ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

水野南北

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

弱い者いじめと大食が身を亡ぼす

『わたしのいもうと』という絵本がある。
実話に基づくお話らしいが、「商品の説明」の「内容」に、こう書かれている。
「妹をいじめた同級生たちは、そんなことなど忘れて中学生になり、高校生になっていきました。」
小学校で、過酷ないじめを受けた妹は、学校に行けなくなり、家にずっと引きこもるようになったが、妹をいじめた子達は、中学生、高校生となっていき、妹は、家の前を彼ら彼女らが元気に通学する様子を黙って見ていた。
その後、妹は変調を起こすようになる。
妹に、あれほどのことをした者達に報いはないのだろうか?

スティーブ・マックイーンとダスティン・ホフマンが共演した、実話に基づく傑作映画『パピヨン』(1973)という作品がある。
その中で、囚人同士で友情が芽生えたパピヨンとドガだったが、パピヨンが裏切り、ドガが窮地に立たされる。
その時、誰かがドガに、「パピヨンを恨むか?」と尋ねると、ドガは微笑んで、「裁くのは神だ」と言う。
ドガは詐欺師であり、人格者などではない。
だが、自分を絶体絶命のピンチに追い込んだパピヨンを許していたのだ。
そして、実際は、パピヨンは裏切っておらず、むしろ、ドガをかばって死ぬような目に遭っていた。
「裁くのは神」
この長い映画の後にも続く物語は、それを証しているように思える。

では、『わたしのいもうと』の、妹をいじめた者達は、高校生までは無事でも、その先、いつか神の罰が下るのだろうか?
死後に、魂が極めて長い罰を受けるという話もあれば、来世で罰を受けるという説もある。
まあ、それらは確認のしようがない。
とはいえ、罰と言って良いかどうか分からないが、因果応報というものは、そんなに長く待たされることなく起こると思う。
『わたしのいもうと』で、妹をいじめた者達も、表面上は平穏な中学・高校生活を送っているように見えても、その中に徐々に、あるいは、ある時、一気に報いを受けるような形にはなると思う。

対等な相手、あるいは、自分より強い立場の者を攻撃することはいじめとは言わない。
つまり、いじめとは、本質的に、弱い者いじめである。
そして、弱い者いじめは、自覚がない場合があるのかもしれないが、誰でもやったことがある。
自我の性質からいって、弱い者いじめは楽しいのである。
だが、弱い者いじめをする者は運を失い、逆に、弱い者いじめをしない者に幸運がやって来る。
不世出の空手家であった大山倍達は、昭和の時代の少年達のヒーローだったが、実際は、大嘘も沢山言い、悪いこともしていた。
だが、彼は、子供の時から、弱い者いじめだけは絶対にしなかった。
それで、最後は癌で死にはしたが、概ね幸福な人生であったと思う。
一方、大山倍達をヒーローに仕立て上げた作家の梶原一騎は、根は純情な部分もあったのだが、弱い者いじめはかなりやったと思われる。
また、後でそれについて述べるが、彼は大変な美食家だった。
それで、最後は、あまりに悲惨なことになったのではあるまいか。

ところで、江戸時代の観相家、水野南北は、前世からかもしれないが、今生でも、極めて若い頃から悪事を重ね、弱い者いじめも相当にやったと思う。
それで、17歳の時、観相家に、「死相が出ている。余命1年」と宣告された。
ところが、1年後、水野南北が、再び、その観相家に見てもらうと、観相家は、
「不思議だ。死相がすっかり消えている。お前は何か大きな徳を積んだのか?」
と言う。
南北は、1年の間、大豆以外のものを口にしなかったという。
観相家は、それで納得し、「食の慎みこそ、最大の徳である」と言ったようだ。
水野南北は、後に天下一の観相家になったが、いかに観相の技術を上げても、どうしても鑑定が外れることがあった。ところが、食の多少で鑑定すると、万に1つの外れもなかったと言う。
つまり、「食少なければ幸運、多ければ衰運」である。
また、美食は衰運で、粗食が幸運である。

まとめて言えば、弱い者いじめをせず、食の慎みを心がければ、自ずと幸運になるのである。
だが、日本は、かなり前から、弱い者いじめが横行し、美食・飽食が盛んである。
それで、日本はすっかり駄目になってしまった。
しかし、そう(弱い者いじめをする、美食・大食家)でない人もおり、そんな人達が最後の希望であるかもしれない。








幸運を呼ぶ最後の方法

人間が持つ力には、いろいろなものがある。
極めて大きな力に、権威というものがあるが、今の日本で権威を持つのは皇室だけだ。
で、それ以外となると、富、健康、友愛となる。
富や健康はともかく、友愛が力だというのはピンと来ないかもしれないが、これほど大きな力はあるまい。ただし、本物の友愛であればだが。

そして、富も健康も友愛も、努力して得られるかどうかは分からない。
それらが得られるかどうかは、運次第だ。
つまり、結局のところ、人間が持つ一番大きな力は運であることが分かる。
皆、大なり小なり、心の中では、それを分かっている。
それで、「運を得る方法」が書かれた本は人気があり、そこそこ良いことが書かれているものもあるが、劇的な効果はない。

江戸時代の高名な観相家(顔や身体の相で運命を鑑定する者)であった水野南北は、
「運の良し悪しは、食の量で完全に決まる、即ち、食多ければ衰運で、食少なければ幸運である。これに万に一つの外れもなかった」
と断言した。
(ただし、「食べられない」のではなく、自主的に「食べない」ことが必要である)
水野南北の主張は、ほぼ正しいと思う。
よって、極端に小食にする必要はないが、食を慎むことはお勧めする。
だが、それでも、因縁の力は強く、悪因縁(悪業)が強い場合は、断食が必要なことがあり、それで命を落とすこともある。
これに関しては、新約聖書の福音書に、こんな話がある。
ある、悪霊に憑りつかれた男がいて、イエスの弟子達が、その男から悪霊を追い出そうとしたが、出来なかった。
イエスは、後で、「このような場合には断食が必要だ」と言った。
つまり、この悪霊に憑りつかれた男の悪因縁(悪業)が強過ぎ、イエスの弟子達の力ではどうにもならず、本来なら、この男は厳しい断食をする必要があった。
それこそ、死ぬほどの断食が必要な、あるいは、それでも足りないほどの悪因縁(悪業)だったかもしれない。
だが、イエスは簡単に悪霊を祓ってしまった。
ではなぜ、イエスにそれが出来たのかというと「格の違いだ」と言えばその通りなのだが、私は、福音書は、重要な記述が取り去られ、貴重な方法が隠されたような気がするのである。

親鸞は、深い悪因縁(悪業)を祓うには念仏だと言ったのである。
つまり、神仏の名を唱えるナーマスマラナが、そのやり方なのである。念仏もナーマスマラナの1つである。
ただし、普通の人では、かなりの数が必要である。
イエスは、磔になる直前に、「私の名で求めよ」と言い、自分の名を唱えることを教えたが、やはり、福音書には、これが曖昧な雰囲気で書かれ、「イエスの名を唱えれば良い」と気付いた人は少ない。
つまり、神仏の名を呼べば、必ず幸運を呼べるのである。ただし、心の中で、丁寧に数多く唱えれば。
イエスでも、南無阿弥陀仏でも、阿弥陀仏でも、南無観世音菩薩でも、観世音菩薩でも、アマテラスオホミカミでも良い。
自分の好きな神仏の名を唱えれば良いだけである。








幸福になる最高の準備とは

幸せになるために、常に考えておくべき価値あることは「準備する」ことだ。
このブログで何十回引用したか分からないが(それほど重要と思う)、ハリウッド俳優のバート・レイノルズが駆け出しの頃、既に大スターだったクリント・イーストウッドに、
「成功するまでどうしていたか?」
と尋ね、イーストウッドは、
「成功するための準備をしていた」
と答えた。
それで重要なことを悟ったレイノルズは、準備をすることで成功した。

この話は、アメリカの作家・事業家のチン・ニンチュウが書いた『誰でも小さなことで大切な願いがかなえられる』という本に書かれていたが、そのエピソードを読んで、私も何かを感じたが、はっきり言ってよく分らなかった。
まあ、別に難しいことではなく、普通に捉えれば良いことなのだが。
そして、チン・ニンチュウよりずっと古い人である、作家・画家のフローレンス・スコーヴェル・シンが世界的ベストセラーの『ゲームの法則』の後に書いた、『成功への秘密の扉』で、準備について、福音書のイエスのお話を引用している。
「5人の賢い乙女と5人の愚かな乙女」のお話だ。
10人の乙女が、夜、外で、花婿の到着を待っていた。
だが、花婿の到着が遅れ、乙女達が持っていたランプの油が切れかけた。
10人の乙女のうち、5人は、予備の油を持っていたが、後の5人は持っていなかった。
つまり、5人の乙女は、予備の油の準備をしていたが、5人の乙女は、予備の油の準備をしていなかったのだ。
予備の油を準備していなかった5人の乙女達が油を買いに行っている間に花婿が到着し、予備の油を準備していた5人の乙女達だけが、花嫁として迎えられた。
そんな話である。
・・・分かるような分からないような(笑)。
で、フローレンス・スコーヴェル・シンは、もっと簡単な話で示した。
世界一周旅行に行きたがっていた男に、準備として、旅行カバンを買わせたのだ。
つまり、世界一周旅行の願いを叶えるための準備が、カバンを買うことだったのだ。
すると、この男は不思議ななりゆきで大金を掴み、世界一周旅行に出かけたのだった。

準備が出来ていない愚か者の教訓を知りたければ、芥川龍之介の『六の宮の姫君(ろくのみやのひめぎみ)』を読むと良いと思う。
短いお話だ。
ある良家の姫君(六の宮の姫君と呼ばれていた)は、何不自由ない生活をしていたが、父親が急死し、さらに、母もすぐに亡くなった。
そうなった時の準備を何もしていなかったので大変だ。
収入もなく、使用人は、屋敷にあるものを持ち逃げしつつ、全員いなくなった。
姫君に残されたのは、姫君を愛する乳母だけであったが、2人とも、何の準備もしてこなかったので、全くの無能力だ。
引用はここまでにするので、後は、読むことをお勧めする。
面白いのは、芥川は、話の最後に、内記の上人(ないきのしょうにん)を登場させることだ。
内記の上人が実在の人物かどうかは分からないが、法然、親鸞と並ぶ念仏者、空也上人(くうやしょうにん)の高弟ということになっている。
内記の上人が最後、姫君に念仏を教えたが手遅れだった。

一方、江戸時代の観相(顔や身体の相で占う運命鑑定)の大家、水野南北(少食開運法で知られる)に、こんな話がある。
水野南北には、元武士の弟子がいた。
この元武士というのが、無能な男で、武士は務まらず、落ちぶれてヤクザの子分になっていたが、そこでも、良い想いはしなかったのだろう。
そんな中、運良く、水野南北の最初の弟子になったが、水野南北の弟子としても能力不足だった。
だが、この元武士は、絶えず念仏を唱えていた。
そして、この元武士の弟子は、能力がなくても、良い人生になったのだ。

念仏もその1つなのだが、神仏の名を真言として唱えることは、幸福になる最高の準備だ。
そもそも、最初のレイノルズとイーストウッドの話を書いたチン・ニンチュウが、「神の子羊として、神様にしっかり面倒を見てもらえば良いだけ」と悟って幸福になったのだ。
その具体的、かつ、誰でも出来るなやり方が、神仏の名を唱える真言である。

尚、『六の宮の姫君』は、芥川龍之介の著作権が切れているので、安価、あるいは、無料の電子書籍もあるが、一応、岩波のを下に紹介する(解説もあると思うので)。








少食と真言

江戸時代の観相家(顔や身体の相で運命を鑑定する占術師)であった水野南北(1760~1834)は、子供の時から悪党で、18歳くらいで牢屋敷(今の刑務所)に入れられるほどであった。
ところが、牢屋敷から出た後、人相見に、「お前の寿命は後1年」と言われて後悔し、寺に出家を願い出たが、入門は叶わなかった。ただ、「1年間、大豆だけを食べれば入門を許す」と言われ、それに従った。
そして、大豆だけを食べる生活を1年続けた後、再び、前に観てもらった人相見に観てもらうと、
「お前は寺を建てるとか、人の命を救うとかいった大きな徳でも積んだのか?死相が消えている」
と言われ、大豆の食事のことを話すと、
「食の慎みに優る徳はない」
と言われた。
水野南北は、その後、大観相家になり、観相で人々を幸運に導いたが、少食・粗食こそ、最大の幸運の鍵であると説き続けた。

私は10年ほど前、この話を知り、当時、運が悪くなっていたこともあって(健康も損なわれていた)、極端な少食・粗食を行った。
それで、94kgあった体重が数ヵ月で72kgに、その後、60kgほどになり、現在もそのままである。
それで、健康になり、その他でも運が良くなった。
運を良くするためには、確かに、徳を積むしかない。
徳とは、世のため人のためになることを行うことで、小さなことでは、公園の掃除をしたり、人に親切にしたりで、大きなことでは、多額の寄付をしたり、人々を幸福にする事業を行うことなどがあるだろう。
しかし、いかなる善行よりも、少食・粗食の方が大きな徳なのであるらしい。
水野南北は、それについて、仙人から教えを受け、本にも書いている。

ただ、おそらくは、少食・粗食よりもはるかに大きな徳が、優れた真言を唱えることである。
親鸞は、「念仏に優る善はなく、念仏の力を妨げる悪もない」と言い、善いことをする必要はないし、悪いことをしても構わないと教えていたようである。
そして、私の経験や、様々な書物を調べれば、また、直観的に、それは正しいと思う。
少食・粗食の徳を否定するわけでは決してない。
だが、真言はそれに優る。
私も、10年程前、運勢が低下していたのは、飽食に耽っていたこともあるが、真言を唱えなくなっていたからだと思う(それまでは、それなりに唱えていた)。
真言密教の大僧正であった織田隆弘氏の本を読むと、「南無観世音菩薩」とか、観世音菩薩の真言である「オン、アロリキャ、ソワカ」を唱えると、難病が治ったり、事業の危機が救われる奇跡が数多く起こっていることが分かる。
ただ、宗教には泣き所があり、浄土宗や浄土真宗であれば、「南無阿弥陀仏を唱えよ」としか言わないし、真言宗であれば、「オン、アビラウンケン」などの大日如来真言を唱えよと言い、法華宗では「南無妙法蓮華経」である。
しかし、真言に優劣はなく、重要なのは唱える数だけである。
また、真言は、心の中で、丁寧に穏やかに唱えなければならない。
特に、自分がどの宗教や宗派を信仰しているというのでなければ、観世音菩薩の真言「南無観世音菩薩」や「オン、アロリキャ、ソワカ」を唱えることをお勧めする。それに、観世音菩薩であれば、およそ仏教の宗派であれば、どこでも敬われていると思う。
もちろん、神道の祝詞や祓詞や神呪も真言であり、好むなら、「アジマリカン」や「トホカミエミタメ」を唱えるのも当然良い。
ただ、「アジマリカンが最上」、「トホカミエミタメが一番」と主張するような者には気をつけ、あまり関わらないことをお勧めする。どの真言が一番などということはないのだ。

私は、今も、普通の人に比べれば、少食・粗食だ。
昨夜の夕飯は、納豆、おにぎり2個、ホウレン草の炒め物であった。
だが、自分でも数年やったが、極端な少食・粗食は、あまりお勧めする気にならない。
私の場合だが、極端な少食・粗食は、独善的、あるいは、狭量になり、それに、人付き合いが出来なくなる。
私のポリシーとしては、エマニュエル・スウェーデンボルグが天使に言われたように、「満腹するまで食べて自分を甘やかさない」で十分と思う。
もっとも、親鸞に言わせれば、いかなる悪いことをしても、念仏を唱えれば問題がないので、大食・美食が悪かどうかは置いておくが、真言を唱えれば、別に構わないことになる。
ただし、美食・飽食に耽る者が、毎日、数多くの真言を唱えるとは思えないのも確かであるが。
逆に言えば、真言を唱えていれば、自ずと食事も適切になり、少なくとも、美食・飽食に耽ることはないと思う。
いずれにしろ、真言を唱えさえすれば、全ては良い方向に行くだろう。








我慢しなかった者達に学ぶ

40代の男性だったと思うが、マンションに引きこもって生活していたのが、不健康な生活のためか突然死したらしい。
そして、マンションに入ってみたら、部屋の中はすごい散らかり様で、掃除もしていなかったが、壁には女性アイドルグループのポスターが多数貼られ、あちこちに、そのアイドルグループの写真集やDVDなどが山積みされていたという。
また、やはり突然死した、以前は教師をしていた50代の男性の部屋には、大変な数のアダルトDVDがあったという。

彼らは、誰にも相手にされず、享楽的(快楽にふけること)な趣味に溺れ、あまりの不健康さに心身が駄目になって死んでしまったのだろう。
だが、彼らは成功に近かったのだ。
その不健康な趣味をきっぱりやめれば良かったのである。
アイドルグッズやアダルトグッズをきれいさっぱり捨て、そんなものとの縁を切れば良かっただけである。

つまり、「我慢」である。
放埓(ほうらつ。勝手気まま)に振る舞いたい気持ちを抑えることを我慢というが、人間は我慢した分の倍の力を持つのである。
なぜそうなるのかは説明し難いが、それが明晰な宇宙の法則とでも言うようなものであると思う。
遅くまで寝ていたい気持ちを我慢して早起きし(自然に早く寝ることになる)、美味しいものをたっぷり食べたい気持ちを我慢して少食粗食になり、その他のことでも、奔放に流れる気持ちを我慢して、それと反対のことをしていれば、内部からの導きもあったかもしれない。

戸塚ヨットスクールのように、人間として駄目な者に、強制的に健康的な生活を強制して心身を強くする方法もあるのだろうが、最も重要なことは、自分の意思で我慢することである。
「我慢させられる」では、ほとんど力を得られないのである。

「好きなことは徹底的にやるべきだ」と言い、それを実行したがる者もいるが、その好きなことが創造的ではない、単なる趣味や快楽である場合は、それをしたい気持ちを我慢しなければならない。
そうでなければ、惨めな未来が待っているだけだ。
特に、飲食に関すること、性的なこと、自己満足でしかないことには注意しなければならない。
そういったことを、我慢せずに求める者を客観的に見れば、少しも良いものではない・・・言っては悪いが、醜いことが分かるはずなのだ。

ウラジミール・ナボコフの『ロリータ』という世界的に有名な小説作品がある。
いわゆる「ロリータ・コンプレックス」の語源になった小説で、40代の学者ハンバートは、9歳から14歳の個人的感覚で可愛いと思う少女を熱愛する・・・まあ、ただの逸脱者である。
著者のナボコフが、あくまで喜劇のように書いたと言う通り、ハンバートはその自分の趣味を、崇高で知的で芸術的なような言い方をするが、どう言おうが単なる変態である。
そして、ハンバートは、社会的に自分が危なくない限り、我慢せず、自分の欲望に従った・・・つまり、卑劣でもある訳だ。
当然、彼は醜悪で惨めであり、そして、哀れな最後が待っていただけである。
だが、彼は、ロリコンを自分の意思や道徳観で、きっぱりやめていれば、それこそ、本物の崇高さ、知性、そして、芸術を持てたかもしれなかったのである。
つまり、彼は、チャンスを棒に振ったのだ。
こういったことを知るために、『ロリータ』の小説や映画を鑑賞するのは良いことだと思う。
スタンリー・キューブリックの映画は、ハンバートの愚かさ、醜さ、惨めさを見事に描いている。

世の中には、ハンバートのように、マイナスの形で持っているチャンスを棒に振ってしまう者が非常に多く、従って、哀れな人間が非常に多いのである。
その真逆であったのが、水野南北や上杉謙信である。
江戸時代の観相家(顔や身体の形で占う運命鑑定士)、水野南北は、特に酒が大好きで、美味しい食べ物も大好きだったのだと思うが、酒は1日1合と厳しく制限し、少食粗食に徹した。
そして、観相家として天下に轟き、それによって貴族にまで叙せられ、7つの蔵を持つ長者となり、75歳まで健康に生きた。
上杉謙信は、実は大変な女好きであったと思われるが、戦の勝利を願い、生涯、女を断った。そして、戦で負けを知らなかった。

趣味でしかないが、異常に好きなものがある者は幸いである。
それをきっぱり捨てれば良い。
あるいは、あまり(あるいは完全に)良くないが、やめられないことがあるなら、それをきっぱりやめることだ。
それが神の力を得る簡単な方法である。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード