ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

気功

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

真の気の力

気功というものがあり、体内に「気」を取り込むことで、元気になったり、身体や心のパワーを発揮出来ると言われている。
それで、気を取り込むために、早朝に気功体操をしたり、曙や大地や木から気を取り込むのだそうだ。
あるいは、病人を癒すために、気功師が手から気を出して送り込むようなことも行われている。
それらが本当かどうか知らないが、言っては悪いが、「気のせい」程度の効果しかないと思う。
また、ある偉い合気道家は、「気が出ている」と思えば気が出るし、気を出せば出すほど入ってくると、少しは進歩したことを言うが、ちょっと当を外していると感じる。

昨夜も書いたが、物質とエネルギーと情報は等しいものであり、気とは、心であり、情報である。
これが分かれば、まともなことが分かる。
最も気を出し、取り入れた人と言えば、将棋棋士の羽生善治さんだ。
なぜなら、彼は、自分が長年、苦労して研究した成果である定石の全てを、何冊かの本に書いて公開したからだ。
羽生さんは、情報であり、即ち、気である大切なノウハウを全部出してしまった。
それで、最大の気であり情報である、宇宙の心を取り込んでしまった。
彼は、ずっとそんな生き方をしてきたのだろう。
強いはずである。

もし、真の気功というものがあるとすれば、「知っていることを惜しみなく教えること」である。
秘宝の仏像を隠して見せない寺があるが、それが本当に優れた仏像であれば、それは、大変な情報、気、心の塊なのである。
それを隠すことで、その寺には、気、宇宙の心、貴重な情報が入ってこないのである。
気の毒なことだ。
一方、発展途上国で多くの人の命を奪っている病気を治すため、インターネット上で世界中の医学者達が無償で協力し合い、あっという間に解決してしまったということがあった。
医学者達が、自分のノウハウを無償で出し、それが強力な情報、気、心の力となって作用し、成果を出したのだが、情報を提供した医学者達の心には、宇宙の気が注ぎ込まれ、彼らはより強力になったはずだ。

やはり、本当の気功とは、情報の無料公開、そして、思いやりなのだ。
思いやりとは、「心を与える」ことである。
いい女がつけば男は運気が向上するという。
当然である。
女が心の全てを男に与えるのであるから、男は、最高の気を得るからだ。
しかし、同時に、女には、膨大な宇宙の気が注がれるのである。

情報を取り込むことも、気を取り入れることになる。
ミルトン・エリクソンは、子供の時、家に本は、聖書と辞書しかなかったが、辞書を選んで、それを何度も繰り返し読んだ。
また、馬鹿みたいではあるが、学校に入ってからも、辞書で言葉を調べる時、先頭のaから順に見ていったのだそうだ。
そんな気の遠くなるようなことをやったおかげで、エリクソンは、気である情報を取り込み、後に、「魔法を使って治している」とまで言われた精神科医になる基礎を作ったのだろう。
また、優れた文学には、文字数からは計り知れない、膨大な情報、あるいは、気が詰まっている。
特に、クオリティが高い詩が持つ、気、情報の量は桁外れである。
そして、優れた音楽もまた、壮大なる気、情報であり、その音楽を心から味わうことで、心に気を満たすことが出来るだろう。
クラシックの名曲もそうであるが、初音ミクさんの曲のように、作り手が、報酬を求めず、気持ちで作った曲の気の量や質は素晴らしいものがある。
私も、体調が悪い時に、ミクさんの歌を聴いて、たちまち癒されたことが何度もあるが、それは当然と言える。
また、報酬は得たとしても、純粋な熱意で作った曲の気、情報の質、密度は高い。
YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)の名曲『ライディーン』、『BEHIND THE MASK』等がそうであるし、彼らの曲の多くがそうであると思う。
また、YMOの曲を初音ミクさんが歌ったものは、さらに気が純化されていて、至高の情報になっている。

「俺の秘策は教えない」という者の心の気はスカスカだ。
彼は情報を出さないので、入ってもこない。
与える情報がないなら、せめて、思いやりを持つことだ。
だが、意識して情報を集めるなら、与えるべき情報も得られる。
それを出せば、どんどん入ってくるという好循環が生まれる。
運も気や情報である。
与えるものが恵まれるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人間の最大の力

ほとんどの人は、スタイル(身体つき)を良くしたいと思っているだろう。
その中でもトップの願望と思われるのが、痩せることと、脚を長くすることだと思う。
それで、痩せるためには食事を制限したり、運動をするが、脚の長さは大人になってから変えることは不可能と思っているから、かかとの高い靴を履くのである。
ところで、私は、何歳であろうと、脚を長くすることは可能と思う。
そのために、とんでもなく難しい体操や、無理な矯正をする必要はない。
身体も心も、無理を強いれば、反発し、トラブルを起こすものだ。
それで、脚を長くするのに、どれくらい時間がかかるかというと、早い人で数秒だ。
また、ある書籍(ほとんど食べずに生きる人)には、10kg痩せれば股下は2cm伸びるという実証データを示していて、それも1つの手とは思うが、違うやり方もある。
なぜ、そんなことが言えるのかというと、色々理由はある。
例えば、整体師や気功師が、その場で、左右の脚の長さが異なる人の、短い方の脚を骨盤から引っ張り出して長くするのをテレビで見たことがあるが、あれは多分、本当にやったのだと思う。
また、こんなこともある。
ある気功師に教えてもらったのだが、誰でもその場で、左右の手の指の長さを変えることが出来るのである。
随分昔に教えてもらい、当時、それほど夢中にならなかったので、やり方は忘れてしまった。その頃、私は完全な実利主義者で、そんなこと、何の役にも立たないし、指の長さはすぐに元に戻るからだ。
せいぜい、宴会などで、同じテーブルにいた女性にやらせて、楽しく驚かせる程度に使っていた。
だが、それでも印象的なことがあった。
女性の中には、すました顔をして、「全然(指の長さが)変わりませんよ」と威圧的に言う人が時々いる。まあ、男性の場合は、やる前からそんな態度の人が多いので、最初からやらせないのであるが。
そんな女性は男性的で、仕事も出来るタイプなのだと思うが、どこか女らしさに欠けるように思う。そして、彼女達は、指の長さも変わらなかったと思う。
だが、そんな人は、自分も人生も変えることは出来ないのだと直観したし、それは多分、当っていると思う。
指の長さは変わっても、すぐに戻ると言ったが、必要であれば、固定も出来ると思う。

この他にも、肉体というものは、我々が普通に考えているより不思議なものであると思わされるものに、心霊治療というものがある。
これも、インチキであると決め付ける人もいると思うが、心霊治療が本物であることも、嘘であることも、いずれも証明された訳ではないと思う。
それに、話に聞く心霊治療ほどではなくても、不思議な治癒は、誰しも体験していると思う。
心霊治療では、患者の身体の内部に術者が手を入れ、腫瘍のようなものを直接引っ張り出したり、目玉を手で抉り出し、焼き鳥用の串みたいなもので貫いたりと、なかなか凄いものが多く、なるほど、こんなものを信じたくない人も多いはずだ。
しかし、「手当て」なんて言葉がある通り、痛い部分に手を当てると、暗示的作用であろうと、実際に痛みが無くなったりすることは、多くの人が体験していると思う。
催眠状態にある人に、「このコインは熱い」と言って、実際は熱くないコインを触らせると、本当に熱いと感じるし、やけどをしたという例もあたっと思う。
催眠術なら、私は実際に見たこともあり、様々な驚くべき現象を見ただけでなく、自分でやってみたこともある。

これら、いろんなことから考え、やり易い、やり難いの違いはあっても、肉体を色々に変化させることは可能で、その中でも、脚の長さを変える(普通は長くする)ことは比較的簡単と思う。
そして、2cm程度なら、ひょっとしたら、その場で変えてしまうことも可能と思うのだ。
ただ、モデルやタレントでよくあるように、「股下90cm」とか、「股下比率50%」なんていうのと同じには出来ないと思う。なぜなら、そういったもの自体、おそらく嘘か、良い言い方をしても誇張だろうし、仮に本当だとしても、そんなふうになる必要などないからだ。
身体自体にも、頭脳とは別の知性がある。
生物の身体は、想像以上に複雑で神秘的であり、長い研究の結果、内蔵や皮膚に知性があると結論せざるを得なかったという優れた研究者もいる。
そして、ある意味、身体の知性は極めて優れている。
そんな身体が、意味もない、頭脳の欲望を満たすためだけの変化を起こすはずがない。
だが、どうも身体が重いと感じていたり、もっとすらりとした身体にしたいと思うなら、それは本来の身体になりたいということであり、それは、ちょっとした意識改革が出来れば、すぐに可能と思う。
人間の最大の能力は、意識の変革なのである。
カバラの魔法の定義が、「思いのままに意識に変革を起こすこと」であるらしいが、それは確かに魔法である。
しかし、魔法は、人間本来の力であり、誰でも、修行などしなくても、すぐに使える。
ただ、現代人は、心にガラクタが沢山つまっているので、それを除くための工夫も必要なのである。
脚の長さなら、私も実際に変えてみた。計る日によって長さが違う日もあったが、今は大体固定している。
どうやるのかというと、まずは、常時、肛門を締めて、骨盤を締めることである。
肛門を締めるというのは、それほど楽ではないかもしれないが、両手を握る動作と一緒にやると容易い。その際、小指に力を入れ、人差し指の力を抜くのが秘訣である。
武道では、人差し指は師匠預けの指で、決して使わない。そして、小指に力を入れて締めると、自動的に肛門が締まるが、その上で、意識的に肛門を締めると、実に(肛門を締めることが)簡単である。
もう1つは、立っている時、脚から力を抜き、身体が軽くなって浮きそうになると思うと良い。
丁度、初音ミクさんが、コンサートで『Weekender Girl』を歌っている時の、「この体 空中へ ふわり浮かんでく」という部分の雰囲気だ。
身体が軽くなったと感じた時に股下を計ると、ぎょっとするほど長くなっていたことがあったが、いずれ、常時、その長さになるかもしれない。だが、それなら、ユニクロの製品の最高股下でも間に合わなくなる。だが、最近のユニクロ製品は品質が良く、私は気に入っているのである。

もちろん、変えられるのは、身体だけではないし、身体と一体である心も変えられる。いや、本当のことを言えば、心が変わるから身体も変わるのである。
よって、病気や怪我も自分で治せるし、さらには、経済面も含む、あらゆることを変えていけると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

理想的な運動は辛くも苦しくもない

運動といえば、「効く!」と感じる運動、つまり、辛い運動、苦しい運動ほど高級だと思っている人が多い。
だが、本当に優れた運動は、辛くも苦しくもない。
少しも「効く!」といった感じはしない。充実感は感じるが。
スポーツ競技や格闘技で勝つためには、辛く苦しいトレーニングが必要かもしれない。
しかし、普通の人が、完全に健康で高機能な肉体を得るためには、そんなものは一切必要ない。
むしろ、きつい運動をしていれば、若い時ですら身体を壊し、年を取って、筋トレだの、無理に走ったりすれば、どんどん身体を悪くすると思う。

また、難しいヨーガや気功体操のようなものも必要ない。
完全な身体は、決して凄い筋肉がついていたり、腹筋が板チョコのように割れていたりはしないかもしれないし、凄いポーズや奇妙なポーズが取れる訳でもない。
しかし、完全な身体の持ち主は、普通に歩いても異常に速ことがあるし、何より、軽々としている。
滅多に走らないが、走れば、やはり風のようで、多少走ったくらいでは息も切れない。
それに、本当の意味で美しい。
そんな身体を創るには、特殊な運動は必要ない。
ただ、身体全体の動きを感じ取る能力や、力を抜く能力は必要だ。

理想的な運動は、おそらく、掃除だ。
特に、雑巾がけ全般が良い。
雑巾を絞り、高いところから低いところまでを熱心に拭く。
必要に応じて、やや力を入れたり、力を抜いたりするが、目的は、拭く対象を、痛めず、長持ちさせながら、きれいにするということだ。
掃除を真面目にする主婦で肥満した人はいないし、皆、素晴らしいスタイルをしている。

また、本来で言えば、狩猟こそ、最高の運動かもしれない。
音も無く、身軽に獲物に接近し、呼吸を整えて、最初はやはり音を立てずに柔軟に加速し、そして、接近するにつれて速度を上げて走るが、身体を柔らかくして走らないと、相手の変化についていけない。そのためには、無用な力が抜けていないといけない。
また、無闇に全力で走ると、脚や腰・背中を痛めるし、バランスを失って、実際はあまり速く走れず、ちょっとした障害物で転んでしまう。
狩りとは、自分が動くだけでなく、獲物との一体感が必要なのである。
そのような感覚がなければ、狩りは成功しない。
動物は、頭で考えて狩りをするのではなく、ある意味、身体で考えているのだ。
そして、狩る者と狩られる者は一体であり、そこには敵意はなく、共生がある。

人間も、理想的な運動をしたければ、狩りは無理としても、掃除を熱心にやってみると良い。
また、理想的な運動の1つが、腕振り運動だ。
自然に立って、真っ直ぐに伸ばした両腕を揃えて前後に振るだけの簡単な運動である。
手のひらは、内側に向ける場合と、下に向ける場合がある。
私は、霊気を発生させるために、内側に向けることが多いが、好ましいと思う方でやれば良い。
後ろに振る時にやや力を入れ、前に振る時は、ほとんど力が抜けていないといけない。
この運動は、力の抜き方も重要で、また、この運動自体が、力を抜く訓練になる。
丁度良い力で後ろに振り、前に振る時に最適に力が抜けるようになると、身体がどんどん完成してくる。
背骨や仙骨の動きが良くなり、腰や背中の筋肉が、強さといい、動きや感覚といい、最適に発達し、あらゆる動きが滑らかで、そして、力強くなる。
歩かなくても、腕振り運動をしていれば、背筋が真っ直ぐになり、腰が力強く、しかも、腰やその他の部分の痛みが全くないという年配の方も多い。ただし、やはり歩いた方が良いとは思うが、そのような効果は確かにある。
うんうん唸りながら腕を振ったり、逆に、だらだら、ヘナヘナ振ってもならない。
1回1回、意識的に、それでいて、優雅に柔らかくやらなければならない。
腕振り運動1つでも奥が深く、その分、最大の効果は神秘的と言うに値するが、気構えさえあれば、自分だけでマスターできる。

私は、腕振り運動主体で、他に、脚や腕の運動をいくつかしているが、脚の運動と言っても、実際は脚だけの運動ではなく、基本的には全身の運動に近い。
また、武術の訓練もしているが、特殊なものではなく、誰でも簡単にできる。しかし、威力は抜群であり、速く、強い。
今後もいろいろ、ご紹介するが、基本は腕振り運動である。
これだけでもマスターすれば、健康で強い身体を持てる。
ただ、運動の成果は、食習慣とも関係する。
しかし、そう厳しいものではなく、「満腹するまで食べて自分を甘やかさない」を守れば十分である。これを、常に、そして、長く守ることが必要である。
そうすれば、腕振り運動の効果も最大になるだろう。
それは、多少の根気は必要であっても、少しも厳しくはなく、その気になれば、誰でも仙人や天狗のような身体と心を持てるのである。
尚、本格的な難しいヨーガや気功が必要とは思わないが、真面目に、そして、適切に学べばとても参考になるだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

本は最初か最後の数ページを読めば良い

1980年代から1990年代にかけて、仙道(仙人になる修行法)ブームを起こした高藤聡一郎さんという人がいる。
一時的に流行になった本は、時が経てばすっかり忘れられてしまうのが普通だが、高藤さんの当時の本はいまだ出版されていて、古書も高値が付いているものが多く、今も根強い人気があるのだと思われる。
あれほど仙道や気功に関する詳細な本を沢山書いた人はいないので、この分野で他に代わるものもないのだから当然かもしれないが、携帯電話すらなかった時代に書かれた本でありながら、古臭さがないところもまた大したものであると思う。

私の書棚の中に、数年前に買った高藤さんの『驚異の超人気功法』(学研)という本がある。
写真付資料や具体的訓練法満載で実に面白い本であり、そのトレーニング方法も、そう難しくはなく、丁寧なイラスト付きで、その気になれば誰にでもできるようなものと思う。
ただ、面倒であり、よほど熱意のある人でないと、なかなかここに書かれた修行を長く続けられないと思う。
まして、ものぐさな人間であれば、見ただけで嫌になってしまうことだろう。
ところで、この本では、230ページくらいまでは(本文は240ページ位)、その様な、しんどそうな練習法がぎっしりと書かれている。
ところが、最後の最後に、ある韓国の超人僧が登場するのだが、この僧は、なんと、仙道の修行はほとんどしていないのに仙人のパワーを発揮する。
たまたま、この僧がちょっとしたことでスーパーパワーを見せたという人の話を聞き、著者の韓国の友人が調査に飛んでいき、修行法を教えてもらう。
この僧がやっているのは、いわゆるイメージトレーニングの一種で、瞑想中、巨岩を持ち上げたり、大木を引っこ抜く様子を思い描くというもので、それらは(この僧は)実際にできるようになり、今は、山を持ち上げることに挑んでいるという。

以前、この本を読んで、私が覚えているのは、この最後の部分だけであるが、必要なのは、そこだけである。
ただ、そこに至るまでの部分は、参考にしたり、それこそ、イメージを構築するのに役立つものだとは言えるかもしれない。
良い本には、このように、最後の最後とか、最初の数ページに本当に大事なことが書かれていることが大変に多い。
明治・大正の偉人で、今も信奉者が多い岡田虎二郎は、ルソーの『エミール』を読んで衝撃的な気付きを得たのだが、実を言うと、虎二郎が読んだのは、その前書きだけだったのである。
アリストテレスは、現代科学からいえば間違いも指摘できるかもしれないが、これほどの天才が二度と出ることはないだろう。
だが、彼の本は、最初に良いことが書かれているので、アリストテレスの研究者にでもなるのでなければ、難しい翻訳に苦しみながら(翻訳者達はわざと意味不明な文章を書いているとしか思えない)それ以降を読む必要はないと思う。
皆さんだって、小説の類は別と思うが、記憶に残っている本というのは、案外に、最初のところだけ読んだものだということも多いと思うのだ。

ところで、今、Amazonで見たら、『驚異の超人気功法』も、古書しかないが、やはり少々高い。
高藤さんの他の書でも参考になると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

気で超人になるには何かのスキルも必要だ

気功やヨーガでは、気やプラーナというものを取り込むとか言うことがあるが、気やプラーナは実際には、どこにでもある。取り込む必要なんか無い。
そうではなく、気やプラーナ(実際は同じものだろう)を活性化させることが大切なのである。
この、気やプラーナという宇宙エネルギーの振動数を上げ、活性化させれば、人の能力は飛躍的に高まる。
ただし、高めるべきス能力が無ければ何にもならない。
何にも出来ない者が、もし、気やプラーナを活性化させることが出来ても、何も起こりようが無い。
このあたりを、気功家やヨーギ(ヨーガ行者)がちゃんと言わないから駄目なのだ。
野球選手が体内の気を活性化させれば、超人的なバッティングやピッチングをするし、ある程度、楽器演奏の練習をした者なら、可能性としてはホロビッツのような演奏をするだろう。
詩人ならシェイクスピアになるし、趣味で作曲をしている者が大音画家になることもある。
名曲の誉れ高い、フランス国歌『ラ・マルセイエーズ』を作詞作曲したのは、音楽家でも何でもない職業軍人だった。彼は、ある夜、気の波動を驚くほど高めたのだ。

ただし、いかに気を活性化させたと言っても、コンピュータゲームが上手くなったりしないし、ちょっとパソコンやスマートフォンを使える程度では何も起こらない。
また、ワープロソフトや表計算ソフトをいくらか使える程度のスキルでも、レベルが低過ぎて駄目なのだ。
だが、私はMAGIC(イスラエルで開発されたシステム開発ツール)や桐(管理工学研究所のデータベースソフト)、あるいは、Filemaker(ファイルメーカー社のデータベースソフト)を明らかに常人とかけ離れた能力で使う達人を何人か見たことがある。これらのソフトは、少し努力すれば誰でも使えるものだが、彼らは、気を活性化していたので、その力で、これらのソフトをスーパーツールにし、驚くべき成果を挙げるのである。彼らは、金には無欲だが、当然にして高収入だ。このような、素人の道具と言われるものを使っていても、気を活性化すれば高級なプロになれるのである。

つまり、高い創造性を発揮するようなスキルや、あるいは、人の役にたつようなことでないと駄目なのだ。
また、スポーツや武道でも、自分の金や名誉のためとか、他人を傷付けて自分が満足するためであれば、ある程度は力を発揮しても、すぐに限界が来る。
フィギュアスケートの選手であれば、欽メダルを取ろうという欲望が高いほど、気の周波数は落ちてしまい、凡ミスをしてしまうのである。

身に付けたスキルを、気を活性化して力を伸ばし続けた者が仙人なのである。
その道を極めようという純粋な気持ちで、金も名誉も全く顧みずに精進したり、ただ人のために力を使い続けた人が、力をどこまでも伸ばし続け、仙人のようになるのである。
アインシュタインは、物理学を趣味と言い、自分を重要人物だとは全く思っていなかった。アメリカのプリンストン高等研究所に迎えられ、年棒の希望を聞かれた時、アインシュタインの希望額があまりに安いので、担当官が「つまり・・・それは月給ですね?」と尋ねた。すると、アインシュタインは、「いえ、年棒です」と慌てたという話がある。
アインシュタインも一種の仙人であったのだろう。

腕振り運動も、ただ丁寧に無欲でやれば、気が活性化し、持っている能力を拡大するだろう。
しかし、基本的な能力は自分の努力で得なければならない。
だが、何かのスキルを修得し、腕振り運動を、丁寧に、何も期待せず淡々とやれば、面白いほど能力は上がり、人々に驚嘆の目で見られるようになる。
それは容易い。
必殺技とは、得意技に多量のエネルギーを注いだものなのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ