ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

涼宮ハルヒ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

我々は皆、現役の魔法使いである

人間は、小説・アニメの『涼宮ハルヒ』シリーズのヒロイン、涼宮ハルヒのようでないといけない。
ハルヒが高校入学からしばらくして、自分の部活(同好会)を作ろうとした時の態度が実に良いと思う。
ハルヒは、キョン(同級生男子)に「協力しなさい」と高圧的に言い渡し、キョンに「何のクラブだ?」と聞かれたら、「どうでもいいじゃない!そんなこと」と言ったように、後のことは何も考えていなかった。
「部室は?」「相応しいメンバーは?」「活動内容は?」など、ハルヒもそれらが必要なことは認識しているが、そんなものは、どうにかなると決めつけていて、心配など微塵もしていなかった。
そして、当たり前のように、ハルヒの願いは実現する。
これが人間本来の姿である。
丁度、夏休みに家族で郊外に旅行に行く子供と似ている。
子供は「面白いに決まっている」と決めつけていて、実際に面白くなるのである。
本来の子供というものは、神のような存在を、親しみあるものとして身近に感じているのだ。
だから、子供にとって、願いは叶って当然であり、実際に叶うのである。

可愛い女の子を見て、「この子は俺の彼女になるに決まっている」と決めつければ、別に、無理な計略とか強引なことをせずとも、自動的にうまくいくのである。
真面目なものでは、こんな話がある。
ある素晴らしいビルの中の、あるフロアにオフィスを構える若い事業家は、そのオフィスを開く前に、「このビルが気に入ったから、金もツテもなかったが、ここにオフィスを開くと決めたのです」と言い、その後、何とも都合の良いなりゆきで、実際にそのようになったのだが、本人に言わせれば、「むしろ、そうならなかったら不思議だと思ったはず」であったらしい。
まさに、涼宮ハルヒ的ではあるまいか?

私も、あまり華々しいものではないかもしれないが、子供の時から、そんなことがよくあった。
私が小学生の時、学校内で映画の上映会みたいなものがたまにあったが、「今度の映画はこんなやつにしよう」と勝手に決めると、まさに、その通りのものが上映された。
また、学校の帰りに寄り道しながら、「ここであの子に会うぞ」と決意すると、やがて、その子(もちろん美少女だ)が向こうから歩いてくることに驚かなかった。
小学4年生の時、天体望遠鏡が欲しいと思ったら、私は何も言わないのに、すぐに、親戚のお兄さんが譲ってくれた。
割と面白いと思うのは、中学生の時、以前見たテレビ番組を録画したいと思ったのだが、私はただ、録画装置のリモコンを握って待っていたのである。すると、確率的にはあり得ないはずだが、目の前で、その番組の再放送が実際に開始されたのである。
これらの話は、このブログで何度も書いたが、全て、ただ、私が望んだからそうなったのである。
『涼宮ハルヒの憂鬱』で、古泉一樹が、「ただ、涼宮さんがそうあって欲しいと願っただけで、全部そうなった」と言ったのと同じである。
他にも、私には、少々、状況が説明し難いという理由で書かないだけのものが、沢山あるのである。

無論、私や涼宮ハルヒが特別なわけではなく、誰でも同じであるはずだ。
子供の頃であれば、ほとんどの人が、自覚していないだけで、自分が願ったことが奇跡的ななりゆきで何度も起きているのである。
最近、オカルト界で人気がある物理学者の保江邦夫氏が、自分は子供の時から奇跡的なことがいっぱい起きていると自慢しているが、そんなの普通である。

まあ、もっと正確に言えば、誰でも、いつでも、そして、今でも、やはり、願った通りのことが起きているのだ。
ただ、願うことが、少々、つまらないことになってしまっただけなのである。
だから、別に、望みを叶える超能力を持とうなどと考えず、面白いことを思い描き、自分は涼宮ハルヒだと思えば良いのだ。
けれども、我々は、闇の支配者に洗脳され、奴隷根性、家畜根性が身に付いてしまい、正当なはずの楽しい希望をおおらかに願うことが出来なくなってしまったのである。
だが、あなたも涼宮ハルヒ的に願えば良いのである。
そうなれるためにはどうすれば良いかと言うと、もちろん、真言を唱えれば良いのである。
分かり易く、真言を「南無阿弥陀仏」の念仏だとする。
もちろん、阿弥陀如来真言の「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」でも良い。
すると、頼る相手は、誰あろう、阿弥陀如来である。宇宙最強であり、知恵も力も無限で、出来ないことなど全くない。
しかも、阿弥陀如来は、我々が何を考え、何をしても、一切咎め立てしない仏であることは、『歎異抄』を読めば明らかである。だから、世界中の、いろんな考え方を持った人達が『歎異抄』に夢中になり、無人島に流される際、1冊持って行く本といえば『歎異抄』を選ぶ人が多いのである。
観世音菩薩だって、我々の想像などまるで及ばない力を持つことが、『法華経』で、お釈迦様が保証している。
だから、「南無観世音菩薩」とか「オン、アロリキャ、ソワカ」と唱えれば、うまくいくに決まっているのである。
ただ、真言は、心で、丁寧に、数多く唱えるものであることを覚えてさえいれば良い。
善いことをする必要もなければ、悪いことをしても後悔してはならない。
とはいえ、真言を唱えていれば、楽しいからという理由で、自然に善いことをすることが多くなるだろうし、敢えて悪いことをする気もなくなってくるだろう。悪いことというのは、欲しいものが手に入らない者がやってしまう不正な手段のことなのである。
そして、観音様は、個人的な細かいことにまで手を貸してくれる。
そのあたりのことは、観音様ではないが、著者のお好みの女神がそうしてくれることを、トーシャ・シルバーの『とんでもなく全開になれば、すべてはうまくいく』で確認しても良いと思う。
そして、シルバーのやり方は、まだまだ難しいが、真言はもっと簡単である。








涼宮ハルヒという神様になる方法

作家の谷川流さんの小説『涼宮ハルヒの憂鬱』(2003)から始まる『涼宮ハルヒ』シリーズは、現在全12巻で、直近の作品は、2020年の『涼宮ハルヒの直観』である。
シリーズ全部で、世界で2000万部以上が発行されているようだ。
2006年にはアニメ化され、5巻『涼宮ハルヒの暴走』の『エンドレス・エイト』と、その後、いくつかあたりまで(よく覚えていない)放送されたが、どうも『エンドレス・エイト』があまりに不評なために、製作が終わってしまったような気もする(少なくとも、それで、好調だったDVDの売上げは急激に下がったらしい)。
ちなみに、『エンドレス・エイト』の不評は有名で、毎回、ほとんど同じ話を延々繰り返したのだから、そりゃ、面白くない。

ところで、『涼宮ハルヒ』シリーズがなぜ、日本や世界で大ヒットしたかというと、お話が面白いことや、人気イラストレーターのいというのいぢさん描く作画を含めたキャラクターの魅力などもあるが、思想的な興味深さがあったからだ。
その、思想の核となるのは、涼宮ハルヒという女子高生が(実質で)神様であるのだが、なぜ、涼宮ハルヒが神様かということだ。
涼宮ハルヒは「元々神様だった」のではなく、「神様になった」のである。
言い換えれば、涼宮ハルヒは、何らかの特権や偶然で神様になってのではなく、自分の意思で神様になった。ただし、涼宮ハルヒは、自分が神様になろうと思ったわけではないし、自分が神様になったことを知りもしないのである。

そして、ここが肝心なのであるが、涼宮ハルヒが神様になったことは、単なる作り話ではなく、何らかのリアリティーを感じるのである。

つまり、涼宮ハルヒのようであれば、誰でも神様になれる・・・それはつまり、我々だって神様になれるのである。
じゃあ、涼宮ハルヒは、どうやって神様になったかに興味が出ると思うのだが、そこまで考える人がどのくらいいるのか、私には分からない。

涼宮ハルヒは、「神様」というものになろうとしたわけではない。
しかし、「神様のようなことをしたい」と思い、本当に出来るようになってしまったのだ。
ここらを、単なる小説だと思う人も多いだろうが、そんな人だって、心の奥では、それは実際に可能であると感じているのだ。
いや、実は、可能であるというより、人間とは、最初から、そんなものであるのだ。
それを、この作品中で、古泉一樹(こいずみいつき。男子高校生)は「人間原理」によって説明している。
「人間原理」とは、簡単に言えば、宇宙は人間のために存在するという考え方である。

古泉一樹は、涼宮ハルヒの正体を説明するために「人間原理」について語ったが、「人間原理」と言うからには、人間全部に普遍的に通用する原理であるから、やはり、涼宮ハルヒの力は誰でも持っているのである。
ところで、理論物理学者で武道家で、だいぶ前からスピリチュアル界で人気のある保江邦夫氏が、一般セミナーで「今後は”人間原理”が最も重要です」と言って説明していたが、彼の説明は相変わらずなっていない(笑)。なぜなっていないかというと、彼は我が強過ぎ、結果、「私は」「私が」「保江邦夫は」「保江邦夫が」が多過ぎ、話がおかしくなってしまうのだ。だから彼は私に毛虫かゲジゲジのごとく嫌われる(笑)。
とはいえ、「人間原理」が重要というのは、その通りなので、その点では、彼も良い働きをしていると言えるだろう。
また、MRTという心身の健康を実現する会社を創業した内海康満氏が、「人間原理」という言葉は使わなかったと思うが、宇宙は人間を中心に存在していることを説明しておられ、いまひとつの説明だったが、やはり、人間の重要性を示唆しておられたことは素晴らしいことだったと思う。

難しい話はともかく、涼宮ハルヒが神様であるのと同様、我々は皆、神様なのである。
もちろん、我々の本体が神様であると言うべきかもしれないが、つまるところ、我々は、絶望したり、諦めたり、自分が制限された存在だと思う必要はないし、思ってはならないのである。
けれども、1つ、大きな問題があることが分かるのである。
それは、「どうすれば、我々は涼宮ハルヒになれるか?」である。
これは、「どうすれば、我々は神の力を行使出来るか?」ということである。
ノーマン・ヴィンセント・ピールは、『積極的考え方の力』で「誰でも出来るように説明した」と言うが、実際は、あれでは難し過ぎる(良いヒントはあったが)。
だが、簡単で確実は方法は、もう分かっている。
それは、いつも私が言うように、「真言を唱えることで」である。
涼宮ハルヒの力は不安定で、彼女は力を意識的に使えない。
結果、彼女の力の使い方は、行き当たりばったりであり、周囲はもちろん、本人もあまり幸福ではない。
だが、彼女は、類まれな願望を持ち、それが、「人間原理」とでもいう宇宙の法則にぴったりと合ってしまったのだ。
それで、彼女は奇妙な神様になってしまった。
しかし、我々は、真言を唱えることで、意識的で安定した神様になれる・・・というか、神様と一体化するほどに、神様と親しくなれるのである。
イエスが言った、神の宮で神と食事をする間柄になるのである。
浄土仏教で言えば、念仏を唱えることで、阿弥陀如来の極楽浄土に生まれ、阿弥陀如来と親しくなるということだが、一休が指摘した通り、極楽浄土は遠い先にあるのではなく、ごく近く・・・今、ここにあるのである。
念仏、あるいは、自分が好きな真言に励めばそうなる。
ちなみに、一休は念仏を勧め、自ら、宗派を超え、最後は念仏を唱えていたのである。








奇跡は意外によく起こる

私は、中学1年生の時に読んだ、イギリスの作家ハーバート・ジョージ・ウェルズの短編『奇跡を起こせる男』(1898)のことを、今でも時々考える。
この小説に登場する「奇跡を起こせる男」の名は、ジョージ・マクワーター・フォザリンゲーで、私はぱっとしない名であると感じるが、この小説でも「けっして、人に奇跡を期待させるような名前ではない」と書かれている。
この奇跡の男は、小説内では、常に「フォザリンゲー氏」と呼ばれている。
そして、フォザリンゲーは、いかにも「大したことない男」だ。
年齢は30歳で、小柄、容姿は十人並み以下だろう。仕事は店員で、重要人物ではない。
議論好きではあるが、それで一目置かれている訳でもなく、その議論好きな性質は周囲の人達にとっては、どちらかというと迷惑でしかないだろう。
だが、彼が起こせる奇跡の力は天井知らずで不可能はない。
もし、『涼宮ハルヒの憂鬱』から始まる『涼宮ハルヒ』シリーズをご存じなら、フォザリンゲーの力は涼宮ハルヒと張れるほどだが、フォザリンゲーの場合、その力を意識的に自由に発揮出来る。
例えば、「1万円札を千枚、ここに出せ」と言えば、その通りになる。
いや、1万枚、さらには、百万枚でも全く同じだろう。
ある時は、1人の刑事に対し、「地獄に行け」と言ったら、その刑事は消えてしまったが、悪いと思って、戻ってこさせたことがあった。その刑事が実際にどんなところに行っていたかは分からないが。
『サクラダリセット』のヒロイン、春埼美空(はるきみそら)は、「リセット」という、世界を最大3日、巻き戻せる驚異の能力があるが、フォザリンゲーにだって出来る。いや、フォザリンゲーなら、春埼美空のリセット能力にある様々な制限はないと思われる。

ウェルズは単に空想的な作品を書く人ではなく、『タイムマシン』や『宇宙戦争』といった作品も、どこかリアリティがあるので、いまだ映画化されるのだと思う。
私も、『奇跡を起こせる男』に関しては、単に、自分もそんなことが出来たらいいなというのではなく、当時から、どこか現実味を感じていたのだ。
というより、時々書いているが、私も奇跡を起こしたことがあったからだ。
猿が紙にインクをなすり付けたら小説になるというのを、奇跡と捉えることも偶然と捉えることも出来るが、私の奇跡は、そういった類のものだ。
その意味、私の奇跡は、涼宮ハルヒやフォザリンゲー、あるいは、春埼美空のように、確率の問題ではない超常現象を起こすのとは、奇跡の種類が違うかもしれないが、「ありえないこと」という意味では同じだ。
だが、私の奇跡も、フォザリンゲーらの奇跡も、この世界が、コンピューターが作っている仮想世界だとすれば、原理的には同じように可能なのである。
つまり、この世界が、『マトリックス』や『ソードアート・オンライン』に出てくるような作り物のデジタル世界であればである。
今、何かと話題になる49歳の世界一の大富豪イーロン・マスクは、この世界が仮想世界でない可能性はほぼゼロと言っているらしいが、今や、そう考える人は決して珍しくはない。
むしろ、本当に頭が良いかどうかは、この世界が仮想世界であることを、どう肯定するかで大体解るのではないかと思うほどだ・・・というのは私の主観だが、この世界が仮想世界であると語る賢い人達を見ていると、そう思うのである。

そして、我々凡人にとっては、この世が仮想世界であることの重大性はどうでもよく、重要なことは、フォザリンゲーのような奇跡の力を行使して、ぱっと幸せになれるかであろう。
もちろん、この可能世界を作った人間、あるいは、AI(のようなもの)は、我々の意思が実現するシステムに、何らかの制限はかけているだろうが、一定の範囲では、実現可能になっているのだと思う。
だから、私にだって、ある程度の奇跡は起こせる。
そして、奇跡を起こす鍵は、案外に、そこらに散らばっている。
『奇跡を起こせる男』なんて小説もその1つだ。
「神様の奇跡が起こる」と唱え続け、1憶円を2回当てたホームレスの話も、まさにそうだろう。

イギリスの作家コリン・ウィルソンは、23歳の時に書いた『アウトサイダー』で、ヒッピーから一夜で世界的作家になったが、彼が座右の銘とするのは、ウェルズの自伝的小説『ポリー氏の人生』にある、「人生が気に入らないなら変えてしまえばいい」だ。
超駄目男ポリーも、そうやって人生を変えたのである。
きっと、この仮想世界を操作する鍵を見つけたのだろう。








真面目な理性が魔力の邪魔をする

涼宮ハルヒ(小説・アニメ『涼宮ハルヒ』シリーズのヒロイン。高1~高2)の魔法の使い方は、私とよく似ている。
ハルヒは、お寺のドバト(普通の鳩。正式にはカワラバト)の群を見て、「白鳩になればいい」と言ったら、翌日、本当にそうなった。
9月に「桜があればいい」と思ったら、1つの場所ではあるが、桜が満開になった。
なかなかやるではないか(笑)。
私は、小学4年生の時、天文の知識はゼロだったが、夜空の1つの星を適当に選び、「あの星が土星ならいい」と思って天体望遠鏡で見ると、必ず土星になった。
星を1つ変えるのだから、ハルヒに負けているとも言えまい。
車の多い車道で、信号のある場所まで行くのが面倒で、「目をつぶって飛び込んだら、車は来ない」と思うという方法でいつも道路を渡っていた(良い子・・・いや、大人も真似しちゃ駄目だ)。
「以前見た時代劇のあの回を録画したい」と思って、録画リモコンを握って待っていたら、ちゃんとそれが放送された。

大人になってからも、ヤケを起こして会社で微妙な立場になった時、「スカウトが来れば良い」と思えばそうなった。
まあ、基本的には、私の魔法は、個人的な範囲で済むもの限定のようにも思われるが、それは、エゴ(理性)がイド(本能)を抑えるから・・・ということもあると思う。
つまり、善良な人達に多大な迷惑をかけることや、道徳や倫理に著しく反する願いは叶わない。
とはいえ、イドの最大の欲望である「生きる」が脅かされたら、人様に迷惑をかけることもあるのかなあと思う。
それはともかく、この魔法の使い方を定式化し、誰でも使えるように出来るだろうか?
もちろん、可能と思う。
それが、アンダーグラウンドで流行りの「引き寄せの法則」である。

H.G.ウェルズの『奇跡を起こせる男』での、奇跡の使い方は分かり易い。
ただ言葉で命じるだけだった。
あの小説の奇跡を起こせる男、フォザリンゲーが最初にやった奇跡は、ランプが空中で逆さに燃えることだった。
彼は、自分で言うところでは「意識を集中して」、ランプに向かって、
「こわれずに逆さになれ、そして、ちゃんと燃えつづけろ!」
と命じたら、その通りになり、この時は、本人も驚いていた。
このやり方は、私には難しそうだ。
つまり、奇跡を起こすとしても、私の場合、自分で起こすというよりは、やはり何かに頼んでいる感覚がある。
その「何か」とは、30ページの最高の引き寄せ書『イット・ワークス』では、著者は「インマヌエル(我らの中にまします神)」と呼び、ジョセフ・マーフィーの『あなたも幸せになれる』(文庫版では『努力嫌いの成功法』)では、「コズミック・エナージャイザー(桑名一央氏は「宇宙の活力」と訳)」だ。
まあ、両方の著者とも、「何と呼んでも良い」と述べているが。

完全な定式化はまだ出来ないが、最近思うことは、やはり、エゴ(理性)の反発を招かないことが重要なのだということだ。
その点、涼宮ハルヒは、利己的と言うよりは幼いので、かなりまずいこともやらかすが、それでも、古泉一樹(超能力者。某機関所属)の言う通り、あれでなかなか理性的なのである(でなければ地球はとっくに破滅している)。
エゴと言ったら「エゴイズム(利己主義)」を連想する人が多いと思うし、確かに、そんな意味もあるが、エゴは理性のことである。
叶えたい願いがあっても、それが理性の反発を招くものであっては叶い難い。
例えば、人の奥さんを彼女にしたいという場合には、理性は反発する。
しかし、理性が足りない人間の場合はそうではないが、そんな人間は集中力に欠けるので、あまりうまくいかない。
ただ、サイコパスの場合、人工的な都合の良い理性を持っているので、願望が叶ってしまい易い。それは単に「サイコパスは地頭が良い」というだけでなく、やはり、魔法的な力もあるのだと思う。
まあ、ここでは詳しく書かないが、サイコパスは破滅因子を持っている場合が多く、あまり良い生涯にならない場合が多い。

理性の反発を招かない願いを持つことだ。
そうすれば、後はガッツポーズをしておけば、大抵は叶うのではないかと思う。








自分が英雄であることを思い出すには

アメリカ最大の賢者、ラルフ・ウォルドー・エマーソンは、エッセイ『歴史』の中で、極めて重要なアイデアを述べている。
それは、「英雄の物語を読む時は、それは自分の物語であると知れ」だ。
実際に、その通りなのだからだ。
私は、いったい誰を英雄と呼ぶべきか分からないのだが、イエス・キリストなら、その資格は十二分以上にあるので、新約聖書の福音書を読むなら、イエス・キリストという自分の物語を読むのだと自覚すれば良い。
それと似た教えとして、ジョセフ・マーフィーが、「『ヨブ記』(旧約聖書の中の一章)の意味を知りたいと思うなら、昔、自分がそれを書いた時のことを思い出せば良い」と述べている。
つまりね、どう転ぼうが、あなたは、ただ者ではなく、恐るべき存在・・・人類を代表する存在なのである。
そんな馬鹿なと思うのであれば、あなたは、親や学校や世間や社会や国家に洗脳されてしまっているだけである。
無論、自分が英雄だからと言って、得意になるようなことでもないが、静かな自信を持つべきなのである。
パラマハンサ・ヨガナンダの『あるヨギの自叙伝』で、トラと素手で戦う男タイガー・ババが言っていたように、我々に欠けているものは、冷静な自信である。
まずは、エマーソンが言う通り、英雄の物語を、自分の物語だと自覚して読むと良い。

あるいは、『涼宮ハルヒの憂鬱』を読むと良い。
なぜなら、我々は、涼宮ハルヒなのだからだ。
もっと納得し易い言い方をするなら、我々は、涼宮ハルヒと同じ力を持っている。
願ったことは、いかなることでも現実にしてしまう力だ。
ハルヒは、自覚なく奇跡を起こしてしまう。
彼女がいつでも前向きで気分が良いからだ。
もちろん、時にはハルヒだって落ち込むが、すぐに回復する。
「ハルヒ」というのは、おそらく、『張(は)る霊(ひ)』なのである。
我々もまた、張る(膨張する)霊、膨らむ生命を持っていなければならない。
ハルヒの選択基準は、「面白いか面白くないか」だ。
これも、「楽しいか楽しくないか」「ワクワクするかしないか」「ゾクゾクするかしないか」「ロマンを感じるか感じないか」などと置き換えても良い。
楽しくないこと、ワクワクしないこと、ゾクゾクしないこと、ロマンを感じないことは、決してしてはならない。
ハルヒは、小学6年生の時から、ある事件をきっかけに面白いことを求め続けた。
求めたものは与えられる。
ハルヒは、「面白いことは待ってるだけじゃやってこない」「私が待ってるだけの女じゃないことを世界に教えた」と言ったが、その通りである。
ならば、ガッツポーズをすれば良い。
他に、特に何もする必要もない。したければすれば良いだけである。
そして、いかなる時も決して挫けず、全ては良い方向に向かっていると思うことである。
ハルヒは間違いなくそうなのだ。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード