ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

法然

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

エリートには人を救えない

法然(1133-1212)は、子供の時から神童で、大人になっても学問を積み、仏典の知識・解釈で他を圧倒していたが、ある時点から、念仏のみを教え、自らも念仏以外は何もしないと言い、それを実践した。
ただし、本当に1日中、念仏を唱えていた。
日蓮や明恵(みょうえ)という優れた僧達は、「念仏さえ唱えれば救われる」という法然や親鸞の教えを批判し、仏典の教えを説いた。
しかしだねえ、文字も読めないような庶民に、仏典の難しい話なんかしてどうなる?
エリート、秀才のこだわりで下々の人間はもちろん、本当のところ、下層階級と根本的な頭の差などない上流階級や知識層だって、仏典の妙なんてのは趣味でなら良いが、それで心おだやかにしてやれるなんてことは、本当は全くない。

ところで、法然が夜鷹の相談を受けたことがあった。
夜鷹とは、道端で客を引く下等売春婦のことだ。遊女であれば、それなりの場所に居て、男の方から来るのに比べ、より悲惨な、乞食売春婦と言うしかないような存在であった。
だが、いかに貧しく、哀れな人間であろうと、夜鷹にだって、罪深いことをしているという苦悩はある。
けれども、他に生きていく術はない。
それで、法然に相談したのだが、高僧である法然が、それほどの下級層の者とも親しく対話したとは驚くべきことだ。
法然は、頭でっかちのエリート僧のような、何の役にも立たない難しい話はしない。
「夜鷹をやめるに越したことはない。だが、それが無理なら、そのままで良いから念仏を唱えよ。それで十分である」
まさか、そんな簡単なことで救われるとは思わなかった夜鷹は驚きと共に喜び、念仏を唱えるようになった。
それで、実際に幸せになった。
夜鷹に何が起こったのか?
天下に名高い法然に、念仏さえ唱えれば、罪は消え、救われると断言され、歓喜し、安堵した。
シンプルに言えば、夜鷹はそれまで、BAD FEELING(悪い気分)でいたのが、GOOD FEELING(良い気分)に、一瞬で切り替わったのだ。
「良い気分でいれば、良い気分になる状況が引き寄せられ、悪い気分でいれば、悪い気分になる状況が引き寄せらfれる」
これだけが、古今東西を問わず、我々が知っておくべき、絶対的な宇宙の法則である。
もし、エリート僧が、この夜鷹の相談を受け、仏典の難しい話などしたら、夜鷹はますます気分が悪くなり、ますます、悪い状況になったであろう。
エリート層は自己満足したかもしれないがね。

念仏すら方便である。
夜鷹の気持ちを切り替えさせ、良い気分にしてあげられるなら、何でも良いのだ。
世界的ベストセラー&ロングセラーである『積極的考え方の力』の著者である牧師ノーマン・ヴィンセント・ピールは、ゆったり座って、穏やかな自然の風景を思い浮かべながら、静かに「のどかだ」と言うことを薦めていた。
それで気持ちを切り替え、良い気分になれるからだ。
それだけで事態は好転する。

気持ちを切り替え、良い気分になるには、「笑う」「ガッツポーズをする」ことが効果的だ。
時々、「実は笑顔には効果がないのだよ」「パワーポーズが効果があるというのは嘘だったのだよ」と言う者がいるようだ。
だが、彼らは、どのくらいやって、そう言うのだろう。
おそらく、自分でやったことは、ほとんどなく、否定的なことを書いたものを見て、そのまま信じただけである。
最も失敗し易いパターンの人間だ。
イチローの素振りの数が誰よりも多かったように、笑顔もガッツポーズも数が大切だ。
だが、1日数十回笑ったからといって、疲れることはないなかりか、笑顔になって悪い気分のはずがない。
毎朝、必ずガッツポーズをする者で、駄目な人間は一人もいないのである。








呪文の選び方、使い方

たまには呪文の話をしようと思う。
本来は正しくないのだろうが、口や心の中で繰り返す言葉・・・念仏、真言(マントラ)、祈り、アファーメーション、唱え言葉なども、全て呪文とする。

どんな言葉を唱えるか、そもそも、呪文を唱えるか唱えないか?
それをどうやって決めるかというと、唱えて気分が良い言葉を選べば良いし、呪文を唱えて気分が良くならないなら、唱えなければ良い。
呪文は義務でも責任でもない。

法然という人は、1日中、「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えていたらしいが、これは、修行なんかではなく、法然は念仏を唱えれば気分が良かったのだと思う。
ところが、弟子の親鸞は、念仏を肯定し、人にも薦めながらも、実のところ、自分は念仏を唱えても、そんなに気分は良くなかったのだと思う。
だから、親鸞は、「一度唱えれば良い」とか「唱えようという気があれば、唱えなくても良い」と言って、法然に怒られているらしい。
結局、親鸞というのは、「人間は元々救われている。それに気付けばOKだ」と言ったのだと思う。
これは、実に現代的で科学的だ。実際、その通りなのだからだ。
だから、念仏というのは、救われていることへの感謝であり、それは、必ずしも念仏でなくて良い。
つまり、「無限の力に守られ救われている。ありがたいなあ」と思えば良いのである。

YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)の『LOTUS LOVE』には、「呪文」が出てくる。
それは、“I LOVE YOU”だ。
実際、この歌を聴いていると、“I LOVE YOU”が気分の良い呪文になるかもしれず、そう思ったら、どんどん唱えると良い。
ちなみに、『LOTUS LOVE』の初音ミクさんが歌うHMO(初音ミク・オーケストラ)バージョンが実に素晴らしく(YMO公認だそうだ)、これを聴くと、もっと、“I LOVE YOU”が気分の良い呪文になるかもしれない。

ベアード.T.スポールディングの『ヒマラヤ聖者の生活探求』では、築5千年というある寺院は、昨日建てられたかのように完全なのだが、どこか壊れても勝手に直ってしまうという。
その秘密は、その寺院の中では「生命、愛、平和」という言葉しか使われないからだそうで、その言葉の波動に満ちると、そのようになるのだと思う。
よって、「生命、愛、平和」、あるいは、その中の1つでも良いが、気分が良ければ呪文にすれば良いと思う。
とこで、『波動の法則』(1995)の著者の足立育朗さんの2014年の著書『波動の法則 実践体験報告』によれば、「愛」より「調和」の方がずっとレベルが高いそうだ。
ただ、日本には、「和」という言葉があり、この一文字で「調和」「平和」の意味を持つし、これこそが「愛」であり「生命」であると言えるかもしれない。
「和」は「輪」(あるいは「環」)に通じ、円を意味するが、円は完全の象徴である。
だから、日本には「和を重んじる」「和をもって貴しとする」という言葉があり、「和」というものが、いかに重要であるかが解る。
松下幸之助も、「日本は和の国。和を忘れたら会社は倒産する」と言ったようだ。
そして、「和」一文字で日本を意味するが、日本という国自体が、元々「和」という名前であったらしい。
「和」だけで優れた呪文である。

アメリカの啓蒙家のクレメンストーンは「我々は豊かだ、我々は健康だ、我々は素晴らしい」という言葉をアファーメーションにしていたという話を、自己啓発ビジネスをしている社長から聞いたことがある。
アメリカの会社の中には、この言葉を皆で唱えているところがあり、多くは、なかなか盛り上がるのだそうだ。
それで気分が良くなるなら、大いに唱えれば良いと思うし、気分が良くないなら、遠慮なく、場を離れれば良い。
「豊かだ」「幸せだ」という言葉を呪文にしている人もいる。
アラン・パーカーの『小さな恋のメロディ』(これを原作とする映画が有名)の主人公ダニーは、「天国」という言葉が大好きなようだ。このように、人それぞれである。
唱えなくても、気分が良くなるなら、何かの時に思い出せば良い。
呪文とは、そんなものである。
「アジマリカン」と唱えて気分が良ければ唱えれば良いのであり、「これを唱えれば良いことがあるぞよ」と強要するようなものではない。








常識をぶっ飛ばすと古(いにしえ)の知恵を活かせる

法然(1133~1212年)や親鸞(1173~1263)は、ただ念仏を唱えよと教え、道元(1200~1253)は、とどのつまりは、ただ座れ(坐禅)と教えた。
その効果は、念仏は、死んだら極楽浄土に生まれるとこで、座禅は悟りを開くことだったと言われるが、一休(1393~1481)が、極楽浄土はどこか遠いところにあるのではなく、今ここに作りだせるものだと言ったことからも分かる通り、念仏も真の目的は悟りで、念仏と坐禅に違いはない。
こんなことを言うと、専門家に怒られそうだが、このくらい分かり易く言わないといけない。

で、念仏と坐禅のどちらが良いかというと、それは人の適性であり、本来は、家によって宗派を決める必要はない。

念仏というのは、言葉による悟りで、口や心で、「南無阿弥陀仏」と唱えるのが代表的だが、何でも良い。
「南無観世音菩薩」はもちろん、「南無妙法蓮華経」も同じ。
いや、般若心経などのお経を唱えるのも、さらには、日本の神道の祝詞を唱えるのも、キリスト教の「主の祈り」を唱えるのも、讃美歌を歌うのも、讃美歌的な『アヴェ・マリア』を歌うのも同じだ。
「アーメン」でも良いし、ラマナ・マハルシが教えた「私は誰か?」と問うても良い。
「アジマリカン」や「オーム(アウム)」や「阿吽(あうん)」などの呪文・真言でも良い。
「アマテラスオオミカミ」や「クリシュナ」などの神の名でも良い。
自分の気に入ったものを、口で心で唱える、歌うなどすれば良いのである。
それによって、余計な思考が消え、何も考えないことで、心の深層にある真の知恵である英知にアクセスすれば良い。
そうすれば、科学的に説明出来るかどうかは、今のところ微妙ではあるが、運を始め、全てが良くなり、早い話が幸福になる。

ところが、念仏・・・というか、口や心で何かを唱えることよりも、身体で何かするのが向いている人もいる。
道元も、そんな人が多いと分かったのだと思う。
それで「ただ座れ」と坐禅を勧め、道元は坐禅の細かい注意を教えたのだと思うが、それらの作法は二次的なもので、一応の注意・・・くらいで良いと言ったら、やはり専門家に怒られそうである(笑)。
明治・大正の時代に、岡田虎二郎(1872〜1920)が、「岡田式静坐法」を教えたが、これは、座り方が違うだけで、坐禅と全く同じである。西洋人の場合は椅子に座らせた。つまり、やはり、座り方自体も何でも良く、単に、当時の日本人は正座に慣れていたので、そのスタイルでやっただけだ。そして、とどのつまり、岡田虎二郎は、「1日中、腹に力を込めよ」と教えたように、座る必要すらなく、腹に力を込めれば良いだけである。
そうすると、「力を込める場所はどこか?」とか、その他、いろいろごちゃごちゃ言う人がいるが、どこでも好きな場所に力を入れれば良い。
現実的には、ヘソのあたりが入れやすいと思う。
ところが、中村天風(1876~1968)は、「1日中、肛門を引き締めよ」と言ったが、それも同じなのだ。
私の場合、ヘソに力を入れたり、肛門を引き締めたり、その両方を同時にやる。緩いものである(笑)。
それよりも、運動・・・腕振り運動でも、スクワットでも、四股でも、腕立て伏せでも・・・をする時、ヘソに力を入れると楽なので、そんな活用もしている。
坐禅・静坐も、念仏と同じく、思考を消し、英知に通じ、幸運、幸福を呼ぶものである。

人それぞれ適性があり、念仏でいくか坐禅でいくか選ぶと良いが、上に述べた通り、いずれも、広い範囲のやり方があり、何かが合うだろう。
それでうまくいくこと間違いなしであると思う。
セコい専門家がぐだぐだ言うのは・・・それはそれで、参考に有り難く聞く(読む)のも良いかもしれない。ただし、あくまで参考程度にするように。













当ブログオーナー、KayのAI書。
本書は、AIの研究者、AI研究開発企業の技術者になったり、検定や資格試験に合格するために書かれたものではありません。
便利な道具であるAIを、誰でも自分で作れるようになることを目的としました。
Excelが適度に使えれば、何の資格も必要ありません。
お絵かきソフトの本が、学術的なグラフィック理論やお絵かきソフトの開発法を知りたい人を対象にしているのではないのと同じです。
ただ、とっかかりの敷居を下げ、なるべく面白いテーマで、AIを作るコツを掴めればと思います。
AIは、もう誰でも作れる時代で、Googleが検索能力で人間を拡張したように、AIは推測能力で人間を拡張するのです。

偉人達はこんな簡単な方法で魔法の力を得た

いかなる問題も解決出来るたった1つの手段があれば良いなと思うかもしれない。
しかし、現実はなかなか厳しく、そんな都合の良いものはない・・・と思ったが、やはりある。
実を言うと、そんな方法は沢山あるので、かえって解り難い。
では、どんな方法があるかというと、何でも良いのである。
自分がそれであると思い、一生やれるのなら。
念仏でも、「アジマリカン」の呪文でも、1日、少なくとも1時間、1年365日、欠かさずやれれば。
では、実際に、どんな方法があるのだろう?
伝説の中国の和尚、倶胝は、人差し指を立てることだった。
平安・鎌倉時代の僧、法然は、「南無阿弥陀仏」の念仏を唱えることだった。
江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠は、下腹に力を込めることだった。
明治・大正の教育家、岡田虎二郎は、腹に力を込めることだった。
中村天風は、肛門を引き締めることだった。

もちろん、法然と倶胝以外は、他にも沢山のことを教えたが、それらはごちゃごちゃしてて解らない(笑)。
優れた魔法というのは、脳が余計なことを考えるのをやめさせる・・・つまり、思考を消すことなのであるから、多くの偉人が、腹部のあたりに力を込めることを教えたのは、腹の周辺にある膨大な神経を刺激して神経の電気的エネルギーを集めることで、脳の思考のための神経エネルギーを奪って思考を消すためであったと考えると合理性がある。
また、倶胝の人差し指を立てることは、小指を締めることに通じ、小指を締めれば肛門が締まり、それで下腹に自然に力が入るのである。
「南無阿弥陀仏」の念仏も、マ行の音が2回あるが、マ行の音はいったん口を閉じないと発声出来ないが、口を閉じると、肛門が締まるのである。無声で唱えても同じ反応が起こる。

そんな訳で、トータル1時間、肛門か腹に力を込める、あるいは、結果的に、力が入ることをやれば良い。
肛門か腹に力を入れるのでは、どっちが良いかと言うと、どっちでも良い。
また、腹の場合でも、丹田だ何だとごちゃごちゃ言う人がいるが、どこでも同じだし、私としてはヘソが力を込め易いと思う。
松木草垣という、天人とまで言われた女性は、ヘソこそ天の座だと言われていた。
彼女の場合は、ヘソの周辺が燃えることを想像すると良いと言われていたそうだが、それも非常に良いと思う。

時代を超えた超天才技術者ニコラ・テスラは、たまたまだが、腹に力を込める作業を毎日やっていたことがあり、腹がカチカチになったそうだが、それが、彼の偉大な知性に良い影響を与えたに違いないと思う。

何でも好きなようにやれば良いが、適当な方法を持たないなら、1日トータルで1時間、肛門を締めるか、ヘソの当たりに力を込めると良い。
それで運が良くなり、健康になり、モテモテになって、おまけに、ダイエットが出来る・・・私は本当にそう思っている。













当ブログオーナー、KayのAI書。本日(2020年5月30日)発売。
自分がやっていることに新しいテクノロジーを加えることで、力が千倍化することがあります。
かつてであれば、電気、電話、自動車、ファクシミリ、ワープロ、パソコンがそうでした。
インターネットはまだまだ使い道が沢山あり、これからも、新しい活用法が出て来そうです。
ところで、太古の昔から強く求められ、それを持つ者は高給を約束された能力である「予測能力」がテクノロジとなったのがAIです。このAIを、誰でも実際に作れるように、易しく、そして、理系でない人にもなるべく面白く書きました。よろしければ、読んでみていただければと思います。

一番立派なお仕事

子供がイメージする「働く大人」とはどんなものだろう?
大昔なら、ツルハシや鍬を振るう姿や、農作業、大工仕事、あるいは、漁をする姿など、イメージし易かったと思うが、今、大多数の大人が働く会社というものの中で働く大人を、子供はどう捉えているのだろう?

『甘城ブリリアントパーク』というアニメで、突然、巨大遊園地である甘城ブリリアントパークの総支配人になった男子高校生、可児江西也(かにえせいや)は激務に追われるが、その中で、机に積み上げられた大量の書類に、次々にハンコを押す場面がある。あれが、子供にも解る「働く大人の姿」ではないかと思う。それで思い出したのだが、私が子供の時に見た子供向けアニメでも、会社の中で社長が「忙しい!忙しい!」と言いながら働く場面がまさに、社長が大量の書類にハンコを押すというものだった。
いくら子供の時の私でも、ハンコを押すだけが仕事と思った訳ではない。しかし、逆に、私は今だって「ある意味、仕事って、せいぜいこの程度」と思うのだ。
アニメ『ゼロの使い魔』で、若き女王アンリエッタに、重鎮が「女王様、ご署名を」と言って、誓約書を差し出す場面があるが、あれがまさに女王様の仕事で、実際、女王様の意思はどうでも良く、ただ、女王様が署名・・・つまり、サインとかハンコを押すことだけが仕事である訳だ。

ハンコを押す、署名するというのは、「同意する」という意味で、許可を与えたり、自分が何かに従うことを「はっきり約束する」ということだ。
署名、押印する者の意思がどうであるかは、実は、どうでも良い。
署名した者の考えより、署名したという事実に意味がある。
そして、確かに、高レベルの仕事には、そんな面があり、子供がイメージする「働く大人の姿」は、それほど間違っていない。

法然や親鸞は、「大切なことは念仏をすることだけ」と言ったのだから、人間の仕事は念仏だけということになる。
馬鹿らしく聞こえる向きもあるかもしれないが、そういうことなのである。
そして、この世界とか人間の究極が解ってしまった者にとっては、念仏とは言わないまでも、そういったことが全くの真実だと言うのである。
念仏というのは、「阿弥陀如来に全ておまかせする」という意味で、阿弥陀如来とは、宇宙最大の力の持ち主をイメージ化したものだ。
こんな話がある。
ある者が末期癌になり、余命数ヶ月と宣告されるが、諦めず、辛い治療を受ける。しかし、効果がないので、正統医学では認められていないが「奇跡の効果があった」と言われる治療法、さらには、オカルト、宗教にまで頼るが、全く効果がない。それで最後、「神様に全部まかせる」と決めたら、治ってしまった。
原理としては、念仏と全く同じである。
神様や仏様との誓約書には「全部、あなたにおまかせします」と書かれていて、それに署名したり、ハンコを押すようなものだ。
荘子の教えも、全くこのようなものである。
また、ここでよく取り上げる「神様の奇跡が起こる」と唱え続けて、1億円を2回当てたホームレスも同じことをしていたのだが、念仏のような精神でやらないと起こらなかったことである。

まあ、大人の社会では無闇にハンコを押してはいけないが、私は子供の時、頭の中でよくハンコを押していた。
そして、何度も書いたが、ありえない奇跡がいくらでも起きた。
インドの聖者ラマナ・マハルシが「財務長官は責任感を持って仕事をしているが、実は何もしていない」と言っていたと思う。
彼もまた、「同意」というハンコを押しているだけであり、だからこそ、彼の仕事に間違いがないのだ。
キリスト教の「アーメン」も、同意という意味であるらしい。

要するに、基本的な考え方の一例は、「南無阿弥陀仏と唱えて、阿弥陀如来に全てまかせると決める」ことで、自分の仕事は終りである。
いかなる偉大なビジネスマンも、芸術家も、政治家も、バリエーションはあっても、原則はそうしているのである。







プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード