ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

武士道

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

『葉隠』『五輪書』のすすめ

カースト制度というものを学校で習ったことがあるかもしれないが、現在のインドにもカースト制度はちゃんとある。
ただし、カーストを理由に差別してはならないという法律が1950年に出来たらしいが、そんな法律はおそらく有名無実だろう。
カースト制度のない日本にだって、職業差別はあるし、なくなる見込みもないのだから。

ところで、カースト制度で一番上が、バラモンだということをご存じかもしれない。
バラモンは、僧侶などの宗教的な職業・・・神職と言って良いかもしれないが、まあ、生産的な人間達ではないだろう。
2番はクシャトリアで、「王族」「戦士」であるらしいので、昔の日本の、貴族や武士を合わせたものだろう。
3番がヴァイシャで「市民」。商人が多く、製造業者も指す。
一番下がスードラ(シュードラ)で、かつては「奴隷」を意味したが、今は「大衆」「労働者」だ。
日本の士農工商では、商売人が一番下だが、カースト制度では、工(職人)が一番下だ。

インドの聖典『バガヴァッド・ギーター』の主人公アルジュナの身分はクシャトリアで、アルジュナは王子であると同時に武士で、特に彼は素晴らしい戦士だった。
江戸時代の日本でも、大名ともなれば王族のようなものだと思う。
そして、クシャトリアも武士も、戦うのが仕事だ。
敵が攻めてきたら、戦って国を守るし、あるいは、他の国を侵略して国を広げ、国を豊かにするのだから、それ以外の仕事・・・つまり、「卑しい」庶民の仕事はしなくて良い訳だ。
だが、日本では、江戸時代に天下泰平(てんかたいへい)の世の中になり、戦争はなくなり、争いも多くなく、そんなに多くの武士は必要なかった。
ところが、武士は特権階級を維持し、労働をせずに、普通の庶民よりずっと多くの報酬を得ていた。
それはけしからん話で、戦争がなく、治安維持の人手も余っているのなら、武士だって労働すべきというか、大半の武士は、下の身分に下がるべきであろう。
しかし、そうはならなかった。
ところがである。
そうなると、日本の素晴らしい精神性のためか、働かずに食える武士の中には、後ろめたさを感じる者も少なくはなったのだ。
無論、そうではなく、のうのうとしたり、下の身分の者に対して威張り、いじめる者もいたはずだ。
だが、真面目で、働かずに生活が保障されることを後ろめたく感じていた武士が多かったのも事実らしい。
それなら、武士の身分を捨ててすっきりすれば良いのだし、実際にそうした者もいたかもしれないが、やはり人間は弱いものであり、「良い御身分」は捨てられない。
そこで、そんな武士達は、「せめて模範になれる立派な人間になろう」と決意したのだ。
実際のところ、「そんなことに逃げず、泥にまみれ、厳しい商売をしろ」と言いたいところだが、私だって、そんな身分なら、自主的に捨てるとは全く思えない(笑)。
そして、そんな武士の「せめてもの」務め(立派な人間になるための努力)が、意外に・・・と言ってよいかどうか分からないが、優れた精神文化になったのである。
その1つが、新渡戸稲造の『武士道』であろうが、「武士道」は、決して、その1つではなく、様々なのである。
例えば、『葉隠』なんて、実際は、新渡戸の『武士道』と全然違うし、また、宮本武蔵の『五輪書』もまた独特なものだ。
ところが、いずれにせよ、『葉隠』も『五輪書』も、そして多分、『武士道』も名著なのだ。

偏見かもしれないが、新渡戸の『武士道』は、元々、西洋人向けに英語で書いたものであり、脚色も強かったので、本当に武士が考えたことかどうかは疑問だ。そもそも、新渡戸に武士道を語る資格があるかどうかも分からない。
そして、言ってはなんだが、『葉隠』や『武士道』は、武士らしく戦いの道を説いたものなのだろうが、精神性の究極を解き明かしたものであり、実は、超実用的なのである。
その点、新渡戸の『武士道』は、精神論であり、実用的でない。
いや、『葉隠』も『五輪書』も、実用と思う人は少ないだろうが、これらこそ、誰の役にも立つ実用書で、言ってみれば、引き寄せの極意でもある。
実際、日本のみならず、世界の成功者の中には、これらの価値を見抜き、愛読する者も少なくない。
三島由紀夫の場合、『葉隠』から、無限の宇宙のエネルギーを得たのであり、あれはあれで実用的に使ったのだと思う。
そして、2つとも、丁寧に現代語訳したものは、案外に読み易い。
元々が、意外に思いやりのある著者達が、究極の真理をシンプルかつ親切に語ってくれているものだからだ。
読まないのは勿体ないと私は思う。








せめて立派に

こんな感じの本があった(私は最初のあたりを少し読んだだけ)。
20代か30代の男性が癌で余命3ヵ月の宣告を受けた(余命期間は違っていたかもしれない)。
だが、その男性は諦めず、あらゆる手を尽くす。
しかし、何をやっても効果を発揮せず、希望は消えてしまう。
そして遂に、その男性は、「神様、僕の負けです」と降参したら、癌が治った。
これは、自分の力でやることを諦め、神様に全てまかせたということと思う。

上記のそれは、「南無阿弥陀仏」(阿弥陀仏に完全におまかせします)と、アメリカの公式標語「In God We Trust(我々は神を信頼する)」を、究極的に実践したのだと言って良いと思う。
大きな願いを叶えようとすると、いずれ、二進(にっち)も三進(さっち)もいかなくなる状況になる。
自分の手には全く負えない問題だということが明確に分かってしまうのだ。
それでも諦めずに前に進もうとする者が勝利するのだが、とにかく、自分には打つ手がないのである。
ここで、とても奇妙な精神状態になる。
何と言って良いのか難しいが、
「自分の、あるいは、人間の力が小さなものであることを肯定的に認める」
といったような感じだ。
あるいは、
「負けを肯定的に認める」
「負けを肯定的に受け入れる
といったところかもしれない。

五島勉氏の『死活の書』に、こんな話がある。
若い騎士が、美しい姫様と名誉を賭けて、強い騎士と決闘をすることになった。
相手の方が強いことは分かっている。
そこで彼は、天下の予言者ノストラダムスに運命を見てもらうが、ノストラダムスは彼の敗北と死を断言した。
ノストラダムスの信頼に足る雰囲気からも、彼は運命を受け入れ、白い馬と白い鎧(死ぬつもりの時のいで立ち。白装束のようなもの)で決闘に挑んだ。
だが、決闘に勝ち、再度、ノストラダムスを訪れると、ノストラダムスは、
「あなたが死を受け入れたから勝ったのです。本当はあなたの負けだった」
と言い、騎士は納得した。
この騎士は、自分の命、そして、名誉と姫を失うことを受け入れたが、恨みや嘆きはなかった。
本当に、こんな時の心の状態を言うのは難しい。
しかし、私は、良い言葉を見つけた。
それは、
「せめて立派に戦おう」
だ。
いや、五島氏の本にも、そう書いてあったかもしれない(かなり前に読んだので、あまり覚えていない)。
最初の、癌で死ぬことになった男も、希望は断たれたが、「せめて立派に」のような心があったのだと思う。

『武士道』自体に書かれているかどうか知らないが、江戸時代の武士は、戦が起こらず、戦で国や領民を守るという武士の役割はなくなっているにも関わらず、働かずに食べていける特権を持っていることを後ろめたく思っていた。
そこで、「せめて立派に生きよう」と思ったのだそうだ。
それが、世にも稀な美しい精神である「武士道」に昇華されたのだと思う。

法然も親鸞も、自分が本当はつまらない人間だということをよく知っていたのだ。
それで、せめて立派に念仏を唱えようと思ったのではあるまいか。
「せめて立派に」
これが、神仏に近付く鍵であると思う。








最も強い者とは好みを持たない者

今月1日だったか、アメリカのトランプ大統領が、セント・ジョーンズ教会前で聖書を掲げるパフォーマンスを行った。
それを見て、私は、別に奇異だとは思わなかったが、何の意味も見出せなかった。
早い話が、キリスト教徒ではないからだ。

私は、聖書の価値を直接には全く感じない。
ただ、キリスト教徒にとっては、重い価値がある可能性が高いことを認識しているだけである。
よって、自分にとっては、何の価値もなくても、決して、聖書を軽々しく扱ったりはしない。
これは、コーラン、仏教経典、その他の宗教の聖典に関しても同じだし、また、私は、それらの間の優劣を全く考えない。
つまり、私は無宗教ということになる。
いや、日本人は「おかげさまで」「すみません」などの言葉の中に、神道の信仰を持っているという人もいるが、私は、なんとかの節句も、七五三も、初詣も、他の人がやることに関しては、1ミリの否定もしないが、私には関係がない。

それでは、日本の神に守ってもらえないかというと、それは筋が違う。
例えば、毎週教会に行き、教会に寄付はするが自己中心的で冷酷な人間と、聖書を読んだことがなくても、親切で思いやりがある人間とでは、神様はどちらを守るだろうか?
もし、神様が本当にいるなら、間違いなく後者であるはずだ。だから、私は、一切の信仰を持たないし、善良になるのは無理としても、せめて邪悪でなく、結果的には他人に害を為すことは避けられないとしても、積極的に悪いことはしないことにする。

昔、アメリカのご婦人だったかもしれないが、新渡戸稲造に「日本人は宗教を持たずに、どうやって子供に道徳を教えるのか?」と問い詰め、悩んだ新渡戸は「日本には武士道あり」として、英語で『武士道』を書き、これが日本語に翻訳されて、日本でも読まれるようになった。
しかし、両方(その婦人と新渡戸)ともおかしい。
宗教がなくても道徳は教えられるし、武士道なんて恐ろしく曖昧なものを立てると、解釈の違いで、容易く争いが起こる。
新渡戸は、自分流の解釈を全人類に押し付けるつもりだったのか?

では、正しい道徳とは何かというと、「自分の好みを押し付けない」これだけである。
本当は、好みを持たないのが一番良い。
しかし、悪い国・・・例えば日本では、親が自分の好みを子供に押し付け、金、地位、権力、立場が上の者が、下の者にそれを押し付けている。
もし、あなたが好みというものを持たなくなれば・・少なくとも、見かけ上でも、それを持っていないようになれれば、全てはうまくいくだろう。













当ブログオーナー、KayのAI書。
今日、毎日のように、機械学習・ディープラーニング型AIの本が出版され、本書もその1つになります。
本書が想定する読者は、次の通りです。
■数学が特別に出来る訳ではない。
■Pythonで自在にプログラミング出来る訳ではない。
■数学は苦手、あるいは、好きでない。
■プログラングが出来ない。
■Windows8.1/10でExcelが最低限出来る。
■実用的なAIを作りたいが、基礎的なレベルには、なるべく早く達したい。
■高度なAI理論にはあまり興味がない、あるいは、後回しで良い。
■なるべく面白いテーマでAIを学びたい。

日本でも世界でも非常識なことをしない

有名人が言った有名な言葉の悪影響にはクラクラしてしまう。
その悪影響の大きさと、その矯正の難しさを考えると、ゾっとするからだ。

昔、竹村健一氏が言った「日本の常識は世界の非常識」は、日本人の中に深く浸透した。
日本人は、確かに、「日本の常識」を疑ったが、捨てたのは「人間の常識」だった。
これは、ウケるかもしれないが笑えない。

竹村氏の主張は、正しくは、「日本の慣習は世界の非常識」だった。
だが、この言い方ではインパクトが弱いのだと思う。
それで、ウケるために、「日本の常識は世界の非常識」と言ったのだと思う。
もっとも、たとえ、「日本の慣習は世界の非常識」という言葉にしたところで、この言葉が定着すると、結局は、「美しい慣習」を捨てることになるのだと思う。
人間とは愚かなものである。

ところが、どれほど勉強し、訓練し、経験を積み、あるいは、天才であろうと、庶民が人道的常識を持たずに成功することはない。
ただし、生まれさえ良ければ、人道的常識などなくても成功するし、むしろ、人道的常識は邪魔である。
今のところは・・・

竹村氏よりもっとずっと昔、新渡戸稲造氏は、西洋の女性に、
「日本人は宗教を持たずに、どうやって子供に常識を教えるのか?」
と言われ、よく考えた末、
「日本には宗教と異なる精神的支柱がある。それが武士道だ」
と結論し、名著『武士道』を英語で書いたらしい(国内で出回っている日本語版は翻訳)。
だが、あの女性の言った道徳は、常識的な人道のことであり、新渡戸が『武士道』で説いた深い思想のようなものではない。
その女性が言った、「子供に道徳を教えるための宗教」がキリスト教だとしよう。
もしかしたら、キリスト教にも偏見がある・・・あるいは、誤解して偏見を持ってしまうといったことは確かにあるかもしれない。
しかし、それでも、人道的常識を教えるには有効だと認めざるを得ないと思う。
もし、それを教えずに、何の指針も与えなければ、人間は楽な方に行きたがるので、人々は自分の都合だけ考える放埓(勝手気まま)な性質を持ってしまうことは、今の日本人を見ればよく分かるだろう。

ソフトブレーン創業者で、世界的ビジネスコンサルタントである宋文州氏は、『英語だけできる残念な人々』で、
「特定のグローバル・スタンダードなんてものはない。徹底したローカル化こそ真のグローバル・スタンダードだ」
という、国際ビジネスの要諦を見事に示したが、これは、あくまでビジネスの話である。
つまり、英語がグローバル・スタンダードだとし「英語が常識」と言ったところで、ベトナムでビジネスをやる時、英語だけでやっていける訳がない。
そもそもが、英語が母国語の地域なんて、せいぜいが世界の5パーセントに過ぎない。
アメリカのまともなビジネスマンは日本ではちゃんと「コンニチハ」と言う。
「日本の慣習は世界の非常識」ではあるが、「世界の慣習」なんて存在しないのだ。
宋氏は、楽天の三木谷浩史社長は「ただの英語マニア」と言い、日本語で質問した記者に英語で返答するのは「滑稽」と言うが(まあ、たまたまその時、三木谷氏の機嫌が悪かったのだろうと信じたいが)、それは、英語がそれほどのものでないと言いたかったのだろう。ただし、宋氏は中国人で、英語も日本語も堪能だ。

「日本の常識は世界の非常識」と言う者が、セクハラ、パワハラといった、常識以前の人道的常識を侵すことがいくらでもある。
セクハラ、パワハラは分かり易くはあるが、自分がそれをやってることに気付かない者も多いだろう。
以前、何かの番組で、若い女性タレントが、有名なお笑いタレントの浜田雅功氏にお尻をつかまれて抗議すると、浜田氏は「こんなん、当たりまえや」と言ったと言う。
その女性タレントは、顔は笑ってたが、目は笑ってなかったと思う。多分、その後、その女性タレントは消えていると思うが、どうだろう?
浜田氏は、元々は自分が理不尽な目に遭いながら、挫けず頑張ったから成功したのであり、善意で言えば、その女性タレントにも「このくらい耐えないと、この世界でやっていけない」という意味もあったのだと思うし、それも確かにそうである。
ただ、そんな「世間の話」はさておき、普通の人は、人道的常識なしに成功することはない。
浜田氏は、特別なバイタリティーの持ち主で、普通の人ではない。
そして、新型コロナウイルスは、浜田氏のような人も特別な人ではなくなる世の中にしていくと思われる。
それは、悪くない世界である。
だから、我々は、真の人道的常識を身に付ける必要がある。













KayのAI書。5月30日発売。
難しい機械学習・ディープラーニングの本に挫折した人にお薦めします。
ExcelがインストールされたWindowsパソコンがあれば、数学、プログラミング、難しいAI理論なしに、自分で機械学習・ディープラーニング型AIを無料で作れます。
ソニーの画期的な無料のAI作成アプリNNCを使います。
楽しく実習出来るよう、なるべく面白いテーマを考えました。
実習で使うデータを作れるExcelマクロを無料ダウンロード出来ます。

危機の時代の心構え

新渡戸稲造の『武士道』は、つまるところ、太平の世が続き、武士達は、戦もないのに働かずに衣食住を十分に与えられることに後ろめたさを感じ、せめて立派な人間になろうとしたところから育った精神文化であるらしい。
それなら働けよと言いたいが、それはシンドイというより、プライドが許さないし、何だかんだ言って、特権に甘んじたい、つまり、得をし続けたいということと思う。
また、「後ろめたいから、せめて立派な人間になろう」なんて思うのは、まだマシと言える。
いや、そのいいご身分で、そんな殊勝(感心である。けなげ)な考えを持つのは、なかなかのことなのかもしれない。
そして、武士の多くは、実際は、怠惰で享楽的であったに違いなかったのだ。
江戸幕府は停滞・弱体化していき、倒産してしまったのは、やはり、そんなロクでもない武士が多かったせいだろう。
だが、江戸幕府が倒産しても、すぐに明治政府が業務を引き継ぐという、驚くべき見事な対応が出来たので、日本は奇跡的に存続出来た。
これも、一部の武士達が自己研鑽に励んだ結果であるのかもしれない。
では、いいご身分の武士の中に、「せめて立派な人間に」というアイデアが生まれたのはなぜかと言うと、世界でも異例なほど長く存続してきた皇室の存在、そして、その権威を守り続けたからではないかと思う。仏教や儒教の影響もあったのだろうが、それが良いものになったのも、皇室あってこそではないかと思う。

もちろん、必ずしもそうではないが、我々の多くは、江戸時代の武士も遠く及ばない、安楽な暮らしをしている。
そうであるなら、本来、特に上位クラスは、恵まれない人々に手を差し伸べるべきであるが、豊かな者ほど多くの税金を払っているのであるから、それは一応、政府の責任であると言っても良い。
だが、それなら、我々は、せめて徳を積みたいものだと思う。
そして、そうでなければ、江戸幕府が倒産したように、日本政府だって倒産しないとも限らない。
あるいは、会社だって、業績が好調なうちに、社員達は自己を磨き、徳を積んでおかないと、間違いなく、会社は傾き、今の時代、あっさり倒産する。
国家も、会社も、その他のあらゆるグループも、所詮、それを構成する人間の質であるのだ。
国家に関しては、徳を積んだ政治家がいないと、アメリカや中国に飲み込まれる。
会社は、徳を積んだ経営者がいなければ、乗っ取られるか、叩き潰される。
そういったことを、我々は、自分の力では、どうコントロールすることも出来ない。
だから、せめて、自己を磨き、徳を積んでおくことだ。
その上で、神に全て任せるしかない。
アメリカの公式モットーである「イン・ゴッド・ウィー・トラスト(我々は神を信頼する)」に似ているが、我々の神はずっと身近で、細やかに面倒を見てくれる。
人間が、自分の出来ることをやっている限りは。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ



タグクラウド
QRコード
QRコード