ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

法然

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

駄目なアンタを救う道

いかなる悪人も、「南無阿弥陀仏」の念仏さえ唱えれば、罪は消えると親鸞聖人は言ったようだ。
また、極楽浄土に行くためには、善いことをする必要は全くないとも言う。
なぜなら、念仏の力を妨げるほどの悪は存在しないし、念仏以上の善もないのだからということだ。

『方丈記』の著者として知られる鴨長明(かものちょうめい)が書いた『発心集』の中に、こんな話がある。
源大夫(げんだいふ)という名の極悪人がいた。
彼は、盗み、殺し、暴力、何でもやり、人々に恐れられていた。
その源大夫が、たまたま僧が、阿弥陀如来のことを話すのを聞き、
「俺が念仏を唱えても阿弥陀様は応えてくれるのか?」
と僧に問うと、僧は、その通りだと言う。
そこで、源大夫は、僧に頭を剃らせ、僧侶の服をもらうと(奪うと?)、西に向かって、大声で「南無阿弥陀仏」と唱えながら歩いた。
七日の後、源大夫は絶命し、その舌から蓮の花が咲いた。

この話を読んだ時、私はつくづく、法然も親鸞も、本音のところで源大夫と同じだったのだと思うのだ。
法然や親鸞は立派な僧だと思われているかもしれないが、彼らとて、所詮、自分は煩悩を捨てられない悪人であると知っていて、それに苦しんでいたのだろう。
実は、誰にも言わなかったが、法然はロリコンであったとか・・・って、信者に殺される(笑)。
そして、源大夫は、やりたい放題の大悪人だが、魂では、そんな自分が嫌で苦しんでいたのだと思う。
でなければ、念仏を唱えようなんて思うはずがない。
自覚はなかったかもしれないがね。

我々も同じで、人間の本性はおそらく善だと思うが、どうしても煩悩があって、悪いことをしたり考えたりする。
それは、魂にとっては苦しいことなのだ。
だが、(繰り返しになるが)念仏は、いかなる悪も十分以上に埋め合わせるので、念仏を唱えれば良い。
悪を埋め合わせるために、自分で善いことをする必要はない。
なぜなら、どんな善も、念仏の善に全く及ばないからだ。

とはいえ、今の時代、念仏でもあるまい。
ある程度の年齢であれば、それで納得出来るかもしれないが、この理屈が重視される時代に、念仏の力を信じることは、なかなか出来まい。
だが、ここで、とはいえ・・・ともう一回、ひっくり返す。
たとえ時代遅れで、理屈に合わなくても、念仏を唱え続けながら、善と反対の方向にずっと進める者などいないのだ。
これは、ひょっとしたら、法然や親鸞の教えに反するかもしれないがね(とはいえ、根本は合っていると思う)。
特に、『歎異抄』を1回でも読めばそうなのだ。
ちなみに・・・念仏を唱えれば、現世利益(つまるところ引き寄せ)も思いのままだ。
親鸞は『現世利益和讃』に、そう書いている。
また、法然も、『選択本願念仏集』に、それを示唆することを書いているのである。








本物の教えは1枚の紙に書ける

法然は、死の直前に『一枚起請文』(いちまいきしょうもん)と呼ばれる遺言を残している。
※起請文(きしょうもん)とは、神仏への誓いを記した文書のこと。
これは、遺言であると共に法話で、しかも、最高の法話である。
念仏の教えは、この1枚に余すところなく現れていると言って良いと思う。
よって、念仏について知りたければ、ただ、この1枚を見れば良い。

もっと短い教えもあり、こちらも重要と思う。
それは、ウィンストン・チャーチルの、

Never, never, never, never give up
(絶対に屈服するな、絶対に、絶対に、絶対に)

だ。
きっと、誰でも一度は見聞きしたことがあえると思う。
チャーチルが死の直前に行った講演会で、演壇に立ったチャーチルは何も言わず、つっ立っていた。
そして、ついにチャーチルが前のめりに突っ伏して言った言葉がこれだった。
最高の講演であり、チャーチルの教えは、これだけ覚えておくと良いと思う。

ところで、引き寄せの法則の最大のベストセラーである、ロンダ・バーンの『ザ・シークレット』を映画化した『THE SECRET』で、いかなる願望も実現する秘密の教え「シークレット」は、元々は、大昔に、1枚の緑色の石板に記されたものだった。
まだ古代文明の時代、誰かがこれを紙(パピルス?)に複写(石板の上に紙を重ねて擦った)したものが、ごく一部の人間の間に広まったように、『THE SECRET』では演出されている。
つまり、引き寄せの法則は、1枚の紙に書ける簡単なものであると表現しているのだが、実際、その通りであると思う。

引き寄せの法則の最も有名な書籍はおそらく、ナポレオン・ヒルの『Think and Grow Rich(思考は現実化する 1937)』であるが、これは、法則を純粋に伝えたものではなく、後に出版された『Grow Rich!(成功哲学 1967)』が本物に近いと言われる。
しかし、いずれにしても、これらは長過ぎ、普通の人が、これらの本から、引き寄せをマスターするのは、ほぼ不可能と思う。
その後、易しい引き寄せの本も膨大な数が出て、ヒットした作品も多いが、やはり、本になった時点で長過ぎる。さらに、同じ著者が同じテーマで何冊も書くのだから、これらは、引き寄せを教えるというよりは、商売(著者だけでなく出版社の)であると考えた方が良いと思う。
引き寄せもまた、『THE SECRET』の映画のように、1枚の紙で書ききれるもののはずだ。

引き寄せというのは、必ずしも、ナポレオン・ヒルの本のように金持ちになる方法ではなく、あらゆる願望を叶えるものである。
それで言えば、私が子供の時から、およそあり得ない魔法のようなことを確かに何度も行ったのも引き寄せである。
私も、その方法をいつか1枚に書いてみようと思うが、その前に、何か決定的な魔法の証拠でも示した方が良いような気もする。しかし、それに該当する願望がなかなかないのであるが。
そこで、最も短い、そして、優れた引き寄せの教えは、何度か述べたが、ある大富豪が匿名で書いた『イット・ワークス(It Works)』であると思う。
とりあえず、これより良いものは見つかっていないと思う。
これが、それほど広まっていないのは、やはり、短過ぎ、また、簡単過ぎ、商業的価値がないからだろう。
ナポレオン・ヒルの『 Think and Grow Rich 』よりずっと前に書かれていて、著作権も切れているはずで、英語のPDFならネットで入手出来るだろう。
著者も、これで儲ける気はなかったはずだ。
私は、基本セットだけで50万円以上する名高い成功プログラムの100万円以上分を買ったが、個人的には『It Works』の方がずっと優れていると思う。
だが、この本にはただ1つ、感情に関する項目が足りないようにも思う。
そこに関しては、『THE SECRET』では詳しく述べられているが、若干、余計なものも入っているような・・・
『It Works』と『THE SECRET』の感情に関する項目を合わせれば、かなり完全なシークレットであると思う。
>








なぜ念仏を唱えると不幸にならないのか

コンピューター科学者でプログラマーで事業家であるポール・グレアムは、学校について、こんなことを書いていた。
「確かに、子供は学校に拘束されているという面はあるが、逆に、学校が拘束してくれず家にいたら、特に、母親にとって邪魔で仕方がない」
このことは、コロナウイルスによる休校で、痛いほど証明されてしまった。
アニメ『かぐや様は告らせたい』で、オタクで暗い過去を持つ高校1年生男子の石上優は、部活について、「部活がないと、暇を持て余した若者がロクなことをしない」と、部活の効用を認めていたが、これもまあ、コロナで明らかにされたことと言える。もちろん、コロナがなくても、分かっていたことではあると思う。
子供や学生だけではない。
ほとんどの人間は、暇になるとロクなことをしないし、それは、根本的には、「ほとんどの人間は暇だと、ロクなことを考えない」からである。
そして、「暇な時に有益なことを考える者を天才と言う」のであるが、その数は極めて少ない。

我々凡人は、暇を欲するが、実際に暇になると、ロクなことを考えないのである。
食べることやエロいことを考えているうちはまだ良いが、やがて、恨み、妬み、不安、恐怖などが浮かび、思考は現実を作るので、運命が悲惨なものになっていく。
もし、暇な時に、優れたことを考えることが出来れば、素晴らしい人生になるが、ほとんどの人間は、成長する過程で、親や教師に、健全な思考力を破壊されているので、それは難しい、
法然が、「常に念仏を唱えよ」と教えたのは、そのような、暇があればロクなことを考えない凡人達が、ロクでもない運命に陥るのを防ぐためだったと考えられるのである。
当時の庶民達は、権力者に長時間使役され、暇がなかったように思われるが、やっぱり、ロクでもないことを考える時間は沢山あったのだ。
そして、放っておいたら、やはり、マイナスの考えばかりしたはずなので、念仏を唱えることで、それを少しでも防げるのである。

天才発明家の中山正和氏も、般若心経の効能についても、「般若心経を唱えていれば、気が紛れてクヨクヨせずに済む」からといったことを書かれていたと思う。
このように、呪文、真言、祝詞に、何か霊的、超常的な力はおそらくないであろうが、マイナス思考の悪影響(これは思っているよりはるかに大きい)を防ぐ素晴らしい効果があるのは間違いない。
実際、毎日、念仏、真言、祝詞を長時間唱えている者が、あまり悲惨な目に遭うことはない。
もし、あるとすれば、実際は真面目にやってない者であると思う。

何度かご紹介したことがあるが、世界的教育者の七田眞氏の本で、1日中、「神様の奇跡が起こる」と唱えていたホームレスが、宝くじで1憶円を2回当てたと言う、著者が事実であると保証した話も、同様に考えられる。
このホームレスは、マイナス思考をしていたからホームレスになってしまったが、「神様の奇跡が起こる」と唱えることで、ロクでもないことを考える暇がなくなっただけでなく、「神様の奇跡が起こる」という言葉から、プラスの期待を持ち、気分が良くなったのだ。
気分が良いと、宇宙の活力のようなものが、良い気分に同調した現実を引き寄せるので、1憶円を労せず得られるという最高に気分が良くなることが起きたのである。
過去の彼は、ロクでもない考えで悪い気分になっていたので、それに宇宙の活力が同調し、どんどん気分が悪くなることが起こったのである。

楽しいことを考えることが出来ないなら、せめて、念仏や真言を唱えて、ロクでもない考えが起こるのを防いだ方が良い。
生命というのは、良い方向に進むことを指向しているので、それだけでも、良い人生になる。
しかし、せっかく、人間のマインドの力は絶大で、いかなる現実も引き寄せらるのであるから、良いことを考えればよく、その良いことを引き寄せるコツは、それが達成された時の良い気分を先に味わうことである。








エリートには人を救えない

法然(1133-1212)は、子供の時から神童で、大人になっても学問を積み、仏典の知識・解釈で他を圧倒していたが、ある時点から、念仏のみを教え、自らも念仏以外は何もしないと言い、それを実践した。
ただし、本当に1日中、念仏を唱えていた。
日蓮や明恵(みょうえ)という優れた僧達は、「念仏さえ唱えれば救われる」という法然や親鸞の教えを批判し、仏典の教えを説いた。
しかしだねえ、文字も読めないような庶民に、仏典の難しい話なんかしてどうなる?
エリート、秀才のこだわりで下々の人間はもちろん、本当のところ、下層階級と根本的な頭の差などない上流階級や知識層だって、仏典の妙なんてのは趣味でなら良いが、それで心おだやかにしてやれるなんてことは、本当は全くない。

ところで、法然が夜鷹の相談を受けたことがあった。
夜鷹とは、道端で客を引く下等売春婦のことだ。遊女であれば、それなりの場所に居て、男の方から来るのに比べ、より悲惨な、乞食売春婦と言うしかないような存在であった。
だが、いかに貧しく、哀れな人間であろうと、夜鷹にだって、罪深いことをしているという苦悩はある。
けれども、他に生きていく術はない。
それで、法然に相談したのだが、高僧である法然が、それほどの下級層の者とも親しく対話したとは驚くべきことだ。
法然は、頭でっかちのエリート僧のような、何の役にも立たない難しい話はしない。
「夜鷹をやめるに越したことはない。だが、それが無理なら、そのままで良いから念仏を唱えよ。それで十分である」
まさか、そんな簡単なことで救われるとは思わなかった夜鷹は驚きと共に喜び、念仏を唱えるようになった。
それで、実際に幸せになった。
夜鷹に何が起こったのか?
天下に名高い法然に、念仏さえ唱えれば、罪は消え、救われると断言され、歓喜し、安堵した。
シンプルに言えば、夜鷹はそれまで、BAD FEELING(悪い気分)でいたのが、GOOD FEELING(良い気分)に、一瞬で切り替わったのだ。
「良い気分でいれば、良い気分になる状況が引き寄せられ、悪い気分でいれば、悪い気分になる状況が引き寄せらfれる」
これだけが、古今東西を問わず、我々が知っておくべき、絶対的な宇宙の法則である。
もし、エリート僧が、この夜鷹の相談を受け、仏典の難しい話などしたら、夜鷹はますます気分が悪くなり、ますます、悪い状況になったであろう。
エリート層は自己満足したかもしれないがね。

念仏すら方便である。
夜鷹の気持ちを切り替えさせ、良い気分にしてあげられるなら、何でも良いのだ。
世界的ベストセラー&ロングセラーである『積極的考え方の力』の著者である牧師ノーマン・ヴィンセント・ピールは、ゆったり座って、穏やかな自然の風景を思い浮かべながら、静かに「のどかだ」と言うことを薦めていた。
それで気持ちを切り替え、良い気分になれるからだ。
それだけで事態は好転する。

気持ちを切り替え、良い気分になるには、「笑う」「ガッツポーズをする」ことが効果的だ。
時々、「実は笑顔には効果がないのだよ」「パワーポーズが効果があるというのは嘘だったのだよ」と言う者がいるようだ。
だが、彼らは、どのくらいやって、そう言うのだろう。
おそらく、自分でやったことは、ほとんどなく、否定的なことを書いたものを見て、そのまま信じただけである。
最も失敗し易いパターンの人間だ。
イチローの素振りの数が誰よりも多かったように、笑顔もガッツポーズも数が大切だ。
だが、1日数十回笑ったからといって、疲れることはないなかりか、笑顔になって悪い気分のはずがない。
毎朝、必ずガッツポーズをする者で、駄目な人間は一人もいないのである。








呪文の選び方、使い方

たまには呪文の話をしようと思う。
本来は正しくないのだろうが、口や心の中で繰り返す言葉・・・念仏、真言(マントラ)、祈り、アファーメーション、唱え言葉なども、全て呪文とする。

どんな言葉を唱えるか、そもそも、呪文を唱えるか唱えないか?
それをどうやって決めるかというと、唱えて気分が良い言葉を選べば良いし、呪文を唱えて気分が良くならないなら、唱えなければ良い。
呪文は義務でも責任でもない。

法然という人は、1日中、「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えていたらしいが、これは、修行なんかではなく、法然は念仏を唱えれば気分が良かったのだと思う。
ところが、弟子の親鸞は、念仏を肯定し、人にも薦めながらも、実のところ、自分は念仏を唱えても、そんなに気分は良くなかったのだと思う。
だから、親鸞は、「一度唱えれば良い」とか「唱えようという気があれば、唱えなくても良い」と言って、法然に怒られているらしい。
結局、親鸞というのは、「人間は元々救われている。それに気付けばOKだ」と言ったのだと思う。
これは、実に現代的で科学的だ。実際、その通りなのだからだ。
だから、念仏というのは、救われていることへの感謝であり、それは、必ずしも念仏でなくて良い。
つまり、「無限の力に守られ救われている。ありがたいなあ」と思えば良いのである。

YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)の『LOTUS LOVE』には、「呪文」が出てくる。
それは、“I LOVE YOU”だ。
実際、この歌を聴いていると、“I LOVE YOU”が気分の良い呪文になるかもしれず、そう思ったら、どんどん唱えると良い。
ちなみに、『LOTUS LOVE』の初音ミクさんが歌うHMO(初音ミク・オーケストラ)バージョンが実に素晴らしく(YMO公認だそうだ)、これを聴くと、もっと、“I LOVE YOU”が気分の良い呪文になるかもしれない。

ベアード.T.スポールディングの『ヒマラヤ聖者の生活探求』では、築5千年というある寺院は、昨日建てられたかのように完全なのだが、どこか壊れても勝手に直ってしまうという。
その秘密は、その寺院の中では「生命、愛、平和」という言葉しか使われないからだそうで、その言葉の波動に満ちると、そのようになるのだと思う。
よって、「生命、愛、平和」、あるいは、その中の1つでも良いが、気分が良ければ呪文にすれば良いと思う。
とこで、『波動の法則』(1995)の著者の足立育朗さんの2014年の著書『波動の法則 実践体験報告』によれば、「愛」より「調和」の方がずっとレベルが高いそうだ。
ただ、日本には、「和」という言葉があり、この一文字で「調和」「平和」の意味を持つし、これこそが「愛」であり「生命」であると言えるかもしれない。
「和」は「輪」(あるいは「環」)に通じ、円を意味するが、円は完全の象徴である。
だから、日本には「和を重んじる」「和をもって貴しとする」という言葉があり、「和」というものが、いかに重要であるかが解る。
松下幸之助も、「日本は和の国。和を忘れたら会社は倒産する」と言ったようだ。
そして、「和」一文字で日本を意味するが、日本という国自体が、元々「和」という名前であったらしい。
「和」だけで優れた呪文である。

アメリカの啓蒙家のクレメンストーンは「我々は豊かだ、我々は健康だ、我々は素晴らしい」という言葉をアファーメーションにしていたという話を、自己啓発ビジネスをしている社長から聞いたことがある。
アメリカの会社の中には、この言葉を皆で唱えているところがあり、多くは、なかなか盛り上がるのだそうだ。
それで気分が良くなるなら、大いに唱えれば良いと思うし、気分が良くないなら、遠慮なく、場を離れれば良い。
「豊かだ」「幸せだ」という言葉を呪文にしている人もいる。
アラン・パーカーの『小さな恋のメロディ』(これを原作とする映画が有名)の主人公ダニーは、「天国」という言葉が大好きなようだ。このように、人それぞれである。
唱えなくても、気分が良くなるなら、何かの時に思い出せば良い。
呪文とは、そんなものである。
「アジマリカン」と唱えて気分が良ければ唱えれば良いのであり、「これを唱えれば良いことがあるぞよ」と強要するようなものではない。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード