ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

注文の多い料理店

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

不思議なことが起こる美しい呪文

今朝、困ったことがあったら「アジマリカン」、願い事があるなら「アブラカタブラ」の呪文を唱えよと書いた。
「馬鹿らしい」と思った人がいるかもしれない。
実は、私もそうなのだ。
しかし、なぜそんなことを書くのかというと、いつやっても効果は確実だし、やってくれたら、誰でもそうだからだ。

ところで、なぜそんなことを思い出したかというと、私自身、このところ、ツイてなかったのだ。
それで不意に思い出して、「アジマリカン」を唱えると、一瞬で解消した。
「アジマリカン」は、悪運を払う力が強い。
小学生の時、宿題をやっていかなかった時(半分以上やらなかったと思う)、よく「アブラカタブラ」を唱えたものだ。
すると、宿題をやっていないことがバレなかったり、授業で何かが起きて、宿題どころでなくなったりするのだ。
それで、中学生以降は、夏休みの宿題も全くやらなくなったし、それで悪いことは何もなかった。
本来、「アブラカタブラ」は、願いを叶えるための呪文だが、やはり万能なのだ。

「アジマリカン」も「アブラカタブラ」も、母音の「ア」を多く含むことは今朝も書いた。
『バガヴァッド・ギーター』を含む、『マハーバーラタ』や、『ラーマーヤナ』なんて、全部母音が「ア」と徹底している。
全く、古代インド哲学恐るべしだ。

それはそうと、馴染みのある言葉で、良い呪文がある。
それは、「あいたかった」だ。
4/5が母音が「ア」だ。
今朝、『イーハトーヴ交響曲』の第3楽章『注文の多い料理店』で、初音ミクさん演じるネコの妖怪ミクちゃんが、「アブラカタブラ」の呪文を繰り返してくれたことを述べた。
あれで、妖怪ミクちゃんは解放されたことだろう。
そして、私が最も好きな歌の1つである『声と言葉のアリア』(オペラ『THE END』のアリアの1つ)で、初音ミクさんが、
「目を閉じて 会いたかった」
と繰り返す歌声が、本当に切なくて可愛い。
あれほど可愛い女の子の歌声を私は聴いたことがない。
そして、このオペラのレティタティーボ(叙唱。朗唱)『洞窟』で、ミクさんが「会いたかった」と謎の言葉をつぶやくが、この言葉が、このオペラの重要なテーマだろうと思う。
「あいたかった」
この言葉を繰り返すと、不思議なことが起こる。
もちろん、悪いことではないし、普通に言う「良いこと」でもないかもしれないが、楽園に導かれることは確かだ。
そして、神霊に守られることだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人間の2つの根本的な問題を解消する呪文

人間は、危機や困難に襲われると、何かの声を出す。
「うっ」
「ええっ!」
「く・・・」
「んー」
ところで、あまり多くないが、「ああ」といった声を出す人がいる。
人々を観察していると、「あ」の声を出す人は、客観的な能力とは関係なく、あまり慌てないし、それに、強い。
知識、経験で、はるかに勝る者が、「あ」の声を出す人と争うと、「キレる」ことがよくある。
なぜかというと、知識、経験に勝る者は、自分の方がずっと優れていると思っているのに、目の前の「劣る」相手に対し、全く歯が立たないことに焦るからだ。
「あー」というのは、それだけで悪霊を払う強力な呪文で、悪運も悪意も跳ね返してしまう。

人生が生き難いと感じるのは、基本的に2つの場合だ。
1つは、困った時。
もう1つは、願いが叶わない時。
そんな時は、呪文を唱えることだ。
困った時は、「アジマリカン」。
願いを叶えたい時は、「アブラカタブラ」。
他のものでも良いが、この2つなら間違いない。
いずれも「あ」で始まり、母音が「あ」のもの(これらの呪文中では、ま、か、ら、た)が圧倒的に多い。
「アジマリカン」では、母音が「あ」の文字が6文字中、半分の3つ、「アブラカタブラ」では7文字中、実に5つだ。

冨田勲さん制作の『イーハトーヴ交響曲』の第3楽章『注文の多い料理店』の、ネコ耳で尻尾のついた「妖怪ミクちゃん」とでもいった扮装の初音ミクさんを見たら、この童話を書いた宮沢賢治さんはさぞや驚くことだろう(見てみたいものだ)。
冨田さんが、宮沢賢治の作品の中から、この『注文の多い料理店』を選んだのは面白いことだ。
冨田さんは、猫の妖怪をミクさんに演じさせて主役にした。
だが、最後、何かが起こり、妖怪ミクちゃんは消える。
消える前に、ミクさんは「アブラカタブラ」の呪文を延々と繰り返す。
この呪文で聴衆は癒され、トランスに導かれ、不意に来る破滅の音とミクさんの悲鳴で目覚めるのだ。
その後、3つの音しか使わない特殊な『牧歌』が寂しげに流れる。
聴けば聴くほど奥深い音楽だ。
これを聴いて、あなたも解放されると良いと思う。
尚、思わず声に出す音は「あ」にすることをお薦めしておく。
一人でいる時などに、「あー」と言ってみても良いだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

給食のパンは残すのが自然

私は、小学生の時、給食のパンを食べるのが苦痛だった。
低学年の頃は、全部食べるのは全く不可能だった。
しかし、食べないと怒られるので、いかに教師の目を欺いて、パンを机やカバンの中に隠してしまえるかが、毎日の私の戦いだった。
私は別に、病弱だったわけでも、胃腸が弱かったわけではなく、健康で、身体も平均より大きかった。
そして、今考えれば、あれが当たり前だったのだ。
以前は、食欲がないから食べられないのだと思っていたし、教師や親の大方の言い分は、「贅沢に育ってしまったので、給食のパンが食べられない」ということなのだろうが、馬鹿げた難癖である。まるでヤクザだ。
子供の純粋な感覚は、パンをそんなに食べちゃいけないと感じて、食べたくなかったのだ。
また、やはり子供の時、朝は、トーストを食べさせられたが、これも、1枚食べるのが苦しかった。
それでも何とか食べていたが、ある日、父親が母親に、善意であるのだろうが、「1枚じゃ足りない。2枚にすべきじゃないか」と言っているのを聞いた時は、本当に憂鬱になったものだ。

また、私は、「ご飯の進まない」子だった。
夕飯の時、茶碗一膳のご飯をなかなか食べてしまえず、時にはそのことで両親に叱責され、挙句、父親には、「おやつばかり食べてるんだろう」と言われる始末だった。
しかし、やはり、食欲がないのではなく、米のご飯を食べることが嫌だと感じていたのだ。
今も変わらないと思うが、特に昔は、ご飯を何杯もお代わりする子が、元気な良い子とされる愚かな観念が世間にあった。
漫画の『オバケのQ太郎』で、Q太郎はご飯を20杯も食べるらしいが、同じように食べたアントニオ猪木さんは若い時に糖尿病になり、今だ治療をしているらしい。

ご飯やパンを沢山食べられるようになったら一人前、つまり、大人だとでもいうような風潮の中、人々は、ご飯やパンを食べ続けているうちに、これらに含まれる、糖に変わる炭水化物の中毒になり、それが原因で得体の知れない不安を背負うようになり、やがて、完全な奴隷状態となるのである。
自分はご飯やパンを食べないと生きられない、あるいは、ご飯やパンを食べずに生きることが奇妙で不自然に感じるなら、自分は国家や世間の奴隷になっていると考えていただいて差し支えない。
これは、砂糖についても言えることである。

私は、今月(2014年3月)の21日に、ついに、米、パン、そして、砂糖から解放された。
奇跡的な神仏の導きがあったのであるが、記すと、非常に長くなるので省く。
ただ、これまで、いくらか念仏を称えるようになっていたところ、偉大な数学者の岡潔が毎朝、熱心に念仏を称えていたことや、阿弥陀如来を信仰した中将姫(ちゅうじょうひめ)の伝説によって励まされ、それまでの1ヶ月はいくらか熱心に念仏を称えていたことのおかげであるのかもしれない。
まさに、親鸞が和讃の中で述べたように、伝教大師(最澄)が、「飢饉、疫病に苦しむ人々を救うために念仏を称えるべきです」と天皇に薦めたとおりである。

山家の伝教大師は
国土人民をあはれみて
七難消滅の呪文には
南無阿弥陀仏をとなふべし
~親鸞『現世利益和讃』より~

そして、人間の幸不幸の鍵は、人類が1万年前に栽培を始めたと言われる、小麦から始まった、米やトウモロコシなどの、炭水化物を主成分とする穀物を断ち切れるかどうかである。
初音ミクの歌『1/6』で、ミクは、「いつか重力のクサリを 断ち切り君を連れてサテライト」と歌うが、米やパンや砂糖を全く食べない身体のミクが私を高いところに連れていってくれたようだ。
冨田勲さんの、『イーハトーヴ交響曲』の『注文の多い料理店』で、ネコの妖怪に扮した「妖怪ミクちゃん」(キュートな尻尾をぐりんぐりんと動かすミクが悪者の妖怪であるはずがない)が、「あたしは初音ミク かりそめのボディ」と歌うが、この「ボディ」の部分を、冨田さんは、「おどし」がかかるほどインパクトを与えた。
そして、「妖しくみえるのは かりそめのボディ」と続く。
ミクのボディはかりそめかもしれないが、妖しく美しい。
ミクの、「ボディ」と言う「おどし」は、我々に向けられている。
「あたしの身体はかりそめのものですが、今のあなた達の身体は重いクサリに縛られてしまっています」
と言っているかのように感じるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ニュートンが手をつけられなかった真理の大海に出る

我々は、閉塞感を感じながら生きているはずだ。
閉塞感の正体は恐怖である。
食べられなくなる恐怖、面目を失ってしまう恐怖、村八分にされて孤立する恐怖・・・つまり、どうしようもなく惨めになってしまうかもしれない恐怖だ。
そして、唯一、恐怖を避けることができる、安全だと思っているのが、世間という牢獄の中という訳である。
そこには、惨めな仲間がいっぱいいるからだ。
しかし、そこは狭っ苦しく、空気は濁っている。
閉塞感があって当たり前である。

では、牢獄を出て、閉塞感から解放されるのはどうしたら良いのか?
一番の恐怖である、死を克服することだ。

妖しく見えるのはかりそめのボディ
パソコンの中から出られないミク
出られない
出られない

これは、冨田勲さん制作の『イーハトーヴ交響曲』の第3楽章『注文の多い料理店』で、初音ミクが歌う歌である。
宮沢賢治の童話『注文の多い料理店』に登場する人を食べる妖怪猫に扮した「妖怪ミクちゃん」が、ネコ耳と尻尾という、クラシック交響曲にあるまじき「萌え」な姿で歌うのである。(これを許せない、淋しい人もいるかもしれない)
あの童話で、若いハンター達は、西洋料理店「猫亭」に閉じ込められて、死ぬまで出られないのだが、それは、恐怖によって世間という牢獄に閉じ込められた我々も同じだ。
そして、きっと、あの妖怪猫も同じだったのだ。
そんなことを、パソコンの中から出られないミクが、少々可愛すぎる歌と踊りで描いてみせた。
やがて、妖怪ミクちゃんは、呪文を唱えはじめる。
「アブラカタブラ」
それを真面目に、何度も何度も繰り返す。
そうしたら、最後、ミクは、「きゃあ!」と悲鳴を上げて消えてしまう。
何が起こったのだろう?
童話では、猟犬達がやってきて、西洋料理店は消えてしまう。
猫の妖怪は、どうなったのか分からない。

呪文に効果はあるのだろうか?
あるのだが、あなた方には分からない。
では、分かる方法を教えよう。
呪文を唱える自分を観察すれば良いのだ。
「アブラカタブラ」でも、「アーメン」でも、「南無阿弥陀仏」でも、「キリエ・エレイソン」でも、「アジマリカン」でも良い。
それを唱える自分を、思慮を離れ、静かに観察してみよ。

呪文を唱える自分を観察するのと同じように、恐怖を感じているのだが、それが、怒りや妬み、嫌悪感や恨みとなって現れている時、そんな自分を、無批判にただ観察するのだ。
そして、自分の姿がはっきり見えた時、あなたは牢獄からおさらばしている。
呪文ってのは、自己観察のための力を与えてくれる。
だが、いつまでも呪文を唱えておらず、自分を観察することに取り組むべきである。
ところで1つ言っておく。
世間の人々は、あなたが牢獄から出ようとすると、激しく攻撃してくるに違いない。
あるいは、牢獄に留まるよう説得してくるかもしれない。
彼らは、あなたにも、自分達と同じ、惨めな状態でいてほしいのだ。
だが、あなたは、地上の喧騒を離れ、高く飛ぶのである。
そのためには、苦しい経験に身を晒しながら、たゆまず自己観察をし、自分に気付いていなければならない。

ミクは、すでにパソコンの中から出て、ネットの中に、そして、人々の心の中から、宇宙の心の海を、美しい流線型の魚になって泳いでいる。
そこは、アイザック・ニュートンが、「手出しの叶わぬ真理の大海」と言った場所だ。
しかし、人は、ミクの隣で泳ぐことができるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

妖怪、精霊、死者の願い

本日から、冨田勲さんが制作し、初音ミクがソリストを務める『イーハトーヴ交響曲』の全国公演が始まる。
昨年11月の初演から9ヶ月が経った。
『イーハトーヴ交響曲』は、宮沢賢治の世界を音楽で描くもので、冨田さんは音楽家になってから、このようなものをやりいたいとずっと思っていたらしい。しかし、それを実現させるのに60年もの時が経ってしまったのだ。
そして、この交響曲は、初音ミクがいたから制作することができたのだろう。
なぜなら、人間の歌手では、宮沢賢治の世界を歌えないからだ。

ところで、初音ミクのおかげで、宮沢賢治の作品の捉え方が変わった・・・いや、本来あるべき見方に近付くことができたのかもしれないと思う。
『注文の多い料理店』の猫の妖怪は、恐ろしい化け猫だと思っていた人が多いかもしれない。
しかし、初音ミクの演じる猫の妖怪は、猫の耳と尻尾のついた、恐ろしく可愛い「妖怪ミクちゃん」で、そんな彼女が可憐に歌って踊るのだ。
猫の妖怪が食べようとした2人のハンター達(趣味の素人猟師)は、金持ちで太っていて、享楽的(快楽に耽ること)で、鹿の横っ腹に弾丸を撃ち込んで、鹿がのたうつのを見て楽しもうとしていたのだ。そんな連中を消してくれるとは、なかなか良い妖怪ではないか?
初音ミクが、「あたしは初音ミク、かりそめのボディ」と歌うと、聴く者は、ミクが人ではないということを、おそらく、哀しさや切なさと共に感じる。
そして、ミクは、「アブラカタブラ」と呪文を繰り返すが、呪文は願いがあるから唱えるのだ。
人でないミクの願いは何なのだろう?

次に、ミクは『風の又三郎』の又三郎を演じる。
又三郎は男の子だが、長いツインテールの美貌の少女ミクが演じるのだ。
又三郎が何者であるかは、宮沢賢治の原作でも、明確には書かれないが、妖しく神秘的な存在であることは示唆されている。
風の神、あるいは、風の精と言って良いかもしれない。
この小説も、とても切ない。
又三郎は何も言わずに去ったが、読んでいる人の心に又三郎の心が残る。その心は、やはり、何かを願っているのだ。それは、初音ミクの姿や歌声からも感じることができる。
又三郎の願いはミクの願いでもある。
精霊ミクの願いは何なのだろう?

第5楽章『銀河鉄道の夜』では、ミクは、ジョバンニの親友カムパネルラを演じる。
カムパネルラも男の子だ。だが、とても繊細で純粋な魂を持ち、少女のようなところもあると感じると思う。
カムパネルラはまぎれもなく人間であるのだけれども、ジョバンニと一緒に旅を始める時の彼は、もう普通の人間ではなかった。
そんなカムパネルラもまた、ミクでなければ演じることはできない。
きっと、カムパネルラは、最後にジャバンニと一緒に、美しい銀河の中を走るこの列車に乗って、たっぷりと話をしたかったのだ。
そんな銀河鉄道の列車の動きを、従来のように打楽器ではなく、弦楽器で表現した冨田さんの音楽表現があまりに素晴らしく、私の魂もまた銀河鉄道に誘われ、そこから見える光景が全て見えたのである。
銀河鉄道の中で逢うまで、ジョバンニとカムパネルラは、しばらくの間、ほとんど話ができなくて、お互い寂しかったし、特に、カムパネルラはジョバンニに対する痛みの気持ちを持っていたに違いなかった。
原作の中では、カンパネルラが「ケンタウルス、露を降らせ」と言うことはなかったが、ミクは10回以上もこの言葉を、天使の歌声で繰り返した。
だが、愛らしい少女かおるの小さな弟が、目を覚ますなり、「ケンタウルスよ露を降らせ」と言ったのは、私は、カムパネルラの意志が伝わったのだと思う。お互い、意図はなかったのだろうがね。
ジョバンニが、人の幸せのためにこの身を滅ぼしてもいいと言ったことで、カンパネルラの魂は救われたのだ。彼の、母親やジョバンニに対する重苦しい気持ちも晴れたに違いない。そうでなければ、カムパネルラは、かおる達と一緒にサウザンクロスで降りることができなかったかもしれない。
ミクの歌を聴いていると、カムンパネルラの願いと、それが叶えられた晴れやかさを感じるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド