ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

洗脳

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

真の高貴さ

日本人が、かつては非常に勤勉であったことを知らない若い世代が多くなってきたと思う。
そもそもが、実際に勤勉であったのは、概ね、現在の70代以上ではないかと思うのだ。
そして、日本人がなぜ勤勉であったのかというと、かつては全ての小学校に存在し、いまでも、多くの小学校に残る、二宮金次郎像が関係する。
薪を背負って運びながら本を読む、あの二宮金次郎像だ。
この像は、どんな状況下にあっても学問に励めよというメッセージと共に、しっかり働くこと、怠けないことを貴く感じさせるもので、これによって、日本の子供達が勤勉さを善とするよう教育したが、大人への影響も大きかったのだと思う。
そして、元々は大して有名でもなかった二宮金次郎を勤勉の象徴にして、日本人を働きバチにしたのは、何とアメリカだった。これはもうはっきりしているのだと思う。

ところで、第二次世界大戦前の日本人は、心を重んじる国民で、第二次世界大戦後とは、全く別物であると考えられている。
貧しい家でも、花屋で花を買うという、西洋ではおよそ考え難いことが普通に行われ、来日した西洋人を驚かせたほど、風流であった。
昭和の時代に大人気であった時代劇ドラマのために、大誤解がされているが、江戸時代は庶民文化が栄え、経済的にも発展し、治安も良かったといわれる。
武士による町人や農民の切り捨て御免などとんでもなく、そんなことをすれば殺人罪で、刑罰も重く、家は断絶させられたという研究者の話もある。
冤罪のことを考えると問題もあるが、今で言う刑務所である牢屋式は、入れられたら生きて帰れないことも少なくないほど厳しく、それが犯罪の抑止になっていたのも確かだったようである。

つまり、日本人は、第二次世界大戦を境に、全く別物に作り変えられているのである。
そこまではアメリカが行ったが、その後、学校やマスメディアに侵食し、それらを巧妙に支配下に置いて日本人を洗脳したのは旧ソ連で、後には、中国も日本人のマインドコントロールに深く参戦していると思われる。
それ(ソ連や中国による民主主義国家の国民洗脳)は、日本に先行してアメリカで行われており、旧ソ連ら社会主義国家の策略は、アメリカ人や日本人のモラルを破壊し、正常な判断力を奪うことだったと言えると思う。
忘れてはならないことは、モラルを持たないと、人間は、正常な判断、正常な思考が出来なくなることである。

自主的にモラルを取り戻せば、社会主義国家にマインドコントロールされていた長い暗闇も終わる。
アメリカに亡命した有名な旧ソ連の元スパイによれば、モラルを破壊する洗脳教育には15年から20年かかり、元に戻すのも同じくらいかかるらしい。
しかし、私はそうは思わない。
モラルとは、早い話が道徳的な行いをすることであるが、それよりも、モラルとは魂の声に従うことであり、魂の声に従う者が真の意味で高貴なのである。
高貴ということも、随分誤解されているかもしれないが、泣き言を言わないことが高貴なのであり、言い訳をしないことが高貴なのであり、弱い者いじめをしないことが高貴なのであり、欲張らないことが高貴なのだ。

アーサー王物語を読んでも高貴は分からないし、古事記も、改ざんでもされているのか、高貴さが失われているように見える。しかし、古事記の中で、庶民が貧しいことを自ら感じ取り、税を免除した天皇は高貴であったと思う。
私は、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』が最も高貴な作品であると思う。
『星の王子さま』や『かもめのジョナサン』もそうだと思うが、『銀河鉄道の夜』ほどではないと思う。
それで言えば、私はまだ、アンデルセンの『絵のない絵本』をお勧めしたい。
『銀河鉄道の夜』では、カンパネルラがモラルを持つ高貴な人間の象徴で、ザネリがモラルを失った者の象徴だ。現在の日本人は、ザネリばかりになり、カンパネルラはいなくなった。
そして、ジョバンニの状態にある者がいくらかはいる。
日本人をマインドコントロールしたアメリカも、旧ソ連も、中国も、宮沢賢治は見逃していた。
我々が全てを取り戻す鍵は、宮沢賢治が魂の声を聞いて書いたに違いない『銀河鉄道の夜』にあると思うのである。








生き残るには

世の中がおかしくなってきた・・・なんて、いまさら何をという感じだが、本当におかしくなった。
私は最近、1日数分から十数分程度だがテレビを見ているし、動画サイトで、テレビ系や独立系の報道番組を見るが、一部の例外を除き、嘘つきばかりになってきた。
テレビやネットで、それなりの立場で発言する人達が嘘つきなのは昔からだが、昔の人はまだ、嘘を言う時、後ろめたさを感じているように見えた。
しかし、今の発言者には、それ(後ろめたさ)を感じない。本当に彼らは、後ろめたさを持っていない。子供を含めた我々を危険にさらすことになること、そして、国を亡ぼすかもしれないことを、知っていながら平気で嘘を言う。
政治家も、キャスターも、コメンテーターも、いわゆる「先生」もである。
テレビは、平気で嘘を言う人しか出られないのだろう。そんな仕組みに完全になっていると思う。
なぜ、これらのような悲惨な状況になったのかというと、もう半世紀以上かけて、共産主義国家が、学校や大手メディアを使って、共産主義思想を叩き込むといったことではなく、日本人のモラルを破壊したからである。
モラルを破壊された人間は、後ろめたさを感じることなく、平気で嘘を言うのである。
今は、まだわずかだが、モラル、良心を持った発言者もいる。しかし、そんな人達の声が届き難くなっている。
また、良心的に発言していることを装う嘘つきも多い。

よく、「情報の正しさを自分で考えて判断しろ」と言う人がいる。
そうしようとする姿勢は必要かもしれないが、そんなことが普通の人に出来るとは思えない。
正しい判断をするためには、正しい情報を得る必要があると言うが、そんなものがどこにあり、そして、それが正しいなんて、どうやって分かるだろうか?
嘘の情報を信じているのに、自分は正しい情報を知っていると思い込んでいる人はとても多い。

正しい判断をするには、魂の声を聞かなければならない。
魂の声は、モラルがないと聞こえないので、モラルを持たなくてはならない。
モラルを破壊された、多くのアメリカ人、日本人は、もう魂の声が聞こえない。
少しでも正気が残っていれば(そうでなくても)、我々のモラルを破壊する、学校、大手メディア(番組もCMも)に騙されてはいけない。
そのために何をすれば良いかというと、どんなことも、「疑いはしないが、信じもしない」という姿勢を持たないといけない。
愚か者は「疑うが信じる」のである。
特に、インフルエンサーみたいな者達に対しては、疑わなくていいから、絶対に信じるな。彼らは、嘘と本当を使い分ける偽善者だ。
疑いはしないが信じない姿勢を持っていれば間違いない。

心を透明にする能力を持たなくてはならない。
でないと、生き残れない。
だが、無になり切れば不可能はなくなる。
選択に困ったら保留することだ。選択を急かす者からは離れた方が良い。
私は、『古事記』や『聖書』も良いが、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』を読むと良いと思う。
モラルが復活するから。
イエスが大嘘つきと言う者こそ大嘘つきであるが、そう言う者達は時に本当のことを言う。しかし、疑いはしなくても信じてはならない。
そして、修行をして無になることだ。
腕振り運動をしたり、好きなら念仏を唱えても良いし、真言を唱えても良い。
インドの聖者は、「自分を客観視し、観察せよ」と言うが、私はうまくやれなかった。
しかし、この世界が漫画で、自分は漫画のキャラクターだと認識すれば、うまく出来るようになった。これについては、また書こう。








モラルのない者に引き寄せは出来ない

昨日まで、私は、共産主義国家が民主主義国家を侵略する手口は、学校やマスメディアを支配し、共産主義思想を植え付けていくことだと理解していたが、元KGB(ソ連国家保安委員会)スパイのユーリ・ベズメノフのインタビューを聞いて、そうではないと分かった。
まあ、そういったこと(共産主義思想の植え付け)も一部あるのだとは思う。しかし、肝心なことは、やはり、学校やマスメディアを利用するのであるが、それで行うことは、「モラルの破壊」である。
なぜなら、モラルを持たない人間には正しい判断が出来なくなるからだ。
正しい判断が出来ない人間は弱いので、容易くコントロール出来るのである。

いや、別に、思想話をしたいのではない。
目的は、あくまで、弱い人間、駄目な人間、惨めな人間が力を得る鍵を解明することである。

現在の日本でも、多くの啓蒙家が、共産主義国家が、いかに、アメリカ、日本、その他の民主主義国家の学校やマスメディアを乗っ取り、共産主義思想を洗脳しているかという話をしている。
共産主義思想とは、自分の物・・・つまり、個人資産を持たず、皆で公平に共有し、全ての人が平等であることだ。
これ自体は、1つの理想だ。だが、なぜ共産主義国家が腐敗するのかというと、国民には平等を強い、優秀な者、やる気のある者でも、多くを持とうとするなと説くが、国民には内緒で、権力者は大きな資産を保有して贅沢三昧し、快楽を貪るからだ。
権力者がこれを実現するには、国民を「弱い馬鹿」にする必要があり、そのためには、モラルを破壊することが最も効果的なのである。

日本も、すでに、学校、マスメディアが乗っ取られ、共産主義国家の支配が進んでいる。
しかし、人々を見ても、特に共産主義思想は見られない。
だが、モラルは、もう悲惨なまでに破壊されていることが分かる。
それを具体的に書くと、あまりにもドロドロするし(書きたくない)、そもそも、モラルを持たず、正しい判断が出来ない者は、それを見ても反発するだけだろう。

私は、子供の時から、なぜ日本人はモラルが低くなり続けているのだろうと疑問を持つと共に、自分のモラルのなさに気付いて愕然としていた。
「いや、日本人のモラルの高さは海外で有名だ」と言う人もいるだろう。
例えば、災害が起こっても略奪が起こらず、ワールドカップサッカーでは、観戦後、会場のゴミ掃除をする。
もしかしたら、まだ、日本には、モラル的にマシな部分もあるのかもしれない。
だが、実際には、災害の際、悪いことをする者は、以前からいっぱいいて、しかも、どんどん増えているし、海外の重要文化残に落書きをする馬鹿もいた。
そして、何より、外国との比較はともかく、根本的なモラルを持たない者が多過ぎることは確かだ。

まあ、とにかく、他人のことはどうでも良い。
モラルがない者には、正しい判断が出来ないのは、モラルがなければ、本当の知性を得られないからだ。
いくら試験の成績が良く、数学や物理学が出来たり、討論が上手くても、モラルを持たなければ知性は低く、能力はない。
学歴は立派な馬鹿が多いことはご存じと思う。
例えば、昔、東大生に「頭が良いと思う人間を5人上げよ」というアンケートをしたら、アインシュタインやジョン・フォン・ノイマンらと共に自分を上げる馬鹿が大勢いたというから、そんな昔に既に、東大でも、知性の低下と、その元となるモラルの破壊は進んでいたのだろう。

ところで、モラルがないと、引き寄せも不可能なのである。
引き寄せは、詳細な説明は難しいが、宇宙の知性とも言うべきものにアクセスすることで発動する。
それには、ある程度の、学問などとは異なる純粋な知性が必要だが、モラルを持たない者には、それがない。
だから、まるでダメ男に引き寄せを教えてもうまくいかないことが納得出来るのである。

ヒトラーは、元々はモラルを持つ、知性の高い人間で、その部分を捉えて崇拝する実力者は案外に多いのである。
しかし、権力を得る中で、ヒトラーはモラルを失い、同時に知性を失くして、彼の判断は滅茶苦茶になり、多大な人間に被害を与えると共に、ナチスは滅びるべくして滅びた。
せっかく優秀だった彼を、おかしな方向に行かせたのも、つまるところ、モラルを失ったドイツの権力者達で、そんな者達こそ問題にされるべきなのである。

私には、はっきりとは分からないが、国の根本的な神話や聖典は、権力者に改ざんされている恐れもあるのではないかと思う。
しかし、民間伝承の童話や、報酬なしに書かれたおとぎ話的なものには、モラルが生きていると思うのである。








より良く生きるための単純なルールを持つ

専制政治(支配者が独断的に支配すること)が行われている国、即ち、専制国家では、必ず情報統制(情報のやり取りを制限すること)が行われている。
簡単な言い方をすれば、支配者が国民を騙しているということで、騙すとは、真実でない嘘の情報を信じさせることだ。
嘘の情報を信じ、嘘の情報に基づいた思想を持つことを、マインドコントロールされている、あるいは、洗脳されているというのである。

ただ、専制政治が全く行われていない国など存在しない。
国の体を保つためには、ある程度の情報統制が必要で、結果、思想統制、即ち、洗脳が行われている。
思想家の吉本隆明氏が『共同幻想論』で書いたように、国というものは、根本的には幻想であると言えるかもしれない。

現在、ロシアでは、政府による強い情報統制、言論統制が行われ、国民が正しい情報を得ておらず、嘘の情報で騙されていると言われている。
日本でも、戦時中は、「大本営発表」と言って、国民に嘘の情報が与えられていたが、その目的は、国民思想を戦争肯定にするためである。例えば、日本軍が敗北に次ぐ敗北を重ねていても、日本軍は大勝利していると、当時の主要メディアである、新聞やラジオで言っていたのである。
現代は、インターネットがあると言っても、インターネットの情報を制限・統制することは容易く、むしろ、これが、国家による情報統制・言論統制に効果的に使われている。
日本にいる我々は、ロシアの人々が嘘の情報を与えられていることが分かるが、日本にだって一般のロシア人がいて、そんなことを知っている。
日本にいるロシア人が、ロシアにいる人々に正しい情報を言っても、ほとんど役に立たない。政府の言論統制が、そんなもので揺らぐほど甘いものではないからだ。

だが、ロシア人が情報統制を受け、嘘の情報を信じさせられていると言っても、我々日本人だって、ロシアのことについて、正しいことを知っているのかどうかは全く分からないのである。
そして、まず間違いなく、我々が知っている、ロシア関連の情報の多くは真っ赤な嘘なのだと思う。
おそらく、ロシア人がロシア政府によって与えられているよりはマシな情報を我々は知っていると思っているが、それも、本当のところは「全く分からない」のである。
もちろん、ロシアのことだけではなく、アメリカ、中国、ヨーロッパ・・・さらには、日本の本当のことだって、我々が、どれだけ正しいことを知っているかは、やはり、「全く分からない」。
特に近年では、2020年のアメリカ大統領選挙、新型コロナウイルス情報、そして、新型コロナウイルス・ワクチンに関し、相反する情報があり、その内の一方を「陰謀論」と呼ぶ習わしになっているように感じるが、陰謀論と、それに対する一般論とされるものにも、実はいろいろあり、そのどれが正しいのかの判定は難しい。
つまり、一般論にも本当と嘘があり、陰謀論とされるものにも、本当と嘘がある。
一般論のあるものが真っ赤な嘘かもしれず、陰謀論と言われるものに真実があるのかもしれない。
しかし、その判定は困難だ。

このような中で、私は何も信じていないのである。
とはいえ、何も信じなければ、生活にも支障が出る。
ルネ・デカルトは、「単に真らしいことは全て虚偽とする」と、言ったが、これも私の態度と似ている。
そして、デカルトは、生活など、生きるために、仮のルールを作ったのである。どんなルールだったかは忘れたが、まあ、差しさわりなく生きられるものだろう。
『サクラダリセット』で、中学2年生の少女、春埼美空(はるきみそら)は、大きな力を持つが判断力が乏しい自分のために、行動規範のルールを作り、それはなかなか面白いものだったが、我々は彼女のような大きな力を持たないので、それほど特別なルールは必要ない。
アシモフの「ロボット3原則」も、力と知性のあるロボットのために作られたもので、我々個人個人は、もっとゆるいルールで良い。
で、私の私のためのルールは、笹沢佐保氏の時代劇小説『木枯らし紋次郎』で、ヒーローの紋次郎が自分に課していたルールと同じである。
即ち、「疑わないが、信じもしない」である。
新聞やテレビの発表(私はどちらもほとんど見ないが)、インターネット・ニュースやSNSの情報、政府や政府機関、行政の発表等を、「疑いはしないが、信じもしない」である。

私はある意味、以前、賭け麻雀をやった検事長に感謝している。
というのは、法の最高権威者が賭博をやっても、何の制裁も課さないことで、日本という国家が全く信用ならないことがはっきり分かったからである。
そんな国が安全だというワクチンなど、怖くて打てない。しかし、これはあくまで私の感覚であり、他の人がどうかは、私が関知しうることではない。

ただ、デカルトは、かなり難しい表現をしたが、人間の内には、信じられる何かがある。
それを私は、魂の声と呼び、それに従うこととしている。
データでビジネスをしていると言っても過言ではないAmazonの副社長が「データは危険である」と言い、「では、何を信じるのか?」と尋ねたら、「CEOの心の声」と答えたらしい。
私の言う魂の声も、この心の声に似ていると思うが、若干異なるかもしれない。
ただ、私が魂の声に従うことを、どれだけ出来ているかは分からない。ひょっとしたら、ほとんど出来ていないかもしれない。








腕振り運動で洗脳を解く

腕振り運動を本格的にやるまでは、私もいろいろなものに騙されていたと思う。
例えば、日本人の信仰について、こんなことを言う人がよくいる。
「日本人は無宗教だと言われるが、新年には初詣に行き、七五三のお参りをするなどの、神道行事を極めて多くの人が行っている。だから、実は日本人は神道の信仰を持っている」
しかし、忘年会や新年会をやったり、今や大した人気はないが紅白歌合戦を見る人だって、初詣に行く人よりずっと多いが、これらは別に、信仰があるからやるわけではない。
神道の信仰と言うなら、初詣は神社に行くはずが、お寺にも区別なく行っており、そんなものが信仰であるはずがない。
また、仏教で言うなら、日本人の多くが家に仏壇を置き、お葬式で仏教のお坊さんを呼ぶが、そんな人々も実際に仏教を信仰しているわけではない。
やはり、日本人は無宗教なのである。
初詣や合格祈願、恋愛成就祈願などは、信仰でも何でもなく、単なる慣習、宗教法人の商売、あるいはファッションであるが、ファッションとは商的な理由で作られただけのもので、ある意味、ファッションと宗教は同じである。

本物の信仰によって行われる宗教は良いものかもしれない。
しかし、宗教は、権力者や事業家によって、政治や商売に大いに利用され、そこに本物の信仰はない。
アメリカの自己啓発ビジネスでは、やたらキリスト教が出てくるが、それは、それらのビジネスをやっている者達が、本当にキリスト教の信仰を持っているからではなく、単に、そうやった方が儲かるからだ。

そして、私も、世間的な意味では、全く信仰を持っていないことが、ようやくはっきりしたのである。
キリスト教にも、仏教にも、神道にも、1ミリの信仰も持っていない。
『老子』や『荘子』は、私は、道教という宗教ではなく、哲学や思想として評価しているだけである。

つまり、腕振り運動を熱心にやることで、洗脳が解けてしまったのだ。
洗脳を解くなんて本を出している人もいるが、それらの著者は、人々を自分が洗脳しようと思っているだけである。

岡田斗司夫さんの『ぼくたちの洗脳社会』は、良いことも書いてあるし、岸田秀さんは、割と純粋に社会の洗脳を暴き、それを解くことを考えた本を書いているが、私は、それらの本を読んで、面白いとは思ったが、全く洗脳は解けなかった。
しかし、腕振り運動をしていたら解けたのである。
淡々と、数を数えながら、数千の腕振り運動をしていたら、割と簡単に解けると思う。

※名著『ぼくたちの洗脳社会』は、著者、岡田斗司夫さんの公式ブログからPDF版が無料でダウンロード出来る。
『ぼくたちの洗脳社会』 全文掲載

また、量子力学の理論を利用して、新しいタイプの宗教(みたいなもの)に洗脳しようとする人も沢山いるので、量子や電子や陽子や中性子で思想を語る人には気をつけた方が良いだろう。
いずれにしろ、別に腕振り運動でなくても良いが、淡々と、それなりの時間繰り返す行をやっていれば大丈夫と思う。
それで言えば、「南無阿弥陀仏」や「南無妙法蓮華経」、あるいは、般若心経や大祓祝詞を淡々と唱えても良いのだが、それをすると宗教に取り込まれると言うよりは、これらは、信仰がないと抵抗を感じ、それがストレスになり、無理に続けると、精神や身体に悪影響があるので、気をつけていただきたい(私もかなり心身を破壊された)。
それなら、立ってやるというだけで身体に良く、しかも、実際は、腕だけではなく、全身運動であり、健康増進や病気治癒も期待出来る腕振り運動をすると良いと思う。
腕振り運動のやり方については、いつもサイトを利用させていただいているが、名古屋身体均整院様のWebサイト内の、
【リンク】万病を治す腕振り運動
にある。
ただ、てのひらからGTP(グラヴィトン粒子)が出るかどうかは、あくまで、関英男博士の仮説であり、断定は出来ない。
よって、やり易いなら、他の流派の腕振り運動でも良いと思う。
要は、淡々と同じことを長時間繰り返せば良いのであり、腕振り運動は、その中で最も合理的なものであると思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード