ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

正義

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

悪霊と仲良くするのは辛いことだ

善、正義は失ってはいけないものだが、悪に染まった者が、悪しきに意図のために、善や正義を声高に、しかも、巧妙に語ることがよくある。
そもそも、善や正義は、黙って行うものであるというのが、本来、正しいのだろうが、あまりに善や正義が廃れてしまった。

やや昔のことだが、英会話学校のテレビCMで、こんなものがあった。
怪我をして倒れている西洋人の男性が、通りかかった若い女性に英語で助けを求めるが、その女性は彼を無表情に見た後、「英会話学校に行こう」と言って立ち去る。
私は衝撃を受けた。
もちろん、冗談のつもりだろうが、これがやって良い冗談だろうか?
そして、このようなテレビCMは他にも沢山ある。
私はコンピューターゲームをやらないが、聞くところによれば、死んだキャラクターが持っている装備を持って行くことが出来る場合が多いらしく、ある漫画家が「罪の意識は感じるが、必ず持って行く」と自虐的に(つまり、道徳的には問題があると自覚しつつ)、漫画で表現していたが、これも、慣れるのは恐いことと思う。
また、ゲームの中で、信じ難いような道徳に反する行為を選択出来る場合があると思うが、それが、年齢制限のない普通のゲームでもありふれているのではないかと思う。
アダルトゲームやアダルト漫画が、必ずしも悪いとは言えないかもしれないが、ナチス強制収容所の残虐な行為と本質で変わらないようなことを当たり前に行えるようなものもあると思う。
そして、規制にさえかからなければ、子供でも見ることが出来る映像や画像の中に、常軌を逸したものや、非道なことすら、ただ面白おかしく表現されていることがいくらでもあり、親がそれを非難しないので、子供が平気で受け取ることが多くなってきた。
それで今や、善悪の区別がつけられない人間が多く、ひょっとしたら、それが大勢かもしれない。
学校では、試験で良い点を取ることが善、点数が悪いことが悪と評価され、道徳的な善悪を軽視するし、そもそも、教師が道徳的な悪を平然と為すのを、私が学校時代にもよく見た。

だが、日本が世界の中では異例なほど安全で、極端な非道がまだ公然と行われないのは、今のところ、善や正義が、それなりに存在するからである。
だが、そのバランスが、今や危なくなっている。
政府、行政機関、教育機関、大企業、マスコミといった豊かなところが急速にそうなってきていて、日本は庶民の中に善が息づく国であったのに、それも失われつつあるように思える。

だが、悪は正義に勝てないし、いかに悪が栄えているように見えても、悪霊に利用され弄ばれているに過ぎないので、悪の誘惑に負けてしまった人間の悲惨さは言葉に出来ないほどだ。
巨悪になれば、頭で考えれば分かる方法で良い思いが出来るが、人間の本性は善なのであるから、心が安らぐことはない。
私は、引き寄せの法則の話も好んでするし、奇跡を起こすことだって出来るが、それは、あくまで正義の支配下にある場合で、言うなれば、引き寄せの法則は善意がなければ機能しない。
悪意があっても、引き寄せに成功するように見えることもあるし、私にもあったが、それはやはり、悪霊の助けを借りていたのかもしれず、大切なものを失ったかもしれない。
自分が善を選べば、そうでない者は去って行く。
また、善でない場所にはいられなくなる。
だが、パスカルが言ったように、「カなき正義は無能であり、正義なき力は圧制である」のだろう。
プリキュアシリーズの初代作品『ふたりはプリキュア』で、悪の女ポイズニーが、プリキュアの二人に言ったことが忘れられない。
「力のない正義は悪にも劣るのよ」
こんなことを言うポイズニーに、不思議と、ポイズニーの苦しさと隠された善意も感じたのである。








正義の時代

アメリカの大統領選挙の様子を見ると、ついに正義の時代が来るのだと思う。
個人的には、トランプが正しく、1月には、2期目のトランプ政権が始まると確信しているが、いずれにせよ、今回は、神は正しい方を勝たせるように思う。
もし、自分が悪の立場に立っているなら、早く態度を変えなければならないことを知らせているように感じるのだ。

こう言うと、「正義の定義とは何か?」と言う者がいるだろう。
そう問う意味は、「正義は定義出来ない。だから、正義とは何かは分からない」と言うことだろう。
本当は正義なんてものは存在しないということの根拠として挙げられるものに、「トロッコ問題」がある。
今の時代、トロッコが何か分からないかもしれないが、まあ、無人電車とでも思えば良い。
暴走するトロッコの先には、5人の人間がいて、そのままでは、5人はひき殺されるとする。
だが、自分の目の前に、線路切り替え機があり、それを操作すれば、トロッコは進路を変え、5人は助かる。
しかし、トロッコが進路を変えた先には、1人の人間がいて、今度は、その1人が死ぬことになる。
尚、線路切り替え機を操作して、その1人を殺しても罪には問われないとする。
また、そのまま放置して5人が死んでも同様(罪に問われない)とする。

正義はどちらも選べない。
「1人を殺して5人を救うべき」というのは、正義ではなく、理屈である。
よって、理屈は役に立つが、正義は役に立たないと言われる。

だが、そうではない。
そんな状況は滅多に起こらない。
だから、そんなことを考える必要がない。
我々は、そんな特殊な事態を基準にせず、当たり前の正義を行えば良い。
もし、判断不能に陥るような特殊な状況が起こったら、判断しないことだ。
そうすれば、神が判断してくれるかもしれない。
例えば、こんなことがあった。
私が乗っているタクシーが走っている先にカラスが着地したことがある。
そのままひいても、タクシーは損傷を受けなかったと思うが、運転手は急ブレーキをかけ、カラスはギリギリ飛び去った。
もし、仮に、そのために私が怪我をしても、私はどうでも良い。

『8マン・インフィニティ』という、2004年から2007年まで連載された漫画作品がある。
これは、1960年代前半の漫画作品『8マン』の正統な続編だ。
8マンは、知性を持ったスーパーロボットで、アンドロイドとかサイボーグと言っても良いだろう。
悪のサイボーグ集団が、8マンとは何者かを議論する。
「どこかの国のサイボーグ工作員か?」
「いいや、そいつはどこにも属していなかった。あえて言うならヤツが属するのは”正義”。たった一人の子供のために一国を敵に回せる男。それが8マンだ」
理屈は分からないが、私は、この正義が良いと思う。

『美少女戦士セーラームーンS(スーパー)』で、セーラウラヌスこと、天王はるかが言った。
「自らの正義を貫け・・・これは理事長の言葉ですよ」
つまり、はるかはこの言葉に従っているのだ。
つまるところ、正義とは個人的なものだ。
それは、主に、成長期に生活をする中で、修正されていく。
つまり、特に子供が、立派な個人的正義が構築されるような生活が出来る世の中を作ることが、最大の正義なのである。
そして、ある程度の年齢になれば、より良い正義が構築されるような冒険をしなければならない。
正義は、感情が教えてくれる。
正義は、感情のコンパスなのである。
それを大切にするしかない。








人類が正義を理解する時代

今度のアメリカ大統領選挙で、私は、やっと、正義というものについて考えるようになった。
私の見解としては、大手メディアと民主党が巨悪だ。
正義はトランプにある。
これは別に、インターネット上の情報を見て、そう思ったのではなく、ごく普通に、自然に、当たり前に考えれば明白ではないのかと思う。
そして、たとえトランプを応援しているようでも、ネット上の品格に欠ける動画・・・ホスト役がだらしない格好をし、下品な言葉を使い、ひどいのになると、酒を飲みながら話すなどには、全く賛同しない。
それらも、一応は内容を確認したが、やはり質が低いように思う。まあ、これは個人的好みである可能性もあるのだろうが。

なぜ、メディアや民主党が悪かというと、次のことで、いくら何でも分かると私は思う。
例えば、
(1)いかにバイデンの勝利が確定に見えても、まだ投票の集計が終わってもおらず、公式な結果が発表されていないのに、大手メディアがバイデン勝利を過剰なまでに報道したこと(大統領を決めるのはメディアではない)。
(2)(1)のような状況で、バイデンは政権移行チームを立ち上げたと発表した。そして、バイデンが自分が既に大統領ででもあるかのように振る舞うのを大手メディアが当たり前のことのように報道したこと。
(3)バイデンが、トランプの訴訟に備え、3千人の弁護士を既に雇っていると言ったこと。
(4)トランプ側の、選挙が不正であったという主張に対し、大手メディアが「根拠がない」「虚偽である」「詐欺である」と報道したこと。
(5)バイデン一家の中国・ロシアの疑惑や、トランプによる選挙不正訴訟の実際を、大手メディアのほとんどが、一切報道しないこと。
である。
私が一番先に、「馬鹿馬鹿しい」と思ったのは(2)で、これは、どんな考え方をしたところで異常なことであると思う。
これだけでも、バイデン、民主党、アメリカの大手メディア、および、それに追随する日本のメディアは悪であり、正義の反対であると言えると思う。
そして、(3)は、もはや、バイデンは「私は悪である」と公言したも同然と思う。
私は、これはむしろバイデンの馬脚を現す失言であると思うが、大手メディアは全く問題視しない。

1921年にアメリカ大統領に就任したハーバート・フーヴァーは、生涯をかけた大著『裏切られた自由』で、アメリカでは、誰も戦争をする気はなかったのに、愚かな第二次世界大戦を起こした本当の理由を述べているが、この本は、2011年に、ようやく公けにされ、それまで誰も真実を知らなかった。
今回のアメリカの大統領選挙は、「第2の南北戦争」と言われることもあり、アメリカ分断の、そして、正義が葬られる危機である。
だが、正義が勝利し、それから、IT時代に相応しく、その真実が素早く白日の下に晒され、世界中が正義について理解するきっかけになればと思う。

これとは別に、私は、人間が本当の正義を理解出来る存在であるのか、そのシンプルな方法は何だろうか探求しようと思う。
正直、それほどの確信はないのだが、私は、人間の本性は善であり、正義であることが自然で楽しいのであると思っている。
だが、今の世の中は、悪が蔓延っており、人間の本性を曇らせて堕落させようとしているのだろう。
また、悪の立場には、「俺たち悪がいるから正義が威張ってられる」という言い分もあるかもしれない。
見せつけるように笑っているような偽の正義の裏には、必ず悪が潜んでいる。
だが、正義を複雑な哲学にしてはならない。
頭の良い人が解決する問題でもない。
1つの宗教の教義が特効薬になったりはしない。
しかし、人間の本性を実現するのは難しいことではないはずだ。
案外、答は近いのかもしれない。








正義とは何かはウイルスが教えてくれる

昨日8日は、新型コロナウイルスに感染した人は515人で、またも国内記録を更新したようだ。
緊急事態宣言が出されたにもかかわらずで、首都東京も144人と、やはり記録を更新した。
人間同士の接触以外に感染するはずがないのに、なぜそうなるのか理解に苦しむ。
特に、2メートル離れ、会話をしなければ、絶対に感染しないに関わらず・・・

ところで、この、お互いが距離を取り、会話をしないというのは、どういう意味だろうか?
それは、お互いを敬っているということなのである。
他人を敬う人というのは、謙虚な人である。
傲慢な人は、決して他人を敬わない。
また、離れるということは、相手の権利を尊重しているということだ。
そして、一番大切な人間の権利は自由である。
自分が離れることによって、自由を他人に与える人は優れた人間だ。

では、会話について考えると、これも明らかである。
会話するということは、相手の自由を奪うということだ。
こちらが話す時は、相手は聴かなければならないので、相手の行動や思考の自由を奪っていることが判る。
また、こちらが聴いている時は、聴かせている時よりはマシであるが、それでも、やはり、相手は思考や行動の自由を制限されることになるのだ。
だから、会話は本来、必要最低限であるべきなのである。

優れた人というのは、相手にとって、心地良い、あるいは、有益な言葉を言うよう心掛けている。
確かに、叱責や注意が、相手にとって必要なことはある。
だが、その場合も、なるべく少ない言葉で、簡明に叱責しようとするのである。
対して、ご存知と思うが、愚か者が建前上「君の為」と言っても、その言葉は長く、威嚇的で、全くの無駄で、お互いの・・・特に相手の自由を大きく奪っているのである。

こう考えると明らかになることは、人に無闇に近寄り、無駄に話しかける者は、ウイルスよりはるかに有害で、存在してはならない人間であるということだ。
新型コロナウイルスは悪の顔をして(実際に悪を演じて)、人間の愚かさに気付かせてくれているのである。
人間が愚かでなくなれば、新型コロナウイルスは速やかに去ることは、あまりに明らかなのだ。

君子の交わりは淡いという。
君子とは、身分の高い者のことではなく、人間性が優れた者のことだ。
そんな優れた人間は、人に対して淡い・・・あまり近寄らず、必要な会話しかしないのである。

子供が小さくても、賢い親は子供を尊重し、無駄に近寄らず、無駄に話しかけない。
対して、愚かな親は、1日中、くだらないことを子供に言い、その卑しい手で強制的に子供の自由を封じる。
そんな馬鹿な親ほど、必要なことを言わず、必要な制限を与えないのである。

ウイルスは高度な知性を有するが、決して敵ではない。
あえて言えば教師に近い。
ルドルフ・シュタイナーは、優れた教師は空気のようであると言っていたと思うが、ウイルスはそんな真の教師なのである。
対して、世の中にはゴミの混ざった悪臭を放つ教師のいかに多いことだろう。
ウイルスの教えは簡単だ。
人に近寄るな、話しかけるな、淡く交われ、人を敬え、人の自由を尊重しろ。
そして、本当に相手の権利を守るためであれば、近寄っても良いし、話しかけても良い。
そんな行為や会話を正義と言うのである。













ブログオーナーKayのAI書籍です(数学講師Mr.Φとの共著)。
Excelが使えれば、数学やプログラミングなしでもAIを自分で作れることを体験出来ます。

この本の技術評論社のサポートページは
◆楽しいAI体験から始める機械学習|技術評論社
です。

本当の気合の入れ方

「人間、気合だ」
と言うと、古臭いようには思うかもしれないが、案外に誰も苦笑したり、馬鹿にしたりはしないのである。
つまり、結局のところ、これしかないのだと認めるしかない。
ただ、問題は、どうすれば気合が入るかってことになる。
アニマル浜口さんのように、「気合だ!気合だ!」と連呼すれば気合が入るってものではないし、入っても困る。
「泥棒やるぞ!気合だ!気合だ!」
「あいついじめてやるぞ!気合だ!気合だ!」
「お布施するぞ!気合だ!気合だ!」
「将軍様を敬うぞ!気合だ!気合だ!」
なんて、言っても言わせてもいけないことは明白だが、あちこちでよくやってるし、やらせているのである。

ただ、こんなのはどうだろう?
「業界ナンバーワンになるぞ!気合だ!気合だ!」
「今月のセールス目標五千万円売るぞ!気合だ!気合だ!」
「田中さんに、この保険を契約させるぞ!気合だ!気合だ!」
これらは、エゴイズムに陥り易いものであることが分かるだろう。
こういったことも、世間でよくやらされている。
やらされて白ける者も多いのだが、白けた方が良いとも悪いとも言えない。
こういったことをやるのが嫌でニートになるのは、理解できるようにも思うが、かといって、こういったことをやらされている親に食べさせてもらっているなら「何をか言わんや(あきれてものが言えない)」であろう。
ものを考えない人間になってはならない。

だが、自我(あるいは顕在意識)の大事な役割は、「しゃきっとすること」なのだ。つまり、気合を入れるってことだ。
いかに、無意識(あるいは潜在意識)の力が大きいとしても、自我がだらだらしたり、「どうせ僕なんか」と落ち込んだり、「所詮、世の中こんなもん」と拗ねていたら、何にもならない。
人によっては、「そうだ、人間は好きなことをしなければ燃えないんだ」と言うかもしれないが、自分の殻に閉じこもるような好きなこと、つまり、自分だけが楽しいことをしていたら、地獄へ一直線だ。

そして、結論はこうなるはずだ。
つまり、「自分の正義に忠実であるか」だ。
自分の正義に誠実で、正直であるなら、「気合だ!」って喚かなくても、気合は入るのである。
自分の正義であるから、本当に正しいのかどうかは分からない。
しかし、それが、他から強要されたものでなく、自分で掴み取り、自分で確信した正義であれば、それが正義である。
「将軍様を敬うのは正義だ」
「WindowsをMAC OSに変えさせるのが正義だ」
なんてのは、洗脳されて、自分を失っているだけだ。
個人としての人間を崇拝するのは愚かだし、将軍様は人間だ。
他人がWindowsを使おうがMACを使おうが自分には関係がない。合理的な都合があるなら、職場でどちらかを指定するのは良いが、趣味で職場にMACを導入している例もよくある。

確かに、趣味と正義は似たところはある。
他人に強要してはならないところは同じだが、そのために無限の勇気が湧くのは正義だけである。
つまり、正義とは限りないエネルギーであり、制限があるなら、それは本当の正義ではない。
だから、正義は自然に気合が起こるのである。
正義の女神は、左手に天秤を、右手に剣を持ち、目隠しをしている。
正義は、目で見て分かるものではない。
五感は幻想であり、騙される。
正義は、魂の天秤でしか計れない。
そして、力がなければ正義ではない。
少なくとも、力を目指していないなら、正義のはずがない。
正義があれば、限りなく強く強くなっていく。

気合とは、自分の正義を確立することだ。
だが、何か感動する話を見たり聞いたりして、「感動しました!」と言っても、それで強くなれないなら、そんなものはメロドラマであり、正義でも何でもない。
正義の女神アストライアーは、人々が善人にならないから落胆して天に帰ったのではない。
人々が、強くなろうとしないから、つまり、本当の正義を求めないから、天に追い返されたようなものだ。
本当の正義を求め、そのために強くなる者に対しては、アストライアーは戻ってきてくれるだろう。
見せかけに騙されず、自分の魂の天秤で正義を見つけ出し、剣を磨くだけである。
そうすれば、本当の気合があり、気合と一体化するだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード