ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

潜在意識

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

願望を叶える体内に内蔵されたメカニズム

潜在意識に願望を送り込めば、その願望は実現する。
潜在意識に願望を送り込むには、普段の意識である顕在意識が弱くなっていなければならない。
ところが、願望を思い浮かべながら顕在意識を消すというのが至難の技で、それをするために沢山の方法が考案され、涙ぐましい努力が続けられてきたのである。

眠りかけのうとうとした状態や、目が醒めたばかりのぼんやりした状態では、顕在意識が弱いので、そんな時に願望を言葉やイメージにすれば良いという話があるが、そんな状態で願望のことを考えることは難しい。
そもそも、願望のことを考えられるなら、既に十分に顕在意識が強くなっているのである。

脳波がアルファー波の状態では顕在意識は弱く、シータ波なら顕在意識は消えているというので、脳波をアルファー波やシータ波に下げる機器を使うというのは、良い方法だと思われた。
それには、橋本健氏が発明したアルファコイルや、政木和三氏が発明したパラメモリ、アルファシータ、そして、それと同じ原理で作られたバイオソニックなどが使われた。
また、パラメモリと同じことをスマートフォンで実現するアプリGeniLaxを、株式会社ジェイデータの佐々木耕司社長が開発し、無料で公開して下さっている。
だが、欲望を持てば、どんなものを使っても、脳波はやっぱりベータ波に戻る。
上記の装置やアプリは、ストレスを低減するには良いものだが、願望達成のためには、あまり役に立たないと思う。

しかし、呼吸を微かにすれば、速やかに顕在意識は退き、潜在意識が表出するのである。
しかも、意思により呼吸を微かにするのであるから、弱い顕在意識と強い潜在意識が協力関係を築いていることから、最低限の思考は保持されていて、顕在意識は潜在意識に願望を伝えることが出来るのである。
ところで、渡部昇一氏が大島淳一名義で書いた『あなたはこうして成功する』という、ジョセフ・マーフィーとの対談という形で書かれた本(実際にマーフィーと対談した訳ではない)で、マーフィーに「この本が悪人の手に渡らないことを祈っている」と言わせているが、それは無用な心配である。
呼吸が微かであれば邪まなことは考えられないし、邪まなことを考えれば、呼吸は荒くなるからである。
ところが、岡田虎二郎は、人間は腹から力が抜けた時によからぬことを考えると言ったらしいが、それが本当だとしても、長時間、腹に力を入れていることは出来ない。
とはいえ、虎二郎の言うことにも道理はある。
呼吸を微かにすると、腹ともつながりのある、体内に隠されたある精妙なメカニズムを動かすのだが、そのメカニズムこそ、高次の能力を発動させる秘密の体内装置だからである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

物語性のある生き方をしているか

変わらない繰り返しの日々を淡々と生きるのが尊いと言う話がある。
一方、人生は冒険だ、激しく生きなければならない・・・なんて言う人もいる。
さて、どっちが正しいのか?
気取るつもりはないが、どっちでもない。
いや、そんなの、どうでも良いことなのだ。

肝心なことは、それが物語であるかどうかだ。
自分の心と、大きな心が共同で作っている物語であれば、客観的にどうであろうと、満足度に違いはない。
そして、物語性のない生き方をしていると、物語になるよう、大きな心が事件を起こす。
病気になったり、事故に遭ったり、トラブルが起こったりね。
人生ってやつは、物語でなくちゃならない。

よくあるのが、成功するまでの物語は作ったのに、成功した後で、物語を作るのをやめちゃった結果・・・マズいことが次々起こるってやつだ。
「お金もいっぱい出来たので、プチ引退して、残りの人生は遊んで暮そう」なんて思ったら、間違いなく、ヤバいことが起こるんだなあ。

日常に揺らぎを起こすことだ。
安定が一番良くない、いや、恐い。
馬鹿なことを始めることだ。
自分がそれをやれば、大きな心(潜在意識、無意識、神、仏)が支えてくれる。
物語性のない成功に何の意味もない。
まあ、楽しくやろうぜってことだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

意識と無意識のパートナーシップ

人間には、意識(自我意識)の他に、無意識とか潜在意識という、自覚出来ない深い心があるらしい。
深層心理学とか精神分析学といった、いろんな学問間で用語が統一されていないので、無意識と言ったり、潜在意識と言ったりするのだと思う。
そして、無意識と呼ぶ学問と、潜在意識と呼ぶ学問では、それらの意味もまた異なるのだろうが、そういった学問上の意味が正しいとは限らず、我々は、無意識も潜在意識も同じと考えて良いだろう。
よって、以降、無意識で統一する。
無意識は、意識よりはるかに大きく、意識が10%で無意識が90%とか、いやいや、1%と99%だなんて言う人もいるが、本当は、そんなもの計量しようがない。

そして、知るべきことは、無意識の中には強大な力があることだが、その力の正確なことは分からないし、実際は、僅かなことしか分かっていないのかもしれない。
心理療法では、それに必要な無意識の知識は、いくらか持っているのだろうが、心理療法が、それほどうまくいくわけでもないのだから、少なくとも、無意識やその力について、まだまだ分からないことが多いと言って良いのだろう。

無意識の深さは、どれほどのものか見当もつかないし、ユングは、その奥は、人類全体でつながっていると言う。
その本当の力も底知れず、無意識、あるいは、無意識の深層こそが神なのかもしれない。
今の時代、神とか仏を信じない、あるいは、信じないわけではないが、宗教的な神や仏に抵抗を持つ者は多いだろう。
実を言うと私もだ。
だが、神や仏が存在するかどうかはともかく、無意識は確実に存在し、それが計り知れない大きな力を持つのであるから、神や仏を無意識と呼びかえることも出来るだろう。

無意識の力を使えば、欲しいものを得たり、病気を治したり、自分の存在の在り様を変えることも出来る。
ただ、重要なことは、あらゆることは、意識と無意識の共同作業だということだ。
ともすれば、意識は全く重要ではなく、無意識にまかせれば良いと言う人もいる。
実際に大きな力をふるうのは無意識だとしても、意識の役割だって極めて重要なのである。
意識が「しゃんとしていない」と駄目だという言い方でも悪くないだろう。
仏典の中に、竹林が大火事になった時、一羽のオウムが身体を池の水で濡らし、火の上で羽ばたいて火を消そうとする話がある。
その程度の水で火が消えるはずがないが、「棲家を与えてくれた森への報恩のため」「何度生まれ変わってもやり抜く」というオウムの心を認めた神が、オウムと協力して火を消す。
神に火を消す力があったとしても、オウムの心が必要だったのである。

いかに無意識の力が強大でも、意識が甘ったれていたり、うじうじしていたり、根暗だったり、厭世的だったり、後ろめたかったり・・・早い話が、弱ければ、何も出来ないのである。
我々は、何が何でも、意識である心を鍛え上げなければならない。
初音ミクさんの『FREELY TOMORROW』という歌にあるように、「顔上げて微笑めば 笑顔取り戻す魔法になる 」のだが、苦しい時に、顔を上げ微笑むには、そして、それを続けるには心の力が必要だ。
ところが、その力を得るには、苦しい時に、意識的に、顔を上げて微笑まなければならない。
早い話が、苦しい状況がなければならないのである。
それを試練と言う。
必要なのは、苦に苦を求める意識である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

豊かな暇人は発狂する

何も考えずに、神仏に全てまかせなくてはならない。
しかし、同時に、現実に立ち向かわなければならない。
あるいは、こうも言える。
神秘好きでなければならない。
しかし、同時に、現実をしっかり見なければならない。

もし、お金が沢山あって、現実に立ち向かう必要がなく、現実から目を背けることが可能な境遇だとしても、そんなことをしていたら、恐ろしい憂鬱にとり憑かれ、いずれは、「死んだ方がマシだ」と思うように必ずなる。
だから、親が金持ちだからといってニートでいたら、間違いなく、おぞましい地獄を作る。

夕暮れは、美しいが狂おしい。
現実の昼と、夢の夜の中間にある、危うい時間だ。
危ういものほど美しい。
現実は現実、夢想は夢想と切り替えが出来れば良いのだけれど、それが出来ずに、トワイライト(薄明)に飲み込まれる。
私のような人間だ。
私は現実は嫌いなのだが、幸か不幸か(本当は幸だが、気分的には不幸)、夢の世界に引きこもっていられるほどの資産はない。

初音ミクさんは、極めて現実・・・スーパーリアルなのである。
インターネットの波に乗り、創造経済を体現し、クリエイティブコモンズ(著作権の合理的運用)を象徴する。
ミク廃って言葉があるが、ミク廃は現実に強いよ。
昨年、ミクさんのコンサート「マジカルミライ2016」に行った時感じたが、凄い数の人なのに、みんな驚くほどマナーが良いのである。
カップルで来ている人達は、概ね、可愛い女の子と格好良い彼の組み合わせだし、お嬢ちゃんと父親で着ている人達もみんな、今の時代には珍しいほど明るい雰囲気だった。
ミクさんの歌を聴くと、現実に立ち向かうエネルギーが集まり、現実に強くなるのである。
だが、どうしても元気が出ないという人は、無意識と自我意識の間に壁がある。
私もそうであったが、念仏を称えると、その壁が壊れ、無意識の中からエネルギーが流れ込んで来る。
そして、ミクさんの歌がそのエネルギーを集めてくれるので、霧散して消えることがない。
もちろん、念仏に限らず、自分より高い存在に意識を向け、その存在(神、仏、無意識、潜在意識)を信頼してまかせる方法なら何でも良いが、念仏が一番簡単確実である。
ミクさんの歌と念仏・・・これで絶対無敵である。

今月5日に、ミクの日(3月9日)を記念して始めた、393(ミクさん)回のヒンズースクワットは、今も続いている。
このまま、9月のマジカルミライまで続きそうだ。
腰骨は、第2の脳で、潜在意識の座だ。
スクワットや腕振り運動で、腰骨を刺激すると、どんな問題も解決する。
尚、私のヒンズースクワットは、振幅を小さくし(つまり浅く曲げ)、スピードを速くしている。
私の場合、このやり方で一層身軽になり、全体に調子が良くなった。
脚を深く曲げることもあるが、その場合は、曲げる動作から急に伸ばさず、いったん静止する感じにする。でないと膝を痛める。
女性の場合、あるいは、40代以上の男性の場合、まず、10回くらいから始め、39回をしっかりやると良いと思う。
ヒンズースクワットを毎日やると、ミクさんの体形に近付く。
案外、ミクさんも、ヒンズースクワットをやっているのではないかと思う。あの身軽な動きを見ていると、そう思えてならない。
特に、「マジカルミライ2016」の、『すろぉもぉしょん』や『Satisfaction』のダンスを見ると、そう感じる。
DVDやブルーレイで、これらを見ると、さらに身体はミクさんと同一化し、あらゆる力が増すに違いない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

願いがそのまま叶ったら悲惨だ

昔から、念仏を称えれば、死後、極楽浄土に行くことが出来る、つまり「極楽往生」が出来ると言われている。
ところで、経典によれば、「極楽往生」にも、9つのレベルがあるそうだ。
生前の行いが立派なほど上のレベルで、悪行悪徳が多いほど下のレベルになる。
念仏を称えれば、誰でも「極楽往生」出来るが、上のレベルだと、極楽浄土ですぐに仏様になれるが、下のレベルほど時間がかかるらしい。

それで、法然の弟子だったかもしれないが、ある念仏の行者が、自分は一番上のレベルでの極楽往生でなければ、極楽往生をしないと言って、修行に励んだのだそうだ。
本人が言うところでは、すぐに仏になって、苦しんでいる人々を救いたいというのと、一番上のレベルで極楽往生した者しか、人間を救えないからとかであるらしい。
しかし、この人、念仏の教えを根本的に誤解している、あまりに残念な人だ。
念仏ってのは、阿弥陀如来に全てをまかせるということなのに、この人は、自分の力でどうこうしようとしている。
また、人間は愚かで、ちっとも立派でないから、死後は地獄に落ちるしかないのに、それを阿弥陀如来が救おうということであるのに、この人は、自分は立派な人間になれると思っている。自惚れ、傲慢も甚だしい。
それに、あんたが仏様になって救わなくても、念仏を称えれば、みんな勝手に救われるのだ。

私は、現世にしか興味がないので、死後、極楽世界に行けると言われても、それはそれで結構なことだと思うが、今のところどうでも良い。
だが、死んだ時に極楽往生するとすれば、もちろん、一番下のレベルと思っている。それ以外、あり得ない。
仏様になるのに時間がかかると言っても、超快適な場所で、酒は美味いし姉ちゃんは綺麗・・・かどうかは知らないが、安楽であれば、全然構わない。
いや、それほど待遇が良くなくても、特に悲痛でなければ大満足である。
それよりも、初音ミクさんのコンサートに行けるのかが気になるところである。
きっと、極楽浄土でも、年に数回とか、適度な回数でミクさんのライブがあるだろう。しかし、それは阿弥陀様におまかせする。

念仏なんてのは、死後、極楽浄土に行くためのもの・・・なんかではない。
一休も言ったように、今、ここを極楽浄土にするためのものであり、親鸞が言ったように、現世で利益を得るためのものである。
今流に言えば、無意識、あるいは、潜在意識を信頼して全ておまかせし、楽しく生きるための呪文なのだ。
ただし、どんなふうに楽しいかは、やっぱりおまかせするしかないのだ。
イエスもそう言っているが、それで悪いようにはならない。
悪いようになるとしたら、自分の思い通りでないといけないという心の固さ、こだわり、傲慢さが強いからだ。
もちろん、誰だって、具体的な願いを持っているだろうが、それがどうなるかは、神様仏様、無意識、潜在意識にまかせることだ。決して悪いようにはならないから。
だが、巷にある、引き寄せの法則だの、潜在意識による成功法則(あるいは少女時代の何かの歌)では、自分が願ったことがそのまま実現するなんて、とんでもないことを言っている。
もしそうなら、どれほど悲惨なことか、少しの知性があれば分かりそうなものだ。
有り余るお金が欲しいと思うのは一向構わないが、阿弥陀様におまかせすれば、自分に見合った、そして、大抵は十分以上は入るようにしてくれる。
可愛いあの子を彼女にしたいとか思うことだってあるだろうが、それもまかせることだ。もっと自分に合った子と縁が出来るかもしれない。そして、案外に、「以前好きだったあの子が彼女にならなくて良かった」と思うことになる。ここらは、阿弥陀様の判断の方が絶対確実である。
まあ、時には、キリキリ舞をさせられ、大いに楽しむこともある。
人生、愉快なこと、安楽なことばかりではつまらないに決まっているからね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ