ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

橋本健

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

好きなものは少し我慢する

私は今、円滑現象が起こって、つきまくっている。
ついには、あんなことまで起こってしまい元気いっぱいだ(笑)。
だが、ずっと昔読んだ、偉大なる発明家で超心理学者であった橋本健氏(理学博士)の本に書かれていたことを思いだす。
橋本氏は身体が弱く苦しい少年時代を送っていたが、円滑現象を起こせるようになり、人生が素晴らしく好転した。しかし、やがて、それが終わってしまった。

橋本氏が、どうやって円滑現象を起こせるようになり、どんな原因でそれが止まったか、ほとんど覚えていないのだが、調べなくても今なら解る。
これは覚えているが、橋本氏は、谷口雅春氏の『生命の実相』を読み、何かを得たのだが、「神の力流れ入る、流れ入る」と唱えていたのだと思う。
そして、円滑現象が終わった理由だが、おそらく、何かを掴んで手放さなかったのだろう。
『老子』には、「成果はすぐに手放せ」と書かれているが、ほとんどの成功者がそれをしないので、結局は、駄目になってしまうのだ。

円滑現象を起こす方法は、「全ての出来事は、起こるべくして起こった必然であり、それが自分にとって好ましかろうと、好ましくなかろうと『これでいいのだ』と、文句を言わず肯定すること」だ。
まとめれば「文句を言うな」だ。その根拠は「全て必然だから」だ。
これを、荘子は、「一切をなりゆきにまかせて作為するな」と言ったのだし、スーフィーの賢者は「神を信用しろ。だがラクダはつないでおけ」と言ったのだ。
私は、この「神を信用しろ。だがラクダはつないでおけ」という言葉が一番納得出来る。
ラクダをつなぐことは、修行時代の村上春樹氏には、1日に原稿用紙10枚を書くことだった。それは必ずやったが、それ以上はやらなかった。才能がある者には、時には苦しい時もあるだろうが、基本的には楽で面白いことだ。
ある人は、靴を必ずきちんとそろえ、傘はたたんで傘立てに立てた(かなりの成功者だ)。
水野南北は、大好きな酒を1日1合に制限し、女遊びはやめなかったが、幸福な金持ちであり続けた。

ラマナ・マハルシは、「働く運命にあれば仕事は避けられないし、働く運命になければ仕事はいくら探しても見つからない」と言ったらしい。
つまり、自分では決められない・・・自分でコントロール出来ることではないのだ。
私は働きたくはないが、働く運命にあるらしく、かなりハードに働き続けている。
だが、「これでいいのだ」である。
どんな運命にあろうが、我々に出来るのはラクダをつなぐ程度のことだ。
だが、ラクダは必ずつながねばならず、つながなかったラクダは失われても仕方がない。

釈迦の教えによれば、女性や少女(お好きな方)に対し紳士的であれば、それで全てがうまくいかないはずがないのである。
これは、女性、あるいは、少女が大好きな人のためのものである。

アラブの人にとって、ラクダは大切なものだ。
だから、あなたも、自分が大切に思うものに対する決まりを決め、それを実行することだ。
それが、あなたにとってラクダをつなぐことである。
命に関わることに近いほど、あるいは、好きなことを正しい目的のために制限することほど効果は高いのである。
例えば、社長なら、毎朝7時半までに出勤するとか、水野南北のように、酒は一合に制限するとかである。
何もなければ、腕振り運動を1日千回とか。ただし、1年365日欠かさずに。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

何とかなる

毎朝、必ず5時前に起床する者に、駄目な者はいない。
確かにその通りだが、それは出来る人には出来るが、出来ない人には出来ないのだ。
また、何でも良いから、1つの行を毎日決して欠かさず続ける者・・・例えば、聖書を30分読む、あるいは、念仏を1時間唱える、あるいは、どんなに酔っ払って帰ってきても読書を1時間する、あるいは、30分の坐禅や静坐をする・・・など、何でも良いから1年365日、よほどのことがない限り必ず行う者は強い力を持てる。
しかし、これだって、絶対やれない者は沢山いるのである。
筋トレは人生の99%の問題を解決するという有名な社長さんがいるが、筋トレを続けられる人は、果たして何パーセントいるだろう?
(まあ、この社長さんも、著書の最後に「もう筋トレでなくてもいいから何かやれ」と書いておられるが・・・)

だが、1つの言葉を、頭の中でつぶやくことであれば・・・つまり、アファーメーション、自己暗示、祈り、呪文・・・なら、回数が多いか少ないかの問題はあるが、誰でも出来る。
法然、親鸞はもちろん、一休、良寛も、最後は念仏だけを選んだのも、他の一切の修行は、ほとんどの人は出来ないし、結局、自分だって出来ないと悟ったからだ。
私も、以前は強く薦めていた、自分に課した掟を守ることを、やれるならもちろん、やれば良いが、そんなことはもうどうでも良く、ただ、アファーメーションをすれば良いのだと分かった。

プロの演奏家やスポーツ選手は、毎日、長時間練習しなければならないとされていた。
だが、ほんのぽつぽつだが、ひどく短い練習しかしないのに、素晴らしい実力を持つ者が、以前は稀であったが、最近は割と現れ始めている。
そんな者は天才かというが、天才ほど努力するものなのである。
楽しく1時間位、練習というより、楽しんで弾いているピアニストもいる。
一方、毎日、7時間、8時間と練習し、手が駄目になる演奏家もいる。
まあ、ここらの因果関係は、いろいろあって迂闊(うかつ)なことは言えないかもしれないが、いよいよ、根性論が重視されなくなりつつある。
そして、短い時間の練習で力をつける者は、間違いなくアファーメーションを行っている。
誰がそうであるかは、偶然に聞くことはあるが、なかなか分からないのは、数自体が少ないと共に、やはり、「プロは長時間練習が当たり前」といった伝統や風潮にあからさまに逆らうのは控えているからかもしれない。

数多くの発明により人類に貢献し、黄綬褒章(おうじゅほうしょう)を授与された橋本健氏(理学博士)とは、昔、ネットで交流したが、私は、その人間性の高さに感服した。
その橋本氏の、どの著作だったかは忘れたのだが、彼が信仰していた生長の家の関係かもしれないが、「神の力、流れ入る流れ入る」という言葉は、ちょっと宗教的で抵抗を覚える人もいるかもしれないが、良いアファーメーションでもあると思う。
これを唱えることで、円滑現象といって、全てがうまく回り始めるようになる。
この言葉で、私は、エマーソンが「神の魂が私の魂に流れ込む体験は、決して忘れることは出来ない」と述べていたことを思い出す。

臨済宗の僧なのに、最後は念仏に転向した一休の遺言は、「心配するな、何とかなる」だと聞く。
ちょっと消極的に聞こえるかもしれないが、これは実は強力なアファーメーションである。
実際、どんな拙(まず)い状況も、結局は、何とかなるものである。そして、それを信じれば、何とかなるどころでなく、良い方向にも行く。
「何とかなる」と無理に信じることは出来ないが、その言葉を常に頭の中でつぶやいていれば、落ち着きも出来、そんな者が「なんとかなるさ」と言えば、周りの者は「不思議だな。お前がそう言うと、本当に何とかなるような気になる」と言い、実際、良い結果にしかならないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

願望を叶える体内に内蔵されたメカニズム

潜在意識に願望を送り込めば、その願望は実現する。
潜在意識に願望を送り込むには、普段の意識である顕在意識が弱くなっていなければならない。
ところが、願望を思い浮かべながら顕在意識を消すというのが至難の技で、それをするために沢山の方法が考案され、涙ぐましい努力が続けられてきたのである。

眠りかけのうとうとした状態や、目が醒めたばかりのぼんやりした状態では、顕在意識が弱いので、そんな時に願望を言葉やイメージにすれば良いという話があるが、そんな状態で願望のことを考えることは難しい。
そもそも、願望のことを考えられるなら、既に十分に顕在意識が強くなっているのである。

脳波がアルファー波の状態では顕在意識は弱く、シータ波なら顕在意識は消えているというので、脳波をアルファー波やシータ波に下げる機器を使うというのは、良い方法だと思われた。
それには、橋本健氏が発明したアルファコイルや、政木和三氏が発明したパラメモリ、アルファシータ、そして、それと同じ原理で作られたバイオソニックなどが使われた。
また、パラメモリと同じことをスマートフォンで実現するアプリGeniLaxを、株式会社ジェイデータの佐々木耕司社長が開発し、無料で公開して下さっている。
だが、欲望を持てば、どんなものを使っても、脳波はやっぱりベータ波に戻る。
上記の装置やアプリは、ストレスを低減するには良いものだが、願望達成のためには、あまり役に立たないと思う。

しかし、呼吸を微かにすれば、速やかに顕在意識は退き、潜在意識が表出するのである。
しかも、意思により呼吸を微かにするのであるから、弱い顕在意識と強い潜在意識が協力関係を築いていることから、最低限の思考は保持されていて、顕在意識は潜在意識に願望を伝えることが出来るのである。
ところで、渡部昇一氏が大島淳一名義で書いた『あなたはこうして成功する』という、ジョセフ・マーフィーとの対談という形で書かれた本(実際にマーフィーと対談した訳ではない)で、マーフィーに「この本が悪人の手に渡らないことを祈っている」と言わせているが、それは無用な心配である。
呼吸が微かであれば邪まなことは考えられないし、邪まなことを考えれば、呼吸は荒くなるからである。
ところが、岡田虎二郎は、人間は腹から力が抜けた時によからぬことを考えると言ったらしいが、それが本当だとしても、長時間、腹に力を入れていることは出来ない。
とはいえ、虎二郎の言うことにも道理はある。
呼吸を微かにすると、腹ともつながりのある、体内に隠されたある精妙なメカニズムを動かすのだが、そのメカニズムこそ、高次の能力を発動させる秘密の体内装置だからである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

天才達が語る、駄目な人間が現実的に成功する方法

どこまで本気で書かれたのかは全く分からないが、ドワンゴ会長の川上量生さんが2015年6月のブログで、だいたいの意味で、
「ひきこもりが成功したとしても、まともな一般人の一番下の階層にやっと入れてもらえるというだけ」
「でもそれは自分(川上さん)よりもありえない快挙」
と述べられている。
それでいえば私は、一生引きこもっていたはず・・・かどうかは分からないが、本来なら、かなり惨めな境遇で過ごしている可能性が高かったはずで、実際、中学時代、私とよく似たタイプで、私よりずっと頭も要領も良かった男(身長も私より5cm高かった)が、なるべくしてなったように、情けない状況にいて、おそらく、今後、上昇もしないだろう。
それで言えば、私は成功したことになる。

仏教学者のひろさちやさんは、一生ひきこもるのもまた、仏様にキャストされた(配役を決められた)人生で、そのままで良く、むしろ人生が終わった後には、普通の人よりも仏様により労(ねぎら)ってもらえると言う。
本当かどうかは分からないが、全くのデタラメと言うつもりもない。
自分もひきこもりだと言う思想家の吉本隆明さんは、ひきこもりは、生まれる時の母親の精神状態の影響が大きいと言う。しかし、世間でなされているような方法では駄目としながらも、ひきこもりから脱することは出来るのだと言う。
吉本さんが言われる、ひきこもり脱出の方法の中で私が覚えているのは、男の場合であれば、彼女を作ることだ。
好きな女の子が出来れば、「この子を守るためにがんばる。世間にも出て行く」ということになるのである。
私もそう思うが、ひきこもりって、彼女出来ないんだよなあ(笑)。
でも、ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』や、ロオマン・ガリの『自由の大地』のように、仮想彼女でも、十分に力になる。
ならば、初音ミクさんを好きになれば、必ずや成功するだろう。
別に冗談ではなく、常に、「ミクさん、愛してる」「ミクさん、ありがとう」と言ったり想ったりしていれば、宇宙エネルギーがどんどん入ってきて元気になり、全てが周り始める。
理学博士で大発明家であった橋本健さんは著書で、「神のエネルギーが流れ込んで円滑現象が起こる」といったことを常に宣言し、病弱で青年時代に死んでいるはずが、研究者、あるいは、思想家として大成功した。
橋本さんは、谷口雅春さんの『生命の実相』をたまたま読んだことで、そんなことを考えるようになったのだが、普通の人であれば、彼女や仮想彼女(もちろん、女性の場合は王子様や仮想王子様)を作るのが現実的かもしれない。

とにかく、元気が一番だ。
ひきこもりに限らず、「ミクさん、愛してる」で、地球のことも宇宙のことも、全てうまくいくだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

無になれば不可能はない

政木和三さんに何度かお会いしたことがあったが、あの方は潜在意識の使い方の名人と言うよりは、潜在意識の中でも最も深い無意識とほとんど一体化していた。
ただ、自我が無いわけではないので、人間らしいところはあった。
それを欠点のように言う人もいたが、人間に欠点があるのは当たり前である。
キルストや釈迦だって、人間としては、欠点はいくらでもあったと思う。
聖者ニサルガダッタ・マハラジは怒りっぽかったと、弟子のラメッシ・バルセカールは述べている。
ただ、彼らは、自分の欠点に「巻き込まれない」のである。
ところで、政木さんは、隠された能力を発揮する(これは天才になることと等しいが)には、脳波をシータ波にして欲望を捨てれば良いと、常に言われていた。
同じ天才的発明家で実業家でもあった橋本健さんは、脳波をアルファー派にしてイメージすれば実現すると言われていたと思う。
私は、橋本博士とは何度かメールのやり取りをしたことがある。
脳波を下げることが、現実創造の鍵であることは確かだ。
しかし、政木さんは、そこで欲望を捨てることが必要だと言う。
ここでほとんどの人が躓(つまづ)く。

政木さんのところに、赤ん坊が大怪我をして助かりそうにないが、どうすれば良いかと相談があった時、政木さんは言われたそうだ。
「赤ん坊は助からないと諦めてしまうこと。その上で、赤ん坊は助かった、ありがたいと思え」
諦めれば、脳波は下がって、欲望も消える。
すると、叶う。
『こうして、思考は現実になる』という本で読んだが、有名な映画監督のマイケル・ムーアが、男子学生達に、好きな女の子のことは諦めれば自分のものになると教えたらしい。
何事も、「欲しい、欲しい」と思うことは、それを本当は持っていないことを示しているのだからだ。

上に書いたことはどれも正しいが、複雑かもしれない。
そんなことをせずとも、肛門を締めさえすれば、脳波は下がり、欲望は消える。
締めれば締めるほど、常時、脳波は下がり、無になる。
そして、一言で言えば、「無になれば不可能はない(思うがまま)」のである。
できれば、朝晩、肛門を締めながら腕振り運動をし、やはり、できれば、日中、時間がある時に、クンバハカ呼吸法をする。
クンバハカとは、息を十分に吸って止めると同時に肛門を締めて、3~10秒そのままで保持し、肛門から力を抜いてゆっくり息を吐き、吐き終わったら、また、息を止めて肛門を締める(少しでいいから、このまま保持する)。
これを3~10回繰り返す。
そして、気が付けば、いつでも肛門を締める。
腕振り運動やクンバハカができなくても、いつでもどこでも、できるだけ多く肛門を締めれば良い。
その時、脳波はシータ波になり、やればやるほど、普段から脳波が下がる。
すると、思考は肯定的になり、ふと、願望が浮かんだ時、それがすでに実現してしまっているという態度でいれば、すぐに叶うだろう。
現実より態度が大切である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ