ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

法然

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

本物の能力開発は商売になり得ない

息を吸ってしばらく呼吸を止めると記憶力が向上する・・・それも異常なほど向上することを、ヨーロッパで誰かが気付き、それが、スーパーラーニング、加速学習みたいなものになったと思うのだが、これらがさっぱり発展していかないのは、余計なことを付け加えたせいだと思う。
単に、息を吸って止めるだけで良いのであり、他には何もいらない。
だから、商売になどならない。
誰でも、無料で自由に活用すれば良いだけである。
中村天風という、とても偉い人は、肛門を締めよと教えたのは良かったが、やっぱり余計なことを言ったのだと思う。
天風が「肩の力を抜け」なんて言ったという話も聞くが、肩の力を抜くなんて難しいことをサラリと言うなんて、いかがなものかと思う。
肛門を締めるだけで良いのであり、やっぱり商売も教団もやれないのである。
藤平光一氏は、中村天風の一番弟子だったが、天風が偉人であったことは完全に認めながら、教えの全ては間違いだったとバラしてしまった。
その藤平氏の教えも、私には抽象的でさっぱり分からないか、矛盾を感じるかである。
中でも、藤平氏は、天風の言った「腹に力を込めよ」はいけないと言うし、確かに、意図的に腹に力を入れるべきでないとは思うが、肛門を締めれば、自然、腹や、さらには、臀部や脚(太腿や脹脛)にまで力は入るし、それは気持ちいいことなのだから、間違いではない。
やってみれば分かるが、上記を全てまとめ、肛門を締めながら息を吸い、肛門を締めたまま息を止めると、心が澄み、身体に力がみなぎる。

念仏と呪文は、原理は同じで、親鸞自身、念仏を誦文(じゅもん)と言ったこともあるが、誦文と呪文は同じである。
親鸞も、その師、法然も、念仏だけを薦めたが、人間には、言葉が向いている人もいれば、身体で行うことが向いている人もいる。
大抵の人は、それが適度に交じり合っているのであるが、強さの度合いは違うのである。
やはり原理は念仏と同じだが、現代人に合うものとして、万能呪文がある。
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
他にも、好きな言葉なら何でも良いが、たった1つの言葉を、感情を込めず、されど丁寧に、心の中で数多く繰り返せば、人間を滅ぼす、頭の中のつぶやきに打ち勝てる。
だが、身体を使うのが好きな人は、肛門を締めながら息を吸い、肛門を締めたまま息を止める方法が向いていることが分かった。
これを、1日20回ほどやれば、目覚しい効果があるが、数に制限はなく、多い方が良い。だが、数は徐々に増やしていくのが良い。
とはいえ、少なくとも、1日10回、志あるなら、20回以上やるべきである。
この肛門を締め、息を止めることは、続ければ超人になってしまう。
だから、謙虚さを要求されるところが、やや難しいところである。
傲慢な超人は必ず滅ぶからである。

だが、一番強い方法は、心からの願いがある場合だけだが、それを1日中でも祈ることである。
そんな願いがある者は幸いであるように見えるが、状況としては不幸である場合が多い。
どういうことかと言うと、「この辛い病気が治りますように」「いじめっ子と会わずにいられますように」といった、厳しいマイナスを解消する希望が、強い願いになるのだからだ。
普通に「彼女が欲しい」というのは、あまり強い願いにならないが、全ての女の子に厳しく見下される日々を過ごす者にとっては、強烈な願いになることがある。
逆境にある者専用の方法だが、実は、これが最強なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

現代の魔法

ウイルスに感染し、遠隔操作で不正行為に利用されるコンピューターのことをゾンビコンピューターと言うが、我々はまさに「ゾンビ人間」だ。
我々は、脳内に神経ウイルスのようなものが作られてしまっていて、その神経ウイルスは、脳のリソース(資源)をふんだんに使い、我々を落ち込ませる言葉を1分に数百とつぶやき(意識されないが)、我々を疲労と憂鬱に落とし込む。
それに対抗するためには、我々は意識的に肯定的な言葉を唱えなければならない。
実に、成功と失敗の原因は、それをするかしないかだけだ。

確かに、良いつぶやきが大事だと教える人がいて、本も沢山出ているが、それらの本が全く役に立たない理由は、「沢山の言葉をつぶやかせようとする」からだ。
言葉は1つでなければ唱え続けられない。
法然が『選択本願念仏集』で、「阿弥陀如来だけを崇めよ」と言い、ただ、「南無阿弥陀仏」の念仏を唱えよと言っているのは、そのことをよく理解していたからだと思う。
普通に考えれば、阿弥陀如来以外の仏や菩薩、ましてや、釈迦は尊いのに、念ずべきは阿弥陀如来だけにしろという。
しかし、「南無阿弥陀仏」の他に「南無観世音菩薩」とか「南無釈迦牟尼仏」と唱えようとすれば、念仏がシンドくなるに決まっているからだ。結果、どの念仏と唱えなくなってしまうのである。
そうなれば、その人の頭は悪霊(否定的な言葉)に支配されてしまうのである。

私も昔、営業の仕事をしていた若い頃、阿弥陀如来真言「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」を唱えて、うまくいっていた。
しかし、本を読むと、「観世音菩薩の真言オン、アロリキャ、ソワカを唱えると守護が得られる」とか、「やはり大日如来真言の威力は大きい」と書いてあるのを見て、それらを唱えるようになったら、やがて、あまり真言を唱えなくなり、そのうち、どんな真言も全く唱えなくなった。
そうしたら、トラブルが多くなり、人間関係も乱れ、売上はさっぱりになり、会社も辞めることになった。

もし、本当に明るいものを感じ、抵抗がないなら、念仏や真言を唱えれば良いと思う。
そして、全ての現代人に抵抗がなく唱えられる効果抜群の言葉が、いつもお薦めする万能呪文である。
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
の3つから1つを選び、感情を込めず、頭の中で、出来るだけ多く唱えるのである。
感情を込めないことも大切で、いわゆる「心を込めて」唱えると、やはり続かない。
ただ、感情を込めないと言っても、いい加減に唱えるのではなく、真面目に唱えなければならない。
万能呪文は、脳内の神経ウイルスを抑え、さらに、潜在意識に良い指令をインプットするのであるから、うまくいかない方がおかしい。
私は、今年7月16日に、万能呪文1本に絞り、他のことは一切やめたが、今も、脳内の神経ウイルスはなくなった訳ではなく、油断すると心を支配しようとしてくる。
だが、万能呪文を忘れていたことに気付き、攻勢をかけると、すぐに状況は好転していく。
まだ、一瞬で状況を書き換えるというほどではないが、いずれそうなるだろう。
これが現代の魔法である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

呪文が足りないと

私は、食を節制し、毎日トレーニングを欠かさないので、シェイプされた強く美しい身体を持っている。
また、今月初めに、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2018」に行くまで、誓い通り、毎日欠かさず新約聖書の福音書を読んだ。
大したものだと言ってくれる人はいるが、呪文を十分に唱えていないので、望む高度な状態にない。
一番重要なことは呪文を唱えることであり、修行は趣味のようなものだ。
これは、法然や親鸞の念仏と同じだ。
仏教の戒律を守り、修行をし、寺を建て、僧を世話し、貧しい人に施しを与えることは素晴らしいことであるが、肝心なことは念仏を唱えることである。
それらの善行をいくらやっても、念仏を唱えなければ何にもならないのだ。
念仏も呪文も、原理は全く同じと思う。
つまり、念仏を唱えれば良いのだが、現代人には念仏に抵抗がある人も多いので、五井昌久さんという有名な宗教家は世界平和の祈りを作ったが、こういった宗教的なものに抵抗がある人も少なくないので、私が薦める万能呪文がある。
万能呪文とは、「絶対、大丈夫だ」「全て順調だ」「世界は意のままだ」といった、あらゆることに力を発揮する言葉を1つ選び、それを出来るだけ多く唱えることだ。
効果的な唱え方は、「感情を込めず」「心の中で」唱えることである。

万能呪文を十分に唱えていると、喩えて言えば、この世界は遊び場になる。
浜辺は子供にとって遊び場であるが、深い海の中はそうではない。
世の中は深い海の中のようで、全くままならない。
呪文は心の深いところにあなたを適合させてしまう。
それはちょうど、深い海の中に慣れてしまい、そこが浜辺と同じような遊び場になるようなものなのだ。
あなたは、世の中の人々が、何事もままならず苦労している中で、自由自在に楽しむことが出来るのである。

私も、いくらかは呪文を唱えているので、普通の人から見れば、かなり自由自在なのであるが、満足なレベルからほど遠い。
呪文が十分でないと、頭の中の、悪いヘビが発している勝手なおしゃべりに翻弄されてしまうのだ。

昨日、私の呪文が、まだ半人前であることを教えてくれることがあった。
1つなら偶然だが、2つならありえないという出来事である。
最初の1つは、電車の中で、隣に座っていた10代の美しい少女が、慌てて降りたので、包みを1つ忘れて行こうとしていた。
私は実に格好良く彼女を引き止めて、スマートに包みを渡した。いい気分だった。
その後、駅の広いベンチで、スマートフォンで初音ミクさんの歌に聴き惚れていたら、隣に、8歳くらいの実に可愛らしい少女が来たのだが、立ち去ってしばらくしたら、私は彼女が、ベンチに手提げを忘れていったのに気付いた。
しかし、私は声をかけ損ねた。
「これは本当に彼女のものだろうか?」という疑問は確かに持ったが、それでも声をかけるべきだったのに。
だが、彼女はかなり向こうまで行ってしまっていた。だが、追いかけるべきだった。
幸い、しばらくして彼女は気が付いて戻ってきた。
私は、声をかけなかったことを強く後悔し、ほとんど自己嫌悪を感じた。
呪文が十分でないので、頭の中のヘビの声、「これ、彼女のとは限らないぞ」「もう遅い」に負けてしまったのだ。
最初の易しいケースでは最上の対応が出来たのに、少し難しい状況ではやりのがした。
全く、私の世の中での状況と同じだ。
確かに呪文が少ない。
ただ、相変わらず可愛い女の子と縁があるのは、やはり呪文のおかげだろう。
本当に、いつでもどこでも、そうなのだ。

呪文が十分になれば、誰でも、世界は意のままになる。
そうしたければ、私のように、食を節制し、毎日トレーニングをすることも容易くなる。
格好いい子も可愛い子も君のものだ。
お金なんていくらでも出来る。
嫌いな人に会わないようになるかどうかは分からないが、そいつがあなたに何も出来なくなるのは確実だ。
嫌なやつに苦しめられるのは、まだ呪文が足りないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

悲壮感のある人が呪文で輝く

呪文を唱えずとも、うまくいく人がいる。
それは、生まれつき恵まれている人だ。
両親はお金持ちの教養人。
自身も美男美女で、頭が良かったり、運動神経が良い、あるいは、特別な才能があり、早くからそんな天分を生かして称賛され、自信を持ち、さらに飛躍する。
人間は、意識してはいなくても、頭の中で沢山の言葉をつぶやいているのだが、そんな人間は、「私は特別」「誰にも負けない」「偉大なり、私」「私が一番」という言葉が頭の中に定着し、自動的にうまくいく。

そんな人間には、呪文は不要だ。
呪文を必要とするのは、「持たざる者」だ。
放っておいたら、頭の中はマイナスの言葉だらけになって自滅するような者だ。
呪文以外に頼るものがない場合も多い。
しかし、それで良い。
呪文しかなくても、呪文を唱え続けると、「持っている者」をはるかに超える。
「持っている者」というのは、初めから高いところにいて崇められるが、どこか「いけすかない」もので、若い間は良いが、やがて色褪せていく。

人間は、悲壮感があった方が輝く。
ジャズ音楽で最高の売上を上げているライブ演奏『ザ・ケルン・コンサート』は、キース・ジャレットの即興演奏のピアノ・ソロコンサートだ。
ところが、この時、ジャレットは24時間眠っておらず、車を長時間運転して疲れていて、時間は夜の11時半。
用意されたピアノは小さ過ぎる上に壊れていて、ペダルも黒盤も高音域も使い物にならない。
ジャレットは悲壮感を持って挑んだはずだ。
しかし、演奏が開始されると同時に奇跡が起こっていることは誰にも分かった。
まさに、神の演奏だった。
1974年のこの演奏のレコード、CDは今も売れ続けている。

ジャレットは何か言葉をつぶやき続けていたはずだ。
それも、アメリカ人だから、「オールライト(大丈夫)」という単純な言葉だったに違いない。
恵まれた条件なら、そんなことはせず、上手い演奏にはなっても、魂に届くものにはならない。
ウィーンフィルやベルリンフィルも、エリート集団になってからは、恐ろしく上手くても全然良くなくなってしまった。

念仏も、呪文と同じ原理であるが、法然はまさに、何も持たない悲壮な人々を見て、僧としての自分の悲壮を感じた。
その時、まさに仏が入り、「念仏さえあれば良い」「念仏以外にない」と確信したのだろう。

プロレスの話だが、日本のプロレス史には、ジャンボ鶴田という、とんでもない天才レスラーがいた。
素材は、プロレス史上最強のルー・テーズ以上だった。
大学からレスリングを始めてもオリンピックに出てしまう。
2メートル近い長身で、体力、運動神経は生まれつき超人的という、あらゆるものを持った天才だった。
ジャイアント馬場の全日本プロレスでは、若い時から、馬場に次ぐナンバー2が確約され、馬場は超一流の外人レスラーをいくらでも呼べるので、鶴田はそれらの選手と伸び伸び戦っていれば良かった。
だが、その凄まじい才能の半分も生かせなかったと思う。
名著『1964年のジャイアント馬場』に、こんな非常に印象に残ることが書かれていた。
ある、実に鋭い洞察をする人が鶴田に言う。
「アントニオ猪木にあって、お前にないのは悲壮感だ。お前はいくらでも一流の外人レスラーと戦えるが、猪木のところにはタイガー・ジェット・シンしか来ない。しかし、猪木はシンと一生懸命戦っている。そこに悲壮感があるが、お前にはそれがなく、一生懸命戦えない」
猪木さんは、まさに悲壮を絵に描いたような人だが、あの存在感は凄い。
猪木さんも、絶対に何かの言葉を持っているのだと思う。

「持たざる者」である我々は、呪文を唱えなければならない。
努力をしても悪い方にしかいかない。
頭の中で悪いヘビがささやき続けているのだから、努力すればするほど悪くなる。
いわゆる、「がんばったのが裏目に出る」のだ。
ある程度、歳を取っている人なら実感していることだろう。
恵まれた人に言うことはない。
だが、そんな人も、すぐに落ちぶれるので、呪文を必要とする。
万能呪文、
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
の中から1つを選び(あるいは、同意の他の言葉でも良い)、常に心の中で、感情を込めずに淡々と唱える必要がある。
それで確実にうまくいくが、ほとんどの人が続かない。
頭の中のヘビに負けてしまうのだ。
だから、思い出す度に呪文を唱えていただきたいものである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

呪文の初心者を待つ罠

十分に、「絶対大丈夫だ」、あるいは、「全て順調だ」という呪文を唱えていると、頭の中の悪魔が反撃を開始し、マイナスの言葉を出し易い状況を作って不安を刺激してくるかもしれない。
そこがこらえどころで、ますます、しかし、冷静に(感情を込めず)、淡々と呪文を唱えなければならない。
すると、驚くほど、心が安らいだり、ものごとが「恐いほど」好転し、円滑になり、順風満帆になることが多い。
だが、そこで油断をしてはならない。
実際、この時点で呪文をおろそかにし、そのまま駄目になる馬鹿(本当に愚かだ)は少なくないのだ。
うまくいっているのは自分の力ではないのだと謙虚になり、神、あるいは、潜在意識の偉大な力を有り難く思いながらも、ますます熱心に呪文を唱えれば、いよいよ、本物の幸運の波に乗り、約束の地へ誘われる。
だが、神様になるまで油断をしないことだ。
スーフィー(イスラム教神秘主義)には、「彼は神様を探しに行って神様になって戻ってきた」という言葉がある。
だが、悪魔に捕まって戻ってこない者も実際には多いのだ。
最後まで呪文を忘れないことである。

しくまれた間違いというものもあるかもしれない。
だが、それも必然である。
インドの聖者ラマナ・マハルシのところに、ある男が「美しい人妻と間違いを犯しそうだ」と相談に来たことがあった。
マハルシは、「そうなってしまっても後悔するな」と言った。
呪文を唱えても避けられないこともある。
それは、起こるべくして起こることだ。
そうであっても、呪文を唱え続ける限り、決して悪いようにはならない。
ただ、そんな時、葛藤や不安に駆られて呪文に感情を込めないことだ。
実際は、多少は感情が込もってしまっても効果がなくなったり、まして、マイナスになることはない。
しかし、感情を込めず、淡々と唱えた方がずっと良いのである。

ところで、呪文の価値を少しは分かっている者がよく、「ついでにこれをやれば効果はさらに上がる」などと言うことがある。
呪文に「ついでに」はない。
呪文だけで良い。
呪文は念仏と同じである。
法然は、「念仏のついでにこれもやりなさい」などとは決して言わず、ただ念仏だけをしろと言ったのだ。
呪文、念仏以外に価値のあるものはないのである。
ついでに何かやる暇があったたら呪文を唱えよ。
ついでのことの一千万倍の効果があるのだから。
ついでのことに0.1の値打ちがあっても、それには、マイナス100の罠があるかもしれない。
確かに、どんな罠も呪文で呼び起こされた力がなんとかしてくれる。
だが、どんなに高性能の地雷探知機があっても、好んで地雷があると分かっているところに行くこともあるまい。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ