱えた場合だけだ。それだけは根気良くやる必要がある。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

不屈の心はこの胸に

大きな目標を達成したり、困難な戦いに勝つためには、潜在意識、あるいは、右脳を活性化させなければならない。
そのために絶対に必要なことを1つ挙げるなら。
それは、「しゃんとする」ことだ。
「しゃんと」とは、
・物事がきちんと整っているさま。ちゃんと。
・姿勢または態度などがだらけていないで、きちんとしているさま。
・衰えを見せず、元気で活発にしているさま。
・確かに。きっぱりと。しかと。
という意味である。
これが、顕在意識、あるいは、左脳がやるべきことなのだ。

コリン・ウィルソンが『右脳の冒険』で、だいたいだが、こんな話を書いていたと思う。
弟と2人で、森の中、道に迷い、雨が降り、陽も落ちて寒くなり、弟は泣き出す。
自分も泣きたかったが、兄である自分がしっかりとしなければいけないという想いで自分を奮い立たせ、しゃんとした。
すると、不思議な活気がみなぎり、無事に家に戻れた。
ウィルソンは、左脳の意思が「しゃんとする」ことで右脳の膨大なエネルギーを引き出せたのだといったことを述べていたと思う。
もちろん、このあたりの表現はいろいろで、ウィルソンが正確にどう言っていたかは覚えていないが、大切なことは、「気力を奮い立たせる」「不屈の闘志を燃やす」といったことである。
それにより、大きな力が味方になってくれる。

自分がしゃんとして、潜在意識に指令を出せば、無限の力を持つ潜在意識が働くのである。
しかし、言い換えれば、自分がしゃんとし、ちゃんと指令を出す必要があるのだ。

私は、長谷敏司さんのSF『BEATLESS』を読了後、すぐに再読に入り、上巻を読み終え、下巻に入った。
私は、『涼宮ハルヒ』シリーズ、『(化)物語』シリーズ、『カゲロウデイズ』、『木枯し紋次郎』など、面白い小説は10巻、20巻、それ以上のものでも一気に読むのだが、すぐの再読が続いたのは初めてだ。
『BEATLESS』はそれほど長くはないが、紙の本で見ると、上下巻ともかなりの厚さで、合計で1100ページ以上はあると思う。
その『BEATLESS』で、私は、主人公の17歳のアラトと、少女型アンドロイドのレイシアのこんな会話を心に刻み付けた。

「レイシアは、僕をチョロいって言わないかわりに、間違うとへし折りにかかるんだな。僕をどうさせたいんだよ」
彼女の薄青の瞳が、存在しないこころからの願いを伝えるように、まっすぐアラトを見上げる。
「デザインしてください。わたしとあなたがともに歩む“未来”を。エリカの描いた絵図面ではなく、オーナーであるアラトさん自身の思うままに」
それは、目前の事件に振り回される彼が考えてこなかった、一段大きな戦いだ。
レイシアの視線は自信に満ちていた。
「わたしには、その未来を引き寄せる力があります」
~『BEATLESS』(角川文庫)下巻より~

レイシアを潜在意識に置き換えると、そのまま勝利の法則になる。
それは戦いであり、心がしゃんとしていなければ、それによって不屈でなければ出来ないことである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

現実の創造のために

念じたものを引き寄せる実証や訓練のために、特定の型のボールペンを手元に引き寄せたり、黄色い車を沢山見ることが出来るよう念じるみたいな話を何かの本で見た覚えがあるが、そんなことはやめておいた方が良い。
なぜなら、どんなボールペンでも、それほど欲しいと思わないだろうし、黄色い車を熱情を持って見たいとも思わないだろうからだ。
世界を動かすためには、強く、熱く、激しい願いが必要である。
俳優の高倉健さんは、ラーメンやビールを「渇望」を感じさせるほど美味しく食べ、飲む場面を見せるために、2日絶食で撮影に臨んだというが、この飢えた時の食欲、若い男が女と縁のない生活を長く送ってる時の女への渇望みたいなものが、願いを叶えるために必要である。
だから、安っぽく食べずに、いつもお腹をすかせ、アダルトゲームやグラビアなどに見向きもせずに禁欲し、さらには、周りとチャラチャラ仲良くせずに孤独に徹して人の温かみに飢えることは、限度を超えない限り良い訓練になる。逆に、そんな訓練を全くしない者は、まるで駄目男、まるで駄目子にしかなれない。

ただ、食事に関しては、満腹するまで食べなければ、十分に食べた方が良い。
過ぎた飢餓というものは、あまり良い影響はない・・・と、経験上言える。
つまり、食欲エネルギーというものは、精神エネルギーに転化出来ず、しかも、低級霊を引き寄せることになりかねない。
だから、「武士は食わねど高楊枝」というのは、経済的に貧しくて食べられない時でも、精神の力で飢えから意識をそらし、低級霊を引き寄せるなということなのだ。
一方、性エネルギーは、精神エネルギー、創造エネルギーに転化され、魔法の力になる。
ここらは、ナポレオン・ヒルも指摘しているが、別にヒルの本を読むまでもなく、単に禁欲すれば良いのである。

最初に戻るが、私は、「引き寄せ」というより、「現実の創造」「世界の改変」と言う方が、願望成就の実態に合っていると思う。
どうしても欲しいものは、どこかにあるものを自分のところに持ってくると言うよりは、目の前に作り出すと言った方が的確である。
つまり、正しい願望の実現とは、他の者が所有するものを奪うのではなく、状況を作り出すことなのである。

この世界は、コンピューターゲームのようなものだ。
では、そんな世界で、どうやれば、楽しくやっていけるだろう?
普通には、ゲームが上手くなれば良いと思うだろうし、それは間違いではない。
しかし、ゲームが上手くなるだけでは、奇跡や革命は起こせない。
本当に優れた成果を得るには、ゲームのルールを変えてしまえというのが、数学理論で経済活動に勝つためのゲーム理論だ。
だが、この言い方は古いものだ。
現代的に言えば、ゲームのプログラムを書き換えてしまえば良い。
とはいえ、宇宙を動かしているプログラムは高度過ぎて、人間にどうにか出来るものではない。
しかし、潜在意識の中の知性にとっては容易いことだ。
だから、潜在意識に頼めば良い。
明瞭に、情熱を持って頼めば、必ず現実を改変してくれる。
その能力を極端に備えていたのが涼宮ハルヒだった訳である。
だから、あの小説は大ヒットしたのだが、ヒット小説の多くが同じタイプである。
その中で『BEATLESS』というSFは本当に面白い。
原始的な潜在意識に一切触れず、その働きを、レイシア達超高度なアンドロイドの働きで表現している。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ