ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

水野南北

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

我慢しなかった者達に学ぶ

40代の男性だったと思うが、マンションに引きこもって生活していたのが、不健康な生活のためか突然死したらしい。
そして、マンションに入ってみたら、部屋の中はすごい散らかり様で、掃除もしていなかったが、壁には女性アイドルグループのポスターが多数貼られ、あちこちに、そのアイドルグループの写真集やDVDなどが山積みされていたという。
また、やはり突然死した、以前は教師をしていた50代の男性の部屋には、大変な数のアダルトDVDがあったという。

彼らは、誰にも相手にされず、享楽的(快楽にふけること)な趣味に溺れ、あまりの不健康さに心身が駄目になって死んでしまったのだろう。
だが、彼らは成功に近かったのだ。
その不健康な趣味をきっぱりやめれば良かったのである。
アイドルグッズやアダルトグッズをきれいさっぱり捨て、そんなものとの縁を切れば良かっただけである。

つまり、「我慢」である。
放埓(ほうらつ。勝手気まま)に振る舞いたい気持ちを抑えることを我慢というが、人間は我慢した分の倍の力を持つのである。
なぜそうなるのかは説明し難いが、それが明晰な宇宙の法則とでも言うようなものであると思う。
遅くまで寝ていたい気持ちを我慢して早起きし(自然に早く寝ることになる)、美味しいものをたっぷり食べたい気持ちを我慢して少食粗食になり、その他のことでも、奔放に流れる気持ちを我慢して、それと反対のことをしていれば、内部からの導きもあったかもしれない。

戸塚ヨットスクールのように、人間として駄目な者に、強制的に健康的な生活を強制して心身を強くする方法もあるのだろうが、最も重要なことは、自分の意思で我慢することである。
「我慢させられる」では、ほとんど力を得られないのである。

「好きなことは徹底的にやるべきだ」と言い、それを実行したがる者もいるが、その好きなことが創造的ではない、単なる趣味や快楽である場合は、それをしたい気持ちを我慢しなければならない。
そうでなければ、惨めな未来が待っているだけだ。
特に、飲食に関すること、性的なこと、自己満足でしかないことには注意しなければならない。
そういったことを、我慢せずに求める者を客観的に見れば、少しも良いものではない・・・言っては悪いが、醜いことが分かるはずなのだ。

ウラジミール・ナボコフの『ロリータ』という世界的に有名な小説作品がある。
いわゆる「ロリータ・コンプレックス」の語源になった小説で、40代の学者ハンバートは、9歳から14歳の個人的感覚で可愛いと思う少女を熱愛する・・・まあ、ただの逸脱者である。
著者のナボコフが、あくまで喜劇のように書いたと言う通り、ハンバートはその自分の趣味を、崇高で知的で芸術的なような言い方をするが、どう言おうが単なる変態である。
そして、ハンバートは、社会的に自分が危なくない限り、我慢せず、自分の欲望に従った・・・つまり、卑劣でもある訳だ。
当然、彼は醜悪で惨めであり、そして、哀れな最後が待っていただけである。
だが、彼は、ロリコンを自分の意思や道徳観で、きっぱりやめていれば、それこそ、本物の崇高さ、知性、そして、芸術を持てたかもしれなかったのである。
つまり、彼は、チャンスを棒に振ったのだ。
こういったことを知るために、『ロリータ』の小説や映画を鑑賞するのは良いことだと思う。
スタンリー・キューブリックの映画は、ハンバートの愚かさ、醜さ、惨めさを見事に描いている。

世の中には、ハンバートのように、マイナスの形で持っているチャンスを棒に振ってしまう者が非常に多く、従って、哀れな人間が非常に多いのである。
その真逆であったのが、水野南北や上杉謙信である。
江戸時代の観相家(顔や身体の形で占う運命鑑定士)、水野南北は、特に酒が大好きで、美味しい食べ物も大好きだったのだと思うが、酒は1日1合と厳しく制限し、少食粗食に徹した。
そして、観相家として天下に轟き、それによって貴族にまで叙せられ、7つの蔵を持つ長者となり、75歳まで健康に生きた。
上杉謙信は、実は大変な女好きであったと思われるが、戦の勝利を願い、生涯、女を断った。そして、戦で負けを知らなかった。

趣味でしかないが、異常に好きなものがある者は幸いである。
それをきっぱり捨てれば良い。
あるいは、あまり(あるいは完全に)良くないが、やめられないことがあるなら、それをきっぱりやめることだ。
それが神の力を得る簡単な方法である。








人生大逆転の秘訣(ニートでも可能性はある)

かなりの地位を築いた、名のある人がYouTubeをやっていて、確かに優秀な人と思われたので動画を何度か見たが、個人的には思想的な逸脱を感じたので、もう見ないようにした。
しかし、見た中で、その人が1つ、印象に残ることを言われていた。
それは、「プロとは凄いものだ」という言葉だった。
ところがそれは、占い師について言われていたのだが、野球であれ、音楽であれ、占いであれ、それで豊かな生活が出来るプロというのは、やはり凄いものに違いないと思ったのである。
確かに、口だけ達者な詐欺師的な占い師というのもいるのかもしれないが、それでは、長期に渡ってプロを続けることは出来ない。
だから、長い年月に渡って、プロの占い師としてやっているなら、どんな意味であれ、やはり、実力のある人だと言えるはずなのだ。

世の中には、怪しげな霊能力者もいるかもしれないが、もし、長期に渡って十分なお金を稼いでいるなら、立派な霊能力者であるに違いない。
稼ぎ過ぎる場合は、霊能力者としてというよりは、良く言えば大啓蒙家、悪くいえば、詐欺師かもしれないが、それでも、お客様が納得するようなメリットを与えているから、富を築くほどに長く活躍出来るのだから、「プロとは銭が全て」というのも、あながち嘘ではない。
逆に言えば、プロの看板を出していても、お金に困っているなら愚か者である。

私が、ジョージ・アダムスキーという宇宙人コンタクティー(接触者)を、それなりに信用しているのは、彼が、こんなことを言ったからである。
「スーツは一着あれば良い。しかし、それが手に入れられないなら、私は愚か者だということだ」
尚、彼は、コンタクティーとしては基本的には稼いでおらず、あくまで、哲学者(哲学教師を含む)や作家として稼いでいたのである。

世の中には、普通の人とは異なる仕事をしている人がいる。
上に述べた占い師や霊能力者は、その中でも特異と言えるかもしれないが、作家、画家、音楽家などは、志望者も多いだろう。
だが、いつまで経っても、そういったもので食べていけないなら、取り返しがつくうちに、道を変えた方が良い。
逆に言えば、作家や画家を目指すとしても、出来るだけ早く、プロを名乗れるようになる・・・早い話が「稼げる」ようにならないといけない。
そして、プロになる方法はただ1つで、それは時間を注ぎ込むことだ。
どんなことでも、一万時間を注ぎ込めばプロになれるという、かなり信頼性の高い法則である「一万時間の法則」がある。
もし、画家で食べられないなら、一万時間描いていないだけである。
一万時間とは、1日4時間で、約7年である。
1日7時間なら4年である。
私は、これは全く正確であると思う。
私も、プログラマー・システムエンジニアとしてプロだと言えるほどになったのは、プログラミングの本を読んだり、家のパソコンでプログラミングの勉強をしたり、あるいは、プログラミングの下積み仕事をやった時間などのトータルが一万時間に到達した時だったと思う。

そして、占い師や超能力者だって、一万時間の修行や実践を重ねればプロになれると思う。
私が好きな観想家(顔や身体の形で運命を鑑定する占い師)である、江戸時代の水野南北も、顔や身体の形と運命との相関を調べるため、風呂で背中を流す仕事や髪結いの仕事、さらには、火葬場で死体を焼く仕事(焼く前に身体をじっくり見ることが出来る)を長年やったらしい。このように、修行や実践で十分な時間をかけた者だけがプロになれるのである。
こう言うと、「いや、天才はそうではないのでは?」と言う人がいるが、実のところ、僅かな例外はあるかもしれないが、ほとんどの場合、天才と言われる人こそ、誰よりも時間をかけた人である。
イチローは他のどんな選手よりも野球に時間をつぎ込んだし、おそらく、イチロー以上のバッターであったテッド・ウィリアムズは、子供の時から、起きている時間の全てをバッティングに注ぎ込んでいたと言えるほどだった。
私も、そろそろ、超能力に注いだ時間が一万時間になるので、プロの超能力者を名乗ろうかと思っている(笑)。
ニートで時間のある人は、つまらないことにうつつを抜かさず、それなりに好きなことに時間を注ぎ込めば、ユニークな分野でプロになり、人生で大逆転が出来るかもしれない。

下にご紹介した『「大企業の時代」は終わったか』と、『村上龍と坂本龍』は、時間をかけさえすれば自分でも出来るという勇気を与えてくれる本で、特に前者は、今をときめく猪子寿之氏と夏野剛氏の、とても面白い対談が僅か百円で、強くお薦めしたい。後者も、人々を何十年もときめかせまくっている天才級の有名人の対談だが、彼らだって、才能というのもあるが、やはり、時間をかけたから成功したのである。








自らの正義を失うと起こること

私は、『スターウォーズ』シリーズの映画は、ほとんど、まともに観ていないし、blu-rayやDVDも1枚も買わなかった。
だが、「旧三部作シリーズ」と言われる、マーク・ハミルが主人公ルーク・スカイウォーカーを演じたものは、1本か2本、観ているのだと思う。
その中で、ルークの父であるアナキン・スカイウォーカーがなぜ悪の権化になったかや、ルークも悪に陥りそうになったことは興味深く思った。
新シリーズでは、アナキン・スカイウォーカーがダース・ベイダーになる過程は、「ちょっと違うな」と思ったが、いかんせん、真面目に見ていないのだから分からない。

人は、なぜ邪悪になるのだろう?
1つは欲望のためで、もう1つは恐怖のためだ。
そして、『スターウォーズ』で言うフォースという銀河を支配する強い力には、邪悪に陥る危険性が高く、その危険を回避出来る精神力がない者にフォースを授ける訳にはいかないのだろう。
フォースとは、単に「力」という意味だが、別にジェダイの騎士でなくても、誰の中にも無限の力であるフォースがある。
そして、確かに、邪悪な者がフォースを持てば危険である。
少しの間なら、その力で欲望を叶え、恐怖から免れるが、邪悪であれば、やがて自ら滅ぶのは避けられない。
悪が栄えたためしがない訳ではないが、悪が悲惨な最後を迎えなかったためしもないのである。

時々、引き寄せの法則の本で、「悪の力として使わないで欲しい」とか「この本が悪人の手に渡らないことを願う」と書かれていることがあるが、引き寄せを使う悪というのは、最初は善であったか、あるいは、悪を為しつつも、どこかに善があるのである。
キリスト教で、1割の献納(収入の1割を寄付すること)を薦めるのは、邪悪に陥り、悲惨な最後を迎えないためもあるのだ。
ただし、その1割献納は、全く純粋な寄付でなければならないのである。
そして、別に、金銭やボランティア等の寄付や奉仕ばかりが1割献納ではないだろう。
江戸時代の観相家(一種の占い師)で、独特の引き寄せの達人であった水野南北は、食での献納を薦め、それは、例えばであるが、3つ食べられるところを1つ食べないでおくだけで良いとした。
食べなかった1つは、心で神に捧げればよく、特に、神棚、仏壇に捧げる必要はない。
この「3つのうちの1つ」は例えであり、別に厳密に1/3と決まっている訳ではない。
もう少し食べたいところを我慢して食べなければ良いのだと思う。
エマニュエル・スウェーデンボルグも、天使に、「満腹するまで食べて自分を甘やかすな」と教わったそうだが、これも同じような意味と捉えて良いと思う。

私の従兄は刑事だったが、まだ駆け出しの頃、下着泥棒を逮捕した時、押収した女性用下着を見て、「まあ、気持ちは解る」と言っていた(笑)。
しかし、やりたい気持ちがあっても、自分の正義を優先して悪いことをやらない者と、欲望を抑えられずやってしまう者がいるのである。
そして、巨大な悪になる者というのは、元々は、大きな正義を持っていたものなのだ。
だから、強い引き寄せを行えたが、フォースの暗黒面に巻き込まれ、ダース・ベイダーになった訳である。

まずは、自らの正義を持たない者に引き寄せは行えない。
細かくは言わないが、そんなシステムになっていることは解るのである。
1割献納しても良いし、満腹するまで食べないことでも良いし、その他、何か自分なりの正義を持たなけれなならない。
引き寄せの手順そのものは、ちゃんとなぞっているのに、なぜかうまくいかない者には、正義の信念がないのだと思う。
それがないと、強くならないのだろう。
私も、「これだけはすまい」と強く決めていると、大抵のことは引き寄せられた。
そして、大きな存在になった時こそ、よくよく自分の正義に背いてはならない。そうでないと、大きな悲劇がある。
この度のアメリカ大統領選挙を見ていると、それらのことがはっきり解るし、もうすぐ、邪悪になった大きな力が悲惨な最後を迎えるのを見ることになるだろう。








幸運を呼ぶのは少食ではなく気分の良さ

江戸時代の観相家(顔や身体の形状で占う占術)、水野南北は、運命の法則について、こう断言している。
「食が少なければ幸運、食が多ければ衰運である。これに関し、万に1つの外れもない」
つまり、食べる量が少なければ少ないほど、あらゆる幸運が来るが、大食、美食であれば、あらゆる運に見放される。
水野南北は、若い時に、観相の達人の教えを受けると共に、あらゆる手段で実地研究を行い、かなりの精度で運勢の鑑定が出来るようになったが、どうしても外れる場合もあることを認め、悩んでいた。
しかし、ただ、食が多いか少ないかで鑑定すれば、決して外れることはなかった。

水野南北以外にも、時代を問わず、世界中に、少食こそ、健康や運勢を最も左右するものであると言う者はいる。
では、それが正しいのかというと、「たまたまそういう結果になる(食が少なければ幸運、多ければ不運)」というだけのことだ。
以下に述べる通り、理屈は簡単である。

食べるということは、睡眠には敵わないとしても、人間最大の欲望であると言える。
ナポレオン・ヒルは、「性欲が1番の欲望」、ディール・カーネギーは「自己重要感(自分は価値あると思うこと)こそが人間最大の欲望」と言ったが、それらがおかしいことは誰でも分かる。
空腹で苦しい時に、どれほどいい女がいたって、それほど興味はないし、同じく、空腹な人には、百個の勲章より一切れのパンが魅力的だ。
いかに、すらりと痩せてモテたいと言ったところで、限度を超えて食を拒否すると、幸運どころか、悪い状況になり、最悪の事態になってしまうことすらある。
そもそも、幸福な人の中にも大食の人はいくらでもいるし、食べなくてガリガリで不幸な人も数知れないのである。

つまり、少なくとも一般人にとっては、1番は睡眠、2番が食なのである。
だから、食を完全に断つことは、特殊な(大抵は不幸な)事情でもなければ不可能だ。
だが、ある程度の食の節制であれば、何か、楽しみとか、希望があれば可能である。
私も、ただ食べないことで、1年で30kg程度痩せたことがあるので、よく解る。

つまりは、食の慎みに耐えるには、それと同等の喜びが必要であり、そんな喜びは気分を良くしてくれる。
そして、いつも言う通り、この宇宙は、
「気分が良ければ良いことが、気分が悪ければ悪いことが起こる」
仕組みになっているのである。
つまり、真実は、水野南北が言うように、「運命は食が多いか少ないかで決まる」のではなく、「運命は気分が良いか悪いかで決まる」のである。
だから、食の慎みに耐えさせてくれるほどの、気分を良くしてくれる何かを見つけた人が、幸運を呼び、成功し、幸せになれるのである。

普段、よく笑い、ガッツポーズをすれば、異常な食欲に悩まされることはなく、腹八分目を守ることが出来る。
さらに、かなりの少食でも気にならないほど気分が良いなら、ほとんど魔法使いのようなことが出来るだろう。
とはいえ、『バガヴァッド・ギーター』にもあるように、食べ過ぎはいけないが、少食過ぎるのも良くないし、そもそもが、極端な食生活をする必要など全くないのである。
適度に美味しいものを適度に食べ、気分さえ良くしておけば、人生は、楽しいこと、面白いことだらけになる。
また、必ずしも菜食が良いのではなく、菜食でも気分が悪ければ悪いことが起き、肉食でも、気分が良ければ良いことが起こるのである。
このように、人間の運命は、全て気分にかかっている。
ただし、多少の少食・粗食なら楽に出来るだけの気分を良くするものを見つけるために、ある程度は食を慎み、すらりとした身体になりつつ、気分を良くするコツを掴み、幸運を引き寄せるのは良いことと思う。
まあ、笑顔とガッツポーズだけでも、かなり、その役に立つと思う。








あらゆる成功の根底にあるもの

長年の研究&実践の結果から、引き寄せの神髄は「良い気分(GOOD FEELING)でいれば良いことが、悪い気分(BAD FEELING)でいれば悪いことが起こる」だけであることは確実と思う。
これだけで、いかなる成功法則、成功哲学にある事例も説明出来、例外はない。
昔から、大金持ちや大政治家が、時間があれば何時間でも、庭の池の高価な鯉を眺めているのは、それで気分が良いからで、それにより、幸運を引き寄せているのである。
ところが、瞬間的な成功者に時たま見られる例であるが、高級外車を数多く所有するのは、それが本当に楽しいのなら良いことだが、見栄でやっているなら、いずれ、それらの車が良い気分にさせてくれることはなくなり、むしろ、悪い気分をもたらす可能性があり、そうであれば、やがては必ず落ちぶれていくのである。

ところで、良い気分と言えば、「それなら俺は美味いものを食べている時が一番いい気分だ」「いい女を抱いている時が最高だ」と言う者も多いと思うが、これらには重大な欠陥がある。
それは、それらは、「いい気分が短い時間しか続かない」ということだ。
1日16時間起きているなら、その大半で良い気分でなければならない。
とはいえ、食や性の良い活用法もある。
水野南北は、「幸運、不運を決めるのは食が多いか少ないかだけ」と言い、少食・粗食を薦めた。
これは、結果的に正解である可能性が高い。
なぜなら、少食であれば、常に食欲があるので、食事の時に非常に良い気分になることはもちろん、食事が楽しみであることが良い気分をもたらす。丁度、「今晩はカレーだよ」と言われた子供が1日いい気分でいるようなものだ。
しかし、あまりに厳しい食の制限は、気分を悪くし、決して幸運や願いの成就を引き寄せない。それは、飢餓状態にある人達が不幸であるようなものである。
ただし、現代の日本人の感覚としては、多少は食を渇望すると感じる状態が、人間としてほ本来の正常な空腹状態であるかもしれない。
つまり、腹六分目に食べれば、自ずと強運になるのであるが、普通の人の場合は、腹八分目・・・つまり、満腹するまで食べて自分を甘やかさなければ十分である。あの偉大なエマニュエル・スウェーデンボルグもこの範囲で食を節していた。
性に関しては、中国の大物達はそろって「立ち続ける男が成功する」と言う。
つまり、精力が強いことは良いことであるが、美女と適度に接して良い気分でいるのが良く、それで満足出来るほど修行が出来た者だけが成功するのである。
ビートルズの『I FEEL FINE』だって、「彼女は僕をいい気分にしてくれる」と言うが、それは、「優しい」とか「言って欲しいことを言ってくれる」といったことだ。

そして、自分をいつもいい気分にするのは自分の責任なのである。
神様はどんな願いでも叶えてくれるが、気分までは良くしてくれないのである。
それだけは自分でしなければならない。
しかし、逆に言えば、それだけやれば良いのであり、とても楽なのである。













当ブログ著者、KayのAI書。
数学、プログラミング、難しいAIは分からないが、実用AIを自分で作ることが出来るようになりたい人にお薦めします。
興味深いテーマをAIで解明する楽しい実習を通して、AIを作る本質的センスや、無料ながら優秀なAI構築アプリであるソニーNNCの使い方を身に付けます。
本書のほぼ全ての実習を行うためのデータを作ることが出来るExcelマクロを無料でダウウンロード出来ます。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ



タグクラウド
QRコード
QRコード