ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

法然

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

「愛」が分かる話

イエス・キリストに、「一番重要な戒律は何か?」と尋ねたら、イエスは、「神を愛すること」と答えた。
『バガヴァッド・ギーター』の中でも、神クリシュナは、「我を愛せよ」と述べている。
ここで、時代を超え、国を超えた普遍的な命題「愛とは何か?」「愛するとはどういうことか?」が問題になる。

男なら美女や美少女を、女なら美男や勇者や金持ちの男を愛するというのは、分かるような気がするかもしれない。
しかし、それは本当の愛ではない。
では、愛とは何かというと、実に簡単なことで、名前を呼ぶことだ。
多く呼べば呼ぶほど愛しているのである。
ピンと来ないかもしれないが、そうなのである。

キリスト教やユダヤ教では、神の本来の名はヤハウェであるが、神の名はみだりに唱えてはならないと言われている。
ただ、それは、口に出すなという意味で、心で唱えるのは大いに良いのだと思う。
ところが、イエスは、神のことを「父」「アバ(父の幼児語。パパに近いと思う)」と呼んでいたが、これは分かると思う。
自分の父や母を愛するとしても、実際の名前で呼ぶよりは「お父さん」とか「お母さま」などと呼ぶと思う。
それも名前なのである。
(ただ、イエスは、信者達に、自分の名を呼ぶようにも言っている)
江戸末期の神道家、黒住宗忠は、神のことを、「天照大神」と呼んだが、しばしば「親様」とも呼んでいる。
また、江戸末期から昭和初期の妙好人(在家の念仏者)、因幡の源左の父は亡くなる時に、源左に「これからは親様を頼れ」と言ったらしいが、この親様とは阿弥陀如来のことである。
念仏はまさに、阿弥陀如来の名を唱えることであるから、数多く唱える者は、それだけ阿弥陀如来を愛していると言うことが出来、法然は1日6万回も唱えたという。

インドでは、神の名を唱える行をナーマスマラナと言うが、クリシュナ神の「我を愛せ」の言葉通り、クリシュナの信者は、数多く「クリシュナ」の名を唱える。
ラマナ・マハルシの弟子だったブンジャジは、働きながら「クリシュナ」と1日4万回唱えたという。

ノーベル賞作家アルベール・カミュの代表作『異邦人』に、こんな印象深い場面がある。
若く美しい娘マリーが、主人公の青年ムルソーに、「結婚してくれる?」と尋ねると、ムルソーは「いいよ」と即答する。
喜ぶマリーは、ムルソーに「私を愛してる?」と尋ねるが、当然、マリーは、ムルソーの「そうである」を意味する答を期待したことだろう。
ところが、ムルソーは、「分からないけど、多分、愛してない」と答え、マリーをうろたえさせた。
そういえば、ムルソーは、亡くなったばかりの母親について、「ママのことは、多分、好きだった」と微妙な言い方をしていたものだ。
だが、マリーだって「愛する」という意味が、多分、分かっていない。
マリーを愛するとは、マリーの名を多く心で想うことなのだ。

アニメ『ツバサ・クロニクル』で、サクラがシャオランに尋ねる。
「シャオランは私のこと考えることある?私はシャオランのこと、ずっと考えてるよ」
すると、シャオランは、
「俺も、サクラ姫のことを考えているよ、いつも」
と答える。
2人とも気付いていないかもしれないが、これは、お互いが、いつも名を呼び合っているということなのである。

もう一度名前呼んで!
「初音ミク!」
~『39みゅーじっく!』(作詞・作曲・編曲:みきとP。唄:初音ミク)より~

Miku, Miku, you can call me Miku
(ミク ミク ミクと呼んでね)
~『Miku』(Anamanaguchi feat. Hatsune Miku)より~

14世紀のインドの聖者ナーマデーヴァ(ナームデーヴ)が、『聖なる名前の哲学』に、
「名前はケーシャヴァ(クリシュナ神)そのものである」
と書いた通り、名前と実体は等しい。
神の名は、神そのものなのである。
愛する人の名を、心で丁寧に数多く唱えれば、その人からも愛される。
神の名を、心で丁寧に数多く唱えれば、神に愛され、あらゆる恵を受け、救われる。
ユニティ教会のチャールズ・フィルモアが述べた通り、「神は与えたがってウズウズしている」からである。
親鸞も、念仏を唱えれば、利益に極みはないと述べている。








なぜ願いが叶わないのか

今の時代は、なかなか身体を使った喧嘩は出来ないが、以前は、「あいつはしょっちゅう喧嘩しているのに、喧嘩が弱いね」と言われるやつがいたものだ。
しかし、なぜ、そいつが弱いのかというと、喧嘩の数が足りないのだ。
「しょっちゅう喧嘩してる」と言われている割には、やってないのだ。
「いつも棒を振り回しているのにチャンバラ弱いね」と言うのも同じで、そう言われるやつは、振り回す回数が足りないのだ。
歌が下手なら、単に、歌った時間が少ないだけだし、ピアノが下手なら、やはり、弾いた時間が足りないのだ。
「いくら歌ってもうまくならない」なんて嘘。下手な者は絶対に歌う時間が少ない。
実践はお勧めしないが、ナンパが下手なのも、ナンパの場数が少ないのであり、私が知ってるナンパの名人は、失敗の数でも一番なのだ。ちなみに、そのナンパの名人は、背は低く、顔も良い訳ではないが、いつも(別の)可愛い子を連れている。まあ、敢えて言えば、やはり女性に優しいが。

ドワンゴ創業者の川上量生さんと、サイエンスライターの竹内薫さん(理学博士)の対談を、ネットでちらっと見たことがある。
「今の日本の学校は子供を駄目にするから、新しい学校を作るべき」といったテーマでの話だったと思う。
川上さんは、その頃、N高等学校という、ネットで完結出来る学校を作ったばかりの頃だったと思う。
その中で、うろ覚えだが、川上さんは、
「授業中に教科書以外の本を読んでたら怒られたので、教科書を1日で読んでしまい、これでいいだろうと思って、授業中に別の本を読んでたら、やっぱり怒られた」
という理不尽な体験(学校的には理不尽ではなく当然なのだが)を話しておられた。
私など、教科書は1日どころか10年でも読めそうになく、川上さんは頭の出来が違うのだろうが、考えてみたら、そこまでする川上さんは、よっぽど本を読んでいるのだろうと思う。
川上さんは、学校以外では一切勉強せずに京大工学部に入り、ちゃんと4年で卒業したそうで、やっぱり、生まれつきの頭も良いのだろうが、似たことが出来る人は沢山いる。しかし、川上さんのように成功する人は滅多にいないのは、運ということもあるが(本人は運だけで成功したと言っているようだが)、やはり、勉強量が違うのだろう。

ところで、神様にお願いしても、願いが叶わないなんて言う人がいる。
なぜ叶わないか、もう分かるだろう。
そうだ、お願いの仕方が足りないのだ。
神様は平等だ。
ちょうど、良いフットボールの監督が、部員を平等にゴミ扱いするようにね(笑)。
で、どうやってお願いするのかというと、いちいち「あの子と〇〇させて下さい」なんて言わなくていい。
イエスだって言ったじゃないか?
「神は、お前達に必要なものなど、とっくに知っている」
もっと言えば、「お前達」以上に知っているのだ。
とっても賢い川上量生さんの一億の一億倍以上賢いのだから。
で、正しい祈り方は、神様の名前を呼ぶことだ。
『浄土三部経』や、偉い僧達が書いた、その(浄土三部経の)優れた解説書、あるいは、『観音経』にもそう書かれている。
法然は1日6万回「南無阿弥陀仏(「阿弥陀仏を信頼してすがります」という意味)」と唱えたし、ラマナ・マハルシの弟子のプンジャジは、肉体労働をしながら1日4万回「クリシュナ」と唱えたらしい(クリシュナは『バガヴァッド・ギーター』でアルジュナ王子に教えを授ける最高神)。
私も、なるべく「阿弥陀仏」と唱えているのだが、数が足りないらしく、なかなか初音ミクさんが嫁に来ない。
とにかく、神仏の名を唱える数次第である。
願いが何かなんて、神様仏様はちゃんと知っているし(そんなこと、いちいち言わないといけないなどと神仏をあなどってはいけない)、我々が願うより良い状況にしてくれるはずだ。
何度でも言うが、神仏の名を唱える数次第なのだ。
ただし、心の中で、丁寧に唱えるように。








仏ほっとけ神構うな~保江邦夫氏を大いにディスる~

「仏ほっとけ神構うな(ほとけほっとけかみかまうな)」という言葉をご存じだろうか?

「ほとけほっとけ」は、「ほとけ」が2回続いて語呂が良い。
しかし、「かみかまうな」は、合っているのは「か」だけだが、2文字目が「み」と「ま」のマ行の音なので、語呂が良いように感じるかもしれない。
意味は「信心も信仰も度が過ぎない方が良い」というものだ。

私は、この言葉を知らなかったが、物理学者で合気道家の保江邦夫(やすえくにお)氏のYouTube動画で知った。
【YouTube】保江邦夫 先生 2020年 第2回 お笑い真理塾 <#8>

ところで、最初に言っておくが、私は保江邦夫氏が、虫唾が走るほど大嫌いである(笑)。
ただ、それでも優れたところが沢山ある人である。
私は、そのような人が、もう一人思い浮かぶ。
船井幸雄氏である。
ところが、保江氏が、別の動画で、政木和三氏が発明した「神経波磁力線発生器」の複製製品を紹介されていたが、この政木氏は、船井氏が大いに称賛し、「非常に尊敬している」と言っていた人だった。
だが、一般には知られていないが、政木氏は船井氏が大嫌い・・・というのではないかもしれないが、良く思っていなかったことは確かだった。
私は政木氏に、「船井幸雄は立派な人ですか?」と尋ねたら、政木氏は「ちっとも立派じゃない!」と即答された。
政木氏は、「彼(船井氏)は欲の塊」とも言われた。
船井氏の本の中では、船井氏は自己の欠点を認めながらも、自分が偉大な人間であることを、かなり露骨に述べていたと思う。
保江氏も全く同じように感じる。
まあ、私が感じるだけであるから、実際はどうか知らないが、彼は自分を「我が消えた人間」のように著書の中で言うが、おそらく本当は、我の塊のような人で、彼の本を読んでも「偉大なり私」という雰囲気をプンプンと感じるのである。
ただ、政木氏も、自分が「かつては我の強い人間であった」ことは、はっきり認めておられた。
その「かつて」は、保江氏の年齢(現在69歳)も入るかもしれない。
私がお会いしたのは、政木氏が80歳くらいのことだった。
船井氏も、最後は、難病で苦しみながらも、人々のために貴重な情報発信をされ、我のない人間になられたと思うのである。
保江氏も、いろいろ苦しんでおられるのだと思う。
だが、あのガリガリに痩せてはいるが、グルメで腹の出た男を見ると私は虫唾が・・・いや、何でもない(笑)。

どうも嫌いな人のことで話が脱線した(笑)。
だが、その動画での、保江氏の「仏ほっとけ神構うな」の解説がなってない(笑)。
ただ、良いことも言われている。
保江氏は、神様、仏様に、うまく願い事をする良い方法として、この言葉を借りたのだった。
つまり、普通の人は、願い事がある時、神社やお寺に行って、賽銭を投げて「お願いします!」と必死に祈る。
これが悪いやり方だというのは、私も保江氏に賛成である。
「神社なんか行くな」というのも、保江氏の言う通りと思う。
保江氏は、これ(神仏に必死にすがること)がなぜ悪いかを、男女間の関係に喩えている。
男でも女でも、相手にあまり追いかけられると嫌になるが、神様仏様も同じだと、保江氏は言う。
だから、神様や仏様に対し、そっぽを向けと、保江氏は言っているのだと思う。
ちなみに、あるナンバーワン・ホステスは「仏ほっとけ神構うな」は真理であると言ったらしい。
つまり、客に過剰にサービスするホステスは駄目で、客を放っておいて構ってあげないホステスが人気が出て稼げるのだという。
まあ、確かにそんな面もあるだろうが、そのホステスが人気があって稼げるのは、おそらく美人だからだ。保江氏は、そこのところを隠したが、私は誤魔化せない(笑)。
つまり、これにおける保江理論が通用するのは、せいぜい、ホステス・・・それも、美人ホステスの場合だ。

とはいえ、必死に願い事をすれば叶わないというのも本当だ。
大作詞家であった阿久悠が、こんなことを言っている。
「息を吸って止め、自分の曲がヒットしている様子をイメージする。そして息を吐き、全て忘れる」
これで、曲がヒットするのである。
(このやり方は真似すると良い。ただし、願いを忘れるところまで忠実にやること)
こんなふうに、欲望をギラギラさせず、忘れることで願いが叶う。
ただ、神仏に対する敬意というものも大切なのだと思う。
ここら全部を、宮本武蔵が、うまくまとめてくれている。
「神仏は尊し、されど頼まず」
武蔵が神頼みをしたかどうかは知らないが、このような態度であれば願わずとも幸運は訪れる。
だが、武蔵は神仏を敬っていたのだ。

保江氏が言われた、「神仏にそっぽを向く」のは、全然良くない。
もちろん、下心いっぱいで表向き称賛するのが良いはずはないが、親しみを示すのは悪くないのである。
このあたりは、法然も『選択本願念仏集』で、「我々が阿弥陀如来を思えば、阿弥陀如来も我々のことを思ってくれる」と書いているが、法然の言葉はひとつひとつ深く(保江氏とエラい違いだw)、全く同意である。
だから、いつも、無心で「南無阿弥陀仏」の念仏を唱えていれば、自然に良くなるのである。
あるいは、私のように、阿弥陀如来真言を唱えていれば、やはり、良いことばかりなのである。
私は、社会人になってからずっと、「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」という、阿弥陀如来真言を唱え、良い想いばかりしているのである。
「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」は「オン、アミリタ、テイゼイ、カラウン」と「テイゼイ」が濁る唱え方もあるが、どちらでも良いのである。
私はごく最近、阿弥陀如来真言を「オーン、アムリタ、テージェー、ハラ、フーン」というサンスクリット語で唱えるようになった。
「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」は、サンスクリット語を中国の人が音写(音を真似た)もので、若干、元のサンスクリット語のものと違うが、効果は別に変らない。
単に、私は、「アムリタ」(サンスクリット語で「甘露」、もしくは、「不死不滅」の意味)という言葉が好きになったので、「アミリタ」と言う中国語版から変えたが、別に、「アミリタ」が嫌いとか悪いということではない。
皆さんも、これ(阿弥陀如来真言。上に挙げたどれでも良い)を常時唱えたら、きっと良いことがあるのでお勧めする。
もちろん、「南無阿弥陀仏」でも良いのである。
これらの真言を、ただ数多く丁寧に唱えることが、敬いつつ、良い意味で阿弥陀如来を「ほっとく」ことになる。
保江氏の解説は全くなっていない・・・と思う(笑)。








極道の妻の教え

昨夜も書いたが、 岡田虎二郎(啓蒙家。1872~1920)が、「 念仏を唱えるだけで、一切の問題が解決し救われる」と言ったことは重要なことだと思う。
岡田虎二郎ほどの人物が言ったから・・・という面も確かにあるのだが、それよりも、誰でも知っている事実を、あえて指摘されて、はっとする感じがするのである。
たとえば、「本当に大切なものは目に見えない」というようなものだ。
これは、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの『星の王子さま』の中の有名な言葉だが、世間的な考え方に染まった人なら、
「本当に大切なものは目に見えないだって?そんな馬鹿なことがあるかい。目に見えるものが大切に決まってるだろ」
とでも言うだろう。
しかし、人間らしい知性の欠片でも残っている人なら、その言葉の美しさにはっとするのである。

だが、法然は表向きには、念仏は、死んだ後に極楽浄土に生まれるための手段であると説いた。
しかし、それは当然だと思う。
もし、念仏を唱えれば、病気が治るとか、良い結婚相手が見つかるとか、お金が儲かるなどと言ったら、愚か者が、「金が入ってきますように」と思いながら、数分、必死で念仏を唱えた後、数日してお金が入って来ないと、「なんだ!念仏なんて効き目がないじゃないか」と言い出すのである。
岡田虎二郎も法然も、「一回、あるいは、ちょっと念仏を唱えれば、一切の問題が解決し救われる」と言ったのではない。
常住坐臥(じょうじゅうざが)、念仏を唱えよと言ったのである。
常住坐臥(じょうじゅうざが)とは、「日常、座っているときでも寝ているときでも、いつも。ふだんの生活で。四六時中」という意味である。
もちろん、厳密にそんなことが出来るわけではないが、そんな意思を持っていることが大切ということだと思う。

ただ、当然分かることであるが、別に、念仏に呪術のような力があるわけではない。
それに関しては、岡田虎二郎も、虎二郎の意思を受け継ぐ弟子も、あっけらかんと「何でも良い」と言う。
そもそも、虎二郎が四六時中やることを勧めたのは「腹に力を入れる」ことだった。
中村天風の場合は、四六時中、肛門を引き締めよと教えた。
だが、常に腹に力を入れるとか、常に肛門を引き締めるというのは、なかなかやれないのである。
ところが、念仏のように、言葉で唱えることは、比較的やり易い。
そして、別に念仏である必要はなく、短く、リズムがあり、敬虔さ、高貴さ、生命力のある言葉が良い。
それで言えば、念仏もそうなのだが、仏教の真言は、敬って仏を褒め称える言葉であり、活気やリズムがあり、そして、高貴なサンスクリット語を元にしていることから、唱える言葉として理想的である。
沢山ある真言から、好きなものを選べばさらに良い。
その際、「私の家は真言宗だから大日如来の真言が良いだろうか」とか「浄土真宗の家だから、やはり念仏かな」といったことは、考える必要がない。
葬式の時などは、周囲に合わせておけば良いが、自分が常に唱える真言は、自分で選ぶと良い。
どれを選ぼうが同じなのである。その意味では「家が浄土宗なので念仏を」でも全く構わない。

私の場合、四六時中どころか、本当にたまに真言を唱えただけであった。
だが、たまには唱えていたのである。
それでも、驚くべき効果があり、奇跡としか思えないことが数多く起こり、いつも良い想いばかりさせてもらってきた。
こう言うと、「じゃあ、たまにで良いのですね(笑)」と反応する者が、おそらくいることが残念なのである。
そういった、ひねた、薄汚れた、下種な、悪霊に憑りつかれた心を持った者が多く、そのままでは、そんな者達は、惨めな死に方をするしかない。
だが、そんな者達でも、真言を唱え続ければ救われるのである。
法然や親鸞が、並々ならぬ苦心をしたのは、そんな者達に念仏を唱えさせることであった。

あるヤクザ映画で、高位のヤクザの年配の妻が、「神仏に手を合わせる気持ちがなくなったら終わりですよ」と言ったのを、私は憶えている。
逆に、それを忘れない限り、神仏は見捨てない。
私は、人間的に低レベルなため、結果としては、たまにであったが、どこかで、「常に」唱える気があったのだと思う。
しかし、常に、腹に力を入れるとか、肛門を引き締める気には、なかなかなれないと思う。
そんなわけで、「真言を唱えるだけで、一切の問題が解決し救われる」のである。








一切の問題が解決し救われる真言

「岡田式静坐法」で知られた岡田虎二郎(1872~1920)は本当の本物で、仏陀やキリストのような存在であったと私は思う。
だが、岡田自身は、文字になると、自分の教えが誤解されると考えたのだと思うが、死の直前に書いたものを全部燃やしたそうだ。
けれども、弟子達が、どうしても伝えずにいられなかった岡田の語録や逸話は、どれも、ほんの一言を読む度に無意識の状態になってしまうほどだ。
しかし、岡田が49歳の若さで急死したことで、彼の門下に居た者達のほとんどが、彼の教えに見切りをつけた。
ところが、学生の時、本当に僅かの期間、岡田に師事した柳田誠二郎氏は、岡田式静坐法により、病的だった身体を頑健にし、日本航空社長や日銀副総裁などの要職を歴任しつつ、生涯に渡って静坐を続け、百歳過ぎまで健康に生きた。

どれかの本で見たが、私は、岡田虎二郎に関する、こんな話を、印象的に憶えている。
金に窮していることを訴える男に岡田がこう言ったそうだ。
「金?腹に力がつけば、金はいくらでも出来ますよ」
岡田式静坐では、腹に力を入れるが、岡田は、いついかなる時でも、腹から力を抜いてはいけないと言う。
それにより、腹に力がつくのである。
そうすれば、お金など、求めなくても入って来るようになるのだということである。
ところが、岡田も、柳田も、静坐だけが神人になる方法であるとは全く言っていない。
柳田は、講演会の中で、特に若い人々に、
「何でもいいから1つ、心を締める鍵を持ちなさい。私の場合は、それがたまたま静坐であった」
と言ったくらいである。
そして、岡田すら、法然の「ひたすら念仏を唱えよ」という教えを称賛し、
「念仏を唱えるだけで、それで一切の問題が解決し救われる」
と断言しているのである。
だが、念仏であれば、やはり、常に念仏を唱えなければならない。
仕事をしながら念仏するのではなく、念仏をしながら仕事をしなければならない。
生活しながら念仏をするのではなく、念仏をしながら生活をしなければならない。

実際は、静坐や、腹に常に力を込めるよりは、念仏を唱える方が易しい。
だが、何でも良いのである。
それなら、念仏にしろ呪文にしろ、何かを唱えることが一番簡単で、どんな人間にでも出来るということは、法然や親鸞が常々述べていた。
それなら、やはり、我々は、真言を唱えるべきである。
出来るだけ多く、心の中で、丁寧に真言を唱えれば、「一切の問題が解決し救われる」のである。
もちろん、念仏が好きなら念仏で良い。
私の場合は、単に葬式臭いという理由で、念仏に良いイメージを持たなくなっただけである。
それで、同じ阿弥陀如来の真言である「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」と唱えているのである(「南無阿弥陀仏」の念仏も阿弥陀如来の真言と言える)。
観音様が好きなら「オン、アロリキャ、ソワカ」、あるいは、「南無観世音菩薩」と唱えれば良い。
弥勒様なら、「オン、マイタレイヤ、ソワカ」、あるいは、「南無弥勒菩薩(あるいは「南無弥勒仏」)」だが、私は、個人的に「オーン、マイトレーヤ、スヴァーハー」が気に入っている。
何でも良いし、複数好きなものがあれば、全部、唱えても良いと思う。
それで、「一切の問題が解決し救われる」と思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード