ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

法然

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

霊力を普通に使うには

日本人は、特に仏教徒という訳ではないが、家単位で仏教の檀家(寺に所属すること)というものになってる場合が多い。
だから、「私の家は浄土宗だ」「私の家は臨済宗だ」などと言う。
なぜそんなことになっているのかというと、江戸時代にキリスト教を排除するために、民衆全部を無理矢理仏教徒にするための政策がいまだ残っているからのようだ。

私の家もそうなのだが、浄土真宗が最も多く、次が浄土宗なのだと思う。
この2つの宗派の教えは、「南無阿弥陀仏」の念仏を唱えれば、死後、極楽浄土に行けるというシンプルで解り易く、それは、現在の仏教の主な出番であるお葬式に実にマッチするので都合が良い。

それで、少し真面目に浄土宗や浄土真宗について学ぶ者も、「極楽浄土は死後に行く安楽な世界で、そこに行くためには生きている間に念仏を唱えれば良い」と理解しているのだと思う。
実際、浄土宗や浄土真宗の経典である『無量寿経(大無量寿経)』や『観無量寿経』を見ると、表向きはそう書いてある。表向きはと言ったのは、経典というのは、それほど単純に書かれておらず、解釈が難しいからである。
それでも、「極楽浄土は死後に行く、キリスト教で言う天国のようなもの」「念仏を唱えることで極楽浄土に行ける」というのが、浄土宗や浄土真宗の正統な教えとなっているのだと思う。
これについては、法然や親鸞、あるいは、一遍らの時代、民衆は、生きている間の希望がほとんどなく、せめて死後の世界で幸福になれると説くしかなかったという事情があったのだと学校で教わったものだ。

だが、親鸞より後の(室町時代の)臨済宗の僧侶、一休が、法然や親鸞を大変に誉め、自らも念仏を唱えていたが、彼が、念仏と極楽浄土の正しい教えを説いていることは、本来、もっと理解しておくと良いと思う。
一休は、「極楽浄土は西の遠い彼方にあると言われるが、実際には南、即ち、皆身・・・我々の中にある」と言ったが、これも、民衆に解り易い喩えであり、正確には、極楽浄土は、今、ここにあり、どこにでもあると言ったのである。
スターウォーズで、ルークがヨーダに「フォース(霊的な力)なんてどこにあるんです?」と問うと、ヨーダは「どこにでもある。ここにも、ほら、そこにも」と言うが、ルークには理解出来なかった。
しかし、理解するしないに関係なく、フォースも極楽浄土も同じで、どこにでもあるのである。
だが、それが解るためには、極楽浄土が、この世と重なり合うように存在する異次元の世界であると理解しなければならないが、正確には、重なり合っているという訳でもないだろう。しかし、人間の感覚的には、せいぜい、重なり合うと言うしかないのである。

ジョセフ・マーフィーは、潜在意識のことを、フロイトが言うものとはやや異なる、あらゆる力の源のようなものと言い、ヨーダのフォースに近いと言えなくもないが、『あなたも幸せになれる(原題:THE COSMIC ENERGIZER)』で、潜在意識を「宇宙の活力(THE COSMIC ENERGIZER)」と呼び、それは万能の力であり、宇宙に偏在する、即ち、あらゆるところにあると説いている。

極楽浄土、フォース、潜在意識、宇宙の活力は、全て同じで、最近、物理学者の保江邦夫さんが「素領域理論」で物理学で説明しているのが、解り易いとは言えないながら、一応、それらを統一した考え方になっていると思う。
これらは全て、実用的と言っては下品なのかもしれないが、実際の力になるものであるのだから、そのように習得するべきと思う。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

答は1つ

最近、このブログで、いかなる相談に対しても、同じ答をするという人の話をよくしている。
筋トレ社長Testosteroneさんの、
「人間関係に悩んでる?なら筋トレだ」
「モテない?なら筋トレだ」
「イジメを受けている?なら筋トレだ」
は、実に良く、やる気が出るだろう。
法然なら、
「身体を売る商売をしている?なら念仏だ」
「戦で残酷なことをした?なら念仏だ」
「人妻と浮気している?なら念仏だ」
で、他に何もする必要はない。

ところで、もっとシンプルに答える者の話がある。
倶胝(ぐてい)というお坊さんは、いかなる相談をされても、ただ指を1本(多分、右手の人差し指)立てるだけだった。
ところがある日、自分の真似をして指を1本立てた小坊主の、その指を切り落とした。
そして、泣き叫ぶ小坊主に向かって、指を1本立てた。
小坊主は悟った。
あくまで、禅の公案(思考問題)である。
修行僧は、この公案の意味を説明しないといけないらしい。

そりゃ、私やあなたがTestosteroneさんの真似をして、相談者に「なら筋トレだ」と言ったり、法然の真似をして「なら念仏だ」と言っても説得力はないし、相手を救えないだろう。
なぜなら、自分がやり込んでないからだ。
同様に、倶胝の小坊主も、自分が1本指の禅を使い込んでいないのに、真似をしてはいけない。
倶胝すら、臨終の時、「天竜先生に教わった1本指の禅を、一生で使い切れなかった」と言ったのだ。

あなたも、「なら○○だ」と言えるものを持たないといけないが、それには10年かかる。
10年、毎日欠かさずやれば、言う資格もあるかもしれない。
だが、私は、10年以上、「腕振り運動」「少食」「VBA」をやっているが、「なら腕振り運動だ」とはなかなか言えない。
ところが、まだ10日もやってないのに、「四股だ」とは言えるのである。
無論、腕振り運動も、少食も、VBAも良いが、四股はもっと良かった。
他のことを、しかも、複数やってたから分かることもあるという例である。
ただし、関英男さんのように「なら腕振り運動だ」と言う人や、水野南北のように「少食が一番じゃ」と言う人もいて良いのである。
しかし、佐川幸義系の四股は本当に良い。
脚をやや横方向に適度に上げ、ゆっくり降ろし、腰を落とす・・・これだけで、相撲の四股とはやや違う。
いわゆる、軽い「なんちゃって四股」であるが、1回1回、丁寧にやらないといけないと思う。
「ダイエットしたい?ならSKS(佐川幸義系Kay式四股)だ」
「あの子を射止めたい?ならSKSだ」
「金が欲しい?ならSKSだ」
である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

最強の問題解決法を持つ

著名なユング派心理学者、河合隼雄さんの京都大学での退官講義を収録した『こころの最終講義』 に、こんな話がある。
息子が登校拒否で学校に行かないという父親が、河合さんに、
「先生、学校に行くボタンってないですかね?」
と尋ねたらしい。
言っては悪いが、私が、最も愚かな人間の代表と考えている例である。
子供が学校に行けない原因は複雑で、父親はその原因に大きく関わっているはずである。
その責任を一切放棄して、ボタンを押して解決したいという、虫が良いなんてもんじゃない、自分の子供をモノ扱いしているのであり、それが、子供が歪んだ原因だろう。
そして、そのような人間は増える一方なのかもしれない。

これと、ちょっと似ているが、異なる話をする。
私は、筋トレは好きでは無いが、筋トレ絶賛派のTestosterone(テストステロン)さんという作家、事業家、トレーナーは大好きである。
彼は、いかなる質問にも同じ答をするように思う。
「モテない?なら筋トレだ」
「人生に不安がある?なら筋トレだ」
「嫌な上司がいる?なら筋トレだ」
人生の問題の99.9%は筋トレで解決すると断言する。
爽快である。男は(女もだが)、このくらい信念がないといけない。
実際に彼に会えば、本当に筋トレで全て解決する可能性が高い。
法然も全く同じだった。
何を聞かれても、「なら念仏だ」だったはずだ。
法然に直接会った人なら、実際、それで全て解決する。

日本航空社長や日銀副総裁などを歴任した柳田誠二郎さんは、若い人達に、
「何でもいいから、心を締める鍵を1つもちなさい」
と言い、自分の場合は、たまたま、岡田虎二郎に教わった静坐がそうだったと言う。
自分は、岡田虎二郎の静坐で全てうまくいったが、皆、それぞれ好きなことをやれば良いと言う訳だ。
だが、早くそれを持った方が良いとは言えるだろう。

Testosteroneさんや、法然や柳田誠二郎さんらの問題解決手段(柳田さん式には「心を締める鍵」)と、最初の、登校拒否の子供を持つ父親の「学校に行くボタン」は似ているようで全然違う。
「ボタン」は、「俺はボタンを押すだけで、面倒なことは一切しない。俺に責任はない」というものだ。
対して、Testosteroneさんらは、問題解決の手段を示しているのである。
そして、その手段を、徹底的に探求したので、自信があるのだ。
そして、柳田さんが言うように、手段は何でも良いのだ。
Testosteroneさんだって、ある本でつい「もう筋トレでも何でもいいからやれ」と本音を言うが、それは、筋トレの価値を落とすどころか百倍化し、私もうっかり筋トレをやりかけたほどだ・・・いや、多少やっているが。
大村あつしさんや小川慶一さん(Excelマクロ達人養成塾塾長)なら、「・・・?、ならExcel VBAだ」となるかもしれない。

それで言えば、私は今は、佐川幸義系のKay式四股だ。
四股で人生の問題の99.9%は解決する。
「金がない?なら四股だ」
である。
柳田誠二郎さんの師、岡田虎二郎もそう言っていた。
岡田式静坐法は、腹の力を作るものである。
金に窮しているという男に、虎二郎は言ったらしい。
「金?腹に力がつけば金はいくらでもできますよ」









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

1日144分の修行で超人になれる

全ての人間はろくでなしである。
ろくでなしとは、ろくでもないやつのことで、役に立たない者、無価値な者という意味だ。
「全ての人間がろくでなしとは言い過ぎだろう?ろくがある人間も少ないかもしれないがいるはずだ」
と言いたい者がいるかもしれない。
良い質問だ・・・なんて気取るなよと言いたい気持ちもあるが、本当に良い質問と言えるのである。

人間は9割まではろくでなしで良いが、1割のろくは持っていないといけない。
浮気性の亭主は多いが、奥さんや家庭を全く顧みない100%ろくでなしの亭主とは別れるしかないが、浮気はしても、やっぱり奥さんが一番大事だという1割のろくを持っている亭主なら、「ただのろくでなしの亭主」で済むのである。

人間は、なまけもので楽な方に行きたがる。
『ファウスト』で、神様が、「(人間は)少し間が好いと絶待的に休むのが好きだ(森鴎外訳)」と言った通りである。
だが、どこまでもなまけ、楽な方にしか行かない人間は失格なのであり、1割だけ、理想のために苦しい方に行ければ良いのである。
岡本太郎は、「私はいつも破滅の道を選んだ」と言うが、それも、せいぜい2割までの話で、太郎だって大概は安全な道を選んでいるはずなのだ。
しかし、破滅の道を1割選べば大したもので、太郎の場合は2割だったから、偉大な芸術家足りえたのである。

ロリコンの変態だって、1割の理性があれば無害な愛されるロリコンなのであるが、10割近いロリコンは災いなのである。
つまり、少しの理性もないロリコンがいるのである。
だが、政府は規制で10割クリーンな人間を求めてるが、これが建前主義の哀れな末路である。これにより、10割のロリコンが増えてしまうのである。
昔、アメリカで、禁酒法で10割クリーンな人間であることを求めたら、闇酒、闇バーが大繁盛したようにである。
だいたい、闇酒って美味いんだ!(笑)
それを考えれば、ロリコン禁止法(実際の名前は違うだろうが覚えていない)がいかに危険か解りそうなものだが・・・

9割いい加減でも、1割の生真面目さがあれば、世の中、やっていけるのである。
そして、2割なら勝てる。しかし、3割だと、強欲に染まっているだけであるから、危うい。
1割は楽だし、2割でも、そんなにシンドくない。

中村天風は、片時もたゆまず、肛門を引き締めよと言ったが、無茶言うなである。
法然も、行住坐臥(ぎょうじゅうざが)、すなわり、四六時中念仏を唱えよと言ったが、現実的でない。
しかし、1日は1440分で、その1割である144分、肛門を引き締めたり、念仏を唱えれば、それが、1日中やっているということで、それだけやれば超人である。
ヨガや念仏には、それだけの威力があるからである。

ところで、言いたくはないが「144分をどうやって計る」などと言う頭の固い馬鹿は勘弁して欲しい。
少しだが確固としてという意味で、実際の時間は問わないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

高次元を見る(高度な直観を発揮する)方法

「南無阿弥陀仏」という念仏に関し、法然は、主に、「死後、極楽浄土に生まれることが出来る」ことを説いたが、同時に、「仏(如来)は、念仏を唱える者を万全に守る」とも教えていた。ただ、その根拠は、「経典に書かれているから」であった。
親鸞は、法然の教えを継承しつつ、念仏には、最高度の現世利益の効果があると説いたが、それも、経典以外にエビデンス(根拠)はない。
また、親鸞の教えを記したものとして最も有名な『歎異抄』では、現世利益については、ほとんど書かれていない。ただ、「念仏を唱える者を神々すら敬い、鬼神(きしん。強い力を持つ神のこと)も道を譲るとの記述はある。ただ、やはり、科学的根拠はない。

このように、法然、親鸞の教えには、経典に書かれているとか、高僧の教えであるという以外の根拠はないのだが、当時はそれを、信じるしかなかった。
だが、現代のスティーブ・ジョブズだって、強調したことは、「今やっていることが、未来の何かの点とつながることを信じるしかない」だったのだ。
そして、科学的根拠を持って、人間の心は、宇宙全体とつながってるのであり、現実世界を創造するのであるから、信じるしかないと共に、信じるべきなのである。

よって、法然、親鸞の教えは科学的に正しいが、彼らはもちろん、科学的に念仏を捉えていたのではない。とはいえ、単に、「経典に書かれているから正しい」と考えた訳でも決してない。
彼らは、高度な直観で持って、それが正しいと確信したのであり、優れた直観は、科学的にも、真理を示す根拠と言えると思う。

「南無阿弥陀仏」とは、「阿弥陀様に全て任せる」という意味で、阿弥陀様とは、宇宙全体あるいは、その力の象徴なのであるから、実際は、特に何と呼んでも構わない。
例えば、「神に全てを任せた」と言っても同じであり、経験的に、この宣言(呪文と言っても良いが)は最高の効果がある。
ただ、「苦しい時の神頼み」ではないが、これが効果を発揮するのは、自分の力が卑小であることを思い知った時である。
即ち、極めて苦しい状況でありながら、自分にはどうすることも出来ないことを痛感した時に、念仏のようなものが、強い効果を及ぼす。
それは、必ずしも、自分の望むような状況を引き寄せるとは限らないが、絶対的に正しい方向に動くのである。

ところで、京都大学名誉教授で、まるで、フォン・ノイマンのような広い分野(数学、経済、文化、教育、その他)で業績を上げた岸根卓郎氏が、高次元世界を見る方法として、ステレオグラムを見ることを薦めていることが面白かった。
ステレオグラムとは、何が描かれているか分からない平面の模様だが、見方によって、鮮やかな立体映像が見るというものだ。
左脳で論理的に見ている限り、平面にしか見えないが、右脳で直感的に見れば立体に見える。
高次元の世界というのも、理屈で考えては解らないし見えないが、法然や親鸞のように、直観で視れば見えるのである。
直観は右脳の領域であり、ステレオグラムを見るのも右脳であるから、高次元の世界を見る練習には丁度良いのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド