ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

池田満寿夫

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

成功するまでどうやって生活するか

画家や作家や音楽家になりたいと思っても、それらでいきなり収入を得るのは難しい。
それらで成功した人達だって、最初からうまくいった人は滅多にいない。
では、彼らは、成功するまで、どうやって生活していたのかだが、それがなかなか面白い。

岡本太郎は、母親の岡本かの子が有名な作家で、父親もそれなりの漫画家で、結構なお金持ちだった。
それで、当時としては貴族的なフランス留学をし、フランスでも、岡本太郎がバイトしてたなんて話はなく、カフェやビストロに入り浸って酒を飲みながら芸術談に花を咲かせ、世界中の美女とのロマンスに忙しかった(とっかえひっかえ同棲してたようだ)。

横尾忠則さんは天才型で、経済的な事情で美大に入れなかったが、デザインやイラストで非凡だったので、デザイナー、イラストレーターとしてきちんと稼ぎ、有名にもなった。そして、ある時に、芸術家に転身したが、その後も、デザイン、イラストでも稼ぎ続けた。

東京芸大の受検に4回失敗した池田満寿夫は、町の似顔絵屋に馬鹿にされるほどの絵の腕前だったが、真面目に働く気はなかった。
しかし、そんな者でも、「求めよ、そうすれば与えられる」で、怪しい絵の仕事でなんとか稼ぎながら、版画作品を作り続け、応募締め切りギリギリに、ひたすら彫刻刀でひっかいて3日で作った版画作品は、誰からも評価されなかったが、ドイツ美術界の権威グローマン博士にだけは、作品を高く評価され、そこから、順風漫歩とは言わないまでも、なんとなくうまくいって、世界的版画家になれた。
さらに、芥川賞作家にもなり、映画監督もやったが、不思議なことに、池田満寿夫というキャラクターが人気になってしまい、芸術論や自伝、作画技法、あるいは、作品集などの本を沢山出し、今だ出版されるロングセラーもある。本当に不思議な天才だ。

こういった華々しい人達のようではないが、あるエッセイストは、身籠った妻がいるのに会社をやめ、「相談業」などという看板を出して独立したが、客などさっぱり来ず、暇だから、1日に原稿用紙1枚をノルマに文章を書いていたら、なぜか、物書きで成功した。最初から文章が書けたわけではなく、毎日、淡々と書いたのが良い修行になったらしい。

有名な投資家で作家の邱永漢は、非常な現実派で、ヒモになる、つまり、女に食わしてもらうのも立派な才能と言っていた。
確かに、地道な仕事をしていたら、自分のやりたいことをやる時間やエネルギーがなくなるので、男の魅力で女に養ってもらうのも1つの手と言うわけだが、同じことを女の方がやるとロクなことにならない。
そもそも、男でも、そううまくやれる者は滅多にいないだろう。確かに、ヒモも才能だ。
だから、別に「ヒモになれ」と言うのではなく、あらゆる手を探せということだろう。

実際、「成功するまで」と地道な仕事をしていると、どうしても、安全志向が強くなり、そのまま、地道な仕事で終わってしまうことが圧倒的に多い。
アメリカの画家グランマ・モーゼスは、地道どころでなく、12歳で奉公に出てから、結婚しても生活は厳しく、働きづくめだった。老後はなんとか余裕が出来たと見えるが、手がリュウマチで、好きな刺繍が出来なくなったので、元々好きだった絵を75歳から本格的に描き始めた。
すると、85歳で偶然、画家として世に出ることが出来た。ところが、そこからも、ひたすら真面目に作品を作り、100歳過ぎまでに千点以上の作品を描き、最も多作な画家の1人になった。絵は売れ、経済的にも裕福になった。

このように、いろんな異端の成功者がいるが、普通に見れば、彼らは、たまたま成功したのであり、彼らと似たようなことをしながら、全く芽が出なかった人の方が圧倒的に多いはずだ。
だが、結果論と言うしかないかもしれないが、彼らには、神の加護を得るだけのものがあったと思えてならない・・・と言うより、間違いなくあったと思う。
それは、巷で言われる成功法則や、引き寄せなどとは全く違う。
実際、彼らの中で、引き寄せの法則を学んで、それで成功した人などいない。
ただ、彼らが全員、目に見えないものを信じていたことも確かと思う。
それは、神秘的なものであったり、敬虔な信仰であったりするのだが、彼らには、普通の人とは違う、高貴とも言える魂を感じるのである。
我々が、そのような魂を持てる、実践可能な方法があるとすれば、いつも言うが、神仏の名を唱えたり、真言を唱えることだけである。
もちろん、年に1回や2回唱えてどうなるものでもない。
神仏の名を心で唱えることを、インドではナーマスマラナと言うが、念仏もその1つである。
直接、教えを受け、釈迦、イエス以来の偉人と評した著名な人もあった岡田虎二郎は、超越を達成する方法として岡田式と言われた静坐を教えていたが、静坐だけでなく、念仏もその方法だと言っていたようである。
そして、岡田は「念仏しながら生活するというのが貴いのであり、生活しながら念仏をするのでは足りない」と言われていたようだ。
そのようにナーマスマラナに励めば、道も開けてくると思う。








凡人が神秘性に目覚めると飛躍する理由

人間は、3歳までに育った環境から刷り込まれた記憶が根本的な性質となり、これは一生変わらないらしい。
だから、何度も裏切られて人間不信になるのではなく、元々、他人に嫌われるような性質を親によって刷り込まれていたというのが正解なのだと思われる。
どれほど成功哲学の本を読もうとも、親から貧乏根性を刷り込まれた者は、ケチな人生を送るしかない・・・のかもしれない(笑)。
こういったことが完全に本当ではないとしても、幼い時に過ごした環境の影響は、大岩や大木のように、容易に動かせるものでないことは確かと思う。

そして、3歳以前の記憶は思い出すことは出来ない。
だが、潜在意識にその記憶があるので、年齢を退行させていく催眠術で、3歳以前の年齢に戻り、そこで記憶を改ざんしようなどという、自己開発の手法は昔からあるが、成功した試しはない。
トム・クルーズらが信仰する宗教であるサイエントロジーでは、ダイアネティックスという手法で、それを可能にすると言っている。
だが、私はダイアネティックスの本は一頃、熱心に読み、かなり面白かったが、実践はまず無理だと思う(やり方が曖昧過ぎ、矛盾も多いと私は思った)。

発明家で能力開発研究家の中山正和氏は、3歳までに刷り込まれ作られてしまった性質とは、うまく付き合っていくしかないと述べていた。
その性質は好き嫌いに現れるので、とにかく、自分が好きなことをしないと絶対成功しない。
ただ、ロクな好きが構築されていない人は困る。
まあ、私がそうなのだが(笑)。
その場合は、自分のそのけったいな好きを(笑)、何か有用なものに「こじつける」しかない。
3歳までに、母親の「チョコレート食べたい、チョコレート食べたい」という言葉を沢山聞いていたら、さぞ、チョコレートが好きだろうが、こんなもの、何の役にも立たない。
それなら、チョコレート菓子の職人になれば良さそうなものだが、生憎、探求心や創造力に関わる性質は構築されなかった・・・という場合が多い(笑)。
だが、そんなケースも絶望ではない。
そこで登場する有難いものが神秘主義だ。
チョコレートの美味しさを神秘的に捉え、神秘を探求するのである。
これは、うまくやれば良い道を作れる。
私が思うに、神秘家、神秘研究家として名を上げた人というのは、言っては悪いが、幼い頃に、ロクな記憶を持てなかったので、大人になりかけた時、自分の将来性に自信が持てず、神秘を求めて内向的になったのだと思う。
池田満寿夫という世界的版画家は、エロチシズムエロチシズムとばかり言っていたが(笑)、下手したら彼は生涯、役立たずの変態だったかもしれない。
しかし、本人に自覚があったかどうかは分からないが、エロチシズムというかエロを、神秘的に捉え、それによって精神の奥にあるものを探求出来、それが芸術として花開いたのだと思う。
彼は、若い頃は、それほど神秘性は見せず、あくまで現実的なエロを追求していたが、歳を取ってからは、宗教的な作品を作るようになり、私も彼の晩年の陶器作品の写真集を持っているが、非常に神秘的と思うのだ。

医者の息子の家庭教師で苦労した知人がいる。
その医者としては、息子に医学部に入ってもらい、病院の後を継がせたいが、家庭教師に行った知人は、その医者の奥さんが若くて美人であるのを見て、直観的に嫌な予感がした。
およそ医療の世界と関りのない奥さんは、その息子に、全く医者向きでない性質を与えてしまっていたのだ。
だが、その美人妻が不思議大好き少女だったらしく、息子は自分の趣味に神秘性を見出して美大に進み、楽しくやっているらしい。

アイルランドのノーベル賞作家で、「20世紀最大の詩人」と言われたウィリアム・バトラー・イェイツは「神秘を信じない者には想像力がない」と言ったが、神秘的想像力は有難いものだ。
才能というのは、所詮、3歳までに刷り込まれた記憶である。
ロクな才能の源を刷り込まれていないのであれば、成功するには神秘的想像力に頼るしかないかもしれない。
「自分は凡人だ」と言う事業家に、神秘家や熱心な宗教信仰者が多いのは、彼らが神秘性に目覚め、自分の好きなものを神秘的想像力で探求したからである。
で、どうせなら、良い神秘性を。








日本人らしい細やかさを生かせば勝てる

私は一頃、世界的芸術家の岡本太郎さんや池田満寿夫さんに夢中になり、彼らの著作をよく読んでいたが、その時、つくづく思ったことが、
「育ちは隠せない」
ということだ。
悪い言い方では、「お里がバレる」と言うが、それはもう確実にバレる(笑)。
芸術における簡単な例を挙げる。
西洋の絵画には、女性のヌードが多く、最初にこれを見た日本人には衝撃であった。
衝撃であったということは、日本人には似合わないということだ。
だから、日本人画家が真似して女性ヌードを描いても、さっぱりサマにならなかった。
岡本太郎が言うところでは、西洋では、中流家庭でも家は大きく、部屋も沢山あり、夏は女性は部屋に鍵をかけて裸になることは珍しくはないらしい。
そして、部屋にずっと1人でいるのは退屈なので、親しい人と一緒に裸になることも多いのだと思う。
つまり、裸になったり、それを見ることにも慣れているので、ヌード画も、それほど不自然ではない。
ヨーロッパでは、お客さんと一緒に、女性でも裸でサウナに入ることが珍しくない国もあるらしい。
しかし、うさぎ小屋と揶揄(やゆ。からかうこと)される日本の中流以下の家で、ふすま1枚向こうでお姉ちゃんが裸で転がっているはずがない(笑)。
今ですら、日本人画家の女性ヌードは、どこか無理があると思えるのだ。

※ただし、明治以前には日本人も、銭湯だけでなく、家の前で女性が水浴することが普通で、裸になること自体は抵抗がないこともあったが、西洋のように、それが日常という感覚とは違うと思う。

また、池田満寿夫さんは、西洋のコンクールで、日本では大画家と言われる人達を差し置いてよく入賞したが、ある時、そんな大画家が、池田さんに、
「お前が入選するのは、版画であるという以前に、絵が小さいからだ」
と指摘し、池田さんも、すぐ納得したらしい。
まず、版画の出品が少ないので、入選の可能性が高まる。
それと共に、池田さんの作品は、十数センチ四方のものもあったりで、特に、西洋人画家の馬鹿でかい作品と比べればミクロの作品だ。
だが、やはり小さな家で育ち、何もかも省スペースでやる日本人が大きな作品を作るのは無理がある。
しかし、そんな日本人だからこそ、小さな空間を生かすノウハウが、幼い頃から育つのである。
日本人の手先が器用なのも、小さなものを使うことが多いからで、それは自然、緻密さにつながる。

初音ミクさんを見てても、日本らしい細やかさがあると思う。
最近は、中国生まれのボーカロイドも増え、確かに、中国らしい、雄大で伸びやかな、少女の場合は優雅さといった良さもあるが、やはり、ミクさんと比べると、どこか大雑把な感じはあると思う。
アメリカ製ボーカロイドは今のところないと思うが、作ったとしても、おそらく、大味過ぎて、日本的な細やかな情緒はないと思う。
まあ、それは、アニメなどを見ても分かると思うが。

日本人は、よほどの富豪の家で育った場合は別だが、ちまちま慎み深くやるのが向いている。
イチローが、ちまちまシングルヒットを打ったと言ったら言い方は悪いが、あれほど緻密なバッティングはアメリカ人には向いてないので、アメリカでイチローのようなバッターはなかなか現れまい。
ただし、だからイチローがアメリカでコーチをやっても、あまり成果は出ないのではと思う。

だから、あなたが中流以下の家庭で育った日本人なら、日本人らしい仕事を日本人らしくやるのが向いている面は、やはりあると思う。
例えば、プログラミングでも、各国の特徴がある。
アメリカ人は、共通部品を最初に作って、それらをダイナミックに組み合わせてでっかいものを作るのが得意だ。
アメリカで「オブジェクト指向プログラミング」が発達した理由はそれだ。
日本人の場合、共通部品と言いつつ、部品ごとに細かい差異を作ってしまうので、効率が悪く、大きなシステムを作るのは苦手だ。
中国人の場合は、発想は壮大で、凄いものを作る反面、仕上げは雑で、トラブルがいっぱい出る。

引き寄せも同じである。
アメリカのナポレオン・ヒルやジョセフ・マーフィーなどを見ても、やはり、アメリカンな雄大さがある。
それを日本人がそのままやろうとしても、なかなか馴染まない。
勘違いしている人がいるが、引き寄せをやっても、皆が皆、億万長者になる訳ではなく(なりたい訳ではなく)、アメリカ人は、マーフィーらの本を読んで、自分に適したことで成果を上げていると思う。
しかし、日本人の場合、その人にあった細かい解説をしないと、うまくやれない面があると思う。
また、アメリカ人のものでも、フローレンス・スコーヴェル・シンや、ロンダ・バーンら女性が書いた(制作した)ものの方が、細やかで日本人に向いている。
昨夜も紹介した、成功法則の古典『イット・ワークス』は、わずか30ページほどの中で、親切、細やかに書いてあり、日本人向きと思う。
同じ傾向のものが、『マスターの教え』や『マジック・ストーリー』(『人生を変える魔法の物語』のタイトルの翻訳もあり)と思う。








こうすれば稼げる

どうすればお金を沢山稼げるかというと、
・腕があり
・ニーズに応える意思があり
・真面目に仕事をする
の3つがあれば、確実に稼げる。
よく、「絵描きで食べていくのは難しい」と言うが、それはおかしい。
絵描きも、上の3つの条件を満たしていれば、間違いなく稼げる。
つまり、毎日3時間、10年以上絵を描いて腕を磨き、求められる絵を描く意思があり、実力を発揮し、納期に間に合うように描けば良いのである。
逆に言えば、この3つがない絵描きは「食べていけない」。
腕前は一級でも、「俺は高尚な絵しか描かない」と、ニーズに応じなかったり、手抜きをしたり、納期を守らなければ職業として成り立たない。

たまたま美男美女に生まれて、アイドルで成功して、若い間だけかなり稼ぐ者もいるが、その場合、美しいということは、上の「腕がある」の一部になるが、容姿自体は一部でしかなく、アイドルになれる者は、自分の美しさを活用する腕(スキル)を磨いてきた者である。
また、ニーズに応え、真面目に仕事をしなければ、やはり、アイドルでやっていけない。
例えば、アイドルなのに「水着撮影はお断りします」と言ってたら、やはり不要なのである。
ある成功した元女性アイドルが「水着撮影が嫌で仕方がなかった」と言っていたが、嫌でも恵まれた容姿を生かして真面目に、水着でポーズを取り、エロい表情をしたから成功したのである。

話は実に簡単なのだ。
ただ、このように言うと、「自分はそもそも腕がない」と言う者が多いと思う。
いや、実はある。
池田満寿夫という世界的版画家がいたが、彼の場合が実に面白い。
版画家と言ったら微妙だが、まぎれもなく画家である。
しかし、彼は、本当に絵は下手で、ちょっと上手いアマチュアに軽く負ける。
私は彼の『池田万寿夫の人物デッサン』という本を持っているが、本当に下手だ(笑)。
ただ、世界的芸術家が描いたという色眼鏡で見るので、「味がある」とか思ってしまうが、まあ、子供の落書きである。
池田さん自身、「僕の絵は便所の落書き」と著書に書いておられた。
では、なぜ彼が世界的芸術家なのか?
1つは、「油絵ではなく版画」であることで、版画をやる人が少ないというメリットがある。
そして、版画は沢山刷れるので、安く売れる。それで結局、沢山売れる可能性がある(これは、今のデジタル画の時代では、成り立たないメリットであるが )。
両方とも、本人の著書に書かれているし、テレビ番組で言うのを見たようにも思う。
だが、これらだけでは、まだ「腕」の条件を満たせない。
だが、池田さんには、長年・・・おそらく、子供の時から、毎日磨き続けた腕・・・スキルがあった。
それは、表現が難しいが、分かり易く言えば「エッチなこと」である。
誰でもエッチなことは好きだが、彼の探求心は、つまり、エロいことにかける情熱のレベルが桁外れだった。
そのエロいこと好きなエネルギーを、反社会的な道ではなく、絵とか文章、そして、何より思想に向け、形はないが奥深いスキルを磨いた・・・つまり、エロオタクだから成功したのである。

そして、人間、自覚はなくても、好きなことがあり、そのことを毎日、長時間考えてきたはずなのだ。
例えば、超能力が大好きで、超能力のことばかり考えていたかもしれない。
そんな人は、ユリ・ゲラーやSF作家にはなれないかもしれないが、やはり、そのスキルを生かせば儲かるのである。
超能力ではなく、宇宙人やオカルトかもしれない。あるいは、池田万寿夫さんのようにエロいこと方面かもしれない。
エロいことはニーズがあるので有望である。
コーヒーが好きで、長年、コーヒーの研究を続けているという人もいるし、役者になれる訳ではないが、演劇への関心・情熱を持ち続けた人もいる。
そんな人は、ちゃんと儲かるのである。

腕はあると考えて良いだろう。
しかし、「でも私には何もないように思います。どうすればそれが何か分かりますか?」と言って、自分の身の上話をしたがる者が必ずいる。
「そんなこと知らん」である。
実際、本人以上に分かる者なんているはずがない。
そんな腐った根性こそが、唯一の敵である。
そんな甘ったれた人間になってはならない。
探せ、そうすれば見つかるである。
「でもありません」と言うなら、本当に「ないことになってしまう」。
それだけである。

まあ、気楽に。
そして、いつも言うように、良い気分でいることだ。
そうすれば、道は開けるだろう。








「芸術とは?」に対する真の解答

「芸術か?猥褻か?」なんて言葉を聞かなくなったように思う。世の中が芸術に無関心になったからだろう。しかし、芸術は、本来面白い。「センセー」が言う芸術はちっとも面白くないが。
ある絵は「芸術」と言われるのに、大して違いがない(ように思える)別の絵は「猥褻」と言われる。
それで、「芸術は難しいなあ」、「専門家でないと芸術は分からないのだろう」なんて観念を持ってしまう。
だが、イタリアの画家モディリアーニの作品は、今では、まごうことなき芸術であるが、彼は散々、猥褻画家と呼ばれたものだった。
それで、「実は、芸術と猥褻の違い、あるいは、芸術かそうでないかの違いは、いい加減なもんじゃないの?」と、思う人も増えたが、これはこれで間違いではないと思う。
それこそ、「投資の対象になりえるのが芸術、そうでないのは非芸術」なんて考え方は、ある意味では正しい。
だが、別の意味では・・・気取った意味で言うのではないが、(特に、芸術は投資の対象という考え方は)愚かだ。

世界的版画家、つまり、大芸術家と認められている池田満寿夫は、芸術と猥褻の違いについて、著書で、「ソフィスティケートされているかいないかの違い」なんて、こまっしゃくれたことを書いていたが、彼はニューヨークに住んでいて、言葉の意味は、よく理解している。
辞書的には、ソフィスティケートは「都会的に洗練されている」だが、当時のニューヨークと東京は全然違った。今もだが、東京の人間がそんなにソフィスティケートされていた訳ではないし、では、ニューヨークはどうかとうと、手塚治虫さんが初めてニューヨークに行った時、そのがさつさが印象的だと言ったくらいで、それはやっぱり今も変わらない。
私は、池田さんは、割と下らないことを言ったのではないかと思う。
しかし、不思議と、池田さんが言うと、憎めないというか、悪い感じがしない。
池田さんは、「エロティシズム」なんて言葉を連発するほどエロ好きで、ポルノ雑誌の写真でコラージュ作品を作るほどだったが、やっぱり彼は芸術家だった。
だが、池田さんは、上手い画家でも何でもなかった。
東京芸大の受験は、3回落ちて諦めているし、食べるために似顔絵屋をしていた時は、町の似顔絵屋に、「お前みたいなのがいると、俺達のレベルも低く思われてしまって迷惑だ」と言われるほど下手だった。

さて、そろそろ、芸術とは何かを言おう。
いわゆる「先生」は、言ってくれない本当のことだ。
「芸術のセンセー」には芸術は解らない。
また、池田満寿夫さんが言った「ソフィスティケート」は多分、彼の思うソフィスティケートという意味では正しいのかもしれなが、やっぱり良い言い方ではない。
芸術とは、人間らしさでしかない。
では、本物の芸術家であった池田満寿夫さんはどうかとうと、これが全く人間らしい。
上に、生活のために似顔絵屋をやっていたことを書いたが、その時、池田さんは、営業上の理由で「東京芸大生」を名乗っていた。
完全に詐称であり、違法であるが、実に人間らしいではないか。
いや、詐称が人間らしいと言うのではない。池田さんがやると人間らしいし、芸術家がやると人間らしいのだ。
どいうことかというと、そんな詐称をして似顔絵屋をやっていると、本物の東京芸大生に遭遇してしまうことがあったが、そんな時、慌てて逃げ出したところが実に人間らしいのだ。
ここらへんの神経というか、はにかみというか・・・かわいいじゃないか?
要は、「ツラの皮が厚くない」のだ。
吉行 淳之介さんは、まさに、芸術家的作家だったが、彼は『不作法のすすめ』だったと思うのだが、その中で、紳士とは何かについて、だいたいだが、「恥ずかしいことを思い出した時に首がキュっとすくむこと」みたいなことを書かれていたと思う(中学2年の時に読んだので、記憶は定かではない)。
紳士であることも、芸術家であることと同じで、人間っぽい、人間らしい神経を持っていることなのだ。
そして、岡本太郎も、本質ではそう言っていたと思われるように、本来、人間は皆芸術家で、男は皆、紳士でなければならない。
池田満寿夫さんの、実に人間っぽいエピソードを挙げておく。
電子メール(当然LINEも)がなかった時代、池田さんに、女子高生達から、彼の工房を見学させて欲しいという手紙が届いた。
あんな猥褻な画家の工房なんか言ったらお嫁に行けなくなるぞと言いたいが、そんなこと、池田さんはよく解ってたのだろう。
池田さんは、「恥ずかしいから返事を出さなかった」と言う。
嗚呼、何と人間らしい。
スケベの塊であることを自覚しつつ、ちょっとした恥じらいも持っている。
吉行さんだって、紳士は「キュッと首がすくむ」のであり、グダグダと落ち込むとは書かれていなかった。
逞しさもまた必要なのだ、紳士には。
強さも優しさも人間には必要である。
どんな大先生が何を言おうが、芸術とは人間らしさである。これは絶対に間違いない。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード