ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

歎異抄

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

夏休みの早朝

宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』で、ジョバンニが「幸い(幸福)って何だろう?」と、自分やカムパネルラに問う場面がある。
ジョバンニは、それは、他の人の幸い(幸福)のために生きることであると言い、カムパネルラもそれに同意したと思う。
ただし、それは、いきなり出てきた疑問と答ではなく、ジョバンニの最近の辛い現実と、銀河鉄道に乗ってから起きた、様々な経験から起こった疑問と答であったはずだ。

幸せというなら、子供の時の夏休みの朝に感じたことはないだろうか?
子供達に、惰眠を貪らせないという配慮からか、我が国では、夏休みに、子供達に早朝ラジオ体操への参加を義務付けることが多いが、確かに、これをしないと、遅くまで寝ている子が多くなるに違いない。
そして、早起きは、身体に良いとかより、確かにもっと素敵なことがある。
『アラビアのロレンス』で知られる、トーマス・エドワード・ロレンスが『知恵の七柱』の中で、砂漠の朝の神秘的な体験について語るところがあるらしい(私は『知恵の七柱』自体は読んでおらず、コリン・ウィルソンの『右脳の冒険』での引用で読んだ)。
その神秘体験こそ、幸福そのものであるが、なぜ、そんなことが起こるのかというと、脳が半分眠っているからである。
それは、夏休みに早起きした子供達にも、よくある状態のはずなのだ。
私もそうだったし、ロレンスの体験について見ると、私も同じだったと感じるのである。
それはどんな体験かというと、世界の意味をピュアに感じるとでもいうものではないかと思う。

だが、ロレンスは、早朝ならいつでも、そんな体験が出来ると言うのではなく、「稀に」と言っているが、子供達は、夏休みの朝、割合に頻繁に体験していると思う。
けれども、あまりよく覚えていないのだ。
では、ロレンスと夏休みの子供達では何が違うかというと、ロレンスに限らず、大人は、目覚めるとすぐに思考を働かせることだ。
実際、ロレンスは、それが起こるのは、「考え続けて疲れた朝」であることを挙げている。それによって、思考がなかなかやって来ないということだろう。
インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジは、人間にとって、最も貴い「存在の体験」は、やはり、目覚めて、思考がやってくるまでの間と述べていた。

だが、その幸せの体験は、いつでも出来る。
アイルランドの詩人W.B.イェイツは、「憎むのをやめた時に、それが起こり易い」と言った。
しかし、総じて言えば、絶対にこうなのだ。
それは、「心配をしない時」だ。
イエスが「汝、思い煩うことなかれ」と言った通りである。
疲れて、思考が起こらない朝は、心配していないのだ。
江戸時代末期の神道家、黒住宗忠は、長く病に伏せって、死を覚悟した時、その体験が起こり、病気が治ってしまった。
宗忠は、その体験を、早く皆に伝えたいと思ったが、それを言葉で表現することは難しかったと思う。
宗忠は、いろんな心配で病気になり、自分は死ぬんじゃないかと心配したが、生きることを諦めて心配することをやめた時に、幸せが起こったのだ。
ジョバンニも、銀河鉄道の中で、一切の心配が消えたのだ。

一切の心配を消す方法の1つが念仏である。
実際、末期の癌で、もうすぐ死ぬという人が、『歎異抄』を読みながら念仏を唱えていたら、一切の心配がなくなって、見事な往生を遂げたというような話は多い。
もっと早く念仏を唱え始めていたら、癌も治ったかもしれないが、それは本人にとって、さほどの問題ではないかもしれない。
なぜ、念仏で心配が消えるのかと言うと、念仏とは、阿弥陀如来に象徴される無限の知恵と力に一切をまかせて安心することだからである。
正直、宗教やお坊様が話される念仏では、ピンと来ない場合が多いような気がする。
また、法然の『選択本願念仏集』では少し難しいかもしれないが、親鸞の弟子、唯円が書いた『歎異抄』なら、これの変な解説を読まなければ、念仏の意味が分かるのではないかと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

運命を受け入れるとうまくいく理由

「一切をなりゆきにまかせ、作為を捨てれば、充実した一生を送ることが出来る」と言った荘子だが、では、荘子の著作『荘子』に登場する、一切をなりゆきにまかせて作為をしなかった人達は、どうなっただろうか?
そのうちの1人は、身体がひんまがるような重病になり、苦しみ抜いて死んだ。
だが、彼は、安らかに大往生したとある。
1人は、貧乏のどん底で食べるものもなく飢える。それでも、納得はしていたが・・・
駄目じゃん(笑)。
ただし、荘子が生きた、今から2400年程前の中国は、庶民は権力者に蹂躙され、何の希望もない時代だったことを忘れてはならない。
法然や親鸞の時代も似たようなもので、彼らは、庶民の最後の希望である、「念仏を唱えれば、死んだら極楽浄土に行ける」ことだけを説いたのと同じだ。
しかし、親鸞は、念仏を唱えれば、現世でも幸福になれることを説くようになった(現世利益和讃)。
親鸞は、念仏を唱える以外に、良いことをしようと思ってはならず、また、悪いことをしてしまっても後悔する必要はないと教えた。
まさに、なりゆきにまかせるということだが、そこには、阿弥陀如来への絶対的信頼がある。

実は、イエスも、荘子や親鸞と同じことを説いている。
「神の許しがなければ、どんなことも起こらない。そして、神はあなたを愛しているのだし、あなたが欲しいものなんか、言われなくてもちゃんと解っている。安心しなさい」

言い切ってしまうと、この世は、超高度なコンピューターが作り、動かす仮想世界、シミュレーテッド・リアリティーだ。
だから、基本的運命は完全に決まってる。
しかし、私のようなプログラマーの考えでは、これほど高度なプログラムを作るなら、精妙な柔軟性を持たせないはずがない。
原始的な今日のプログラムさえ、起こる事象が影響を与え合い複雑微妙に連鎖する世界を構築出来るようになってきてるのだから。
世界に身をまかせ、逆らわなければ、適切に対応出来るよう、我々は作られている。
そして、世界に直接働きかけるのではなく、自分自身に作用を与えることによって、世界は動くように出来ている。
毎日、腕振り運動を千回やれば、それに応じて世界の方から動くようにね。
ここらへんも、プログラミングから推測出来るのである。

だが、ある人が、ラマナ・マハルシに「私は世界に身をまかせているが、良いことがない」と言うと、マハルシは、「あなたにはまだ作為がある。本当に身をまかせていない」と答えた。
なりゆきにまかせるとは、決して、怠惰になることでも、厭世(えんせい)的になることでもない。
思いっきり音楽活動をするのが運命ならそれをするし、『バガヴァッド・ギーター』のアルジュナのように、戦争をする運命なら、勇敢に戦う。
あるいは、反戦運動をするのが運命なら、やはりそうするしかないのだ。
ジョージ・ワシントンは、運命に身をゆだねるまでは散々な人生だったが、運命を受け入れ、逆らうことを止めた時に、偉大な人生への道を歩み始めた。
『バガヴァッド・ギーター』は、このシミュレーテッド・リアリティである世界を生きるためのマニュアルなのである。
『荘子』や『歎異抄』は良い参考書のようなものである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

賢い人は悪口を言わない

アメリカ大統領選挙の、候補者同士の猛烈な中傷合戦には、アメリカ国民にも、うんざりしている人も多いようだ。
とはいえ、やっぱり、相手候補を言葉で貶めることは有効な戦法なのだろう。
他人を、特に敵を誹謗(そしること)しない者が優秀であることを理解出来る年齢はいくつなのだろう?
アメリカに限らず、日本の国会討論なんかを見ても、それは70歳でも難しいという感じだが、本来は、賢い人で10歳、遅くとも、20歳ではないかと思う。
ヒラリー・クリントンや、日本の野党第1党の党首の、口角泡を飛ばすして敵対候補や与党の誰かをこき下ろす時の顔の醜悪さを見れば、この者達は信用ならないと思わないだろうか?
ヒラリーや、野党のその人が悪口を言う時の顔を見て、
「嗚呼、下級悪魔って、こんな顔してるんだろうなあ」
と思うのである。

こんなことを言うと、「お前もヒラリーや蓮舫を中傷しているじゃないか」と言う暇な者もいるが、そりゃ、私は下級悪魔にも及ばないからねえ。
まあ、政治家なら、現状、やむをえないところもあるのかもしれないが(ないと思うが)、宗教家となると、これはもうお話にならないはずだ。
つまり、他の宗教、あるいは、同じ宗教の中の他宗派の教えを執拗に批判するような宗教者や教団は、相手にしない方が良い。
これは絶対に間違いない。
そんなこと(他の悪口を言うこと)をする宗教者は、人格がどうと言う以前に、やっぱり馬鹿なのである。
だって、こっちが争いをしかければ、自分も攻撃され、それを続ける限り、無限の争いになるという理(ことわり)は、よほどの馬鹿でない限り分かるはずだからである。
『歎異抄』でも、念仏の教えを攻撃されても、決してやり返してはならない、賢くかわしなさい・・・といったようなことが書かれている。しかも、こう言っている唯円は、自分は知恵のない愚か者だと言っている。つまり、馬鹿でも、このくらいは出来るはずなのだから、これすら出来ないのは、本当に救いようがない馬鹿で、そんな救いようがない馬鹿の宗教がロクなものであるはずがない・・・という訳である。

優秀でありたければ、忍耐を持って、他を批判することを止めることだ。
愚かな自分が批判しなくても、悪い者は必ず自滅するから放っておけば良いのである。
そもそも、馬鹿にかまうというのは暇なのである。
私も暇で、優秀じゃないが、念仏を称えているので、実入りは大きいのである。
つまり、馬鹿でも、暇でも、低級な何かでも構わないから、念仏を称えれば良い。
すると、暇ではないが、あまりに能力が高いので、余裕たっぷりの阿弥陀如来が、全て面倒見てくれる。

そう遠くなく、人間の脳の1兆の1兆倍の能力を持つコンピューターが角砂糖1個の大きさになるらしい。
その能力とは、100億人の人間が300万年かかって考えることを1秒で考えることが出来るというものだ。
しかし、そんな能力すら、阿弥陀如来(宇宙の叡智といった意味だが)から見れば、宙を舞う1つの埃のように他愛ないものに違いない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

笑う「大天才」親鸞

いつもそう思っているのかは定かではないが、本を1冊というなら、私なら『歎異抄』を挙げる。
「ついでにこの本」なんてのは無いし、全く迷いもしない。
全18章というのは『バガヴァッド・ギーター』と同じだが、各章は、81章ある老子並に短いので、全体でもかなり文章量は少ない。
何の本かというと、親鸞の弟子の唯円が書いた、「正しい念仏のあり方」だ。
『歎異抄』は人気があるので、現代語訳や解説書等は大変な数が出ている。
ひろさちやさんなんて、一人で10冊も書いている。
そのひろさんが、多分、一番最初に書いた歎異抄の本である、『入門 歎異抄の読み方―この現代を心豊かにおおらかに生きぬくために』(1982年)が私が最初に読んだ歎異抄の本だった。
だが、この本で良かったのは、現代語訳だけで、それは誰が書いても、大体同じになる。
ひろさんは面白い本を書く人だが(だから何百冊も出している)、この本のひろさんの解説や自己主張は、私には楽しいものではなかった。
こんな話が書かれていたと思う。
当時、小学生だったひろさんの息子の友達が死に、息子がとても悲しんでいた。
そこで、心を痛めたひろさんが提案し、家族で一緒に「南無阿弥陀仏」の念仏を唱えた。
それが、ひろさんが歎異抄の本を書こうと思ったきっかけだったと思う。
まあ、そんな「いい話」から入るのだが、私は、妙な違和感、深い反感・・・ほとんど嫌悪感を感じたのだが、昔は、その理由が分からなかった。
だが、今なら解る。
私には息子も嫁も妾もいないが、間違いなく、息子の友達が死んでも、悲しくもなんともないだろう。
息子そのものが死んだら、何らかの理由で動揺はするかもしれないが、悲しい訳ではないだろう。
現役クラスメイトが死んだという経験はないが、元クラスメイトが死んでも何とも思わないし、おそらく・・・と言うより、間違いなく、学校時代にクラスメイトが死んでも悲しくはなかっただろう。
実際のこととしては、親や友人(私は勝手に親友と思っていたが)が死んでも、悲しいという感情は起こらなかった。

ひろさんや、その家族のような、「まともな人間」に歎異抄は必要ない。
だから、ひろさんが書く歎異抄の本は、現代語訳や学問的解説以外は的外れなのである。
『歎異抄』は、私のような、良心も共感も持たないサイコパスに一番相応しい本だ。
だが、ひろさんのはまだ「マシ」で、その他の『歎異抄』に関する自説を述べた本を読むと、大抵ヘドが出るか、「うざ」と思うのである。
『歎異抄を読む』なんていう書名を見ただけで吐き気がするようになってしまったほどだ(そんな内容に決まっているからね)。
しかしね、やっぱり、みんなどこかサイコパスなのだ。
共感や良心を、私はほとんど持たないとしても、普通の人だって、必要な量の10~20パーセントも持っていないのではないだろうか?
まあ、今の地球では、そうでないと生きていけない。
資本主義社会では特にそうだが、社会主義では国家が存続出来ない(強力なサイコパスがリーダーをやっている間はなんとかなるかもしれないが、それだって無理がある)。

極悪非道のサイコパスでも、阿弥陀如来は守ってくれる。念仏さえ唱えればね。
とはいえ、私は極楽浄土に行くことには興味はないが、『歎異抄』を書いた唯円の先生の「大・大・大天才」親鸞は、念仏を唱えれば、「この世の利益は無限」と、『現世利益和讃』で明言している。
親鸞は、赤い舌を出しているとまでは言わないが、肩をすくめる位のことはしてくれて良いと思う。

ドクター=ファンクビート 夢を見た
誰もが幸せになるコドモ騙しの妄想SHOW
誰もが不幸なのだ その巫山戯(ふざけ)たディストピアの中では
~『ドクター=ファンクビート』(作詞・作曲・編曲:nyanyannya、歌:KAITO)より~

親鸞はドクター=ファンクビートかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自分のストーリーを作る

「思い込みは大切だ」と言われたら、あなたも、少しは同意するのではないだろうか?
いわゆる「出来る人」には、これを全面的に肯定する人が多いと思う。
しかし、確かに、思い込むことでうまくいく人もいれば、思い込んではいるのだが、ただ「おかしな人」「困った人」「危ない人」という人もいる。
その違いは何かというと、ストーリー(物語)を持っているかどうかだ。

スティーブ・ジョブズって人は、経営理念なんて持ってなかったが、ストーリーを持っていたのだ。
彼は有名なスピーチで、「今やっていることが未来につながると信じるしかないんだ」と言っていたが、どうやればつながるかは言わなかった。多分、自分がやったことに気が付かなかったのだろう。
ストーリーを作ることで、沢山の点がつながり、線になり、円になるのだ。
このあたりは、初音ミクさんの世界的に有名な歌『Tell Your World』にある通りだが、そもそも、「Tell Your World(君の世界を教えて)」っていうのは、「君のストーリーを語って」ということだ。
初音ミクさんが、レディー・ガガの全米ツアーコンサートのオープニングで歌っていた『Story Rider』では、「私達はストーリーライター。全ては自分で作るの」と、ミクさんが美しく歌ってくれている。

著名な心理学者の河合隼雄さんも、物語を持つことは、生きる上で最も重要なことだと、よく言っておられたと思う。
河合さんの、どれかの著書に書かれていたが、ある小学生の女の子が、人間は死んだら月に行くと信じていたが、それは妄想とかではなく、「自分が死んだら、おばあちゃんなど、好きな人に、また月で会える」というストーリーを持っているのである。河合さんは、そんな子は強いのだと言う。

仏教の『無量寿経』という経典には、極楽浄土に行く方法が書かれている。
作り話ではあるが、恐るべき作り話だ。
頭の良い僧達が、この経典の解釈書を書いたが、それは、根本の経典を、その時代や文化に合ったストーリーに脚色したってことだ。
中国の道綽や善導の解釈を元に、日本の大天才僧であった法然が優れたストーリーである『選択本願念仏集』を作り、それを元に、さらに、弟子の親鸞が親しみ易いストーリーを、プロ向けには『教行信証』を、一般向けには、沢山の和讃にして見せたが、そのエッセンスは『歎異抄』に現れている。
さすがに、彼らのストーリーを、そのまま使うには時代が違い過ぎるし、そもそも、ストーリーは自分で作るものだ。
彼らの素晴らしいストーリーを生かして、自分のストーリーを自分で作れば良い。
そのために、分かり易い、法然の『選択本願念仏集』や親鸞の(正確には弟子の唯円が書いた)『歎異抄』を読めば、自分向きの物語を作ることが出来るだろう。

聖書だって、そのまま信じたり、宗教者の解釈をマジで受け入れたら馬鹿を見る。
ジョセフ・マーフィーなんて人は、明らかに、聖書を基に自分でストーリーを作り、それが良かったので、自分や多くの人を幸せにした。しかし、ストーリーが合わなかった人は、ちょっと拙いことになった。
マーフィーのストーリーをそのまま受け入れるのではなく、それを基に、大胆に自分だけのストーリーを作るのだ。
ミクさんが、『Tell Your World』で、「教えてよ 君だけの世界」と歌っていたように、そして、『Story Rider』で、

writing page after page
I found you so bright
(1ページ書いていくごとに、君が輝いていく)

と歌ったように、自分で自分の物語を作っていくのである。

















↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
IT学習










  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
QRコード
QRコード