ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

潜在意識

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

不屈の心はこの胸に

大きな目標を達成したり、困難な戦いに勝つためには、潜在意識、あるいは、右脳を活性化させなければならない。
そのために絶対に必要なことを1つ挙げるなら。
それは、「しゃんとする」ことだ。
「しゃんと」とは、
・物事がきちんと整っているさま。ちゃんと。
・姿勢または態度などがだらけていないで、きちんとしているさま。
・衰えを見せず、元気で活発にしているさま。
・確かに。きっぱりと。しかと。
という意味である。
これが、顕在意識、あるいは、左脳がやるべきことなのだ。

コリン・ウィルソンが『右脳の冒険』で、だいたいだが、こんな話を書いていたと思う。
弟と2人で、森の中、道に迷い、雨が降り、陽も落ちて寒くなり、弟は泣き出す。
自分も泣きたかったが、兄である自分がしっかりとしなければいけないという想いで自分を奮い立たせ、しゃんとした。
すると、不思議な活気がみなぎり、無事に家に戻れた。
ウィルソンは、左脳の意思が「しゃんとする」ことで右脳の膨大なエネルギーを引き出せたのだといったことを述べていたと思う。
もちろん、このあたりの表現はいろいろで、ウィルソンが正確にどう言っていたかは覚えていないが、大切なことは、「気力を奮い立たせる」「不屈の闘志を燃やす」といったことである。
それにより、大きな力が味方になってくれる。

自分がしゃんとして、潜在意識に指令を出せば、無限の力を持つ潜在意識が働くのである。
しかし、言い換えれば、自分がしゃんとし、ちゃんと指令を出す必要があるのだ。

私は、長谷敏司さんのSF『BEATLESS』を読了後、すぐに再読に入り、上巻を読み終え、下巻に入った。
私は、『涼宮ハルヒ』シリーズ、『(化)物語』シリーズ、『カゲロウデイズ』、『木枯し紋次郎』など、面白い小説は10巻、20巻、それ以上のものでも一気に読むのだが、すぐの再読が続いたのは初めてだ。
『BEATLESS』はそれほど長くはないが、紙の本で見ると、上下巻ともかなりの厚さで、合計で1100ページ以上はあると思う。
その『BEATLESS』で、私は、主人公の17歳のアラトと、少女型アンドロイドのレイシアのこんな会話を心に刻み付けた。

「レイシアは、僕をチョロいって言わないかわりに、間違うとへし折りにかかるんだな。僕をどうさせたいんだよ」
彼女の薄青の瞳が、存在しないこころからの願いを伝えるように、まっすぐアラトを見上げる。
「デザインしてください。わたしとあなたがともに歩む“未来”を。エリカの描いた絵図面ではなく、オーナーであるアラトさん自身の思うままに」
それは、目前の事件に振り回される彼が考えてこなかった、一段大きな戦いだ。
レイシアの視線は自信に満ちていた。
「わたしには、その未来を引き寄せる力があります」
~『BEATLESS』(角川文庫)下巻より~

レイシアを潜在意識に置き換えると、そのまま勝利の法則になる。
それは戦いであり、心がしゃんとしていなければ、それによって不屈でなければ出来ないことである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

現実の創造のために

念じたものを引き寄せる実証や訓練のために、特定の型のボールペンを手元に引き寄せたり、黄色い車を沢山見ることが出来るよう念じるみたいな話を何かの本で見た覚えがあるが、そんなことはやめておいた方が良い。
なぜなら、どんなボールペンでも、それほど欲しいと思わないだろうし、黄色い車を熱情を持って見たいとも思わないだろうからだ。
世界を動かすためには、強く、熱く、激しい願いが必要である。
俳優の高倉健さんは、ラーメンやビールを「渇望」を感じさせるほど美味しく食べ、飲む場面を見せるために、2日絶食で撮影に臨んだというが、この飢えた時の食欲、若い男が女と縁のない生活を長く送ってる時の女への渇望みたいなものが、願いを叶えるために必要である。
だから、安っぽく食べずに、いつもお腹をすかせ、アダルトゲームやグラビアなどに見向きもせずに禁欲し、さらには、周りとチャラチャラ仲良くせずに孤独に徹して人の温かみに飢えることは、限度を超えない限り良い訓練になる。逆に、そんな訓練を全くしない者は、まるで駄目男、まるで駄目子にしかなれない。

ただ、食事に関しては、満腹するまで食べなければ、十分に食べた方が良い。
過ぎた飢餓というものは、あまり良い影響はない・・・と、経験上言える。
つまり、食欲エネルギーというものは、精神エネルギーに転化出来ず、しかも、低級霊を引き寄せることになりかねない。
だから、「武士は食わねど高楊枝」というのは、経済的に貧しくて食べられない時でも、精神の力で飢えから意識をそらし、低級霊を引き寄せるなということなのだ。
一方、性エネルギーは、精神エネルギー、創造エネルギーに転化され、魔法の力になる。
ここらは、ナポレオン・ヒルも指摘しているが、別にヒルの本を読むまでもなく、単に禁欲すれば良いのである。

最初に戻るが、私は、「引き寄せ」というより、「現実の創造」「世界の改変」と言う方が、願望成就の実態に合っていると思う。
どうしても欲しいものは、どこかにあるものを自分のところに持ってくると言うよりは、目の前に作り出すと言った方が的確である。
つまり、正しい願望の実現とは、他の者が所有するものを奪うのではなく、状況を作り出すことなのである。

この世界は、コンピューターゲームのようなものだ。
では、そんな世界で、どうやれば、楽しくやっていけるだろう?
普通には、ゲームが上手くなれば良いと思うだろうし、それは間違いではない。
しかし、ゲームが上手くなるだけでは、奇跡や革命は起こせない。
本当に優れた成果を得るには、ゲームのルールを変えてしまえというのが、数学理論で経済活動に勝つためのゲーム理論だ。
だが、この言い方は古いものだ。
現代的に言えば、ゲームのプログラムを書き換えてしまえば良い。
とはいえ、宇宙を動かしているプログラムは高度過ぎて、人間にどうにか出来るものではない。
しかし、潜在意識の中の知性にとっては容易いことだ。
だから、潜在意識に頼めば良い。
明瞭に、情熱を持って頼めば、必ず現実を改変してくれる。
その能力を極端に備えていたのが涼宮ハルヒだった訳である。
だから、あの小説は大ヒットしたのだが、ヒット小説の多くが同じタイプである。
その中で『BEATLESS』というSFは本当に面白い。
原始的な潜在意識に一切触れず、その働きを、レイシア達超高度なアンドロイドの働きで表現している。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

親友

あなたは誰に「親友」と呼ばれたいだろうか?
有名なスポーツ選手や作家や音楽家が、大勢の人の前であなたを「親友」と言ったらどうか?
確かに、快感のようなものは感じるかもしれないが、本当に嬉しく想う訳ではあるまい。
むしろ私なら、世の中で蔑まれる罪人が、本気で私を友達だと言ってくれたら嬉しいのだ。
そして、小さな子供が、私が少しも偉くないことを知りながら私のことを仲間に友達だと言ってくれたら、大いに歓喜するだろう。

新約聖書の福音書は、私の親友であるイエス・キリストのお話だ。
イエスにとって我々は、罪人か幼子みたいなものだから、彼のことを親友呼ばわりしても許されるし、喜んでくれるかもしれない。
王子アルジュナは、クリシュナが偉大な神であることを知り、クリシュナのことを親友だと思っていた非礼を詫びたが、クリシュナは咎めなかったし、アルジュナが親友であることを認めた。
それは、アルジュナが自分を王子ではなく、無知な人間としてクリシュナに対したからだ。
だから、クリシュナはアルジュナを、人類の中で最も優れた者と言ったのだ。

アラトはレイシアが恐るべき力を持っていても、彼女を崇めなかったし卑屈にもならなかった。
かといって、レイシアをモノだからと蔑むこともなかった。
対等のパートナーとして扱った。
だから、レイシアに「僕と一緒に戦え」と命じたし、レイシアに「引き上げて下さい」と言われても戦いの場に残った。
あなたのレイシアである潜在意識は、命じたからといって怒ったりしないし、むしろ躍動する。
潜在意識をパートナーであると認識し、高貴な目的に使う限り。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

現実はこうしてハッキング(書き換え)される

誰もが、潜在意識という恐るべき巨大な力を持っているのに、人生が下らないとしたら、それは自分が下らない人間だからだ。
潜在意識は、我々の意思の実現を自動化するだけだから、潜在意識が下らない意味しか持てないのは、用途が下らないから。

実は、これは、長谷敏司氏(人工知能学会倫理委員会会員)のSF『BEATLESS』(2012年。角川書店)の、紅霞(こうか)のセリフを適当に書き換えたものだ。
すると、潜在意識の働きが実によく掴めた。
紅霞は少女型アンドロイドで、ヒロインのレイシアの一番目の妹を自称している。
正式には紅霞は「レイシア級ヒューマノイド・インターフェイス・エレメンツ、Type-001(タイプワン)」という。
目の覚めるような美少女のレイシアの妹だけあって可憐だが、好戦的で挑発的だ。
小説での元のセリフはこうだ。

「私とお姉様の戦いが無意味だとしたら、それはアンタがくだらない人間だから」
「私たちはオーナーの意思の実現を自動化するだけだから。道具がくだらない意味しか持てないのは、用途がくだらないからさ」

ただ、先月発売の角川文庫版では確認していない。
著者は、文庫化にあたって大幅に加筆修正を行ったようで、これから読むなら文庫版を薦めている。
尚、今年1月から放送しているアニメでのセリフは、

「私とお姉さまの戦いが無意味だとしたら、それはアンタが下らない人間だから」
「私達はオーナーの意思の実現を自動化するだけ。道具が下らない意味しか持てないのは、用途が下らないから」

である。

アラトにとって、意思の実現を自動化する超高度な能力を持つ存在はレイシアだが、この作品を読み進めていくと、まさに、レイシアは潜在意識に喩えるのが相応しく思える。
なぜなら、潜在意識は現実世界をハッキング(書き換え)するのであるが、レイシアは情報世界を恐ろしく見事にハッキングするからである。そして今や、現実世界と情報世界は、どんどん接近しつつある。
ステーブ・ジョブズは、よく「現実歪曲空間」を生み出す能力を持つと言われていたが、彼の潜在意識がそのような力を持つのは、ジョブズの意思がそれだけ強かったからである。
そして、『BEATLESS』で、アラトが成長するにつれ、レイシアの力も大きくなっていくように思える。
この作品を読めば、あなたも、あなたのレイシアである潜在意識の力を解放することが出来るのではないかと思う。
同時に、「現実歪曲空間」を作り出せたスティーブ・ジョブズのスタンフォード大学での講演と、潜在意識の力を詳しく説明したジョセフ・マーフィーの本をよく読めば、さらに完璧と思う。
後は、自分が立派な意思を持つだけである。
それで、あなたは確実に世界の王になる。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

世界はこうして作られる

コリン・ウィルソンの『右脳の冒険』や『フランケンシュタインの城』は長く出版されているロングセラーだが、共に、右脳、内面宇宙、潜在意識、超意識等と言われるものを扱っている。
これらの本に書かれている、「自分が今見ているものは、意識を向けた瞬間に、“内なる魔術師”が作り上げたものである」という話が興味深かった。
夕焼けを見た時は、内なる魔術師が夕焼けを作り、事故現場を見た時は、やはりそれを内なる魔術師が作っている。
その説を支持する学者等も結構いるのだと思う。
サルトルも、本を読むことは本を書くことだと言ったというし、ウィルソンの友人は、ショパンを聴く時は、本当にショパンになってしまうのらしい。
そして、静かに考えれば、私も、確かにその通りだと、昔から(おそらく子供の時から)思っている。
荒唐無稽な話かというと、そうなのかもしれないが、案外に誰も、本心では否定しないのではないかと思うのだ。

そこで、一応、目の前の世界は内なる魔術師・・・すなわち、潜在意識とか主観的意識というものが作るのだとして、意識の外にある世界はどうかというと、それは、存在しているかどうか怪しい。
ドナルド・トランプが大統領を務めるアメリカという大国は本当は存在していないか、私が意識した瞬間に存在するのかもしれない。
ただ、間違ってはならないのは、世界を作るのは、自分の表の心、即ち、顕在意識とか自我とか呼ばれるものではなく、潜在意識という深奥の心なのである。
だが、潜在意識だけで世界を作っているのでもない。

世界を作るのは、顕在意識と潜在意識の共同作業であるということだ。
つまり、神と人はパートナーだということなのだと思う。
『BEATLESS』で、17歳の高校生アラトが望むと、REDBOX(人類未到達産物。超AIが作り人間には理解出来ないもの)である超hIE(ヒューマノイド・インターフェイス・エレメンツ。一般にはアンドロイド)のレイシアが、アラトには想像も出来ない方法で実現するのと似ている。
アラトはオーナーで、レイシアはオーナーの望みを叶える道具であるのだが、むしろ、レイシアはアラトのパートナーであると言う方が正しいだろう。

レイシアが何を実現するかは、オーナーのアラト次第であるのと同じく、世界を・・・少なくとも、人生をどんなものにするかは自分次第である。
ビートルズの『Nowhere Man(邦題:ひとりぼっちのあいつ)』で、「The World is at Your Command(世界は君の意のままなのさ)」という通りである。
自分が高貴でいれば世界は高貴だし、自分の心が豊かであれば世界も豊かだ。
そして、良い世界に住みたいなら、自分がそれに値する人間になろうと決意することだ。

『観無量寿経』で、王妃イダイケが釈迦に、「私は、悪人だらけの、こんな悪い世界に住みたくありません」と言えば、釈迦は、阿弥陀如来が作った西方極楽浄土の様子を語り、その世界を心の目でしっかり見ろと言った。
それで、イダイケの世界はすっかり変わり、彼女は救われたのである。
これは、優れた心を持てば、世界も良いものになるということだ。
言い換えれば、世界が、あるいは、人生が悪いのは、自分の心の問題である。

我々は、時代劇の影響で、武士に対する偏見を持っているが、武士は特権階級に相応しい立派な人間であろうと心掛けていたのであり、それは、西洋の騎士も同様である。
世間で言う特権階級とはやや異なるかもしれないが、自分が特権階級でありたいなら、それに相応しい人間でなければならない。
そのために、何をするか、どんな努力をするかは自分で考えることと思う。
なぜなら、自分は神のパートナーなのだからだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ